村上 祐司Yuuji Murakami

Last Updated :2024/06/18

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 准教授
自己紹介
放射線腫瘍医 研究テーマ  放射強度変調放射線治療の新技術開発  消化器がん化学放射線療法 画像解析と人工知能を用いた放射線治療結果予測

基本情報

主な職歴

  • 1995年05月16日, 1996年03月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1996年04月01日, 1998年02月28日, 三次中央病院, 放射線科, 医師
  • 1998年03月01日, 2002年03月31日, 広島市立安佐市民病院, 放射線科, 医師
  • 2002年04月01日, 2005年03月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員
  • 2005年04月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 病院, 助手
  • 2007年04月01日, 2011年03月31日, 広島大学, 病院, 助教
  • 2011年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 講師
  • 2019年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 講師
  • 2021年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 准教授

学歴

  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 展開医科学専攻, 日本, 2003年04月, 2007年05月
  • 広島大学, 医学部, 日本, 1988年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 医学物理士プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 放射線科学

研究キーワード

  • RadiomicsとAIによる放射線治療結果予測
  • 消化器癌
  • 化学放射線治療
  • 強度変調回転照射
  • 放射線治療
  • 食道癌
  • 頭頸部癌

所属学会

  • 日本臨床腫瘍学会, 2020年05月
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本頭頸部癌学会
  • 日本食道学会
  • 米国放射線腫瘍学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2024年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医歯科学特別研究(放射線腫瘍学)
  6. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医歯科学特別研究(放射線腫瘍学)
  7. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線診断物理学
  8. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線治療物理学
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 核医学物理学
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 放射線腫瘍学
  11. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線治療物理学演習
  12. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線計測学演習
  13. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 画像診断物理学演習
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 核医学物理学演習
  15. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 放射線安全演習
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 科学英語
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医療統計学
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 保健物理学
  19. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, 臨床腫瘍学
  20. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 1ターム, がん診療各論
  21. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線腫瘍学特別演習
  22. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線腫瘍学特別演習
  23. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 放射線腫瘍学特別研究
  24. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線腫瘍学特別研究
  25. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 医学物理学臨床実習
  26. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 医学物理学臨床実習
  27. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), がん放射線療法演習
  28. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), がん放射線療法演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Outcome of Hypofractionated Radiotherapy for Localized Gastric Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma, ANTICANCER RESEARCH, 43巻, 8号, pp. 3673-3678, 202308
  2. Endoscopic findings suggestive of a high risk of non-radical cure after definitive chemoradiotherapy for cT1bN0M0 esophageal squamous cell carcinoma, ESOPHAGUS, 20巻, 3号, pp. 541-547, 202307
  3. Effectiveness of Spacers in Brachytherapy With 198Au Grains for Patients With Buccal Mucosa Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 43巻, 5号, pp. 2265-2271, 202305
  4. A phase II study of concurrent chemoradiotherapy with 5-fluorouracil and mitomycin-C for squamous cell carcinoma of the anal canal (the JROSG 10-2 trial), JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 64巻, 1号, pp. 154-161, 20230120
  5. Influence of different air CT numbers for IVDT on the dose distribution in TomoTherapy MVCT, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 24巻, 2号, 202302
  6. Tolerance levels of mass density for adaptive helical tomotherapy using MVCT, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 64巻, 1号, pp. 195-201, 20230120
  7. Long-term results of chemoradiotherapy with elective nodal irradiation for resectable locally advanced esophageal cancer in three-dimensional planning system, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 28巻, 3号, pp. 382-391, 202303
  8. Robust optimization of VMAT for prostate cancer accounting for geometric uncertainty, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 23巻, 9号, 202209
  9. Prognostic value of quantitative parameters for esophageal squamous cell carcinoma determined by preoperative FDG-PET after trimodal therapy, SURGERY, 172巻, 2号, pp. 584-592, 202208
  10. Organs-at-risk dose constraints in head and neck intensity-modulated radiation therapy using a dataset from a multi-institutional clinical trial (JCOG1015A1), RADIATION ONCOLOGY, 17巻, 1号, 20220728
  11. A prediction model for pathological findings after neoadjuvant chemoradiotherapy for resectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma based on endoscopic images using deep learning, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 95巻, 1135号, 202207
  12. Development of a radiomics and machine learning model for predicting occult cervical lymph node metastasis in patients with tongue cancer, ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY, 134巻, 1号, pp. 93-101, 202207
  13. Clinical Outcomes of Esophagectomy and Chemoradiotherapy After Endoscopic Resection for Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 42巻, 5号, pp. 2791-2795, 202205
  14. Temporal changes and risk factors for esophageal stenosis after salvage radiotherapy in superficial esophageal cancer following non-curative endoscopic submucosal dissection, RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 166巻, pp. 65-70, 202201
  15. Investigating the displacement of radio-active sources during gold-198 grain brachytherapy for hospitalized oral cancer patients, JOURNAL OF CONTEMPORARY BRACHYTHERAPY, 14巻, 2号, pp. 115-122, 20220323
  16. Functional image guided radiation therapy planning in volumetric modulated arc therapy for patients with malignant pleural mesothelioma, ADVANCES IN RADIATION ONCOLOGY, 2巻, 2号, pp. 183-191, 2017
  17. Current update of treatment strategies for borderline resectable pancreatic cancer: a narrative review, JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ONCOLOGY, 13巻, 2号, pp. 885-897, 202204
  18. Baseline drift vector of multiple points on body surface using a near-infrared camera, PHYSICAL AND ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 45巻, 1号, pp. 143-155, 202203
  19. Brachytherapy with Au-198 grains for cancer of the floor of the mouth: relationships between radiation dose and complications, ORAL RADIOLOGY, 38巻, 1号, pp. 105-113, 202201
  20. Reirradiation Using Au-198 Grain Brachytherapy for Recurrent Oral Cancer Cases Previously Treated by Definitive Radiotherapy, ANTICANCER RESEARCH, 42巻, 1号, pp. 293-300, 202201
  21. Temporal changes and risk factors for esophageal stenosis after salvage radiotherapy in superficial esophageal cancer following non-curative endoscopic submucosal dissection, Radiotherapy and Oncology, 166巻, pp. 65-70, 20211125
  22. A Prediction Model for Para-Aortic Lymph Node Metastasis in Cervical Cancer by Radiomics Analysis Using Pre-Treatment MRI Images of the Primary Tumor, International Journal of Radiation Oncology*Biology*Physics, 111巻, 3号, 20211101
  23. Treatment outcomes of real-time intraoral sonography-guided implantation technique of Au-198 grain brachytherapy for T1 and T2 tongue cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 5号, pp. 871-876, 202109
  24. A prediction model for degree of differentiation for resectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma based on CT images using radiomics and machine-learning, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 94巻, 1124号, 20210708
  25. Prognostic Value of Epithelial Cell Adhesion Molecules in T1-2N0M0 Glottic Cancer, LARYNGOSCOPE, 131巻, 7号, pp. 1522-1527, 20210701
  26. 「プレフレイル高齢大腸がん患者のための臨床的提言」放射線治療に関する提言 Part II:Clinical Question 6~10, 日本大腸肛門病学会雑誌, 74巻, 7号, pp. 422-429, 20210629
  27. 「プレフレイル高齢大腸がん患者のための臨床的提言」放射線治療に関する提言 Part I:Clinical Question 1~5, 日本大腸肛門病学会雑誌, 74巻, 7号, pp. 413-421, 20210629
  28. ★, Predicting the Local Response of Esophageal Squamous Cell Carcinoma to Neoadjuvant Chemoradiotherapy by Radiomics with a Machine Learning Method Using F-18-FDG PET Images, DIAGNOSTICS, 11巻, 6号, 20210601
  29. Distribution of Lymph Node Metastasis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma After Trimodal Therapy, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 28巻, 3号, pp. 1798-1807, 20210301
  30. Evaluating Individual Radiosensitivity for the Prediction of Acute Toxicities of Chemoradiotherapy in Esophageal Cancer Patients, RADIATION RESEARCH, 195巻, 3号, pp. 244-252, 20210301
  31. Efficacy and tolerability of preoperative chemoradiotherapy with S-1 alone for locally advanced rectal cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 2号, pp. 300-308, 20210301
  32. Long-term results of definitive chemoradiotherapy for unresectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 1号, pp. 142-148, 20210101
  33. Evaluation of optimization workflow using custom-made planning through predicted dose distribution for head and neck tumor treatment, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 80巻, pp. 167-174, 20201201
  34. Predictions of Pathological Features and Recurrence Based on FDG-PET Findings of Esophageal Squamous Cell Carcinoma after Trimodal Therapy, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 27巻, 11号, pp. 4422-4430, 20201001
  35. What motivated medical students and residents to become radiation oncologists in Japan?-Questionnaire report by the radiotherapy promotion committee of JASTRO, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 5号, pp. 727-732, 20200901
  36. A phase II study of adaptive two-step intensity-modulated radiation therapy (IMRT) with chemotherapy for loco-regionally advanced nasopharyngeal cancer (JCOG1015), INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 25巻, 7号, pp. 1250-1259, 20200701
  37. A Single Institution's Experience of Definitive Radiotherapy Using Volumetric-modulated Arc Therapy for Hypopharyngeal Cancers, ANTICANCER RESEARCH, 40巻, 7号, pp. 4183-4190, 20200701
  38. Risk factors for severe gastrointestinal toxicity in patients receiving palliative radiotherapy for metastatic bone tumors: association with the use of molecular-targeted agents, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 629-634, 20200701
  39. Long-term outcomes of induction chemotherapy followed by chemoradiotherapy using volumetric-modulated arc therapy as an organ preservation approach in patients with stage IVA-B oropharyngeal or hypopharyngeal cancers, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 4号, pp. 554-562, 20200701
  40. Effectiveness of salvage radiotherapy for superficial esophageal Cancer after non-curative endoscopic resection, RADIATION ONCOLOGY, 15巻, 1号, 20200601
  41. Evaluation of metal artefact techniques with same contrast scale for different commercially available dual-energy computed tomography scanners, PHYSICAL AND ENGINEERING SCIENCES IN MEDICINE, 43巻, 2号, pp. 539-546, 20200601
  42. An overview of stereotactic body radiation therapy for hepatocellular carcinoma, EXPERT REVIEW OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 14巻, 4号, pp. 271-279, 20200402
  43. Predictive gamma passing rate for three-dimensional dose verification with finite detector elements via improved dose uncertainty potential accumulation model, MEDICAL PHYSICS, 47巻, 3号, pp. 1349-1356, 20200301
  44. Analysis of cardiac toxicity after definitive chemoradiotherapy for esophageal cancer using a biological dose-volume histogram, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 61巻, 2号, pp. 298-306, 20200301
  45. Is Concurrent Chemotherapy With Radiotherapy for Esophageal Cancer Beneficial in Patients Aged 80 Years or Older?, ANTICANCER RESEARCH, 39巻, 8号, pp. 4279-4283, 201908
  46. Clinical Significance of F-18-Fluorodeoxyglucose-Positron Emission Tomography-Positive Lymph Nodes to Outcomes of Trimodal Therapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 26巻, 6号, pp. 1869-1878, 201906
  47. Photon and electron backscatter dose and energy spectrum analysis around Lipiodol using flattened and unflattened beams, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 20巻, 6号, pp. 178-183, 201906
  48. Early Recurrence and Cancer Death After Trimodal Therapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma, ANTICANCER RESEARCH, 39巻, 3号, pp. 1433-1440, 201903
  49. Automatic calibration of an arbitrarily-set near-infrared camera for patient surface respiratory monitoring, MEDICAL PHYSICS, 46巻, 3号, pp. 1163-1174, 201903
  50. Predictive gamma passing rate by dose uncertainty potential accumulation model, MEDICAL PHYSICS, 46巻, 2号, pp. 999-1005, 201902
  51. A novel risk analysis of clinical reference dosimetry based on failure modes and effects analysis, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 58巻, pp. 59-65, 201902
  52. Development of geometrically ideal dose distribution as a reference for treatment planning in VMAT using filtered back-projection method, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 57巻, pp. 115-122, 20190101
  53. Evaluation of raw-data-based and calculated electron density for contrast media with a dual-energy CT technique, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 24巻, 5号, pp. 499-506, 2019
  54. T1-3N0M0前立腺癌に対する強度変調放射線治療の中期治療成績, 広島医学, 71巻, 10号, pp. 663-668, 20181028
  55. Evaluation of optimization workflow using design of experiment (DoE) for various field configurations in volumetric-modulated arc therapy, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 54巻, pp. 34-41, 201810
