松浪 勝義Katsuyoshi Matsunami

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院医系科学研究科(薬) 教授
ホームページ
メールアドレス
matunamihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
〒734-8553 広島市南区霞1-2-3 薬学研究棟6F西側602
TEL:082-257-5335 FAX:082-257-5335
自己紹介
専門分野: 天然物化学 植物、海洋微生物、植物内生菌の代謝産物の化学構造解析と、培養細胞、ゼブラフィッシュ、線虫、ショウジョウバエなどのモデル生物を使った活性評価をおこない、新規活性化合物の発見を目指しています。

基本情報

主な職歴

  • 2001年04月01日, 2004年05月31日, (株)日本動物工学研究所, 主任研究員
  • 1997年04月01日, 2001年03月31日, 生物系特定産業技術研究推進機構, 博士研究員
  • 2004年06月01日, 2005年03月31日, 広島大学, 医学部 総合薬学科, 助手
  • 2005年04月01日, 2009年03月31日, 広島大学, 大学院 医歯薬学総合研究科, 講師
  • 2009年04月01日, 2012年03月31日, 広島大学, 大学院 医歯薬学総合研究科, 准教授
  • 2012年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院 医歯薬保健学研究科 生薬学, 教授

学歴

  • 大阪大学, 薬学部, 製薬化学科, 日本, 1988年04月, 1992年03月
  • 大阪大学, 薬学研究科, 薬品化学, 日本, 1992年04月, 1994年03月
  • 総合研究大学院大学, 生命科学研究科, 分子生物機構論, 日本, 1994年04月, 1997年03月
  • 薬剤師免許(第290665号)

学位

  • 博士(医学) (大阪大学)
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
  • 修士(薬学) (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 薬学部 : 薬学科 : 薬学プログラム
  • 【学士課程】 薬学部 : 薬科学科 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 薬科学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 薬学プログラム
  • 薬科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 薬学 / 天然資源系薬学

