山本 孝子TAKAKO YAMAMOTO

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
広島大学 准教授
自己紹介
主に唐五代期の書儀や漢文手紙文書を研究しています。 大学院の時に中国・蘭州大学敦煌学研究所に二年間留学しました。在外研究で台湾にも二ヶ月滞在したことがあります。

基本情報

学歴

  • 京都大学大学院
  • 神戸市外国語大学大学院
  • 神戸市外国語大学

学位

  • 博士(文学) (京都大学)

研究分野

  • 人文学 / 文学 / 中国文学

所属学会

  • 日本中国語学会
  • 東方学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, ベーシック中国語I
  2. 2022年, 教養教育, 1ターム, ベーシック中国語I
  3. 2022年, 教養教育, 1ターム, ベーシック中国語I
  4. 2022年, 教養教育, 2ターム, ベーシック中国語II
  5. 2022年, 教養教育, 2ターム, ベーシック中国語II
  6. 2022年, 教養教育, 2ターム, ベーシック中国語II
  7. 2022年, 教養教育, 1ターム, インテンシブ中国語IA[1総,1文,1教日,1法,1経]
  8. 2022年, 教養教育, 1ターム, インテンシブ中国語IA[1総,1文,1教日,1法,1経]
  9. 2022年, 教養教育, 1ターム, インテンシブ中国語IA[1総,1文,1教日,1法,1経]
  10. 2022年, 教養教育, 2ターム, インテンシブ中国語IB[1総,1文,1教日,1法,1経]
  11. 2022年, 教養教育, 2ターム, インテンシブ中国語IB[1総,1文,1教日,1法,1経]
  12. 2022年, 教養教育, 2ターム, インテンシブ中国語IB[1総,1文,1教日,1法,1経]
  13. 2022年, 教養教育, 3ターム, インテンシブ中国語IIA[1総,1文,1教日,1法,1経]
  14. 2022年, 教養教育, 3ターム, インテンシブ中国語IIA[1総,1文,1教日,1法,1経]
  15. 2022年, 教養教育, 3ターム, インテンシブ中国語IIA[1総,1文,1教日,1法,1経]
  16. 2022年, 教養教育, 4ターム, インテンシブ中国語IIB[1総,1文,1教日,1法,1経]
  17. 2022年, 教養教育, 4ターム, インテンシブ中国語IIB[1総,1文,1教日,1法,1経]
  18. 2022年, 教養教育, 4ターム, インテンシブ中国語IIB[1総,1文,1教日,1法,1経]
  19. 2022年, 教養教育, 集中, オンライン国際協働演習(e-START)B
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 中国語教育カリキュラム開発論 I
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 中国語教育カリキュラム開発論 II
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 中国語教育カリキュラム開発論 III
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 中国語教育カリキュラム開発論 IV
  24. 2022年, 学部専門, 1ターム, 中国語コミュニケーション・スキルアップIA
  25. 2022年, 学部専門, 2ターム, 中国語コミュニケーション・スキルアップIIA
  26. 2022年, 学部専門, 3ターム, 中国語コミュニケーション・スキルアップIIIA
  27. 2022年, 学部専門, 4ターム, 中国語コミュニケーション・スキルアップIVA