  56. Clinical features of prostate-specific antigen bounce after I-125 brachytherapy for prostate cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 59巻, 5号, pp. 649-655, 201809
  57. Long-term outcome of stereotactic body radiotherapy for patients with small hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 9号, pp. 701-707, 201808
  58. Comparison of Stereotactic Body Radiation Therapy Combined With or Without Transcatheter Arterial Chemoembolization for Patients With Small Hepatocellular Carcinoma Ineligible for Resection or Ablation Therapies, TECHNOLOGY IN CANCER RESEARCH & TREATMENT, 17巻, 20180701
  59. Preoperative prediction of a pathologic complete response of esophageal squamous cell carcinoma to neoadjuvant chemoradiotherapy, SURGERY, 164巻, 1号, pp. 40-48, 201807
  60. Quantifying esophageal motion during free-breathing and breath-hold using fiducial markers in patients with early-stage esophageal cancer, PLOS ONE, 13巻, 6号, 20180611
  61. Curative Criteria After Endoscopic Resection for Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinomas, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 63巻, 6号, pp. 1605-1612, 201806
  62. ★, Long-term results of neoadjuvant chemoradiotherapy using cisplatin and 5-fluorouracil followed by esophagectomy for resectable, locally advanced esophageal squamous cell carcinoma, Journal of Radiation Research, 59巻, 5号, pp. 616-624, 201806
  63. Evaluation of Prognostic Factors for Esophageal Squamous Cell Carcinoma Treated with Neoadjuvant Chemoradiotherapy Followed by Surgery, World Journal of Surgery, 5巻, 42号, pp. 1496-1505, 201806
  64. Evaluation of Prognostic Factors for Esophageal Squamous Cell Carcinoma Treated with Neoadjuvant Chemoradiotherapy Followed by Surgery, WORLD JOURNAL OF SURGERY, 42巻, 5号, pp. 1496-1505, 201805
  65. Effect of secondary electron generation on dose enhancement in Lipiodol with and without a flattening filter, JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS, 19巻, 2号, pp. 211-217, 201803
  66. Relative biological effectiveness study of Lipiodol based on microdosimetric-kinetic model, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 46巻, pp. 89-95, 201802
  67. Energy spectrum and dose enhancement due to the depth of the Lipiodol position using flattened and unflattened beams, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 23巻, 1号, pp. 50-56, 2018
  68. Interfractional diaphragm changes during breath-holding in stereotactic body radiotherapy for liver cancer, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 23巻, 2号, pp. 84-90, 2018
  69. Automatic contrast medium extraction system using electron density data with dual-energy CT, BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 91巻, 1090号, 2018
  70. Clinical outcomes of concurrent chemoradiotherapy with volumetric modulated arc therapy in patients with locally advanced nasopharyngeal carcinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 35巻, 11号, pp. 673-680, 201711
  71. Dose Escalation Improves Outcome in Stereotactic Body Radiotherapy for Pulmonary Oligometastases from Colorectal Cancer, ANTICANCER RESEARCH, 37巻, 5号, pp. 2709-2713, 201705
  72. Evaluation of beam modeling for small fields using a flattening filter-free beam, RADIOLOGICAL PHYSICS AND TECHNOLOGY, 10巻, 1号, pp. 33-40, 201703
  73. Functional image guided radiation therapy planning in volumetric modulated arc therapy for patients with malignant pleural mesothelioma., Adv Radiat Oncol, 2巻, 2号, pp. 183-191, 201702
  74. Marginal prescription equivalent to the isocenter prescription in lung stereotactic body radiotherapy: preliminary study for Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG1408), JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 58巻, 1号, pp. 149-154, 201701
  75. Dosimetric impact of Lipiodol in stereotactic body radiation therapy on liver after trans-arterial chemoembolization, MEDICAL PHYSICS, 44巻, 1号, pp. 342-348, 201701
  76. Functional image-guided stereotactic body radiation therapy planning for patients with hepatocellular carcinoma, MEDICAL DOSIMETRY, 42巻, 2号, pp. 97-103, 2017
  77. 腫瘍内科医のための放射線治療 咽頭癌, 上顎癌, 癌の臨床, 63巻, 4号, pp. 361-366, 2017
  78. Absorbed dose and image quality of Varian TrueBeam CBCT compared with OBI CBCT, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 32巻, 12号, pp. 1628-1633, 201612
  79. Long-term results after 12-year follow-up of patients treated with whole-breast and boost irradiation after breast-conserving surgery, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 34巻, 9号, pp. 595-604, 201609
  80. TrueBeamを用いたVMAT/SBRTの治療経験 -臨床的側面-, 臨床放射線, 61巻, 9号, pp. 1141-1149, 201609
  81. IMRT療法症例から学ぶ頭頸部癌IMRTにけるピットフォール, 頭頸部癌, 4巻, 1号, pp. 30-33, 201607
  82. Availability of applying diaphragm matching with the breath-holding technique in stereotactic body radiation therapy for liver tumors, PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS, 32巻, 4号, pp. 557-561, 201604
  83. Clinical outcomes of radiotherapy for esophageal cancer between 2004 and 2008: the second survey of the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG), INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 21巻, 1号, pp. 88-94, 201602
  84. Evaluation of adverse events in atomic bomb survivors receiving curative-intent radiation therapy from 2005 to 2010, RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY, 118巻, 1号, pp. 60-64, 201601
  85. Preoperative coil embolization in patients with a replaced hepatic artery scheduled for pancreatectomy with splanchnic artery resection helps to prevent ischemic organ injury., Journal of Computer Assisted Tomography, 40巻, 1号, pp. 172-176, 201601
  86. Role of definitive chemoradiotherapy using docetaxel and 5-fluorouracil in patients with unresectable locally advanced esophageal squamous cell carcinoma: a phase II study, DISEASES OF THE ESOPHAGUS, 29巻, 8号, pp. 1115-1120, 2016
  87. Impact of reduction of flux overlap region on kilovoltage cone-beam computed tomography image quality and patients` exposure dose, Reports of Practical Oncology & Radiotherapy, 21巻, 5号, pp. 460-465, 2016
  88. Impact of reduction of flux overlap region on kilovoltage cone-beam computed tomography image quality and patients' exposure dose, REPORTS OF PRACTICAL ONCOLOGY AND RADIOTHERAPY, 21巻, 5号, pp. 460-465, 2016
  89. Combined Ventilation and Perfusion Imaging Correlates With the Dosimetric Parameters of Radiation Pneumonitis in Radiation Therapy Planning for Lung Cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 93巻, 4号, pp. 778-787, 20151115
  90. ★, Long-term results of definitive concurrent chemoradiotherapy for patients with esophageal submucosal cancer (T1bN0M0), INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 20巻, 5号, pp. 897-904, 201510
  91. The Time Course of Dynamic Computed Tomographic Appearance of Radiation Injury to the Cirrhotic Liver Following Stereotactic Body Radiation Therapy for Hepatocellular Carcinoma, PLOS ONE, 10巻, 6号, 20150611
  92. Results of sequential chemoradiotherapy for intracranial germinoma, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 33巻, 6号, pp. 336-343, 201506
  93. Results of Neoadjuvant Chemoradiotherapy With Docetaxel and 5-Fluorouracil Followed by Esophagectomy to Treat Locally Advanced Esophageal Cancer, ANNALS OF THORACIC SURGERY, 99巻, 6号, pp. 1887-1893, 201506
  94. Stereotactic body radiotherapy for patients with small hepatocellular carcinoma ineligible for resection or ablation therapies, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 4号, pp. 378-386, 201504
  95. Clinical experience of volumetric modulated arc therapy for malignant pleural mesothelioma after extrapleural pneumonectomy, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 56巻, 2号, pp. 315-324, 201503
  96. 限局性前立腺癌に対する強度変調放射線治療(intensity modulated radiation therapy)の短期治療成績, 広島医学, 68巻, 6号, pp. 318-322, 2015
  97. 放射線治療の高精度に伴う肺障害, 臨床放射線, 60巻, 1号, pp. 100-112, 2015
  98. Case reports of portal vein thrombosis and bile duct stenosis after stereotactic body radiation therapy for hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 10号, pp. E273-E278, 201410
  99. Time-Adjusted Internal Target Volume: A Novel Approach Focusing on Heterogeneity of Tumor Motion Based on 4-Dimensional Computed Tomography Imaging for Radiation Therapy Planning of Lung Cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 89巻, 5号, pp. 1129-1137, 20140801
  100. Radiation-induced pyogenic vertebral osteomyelitis after re-irradiation for para-aortic lymph node metastases in a patient with cervical cancer, International Cancer Conference Journal, 3巻, 4号, pp. 207-210, 2014
  101. 早期肺がんに対する体幹部定位放射線照射の進歩と展望, 腫瘍内科, 13巻, 1号, pp. 59-65, 2014
  102. Dynamic computed tomography appearance of tumor response after stereotactic body radiation therapy for hepatocellular carcinoma: How should we evaluate treatment effects?, HEPATOLOGY RESEARCH, 43巻, 7号, pp. 717-727, 201307
  103. 口腔癌に対する過分割照射法による根治的放射線治療の長期治療成績と晩期有害事象, 臨床放射線, 58巻, 10号, pp. 1354-1361, 2013
  104. 【特集 拡がる放射線治療】Ⅰ期非小細胞癌に対する定位放射線治療, 映像情報Medical, 45巻, 11号, pp. 856-860, 2013
  105. 胃MALTリンパ腫に対する放射線治療成績, 臨床放射線, 58巻, 12号, pp. 1755-1760, 2013
  106. 【特集】産婦人科の薬剤使用プラクティス:病態別処方-婦人科編 Ⅳ.腫瘍 2.子宮頸癌(2)放射線治療とCCRT, 産婦人科の実際, 61巻, 11号, pp. 1777-1788, 20121001
  107. 放射線治療医からみた治療方針に基づく婦人科癌の画像診断の役割, 臨床画像, 28巻, 8号, pp. 938-949, 20120801
  108. Neoadjuvant chemoradiotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil for esophageal cancer, CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 69巻, 6号, pp. 1499-1505, 201206
  109. ★, Long-term outcomes of intraluminal brachytherapy in combination with external beam radiotherapy for superficial esophageal cancer, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 17巻, 3号, pp. 263-271, 201206
  110. 4次元照射と呼吸同期照射, 肺癌, 52巻, 2号, pp. 174-181, 20120401
  111. Functional Image-Guided Radiotherapy Planning in Respiratory-Gated Intensity-Modulated Radiotherapy for Lung Cancer Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease, INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 82巻, 4号, pp. E663-E670, 20120315
  112. Clinical practice and outcome of radiotherapy for esophageal cancer between 1999 and 2003: the Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG) Survey, INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 17巻, 1号, pp. 48-54, 201202
  113. 肺癌に対する定位放射線治療, 呼吸, 31巻, 5号, pp. 433-437, 2012
  114. Six-year experience of permanent prostate brachytherapy for clinically localized prostate cancer., 広島大学医学雑誌, 60巻, 4号, pp. 51-56, 20111201
  115. COPDを有する肺癌における肺機能画像を用いたIMRTの試み, 癌の臨床, 57巻, 3号, pp. 109-115, 20110601
  116. Ⅰ最新の放射線治療科, Q6, 定位放射線治療(体幹部), がん治療レクチャー, 2巻, 1号, pp. 30-35, 20110301
  117. 画像誘導放射線治療の最新状況, Rad Fan, 8巻, 7号, pp. 59-62, 20100701
  118. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と副作用への対処(連載第3回脳転移、骨転移), 外来看護, 15巻, 5号, pp. 92-98, 20100601
  119. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と副作用への対処(連載第4回肺癌), 外来看護, 15巻, 6号, pp. 98-105, 20100601
  120. 放射線治療の現状と展望, 広島医学, 63巻, 5号, pp. 374-376, 20100501
  121. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と副作用への対処(連載第2回食道癌), 外来看護, 15巻, 4号, pp. 88-94, 20100401
  122. 進行子宮頸癌に対する動注化学放射線療法, IVR, 24巻, 3号, pp. 226-234, 20100301
  123. 看護師のための疾患別がん放射線治療 基礎知識と服作用への対処 乳癌, 外来看護, 15巻, 3号, pp. 50-59, 20100201
  124. 進行子宮頸癌に対する動注化学放射線療法, IVR, 15巻, 3号, pp. 50-59, 20100101
  125. Evaluation of adverse events in atomic bomb survivors receiving curative-intent radiation therapy from 2005 to 2010, Radiother Oncol., 118巻, 1号, pp. 60-64, 2010
  126. Intra-arterial infusion chemotherapy using cisplatin with radiotherapy for Stage III squamous cell carcinoma of the cervix., Int J Radiat Oncol Biol Phys, 75巻, 2号, pp. 369-377, 20091001
  127. Radiation therapy for esophageal cancer in Japan: results of the Patterns of Care Study 1999-2001., Int J Radiat Oncol Biol Phys., 75巻, 2号, pp. 357-363, 20091001
  128. Results of a preliminary study using hypofractionated involved field radiation therapy and concurrent carboplatin/paclitaxel in the treatment of locally advanced Non-Small-Cell lung cancer, Int J Clin Oncol,, 14巻, 5号, pp. 408-415, 20091001
  129. 乳癌緩和治療の目指すもの 緩和的放射線療法の役割について, 臨床放射線, 54巻, 11号, pp. 1575-1583, 20091001
  130. 中咽頭 (頭頸部の診断と治療 update 【放射線治療】2.各論), 臨床放射線, 53巻, 11号, pp. 1621-1625, 20081101
  131. 食道癌に対する加速過分割照射の治療成績, 日本放射線腫瘍学会誌, 19巻, 4号, pp. 259-262, 20071201
  132. Results of the 1999-2001 Japanese Patterns of Care Study for Patients Receiving Defintive Radiation Theraphy without Surgery for Esophageal Cancer, Japanese journal of clinical oncology, 37巻, 7号, pp. 493-500, 20070723
  133. ★, Evaluation of the basic properties of the BANGkitTM gel dosimeter, Physics in Medicine and Biology, 52巻, 8号, pp. 2301-2311, 20070403
  134. ★, Evaluation of the basic properties of the BANGkit? gel dosimeter, Physics in Medicine and Biology= Institute of Physics, 52巻, pp. 2301-2311, 20070403
  135. Preoperative portal vein embolization with a mixture of gelatin sponge and lodized oil: Efficacy and safety, Acta Radiologica, 47巻, 10号, pp. 1022-1028, 20061201
  136. CT appearance of radiation injury of the lung and clinical symptoms after stereotactic body radiation therapy (SBRT) for lung cancers: are patients with pulmonary emphysema also candidates for SBRT for lung cancers?, International radiation oncology biology and physics, 66巻, 2号, pp. 483-491, 20061001
  137. Diffuse cerebral white matter T2-weighted hyperintensity: a new finding of general paresis., Acta Radiologica, 47巻, pp. 609-611, 20060701
  138. IA期非細胞肺癌に対する定位放射線照射, 広島医学, 59巻, 9号, pp. 708-712, 20060401
  139. I期食道癌に対する放射線治療, 日本放射線腫瘍学会誌, 17巻, 3号, pp. 149-154, 20050925
  140. IVRが継続困難であった肝・胆・膵癌症例に対する放射線治療の経験, 臨床放射線, 48巻, 3号, pp. 399-406, 20030401
  141. Potential benefits of volumetric modulated arc therapy to reduce the incidence of >= grade 2 radiation pneumonitis in radiotherapy for locally advanced non-small cell lung cancer patients, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 51巻, 12号, pp. 1729-1735, 202112

