角谷 快彦YOSHIHIKO KADOYA

Last Updated :2021/01/05

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
ykadoyahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • シドニー大学, 博士

学位

  • 修士(公共経営学) (早稲田大学)
  • PhD(Economics) (シドニー大学)

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, ダイバーシティ概論
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2020年, 学部専門, 2ターム, 産業組織論1
  4. 2020年, 学部専門, 3ターム, 産業組織論2
  5. 2020年, 学部専門, 通年, 卒業論文指導
  6. 2020年, 学部専門, 通年, 演習
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究(角谷)
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究(角谷)
  9. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 社会経済システム特別演習(角谷)
  10. 2020年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 社会経済システム特別演習(角谷)
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間社会科学のための科学史 2c
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人間社会科学のための科学史 3c
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 医療経済学
  14. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 特別研究
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 経済学プログラム特別演習Ⅰ
  18. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 経済学プログラム特別演習Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Is Financial Literacy Associated with Investment in Financial Markets in the United States?, SUSTAINABILITY, 12巻, 18号, 202009
  2. Is Financial Literacy Associated with Investment in Financial Markets in the United States?, Sustainability, 12巻, 18号, 20200725
  3. What determines financial literacy in Japan?, JOURNAL OF PENSION ECONOMICS & FINANCE, 19巻, 3号, pp. 353-371, 202007
  4. Financial Literacy in Japan: New Evidence Using Financial Knowledge, Behavior, and Attitude, SUSTAINABILITY, 12巻, 9号, 202005
  5. Government's Stimulus Program to Boost Consumer Spending: A Case of Discount Shopping Coupon Scheme in Japan, SUSTAINABILITY, 12巻, 9号, 202005
  6. Emotional Status and Productivity: Evidence from the Special Economic Zone in Laos, SUSTAINABILITY, 12巻, 4号, 20200202
  7. Cognitive decline reduces household spending among older people, PSYCHOGERIATRICS, 20巻, 1号, pp. 28-34, 202001
  8. What Determines Financial Literacy in Japan?, Journal of Pension Economics & Finance, forthcoming巻, 2019
  9. Gender differences in the long-term care of older parents: evidence from India, JOURNAL OF FAMILY STUDIES, 25巻, 4号, pp. 411-426, 2019
  10. Can financial literacy reduce anxiety about life in old age?, JOURNAL OF RISK RESEARCH, 21巻, 12号, pp. 1533-1550, 20181202
  11. Can financial literacy reduce anxiety about life in old age?, Journal of Risk Research, 21巻, 12号, pp. 1533-1550, 201812
  12. Effects of China’s One-Child Policy on Group Cooperation: Survey Evidence, Journal of the Asia Pacific Economy, 23巻, 3号, pp. 327-339, 201812
  13. Financial literacy and anxiety about life in old age: Evidence from the USA, Review of Economics of the Household, 16巻, 3号, pp. 859-878, 201809
  14. UXO clearance operation in Laos, SPIE 10628, Detection and Sensing of Mines, Explosive Objects, and Obscured Targets XXIII, XXIII巻, 106280J号, pp. 1-12, 201804
  15. Gender differences in the long-term care of older parents: Evidence from India, Journal of Family Studies, forthcoming巻, 201702
  16. What makes anxious about life after the age of 65? Evidence from international survey research in Japan, the United States, China, and India, Review of Economics of the Household, 14巻, 2号, pp. 443-461, 201606
  17. Can Concern for the Long-term Care of Elderly Parents Explain Son Preference at Birth in India?, Journal of Women and Aging, 30巻, 1号, pp. forthcoming, 201604
  18. Contact and Threat: Factors Affecting Views toward Increasing Immigrants in Japan, Politics and Policy, 43巻, 1号, pp. 59-93, 201502
  19. Widow Discrimination and Family Care-Giving in India, Journal of Women and Aging, 27巻, 1号, pp. 59-67, 201501
  20. Who will care for older people in China? Exploring the implications of gender imbalance at birth, Working with Older People, 18巻, 2号, pp. 97-105, 2014
  21. Toward an age-friendly city: the constraints preventing the elderly's participation in community programs in Akita city, Working with Older People, 17巻, 3号, pp. 101-108, 2013
  22. Ensuring the Service Quality of Long-Term Care Provided through Competitive Markets: The Experience of Care Workers’ Training in Japan, ISER Discussion Paper, 201202
  23. 介護サービスの質改善のメカニズム: 介護事業者の視点から, 社会福祉学, 51巻, 4号, pp. 128-138, 2011
  24. Managing the Long-Term Care Market: The Constraints of Service Quality Improvement, Japanese Journal of Health Economics and Policy, 21巻, E1号, pp. 247-264, 2010
  25. Access to Antenatal Care in Laos: Analysis Using National Level Survey, Asian Economic Journal, 34巻, 3号, pp. 327-349
  26. Financial Literacy in Japan: New Evidence Using Financial Knowledge, Behavior, and Attitude, Sustainability, 12巻, 9号
  27. 市場競争と供給者誘発需要―医療費支出のマイクロデータ分析, 医療経済研究,, 25巻, 2号, pp. 114-125
  28. Chinese Business Ethics and Regional Differences: Evidence from Micro-data in Six Major Cities, Econ Research Center Discussion Paper, E14巻, 8号, pp. 1-16
  29. Family Care-Giving and Religion: Evidence from Micro-Data in the United States, ISER Discussion Paper
  30. Cognitive decline reduces household spending among older people, Psychogeriatrics, forthcoming巻
  31. The Rising Phenomenon of Financial Scams: Evidence from Japan, Journal of Financial Crime, forthcoming巻
  32. Factors affecting knowledge about the adult guardianship and civil trust systems: evidence from Japan, Journal of Women & Aging
  33. Emotional Status and Productivity: Evidence from the Special Economic Zone in Laos, Sustainability
  34. Financial Literacy and Gambling Behavior: Evidence from Japan, Journal of Gambling Studies