研究キーワード

  • 天然物化学

所属学会

  • 日本生薬学会
  • 日本薬学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 3ターム, 薬学概論
  2. 2022年, 学部専門, 1ターム, 天然物薬品構造化学
  3. 2022年, 学部専門, 4ターム, 薬用植物学・基礎漢方学
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 薬用植物学・基礎漢方学
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 有機構造化学演習
  6. 2022年, 学部専門, 3ターム, 日本薬局方演習
  7. 2022年, 学部専門, 1ターム, 生薬学・臨床漢方学
  8. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生薬学・薬用植物学実習
  9. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究I
  10. 2022年, 学部専門, 通年, 基礎研究II
  11. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎研究III
  12. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究I
  13. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究II
  14. 2022年, 学部専門, 通年, 臨床研究III
  15. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  16. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  17. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 薬科学特論
  19. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 薬科学特講
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生薬学特論演習
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生薬学特論演習
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生薬学特別研究
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生薬学特別研究
  24. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生薬学特別演習
  25. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生薬学特別演習
  26. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生薬学特別研究
  27. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生薬学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Antileishmanial and lung adenocarcinoma cell toxicity of Withania somnifera (Linn.) dunal root and fruit extracts, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 36巻, 16号, pp. 4231-4237, 20220729
  2. Cytotoxicity and chemical profiling of the Red Sea soft corals Litophyton arboreum, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 36巻, 16号, pp. 4261-4265, 20220729
  3. Four new glucosides from the aerial parts of Equisetum sylvaticum, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 76巻, 4号, pp. 832-841, 202209
  4. Chemical Composition and Valorization of Broccoli Leaf By-Products (Brassica oleracea L. Variety: Italica) to Ameliorate Reno-Hepatic Toxicity Induced by Gentamicin in Rats, APPLIED SCIENCES-BASEL, 12巻, 14号, 202207
  5. Draft Genome Sequence of Paenibacillus sp. Strain L3-i20, Isolated from Soil in Japan, MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS, 11巻, 6号, 20220616
  6. Effect of a C5a receptor antagonist on macrophage function in an intestinal transplant rat model, TRANSPLANT IMMUNOLOGY, 72巻, 202206
  7. Ameliorative Effect of Ocimum forskolei Benth on Diabetic, Apoptotic, and Adipogenic Biomarkers of Diabetic Rats and 3T3-L1 Fibroblasts Assisted by In Silico Approach, MOLECULES, 27巻, 9号, 202205
  8. Aspects of the Complement System in New Era of Xenotransplantation, FRONTIERS IN IMMUNOLOGY, 13巻, 20220414
  9. Crotofolane-Type Diterpenoids: Crotocascarins R-V, Rearranged Trinorcrotofolane: Crotocascarin delta and a Phorbol Derivative from the Leaves of Croton cascarilloides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 70巻, 4号, pp. 286-292, 202204
  10. Isolation of Three New Diterpenes from Dodonaea viseosa, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 69巻, 1号, pp. 40-47, 202101
  11. Date Palm Extract (Phoenix dactylifera) PEGylated Nanoemulsion: Development, Optimization and Cytotoxicity Evaluation, PLANTS-BASEL, 10巻, 4号, 202104
  12. Six New Phenylpropanoid Derivatives from Chemically Converted Extract of Alpinia galanga (L.) and Their Antiparasitic Activities, MOLECULES, 26巻, 6号, 202103
  13. Potency of bisresorcinol from Heliciopsis terminalis on skin aging: in vitro bioactivities and molecular interactions, PEERJ, 9巻, 20210622
  14. In silica estrogen receptor alpha antagonist studies and toxicity prediction of Melia azedarach leaves bioactive ethyl acetate fraction, JOURNAL OF ADVANCED PHARMACEUTICAL TECHNOLOGY & RESEARCH, 12巻, 3号, pp. 236-241, 2021
  15. Bignanoside A "A new neolignan glucoside" and bignanoside B "A new iridoid glucoside" from Bignonia binata leaves, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 35巻, pp. 200-205, 202002
  16. Eudesmane-type sesquiterpene glycosides: sonneratiosides A-E and eudesmol beta-d-glucopyranoside from the leaves of Sonneratia alba, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 74巻, 1号, pp. 119-126, 202001
  17. Lasianosides F-I: A New Iridoid and Three New Bis-Iridoid Glycosides from the Leaves ofLasianthus verticillatus(Lour.) Merr., MOLECULES, 25巻, 12号, 202006
  18. New Methyl Threonolactones and Pyroglutamates of Spilanthes acmella (L.) L. and Their Bone Formation Activities, MOLECULES, 25巻, 11号, 202006
  19. Firmosides A and B: two new sucrose ferulates from the aerial parts ofSilene firmaand evaluation of radical scavenging activities, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 74巻, 4号, pp. 796-803, 202009
  20. Zanthosides A-D: Four Aromatic Glucosides from the Leaves of Zanthoxylum ailanthoides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 68巻, 8号, pp. 814-817, 202008
  21. Symplocosins C-P: Fourteen Triterpene Saponins from the Leaves of Symplocos cochinchinensis var. philippinensis, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 68巻, 11号, pp. 1090-1099, 202011
  22. Cytotoxic polyhydroxy sterols from the Egyptian Red Sea soft coral Sarcophyton acutum, FITOTERAPIA, 147巻, 202011
  23. In vitro antileishmanial activity of methanolic extracts for some selected medicinal plants, PHARMACOGNOSY MAGAZINE, 15巻, 62号, pp. 34-37, 201904
  24. Four New Flavonoids Isolated from the Aerial Parts of Cadaba rotundifolia Forssk. (Qadab), MOLECULES, 24巻, 11号, 20190601
  25. Isolation of Sesquiterpene-Amino Acid Conjugates, Onopornoids A-D, and a Flavonoid Glucoside from Onopordum alexandrinum, JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS, 82巻, 6号, pp. 1471-1477, 201906
  26. A New Macrolactone, Racemolide Along With Seven Known Compounds With Biological Activities From Mangrove Plant, Lumnitzera racemosa, NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 14巻, 6号, 201906
  27. The novel immunosuppressant prenylated quinolinecarboxylic acid-18 (PQA-18) suppresses macrophage differentiation and cytotoxicity in xenotransplantation, IMMUNOBIOLOGY, 224巻, 4号, pp. 575-584, 201907
  28. The effect of a novel immunosuppressive drug, a PAK-2 inhibitor, on macrophage differentiation/polarization in a rat small intestinal transplantation model, TRANSPLANT IMMUNOLOGY, 57巻, 201912
  29. Lasianosides A-E: New Iridoid Glucosides from the Leaves of Lasianthus verticillatus (Lour.) Merr. and Their Antioxidant Activity, MOLECULES, 24巻, 21号, 201911
  30. Exploring the Antimicrobial Properties Against Human Pathogens and Mode of Action of Various Extracts from Fredolia aretioides, an Endemic Medicinal Plant of Morocco and Algeria, NATURAL PRODUCTS JOURNAL, 9巻, 4号, pp. 321-329, 2019
  31. Ebenamariosides A-D: Triterpene Glucosides and Megastigmanes from the Leaves of Diospyros maritima, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 67巻, 12号, pp. 1337-1346, 201912
  32. Biological activity of Entada phaseoloides and Entada rheedei, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 72巻, 1号, pp. 12-19, 201801
  33. Phenolic compounds from the leaves of Breynia officinalis and their tyrosinase and melanogenesis inhibitory activities, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 72巻, 2号, pp. 381-389, 201803
  34. ★, Okinawan Subtropical Plants as a Promising Resource for Novel Chemical Treasury, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 66巻, 5号, pp. 519-526, 201805
  35. Alkylated Benzoquinones: Ardisiaquinones A-H from the Leaves of Ardisia quinquegona and Their Anti-Leishmania Activity, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 66巻, 7号, pp. 757-763, 201807
  36. Anti-aging properties of Curcuma heyneana Valeton & Zipj: A scientific approach to its use in Javanese tradition, JOURNAL OF ETHNOPHARMACOLOGY, 225巻, pp. 64-70, 20181028
  37. Nematicidal compounds of Peperomia japonica, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 27巻, pp. 30-35, 201810
  38. Phytoconstituents from the aerial parts of Lampranthus spectabilis, SOUTH AFRICAN JOURNAL OF BOTANY, 118巻, pp. 179-182, 201809
  39. Eight ent-Kaurane Diterpenoid Glycosides Named Diosmariosides A H from the Leaves of Diospyros maritima and Their Cytotoxic Activity, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 66巻, 11号, pp. 1057-1064, 201811
  40. Frailty and Caenorhabditis elegans as a Benchtop Animal Model for Screening Drugs Including Natural Herbs, FRONTIERS IN NUTRITION, 5巻, 20181126
  41. Lignan Diesters of Canangafruticoside A from the Leaves of Cananga odorata var. odorata, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 65巻, 1号, pp. 97-101, 201701
  42. Chodatiionosides A and B: two new megastigmane glycosides from Chorisia chodatii leaves, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 71巻, 1号, pp. 321-328, 201701
  43. Chemical structures of constituents from the leaves of Polyscias balfouriana, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 71巻, 3号, pp. 558-563, 201707
  44. Aliphatic Glucoside, Zanthoionic Acid and Megastigmane Glucosides: Zanthoionosides A-E from the Leaves of Zanthoxylum ailanthoides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 65巻, 8号, pp. 754-761, 201708
  45. THE FIRST ISOLATION OF 25,26,27-TRISNOR-3 beta-ACETOXYCYCLOARTAN-24-OIC ACID AND THE ABSOLUTE CONFIGURATION OF 3R,4R-O-DI-CAFFEOYL QUINIC ACID FROM Artemisia japonica, CHEMISTRY OF NATURAL COMPOUNDS, 53巻, 4号, pp. 674-677, 201707
  46. Microtropins Q-W, ent-Labdane Glucosides: Microtropiosides G-I, Ursane-Type Triterpene Diglucoside and Flavonol Glycoside from the Leaves of Microtropis japonica, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 65巻, 10号, pp. 930-939, 201710
  47. A practical approach to pancreatic cancer immunotherapy using resected tumor lysate vaccines processed to express alpha-gal epitopes, PLOS ONE, 12巻, 10号, 20171027
  48. Officinalioside, a new lignan glucoside from Borago officinalis L., NATURAL PRODUCT RESEARCH, 30巻, 8号, pp. 967-972, 20160417
  49. Effects of Hepatoprotective Compounds from the Leaves of Lumnitzera racemosa on Acetaminophen-Induced Liver Damage in Vitro, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64巻, 4号, pp. 360-365, 201604
  50. New Isolinariins C, D and E, Flavonoid Glycosides from Linaria japonica, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64巻, 5号, pp. 517-521, 201605
  51. Sulfated Glucosides of an Aliphatic Alcohol and Monoterpenes, and Megastigmanes from the Leaves of Meliosma pinnata spp. arnottiana, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64巻, 6号, pp. 638-643, 201606
  52. Bioassay-guided isolation and evaluation of antimicrobial compounds from Ixora megalophylla against some oral pathogens, PHARMACEUTICAL BIOLOGY, 54巻, 9号, pp. 1522-1527, 201609
  53. Dianthosaponins G-I, triterpene saponins, an anthranilic acid amide glucoside and a flavonoid glycoside from the aerial parts of Dianthus japonicus and their cytotoxicity, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 70巻, 4号, pp. 816-824, 201610
  54. Crotofolane-Type Diterpenoids, Crotocascarins L-Q, and a Rearranged Crotofolane-Type Diterpenoid, Neocrotocascarin, from the Stems of Croton cascarilloides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64巻, 10号, pp. 1492-1498, 201610
  55. Application of the taraxerane-oleanane rearrangement to the synthesis of seco-oleanane triterpenoids from taraxerone, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 29巻, 1号, pp. 64-69, 20150102
  56. Nitrile-Containing Phenolic Glucosides from the Leaves of Glochidion acuminatum, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 63巻, 1号, pp. 49-53, 201501
  57. Phytochemical Constituents of Artemisia dubia var. longeracemosa Forma tonkinensis, CHEMISTRY OF NATURAL COMPOUNDS, 51巻, 2号, pp. 378-380, 201503
  58. Amphipaniculosides A-D, triterpenoid glycosides, and amphipaniculoside E, an aliphatic alcohol glycoside from the leaves of Amphilophium paniculatum, PHYTOCHEMISTRY, 115巻, pp. 261-268, 201507
  59. Chemical constituents from Chorisia chodatii flowers and their biological activities, MEDICINAL CHEMISTRY RESEARCH, 24巻, 7号, pp. 2939-2949, 201507
  60. Megastigmane Glucosides and Megastigmanes from the Leaves of Meliosma lepidota ssp squamulata, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 63巻, 8号, pp. 608-616, 201508
  61. Cancer immunotherapy for pancreatic cancer utilizing alpha-gal epitope/natural anti-Gal antibody reaction, WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 21巻, 40号, pp. 11396-11410, 20151028
  62. Crotocascarins I-K: Crotofolane-Type Diterpenoids, Crotocascarin gamma, Isocrotofolane Glucoside and Phenolic Glycoside from the Leaves of Croton cascarilloides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 63巻, 12号, pp. 1047-1054, 201512
  63. New cis-ent-clerodanes from Linaria japonica, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 14巻, pp. 56-62, 201512
  64. Biological studies on chemical constituents of Ruellia patula and Ruellia tuberosa, Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry, 4巻, 1号, pp. 64-67, 2015
  65. Chemical constituents and biological activities of genus Ruellia, International Journal of Pharmacognosy, 2巻, 6号, pp. 270-279, 2015
  66. Lignan glycosides and phenolic compound glycosides from the branches of Tabebuia chrysotricha, American Journal of Plant Sciences, 6巻, 5号, pp. 676-684, 2015
  67. Lignans from the leaves of Meliosma lepidota ssp. squamulata and their biological activity toward Leishmania major, Journl of Pharmacognosy and Phytochemistry, 64巻, 6号, pp. 638-643, 2015
  68. Novel immunotherapy using a tumor lysate vaccine with alpha-gal epitopes against pancreatic cancer, CANCER RESEARCH, 75巻, pp. 2512-2512, 2015
  69. ONE NEW MEGASTIGMANE GLYCOSIDE WITH A DOUBLE BOND AT A RARE POSITION FROM THE LEAVES OF ANTIDESMA PENTANDRUM VAR. BARBATUM, HETEROCYCLES, 88巻, 1号, pp. 711-718, 20140101
  70. Grevillosides J-Q, Arbutin Derivatives from the Leaves of Grevillea robusta and Their Melanogenesis Inhibitory Activity, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 62巻, 4号, pp. 364-372, 201404
  71. Unexpected course of Beckmann rearrangement of taraxerone oxime with Ac2O/AcOH, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 28巻, 8号, pp. 568-572, 20140418
  72. Three new eudesmanes from Artemisia japonica, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 28巻, 9号, pp. 631-635, 20140503
  73. 3,4-seco-24-homo-28-nor-Cycloartane and drimane-type sesquiterpenes and their lactams from the EtOAc-soluble fraction of a leaf extract of Cinnamosma fragrans and their biological activity, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 68巻, 3号, pp. 513-520, 201407
  74. Taxiphyllin 6 '-O-Gallate, Actinidioionoside 6 '-O-Gallate and Myricetrin 2 ''-O-Sulfate from the Leaves of Syzygium samarangense and Their Biological Activities, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 62巻, 10号, pp. 1013-1018, 201410
  75. Guaianolides from Curcuma kwangsiensis, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 9巻, pp. 137-140, 201409
  76. Structure elucidation of secondary metabolites isolated from the leaves of Ixora undulate and their inhibitory activity toward advanced glycation end-products formation, PHYTOCHEMISTRY, 108巻, pp. 189-195, 201412