著書等出版物

  1. 2022年04月25日, 時間をかけずに的確に行う 強度変調放射線治療治療計画のコツ, 時間をかけずに的確に行う 強度変調放射線治療治療計画のコツ, 学研メディカル秀潤社, 2022年, 04, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 村上 祐司, 今野 伸樹, 河原 大輔, 978-4-7809-0432-1, 191, 9
  2. 2020年09月, 放射線治療計画ガイドライン 2020年版, 頭頸部 VII.唾液腺癌, 金原出版株式会社, 2020年, September, 教科書, 共著, 日本語, ガイドライン委員長 秋元哲夫 ガイドライン改訂作業委員長 中山優子, ISBN: 9784307071161, 440, 139-144
  3. 2020年03月20日, 新・医用放射線学講座 放射線腫瘍学, 医歯薬出版株式会社, 2020年, 03, 教科書, 共著, 日本語, ISBN978-4-263-20649-2
  4. 2017年, がんの臨床, 腫瘍外科医・腫瘍内科医のための放射線治療 咽頭癌・上顎癌, 篠原出版新社, 2017年, その他, 共著, 日本語, 村上祐司
  5. 2016年09月15日, 放射線治療計画ガイドライン 2016年版, 頭頸部 VII.唾液腺癌, 金原出版株式会社, 2016年, September, 教科書, 共著, 日本語, ガイドライン委員長 宇野 隆 ガイドライン改訂作業委員長 茶谷 正史, 978-4-307-07104-8, 408, 119-123
  6. 2016年09月, TrueBeamを用いたVMAT/SBRTの治療経験 : 臨床的側面, 臨床放射線 / 金原出版株式会社 [編], 木村 智樹;村上 祐司;西淵 いくの;大西 圭一;竹内 有樹;岡部 智行;斉藤 明登;西尾 禎治;永田 靖;中島 健雄;小澤 修一
  7. 2016年07月, IMRT療法症例から学ぶ頭頸部癌IMRTにおけるピットフォール, 頭頸部癌frontier, その他, 共著, 村上 祐司
  8. 2011年02月, これだけは知っておきたい!放射線療法Q&A-基本知識と最前線- 「Ⅰ最新の放射線治療 Q6定位放射線治療(大幹部)」, 総合医学社, 2011年, 02, 単行本(学術書), 共編著, 9784883786329, 30-35
  9. 2009年10月, がん化学療法・分子標的治療update, 中外医学社, 2009年, 10, 単行本(学術書), 共編著, 9784498022447, 736