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 唐五代書札相關詞語釋義問題――《中國佛教古佚書〈五杉練若新學備用〉研究》讀後, 域外漢籍研究集刊, 23巻, pp. 105-116, 2022
  2. P.3864「(擬)刺史書儀」「吊儀」小考――書儀の成書過程の解明を目指して, 敦煌寫本研究年報, 16巻, pp. 97-112, 20220331
  3. 『五杉練若新学備用』巻中に見る応之の書儀編纂態度, アジア社会文化研究, 23巻, pp. 43-59, 20220331
  4. 初修中国語オンライン定期試験の実践報告 : 大規模クラスにおける筆記試験実施の試み, 『広島外国語教育研究』, 25巻, pp. 211-220, 20220301
  5. 吉儀中是否有“三幅書”?――唐五代宋時期書札格式的復原, 敦煌与中外関係研究, pp. 611-622, 202107
  6. 大狀の諸相――唐末から宋における私信としての展開, 敦煌寫本研究年報, 15号, pp. 51-65, 202103
  7. 《(擬)刺史書儀》〈封門狀回書〉與《五杉練若 新學備用》〈大狀頭書〉之比較研究 ――〈唐宋時代の門狀――使用範圍の擴大と細分化〉補遺, 敦煌寫本研究年報, 14号, pp. 85-97, 202003
  8. 唐宋時代の門状――使用範囲の拡大と細分化, 続中国周辺地域における非典籍出土資料の研究, pp. 65-87, 202001
  9. 敦煌的「獻物狀」、「送物」及 「遣物書」析論, 敦煌學, 35巻, pp. 19-42, 201908
  10. 書儀に見られる「牓子」, 敦煌写本研究年報, 13号, pp. 277-288, 201903
  11. 吉儀中是否有“三幅書”?――従通婚書說起, 中国古代法律文献研究, 12巻, pp. 368-382, 201812
  12. 『五杉練若新学備用』巻中「論書題高下」小考 : 試釈と内容・表現に関する初歩的考察, 関西大学東西学術研究所紀要, 51巻, pp. 85-96, 201804
  13. 唐五代期の私信冒頭に見える「某啓」について, 敦煌写本研究年報, 12号, pp. 101-113, 201803
  14. 手紙の作法――書儀の実践・応用, 第12回若手研究者支援プログラム「漢字文化の受容―東アジア文化圏からみる手紙の表現と形式―」報告集, pp. 1-18, 201703
  15. 凶儀における物品の授受に關する覚え書き―S.4571v「(擬)隨使宅案孔目官孫□謝大徳慰問吊儀状」を中心に, 中国周辺地域における非典籍出土資料の研究, pp. 75-90, 201702
  16. 《高野雑筆集》下卷所収録的両封凶書相関問題研究, 域外漢籍研究集刊, 13巻, pp. 3-17, 201608
  17. 凶儀における「短封」の使用――唐・五代期における書簡文の変遷, 敦煌写本研究年報, 10号, pp. 109-123, 201603
  18. 唐五代時期書信的物質形状与礼儀, 敦煌学, 31巻, pp. 1-10, 201503
  19. 敦煌発見の書簡文に見える「諮」――羽071「太太与阿耶、阿叔書」の書式に関連して, 敦煌写本研究年報, 9号, pp. 93-109, 201503
  20. 書儀中的伝統与時俗――有関女性的記載為中心, 『金塔居延遺址与絲綢之路歴史文化研究』甘粛教育出版社, pp. 752-758, 201501
  21. 『婚礼新編』卷之一所収「書儀」初探, 東方学研究論集, 日英文分冊巻, pp. 282-293, 201406
  22. 敦煌吉凶書儀の言語に反映される社會環境, 京都大学, 201403
  23. 公私書札礼と社会秩序――書儀に見る〈おおやけ〉と〈わたくし〉, 敦煌写本研究年報, 8号, pp. 167-180, 201403
  24. 『五杉練若新学備用』巻中における「十二月節令往還書様」「四季惣敍」の位置付け――その製作年代と利用対象者層を中心として, 桃の会論集, 6号, pp. 161-175, 201310
  25. ハコを用いた封緘方法――敦煌書儀による一考察, 敦煌写本研究年報, 7号, pp. 281-296, 201303
  26. 応之《五杉練若新学備用》巻中所収録的書儀文献初探――以其与敦煌写本書儀比較為中心, 敦煌学輯刊, 2012巻, 4号, pp. 50-59, 201212
  27. 有関敦煌僧尼書儀的幾個問題, 中共高台県委ほか(編)『高台魏晋墓与河西歴史文化研究』甘粛教育出版社, pp. 228-246, 201204
  28. 書儀の普及と利用――内外族書儀と家書の関係を中心に, 敦煌写本研究年報, 6号, pp. 169-191, 201203
  29. 僧尼書儀に関する二、三の問題―敦煌発見の吉凶書儀を中心として, 敦煌写本研究年報, 5号, pp. 225-244, 201103
  30. 敦煌書儀中的“四海”範文考論, 敦煌写本研究年報, 4号, pp. 141-161, 201003
  31. 『侯侍郎直諫表』と書儀―Дx.01698について, 『敦煌写本研究年報』, 2号, pp. 135-151, 200803

著書等出版物

  1. 2015年, 書に法あり, 書に法あり, 中央公論美術出版, 2015年, jpn, 孫 暁雲; 丁 成東; 徐 光輝; 山本 孝子; 田林 啓; 百橋 明穂, 9784805507414
  2. 2013年, 敦煌の飲食文化, 敦煌の飲食文化, 東方書店, 2013年, jpn, 高 啓安; 山本 孝子; 高田 時雄, 9784497212054