  77. One new flavonoid xyloside and one new natural triterpene rhamnoside from the leaves of Syzygium grande, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 10巻, pp. 86-90, 201412
  78. Bioactive compounds from the leavers of Eugenia uniflora, Journal of Natural Products (INDIA), 7巻, pp. 37-47, 2014
  79. Cembrane-type diterpenoids and a phenolic compound from the leaves of Thai medicinal plant, Croton sublyratus Kurz, American Journal of Plant Sciences, 5巻, 9号, pp. 1370-1377, 2014
  80. New secondary metabolites isolated from the leaves of Ixora undulata cultivated in Egypt, PLANTA MEDICA, 80巻, 10号, pp. 793-793, 2014
  81. Immune-based therapy with human tumor lysate, expressing alpha-gal epitopes induce significant B cell response and in vivo tumor destruction against pancreatic cancer, CANCER RESEARCH, 74巻, 19号, pp. 2884-2884, 2014
  82. Strong cross-reactive responses to pancreatic cancer cells induced by alpha-gal epitopes-expressing tumor lysate and their implications for a universal cancer vaccine, CANCER RESEARCH, 74巻, 19号, pp. 2560-2560, 2014
  83. Hirtionosides A-C, gallates of megastigmane glucosides, 3-hydroxyoctanoic acid glucosides and a phenylpropanoid glucoside from the whole plants of Euphorbia hirta, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 67巻, 2号, pp. 350-358, 201304
  84. Two new cembranoids from the leaves of Croton longissimus Airy Shaw, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 67巻, 2号, pp. 410-414, 201304
  85. Chemical constituents from the leaves of Ruellia tuberosa, CHEMISTRY OF NATURAL COMPOUNDS, 49巻, 1号, pp. 175-176, 201303
  86. A condensed phenylpropanoid glucoside and pregnane saponins from the roots of Hemidesmus indicus, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 67巻, 1号, pp. 137-142, 201301
  87. (+/-)-Asarinin, ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION C-CRYSTAL STRUCTURE COMMUNICATIONS, 69巻, pp. 87-+, 201301
  88. Microtropins A-I: 6 '-O-(2 '' S,3 '' R)-2 ''-Ethyl-2 '',3 ''-dihydroxybutyrates of aliphatic alcohol beta-D-glucopyranosides from the branches of Microtropis japonica, PHYTOCHEMISTRY, 87巻, pp. 140-147, 201303
  89. Eight New Diterpenoids and Two New Nor-Diterpenoids from the Stems of Croton cascarilloides, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 61巻, 4号, pp. 411-418, 201304
  90. Isolation of new monoterpene coumarins from Micromelum minutum leaves and their cytotoxic activity against Leishmania major and cancer cells, FOOD CHEMISTRY, 139巻, 1-4号, pp. 458-463, 20130701
  91. Structures of Ryobunins A-C from the Leaves of Clethra barbinervis, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 61巻, 5号, pp. 581-586, 201305
  92. The First Occurrence of A Mallotus 3,4-Seco-Taraxerane Triterpenoid from Mallotus barbatus, RECORDS OF NATURAL PRODUCTS, 7巻, 2号, pp. 157-160, 2013
  93. Bioactive Triterpene Saponins from the Leaves of Schefflera elegantissima, NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 8巻, 6号, pp. 767-769, 201306
  94. Tareciliosides N-S: further cycloartane saponins from the leaves of Tarenna gracilipes, and cytotoxicity of saponins and triterpenes, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 67巻, 3号, pp. 503-511, 201307
  95. C-Glycosyl flavonoids and coloratane-type sesquiterpene glucosides from the water-soluble fraction of a leaf extract of a Malagasy endemic plant, Cinnamosma fragrans (Canellaceae), JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 67巻, 4号, pp. 736-742, 201310
  96. Schoepfiajasmins A-H: C-Glycosyl Dihydrochalcones, Dihydrochalcone Glycoside, C-Glucosyl Flavanones, Flavanone Glycoside and Flavone Glycoside from the Branches of Schoepfia jasminodora, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 61巻, 11号, pp. 1136-1142, 201311
  97. A new guaianolide from Artemisia roxburghiana, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 27巻, 20号, pp. 1856-1858, 20131001
  98. Microtropins J-P: 6'-O-(2"S,3"R)-2"-ethyl-2",3"-dihyroxybutyrates of phenolic alcohol: β-d-glucopyranosides from the branches of Microtropis japonica, American Journal of Plant Sciences, 4巻, 10号, pp. 1954-1959, 2013
  99. Glucosylated Sesquiterpene Alcohols from Fraxinus griffithii, NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 7巻, 4号, pp. 467-470, 201204
  100. Medicinal plants of Thailand. II: chemical studies on the seed kernels of Entada rheedei Sprengel, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 66巻, 3号, pp. 552-557, 201207
  101. Three new aliphatic glycosides from the leaves of Antidesma japonicum Sieb. et Zucc., JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 66巻, 4号, pp. 664-670, 201210
  102. A new iridoid glycoside and NO production inhibitory activity of compounds isolated from Russelia equisetiformis, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 66巻, 1号, pp. 227-232, 201201
  103. Blocking of CCR5 and CXCR3 Suppresses the Infiltration of Macrophages in Acute Renal Allograft Rejection, TRANSPLANTATION, 93巻, 1号, pp. 24-31, 20120115
  104. Annonamine, a New Aporphine Alkaloid from the Leaves of Annona muricata, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 60巻, 2号, pp. 257-259, 201202
  105. Three new megastigmanes from the leaves of Annona muricata, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 66巻, 2号, pp. 284-291, 201204
  106. Entadosides A-D, triterpene saponins and a glucoside of the sulphur-containing amide from the kernel nuts of Entada phaseoloides (L.) Merrill, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 66巻, 2号, pp. 321-328, 201204
  107. One new and several minor diarylheptanoids from Amomum muricarpum, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 26巻, 13号, pp. 1195-1200, 2012
  108. Reinvestigation of Structures of Robustasides B and C, and Isolation of (E)-2,5-Dihydroxycinnamic Acid Esters of Arbutin and Glucose from the Leaves of Grevillea robusta, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 60巻, 10号, pp. 1347-1350, 201210
  109. The blocking of CXCR3 and CCR5 suppresses the infiltration of T lymphocytes in rat renal ischemia reperfusion, NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION, 27巻, 10号, pp. 3799-3806, 20121010
  110. Two new sesquiterpene lactones and other chemical constituents of Artemisia roxbughiana, BIOCHEMICAL SYSTEMATICS AND ECOLOGY, 45巻, pp. 115-119, 201212
  111. Oblongionosides A-F, megastigmane glycosides from the leaves of Croton oblongifolius Roxburgh, PHYTOCHEMISTRY, 80巻, pp. 132-136, 2012
  112. Bioassay-guided isolation of anti-Leishmania major compounds from Micromelum minutum, PLANTA MEDICA, 78巻, 11号, pp. 1219-1219, 2012
  113. 未解析マダガスカル伝承民間薬の化学的研究, 薬学研究の進歩, 28巻, pp. 77-81, 20120301
  114. Tricalysionoside A, a Megastigmane Gentiobioside, Sulfatricalysines A-F, and Tricalysiosides X-Z, ent-Kaurane Glucosides, from the Leaves of Tricalysia dubia, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 1号, pp. 72-77, 201101
  115. Crotonionosides A-G: Megastigmane glycosides from leaves of Croton cascarilloides Rauschel, PHYTOCHEMISTRY, 72巻, 1号, pp. 147-153, 201101
  116. Constituents of cultivated Agaricus blazei, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 65巻, 2号, pp. 307-312, 201104
  117. Flavonol glycosides from the leaves of Indigofera zollingeriana, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 65巻, 2号, pp. 360-363, 201104
  118. A glycerol alpha-D-glucuronide and a megastigmane glycoside from the leaves of Guettarda speciosa L., JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 65巻, 2号, pp. 364-369, 201104
  119. Three new dammarane glycosides from Betula alnoides, PHYTOCHEMISTRY LETTERS, 4巻, 2号, pp. 179-182, 20110615
  120. Gallates of isoorientin and (2S)-1,2-propanediol glucoside from the leaves of Schoepfia jasminodora, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 65巻, 3-4号, pp. 617-622, 201107
  121. Effects of a calcineurin inhibitor, FK506, and a CCR5/CXCR3 antagonist, TAK-779, in a rat small intestinal transplantation model, TRANSPLANT IMMUNOLOGY, 25巻, 1号, pp. 49-55, 201107
  122. Linderolides A-F, eudesmane-type sesquiterpene lactones and linderoline, a germacrane-type sesquiterpene from the roots of Lindera strychnifolia and their inhibitory activity on NO production in RAW 264.7 cells in vitro, PHYTOCHEMISTRY, 72巻, 17号, pp. 2165-2171, 201112
  123. Chemical Studies on an Endemic Philippine Plant: Sulfated Glucoside and seco-A-Ring Triterpenoids from Dillenia philippinensis, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 3号, pp. 397-401, 20110301
  124. Three New Flavonoid Glycosides, Byzantionoside B 6 '-O-Sulfate and Xyloglucoside of (Z)-Hex-3-en-1-ol from Rueilia patula, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 6号, pp. 725-729, 20110601
  125. Dianthosaponins A-F, Triterpene Saponins, Flavonoid Glycoside, Aromatic Amide Glucoside and gamma-Pyrone Glucoside from Dianthus japonicus, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 9号, pp. 1141-1148, 20110901
  126. Medicinal Plants of Thailand. I Structures of Rheedeiosides A-D and cis-Entadamide A beta-D-Glucopyranoside from the Seed Kernels of Entada rheedei, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 4号, pp. 466-471, 20110401
  127. A NEW DIARYLHEPTANOID AND A RARE DAMMARANE TRITERPENOID FROM Alnus nepalensis, CHEMISTRY OF NATURAL COMPOUNDS, 47巻, 5号, pp. 735-737, 20111001
  128. ★, Myrseguinosides A-E, Five New Glycosides from the Fruits of Myrsine seguinii, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 10号, pp. 1274-1280, 20111001
  129. Tareciliosides H-M: Further Cycloartane Glycosides from Leaves of Tarenna gracilipes, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 59巻, 7号, pp. 902-905, 20110701
  130. Symplocosionosides A-C, three megastigmane glycosides, a neolignan glucoside, and symplocosins A and B, two triterpene glycosyl esters from the leaves of Symplocos cochinchinensis var. philippinensis, American Journal of Plant Sciences, 2巻, 4号, pp. 609-618, 2011
  131. Prenylated flavonoid glucoside and two aliphatic glycosides from the leaves of Euodia meliaefolia (Hance) Benth., Journal of Natural Medicines, 65巻, pp. 212-216, 20100903
  132. Microtropiosides A-F: ent-Labdane diterpenoid glucosides from the leaves of Microtropis japonica (Celastraceae), PHYTOCHEMISTRY, 71巻, 5-6号, pp. 675-681, 201004
  133. Crotalionosides A-C, Three New Megastigmane Glucosides, Two New Pterocarpan Glucosides and a Chalcone C-Glucoside from the Whole Plants of Crotalaria zanzibarica, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 58巻, 8号, pp. 1026-1032, 201008
  134. Secoiridoid and iridoid glucosides from the leaves of Fraxinus griffithii, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 64巻, 1号, pp. 1-8, 201001
  135. Elaeocarpionoside, a megastigmane glucoside from the leaves of Elaeocarpus japonicus Sieb. et Zucc., JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 64巻, 1号, pp. 104-108, 201001
  136. Structural Revisions of Blumenol C Glucoside and Byzantionoside B, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 58巻, 3号, pp. 438-441, 201003
  137. Conjugates of an abscisic acid derivative and phenolic glucosides, and a new sesquiterpene glucoside from Lindera strychnifolia, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 64巻, 2号, pp. 153-160, 201004
  138. Poly(ADP-ribose) Polymerase (PARP)-1-independent Apoptosis-inducing Factor (AIF) Release and Cell Death Are Induced by Eleostearic Acid and Blocked by alpha-Tocopherol and MEK Inhibition, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 285巻, 17号, pp. 13079-13091, 20100423
  139. A crotofolane-type diterpenoid and a rearranged nor-crotofolane-type diterpenoid with a new skeleton from the stems of Croton cascarilloides, TETRAHEDRON LETTERS, 51巻, 33号, pp. 4320-4322, 20100818
  140. The unusual canangafruticosides A-E: Five monoterpene glucosides, two monoterpenes and a monoterpene glucoside diester of the aryldihydronaphthalene lignan dicarboxylic acid from leaves of Cananga odorata var. fruticosa, PHYTOCHEMISTRY, 71巻, 13号, pp. 1564-1572, 201009
  141. Megastigmane glucosides and an unusual monoterpene from the leaves of Cananga odorata var. odorata, and absolute structures of megastigmane glucosides isolated from C. odorata var. odorata and Breynia officinalis, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 64巻, 4号, pp. 460-467, 201010
  142. 5-Alkylresorcinol glucosides from the leaves of Grevillea robusta Allan Cunningham, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 64巻, 4号, pp. 474-477, 201010
  143. Schefflerins A-G, New Triterpene Glucosides from the Leaves of Schefflera arboricola, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 58巻, 10号, pp. 1343-1348, 201010
  144. ★, Reinvestigation of the Absolute Stereochemistry of Megastigmane Glucoside, Icariside B-5, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 58巻, 10号, pp. 1399-1402, 201010
  145. Mangiferonic acid, 22-hydroxyhopan-3-one, and physcion as specific chemical markers for Alnus nepalensis, BIOCHEMICAL SYSTEMATICS AND ECOLOGY, 38巻, 5号, pp. 1065-1068, 201010
  146. BUMALDOSIDES A, B AND C FROM THE LEAVES OF STAPHYLEA BUMALDA, HETEROCYCLES, 80巻, 1号, pp. 339-348, 20100101
  147. Triterpene Glycosides and Glucosyl Esters, and a Triterpene from the Leaves of Schefflera actinophylla, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 58巻, 12号, pp. 1596-1601, 201012
  148. Complement regulation in the GalT KO era, XENOTRANSPLANTATION, 17巻, 1号, pp. 11-25, 2010
  149. FLAVONOID COMPOUNDS FROM Desmodium styracifolium OF VIETNAMESE ORIGIN, CHEMISTRY OF NATURAL COMPOUNDS, 46巻, 5号, pp. 797-798, 2010
  150. Mangiferonic acid, 22-hydroxyhopan-3-one, and physcion as specific chemical markers for Alnus nepalensis, Biochemical Systematics and Ecology, 38巻, 5号, pp. 1065-1068, 2010
  151. Chemical constituents of imported Rosae fructus, Journal of Natural Medicines, 63巻, 1号, pp. 46-51, 20090101
  152. Three new olefinic acetogenin glycosides from leaves of Staphylea bumalda, Journal of Natural Medicines, 63巻, 1号, pp. 61-64, 20090101
  153. Chemical constituents of Pteris cretica Linn. (Pteridaceae), Biochemical Systematics and Ecology, 37巻, 2号, pp. 133-137, 20090201
  154. Iridoid glucosides, (3R)-oct-1-en-3-ol glycosides and phenylethanoid from the aerial parts of Caryopteris incana, Journal of Natural Medicines, 63巻, 3号, pp. 241-247, 20090301
  155. Supinaionosides A and B: Megastigmane Glucosides and Supinanitrilosides A-F: Hydroxynitrile Glucosides from the Whole Plants of Euphorbia supina RAFINESQUE, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 57巻, 8号, pp. 840-845, 200908
  156. Lignan and neolignan glucosides, and tachioside 2'-O-4aEuro(3)-O-methylgallate from the leaves of Glochidion rubrum, JOURNAL OF NATURAL MEDICINES, 63巻, 4号, pp. 408-414, 200910
  157. ★, Absolute configuration of (+)-pinoresinol 4-O-[6 ''-O-galloyl]-beta-D-glucopyranoside, macarangiosides E, and F isolated from the leaves of Macaranga tanarius, PHYTOCHEMISTRY, 70巻, 10号, pp. 1277-1285, 200907
  158. A new phenolic glucoside from an Uzbek Medicinal Plant, Origanum tyttanthum, Journal of Natural Medicines, 62巻, 1号, pp. 71-74, 20080101
  159. Cesdiurins I-III, steroidal saponins fromCestrum diurnum L., Journal of Natural Medicines, 62巻, 2号, pp. 000-000, 20080401
  160. Secondary metabolites of Cinnamosma madagascariensis and their a-glucosidase inhibitory property, Journal of Natural Products, 71巻, 1号, pp. 123-126, 20080501
  161. ★, Identification of amino acid positions involved in HLA-E expression, Journal of Biochemistry, 143巻, 5号, pp. 641-647, 20080501
  162. Euodionosides A-G: Megastigmane glucosides from leaves of Euodia meliaefolia, Phytochemistry, 69巻, 7号, pp. 1586-1596, 20080701