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 当院における甲状腺癌に対するRAI治療の現状, 村上祐司, Tyroid Cancer Web Seminar in HIROSHIMA, 2023年03月30日, 招待, 日本語, エーザイ株式会社
  2. COVID-19が放射線治療教育に与えた影響 COVID-19感染拡大下での医学部放射線治療教育の実態調査報告, 村上祐司、前林俊也、野田真永、畑山佳臣、加藤徳雄, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  3. 放射線腫瘍医になろう, 村上祐司, 第38回日本放射線腫瘍学会 医学生・研修医のための放射線治療セミナー, 2022年05月14日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  4. 頭頸部がん, 村上祐司, 広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)県民公開セミナー, 2022年02月26日, 招待, 日本語, 広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC), 広島市
  5. Radiomics及び臨床因子を用いた局所進行非小細胞肺癌に対する化学放射線療法による放射線肺臓炎の予測モデル構築, 今野 伸樹, 河原 大輔, 西岡 陸, 小池 晃平, 勝田 剛, 廣川 淳一, 齋藤 明登, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 第36回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 千葉県柏市(柏の葉カンファ・東大会議室)
  6. 頸部食道癌に対する化学放射線療法における強度変調回転照射VMATの有用性の検討, 村上 祐司, 三好 章太, 勝田 剛, 今野 伸樹, 廣川 淳一, 西淵 いくの, 永田 靖, 第36回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2023年03月03日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 千葉県柏市(柏の葉カンファ・東大会議室)
  7. 食道癌に対する化学放射線療法後の胸椎骨折に関する後方視的検討, 廣川 淳一 , 村上 祐司 , 三好 章太 , 勝田 剛 , 今野 伸樹 , 西淵 いくの , 永田 靖, 第137回 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2022年12月03日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 徳島市(大塚講堂徳島大学蔵本キャンパス内)
  8. IMRT for H & N 1, Murakami Y, HICARE/IAEA International Training Course on Advanced Radiation Therapy for Head and Neck,Lung, and Liver Cancer, 2022年11月14日, 招待, 英語, HICARE/IAEA, Hiroshima, Japan (HIPRAC)
  9. 食道癌に対する化学放射線療法後の胸椎骨折に関する後方視的検討, 廣川 淳一、村上 祐司、三好 章太、勝田 剛、今野 伸樹、西淵 いくの、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  10. 食道癌に対する自由呼吸下VMATにおける仮想4DCTによる線量堅牢性評価, 勝田 剛、河原 大輔、三好 章太、今野 伸樹、廣川 淳一、西淵 いくの、村上 祐司、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  11. 大唾液腺癌に対する放射線治療の治療成績と再発様式の検討, 三好 章太、西淵 いくの、村上 祐司、勝田 剛、今野 伸樹、廣川 淳一、上田 勉、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  12. MVCT用CT値-密度変換ケーブルの空気のCT値が線量分布へ与える影響, 常峰 將吾、小澤 修一、三浦 英治、中尾 稔、河原 大輔、齋藤 明登、大西 孝志、橋口 大喜、大西 康彦、西口 里央、丸田 力、村上 祐司、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  13. 広島大学から発信するチーム放射線治療, 坪内 健人, 村上 祐司, 中島 健雄, 野村 恵, 藤岡 美紀, 三木 健太朗, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  14. データ不均衡補正法を用いた頭頸部癌患者に対する放射線治療後のAI予後予測精度の改善, 岡 宏貴、河原 大輔、齋藤 明登、村上 祐司、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  15. 前立腺癌患者におけるDosiomicsを用いた生化学的再発リスクの評価:サブグループ解析, 村上 悠、河原 大輔、征矢野 崇、小塚 拓洋、上間 達也、小口 正彦、吉岡 靖生、村上 祐司、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  16. 頬粘膜癌に対する198AUグレインを用いた小線源治療の治療成績と有害事象の検討, 小西 勝、廣川 淳一、三好 章太、勝田 剛、今野 伸樹、西淵 いくの、村上 祐司、島袋 紀一、柿本 直也、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  17. 肛門扁平上皮癌に対する5-FU+MMC同時併用化学放射線療法の第II相試験(JROSG10-2), 室伏 景子、唐澤 克之、板坂 聡、村上 祐司、神宮 啓一、西村 恭昌、工藤 滋弘、坂本 隆吏、有賀 拓郎、淡河恵津世、小川 和彦, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 2022年11月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 広島市(リーガロイヤルホテル広島)
  18. Novel simulation for dosimetry impact of diaphragm respiratory motion in 4D VMAT for esophageal cancer., Katsuta T, Kawahara D, Murakami Y, Miyoshi S, Imano N, Kubo K, Nishibuchi I, Nagata Y, ASTRO 2022(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 64th the Annual Meeting), 2022年10月23日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology, Hybrid(WEB + San Antonio, USA)
  19. Usefulness of the G8 screening tool in determining treatment strategies for definitive radiotherapy of esophageal cancer in the elderly., Nishibuchi I, Murakami Y, Miyoshi S, Katsuta T, Imano N, Nagata Y, ASTRO 2022(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 64th the Annual Meeting), 2022年10月23日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology, Hybrid(WEB + San Antonio, USA)
  20. Pain response rates after conventional radiation therapy for bone metastases assessed using international consensus pain response endpoints: A systematic review and meta-analysis of initial radiation therapy and re-irradiation., Imano N, Saito T, Nakamura N, Ito K, Yorozu A, Nishibuchi I, Murakami Y, Nagata Y, ASTRO 2022(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 64th the Annual Meeting), 2022年10月23日, 通常, 英語, American Society for Therapeutic Radiology and Oncology, Hybrid(WEB + San Antonio, USA)
  21. 画像変形技術を応用した仮想臓器変動CT画像による前立腺VMATの線量堅牢性評価, 和田 拓也, 河原 大輔, 村上 祐司, 中島 健雄, 越智 悠介, 津田 信太朗, 奥村 拓朗, 坪内 健人, 内藤 浩司, 永田 靖, 第18回中四国放射線医療技術フォーラム, 2022年10月15日, 通常, 日本語, 日本放射線技術学会, 松山市(松山市総合コミュニティセンター)
  22. 根治的CRT後遺残再発cT1bN0M0食道扁平上皮癌に対するサルベージESDの治療成績, 卜部 祐司, 岡 志郎, 小西 宏奈, 石橋 一樹, 水野 純一, 福原 基允, 村上 祐司, 田中 信治, 第76回日本食道学会学術集会, 2022年09月24日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 東京都(京王プラザホテル)
  23. Outcomes of chemoradiation for cervical esophageal squamous cell carcinoma., 村上 祐司、三好 章太、勝田 剛、今野 伸樹、西淵 いくの、永田 靖, 第76回日本食道学会学術集会, 2022年09月24日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 東京都(京王プラザホテル)
  24. FIGO2018 進行期分類を用いた子宮頸癌根治的放射線療法の長期成績の検討, 植田太朗, 西淵いくの, 中川富夫, 松浦寛司, 川畑秀雄, 兼安祐子, 三好章太, 大西圭一, 勝田 剛, 今野伸樹, 廣川淳一, 村上祐司, 永田 靖, 第136回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2022年06月17日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 広島市(ハイブリッド)(広島県医師会館)
  25. 切除可能局所進行食道癌に対する予防的リンパ節領域照射を用いた根治的化学放射線療法の長期治療成績, 三好章太, 西淵いくの, 村上祐司, 勝田 剛, 今野伸樹, 廣川淳一, 永田 靖, 第136回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2022年06月17日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 広島市(広島県医師会館)
  26. FIGO2018 進行期分類を用いた子宮頸癌根治的放射線療法の長期成績の検討, 植田太朗, 西淵いくの, 中川富夫, 松浦寛司, 川畑秀雄, 兼安祐子, 三好章太, 大西圭一, 勝田 剛, 今野伸樹 ,廣川淳一, 村上祐司, 永田 靖, 第26回広島放射線治療研究会, 2022年05月21日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市(広島コンベンションホール)
  27. データ不均衡を補正した頭頸部がん患者に対する放射線治療後の AI 予後予測, 岡 宏貴、河原大輔、齋藤明登、村上祐司、永田 靖, 第26回広島放射線治療研究会, 2022年05月21日, 通常, 日本語
  28. G8 Screening tool を用いた高齢頭頸部がん患者の放射線治療の考察, 勝田 剛、三好章太、今野伸樹、廣川淳一、西淵いくの、村上祐司、永田 靖, 第26回広島放射線治療研究会, 2022年05月21日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市(広島コンベンションホール)
  29. 下咽頭癌に対する VMAT 治療成績, 村上祐司, 久保克麿, 三好章太, 勝田 剛, 今野伸樹, 廣川淳一, 西淵いくの, 永田 靖, 第26回広島放射線治療研究会, 2022年05月21日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市(広島コンベンションホール)
  30. 局所進行非小細胞肺癌に対する強度変調回転照射の使用による放射線肺臓炎への影響, 今野 伸樹, 木村 智樹, 三好 章太, 久保 克麿, 勝田 剛, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 第35回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2022年03月05日, 通常, 日本語
  31. 放射線治療中断がもたらす生物学的線量への影響, 山口 光, 河原 大輔, 齋藤 明登, 村上 祐司, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 芝 栄志, 小澤 修一, 保田 浩志, 永田 靖, 第35回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2022年03月05日, 通常, 日本語
  32. 【ディスカッサント】Oral Session 2「頭頸部」, 村上 祐司, 第19回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2022年02月17日, 招待, 英語
  33. 肺多形癌の診断にて放射線治療を行った 10 症例の検討, "勝田剛、三好章太 久保克麿、今野伸樹、竹内有樹、西淵いくの、村上祐司、永田靖、 藤田和志", 第135回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2021年12月17日, 通常, 日本語
  34. 多施設第II相臨床試験(JROSG12-1)頚部食道癌への強度変調放射線治療, 板坂 聡, 坂中 克行, 伊藤 芳紀, 神宮 啓一, 石川 一樹, 太田 陽介, 村上 祐司, 小川 和彦, 西村 恭昌, 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  35. III期非小細胞肺癌に対する強度変調回転照射と通常照射の治療成績の比較検討, 今野 伸樹, 木村 智樹, 河原 大輔, 西岡 陸, 三好 章太, 久保 克麿, 勝田 剛, 竹内 有樹, 齋藤 明登, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  36. 再発・難治性低悪性度B細胞リンパ腫に対するRI標識免疫放射線療法の治療成績, "勝田 剛, 三好 章太, 久保 克麿, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 権丈 雅浩 ", 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  37. 敵対的生成ネットワークによる頭頸部MRI画像に対する自動輪郭作成システム開発, 河原 大輔, 恒田 雅人, 齋藤 明登, 西淵 いくの, 今野 伸樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  38. 局所進行舌癌への密封小線源治療:生存および有害事象への長期治療成績の検討, 竹内 有樹, 三好 章太, 久保 克麿, 勝田 剛, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 村上 祐司, 河原 大輔, 齋藤 明登, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  39. MRIを用いたradiomics解析による子宮頸癌傍大動脈リンパ節転移予測モデルの構築, 西淵 いくの, 河原 大輔, 河村 征志, 三好 章太, 久保 克麿, 勝田 剛, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 齋藤 明登, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  40. 切除可能局所進行食道癌に対する予防領域照射を用いた根治的化学放射線療法の長期成績, 三好 章太, 西淵 いくの, 村上 祐司, 久保 克麿, 勝田 剛, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回学術大会, 2021年11月12日, 通常, 日本語
  41. 治療前MRI画像を用いたradiomics解析による子宮頸癌傍大動脈リンパ節転移予測モデルの構築, 西淵いくの,河原大輔,河村征志,三好章太,久保克麿,勝田剛,今野伸樹,竹内有樹、齋藤明登,村上祐司,永田靖, 第51回京都放射線腫瘍研究会, 2021年10月30日, 通常, 日本語
  42. Potential benefits of volumetric modulated arc therapy to reduce the incidence of grade 2 radiation pneumonitis in radiotherapy for locally advanced non-small cell lung cancer patients., Imano N, Kimura T, Kawahara D, Kubo K, Takeuchi Y, Saito A, Nishibuchi I, Murakami Y, Nagata Y, ASTRO 2021(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 63rd the Annual Meeting), 2021年10月24日, 通常, 英語
  43. Survey of IMRT in Japan., Nagata Y, Ozawa S, Kawahara D, Miura H, Nakao M, Murakami Y, Nishibuchi I, ASTRO 2021(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 63rd the Annual Meeting), 2021年10月24日, 通常, 英語
  44. Interstitial brachytherapy for locally advanced tongue cancer: Analysis of the long-term Treatment results for survival and complications., Takeuchi Y, Imano N, Nishibuchi I, Kubo K, Murakami Y, Saito A, Kawahara D, Nagata Y, ASTRO 2021(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 63rd the Annual Meeting), 2021年10月24日, 通常, 英語
  45. A prediction model for para-aortic lymph node metastasis in cervical cancer by radiomics analysis using pre-treatment MRI images of the primary tumor., Nishibuchi I, Kawahara d, Kawamura M, Kubo K, Imano N, Takeuchi Y, Saito A, Murakami Y, Nagata Y, ASTRO 2021(American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 63rd the Annual Meeting), 2021年10月24日, 通常, 英語
  46. Tolerances of CT number to mass density table for adaptive helical tomotherapy with MVCT, Tsunemine S, Ozawa S, Nakao M, Miura H, Saito A, Kawahara D, Onishi Y, Onishi T, Okawa F, Terai A, Ueda R, Hashiguchi T, Enomoto N, Yamasaki H, Maruta T, Murakami Y, Nagata Y, The 9th Korea-Japan Joint Meeting on Medical, 2021年09月09日, 通常, 英語