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. P.3864「(擬)刺史書儀」の「弔儀」について, 山本孝子, 2021 年中國中世寫本研究夏季大會, 2021年09月12日, 通常, 日本語
  2. 敦煌書儀・書簡文の整理と研究展望 ――用語集成の構築に向けて――, 山本 孝子, 國際ワークショップ『敦煌寫本の諸相』, 2019年11月30日
  3. 《(擬)刺史書儀》〈封門狀回書〉與《五杉練若新學備用》〈大狀頭書〉之比較研究, 山本 孝子, 漢學與東亞文化國際學術研討會, 2019年11月15日
  4. How to Write a Letter of Presenting Gifts: Notes on Transmittal Letter Texts from Dunhuang, 山本 孝子, Dunhuang Studies Conference, Cambridge 2019, 2019年04月18日
  5. 近十年来日本学者漢文写本研究概況, 山本 孝子, 学術月系列講座之五, 2018年12月04日
  6. 日本学者研究中国西北出土文献取得的成績, 山本 孝子, 学術月系列講座之三, 2018年12月03日
  7. 書儀に見られる牓子, 山本 孝子, 中日敦煌写本文献学術研討会, 2018年09月
  8. 淺談書儀中的牓子, 山本 孝子, 2018敦煌論壇:敦煌與東西方文化的交融學術研討會, 2018年08月
  9. 近年来日本学者的写本研究動態概述, 山本 孝子, 国家社科基金重大項目“5-11世紀中国文学写本整理、編年与綜合研究”項目推動会暨第二届写本学論壇, 2017年12月
  10. 書儀蘊含的礼法思想試探, 山本 孝子, 敦煌吐魯番法制文献与唐代律令秩序学術研討会, 2017年09月
  11. 唐末五代から宋における漢文手紙文書の書式の変遷 ――P.3449+P.3864「(擬)刺史書儀」の検討を通じて, 山本 孝子, 第62回国際東方学者会議, 2017年05月
  12. 伯希和所獲都勒都爾-阿護爾(Douldour-Âqour)漢文文献中的私人書札叙録, 山本 孝子, The Written Legacy of Dunhuang, 2016年09月
  13. 手紙の作法――書儀の実践・応用, 山本 孝子, 奈良県立万葉文化館第15回夏期セミナー(公開講演会), 2016年08月
  14. 吉儀中是否有“三幅書”?――唐五代宋時期書札格式的復原, 山本 孝子, 2015敦煌論壇:敦煌与中外関係国際学術研討会, 2015年08月
  15. 《高野雑筆集》下巻所収録的両封凶書相関問題研究, 山本 孝子, 2015 Young Scholars' Forum in Chinese Studies, 2015年05月
  16. 唐五代期の書簡文「短封」について, 山本 孝子, 敦煌学国際学術研討会・京都2015, 2015年01月
  17. 従唐五代時期書札礼儀看漢字文化圏的文化交流, 山本 孝子, “文化交流交匯交融的典範――敦煌文化”国際論壇, 2014年10月
  18. 近年来日本敦煌学研究概况, 山本 孝子, “隴東大講堂・海内外学者系列”(2014年第三期), 2014年09月17日
  19. 唐五代時期書信格式的復元与域外資料, 山本 孝子, 太原師範大学歴史系, 2014年09月
  20. 近年来日本的敦煌学研究概況, 山本 孝子, 「絲綢之路与華夏文明系列講座」, 2014年09月
  21. 書儀中的伝統与通俗習慣――有関女性的記載, 山本 孝子, 金塔県委ほか主催「金塔居延遺址与絲綢之路歴史文化国際学術研討会」, 2013年08月
  22. 『三幅書』について, 山本 孝子, 京都大学中国文学会第二十八回例会, 2013年07月
  23. 杏雨書屋蔵幾件書札研読札記, 山本 孝子, 清華・京都2011年聯合漢学工作坊主催「文学・宗教・芸術与物質文化」, 2011年11月
  24. 有関敦煌僧尼書儀的幾個問題, 山本 孝子, 中共高台県委員会ほか主催「高台魏晋墓与河西歴史文化国際学術研討会」, 2010年08月
  25. 日本敦煌書儀研究回顧与展望, 山本 孝子, 教育部学位管理与研究生教育司・蘭州大学研究生院主催「2009年全国博士生学術論壇(伝承与発展―百年敦煌学)」, 2009年08月

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 『参天台五臺山記』を援用した漢文手紙文書の運用実態解明に向けた研究, 2021年, 2025年
  2. 共同研究助成, 仏教における学問的理論と実践的知識――東アジアの仏教に見る実用書の伝播と収蔵, 2020年04月, 2021年03月
  3. 若手研究(B), 中国・朝鮮半島・日本における書儀の普及と受容に関する比較研究, 2017年04月, 2020年03月
  4. 新出中、日蔵敦煌吐魯番法制文献与唐代律令秩序研究, 2014年, 2020年
  5. 教育部獎補助外國人士來臺短期研究, 敦煌吉凶書儀中所反映的社會環境, 2013年08月01日, 2013年09月30日
  6. 特別研究員奨励費, 唐・五代期の僧尼の書儀・書簡文に関する文献学的考察, 2013年04月, 2016年03月
  7. 2012年度研究助成, 駒澤大学図書館所蔵『五杉練若新学備用』卷中に見える書儀について, 2012年10月, 2013年09月
  8. 平成23年度学術研究奨励金, 敦煌写本書儀の言語表現に反映される社会環境―吉凶書儀を中心として―, 2011年07月, 2012年06月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 『アジア社会文化研究』編集委員, 2021年
  2. 『敦煌寫本研究年報』編輯助理, 2019年
  3. 『敦煌寫本研究年報』編輯委員, 2021年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 外国語教育研究センター教育実践研究報告会, 初修中国語オンライン定期試験の実践報告, 広島大学外国語教育研究センター, 講師