  163. Rearranged ent-kauranes from stem of Tricalysia dubia and their biological activities, Journal of Natural Medicines, 62巻, 3号, pp. 314-320, 20080601
  164. Staphylosides A and B: Two new chromone diglycosides from leaves of Staphylea bumalda, Heterocycles, 79巻, 1号, pp. 845-849, 20080401
  165. Chemical and biologically active constituents of Pteris multifida, Journal of Natural Medicines, 62巻, 4号, pp. 452-455, 20080801
  166. Tareciliosides A-G: Cycloartane saponins from the leaves of Tarenna gracilipes (Hayata) Ohwi, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 55巻, 8号, pp. 1153-1158, 20080801
  167. Chlorine-containing iridoid and iridoid glucoside, and other glucosides from Myoporum bontioides, Phytochemistry, 69巻, 13号, pp. 2517-2522, 20080701
  168. Grevillosides A-F: Glucosides of 5-alkylresorcinol derivatives from leaves of Grevillea robusta, Phytochemistry, 69巻, 16号, pp. 2749-2752, 20080801
  169. Macaflavanones A-G, prenylated flavanones from the leaves of Macaranga tanarius, Journal of Natural Products, 70巻, 11号, pp. 1872-1876, 20081101
  170. Effects of blocking the chemokine receptors, CCR5 and CXCR3, with TAK-779 in a rat small intestinal transplantation model, Transplantation, 86巻, 12号, pp. 1810-1817, 20081201
  171. Molecular Cloning of Pig Rad51, Rad52, and Rad54 Genes, Which Are Involved in Homologous Recombination Machinery, TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 40巻, 8号, pp. 2776-2778, 2008
  172. Isolation and Sequencing of Pig Blm and Ubl-1/SUMO-1 Genes That Relate to the Recombination Machinery, TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 40巻, 8号, pp. 2773-2775, 2008
  173. Analysis of the serine protease function of porcine factor I produced by liver cells for xenotransplantation, TRANSPLANT IMMUNOLOGY, 19巻, 1号, pp. 30-36, 2008
  174. Cloning and In Vitro Antiapoptotic Effects of Pig FLIPs, TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 40巻, 8号, pp. 2779-2781, 2008
  175. Tricalysiosides P-U: ent-kaurane glucosides and a labdane glucoside from leaves of Tricalysia dubia Ohwi, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 55巻, 11号, pp. 1600-1605, 20071101
  176. Chemical constituents of the Thai medicinal plant, Dioecrescis erythroclada (Kurz) Tirveng, Journal of Natural Medicines, 61巻, 04号, pp. 462-467, 20071001
  177. Bridelioside, a new lignan glycoside from leaves of Bridelia glauca f. balansae, Journal of Natural Medicines, 61巻, 4号, pp. 462-467, 20071001
  178. Leeaoside, a new megastigmane diglycoside from the leaves of Leea thorelli Gagnep., Journal of Natural Medicines, 61巻, 4号, pp. 449-451, 20071001
  179. (Z)-3-Hexenyl diglycosides from Spermacoce laevis Roxb., Journal of Natural Medicines, 61巻, 4号, pp. 406-409, 20071001
  180. Chemical Constituents of an Uzbek medicinal plant, Perovskia scrophularifolia, Journal of Natural Medicines, 61巻, 1号, pp. 84-85, 20070101
  181. Tricalysiolide G, and tricalysiols A and B: rearranged ent-kaurane-type and ent-kaurane-type diterpenoids from the leaves of Tricalysia dubia (Lindl.) Ohwi, Journal of Natural Medicines, 61巻, 1号, pp. 46-50, 20070101
  182. A new norlignan glycoside from Cestrum diurnum L., Arkivoc, 16巻, 1号, pp. 63-70, 20070101
  183. Cloning of pig serine proteinase inhibitor 9 and its use in protecting against apoptosis., Transplant International, 20巻, 5号, pp. 453-459, 20070501
  184. New sesquiterpenoids from Curcuma aff. Aeruginosa Roxb., HETEROCYCLES, 74巻, pp. 977-981, 2007
  185. Molecular cloning and analysis of serine protease function of porcine factor I, XENOTRANSPLANTATION, 14巻, 5号, pp. 452-453, 2007
  186. Critical positions for expression of HLA-E, XENOTRANSPLANTATION, 14巻, 5号, pp. 457-458, 2007
  187. Feature of pig C1 esterase inhibitor, MOLECULAR IMMUNOLOGY, 44巻, 1-3号, pp. 197-197, 2007
  188. Bridelionosides A-F: Megastigmane glucoside from leaves of Bridelia glauca f. balansae, Phytochemistry, 67巻, 22号, pp. 2483-2493, 20061101
  189. ★, Radical-scavenging activity of new megastigmane glucosides from Macaranga tanarius (L.) Mull.-Arg., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 54巻, 10号, pp. 1403-1407, 20061001
  190. ★, Molecular cloning of pigGnT-I and I.2: An application to xenotransplantation, Biochemical and Biophysical Research Communications, 343巻, 3号, pp. 677-683, 20061024
  191. Chemical and biological evaluation on scopadulane-type diterpenoids from Scoparia dulcis L. of Vietnamese origin, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 54巻, 4号, pp. 546-549, 20060401
  192. New neolignans and lignans from Vietnamese medicinal plant, Machilus odoratissima Nees, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 54巻, 3号, pp. 380-383, 20060301
  193. New diarylheptanoids from Amomum muricarpum, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 54巻, 1号, pp. 139-140, 20060101
  194. Anti-staphylococcal activity of ent-kauranes from Croton tonkinenesis, Journal of Natural Medicines, 60巻, 1号, pp. 93-95, 20060101
  195. ★, Involvement of position-147 for HLA-E expression, Biochemical and Biophysical Research Communications, 347巻, 3号, pp. 692-697, 20060901
  196. Features of a newly cloned pig C1 esterase inhibitor., Journal of Biochemistry, 140巻, 3号, pp. 421-427, 20060901
  197. Cross-species function of the pig C1 esterase inhibitor., Transplantation Proceedings, 38巻, 10号, pp. 3321-3322, 20061201
  198. 5-O-Glucosyldihydroflavones from the leaves of Helicia cochinchinensis., Phytochemistry, 67巻, 24号, pp. 2681-2685, 20061201
  199. Tricalysiosides H-O: ent-kaurane glucosides from the leaves of Tricalysia, Phytochemistry, 66巻, 24号, pp. 2857-2864, 20051215
  200. New megastigmane glucosides from Excoecaria cochinchinenesis var. cochinchinensis, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 53巻, 12号, pp. 1600-1603, 20051201
  201. New bis-spirolabdane-type diterpenoids from Leonurus heterophyllus Sw., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 53巻, 11号, pp. 1475-1479, 20051101
  202. New diarylheptanoids from Alpinia pinnanensis T.L. Wu et Senjen, Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 53巻, 10号, pp. 1335-1337, 20051010
  203. New labdane-type diterpenoids from Leonurus heterophyllus Sw., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 53巻, 08号, pp. 938-941, 20050801
  204. Staphylionosides A-K: Megastigamane glucosides from the leaves of Staphylea bumalda DC., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 53巻, 07号, pp. 800-807, 20050701
  205. Prevention of PERV infections in pig to human xenotransplantation by the RNA interference silences gene., Journal of Biochemistry, 137巻, 4号, pp. 503-508, 20050401
  206. A novel strategy for preventing PERV transmission to human cells by remodeling the viral envelope glycoprotein., Xenotransplantation, 137巻, 4号, pp. 503-508, 20050401
  207. Cloning and a trial to protect apoptosis by pig anti apoptotic inhibitors, XENOTRANSPLANTATION, 12巻, 5号, pp. 394-395, 2005
  208. Delta-short consensus repeat 4-decay accelerating factor (DAF: CD55) inhibits complement-mediated cytolysis but not NK cell-mediated cytolysis., Journal of Immunology, 173巻, 6号, pp. 3945-3952, 20040915
  209. Skin graft of double transgenic pigs of N-acetylglucosaminyltransferase III (GnT-III) and DAF (CD55) genes survived in cynomolgus monkey for 31 days., Transplant Immunology, 13巻, 4号, pp. 259-264, 20041201
  210. Cloning of the transgenic pigs expressing human decay accelerating factor and N-acetylglucosaminyltransferase III., Cloning and Stem Cells, 6巻, 3号, pp. 294-301, 20040301
  211. Regulation of natural killer cell-mediated lysis by DAF, MOLECULAR IMMUNOLOGY, 41巻, 2-3号, pp. 279-280, 2004
  212. Effect of hybrid complement regulatory proteins for C4 fragment deposition on xenogeneic cells, MOLECULAR IMMUNOLOGY, 41巻, 2-3号, pp. 279-279, 2004
  213. Simultaneous gene silencing of pig CD80 and CD86 but not single CD80, CD86 or CD40 by RNAI prevents costimulation of human anti-pig T cell responses, AMERICAN JOURNAL OF TRANSPLANTATION, 4巻, pp. 244-244, 2004
  214. Effect of various forms of the C1 esterase inhibitor (C1-INH) and DAF on complement mediated xenogeneic cell lysis., Xenotransplantation, 10巻, 2号, pp. 132-141, 20030301
  215. Transgenic pigs expressing both human decay-accelerating factor and N-acetylglucosaminyltransferase III., Transplantation Proceedings, 35巻, 1号, pp. 516-517, 20030201
  216. Various forms of DAF (CD55) and C1 esterase inhibitor., Transplantation Proceedings, 35巻, 1号, pp. 519-520, 20030201
  217. Downregulation of NK cell-mediated swine endothelial cell lysis by DAF (CD55)., Transplantation Proceedings, 35巻, 1号, pp. 529-530, 20030201
  218. Functional analysis of HSV-gC1 on swine endothelial cells: potential for xenotransplantation., Transplantation Proceedings, 35巻, 1号, pp. 538-539, 20030201
  219. Co-effect of HLA-G1 and glycosyltransferases in reducing NK cell-mediated pig endothelial cell lysis., Transplant Immunology, 11巻, 2号, pp. 147-153, 20030401
  220. Effect of hybrid complement regulatory proteins on xenogeneic cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, 306巻, 2号, pp. 476-482, 20030627
  221. Production of cloned pigs from fibroblasts of the transgenic pig expressing DAF and GnT-III, XENOTRANSPLANTATION, 10巻, 5号, pp. 503-503, 2003
  222. Downregulation of natural killer cell-mediated pig endothelial cell lysis by DAF(CD55), XENOTRANSPLANTATION, 10巻, 5号, pp. 515-515, 2003
  223. A study of the xenoantigenicity of pig islet cells, XENOTRANSPLANTATION, 10巻, 5号, pp. 498-498, 2003
  224. The cofactor functions for C4 fragment deposition on xenogeneic cells, XENOTRANSPLANTATION, 10巻, 5号, pp. 500-500, 2003
  225. Regulation of complement-mediated swine endothelial cell lysis by herpes simplex virus glycoprotein, gC1., Journal of Biochemistry, 131巻, 5号, pp. 745-749, 20020501
  226. ★, Modulation of the leader peptide sequence of the HLA-E gene up-regulates its expression and down-regulates natural killer cell-mediated swine endothelial cell lysis., Transplantation, 73巻, 10号, pp. 1582-1589, 20020527
  227. Transgenic pigs with human N-acetylglucosaminyltransferase III., Transplantation Proceedings, 33巻, 1号, pp. 742-743, 20010201
  228. A codon exchange DAF is a powerful material for xenografting., Transplantation Proceedings, 33巻, 1号, pp. 744-745, 20010201
  229. A synthetic dDAF (CD55) gene based on optimal codon usage for transgenic animals., Journal of Biochemistry, 129巻, 5号, pp. 795-801, 20010501
  230. Remodeling of the major pig xenoantigen by N-acetylglucosaminyltransferase III in transgenic pig., Journal of Biological Chemistry, 276巻, 42号, pp. 39310-39319, 20010802
  231. The possible use of HLA-G1 and G3 in the inhibition of NK cell-mediated swine endothelial cell lysis., Clinical and Experimental Immunology, 126巻, 1号, pp. 165-172, 20011001
  232. Attempts to prepare suitable complement regulatory molecules for clinical xenotransplantation., Journal of Cardiac Surgery, 16巻, 6号, pp. 429-438, 20011101
  233. Production and characterization of transgenic pigs simultaneously expressing human decay-accelerating factor (hDAF) and N-acetylglucosaminyltransferase III (GNT-III), XENOTRANSPLANTATION, 8巻, pp. 84-84, 2001
  234. Synthesis of a New Cre Recombinase Gene Based on Optimal Codon Usage for Mammalian Systems., Journal of Biochemistry, 127巻, 3号, pp. 367-372, 20000301
  235. ★, A surface-bound form of human C1 esterase inhibitor on xenografts: the complement regulatory function., Transplantation, 69巻, 5号, pp. 749-755, 20000315
  236. Effect of the remodeling of a glycoantigen on natural killer cell-mediated direct cytotoxicity., Transplantation Proceedings, 32巻, 5号, pp. 929-930, 20000811
  237. Protection against natural killer-mediated swine endothelial cell lysis by HLA-G and HLA-E., Transplantation Proceedings, 32巻, 5号, pp. 939-940, 20000811
  238. The regulation of natural killer-mediated swine endothelial cell lysis by HLA-G (G1 and G3)., Transplantation Proceedings, 32巻, 7号, pp. 2087-2088, 20001101
  239. A new Cre recombinase gene based on optimal codon usage in mammals: a powerful material for organ-specific gene targeting., Transplantation Proceedings, 32巻, 7号, pp. 2516-2517, 20001101
  240. ★, A surface-bound form of human C1 esterase inhibitor improves xenograft rejection., Transplantation, 69巻, 5号, pp. 749-755, 20000501
  241. 臓器移植のニューステージ 異種移植から細胞移植まで 血清補体制御因子の膜型化による異種移植への応用, 細胞工学, 19巻, 6号, pp. 849-854, 200006
  242. ★, Embryonic silk gland development in Bombyx: molecular cloning and expression of the Bombyx trachealess gene., Development Growth and Differentiation, 209巻, 9号, pp. 507-514, 19990901
  243. Function of human factor H and I on xenosurface., Biochemical and Biophysical Research Communications, 265巻, 2号, pp. 556-562, 19991119
  244. Expression of PI-anchored mini-factor H on porcine endothelial cells: potential use in xenotransplantation, Transplantation Proceedings, 31巻, 7号, pp. 2812-2813, 19991101
  245. ★, Expression pattern analysis of SGF-3/POU-M1 in relation to sericin-1 gene expression in the silk gland., Development Growth and Differentiation, 40巻, 6号, pp. 591-597, 19981201
  246. Spatial and temporal expression pattern of POU-M1/SGF-3 in Bombyx mori embryogenesis., Development Genes and Evolution, 206巻, 8号, pp. 494-502, 19970501
  247. ★, Marine natural products. XXXIV. Trisindoline, a new antibiotic indole trimer, produced by a bacterium of Vibrio sp. separated from the marine sponge Hyrtios altum., Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 42巻, pp. 2449-2451, 19941201
  248. Trichoharzin, A new polyketide produced by the imperfect fungus Trichoderma harzianum separated from the marine sponge Mycale cecilia., Tetrahedron Letters, 34巻, 49号, pp. 7925-7928, 19931203
  249. Phytochemical investigation of Amphilophium paniculatum; an underexploredBignoniaceae species as a source of SARS-CoV-2 M-pro inhibitory metabolites: Isolation, identification, and molecular docking study, SOUTH AFRICAN JOURNAL OF BOTANY, 141巻, pp. 421-430, 202109
  250. Complete Genome Sequence of Actinoplanes sp. Strain L3-i22, Isolated from Soil in Japan, MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS, 10巻, 42号, 202110
  251. Anti-seizure effects of medicinal plants in Malawi on pentylenetetrazole-induced seizures in zebrafish larvae, JOURNAL OF ETHNOPHARMACOLOGY, 284巻, 20220210
  252. Histomorphometric study of ethanolic extract of Graptophyllum pictum (L.) Griff. leaves on croton oil-induced hemorrhoid mice: A Javanese traditional anti-hemorrhoid herb, JOURNAL OF ETHNOPHARMACOLOGY, 284巻, 20220210
  253. Gastroprotective effect of n-butanol fractions from Lumnitzera racemosa leaves against indomethacin induced ulcer in Wistar rats, INDIAN JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY, 59巻, 11号, pp. 785-790, 202111
  254. A study of the mechanisms responsible for the action of new immunosuppressants and their effects on rat small intestinal transplantation, TRANSPLANT IMMUNOLOGY, 70巻, 202202
  255. Ellagitannins and simple phenolics from the halophytic plantTamarix nilotica, NATURAL PRODUCT RESEARCH, 36巻, 1号, pp. 177-185, 20211222
  256. Carissa macrocarpa Leaves Polar Fraction Ameliorates Doxorubicin-Induced Neurotoxicity in Rats via Downregulating the Oxidative Stress and Inflammatory Markers, PHARMACEUTICALS, 14巻, 12号, 202112
  257. Insight into Analysis of Essential Oil from Anisosciadium lanatum Boiss.-Chemical Composition, Molecular Docking, and Mitigation of Hepg2 Cancer Cells through Apoptotic Markers, PLANTS-BASEL, 11巻, 1号, 202201