  47. 頚部食道癌に対する科学放射線療法後の遺残再発病変に対してESDにて一括切除した1例, 水野 純一, 卜部 祐司, 福原 基充, 岡 志郎, 浜井 洋一, 村上 祐司, 田中 信治, 第115回広島がん治療研究会, 2021年07月11日, 通常, 日本語
  48. 局所進行舌癌への小線源治療の長期成績, 竹内 有樹, 三好 章太, 久保 克麿, 今野 伸樹, 勝田 剛, 西淵 いくの, 村上 祐司, 柿本 直也, 永田 靖, 第134回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2021年06月25日, 通常, 日本語
  49. 前立腺がんの回転強度変調放射線治療におけるロバスト最適化計算手法の線量評価, 和田 拓也, 河原 大輔, 村上 祐司, 齋藤 明登, 中島 健雄, 永田 靖, 日本放射線技術学会第77回総会学術大会, 2021年04月15日, 通常, 日本語
  50. 放射線治療中断がもたらす生物学的線量への影響, 山口 光, 河原 大輔, 齋藤 明登, 村上 祐司, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 芝 栄志, 小澤 修一, 保田 浩志, 永田 靖, 第35回高精度放射線外部照射部会学術大会, 通常, 日本語
  51. 頭頸部がんに対する免疫療法と化学放射線療法併用の現状と展望, 村上 祐司, 第19回日本臨床腫瘍学会学術集会, 通常, 英語
  52. 頭頸部がんに対する免疫療法と化学放射線療法併用の現状と展望, 村上 祐司, 第19回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2022年02月17日, 招待, 英語, 日本臨床腫瘍学会, 京都
  53. 放射線治療と医用画像との連携:最近のトピック, 村上 祐司, 広島県診療放射線技師会 令和3年度 第3回研修会, 2022年01月15日, 通常, 日本語, 広島県診療放射線技師会, 広島
  54. 広島大学病院における臨床研究について , 村上 祐司, 広島放射線治療研究会, 2021年10月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島
  55. ご存じですか?がんの放射線治療, 村上 祐司, 第21回日本がん治療学会市民公開講座, 2021年07月11日, 招待, 日本語, がん治療学会, WEB
  56. 頭頸部がんに対する放射線治療, 村上 祐司, 広島がん高精度放射線治療センターオープンカンファレンス 頭頸部癌, 2021年05月31日, 招待, 日本語, 広島がん高精度放射線治療センター, 広島
  57. 臨床研究報告, 村上 祐司, 広島放射線治療研究会, 2021年04月24日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島
  58. 下咽頭癌に対する強度変調回転照射法を用いた放射線治療の成績, 久保 克麿, 河原 大輔, 中野 永, 齋藤 明登, 越智 悠介, 小澤 修一, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2021年03月20日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  59. 当院における口腔頭頸部癌放射線治療患者への 支持療法の現状, 村上 祐司, 第5回広島放射線チーム医療研究会, 2021年03月06日, 招待, 日本語, 広島大学病院放射線治療科, 広島 WEB
  60. 食道がん, 村上 祐司, 県民公開講座, 2021年02月27日, 招待, 日本語, 広島がん放射線治療センター, 広島 WEB
  61. Leksell Gamma Knife Iconの治験経験, 村上 祐司, エレクタユーザーミーティング2021, 2021年02月06日, 招待, 日本語, WEB
  62. 口腔頭頸部癌放射線治療時の急性期放射線皮膚炎に対する支持療法, 村上 祐司, 広島大学病院オンコロジーミーティング, 2021年01月27日, 通常, 日本語, 中四国がんプロフェッショナル養成プログラム, 広島市
  63. 切除可能局所進行食道癌に対する予防領域照射を用いた根治的化学放射線療法の長期成績, 西淵 いくの、村上 祐司、亀岡 翼、越智 雅則、今野 伸樹、竹内 有樹、高橋 一平、木村 智樹、永田 靖, 第74回日本食道学会学術集会, 2020年12月10日, 通常, 日本語
  64. Association between acute toxicities of chemoradiotherapy and chromosomal aberrations in peripheral blood lymphocytes in esophageal cancer patients, Imano N, Nishibuchi I, Kawabata E, Kinugasa Y, Sakai C, Ishida M, Akita T, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y, Tashiro S, ASTRO 2020 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 62nd the Annual Meeting), 2020年10月24日, 通常, 英語
  65. Survey of stereotactic body radiation therapy in Japan, Nagata Y, Ozawa S, Nakao M, Kawahara D, Kimura T, Murakami Y, ASTRO 2020 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 62nd the Annual Meeting), 2020年10月24日, 通常, 英語
  66. 2020年10月24日, 通常, 英語
  67. A machine learning model with radiomics based on PET images to predict pathological response by neoadjuvant chemoradiotherapy for esophageal cancer., Murakami Y, Kawahara D, Imano N, Takahashi I, Takeuchi Y, Nishibuchi I, Kimura T, Nagata Y, 2020年10月24日, 通常, 英語
  68. 頭頸部症例での金冠による粘膜障害低減のためのコルトフラックスの厚み検討, 常峰 将吾, 小澤 修一, 河原 大輔, 大西 康彦, 大西 孝志, 丸田 力, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月17日, 通常, 日本語
  69. Predicting the degree of differentiation for esophageal cancer with radiomics analysis, 河原 大輔, 村上 祐司, 齋藤 明登, 三木 健太朗, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月17日, 通常, 日本語
  70. 子宮頸癌ウィルヒョウリンパ節転移に対する放射線治療成績, 植田 太朗, 西淵 いくの, 和田崎 晃一, 中川 富夫, 松浦 寛司, 兼安 祐子, 石原 聡一郎, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 川畑 秀雄, 竹内 有樹, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 第23回広島放射線治療研究会, 2020年10月17日, 通常, 日本語
  71. 臨床研究報告, 村上 祐司, 広島放射線治療研究会, 2020年10月17日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市 WEB
  72. 強度変調放射線治療における3次元線量分布のガンマパス率予測手法の開発, 芝 栄志, 齋藤 明登, 古海 誠, 河原 大輔, 三木 健太朗, 小澤 修一, 村上 祐司, 大栗 隆行, 矢原 勝哉, 恒田 雅人, 西尾 禎治, 興梠 征典, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月14日, 通常, 日本語
  73. 高齢者の高悪性度神経膠腫に対する術後寡分割照射の検討, 西淵 いくの, 村上 祐司, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 招待, 日本語
  74. 髄芽腫に対する放射線治療成績の検討, 石原 聡一郎, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 竹内 有樹, 河原 大輔, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語
  75. 食道癌術後再発に対する根治的放射線療法の治療成績の検討, 竹内 有樹, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 河原 大輔, 齋藤 明登, 三木 健太朗, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語
  76. 高齢者に対する食道癌根治的放射線療法の治療方針とG8スコアの関連, 西淵 いくの, 村上 祐司, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語
  77. 子宮頸癌ウィルヒョウリンパ節転移に対する放射線治療成績, 植田 太朗, 西淵 いくの, 和田崎 晃一, 中川 富夫, 松浦 寛司, 兼安 祐子, 石原 聡一郎, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 川畑 秀雄, 竹内 有樹, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語
  78. アフターコロナの放射線治療:食道癌, 西淵 いくの, 村上 祐司, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 樺山 翔平, 久保 克麿, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月01日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会
  79. 教育講演 「頭頸部2」, 村上 祐司, 第56 回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2020年09月25日, 招待, 日本語, 日本医学放射線学会, WEB
  80. 頭頸部癌の支持療法 化学放射線治療における支持療法を中心に, 村上 祐司, 第56回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2020年09月12日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会 日本がん看護学会, WEB
  81. T1-2N0M0声門癌におけるEpCAMと放射線治療の予後に関する研究:JCOG0701A2, 村上 直也, 森 泰昌, 町田 龍之介, 古平 毅, 伊藤 芳紀, 鹿間 直人, 石倉 聡, 小西 浩司, 松本 康夫, 村上 祐司, 中村 直樹, 山下 英臣, 吉村 通央, 西村 恭昌, 加賀美 芳和, 第44回日本頭頸部癌学会(WEB), 2020年07月17日, 通常, 日本語
  82. 2020年07月12日, 通常, 英語
  83. 頭頸部、口腔がん放射線治療における支持療法, 村上 祐司, 広島大学病院オンコロジーミーティング, 2020年06月15日, 通常, 日本語, 広島がんプロフェッショナル陽性プログラム, 広島市 WEB
  84. Novel index to predict non-hematologic acute toxicities caused by chemoradiotherapy in esophageal cancer patients., Imano N, Nishibuchi I, Kameoka T, Ochi M, Takeuchi Y, Takahashi I, Kimura T, Murakami Y, Tashiro S, Nagata Y, 第79回日本医学放射線学会総会, 2020年05月15日, 通常, 日本語
  85. A new work-flow of appropriate planning for VMAT using patient specific template with geometrical ideal dose distribution., Miki K, Saito A, Kawahara D, Nakashima T, Nishibuchi I, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y:, 第119回日本医学物理学会学術大会, 2020年05月15日, 通常, 日本語
  86. 体幹部放射線治療の国内実態調査―2018年, 永田 靖, 小澤 修一, 村上 祐司, 木村 智樹, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 高精度放射線外部照射部会
  87. 局所進行非小細胞肺癌に対するIMRTの現状, 木村 智樹, 今野 伸樹, 亀岡 翼, 越智 雅則, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 河原 大輔, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 村上 祐司, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 招待, 日本語, 高精度放射線外部照射部会, WEB
  88. 局所進行非小細胞肺癌に対する強度変調回転照射の使用による肺線量及び放射線肺臓炎への影響, 今野 伸樹, 木村 智樹, 亀岡 翼, 越智 雅則, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 村上 祐司, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 高精度放射線外部照射部会
  89. RadiomicsとAIによる切除可能局所進行食道癌術前化学放射線療法後の病理所見予測モデルの検討, 村上 祐司, 河原 大輔, 亀岡 翼, 越智 雅則, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 永田 靖, 第33回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2020年05月08日, 通常, 日本語, 高精度放射線外部照射部会, WEB
  90. 放射線治療医を志した契機についてのアンケート報告, 村上 祐司1)、野田 真永2)、畑山 佳臣3) 、前林 俊也4) 、神宮 啓一5), 第60回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年11月23日, 招待, 日本語
  91. RayStation自動計画モジュールPlan Explorerの使用感, 村上祐司, 第60回日本放射線腫瘍学会学術集会, 2019年11月23日, 招待, 日本語
  92. Association between Severe Gastrointestinal Toxicity and Molecular Targeted Therapy in Patients Received Radiotherapy for Metastatic Bone Tumor or Myeloma., Murakami Y 1, Ishikawa K 2, Sakayauchi T 3, Itasaka S 4, Negoro Y 5, Jingu K 6, Nishimura Y2 , Nagata Y 1, Ogawa K 7., 2019年09月16日, 通常, 英語
  93. 頭頸部癌の放射線治療, 村上祐司, 第3回広島県放射線治療看護研究会, 2019年08月31日, 招待, 日本語
  94. 放射線治療とAI, 村上祐司, 中四国放射線治療夏季セミナー, 2019年07月31日, 招待, 日本語, 香川
  95. Current Status of Radiotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma In Japan, Yuji Murakami, 2019 Health Science Symposium with Taichung Veterans General Hospital, 2019年07月26日, 通常, 英語, Hiroshima University Hospital, Hiroshima
  96. 前立腺がんに対する中期成績, 村上 祐司1), 中島 健雄2), 亀岡 翼1), 越智 雅則1), 今野 伸樹1) 竹内 有樹1), 高橋 一平1), 西淵 いくの1), 河原 大輔1), 三木 健太朗1) 齋藤 明登1), 木村 智樹1) , 永田 靖1), 広島放射線治療研究会, 2019年05月25日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島, 発表資料
  97. 直腸癌に対するTS-1併用術前化学放射線療法の検討, 今野 伸樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 竹内 有樹, 高橋 一平, 三木健太朗,齋藤 明登, 西淵いくの, 木村 智樹, 永田 靖, 第47回京都放射線腫瘍研究会, 2019年03月09日, 通常, 日本語, 京都放射線腫瘍研究会, 京都市
  98. 強度変調放射線治療の国内実態調査-2017年, 永田 靖,小澤修一,村上祐司,木村智樹,西淵いくの,権丈雅浩,土井歓子, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  99. 限局性および局所進行性前立腺癌に対する強度変調放射線治療の中期治療成績, 村上 祐司,中島 健雄,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,高橋 一平,西淵いくの,三木健太朗,齋 藤明登,木村 智樹,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  100. フィルタ逆投影法とディープラーニングを応用した予測線量分布生成法の開発と評価、および効果的な線量分布最適化への応用, 三木健太朗,齋藤 明登,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,高橋 一平,西淵 いくの,木村 智樹,村上 祐司,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  101. IMRT for prostate, Murakami Y, HICARE/IAEA International Training Course on Advanced Radiation Therapy (IAEA-RCA Regional Training Course), 2019年02月18日, 通常, 英語, 広島市
  102. 肛門癌の放射線治療, 村上祐司, エレクタ社内研修会, 2019年01月12日, 招待, 日本語, エレクタ株式会社, 発表資料
  103. 内視鏡非治癒切除食道癌に対する化学放射線療法後に硬膜外膿瘍を生じた1例, 足立 佳範, 西淵 いくの, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖., 第131回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 高松市
  104. 転移性肺腫瘍に対する定位放射線治療成績の検討, 今野伸樹、木村智樹、足立佳範、竹内有樹、高橋一平、西淵いくの 村上祐司、永田靖, 第131回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年12月08日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 高松市
  105. A Simplified Three-Isocenter VMAT for Craniospinal Irradiation, Takahashi I, Adachi Y, Imano N, Takeuchi Y, Nishibuchi I, Miki K, Saito, A , Kimura T, Murakami Y, Nagata Y, European Society for Radiotherapy and Oncology meets Asia 2018(ESTRO), 2018年12月07日, 通常, 英語
  106. 当院における頭頸部癌Multidisciplinary Teamの現状, 村上 祐司, Preceptorship in HNC, 2018年11月23日, 招待, 日本語, 東京 日本
  107. 放射線治療の基礎, 村上祐司, がん看護「治療期」に関する専門研修会, 2018年10月26日, 通常, 日本語, 広島市
