齋藤 怜RYO SAITO

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
メールアドレス
rsaitohiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2013年, マツダ病院, 医員(研修医)
  • 2015年, St john’s Institute of Dermatology, King’s college London, 研究生
  • 2016年, 広島大学病院, 皮膚科, 医員
  • 2020年, 広島大学大学院医系科学研究科, 皮膚科学, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学部医学科, 2007年, 2013年
  • 広島大学, 大学院医系科学研究科, 2016年, 2020年

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 皮膚科学

研究キーワード

  • 蕁麻疹・血管性浮腫
  • 食物アレルギー

所属学会

  • 日本アレルギー学会
  • 日本研究皮膚科学会
  • 日本皮膚科学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Systematised naevus sebaceus resulting from post-zygotic mutation in HRAS, AUSTRALASIAN JOURNAL OF DERMATOLOGY, 58巻, 1号, pp. 58-60, 2017
  2. Rapid exacerbation of malignant melanoma during short-term discontinuation of vemurafenib, AUSTRALASIAN JOURNAL OF DERMATOLOGY, 59巻, 4号, pp. E274-E276, 2018
  3. Case of malignant melanoma responding to dacarbazine following nivolumab, DERMATOLOGIC THERAPY, 32巻, 2号, 2019
  4. Reduction of serum thymus and activation-regulated chemokine after short-term intensive therapy may predict better prognosis of moderate to severe atopic dermatitis, JOURNAL OF DERMATOLOGY, 46巻, 12号, pp. e486-e487, 2019
  5. Increase of tissue factor expression on the surface of peripheral monocytes of patients with chronic spontaneous urticaria, ALLERGY, 75巻, 4号, pp. 971-974, 2020
  6. Presymptomatic genetic diagnosis of two siblings with hereditary angioedema, presenting with unusual normal levels of serum C4., The Journal of dermatology, 45巻, 2号, 2018
  7. Lichen planus and lichenoid dermatoses: Clinical overview and molecular basis., Journal of the American Academy of Dermatology, 79巻, 5号, 2018
  8. Lichen planus and lichenoid dermatoses: Conventional and emerging therapeutic strategies., Journal of the American Academy of Dermatology, 79巻, 5号, 2018
  9. Pemphigus foliaceus with inconsistent findings between clinical features and titres of antidesmoglein autoantibodies, Australas J Dermatol., 2020
  10. Predictive phenotyping of inherited ichthyosis by next-generation DNA sequencing, Br J Dermatol, 176巻, 1号, pp. 249-251, 2017

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Tissue factor expressed on monocytes induces inter-cellular gap formation of vascular endothelial cells via the extrinsic blood coagulation cascade, 49th Annual meeting of the European Society for Dermatological Research, 2019年, 通常, 英語
  2. Schnitzler症候群の1例, 第118回日本皮膚科学会総会, 通常, 日本語
  3. C1インヒビターの早期投与により重篤な発作出現を制御した遺伝性血管性浮腫の1例, 第70回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 通常, 日本語
  4. 魚卵アレルギーの2例, 第42回小児皮膚科学会総会, 2018年, 通常, 日本語
  5. A case of vaginal malignant melanoma treated with Moh's paste therapy, 5th EADC, 2018年, 通常, 英語
  6. Mohsペースト処置により膣悪性黒色腫の縮小と止血が得られた1例, 第34回日本臨床皮膚科学会総会, 2018年, 通常, 日本語
  7. Predictive phenotyping of inherited ichthyosis by next generation DNA sequencing, 46th Annual meeting of the European Society for Dermatological Research, 2016年, 通常, 英語
  8. ベムラフェニブ休薬により急激に増悪した悪性黒色腫の1例, 第69回 日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2017年, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 2019年度 GSKジャパン研究助成, 慢性蕁麻疹の病態における単球の役割解明と新規治療ターゲットの探索