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Gichipより得られた土壌微生物の代謝産物解析, 石飛 皓輝、柴田 悠斗、山野 喜、小川 順也、杉本 幸子、松浪 勝義, 第61回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島
  2. モクタチバナArdisia sieboldii に含まれる新規ベンゾキノン誘導体, 城田 結香、山野 喜、杉本 幸子、川上 晋、大塚 英昭、松浪 勝義, 第61回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島
  3. ゴンズイ Euscaphis japonica(Thunb. )Kanitzの新規配糖体, 波多野 太一、山野 喜、杉本 幸子、大塚 英昭、松浪 勝義, 第61回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島
  4. ヤエヤマヒルギ (Rhizophora stylosa Griff.) の成分研究, 枡野 伊玖子、山野 喜、杉本 幸子、大塚 英昭、松浪 勝義, 第61回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島
  5. 沖縄県産植物モクビャッコウ(Crossostephium chinense)が有する活性成分の探索, 王 志超、Abel Chitama Ben-Yeddy、菅沼 啓輔、山野 喜、川上 晋、杉本 幸子、金子 修、大塚 英昭、松浪 勝義, 第61回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島
  6. コショウ地上部より得られた新規メガスティグマン配糖体, 瀬下 愛梨、川上 晋、稲垣 昌宣、西村 基弘、松浪 勝義、大塚 英昭, 第61回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2022年11月05日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会, 広島
  7. マダガスカル固有植物 Omphalea oppositifolia より得られた新規 ent-Rosane Diterpenes, 川上 晋, RAKOTONDRAIBE Liva Harinantenaina,稲垣昌宣, 西村基弘, 松浪勝義, 大塚英昭, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 松山
  8. グミモドキより得られた新規rearranged trinor-crotofolane diterpenoidの絶対立体配置の決定, 川上 晋、稲垣 昌宣、西村 基弘、松浪 勝義、大塚 英昭、根平 達夫, 日本薬学会第142年会, 2022年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 名古屋
  9. シャクヤクの筒栽培研究(1), 杉本 幸子、藤田 浩基、山野 喜、松浪 勝義、吉岡 達文, 日本薬学会第142年会, 2022年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 名古屋
  10. 中国産フサスギナ(Equisetum sylvaticum: 林問荊)の成分研究, 王 志超, ⽥ 宇森, 杉本幸⼦, ⼭野 喜, 川上 晋, ⼤塚英昭, 松浪勝義, 日本生薬学会第68年会, 2022年09月10日, 通常, 日本語
  11. ヤドリフカノキ(Schefflera arboricola)のルパン型トリテルペンを中⼼とした⽣物活性成分の探索研究, ⼩川順也, 王 志超, ⽯⾶皓輝, ⼭野 喜, 杉本幸⼦, 川上 晋, ⼤塚英昭, 松浪勝義, 日本生薬学会第68回年会, 2022年09月10日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 松山
  12. ケナガエサカキから得られた新規アルキルシクロペンテノン配糖体の構造決定, 川上 晋,阪井史歩,稲垣昌宣,西村基弘,杉本幸子,山野 喜,松浪勝義,大塚英昭, 日本生薬学会 第 67 回年会 東京 2021, 2021年09月19日, 通常, 日本語
  13. New ent-Rosane Type Diterpenoids from Madagascar Endemic Plant: Omphalea oppositifolia, Kawakami, S., Kanagawa, C., Rakotondraibe, L. H., Inagaki, M., Nishimura, M., Matsunami, K., Otsuka, H., Seyama, T., Rakotoarisoa, M., Rakotonandrasana, S.R., Ratsimbason, M., The 11th JSP - CSP – KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2021年09月18日, 通常, 英語
  14. 菊花 (Chrysanthemum indicum Linne) からのNrf2活性化合物の探索, 木下 ももこ、杉本 幸子、山野 喜、小谷 仁司、大塚 英昭、松浪 勝義, 日本薬学会第140年会, 2020年03月27日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 京都
  15. マダガスカル固有種Croton属植物の成分研究, 川上 晋、大里 麻衣、田中 智紗子、稲垣 昌宣、西村 基弘、松浪 勝義、大塚 英昭, 日本薬学会第140年会, 2020年03月26日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 京都
  16. Lasianosides A-E: Five new iridoids from the aerial parts of Lasianthus verticillatus, Gadah Al-Hamoud, Raha Saud Orfali, Shagufta Perveen, Kenta Mizuno, Yoshio Takeda, Tetsuo Nehira, Kazuma Masuda, Sachiko Sugimoto, Yoshi Yamano, Hideaki Otsuka, Katsuyoshi Matsunami, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月09日, 通常, 英語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 香川
  17. New Flavonoids Isolated from Saudi plant, Cadaba rotundifolia Forssk. (Qadab), Gadah Abdulaziz Al-Hamoud, Raha Saud Orfali, Sachiko Sugimoto, Yoshi Yamano, Nafee Alothyqi, Ali Mohammed Alzahrani and Katsuyoshi Matsunami, 日本生薬学会第66回年会, 2019年09月22日, 通常, 英語, 日本生薬学会, 東京
  18. リュウキュウガキ葉部より得られた新規メガスティグマン 2 種およびトリテルペン配糖体の酵素加水分解誘導体, 川上晋 ,稲垣昌宣 ,西村基弘 ,松浪勝義 ,大塚英昭, 日本生薬学会第66回年会, 2019年09月22日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 東京
  19. トランスジェニック線虫を用いたアルツハイマー病治療薬候補化合物の探索, 山野喜,権藤一哉, 杉本幸子, 松浪勝義, 日本生薬学会第66回年会, 2019年09月22日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 東京
  20. マダガスカルの固有種 Croton jennyanus の成分探索, 川上 晋, 稲垣 昌宣, 西村 基弘, 松浪 勝義, 大塚 英昭, 日本薬学会第139年会, 2019年03月20日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 千葉
  21. 沖縄県産植物ヒイラギズイナ (Itea oldhamii ) のがん細胞増殖抑制活性成分の探索, 網本 久美子, 長島 佳純, 山野 喜, 杉本 幸子, 山口 卓朗, 大塚 英昭, 松浪 勝義, 日本薬学会第139年会, 2019年03月20日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 千葉
  22. マダガスカル産植物 Distephanus trinervis 葉部の成 分研究, 末田 正太, Harinantenaina LIVA, 杉本 幸子, 山野 喜, 大塚 英昭, Claudine Aimee RASOLOHERY, Marcelle RAKOTOVAO, Heriniaina RANDRIAMAMPIONONA RAZAFINDRAKOTO, Saholinirina Marie Hortensia RANDRIANARIVO, 松浪 勝義, 日本薬学会第139年会, 2019年03月20日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 千葉
  23. フシグロ(Silene firma)地上部の成分探索, Nguyen Hoang Uyen, 杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会第65回年会, 2018年09月16日, 通常, 日本語
  24. リュウキュウガキ葉部より得られたent-カウランジテルペンと細胞毒性, 野辺彩香, 西田祥子、川上晋、西村基弘、稲垣昌宣、松浪勝義、大塚英昭、兵頭直、山口健太郎, 日本生薬学会第65回年会, 2018年09月16日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 広島
  25. マダガスカル固有種Croton属植物の成分探索, 北尾梨帆, 古川紗帆、川上晋、西村基弘、稲垣昌宣、松浪勝義、大塚英昭, 日本生薬学会第65回年会, 2018年09月16日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 広島
  26. Chemical Conversion of Alpinia galangal (L.), Melanny Ika Sulistyowaty, Yoshi Yamano, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, The 65th Annual Meeting of the Japanese Society of Pharmacognosy, 2018年09月16日, 通常, 英語, Hiroshima
  27. 病原微生物代謝産物の探索, 尾崎葵, 山野喜、杉本幸子、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会第65回年会, 2018年09月16日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 広島
  28. 「非天然型」天然物を対象としたシード化合物の探索, 山口卓朗, 山野喜、杉本幸子、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会第65年会, 2018年09月16日, 通常, 日本語
  29. A practical strategy to pancreatic cancer immunotherapy using resected human tumor lysate vaccines remodeled to express α-gal epitopes, Masahiro Tanemura, Kenta Furukawa, Eiji Miyoshi, Hidetoshi Eguchi, Hiroaki Nagano, Katsuyoshi Matsunami, Satoshi Nagaoka, Manabu Mikamori, Kentaro Kishi, Hiroki Akamatsu, Masaki Mori and Yuichiro Doki, American Association for Cancer Research Annual Meeting 2018, 2018年04月14日, 通常, 英語, American Association for Cancer Research, Chicago, IL
  30. Onopordum alexandrinum地上部から得られた新規セスキテルペンアルカロイドの構造, 杉本幸子, 山野喜、Wanas Amira、片川和明、Desoukey Samar Yehia、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会第138年会, 2018年03月25日, 通常, 日本語
  31. リュウキュウガキ葉部の成分研究(5), 川上晋, 野辺彩香、西村基弘、稲垣昌宣、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会第138年会, 2018年03月25日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 金沢
  32. ハシカンボク(Bredia hirsute)地上部の抗Leishmania活性を指標とした成分探索, 尾崎葵, 杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会第138年会, 2018年03月25日, 通常, 日本語
  33. Okinawan Subtropical Plants as an important resource for novel phytochemicals, Katsuyoshi Matsunami, International Conference on Natural Product and Bioresource Sciences, 2017年10月23日, 招待, 英語, Jakarta, Indonesia
  34. Mystroxylon aethiopicum葉部の成分探索, 杉本幸子, 長島佳純,山野喜,Liva Harinantenaina Rakotondraibe,大塚英昭,松浪勝義, 日本生薬学会第64回年会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 千葉
  35. リュウキュウガキ葉部の成分研究 (4), 川上晋, 野辺彩香、西村基弘、稲垣昌宣、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会第64回年会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 千葉
  36. 漢方薬の安全性向上におけるZebrafish毒性試験の有効性評価, 三角知子, 新田彩香、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会第64回年会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 千葉
  37. 茯苓由来抗肥満活性物質の単離とメカニズム解析, 山野喜, 志賀もえみ,杉本幸子,細井徹,小澤光一郎,松浪勝義, 日本生薬学会第64回年会, 2017年09月09日, 通常, 日本語, 千葉
  38. Artabotrys siamensis葉部より単離した新規カロラン型セスキテルペン, 栁田容瑠, 杉本幸子,山野喜,大塚英昭,松浪勝義, 第137年会日本薬学会, 2017年03月24日, 通常, 日本語, 仙台
  39. ヤブムラサキ(Callicarpa mollis)葉部からの新規化合物及び抗Leishmania活性成分の探索, 山口卓朗, 山野喜,杉本幸子,大塚英昭,松浪勝義, 第137年会日本薬学会, 2017年03月24日, 通常, 日本語, 仙台
  40. ミツバウツギ(Staphylea bumalda DC.)葉部の機能性成分についての研究, 宮崎友里、山野幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 岡山
  41. リュウキュウガキから得られたent-kaurane配糖体, 川上晋, 稲垣昌宣、大塚英昭、松浪勝義, 第55回日本薬学会中国四国支部学術大会, 2016年11月05日, 通常, 日本語, 岡山
  42. 茯苓由来抗肥満活性物質の探索, 志賀もえみ、山野喜、山野幸子、松浪勝義, 日本生薬学会 第63回年会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 富山
  43. Absolute stereochemistry of rearranged megastigmane glycoside from Chorisia chodatii leaves, Mamdouh Nabil Samy, John Refaat Fahim, Hideaki Otsuka, Mohamed Salah Kamel, Katsuyoshi Matsunami, 日本生薬学会 第63回年会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 富山
  44. Polyscias balfouriana葉部の成分研究, 杉本幸子、山野喜、Hany Ezzat Khalil、Mohamed Salah Kamel、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会 第63回年会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 富山
  45. リュウキュウガキ葉部の成分研究(3), 川上晋、稲垣昌宣、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会 第63回年会, 2016年09月24日, 通常, 日本語, 富山
  46. Study of Diterpenoids: Phorbols, Crotofolanes from Croton cascarilloides, Susumu Kawakami, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, The 9th CSP-KSP-JSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2016年05月29日, 通常, 英語, Shanghai, China
  47. ダンギク(Caryopteris incana)地上部からの抗Leishmania活性成分の探索, 馬場翔太郎、宮崎友里、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会 第136年会, 2016年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  48. Phos-tag SDS PAGEを用いたリン酸化阻害物質の探索, 曽根雄太郎、山野喜、志賀もえみ、杉本幸子、木下英司、木下恵美子、小池透、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会 第136年会, 2016年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  49. ケナガエサカキ葉部由来の新規配糖体, 阪井史歩、杉本幸子、山野喜、川上晋、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会 第136年会, 2016年03月26日, 通常, 日本語
  50. リュウキュウガキ葉部の成分研究(2), 川上晋, 稲垣昌宣, 大塚英昭, 武田美雄, 松浪勝義, 日本薬学会 第136年会, 2016年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  51. Bioactive Compounds From the Leaves of Lumnitzera racemosa Against Acetaminophen-induced Liver Damage In Vitro., Ahmed Gomaa Darwish, Mamdouh Nabil Samy, Sachiko Sugimoto, Hideaki Otsuka, Hosni Abdel-Salam, Mohammady Abdel-Hamid Issa, Emad Sabry Shaker, Katsuyoshi Matsunami, The 12th International Conference Desert Technology (DT 12), 2015年11月16日, 通常, 英語, Cairo, Egypt
  52. オオシマコバンノキ(Breynia officinalis)葉部の成分研究, 佐々木彩乃、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 高知
  53. イヌホオズキ(Solanum nigrum)の成分研究, 松本雄大、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月31日, 通常, 日本語, 高知
  54. ハドノキ葉部からの抗Leishmania活性成分の探索, 落葉尚子、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 第6回 食品薬学シンポジウム, 2015年10月30日, 通常, 日本語
  55. 沖縄産Peperomia japonica由来の抗線虫物質の探索, 長島佳純、山野喜、杉本幸子、石渡賢治、嘉糠洋陸、松浪勝義, 日本生薬学会 第62回年会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  56. ハドノキ由来ジテルペン環化酵素のクローニング, 落葉尚子、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会 第62回年会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  57. Two new megastigmane glycosides from Chorisia chodatii leaves, Mamdouh Nabil Samy, John Refaat, Sachiko Sugimoto, Hideaki Otsuka, Mohamed Salah Kamel, Katsuyoshi Matsunami, 日本生薬学会 第62回年会, 2015年09月11日, 通常, 英語
  58. リュウキュウガキ葉部の成分研究, 川上晋、稲垣昌宣、大塚英昭、武田美雄、松浪勝義, 日本生薬学会 第62回年会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  59. タイ産ヒメモダマ(Entada rheedei Sprengel)種子の成分研究(5), 杉本幸子、山野喜、松浪勝義、大塚英昭, 日本生薬学会 第62回年会, 2015年09月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  60. New Methyl Threonolactones and Pyroglutamates of Spilanthes acmella, Retno Widyowati, Sachiko Sugimoto, Yoshi Yamano, Hideaki Otsuka, Katsuyoshi Matsunami, The Inaugural Symposium of the Phytochemical Society of Asia (ISPSA2015), 2015年08月30日, 通常, 英語
  61. ケナガエサカキ由来の新規ジテルペン配糖体, 阪井史歩、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会 第135年会, 2015年03月25日, 通常, 日本語, 神戸
  62. 沖縄産ヒルギカズラ葉部の光毒性抑制成分の研究, 寺道望美、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会 第135年会, 2015年03月25日, 通常, 日本語, 神戸
  63. ツボクサCentella asiaticaの活性成分, 太田涼介、杉本幸子、手嶋世里加、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本薬学会 第135年会, 2015年03月25日, 通常, 日本語, 神戸
  64. Hepatoprotective activity of isolated compounds from Lumnitzera racemosa, Ahmed Darwish, Mamdouh Samy, 杉本幸子、山野喜、大塚英昭、Hosni Abdel-Salam, 松浪勝義, 日本薬学会 第135年会, 2015年03月25日, 通常, 英語, 神戸
  65. リョウブ葉部の新規セスキテルペン配糖体の構造決定, 杉本 幸子, 松浪 勝義, 大塚 英昭, , 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 広島
  66. エジプト産Amphilophium paniculatum由来の新規トリテルペン配糖体, Samy Mamdouh, Khalil Hany, 杉本幸子, 山野喜, 松浪勝義, 大塚英昭, Kamel Mohamed, 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月08日, 通常, 日本語, 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部, 広島
  67. NEW FLAVONOID GLYCOSIDES FROM LINARIA JAPONICA , Retno Widyowati, Sachiko Sugimoto, Yoshi Yamano, Hideaki Otsuka, Katsuyoshi Matsunami , 第8回日中韓生薬学合同シンポジウム, 2014年09月13日, 通常, 英語, The Japanese Society of Pharmacognosy, Chinese Committee of Traditional Chinese Natural Medicines, and The Korean Society of Pharmacognosy, Fukuoka