  108. A simplified three-isocenter VMAT for craniospinal irradiation., Takahashi I, Imano N, Takeuchi Y, Nishibuchi I, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  109. Comparison of stereotactic body radiation therapy combined with or without transcatheter arterial chemoembolization for patients with small hepatocellular carcinoma ineligible for resection or ablation therapies., Kimura T, Doi Y, Aikata H, Imano N, Takeuchi Y, Takahashi I, Nishibuchi I, Katsuta T, Kenjo K, Murakami Y, Awai K, Chayama K, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  110. The efficacy and tolerability of S-1 in the treatment of preoperative chemoradiotherapy for locally advanced rectal cancer., Imano N, Nishibuchi I, Takeuchi Y, Takahashi I, Miki K, Saito A, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  111. Salvage radiation therapy with elective nodal irradiation for superficial esophageal cancer after incomplete endoscopic resection., Nishibuchi I, Murakami Y, Imano N, Takeuchi Y, Takahashi I, Kimura T, Nagata Y., ASTRO 2018 (American Society for Therapeutic Radiology and Oncology 60th the Annual Meeting), 2018年10月21日, 通常, 英語
  112. 切除可能局所進行食道癌に対する術前化学放射線療法+手術の長期成績, 村上祐司, 第31回日本放射線腫瘍学会学術大会, 2018年10月13日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都
  113. 胸部食道癌VMATにおけるPinnacle3 Auto-Planningの実用性, 村上祐司, 日本放射線腫瘍学会 第31回学術大会, 2018年10月11日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都
  114. VMATを用いた全能全脊髄照射(CSI)の基礎的検討, 高橋 一平, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 村上 祐司, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  115. 直腸癌に対するTS-1併用術前化学放射線療法の検討, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 村上 祐司, 足立 佳範, 竹内 有樹, 高橋 一平, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  116. 前立腺癌に対する密封小線源治療後のPSA bounceの臨床的特徴, Kubo K, Wadasaki K, Kimura T, Murakami Y, Nagata Y., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  117. 新規治療法導入時における多職種チーム連携による安全かつ効率的な治療法構築の試み, 三木 健太朗, 大野 吉美, 野村 恵, 村上 祐司, 木村 智樹, 木村 智樹, 西淵 いくの, 高橋 一平, 竹内 有樹, 今野 伸樹, 齋藤 明登, 中島 健雄, 藤岡 美紀, 柿本 直也, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  118. 生物学的等価線量を用いた食道癌根治的化学放射線療法後における晩期心肺毒性の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  119. 中咽頭癌に対する強度変調回転照射の検討, 西淵 いくの, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 三木 健太朗, 齋藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖., 日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月11日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  120. フィルタ逆投影法を応用した幾何学的理想な線量分布生成法の開発および臨床応用可能性における検討, 三木健太朗,齋藤明登,足立佳範,今野伸樹,竹内有樹,高橋一平,西淵いくの,木村智樹,村上祐司,永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  121. 食道癌根治的化学放射線療法後の心肺有害事象の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 中島 健雄, 三木 健太朗, 斎藤 明登, 木村 智樹, 永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  122. 胸部食道癌 VMAT の臨床導入, 村上 祐司, 斎藤 明登, 中島 健雄, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 三木 健太朗, 木村 智樹, 永田 靖, 第20回広島放射線治療研究会, 2018年10月06日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  123. Current Status of Radiotherapy for Esophageal Cancer, 村上祐司, The National Radiation Oncology Meeting on Advanced Radiation Oncology Technologies in Mongolia, 2018年09月18日, 招待, 英語, National cancer center Mongolia, Ulaanbaatar, Mongolia
  124. The Efficacy and Tolerability of S-1 in the Treatment of Preoperative Chemoradiotherapy for Locally Advanced Rectal Cancer., Imano N, Murakami Y, Nishibuchi I, Adachi Y, Takeuchi Y, Takahashi I, Kimura T, Nagata Y., The 3rd Meeting of the Federation of Asian Organizations for Radiation Oncology(FARO), 2018年09月06日, 通常, 英語
  125. Biological dose enhancement using lipiodol in liver SBRT after TACE., Kawahara D, Nakano H, Ozawa S, Saito A, Kimura T, Tsuneda M, Hioki K, Masuda H, Ochi Y, Nakashima T, Ohno Y, Murakami Y, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  126. Structure and aperture-based robustness estimation for volumetric modulated arc therapy., Mori M, Saito A, Kawahara D, Miki K, Murakami Y, Nakashima T, Okumura T, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  127. Predictive gamma passing rate based on dose uncertainty for head-and-neck and prostate IMRT., Shiba E, Saito A, Tsuneda M, Furumi M, Yahara K, Ohguri T, Murakami Y, Nishio T, Korogi Y, Nagata Y., AAPM 2018(American Association of Physicists in Medicine 60th annual meeting & exhibition), 2018年07月29日, 通常, 英語
  128. 知っ得 放射線治療, 村上祐司, 第32回日本放射線腫瘍学会 医学生・研修医のための放射線治療セミナー, 2018年07月14日, 招待, 日本語
  129. リコール現象と思われる放射線筋炎を発症した一例, 亀岡 翼, 西淵 いくの, 足立 佳範, 今野 伸樹, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖., 第130回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年06月17日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 出雲市
  130. 高齢者の高悪性度神経膠腫に対する術後寡分割照射の検討, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 足立 佳範, 竹内 有樹, 高橋 一平, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖., 第130回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年06月17日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 出雲市
  131. 生物学的等価線量を用いた食道癌根治的化学放射線療法後の晩期心肺毒性の検討, 竹内 有樹, 村上 祐司, 足立 佳範, 今野 伸樹, 高橋 一平, 西淵 いくの, 木村 智樹, 永田 靖., 第130回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2018年06月17日, 通常, 日本語, 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 出雲市
  132. 過去三年の重要インシデントおよび治療装置トラブルの報告, 増田 弘和,村上 祐司,野村 恵,中島 健雄,大野 吉美,永田 靖, 第19回広島放射線治療研究会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  133. 中咽頭癌に対する強度変調回転照射の検討, 西淵いくの,村上 祐司,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,高橋 一平,三木健太朗,斎藤 明登,木村 智樹,永田 靖, 第19回広島放射線治療研究会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会, 広島市
  134. 頭頸部癌VMATにおけるTips & Pitfall, 村上祐司, 第2回 山梨静岡放射線治療研究会, 2018年06月02日, 招待, 日本語, 山梨静岡放射線治療研究会, 静岡
  135. 頭頸部癌VMATにおけるTipsとPitfall, 村上 祐司, 第2回山梨静岡放射線治療研究会, 2018年06月02日, 通常, 日本語, 山梨静岡放射線治療研究会, 静岡市
  136. 中下咽頭癌・胸部食道癌の同時重複癌に対する同時放射線治療の検討, 高橋 一平,足立 佳範,今野 伸樹,竹内 有樹,三木健太朗,齋藤 明登,西淵いくの,木村 智樹,村上 祐司,永田 靖, 第32回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年03月02日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 東京都
  137. 肝細胞癌に対する定位放射線治療の可能性, 木村智樹, 今野伸樹, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 村上祐司, 永田 靖, 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 大阪市
  138. 中咽頭癌に対する強度変調回転照射の検討, 西淵いくの, 村上祐司, 今野伸樹, 竹内有樹, 高橋一平, 木村智樹, 永田 靖, 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2018年02月10日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 大阪市
  139. Simulation study of volumetric modulated arc therapy for thoracic esophageal cancer using automated-radiotherapy planning software., Yuji Murakami, Yasushi Nagata, Tomoki Kimura, Ikuno Nishibuchi, Takeo Nakashima;, Gastrointestinal Cancers Symposium 2018, 2018年01月19日, 通常, 英語, American society of clinical oncology, サンフランシスコ 米国
  140. 脳転移に対する 放射線治療の現状, 村上 祐司, 広島ガンマナイフカンファレンス, 2018年01月10日, 招待, 日本語, たかの橋中央病院
  141. 当院における強度変調放射線治療の現状と展望, 村上祐司, Hiroshima university hospital oncology meeting, 2018年01月10日, 通常, 日本語
  142. 自動計画ソフトを用いた 胸部中下部食道癌 VMAT治療計画の検討, 村上祐司、中島健雄、今野伸樹、竹内有樹、高橋一平、西淵いくの、木村智樹、三木健太郎、齋藤明登、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会, 2017年11月18日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会 第30回 学術大会, 大阪
  143. 医学部教育における放射線腫瘍学の現状, 村上祐司、若月 優、永田 靖, 日本放射線腫瘍学会 第30回 学術大会, 2017年11月18日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 大阪
  144. 1期食道癌に対する根治的化学放射線療法(CRT)の晩期心肺有害事象の検討, 竹内有樹, 村上祐司, 今野伸樹, 高橋一平, 西淵いくの, 木村智樹, 齋藤明登, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月17日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 大阪
  145. Long-term results of definitive chemoradiotherapy for elderly patients with esophageal cancer, Nishibuchi I, Murakami Y, Takeuchi Y, Takahashi I, Miki K, Saito A, Kimura T, Wadasaki K, Nagata Y, Proceedings of the American Society for Radiation Oncology 59th annual meeting (ASTRO), 2017年09月25日, 通常, 英語, the American Society for Radiation Oncology, San Diego, USA
  146. Long-term results of stereotactic body radiation therapy for patients with small hepatocellular carcinoma inligible for resection or ablation therapies., Kubo K, Kimura T, Aikata H, Takahashi S, Takeuchi Y, Takahashi I, Nishibuchi I, Murakami Y, Chayama K, Nagata Y, Proceedings of the American Society for Radiation Oncology 59th annual meeting, 2017年09月25日, 通常, 英語, the American Society for Radiation Oncology 59th annual meeting, San Diego USA
  147. Repeated stereotactic body radiotherapy for intra-hepatic recurrent hepatocellular carcinoma., Kimura T, Hioki K, Aikata H, Kubo K, Takahashi S, Takeuchi Y, Takahashi I, Nishibuchi I, Murakami Y, Chayama K, Nagata Y, Proceedings of the American Society for Radiation Oncology 59th annual meeting, 2017年09月25日, 通常, 英語, the American Society for Radiation Oncology 59th annual meeting, San Diego USA
  148. Educational Lecture 1 Head & Neck cancer, 村上祐司, 日本医学放射線学会秋季大会, 2017年09月09日, 招待, 日本語, 日本医学放射線学会, 愛媛
  149. 各領域の進歩2:放射線治療, 村上祐司, 2017年07月23日, 招待, 日本語, Advanced Medical Imaging 研究会, 大阪
  150. 脳転移に対する放射線治療の現状, 村上祐司, 第20回日本臨床脳神経外科学会, 2017年07月15日, 招待, 日本語
  151. IVA-IVB期中下咽頭癌に対する導入TPF療法+CDDP併用VMATの治療成績, 村上祐司, 上田 勉, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 中島健雄, 木村智樹, 平川勝洋, 永田 靖, 頭頸部癌学会, 2017年06月18日, 通常, 日本語
  152. 切除不能食道癌に対する放射線治療, 村上祐司, 第27回日本気管食道科学会認定気管食道科専門医大会, 2017年04月09日, 招待, 日本語, 日本気管食道科学会認定気管食道科専門医大会, 仙台
  153. IMRTを用いた全脳全脊髄照射(CSI)の初期経験, 高橋 一平, 柏戸 宏造, 竹内 有樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 永田 靖, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 仙台市
  154. IVA-IVB期中下咽頭癌に対する導入化学療法+化学療法併用VMATの治療成績, 村上祐司, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 中島健雄, 上田勉, 三木健太郎, 齋藤 明登, 木村智樹, 永田 靖, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 仙台市
  155. 高精度部会アンケート調査報告 強度変調放射線治療の国内実態調査-2015年- 医師編, 永田 靖, 小澤 修一, 村上祐司, 木村智樹, 西淵いくの, 権丈雅浩, 土井歓子, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 仙台市
  156. Results of stereotactic radiotherapy for pulmonary oligometastases from colorectal cancer( JROSG), 山本貴也, 松尾幸憲, 大西 洋, 青木昌彦, 村上祐司, 山下英臣, 有賀久哲, 根本建二, 坂谷内徹, 岡本雅彦, 神宮啓, 第30回高精度放射線外部照射部会学術大会, 2017年03月18日, 通常, 日本語, 仙台市