著書等出版物

  1. 2018年03月, Human Services and Long-term Care: A Market ModelHuman Services and Long-term Care: A Market Model, Routledge, 2018年, 3, 単行本(学術書), 単著, English, Yoshihiko Kadoya, 9781138630932, 184
  2. 2016年02月, 介護市場の経済学―ヒューマン・サービス市場とは何か―, 名古屋大学出版会, 2016年, 2, 単行本(学術書), 単著, 角谷快彦
  3. 2010年, 博士号のとり方 学生と指導教官のための実践ハンドブック, 出版サポート大樹舎, 2010年, 教科書, 単訳, 角谷快彦
  4. 2018年10月, 博士号のとり方[第6版]ー学生と指導教員とのための実践ハンドブックー, 2018年, 2018, 単訳, 日本語, 角谷快彦
  5. 2019年, 月6,日, 認知症と情報, 勁草書房, 単行本(学術書), 共著

受賞

  1. 2017年06月25日, 著作賞, 日本公共政策学会
  2. 2018年, 広島大学学長表彰, 広島大学
  3. 2018年12月, 広島大学Distinguished Researcher, 広島大学

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 安全な暮らしをつくる新しい公私空間の構築, 高齢者の安全で自律的な経済活動を見守る社会的ネットワークの構築, 2015年, 2018年
  2. 国際共同研究加速基金, 人口高齢化で増加する医療費に対応した医療市場の設計に関する研究, 2016年, 2017年
  3. 若手(B), 人口高齢化で増加する医療費に対応した医療市場の設計に関する研究, 2015年, 2019年
  4. 研究成果公開促進費, 介護市場の経済学, 2015年, 2016年
  5. 村田学術振興財団研究助成, 医療費の効率的な利用に関する研究, 2015年, 2016年
  6. 日東財団, 研究助成, 2014年, 2015年
  7. 研究助成, 家族の介護参画を考慮に入れた新しい生命保険モデルの創出, 2014年, 2015年
  8. 全国銀行学術研究振興財団, 人口高齢化で増加する社会保障費に対応した医療市場の設計に関する研究, 2014年, 2015年
  9. Predoctoral Research Grant, Managing the Human Service Market, 2011年, 2011年
  10. オープンパートナーシッププログラム, ラオスの不発弾処理の経済波及効果と処理技術の開発に関する研究, 2017年, 2019年
  11. 研究助成, 地域振興政策にみる受益者の偏りと公平性に関する研究―プレミアム付き商品券政策のマイクロデータ分析, 2016年, 2019年
  12. 研究助成, 人口高齢化時代の高齢者の経済活動を支える仕組みづくりに関する研究, 2017年, 2019年
  13. 若手研究, 金融リテラシーが人々の老後の不安に与える影響のメカニズムに関する研究, 2019年04月, 2022年03月
  14. RISTEX, 高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発, 2019年04月, 2021年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 研究大会プログラム委員, 2019年12月, 2020年09月, 医療経済学会
  2. 人生100年時代におけるライフマネジメント研究会委員, 2019年05月, 2021年03月, (財)生命保険文化センター
  3. 人生100年時代におけるライフマネジメント研究会, 2019年, 2021年, 生命保険文化センター
  4. スターリング大学認知症研究アドバイザリーボード, 2018年10月
  5. タイ国内における福祉産業の市場規模及び法制度等に関する調査検討委員会委員, 2017年08月, 2018年03月, (株)国際社会経済研究所
  6. 経済産業研究所「少子高齢化における家庭及び家庭を取り巻く社会に関する経済分析」プロジェクト, 2014年10月, 2016年08月
  7. 生命保険文化センター「金融・保険リテラシー研究会」, 2014年10月, 2017年01月
  8. 内閣府政策統括官試験委員, 2016年06月, 2016年08月
  9. 内閣府政策統括官試験委員, 2015年06月, 2015年08月
  10. NEDO「タイ国内における福祉産業の市場規模及び法制度等に関する調査」検討委員, 2017年08月, 2018年03月, 株式会社国際社会経済研究所(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
  11. 少子高齢化における家庭および家庭を取り巻く社会に関する経済分析研究会委員, 2016年04月, 2016年08月, 独立行政法人経済産業研究所

学術会議等の主催

  1. 広島大学-チュラロンコン大学応用経済学ワークショップ, コーディネーター, 2016年08月, 2016年12月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Journal of Risk and Financial Management, その他, 査読者
  2. 2020年, Sustainability, 編集員, Editorial Board (Topic Editor)
  3. 2020年, Medical Decision Making, その他, 査読者
  4. 2020年, Review of Economics of the Household, その他, 査読者
  5. 2020年, SSM: Population Health, その他, 査読者
  6. 2020年, Japan & World Economy, その他, 査読者
  7. 2016年, Singapore Economic Review, その他, 査読者
  8. 2016年, 季刊社会保障研究, その他, 査読者
  9. 2016年, 医療経済研究, その他, 査読者
  10. 2016年, Ageing and Society, その他, 査読者
  11. 2017年, Review of Development Economics, その他, 査読者
  12. 2018年, Review of Economics of the Household, その他, 査読者
  13. 2020年, 医療経済研究, その他, 査読者