  68. Anti-oxidative compounds from the leaves of Syzygium samarangense, Mamdouh Nabil Samy, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami,Hideaki Otsuka, Mohamed Salah Kamel, 第9回日中韓生薬学合同シンポジウム, 2014年09月13日, 通常, 英語, The Japanese Society of Pharmacognosy, Chinese Committee of Traditional Chinese Natural Medicines, and The Korean Society of Pharmacognosy, Fukuoka
  69. ツルリンドウTripterospermum japonicum地上部の成分研究, 脇本恵、杉本幸子、山野喜、大塚英昭、松浪勝義, 日本生薬学会 第61回年会, 2014年09月13日, 通常, 日本語, 福岡
  70. ハマザクロ(Sonneratia alba J.Smith)葉部の成分研究, 勝谷和馬, 杉本幸子, 山野喜, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第134年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 熊本
  71. モクレイシ(Microtropis japonica Hallier f.)葉部の成分研究(5), 寺澤沙織, 杉本幸子, 山野喜, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第134年会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 熊本
  72. New Diterpenes from Linaria japonica New Diterpenes from Linaria japonica, WIDYOWATI Retno, SUGIMOTO Sachiko, YAMANO Yoshi, OTSUKA Hideaki, MATSUNAMI Katsuyoshi, 日本薬学会 第134年会, 2014年03月27日, 通常, 英語, 熊本
  73. カラスザンショウ葉部の成分研究(2), 手嶋世里加、山下ユキコ、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第60回年会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 北海道
  74. アオバノキ葉部の成分研究(3), 大山展弘、蔡文湖、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第60回年会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 北海道
  75. ナツツバキ材部に含まれる新規フェノール性化合物, 辻山有希、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第60回年会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 北海道
  76. ナンバンアワブキ葉部の成分研究(3), 上村有加、岩見美緒、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第60回年会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 北海道
  77. ハドノキ葉部の成分研究, 落葉尚子、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第60回年会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 北海道
  78. Ixora undulataの成分探索研究, 杉本幸子、Amira Samir Wanas、水田勉、松浪勝義、大塚英昭, 日本生薬学会 第60回年会, 2013年09月07日, 通常, 日本語, 北海道
  79. モクレイシ(Microtropis japonica Hallier f.)葉部の成分研究(4), 寺澤沙織, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第133年会, 2013年03月27日, 通常, 日本語, 横浜
  80. ナンバンアワブキ葉部の成分研究(2), 上村有加, 岩見美緒, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第133年会, 2013年03月27日, 通常, 日本語, 横浜
  81. 沖縄産植物シシアクチ(Ardisia quinquegona)葉部の成分探索, 浅海慎太郎, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第133年会, 2013年03月27日, 通常, 日本語, 横浜
  82. ケナガエサカキ葉部の成分研究, 菅隆暢、川口司、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第51回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2012年11月10日, 通常, 日本語, 島根
  83. インドネシア産海綿由来の新規scalarane型セスタテルペンおよび抗リーシュマニア活性, 浅海慎太郎、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、小林資正, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  84. ヤンバルアワブキ葉部の成分研究(2), 上村有加、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  85. アカギモドキ葉部の新規配糖体, 山田理恵、豊田恵子、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  86. シロミミズ葉部に含まれる新規ジテルペン, 辻山有希、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  87. アオバノキ葉部の成分研究(2), 大山展弘、蔡文湖、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  88. ウラジロカンコノキからの新規配糖体の単離, 山下ユキコ、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  89. タイ産ヒメモダマ(Entada rheedei Sprengel)種子の成分研究(4), 杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭, 日本生薬学会 第59回年会, 2012年09月17日, 通常, 日本語, 千葉
  90. Natural Products Research on Okinawan Subtropical Plants, 松浪 勝義, The 7th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium, 2012年08月24日, 招待, 英語, KSP-JSP-CCTCNM, 韓国
  91. Crotofolanes, Rare Diterpenoids from Croton cascarilloides, Susumu Kawakami, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, The 7th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pharmacognosy, 2012年08月24日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  92. Chemical Constituents from the Leaves of Microtropis japonica, Saori Terazawa, Yuka Koyama, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 7th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pharmacognosy, 2012年08月24日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  93. Chemical Constituents from the Leaves of Meliosma pinnata ssp. Arnottiana, Yuka Uemura, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 7th KSP-JSP-CCTCNM Joint Symposium on Pharmacognosy, 2012年08月24日, 通常, 英語, Seoul, Korea
  94. コガネノウゼン葉部からの新規化合物の単離, 高橋伸治, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  95. グミモドキより得た稀な構造のジテルペン類およびその生理活性, 川上晋, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  96. マツバウンランの成分研究, 今津晃宏, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  97. ヤンバルアワブキ葉部の成分研究, 上村有加, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  98. ハマナデシコ(Dianthus japonicus)全草の成分研究, 金平有華, 中野隆弘, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  99. カラスザンショウ葉部の成分研究, 手嶋世里加, 山下ユキコ, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  100. モクレイシ(Microtropis japonica Hallier f.)葉部の成分研究(3), 寺澤沙織, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  101. アオバノキ(Symplocos cochinchinensis)葉部の成分研究, 大山展弘, 蔡文湖, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  102. ボロボロノキ材部の成分研究, 浮田昂季, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  103. リョウブ(Clethra barbinervis)葉部の成分研究, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  104. イランイランノキ(Cananga odorata var.odorata)の新規リグナン誘導体研究, 勝井美果, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  105. シナモスマ・フラグランスより得られた新規drimane型セスキテルペン, 野本裕也, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  106. シシアクチ葉部からの新規ベンゾキノン誘導体を中心とした成分研究(2), 浅海慎太郎, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第132年会, 2012年03月28日, 通常, 日本語, 札幌
  107. 1H-NMR BASED METABONOMIC APPROACH FOR INVESTIGATING EFFECTS OF DEITS AND CYP INDUCERS, SAKO Hanaka, SUGIHARA Kazumi, ARAI Miyuki, SNOH Seigo, KITAMURA Shigeyuki, MATSUNAMI Katsuyoshi, OHTA Shigeru, 日本薬物動態学会 第26回年会, 2011年11月16日, 通常, 日本語, 広島
  108. Acylated glucosides of the stems of Microtropis japonica, Yuka Uemura, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 6th CCTCNM-KSP-JSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2011年10月20日, 通常, 英語, Shenyang
  109. Chemical constituents from the leaves of Microtropis japonica, Saori Terazawa, Yuka Koyama, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi, The 6th CCTCNM-KSP-JSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2011年10月20日, 通常, 英語, Shenyang
  110. Medicinal plants of Thailand. Constituents in the seed kernels of Entada rheedei, Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, The 6th CCTCNM-KSP-JSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2011年10月20日, 通常, 英語
  111. Novel diterpenoids from Croton cascarilloides, Susumu Kawakami, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 6th CCTCNM-KSP-JSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2011年10月20日, 通常, 英語
  112. モクレイシ材部より単離した新規アシル化配糖体の構造解析, 上村有加,杉本幸子,松浪勝義,大塚英昭,武田美雄,川幡正俊,山口健太郎, 第58回年会 日本生薬学会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 日本生薬学会, 東京
  113. ニンニク処理による圧力酵素法の優位性評価, 山下ユキコ、石橋有希、佐伯憲治、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  114. モクレイシ葉部の成分研究(2), 寺澤沙織、上村有加、小山裕加、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  115. 沖縄産植物由来の新規有用化合物探索研究, 松浪勝義, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  116. グミモドキより得た稀な構造のジテルペン, 川上晋、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄、川幡正俊、山口健太郎, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  117. モクレイシ材部より単離した新規アシル化配糖体の構造解析, 上村有加、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄、川幡正俊、山口健太郎, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  118. シマニシキソウ(Euphorbia hirta)全草の成分研究, 野本裕也、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  119. シシアクチからの新規ベンゾフェノン誘導体を中心とした成分研究, 浅海慎太郎、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  120. タイ産ヒメモダマ(Entada rheedei Sprengel)種子の成分研究(3), 杉本幸子、山下ユキコ、松浪勝義, 大塚英昭, 日本生薬学会 第58回年会, 2011年09月24日, 通常, 日本語, 東京
  121. ラット腎移植急性拒絶反応モデルにおいてCCR5/CXCR3 antagonistはT細胞およびマクロファージのrecruitmentを抑制する, 角田洋一, 奥見雅由, 蔦原宏一, 阿部豊文, 矢澤浩治, 松浪勝義, 宮川周士, 貝森淳哉, 高原史郎, 野々村祝夫, 第99回日本泌尿器科学会総会, 2011年04月21日, 通常, 日本語, 名古屋
  122. CCR5/CXCR3 antagonistのラット腎阻血再灌流障害モデルにおける腎障害抑制効果, 蔦原宏一, 奥見雅由, 角田洋一, 阿部豊文, 矢澤浩治, 松浪勝義, 宮川周士, 貝森淳哉, 高原史郎, 野々村祝夫, 第99回 日本泌尿器科学会総会, 2011年04月21日, 通常, 日本語, 名古屋
  123. モクレイシ葉部の成分研究, 寺澤沙織,上村有加,小山裕加,杉本幸子,松浪勝義,大塚英昭,武田美雄, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 日本薬学会, 静岡
  124. Dillenia philippinensis葉部の新規機能性成分探索, MACAHIG Rene Angelo, MATSUNAMI Katsuyoshi, OTSUKA Hideaki, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  125. タイ産植物Croton oblongifolius葉部から得た新規メガスティグマン配糖体, 竹重勇哉, 川上晋, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, LHIEOCHAIPHANT Sorasak, LHIEOCHAIPHANT Duangporn, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  126. コガネノウゼンの成分研究, 高橋伸治, 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  127. アワダンMelicope triphyllaの成分研究, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  128. タイ産ヒメモダマEntada rheedei Sprengel種子の成分研究(2), 杉本幸子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第131年会, 2011年03月28日, 通常, 日本語, 静岡
  129. Labdane-type diterpene glucosides and acylated glucosides of Microtropis Japonica, Yuka Uemura, Yuka Koyama, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 9th NRCT-JSPS Joint Seminar, 2010年12月08日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  130. New crotofolane-type diterpenoids from Croton cascarilloides Rauschel, Susumu Kawakami, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 9th NRCT-JSPS Joint Seminar, 2010年12月08日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  131. Sulfated glucosides from the leaves of Tricalysia dubia, Hideaki Otsuka, Junko Shitamoto, Katsuyoshi Matsunami, Yoshio Takeda, The 9th NRCT-JSPS Joint Seminar, 2010年12月08日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  132. Structures of Rheedeiosides A-D, and cis-entadamide A beta-D-glucopyranoside from the seed kernels of Entada rheedei Spreng., Sachiko Sugimoto, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, The 9th NRCT-JSPS Joint Seminar, 2010年12月08日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  133. Absolute stereochemistry of megastigmane glucosides from Macaranga tanarius, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 9th NRCT-JSPS Joint Seminar, 2010年12月08日, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  134. トゲバンレイシ含有tetrahydroisoquinoline誘導体の神経細胞毒性, 松重彩乃、古武弥一郎、河野幸太、佐溝茂良、松浪勝義、大塚英昭、太田茂, 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  135. Icariside B5の絶対立体配置の再検討, 松浪勝義、大塚英昭、武田美雄、宮瀬敏男, 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  136. ギイマからの新規脂肪族アルコール配糖体の単離, 山田早穂、山下ユキコ、杉本幸子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  137. マダガスカル産植物Cinnamosma fragransの成分探索, 野本裕也、Liva Harinantenaina、松浪勝義、杉本幸子、大塚英昭, 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  138. タイ産植物Croton longissimusの成分研究, 川上晋、松浪勝義、大塚英昭、Duangporn Lhieochaiphant、Sorasak Lhieochaiphant, 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  139. ナンバンアワブキ葉部の成分研究, 岩見美緒、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 鳥取
  140. EFFECTS OF DIETS ON HEPATIC GENE EXPRESSION AND METABOLIC PROFILES OF URINE IN MICE, SAKO Hanaka, SUGIHARA Kazumi, ARAI Miyuki, SANOH Seigo, KITAMURA Shigeyuki, MATSUNAMI Katsuyoshi, OHTA Shigeru, 日本薬物動態学会 第25回年会, 2010年10月07日, 通常, 日本語, 埼玉
  141. モクレイシ材部の成分研究, 上村有加、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第57回年会, 2010年09月24日, 通常, 日本語, 徳島
  142. シノブノキからの新規フェノール性配糖体の単離, 山下ユキコ、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第57回年会, 2010年09月24日, 通常, 日本語, 徳島
  143. ハマナデシコ(Dianthus japonicus)全草の新規配糖体成分研究, 中野隆弘、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭, 日本生薬学会 第57回年会, 2010年09月24日, 通常, 日本語, 徳島
  144. グミモドキ材部より得た新規骨格ジテルペン, 川上晋、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第57回年会, 2010年09月24日, 通常, 日本語, 徳島
  145. トゲバンレイシ葉部の成分研究, 松重彩乃、松浪勝義, 古武弥一郎、大塚英昭、太田茂、武田美雄, 日本生薬学会 第57回年会, 2010年09月24日, 通常, 日本語, 徳島
  146. タイ産ヒメモダマ(Entada rheedei Spreng)種子の成分研究, 杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭, 日本生薬学会 第57回年会, 2010年09月24日, 通常, 日本語, 徳島
  147. Nor-crotofolanes from Croton cascarilloides, Susumu Kawakami, Katsuyoshi Matsunami, Hideaki Otsuka, Yoshio Takeda, The 5th JSP-CCTNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 2010年09月24日, 通常, 英語, Tokushima
  148. クロマトグラフィーを駆使した天然物化学―沖縄亜熱帯植物を中心とした化学成分研究, 松浪 勝義, 第17回クロマトグラフィーシンポジウム, 2010年06月03日, 招待, 日本語, クロマトグラフィー科学会, 広島