  157. 頭頸部がんと放射線治療, 村上 祐司, 県民公開セミナー ここまで来た!がん放射線治療, 2017年02月12日, 招待, 日本語, 広島県医師会, 広島市
  158. Vero-4DRTを用いた肝臓癌に対する動体追尾照射の初期経験, 土井歓子, 三浦英治, 小澤修一, 山田 聖, 権丈雅浩, 木村智樹, 村上祐司, 永田 靖, 第58回広島肝疾患ゼミナール, 2017年02月11日, 通常, 日本語, 広島市
  159. 肺機能画像は放射線肺臓炎の線量分布パラメータに相関する, 木村智樹, 中島健雄, 齋藤明登, 竹内有樹, 高橋一平, 西淵いくの, 村上祐司, 西尾禎治, 永田 靖, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月19日, 通常, 日本語, 日本肺癌学会, 福岡市
  160. 食道がん根治的CRT 後の再発に対してPDT を施行した2 症例, 竹内 有樹, 村上 祐司、高橋 一平、西淵 いくの、木村 智樹、斉藤 明登、永田 靖, 第127回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2016年12月10日, 通常, 日本語, 徳島大学, 徳島市
  161. 頭部血管肉腫に対する放射線治療の検討, 高橋 一平, 竹内 有樹、西淵 いくの、木村 智樹、村上 祐司、永田 靖, 第127回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2016年12月10日, 通常, 日本語, 徳島大学, 徳島市
  162. Head & Neck, 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 招待, 英語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  163. Definitive radiotherapy for para aortic lymph node metastasis of cervical squamous cell carcinoma., 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 通常, 英語, 日本放射線腫瘍学会, 京都
  164. Role of chemoradiation therapy in multi-modality treatment for resectable esophageal cancer., 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  165. Current status of the education of Radiation Oncology, 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  166. Treatment outcomes of chemoradiotherapy for limited-stage small cell lung cancer., 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都市
  167. Treatment results of definitive chemo-radiation therapy in patients with cervical esophageal cancer., 日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 日本放射放射線腫瘍学会, 京都市
  168. 子宮頸部扁平上皮癌の傍大動脈リンパ節転移に対する根治的放射線療法の検討, 西淵いくの, 高橋一平、竹内有樹、木村智樹、村上祐司、今野伸樹、和田崎晃一、兼安祐子、永田 靖, 第16回広島放射線治療研究会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会事務局(広島大学), 広島市
  169. Dual Energy CT を用いた造影剤特定システムの開発に向けて, 河原大輔, 田中創大、鈴木龍彦、恒田雅人、横町和志、藤岡知可子、中島健雄、大野吉美、檜垣徹、齋藤明登、村上祐司、小澤修一、永田 靖, 第16回広島放射線治療研究会, 2016年11月19日, 通常, 日本語, 広島放射線治療研究会事務局(広島大学), 広島市
  170. 当院におけるQA委員会の現状と展望, 村上祐司, 高橋一平, 竹内有樹, 西淵いくの, 木村智樹, 永田 靖, 第42回京都放射線腫瘍研究会, 2016年10月29日, 通常, 日本語, 京都放射線腫瘍研究会, 京都市
  171. Impact of expiratory tumor motion patterns on dose volume histogram in treatment phase selection of respiratory gating radiation therapy for lung cancer, 2016年09月25日, 通常, 英語
  172. Salvage radiotherapy for superficial esophageal cancer after incomplete endoscopic resection, 2016年09月25日, 通常, 英語
  173. A simplified Three-Isocenter IMRT for craniospinal irradiation to minimize planning and treatment time, 2016年09月25日, 通常, 英語
  174. Combined ventilationand perfusion imaging correlates with the dosimetric parameters of radiatoin pneumonitis in radiation therapy planning for lung cancer., 2016年09月25日, 通常, 日本語
  175. Clinical features of metachronous cancer in patients with esophageal cancer treated by definitive radiation therapy, Y. Murakami, Y. Takeuchi, I. Takahashi, I. Nishibuchi, T. Kimura, Y. Nagata, GAP (Global Academic Program) related Meeting between Hiroshima University and The University of Texas MD Anderson Cancer Center, 2016年07月22日, 通常, 英語, 広島市
  176. Evaluation of adverse events in Atomic Bomb survivors receiving curative-intent radiation therapy from 2005 to 2010, 2016年07月22日, 通常, 英語, 広島市
  177. Stereotactic body radiotherapy for patients with small hepatocellular carcinoma ineligible for ablation therapies., 2016年07月22日, 通常, 英語, 広島市
  178. 3cm 以下の小型肺腫瘍に対するJCOG1408 標準線量での定位放射線治療の長期成績, 木村 智樹, 高橋 一平、竹内 有樹、西淵いくの、村上 祐司、永田  靖, 第56回日本呼吸器学会 中国・四国地方会, 2016年07月09日, 通常, 日本語, 日本呼吸器学会 中国・四国地方会, 広島市
  179. 根治的放射線治療後の異時性多発癌の検討, 村上祐司, 竹内有樹,高橋一平,西淵いくの,木村智樹,永田靖, 第70回日本食道学会学術集会, 2016年07月04日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 東京都
  180. 頸部食道癌に対する根治的化学放射線治療成績の検討, 竹内有樹, 村上祐司,高橋一平,西淵いくの,木村智樹,檜原淳,浜井洋一,永田靖, 第70回日本食道学会学術集会, 2016年07月04日, 通常, 日本語, 日本食道学会, 東京都
  181. 教育講演 放射線治療 IMRT 頭頸部癌, Y.Murakami, 第75回日本医学放射線学会総会, 2016年04月17日, 招待, 英語, 日本医学放射線学会
  182. Clinical features of metachronous cancer in patients with esophageal cancer treated by definitive radiation therapy., Murakami Y., Kawabata H., Takeuchi Y., Nishibuchi I.,Okabe T., Kenjo M., Kimura T., Nagata Y., 日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, 2015年11月19日, 通常, 英語, 日本放射線腫瘍学会, 群馬
  183. Incidence and clinical features of metachronous esophageal cancer after definitive radiation therapy for esophageal cancer., Murakami Y, Kawabata H, Takeuchi Y, Doi Y, Okabe T, Kenjo M, Kimura T, Nagata Y., American Society for Radiation Oncology 57th annual meeting(ASTRO), 2015年10月18日, 通常, 英語, American Society for Radiation Oncology, San Antonio,Texas, USA
  184. 前立腺癌IMRT後の晩期直腸出血の検討, 村上祐司, 日本高精度放射線外部照射研究会, 2015年05月30日, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 京都
  185. Preliminary Outcomes of Induction Chemotherapy+VMAT with Concurrent Chemotherapy for Stage IVA/IVB oro- and Hypopharyngeal Cancer, Yuji Murakami, Tomoki Kimura, Katsumaro Kubo, Hiromi Sakaguchi, Nobuki Imano, Hideo Kawabata, Yoshiko Doi, Masahiro Kenjo, Yasushi Nagata, International congress of Radiation Research(ICRR), 2015年05月25日, 通常, 英語, KYOTO
  186. VMAT for head and neck cancer, Y. Murakami, HICARE/IAEA International Training Course, 2015年01月19日, 通常, 英語, HICARE/IAEA, Hiroshima, Japan
  187. 直腸癌に対する術前化学放射線療法の検討, 川畑秀雄, 村上祐司, 久保克麿, 坂口弘美, 今野伸樹. 土井歓子. 岡部智行. 権丈雅浩. 木村智樹. 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会総会, 2014年12月, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 横浜
  188. IVA/IVB期中下咽頭癌に対する導入化学療法後化学放射線治療の初期経験, 村上祐司, 久保克麿, 坂口弘美, 川畑秀雄, 今野伸樹, 土井歓子. 岡部智行, 権丈雅浩, 木村智樹, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会学術大会, 2014年12月, 通常, 日本語, 横浜
  189. 【アフタヌーンセミナー】放射線治療部門QA委員会について, 村上 祐司, 日本放射線腫瘍学会総会, 2014年12月, 招待, 日本語, 日本放射線腫瘍学会, 横浜
  190. 頭頸部癌に対する導入化学療法後化学放射線療法の検討, 村上 祐司, 広島放射線治療研究会, 2014年10月, 通常, 日本語
  191. Results Of Neoadjuvant Chemoradiotherapy Followed By Surgery For Locally Advanced Esophageal Squamous Cell Carcinom, Y. Murakami, N. Imano, Y. Doi, T. Okabe, M. Kenjo, T. Kimura, J. Hihara, Y. Nagata, The American Society for Radiation Oncology 56th annual meeting(ASTRO), 2014年09月15日, 通常, 日本語, SanFrancisco, USA
  192. 上咽頭癌に対する強度変調回転照射の短期成績, 村上祐司, 木村智樹, 勝田 剛, 今野伸樹, 土井歓子, 岡部智行, 権丈雅浩, 兼安祐子, 永田 靖, 日本医学放射線学会総会, 2014年04月, 通常, 英語, 日本医学放射線学会, 横浜
  193. 新規治療システムにおける前立腺癌に対するsingle arc VMATの検討, 村上祐司, 中島健雄, 河原大輔 奥村拓朗, 今野伸樹, 勝田 剛, 土井歓子, 岡部智行, 権丈雅浩, 兼安祐子, 木村智樹, 小澤修一, 永田靖, 日本高精度放射線外部照射研究会, 2014年02月, 通常, 日本語, 日本高精度放射線外部照射研究会, 東京
  194. バリアン新治療システムの使用感~TrueBeam と Eclipse v11.0の強度変調放射線治療における臨床的有用性について~, 村上 祐司, 2014 Varian Seminar, 2014年02月, 招待, 日本語, Varian medical, 東京
  195. 放射線治療の基礎と実際, 村上 祐司, 第8回明日を担うガンマナイフ研究会, 2013年08月, 招待, 日本語
  196. Chemo-radiotherapy for Early Stage Esophageal Cancer , 村上 祐司, Gilbert Fletcher Society Satellite Meeting in Hiroshima, 2013年, 通常, 日本語
  197. SM2-3食道癌に対する放射線治療成績の検討, 村上 祐司, 第67回日本食道学会学術集会, 2013年, 通常, 日本語
  198. 放射線治療の基礎、治療と副作用について, 村上 祐司, 広島大学病院 患者サロン , 2013年, 通常, 日本語
  199. 中・下咽頭癌に対する強度変調;放射線治療の初期治療成績の検討, 村上 祐司, 日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年, 通常, 日本語
  200. TWENTY YEAR-TREATMENT RESULTS OF RADIATION THERAPY FOR T1N0M0 ESOPHAGEAL CANCER, 村上 祐司, Proceedings of the American Society for Radiation Oncology 55th annual meeting (ASTRO), 2013年, 通常, 日本語
  201. HT-CARP 食道癌に対する;放射線治療アンケート報告, 村上 祐司, 第10回広島放射線治療研究会, 2013年, 通常, 日本語
  202. 食道癌, 村上 祐司, 第14回放射線腫瘍学夏季セミナー, 2012年08月, 招待, 日本語
  203. がんと放射線療法, 村上 祐司, 第68回日本消化器病学会中国支部市民公開講座, 2012年05月, 招待, 日本語
  204. 最新放射線治療2012(ASTRO2012に参加して), 村上 祐司, 日本放射線科専門医会 第25回ミッドウインターセミナー, 2012年01月, 招待, 日本語
  205. 「医学部教育における放射線腫瘍学共通教材の作成」班報告, 村上 祐司, 日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年, 通常, 日本語
  206. 食道癌術後リンパ節転移に対する化学放射線治療成績, 村上 祐司, 第66回日本食道学会学術集会, 2012年, 通常, 日本語
  207. 食道癌術後リンパ節再発例に対する救済化学放射線治療成績, 村上 祐司, 第71回日本医学放射線学会総会, 2012年, 通常, 日本語
  208. 放射線治療最前線「強度変調放射線治療」, 村上 祐司, 広島赤十字・原爆病院「がん診療に関わる地域医療連携研修会」 , 2012年, 通常, 日本語
  209. Treatment Results Of Definitive Radiation Therapy For Elderly Patients With Esophageal Squamous Cell Carcinoma , 村上 祐司, Proceedings of the American Society for Radiation Oncology 54th annual meeting (ASTRO), 2012年, 通常, 日本語
  210. TREATMENT RESULTS OF CHEMORADIOTHERAPY FOR STAGE I ESOPHAGEAL SQUAMOUS CELL CARCINOMA, 村上 祐司, The 10th International Conference of the Asian Clinical Oncology Society: ACOS 2012, 2012年, 通常, 日本語
  211. 当院における頭頚部癌に対する;強度変調放射線治療の現状について, 村上 祐司, 第8回広島放射線治療研究会, 2012年, 通常, 日本語
  212. 前立腺癌に対するIMRTの初期経験, 村上 祐司, 第116回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2011年, 通常, 日本語
  213. 食道癌術前化学放射線療法(CRT)後の術後再発に対する根治的CRTの有用性に関する検討, 樺山 翔平, 竹内 有樹, 石原 聡一郎, 植田 太朗, 久保 克麿, 今野 伸樹, 西淵 いくの, 木村 智樹, 村上 祐司, 河原 大輔, 齋藤 明登, 三木 健太朗, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2010年10月01日, 通常, 日本語
  214. 食道癌放射線治療後の晩期有害事象の検討, 村上 祐司, 第20回食道疾患懇話会, 2010年, 通常, 日本語
  215. 当院における食道癌根治的化学放射線治療の検討, 村上 祐司, 最新食道癌セミナー2010, 2010年, 通常, 日本語
  216. 前立腺癌に対するstep and shoot IMRT と VMATの比較, 村上 祐司, 第5回広島放射線治療研究会, 2010年, 通常, 日本語
  217. 食道癌に対するネダプラチン+5FU併用化学放射線療法の検討, 村上 祐司, 日本放射線腫瘍学会第23回学術大会, 2010年, 通常, 日本語
  218. Outcomes of chemoradiotherapy with a high irradiation dose using a 3D radiation treatment planning system for esophageal cancer, 村上 祐司, Gastrointestinal Cancers Symposium, 2010年, 通常, 日本語
  219. 当院における食道がん化学放射線治療成績, 村上 祐司, 第4回広島放射線治療研究会, 2010年, 通常, 日本語
  220. 食道癌に対する予定線量60-66Gyの化学放射線治療成績, 村上 祐司, 第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2010年, 通常, 日本語
  221. 膳立腺がんに対する強度変調放射線治療と強度変調アーク治療の比較, 村上 祐司, 第23回日本高精度放射線外部照射研究会, 2010年, 通常, 日本語
  222. Ⅰ期食道癌に対する放射線治療成績, 村上 祐司, 第21回広島食道疾患懇話会, 2010年, 通常, 日本語
  223. 放射線治療と医用画像との連携:最近のトピック, 村上 祐司, 広島県診療放射線技師会令和3年度 第3回, 通常, 日本語
  224. Machine failure risk analysis for interruptions in radiotherapy., 河原 大輔, 中野 永, 齋藤 明登, 越智 悠介, 小澤 修一, 村上 祐司, 永田 靖, 日本放射線腫瘍学会第34回高精度放射線外部照射部会学術大会, 通常, 日本語, 日本放射線腫瘍学会