  149. クロマトグラフィーを駆使した天然物化学―沖縄亜熱帯植物を中心とした化学成分研究―, 松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第17回クロマトグラフィーシンポジウム, 2010年06月03日, 通常, 日本語, 広島
  150. 新規メガスティグマン配糖体の絶対立体構造解析を中心としたアフリカタヌキマメの成分研究, 下本順子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語
  151. アカギモドキ葉部の成分研究, 豊田恵子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語
  152. グミモドキ材部より得た新規骨格ノルジテルペン, 川上晋, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 川幡正俊, 山口健太郎, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  153. トゲバンレイシ葉部に含まれるアルカロイド成分の探索研究, 松重彩乃, 松浪勝義, 古武弥一郎, 太田茂, 大塚英昭, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  154. マウス尿代謝物の‐NMRメタボローム解析による食餌影響調査, 佐光華佳, 杉原数美, 荒井美幸, 佐能正剛, 北村繁幸, 松浪勝義, 太田茂, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  155. ハナチョウジ地上部の成分研究, 越智まどか, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  156. インドのインディアンサルサパリラの根の成分研究, 趙志敏, 松浪勝義, 大塚英昭, NEGI Devendra S., 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  157. Blumenol C glucosideおよびbyzantionoside Bの絶対配置の再検討, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  158. ボロボロノキ葉部の成分研究, 坪井美子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  159. マダガスカル産モダマの成分研究, 岩本義弘, HARINANTENAINA Liva, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第130年会, 2010年03月28日, 通常, 日本語, 岡山
  160. COMPARISON OF EFFECT OF DIETS ON METABOLITE PROFILES IN MOUSE URINE USING 1H-NMR SPECTROSCOPY, SAKO Hanaka, SUGIHARA Kazumi, ARAI Miyuki, SANOH Seigo, KITAMURA Shigeyuki, MATSUNAMI Katsuyoshi, OHTA Shigeru, 第24回 日本薬物動態学会年会, 2009年11月27日, 通常, 日本語, 京都
  161. 沖縄亜熱帯植物由来の新規有用化合物探索研究, 松浪 勝義, 第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月07日, 招待, 日本語, 徳島
  162. グミモドキ葉部の新規ジテルペン, 川上晋、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語, 京都
  163. イランイランノキ(Cananga odorata Hooker f. & Thomson var. odorata)の新規配糖体成分, 永島次郎、杉本幸子、松浪勝義, 大塚英昭、Duangporn Lhieochaiphant、Sorasak Lhieochaiphant, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語
  164. ヤドリフカノキの化学成分研究, 趙志敏、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語, 京都
  165. モクレイシ材部及び葉部の成分研究, 上村有加、小山裕加、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語, 京都
  166. 沖縄亜熱帯植物天然物化学の立場から, 松浪勝義, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語, 京都
  167. 沖縄産植物シロミミズから単離した配糖体の硫酸エステルの構造, 下本順子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語, 京都
  168. シノブノキのフェノール性配糖体成分, 山下ユキコ、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第56回年会, 2009年10月03日, 通常, 日本語, 京都
  169. ミツバウツギ葉部の新規配糖体成分, 松浪勝義, 于倩, 大塚英昭, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  170. イランイランノキ葉部の配糖体成分, 永島次郎, 松浪勝義, 大塚英昭, LHIEOCHAIPHANT Duangporn, LHIEOCHAIPHANT Sorasak, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  171. リュウキュウコマツナギより単離された新規フラボノイド配糖体, 久枝彩, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田義雄, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  172. 沖縄産植物アオバノキ葉部の成分研究, 蔡文湖, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  173. グミモドキ葉部より単離した新規メガスティグマン配糖体(2), 川上晋, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  174. モクレイシ葉部より単離した新規ジテルペン配糖体, 小山裕加, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  175. V‐ATPase阻害剤によるテロメラーゼhTERT転写抑制メカニズムの解析, 小島安由里, 松浪勝義, 平田真治, 嶋本顕, 大塚英昭, 田原栄俊, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  176. アフリカタヌキマメより単離した新規メガスティグマン配糖体, 下本順子, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第129年会, 2009年03月26日, 通常, 日本語, 京都
  177. ナンバンアワブキ葉部の配糖体成分, 岩見美緒、川上晋、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄、川幡正俊、山口健太郎, 第47回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2008年11月08日, 通常, 日本語, 岡山
  178. Chemical and Biological Active Constituents from Pteris cretica (Pteridaceae), Liva Harinantenaina、松浪勝義, 大塚英昭, 日本生薬学会 第55回年会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 長崎
  179. グミモドキ材より単離した新規ジテルペンの構造決定, 川上晋、豊田博規、Liva Harinantenaina、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄、川幡正俊、山口健太郎, 日本生薬学会 第55回年会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 長崎
  180. ハマセンダン葉部の成分研究, 小山裕加、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第55回年会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 長崎
  181. New Secoiridoids from Fraxinus griffithii, Macahig Rene Angelo、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第55回年会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 長崎
  182. シノブノキのフェノール性配糖体成分, 山下ユキコ、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄、服部征雄, 日本生薬学会 第55回年会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 長崎
  183. タイミンタチバナ実の成分研究, 松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第55回年会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 長崎
  184. Plasminogen activator inhibiyor type 2によるNK細胞制御の試み, 徐恒傑、松浪勝義、趙玉、石丸藍子、サビエル フルダウス、高間勇一、上野豪久、福澤正洋、宮川周士, 第44回 日本移植学会総会, 2008年09月19日, 通常, 日本語, 大阪
  185. オオバギMacaranga tanarius葉部の成分研究(3), 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  186. グミモドキより単離した新規メガスティグマン配糖体, 川上晋, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  187. テロメラーゼ誘導化合物スクリーニング系の構築, 池田敏郎, 上口有美, 松浪勝義, 野上理衣, 嶋本顕, 大塚英昭, 田原栄俊, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  188. テンダイウヤクに含有される化学成分の研究, 隅岡瞳, HARINANTENAINA Liva, 末吉恵津子, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  189. 天然物由来テロメア標的抗がん剤の開発, 小島安由里, 松浪勝義, 平田真治, 嶋本顕, 大塚英昭, 田原栄俊, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  190. アガリクスの成分研究(第2報), 上口有美, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  191. Chemical constituents of Pteris multifida and their biological activities Chemical constituents of Pteris multifida and their biological activities, HARINANTENAINA Liva, MATSUNAMI Katsuyoshi, OTSUKA Hideaki, 日本薬学会 第128年会, 2008年03月26日, 通常, 日本語, 横浜
  192. 点変異導入による発現性変化の解析と高発現HLA‐Eの作製, 松浪勝義、徐恒傑、小林千鶴子、石丸藍子、福澤正洋、宮川周士, 第43回 日本移植学会総会, 2007年11月22日, 通常, 日本語, 仙台
  193. ミツバウツギのフェノール性配糖体成分, 末吉恵津子、于倩、松浪勝義、大塚英昭, 日本生薬学会 第54回年会, 2007年09月14日, 通常, 日本語, 名古屋
  194. alpha-Glucosidase and aldose reductase inhibitory proprieties of Cinnamosma secondary metabolites, Liva Harinantenaina、松浪勝義, 大塚英昭、淺川義範, 日本生薬学会 第54回年会, 2007年09月14日, 通常, 日本語, 名古屋
  195. Grevillea robusta A. CUNN.の成分研究, 山下ユキコ、末吉恵津子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第54回年会, 2007年09月14日, 通常, 日本語, 名古屋
  196. 沖縄産植物、ソクズとシロミミズから単離したMegastigmane配糖体の構造解析, 大塚英昭、下本順子、松浪勝義 、武田美雄、Tripetch Kanchanapoom, 日本生薬学会 第54回年会, 2007年09月14日, 通常, 日本語, 名古屋
  197. オオバギ(Macaranga tanarius)の成分研究(2), 川上紫織、Liva Harinantenaina、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄、川幡正俊、山口健太郎, 日本生薬学会 第54回年会, 2007年09月14日, 通常, 日本語, 名古屋
  198. ブタN‐acetylglucosaminyltransferase I(GnT‐I)のDominant Negative法による糖鎖抗原の改変, 松浪勝義、高叢笑、中津志野、宮川周士、福沢正洋, 第107回 日本外科学会定期学術集会, 2007年04月11日, 通常, 日本語, 大阪
  199. ブタfactor Iのcloningと種特異性の検討:DAF(CD55)との比較, 中畑賢吾、小林千鶴子、松浪勝義、大森健、徐恒傑、福沢正洋、宮川周士, 第107回 日本外科学会定期学術集会, 2007年04月11日, 通常, 日本語, 大阪
  200. アガリクス(Agaricus blazei Murril)の成分研究, 上口有美、末吉恵津子、松浪勝義、大塚英昭, 日本薬学会 第127年会, 2007年03月28日, 通常, 日本語, 富山
  201. 沖縄産マメ科植物シイノキカズラ葉部の配糖体成分, 武田美雄, 矢野香織, 大塚英昭, 松浪勝義, 日本薬学会 第127年会, 2007年03月28日, 通常, 日本語, 富山
  202. ミツバウツギ葉部の配糖体成分, 末吉恵津子, 于倩, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第127年会, 2007年03月28日, 通常, 日本語, 富山
  203. ギョクシンカの葉部の成分研究 第2報, 趙志敏, 松浪勝義, 大塚英昭, 武田美雄, 日本薬学会 第127年会, 2007年03月28日, 通常, 日本語, 富山
  204. Pig PI‐9によるgraft保護効果について, 松浪勝義、中津志野、徐恒傑、山本亜紀、福沢正洋、宮川周士, 第10回 日本異種移植研究会, 2007年03月10日, 通常, 日本語, 東京
  205. CHEMICAL CONSTITUENTS FROM OKINAWAN MARINE ORGANISMS, 松浪 勝義, 7th JSPS/NRCT Joint Seminar “Recent Advances in Natural Product Research and Its Application”, 2006年12月01日, 招待, 英語, JSPS/NRCT, 富山
  206. ハマジンチョウ(Myoporum bontioides)葉部の成分研究, 金本萌恵、末吉恵津子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月28日, 通常, 日本語, 広島
  207. ツルシキミ(Skimmia japonica var. intermedia f.repens)の抗brine shrimp活性成分, 濱田由美、山上さゆり、末吉恵津子、松浪勝義、大塚英昭, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月28日, 通常, 日本語, 広島
  208. ハマセンダン(Evodia meliifolia)葉部の成分研究, 山本美和子、明田丈之、小山裕加、末吉恵津子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月28日, 通常, 日本語, 広島
  209. シロミミズ(Tricalysia dubia)材の成分研究, 玉木七緒子、三村彰徳、末吉恵津子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 第45回 日本薬学会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2006年10月28日, 通常, 日本語, 広島
  210. ウズベキスタン産伝統薬物Origanum tyttanthumの成分研究, 武田美雄、友成麻岐、有本志帆子、増田俊哉、本田義昭、伊藤美千穂、高石喜久、大塚英昭、松浪勝義、木内文之, 日本生薬学会 第53回年会, 2006年09月29日, 通常, 日本語, 埼玉
  211. New Sesquiterpenoids from Curcuma aff. aeruginosa Roxb., Phan Minh Giang, Phan Tong Son, 松浪勝義、大塚英昭, 日本生薬学会 第53回年会, 2006年09月29日, 通常, 日本語, 埼玉
  212. 営実の品質評価に関する研究, 川上晋、末吉恵津子、松浪勝義、大塚英昭、花尻(木倉)瑠理、合田幸広, 日本生薬学会 第53回年会, 2006年09月29日, 通常, 日本語, 埼玉
  213. マルヤマカンコノキから単離したMegastigmane配糖体の構造決定, 末吉恵津子、松浪勝義, 大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第53回年会, 2006年09月29日, 通常, 日本語, 埼玉
  214. ブタC1 esterase inhibitorのcloningと解析, 小林千鶴子、大森健、松浪勝義、中畠賢吾、中津志野、高叢笑、宮川周士, 第42回 日本移植学会総会, 2006年09月07日, 通常, 日本語, 千葉
  215. ギョクシンカの葉部の成分研究, 趙志敏、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本薬学会 第126年会, 2006年03月28日, 通常, 日本語, 仙台
  216. New Neolignans and Lignans from Vietnumese Medicinal Plant Machilus odoratissima Nees, Giang M. Phan, Son T. Phan, 松浪勝義, 大塚英昭, 日本薬学会 第126年会, 2006年03月28日, 通常, 日本語, 仙台
  217. 沖縄産ソクズ(Sambucus chinensis Lindl.)の成分研究, 下本順子、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 2005年11月12日, 通常, 日本語, 松山
  218. Chemical Constituents of Scoparia dulcis L. Growing in Vietnam, Phan Minh Giang, 松浪勝義, 大塚英昭, Phan Tong Son, 日本生薬学会 第52回年会, 2005年09月16日, 通常, 日本語, 金沢
  219. ダンギク(Caryopteris incana Miq.)の成分研究, 趙大鵬、松浪勝義、大塚英昭、武田美雄, 日本生薬学会 第52回年会, 2005年09月16日, 通常, 日本語, 金沢
  220. オオバギの葉部の成分研究, 高森一智子、大塚英昭、松浪勝義、武田美雄, 日本薬学会 第125年会, 2005年03月29日, 通常, 日本語, 東京
  221. 高発現HLA‐E遺伝子の開発, 松浪勝義、宮川周士、菰田弘、久保朋子、白倉良太, 第8回 日本異種移植研究会, 2005年03月05日, 通常, 日本語, 奈良
  222. ブタ血管内皮細胞膜上における膜型ヒトmini‐factor Iによる補体制御の試み, 福田大輔、宮川周士、久保朋子、松浪勝義、白倉良太, 第40回 日本移植学会総会, 2004年09月18日, 通常, 日本語, 岡山
  223. 点変異導入による発現性変化の解析と高発現HLA‐Eの作製, 松浪勝義、宮川周士、別府景子、久保朋子、白倉良太, 第40回 日本移植学会総会, 2004年09月17日, 通常, 日本語, 岡山
  224. α‐mannosidase I遺伝子導入によるブタ内存性レトロウイルスのヒト細胞への感染制御の試み, 狭間研至、宮川周士、宮沢孝幸、松浪勝義、山本亜紀、朝長啓造、松浦義治、太田三徳、松田暉, 第40回 日本移植学会総会, 2004年09月17日, 通常, 日本語, 岡山
  225. 膜型factor Iによる異種細胞膜上における補体制御の試み, 久保朋子、宮川周士、松浪勝義、白倉良太, 第104 日本外科学会定期学術総会, 2004年04月07日, 通常, 日本語, 大阪
  226. ブタすい島の抗原性についての検討, 菰田弘、宮川周士、久保朋子、松浪勝義、山田順子、大森健、打越史洋、伊藤寿記、松田暉, 第104 日本外科学会定期学術総会, 2004年04月07日, 通常, 日本語, 大阪
  227. HLA‐Eの発現に影響するアミノ酸部位の同定と高発現化HLA‐Eの作製, 松浪勝義, 山本亜紀, 宮川周士, 白倉良太, 第33回 日本免疫学会総会・学術集会, 2003年12月08日, 通常, 日本語, 福岡
  228. 1型Fas‐LのNK細胞抑制効果について, 日馬多美子、宮川周士、野口史人、久保朋子、山田順子、松浪勝義、鈴木宏治、白倉良太, 第39回 日本移植学会総会, 2003年10月26日, 通常, 日本語, 大阪
  229. DAFによるNK細胞抑制機能の解析, 久保朋子、宮川周士、福田大輔、山田真子、松浪勝義、白倉良太, 第39回 日本移植学会総会, 2003年10月26日, 通常, 日本語, 大阪
  230. 補体抑制因子による膜残存補体C4, C3に対する機能の検討, 久保朋子、宮川周士、福田大輔、石原一樹、松浪勝義、白倉良太, 第39回 日本移植学会総会, 2003年10月26日, 通常, 日本語, 大阪
  231. ヒトDAFおよびヒトGnt‐IIIを発現するTg細胞を用いたクローンブタの作製, 藤村達也、村上博、高萩陽一、松浪勝義、宮川周士、重久保、黒目麻由子、長嶋比呂志、白倉良太, 第39回 日本移植学会総会, 2003年10月26日, 通常, 日本語, 大阪
  232. ブタすい島の抗原性についての検討, 菰田弘、宮川周士、山田順子、久保朋子、福田大輔、松浪勝義、赤丸祐介、打越史洋、伊藤寿記, 第39回 日本移植学会総会, 2003年10月26日, 通常, 日本語, 大阪
  233. DAFによるNK細胞依存性細胞傷害の抑制について, 久保朋子, 宮川周士, 日馬多美子, 福田大輔, 松浪勝義, 白倉良太, 第40回 補体シンポジウム, 2003年08月22日, 通常, 日本語, 熊本
  234. ブタすい島における抗原性についての検討, 菰田弘、宮川周士、打越史洋、松浪勝義、栗原隆、清本徹馬、赤丸祐介、伊藤寿記、白倉良太, 第38回 日本移植学会総会, 2002年10月17日, 通常, 日本語, 東京
  235. ブタ血管内皮上のヒトDAF(CD55)によるNK細胞抑制効果の検討, 野崎宏、福田大輔、中川健二、松浪勝義、森反俊幸、宮川周士、白倉良太, 第38回 日本移植学会総会, 2002年10月17日, 通常, 日本語, 東京
  236. ウイルス由来補体制御因子HSV‐gC1のブタ‐ヒト異種移植への応用, 松浪勝義, 宮川周士, 福田大輔, 白倉良太, 第39回 補体シンポジウム・第13回 日本生体防御学会合同学術集会, 2002年07月11日, 通常, 日本語, 東京
  237. ウイルス由来補体制御因子glycoprotein C(HSV‐gC1)の異種移植の応用, 松浪勝義、宮川周士、福田大輔、栗原隆、山田真子、白倉良太, 第37回 日本移植学会総会, 2001年12月15日, 通常, 日本語, 東京
  238. Modified DAF及びC1‐INHによる補体抑制機能の検討, 福田大輔、宮川周士、松浪勝義、山田真子、栗原隆、白倉良太, 第37回 日本移植学会総会, 2001年12月15日, 通常, 日本語, 東京
  239. ヒトHLA‐G,E遺伝子によるNK cell依存性異種細胞傷害抑制能の検討, 松浪勝義、宮川周士、中井理江、山田真子、白倉良太, 第36回 日本移植学会総会, 2000年10月11日, 通常, 日本語, 岐阜
  240. 異種移植と補体, 宮川周士, 松浪勝義, 福田大輔, 山田真子, 白倉良太, 第37回 補体シンポジウム・第11回 日本生体防御学会合同学術集会, 2000年08月24日, 通常, 日本語, 大阪
  241. ほ乳類型Cre遺伝子の合成, 是沢幸江、宮川周士、伊川正人、松浪勝義、山田真子、白倉良太、岡部勝, 第22回 日本分子生物学会年会, 1999年12月07日, 通常, 日本語, 福岡
  242. ヒトHLA‐G,E遺伝子導入による異種細胞傷害抑制能の検討, 松浪勝義、宮川周士、白倉良太, 第29回 日本免疫学会総会・学術集会, 1999年12月01日, 通常, 日本語, 京都
  243. POU‐M1/SGF‐3因子とセリシン‐1遺伝子の発現解析, 松浪勝義、小久保博樹、大野薫、XU P‐X、鈴木義昭, 第19回 日本分子生物学会年会, 1996年08月26日, 通常, 日本語, 北海道
  244. 奄美大島産海綿Mycale ceciliaより分離した不完全菌Trichoderma harzianum代謝産物の化学的研究, 小林資正、植原秀人、松浪勝義、青木俊二、北川勲, 日本薬学会 第113年会, 1993年03月29日, 通常, 日本語, 大阪

受賞

  1. 2011年09月, 日本生薬学会 学術貢献賞
  2. 2009年11月, 日本薬学会 中国四国支部奨励賞
  3. 2017年03月23日, 医歯薬保健学研究科教員表彰, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科

取得

  1. 特許権, 特許5221155, 2013年03月15日, 有機化合物、並びに抗腫瘍剤、抗酸化剤及び抗菌剤
  2. 特許権, 特許5234540, 2013年04月05日, 新規生理活性組成物
  3. 特許権, 特許5246615, 2013年04月19日, 抗腫瘍剤
  4. 特許権, 特許5288537, 2013年06月14日, 新規生理活性組成物
  5. 特許権, 特許4263158, 2009年02月20日, HLA-Eキメラ分子
  6. 特許権, 特許5761743, 2015年06月19日, 皮膚外用剤
  7. 特許権, 特許6512691, 2019年04月19日, 抗リーシュマニア化合物の製造方法及び抗リーシュマニア薬

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP), モクレイシ由来の薬剤耐性抑制型新規抗がん剤の開発研究, 2015年01月01日, 2015年12月31日
  2. 民間からの助成金, 異種移植に関する薬品化学的・分子生物学的研究, 2004年
  3. 民間からの助成金, 未解析マダガスカル伝承民間薬の化学的研究, 2008年
  4. 民間からの助成金, マダガスカル産の稀な薬用植物の先端化学的解析, 2008年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), マダガスカル伝承薬に由来する生物活性化合物の探索, 2014年, 2016年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 沖縄亜熱帯植物由来の新規抗ウイルス活性化合物の探索研究, 2011年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 亜熱帯植物の含有成分の構造的多様性とその生物活性, 2010年, 2012年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 沖縄産亜熱帯植物に由来する新規抗がん剤リード化合物の探索研究, 2008年, 2010年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 亜熱帯沖縄、熱帯アジアに産する薬用資源植物の有効利用, 2006年, 2007年
  10. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 未開拓亜熱帯・熱帯植物由来の生物活性物質の分子生物学的機能解析研究への展開, 2006年, 2007年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 沖縄産等亜熱帯植物に由来する生物活性物質探索研究と代謝工学への展開, 2015年
  12. 天然資源由来のベクター昆虫制御剤の探索研究, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), マダガスカルおよび沖縄産植物に由来する生物活性化合物の探索研究, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本薬学会 中国四国支部 幹事, 2012年04月, 2016年03月
  2. 日本生薬学会 理事, 2012年04月, 2022年03月
  3. 日本生薬学会関西支部 委員, 2012年04月, 2022年03月
  4. 和漢医薬学総合研究所共同利用・共同研究委員会委員, 2016年04月, 2018年03月, 富山大学
  5. ファルマシア トピックス専門委員, 2012年04月01日, 2015年03月01日

学術会議等の主催

  1. 日本生薬学会, 実行委員長, 2018年09月, 2018年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 2022年/01月/23日, その他, 資格認定講習, 社会人・一般
  2. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 2020年/10月/01日, その他, 資格認定講習, 社会人・一般
  3. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 2019年/06月/09日, その他, 資格認定講習, 社会人・一般
  4. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 2018年/06月/03日, その他, 資格認定講習, 社会人・一般
  5. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2017年/06月/11日, その他, 資格認定講習, 社会人・一般
  6. イギリス・ガーデン研究会, 薬草園観察会(民間団体), イギリス・ガーデン研究会, 2012年/06月/02日, 2012年/06月/02日, 情報提供, 講演会, 研究者
  7. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2013年/05月/18日, 2013年/05月/18日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  8. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2013年/06月/09日, 2013年/06月/09日, 調査担当
  9. 第129回日本薬学会中国四国支部例会, 日本薬学会中国四国支部, 第129回日本薬学会中国四国支部例会, 2013年/06月/22日, 2013年/06月/22日
  10. 天然資源からの医薬品探索, 広島大学, 広島大学 オープンキャンパス, 2013年/08月/09日, 2013年/08月/09日
  11. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2013年/09月/14日, 2013年/09月/14日, 調査担当
  12. 平和大通り樹の会 観察会, 平和大通り樹の会 観察会, 平和大通り樹の会, 2012年/10月/10日, 2012年/10月/10日, 情報提供, 施設一般公開, 社会人・一般
  13. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2014年/05月/24日, 2014年/05月/24日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  14. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2014年/06月/08日, 2014年/06月/08日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  15. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2014年/09月/06日, 2014年/09月/06日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  16. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2015年/05月/16日, 2015年/05月/16日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  17. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2015年/06月/07日, 2015年/06月/07日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  18. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2015年/09月/26日, 2015年/09月/26日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  19. 認定薬剤師研修会, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 2016年/06月/12日, 2016年/06月/12日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  20. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2016年/06月/18日, 2016年/06月/18日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般
  21. 薬草園実習, 日本薬剤師研修センター 日本生薬学会, 漢方薬・生薬認定薬剤師研修会, 2016年/09月/17日, 2016年/09月/17日, 講師, 資格認定講習, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2013年, Chemical and Pharmaceutical Bulletin Biological and Pharmaceutical Bulletin, 編集員, 編集委員, 10
  2. 2014年, Chemical and Pharmaceutical Bulletin Biological and Pharmaceutical Bulletin, 編集員, 編集委員, 22
  3. 2014年, Molecules, その他, 査読者, 2
  4. 2014年, Biochemical Systematics and Ecology, その他, 査読者, 1
  5. 2014年, Journal of Natural Medicines, その他, 査読者, 3
  6. 2014年, Heterocycles, その他, 査読者, 2
  7. 2014年, Fitoterapia, その他, 査読者, 1
  8. 2015年, Chemical and Pharmaceutical Bulletin Biological and Pharmaceutical Bulletin, 編集員, 編集委員, 22
  9. 2013年, Journal of Natural Medicines, その他, 査読者, 1
  10. 2014年, 薬学雑誌, その他, 査読者, 1
  11. 2015年, Journal of natural medicines, その他, 査読者, 1
  12. 2015年, Fitoterapia, その他, 査読者, 2
  13. 2015年, Heterocycles, その他, 査読者, 2
  14. 2015年, Natural Product Communications, その他, 査読者, 2
  15. 2015年, Arabian Journal of Chemistry, その他, 査読者, 3
  16. 2015年, Diseases, その他, 査読者, 1
  17. 2016年, Chemical and Pharmaceutical Bulletin Biological and Pharmaceutical Bulletin, その他, 査読者, 10
  18. 2016年, Journal of Natural Medicines, その他, 査読者, 4
  19. 2016年, Heterocycles, その他, 査読者, 2
  20. 2016年, Fitoterapia, その他, 査読者, 1
  21. 2016年, Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, その他, 査読者, 1
  22. 2016年, Natural Product Research, その他, 査読者, 1
  23. 2016年, Arabian Journal of Chemistry, その他, 査読者, 1
  24. 2016年, Organic letters, その他, 査読者, 1
  25. 2016年, Nitric oxide, その他, 査読者, 1
  26. 2016年, Phytochemistry Letters, その他, 査読者, 2
  27. 2016年, Brazilian Journal of Pharmacognosy, その他, 査読者, 1