受賞

  1. 2019年11月24日, 広島医学会賞, 広島医学会, T1-3N0M0前立腺癌に対する強度変調放射線治療の中期成績
  2. 2006年04月, 第65回日本医学放射線学会金賞受賞, 日本医学放射線学会, Ⅰ期食道癌放射線治療後の心臓合併症の検討

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 革新的がん医療実用化研究事業, 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 放射線性心毒性低減を目指す食道癌への超短時間強度変調放射線治療技術の開発, 2014年, 2016年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 肺機能的画像を用いた肺癌に対する高精度放射線治療計画法の開発, 2010年, 2012年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 画像誘導放射線治療システムを用いた最新体幹部定位照射法と強度変 調照射法との開発, 2010年, 2012年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), ポリマーゲル線量計を用いた高精度放射線治療線量分布検証システムの開発, 2009年, 2010年
  6. 厚生労働科学研究, 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究, 2014年05月01日, 2015年03月31日
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 高線量率画像誘導放射線治療装置を用いた新規照射技術の開発, 2015年, 2018年
  8. 革新的がん医療実用化研究事業, 頭頸部腫瘍に対する強度変調放射線治療の確立と標準化のための臨床研究, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 食道癌化学放射線療法における人工知能を用いた治療効果予測モデルの開発, 2019年04月01日, 2021年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本医学放射線学会安全管理委員会, 2016年08月01日, 2018年03月31日, 日本医学放射線学会
  2. 第78回日本医学放射線学会総会プログラム委員, 2018年09月10日, 2019年04月14日, 日本医学放射線学会
  3. 日本医学放射線学会代議員, 2018年04月12日, 2020年03月31日, 日本医学放射線学会
  4. 日本医学放射線学会ダイバーシティ推進・働き方改革検討委員会, 2018年08月01日, 2020年03月31日, 日本医学放射線学会
  5. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2016年04月01日, 2017年04月01日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  6. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2017年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  7. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  8. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2019年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  9. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2020年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  10. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2021年04月01日, 2022年03月31日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  11. 放射線科専門研修プログラム管理委員会, 2022年04月01日, 2023年03月31日, 広島大学放射線科専門研修プログラム管理委員会
  12. 日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医制度委員会試験小委員会ジャンル別問題作成委員会, 2020年03月05日, 2021年03月04日, 日本放射線腫瘍学会
  13. 日本放射線腫瘍学会施設認定アドホック委員会, 2014年11月29日, 2016年10月31日, 日本放射線腫瘍学会
  14. 日本放射線腫瘍学会がん放射線治療推進委員会, 2014年11月29日, 2016年10月31日, 日本放射線腫瘍学会
  15. 第81回日本医学放射線学会総会プログラム委員, 2021年09月24日, 2022年04月17日, 日本医学放射線学会
  16. 第79回日本医学放射線学会総会プログラム委員, 2019年08月08日, 2020年04月12日, 日本医学放射線学会
  17. 日本食道学会非選挙評議員, 2015年04月30日, 2017年03月31日, 日本食道学会
  18. 科学研究費委員会専門委員, 2023年10月25日, 2024年10月24日, 独立行政法人日本学術振興会
  19. 日本食道学会食道外科専門医認定施設認定部会委員, 2023年09月13日, 2024年09月12日, 日本食道学会
  20. 日本食道学会選挙評議員, 2023年03月06日, 2025年03月05日, 日本食道学会
  21. 日本放射線腫瘍学会将来計画委員会AIワーキング委員会, 2022年11月11日, 2024年09月30日, 日本放射線腫瘍学会
  22. 日本頭頸部癌学会悪性腫瘍登録委員会, 2022年06月14日, 2024年05月31日, 日本頭頸部癌学会
  23. 日本頭頸部癌学会代議員会, 2022年06月14日, 2024年05月31日, 日本頭頸部癌学会
  24. 日本放射線腫瘍学会代議員会, 2022年06月10日, 2024年05月31日, 日本放射線腫瘍学会
  25. 日本食道学会評議員会, 2021年03月06日, 2023年02月28日, 日本食道学会
  26. 日本放射線腫瘍学会学術委員会, 2023年01月14日, 2025年09月30日, 日本放射線腫瘍学会
  27. 食道癌診療ガイドライン検討委員会委員, 2022年11月20日, 2023年11月19日, 日本食道学会
  28. 日本放射線腫瘍学会学術委員会, 2022年11月11日, 2024年09月30日, 日本放射線腫瘍学会
  29. 日本放射線腫瘍学会理事会, 2022年11月11日, 2024年09月30日, 日本放射線腫瘍学会
  30. 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員, 2022年11月01日, 2023年10月31日, 独立行政法人日本学術振興会
  31. 日本医学放射線学会業務調査委員会, 2022年09月01日, 2024年08月31日, 日本医学放射線学会
  32. 日本医学放射線学会業務調査委員会, 2019年08月01日, 2020年03月31日, 日本医学放射線学会
  33. 放射線治療専門医制度委員会 試験小委員会, 2022年02月16日, 2023年02月15日, 日本放射線腫瘍学会
  34. 日本医学放射線学会ダイバーシティ推進・働き方改革推進委員会, 2020年11月01日, 2022年03月31日, 日本医学放射線学会
  35. 日本食道学会 食道科認定医認定部会, 2021年09月01日, 2022年08月31日, 日本食道学会
  36. 放射線治療連携推進WG委員, 2021年09月, 2022年03月, 広島県地域保健対策協議会
  37. 日本食道学会食道科認定医認定部会 委員, 2021年08月01日, 2023年07月31日, 日本食道学会
  38. 放射線治療専門医制度委員会 試験小委員会 ジャンル別問題作成ブラッシュアップワーキンググループ委員, 2021年02月23日, 2022年01月31日, 日本放射線腫瘍学会
  39. 放射線治療専門医制度委員会 試験小委員会 ジャンル別問題作成ブラッシュアップワーキンググループ委員, 2022年02月16日, 2023年01月31日, 日本放射線腫瘍学会
  40. 放射線治療専門医制度委員会 試験小委員会 ジャンル別問題作成ブラッシュアップワーキンググループ委員, 2023年02月06日, 2024年01月31日, 日本放射線腫瘍学会
  41. 日本医学放射線学会医療安全管理委員会, 2021年01月16日, 2022年09月30日, 日本医学放射線学会
  42. 日本放射線腫瘍学会 がん放射線治療推進委員会, 2021年01月16日, 2023年01月15日, 日本放射線腫瘍学会
  43. 日本放射線腫瘍学会 がん放射線治療推進委員会, 2017年01月15日, 2019年01月14日, 日本放射線腫瘍学会
  44. 日本放射線腫瘍学会 がん放射線治療推進委員会, 2019年01月11日, 2021年01月10日, 日本放射線腫瘍学会
  45. 日本放射線腫瘍学会 医療安全委員会, 2021年01月16日, 2023年01月15日, 日本放射線腫瘍学会
  46. 放射線治療連携推進WG委員, 2020年11月, 2021年03月, 広島県地域保健対策協議会
  47. 日本頭頸部癌学会 代議員, 2020年07月30日, 2022年06月30日, 日本頭頸部癌学会
  48. 日本医学放射線学会代議員, 2020年05月09日, 2022年05月08日, 日本医学放射線学会
  49. 放射線治療連携推進WG委員, 2019年09月, 2020年03月, 広島県地域保健対策協議会
  50. 日本食道学会評議員, 2019年03月26日, 2021年03月25日, 日本食道学会
  51. 日本頭頸部癌学会代議員, 2018年06月14日, 2020年05月31日, 日本頭頸部癌学会
  52. 放射線治療連携推進WG委員, 2018年09月, 2019年03月, 広島県地域保健対策協議会
  53. 広島がん高精度放射線治療センター運営協議会臓器別検討会議委員, 2017年10月, 2018年03月, 広島県
  54. 放射線治療連携推進WG委員, 2017年09月, 2018年03月, 広島県地域保健対策協議会
  55. 広島がん高精度放射線治療センター医療ワーキング委員, 2017年03月, 2017年03月, 広島県医師会
  56. 自浄作用活性化委員会委員, 2016年08月01日, 2018年06月30日, 広島市医師会
  57. 広島がん高精度放射線治療センター運営協議会臓器別検討会議委員, 2016年09月, 2017年03月, 広島県
  58. コンサルタント, 2016年08月, 2016年08月, ビンメックタイムズシティ国際病院
  59. 広島医学会総会準備委員会委員, 2016年04月, 2017年03月, 広島県医師会
  60. 日本医学放射線学会代議員, 2016年04月01日, 2018年03月31日, 日本医学放射線学会
  61. 広島がん高精度放射線治療センター整備推進委員会医療ワーキング委員, 2015年04月, 2016年03月, 広島県医師会
  62. 自浄作用活性化委員会委員, 2014年08月01日, 2016年06月30日, 広島市医師会
  63. 日本放射線腫瘍学会代議員, 2014年08月08日, 2016年07月31日, 日本放射線腫瘍学会
  64. 高精度放射線治療センター(仮称)整備推進委員会医療ワーキング会議委員, 2014年06月, 2015年03月, 広島県
  65. 日本医学放射線学会代議員, 2014年04月01日, 2016年03月31日, 日本医学放射線学会
  66. 日本医学放射線学会代議員, 2012年04月01日, 2014年03月31日, 日本医学放射線学会
  67. 自浄作用活性化委員会委員, 2018年08月01日, 2019年06月30日, 広島市医師会

学術会議等の主催

  1. 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会, 日本放射線腫瘍学会第35回学術大会実行委員会, 2022年11月, 2022年11月
  2. 第5回広島放射線チーム医療研究会, 2021年03月, 2021年03月
  3. IAEA/RCA Regional Training Course, Faculty member, 2015年01月, 2015年01月
  4. The 6th S. Yakahashi Memorial Symposium & the 6th Japan-US Cancer therapy International Joint Symposium, 大会実行委員, 2012年07月
  5. 第25回日本高精度放射線外部照射研究会, 大会実行委員, 2012年07月
  6. Gilbert Fletcher Society Satellite Meeting in Hiroshima, シンポなど組織委員, 2003年04月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第5回広島放射線チーム医療研究会, 当院における口腔頭頸部癌放射線治療患者への 支持療法の現状, 広島大学 放射線治療学講座, 2021年/03月/06日, 広島 日本, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  2. 県民公開講座, 食道がん, 広島県, 2021年/02月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  3. エレクタユーザーミーティング2021, Leksell Gamma Knife IconTMの治療経験, エレクタ株式会社, 2021年/02月/06日, WEB, 講師, 講演会, 研究者
  4. オンコロジーミーティング, 口腔頭頸部癌放射線治療時の 急性期放射線皮膚炎に対する支持療法, 広島大学, 2021年/01月/27日, 広島 日本, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  5. 第31 回がん放射線治療看護セミナー, 頭頸部癌の支持療法  化学放射線治療における支持療法を中心に, 日本放射線腫瘍学会 日本がん看護学, 2020年/09月/12日, WEB, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  6. オンコロジーミーティング, 口腔頭頸部癌放射線治療における支持療法, 広島大学, 2020年/06月/15日, 広島 日本, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  7. 広島都市大学講義, 放射線治療を知ろう, 広島都市大学, 2019年/10月/21日, 広島, 講師, 出前授業, 大学生
  8. 第3回広島県放射線治療看護研究会, 頭頸部癌の放射線治療, 広島大学病院, 2019年/08月/31日, 2019年/08月/31日, 広島 日本, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  9. 中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム 第11回 チーム医療合同演習, テーマ: 希少がん, 2019年/08月/23日, 2019年/08月/24日, 広島 日本, 司会, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  10. 中四国放射線治療夏季セミナー, 放射線治療とAI 放射線治療の未来は明るいか?, 日本医学放射線学会中四国地方会, 2019年/07月/31日, 香川 日本, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  11. 2019 Health Science Symposium with Taichung Veterans General Hospital, Current Status of Radiotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma in Japan, 広島大学病院, 2019年/07月/26日, 広島 日本, 講師, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  12. HICARE-IAEAセミナー, IMRT for Localized Prostate Cancer, HICARE-IAEA, 2019年/02月/18日, 広島, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  13. エレクタTPS勉強会, 肛門癌の放射線治療, エレクタ株式会社, 2019年/01月/12日, 〒108‑0023 東京都港区芝浦3‑9‑1 芝浦ルネサイトタワー7F, 講師, 研究指導
  14. Preceptorship in HNC, 当院における頭頸部癌Multidisciplinary Teamの現状, メルクセローノ株式会社, 2018年/11月/23日, 国立がん研究センター東病院, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  15. がん看護「治療期」に関する専門研修, 放射線治療の基礎, 広島大学病院 看護部, がん看護「治療期」に関する専門研修, 2018年/10月/26日, 2018年/10月/26日, 広島大学病院, 講師, 出前授業, 研究者
  16. 『臨床医学4』, 知っトク 放射線治療, 広島都市大学, 2018年/10月/01日, 2018年/10月/01日, 広島都市大学, 講師, 出前授業, 大学生
  17. がん看護「治療期」に関する専門研修, 放射線治療の基礎, 広島大学病院看護部, がん看護「治療期」に関する専門研修, 2017年/11月/10日, 2017年/11月/10日, 広島大学病院, 講師, 出前授業, 大学生
  18. ELEKTA社員研修会, 前立腺癌 Pelvic IMRT, エレクタ株式会社, 2017年/09月/02日, 2017年/09月/02日, 東京, 講師, 出前授業, 企業
  19. メルクセローノ社内勉強会, 頭頸部癌の放射線治療について, メルクセローノ, 2017年/08月/03日, 2017年/08月/03日, 広島, 講師, 講演会, 企業
  20. 地対協セミナー ここまで来た放射線治療, 頭頸部がんと放射線治療, 広島中央地域保健対策協議会, 2017年/02月/12日, 2017年/02月/12日, 広島, 講師, 講演会, 社会人・一般
  21. Oncology meeting, 進行頭頚部癌に対する導入化学療法+化学療法併用VMATについて, 広島大学, 2017年/01月/18日, 2017年/01月/18日
  22. 第1回放射線科レジデントセミナー, 放射線治療 消化器・造血器, 日本放射線科専門医会・医会, 第1回放射線科レジデントセミナー, 2013年/11月, 2013年/11月, 講師, セミナー・ワークショップ, 社会人・一般
  23. 放射線治療の基礎、治療と副作用, 広島大学, 広島大学病院 患者サロン, 2013年/07月/17日, 2013年/07月/17日
  24. 当院における頭頚部癌に対する;強度変調放射線治療の現状について, Oncology Meeting, 2012年/09月/05日, 2012年/09月/05日
  25. 放射線治療最前線, 広島赤十字・原爆病院, 広島赤十字・原爆病院「がん診療に関わる地域医療連携研修会, 2012年/05月, 2012年/05月
  26. がんと放射線療法, 日本消化器病学会, 日本消化器病学会中国支部 第68回市民公開講座 , 2012年/05月, 2012年/05月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, International journal of clinical oncology, その他, reviewer, 1
  2. 2022年, biomeditics, その他, reviewer, 1
  3. 2022年, Esophagus, その他, reviewer, 2
  4. 2022年, Journal of radiation research, その他, reviewer, 3
  5. 2020年, その他, reviewer, 2
  6. 2020年, その他, Reviewer, 1
  7. 2020年, その他, 査読者, 1
  8. 2019年, The journal of radiation research, その他, 3
  9. 2016年, The journal of radiation research, その他, 8
  10. 2016年, Radiation Oncology, その他, reviewer, 1
  11. 2015年, The Journal of Radiation Research, その他, Reviewer, 2
  12. 2014年, The Journal of Radiation Research, その他, Reviewer, 3