守口 和基Kazuki Moriguchi

Last Updated :2021/11/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 講師
メールアドレス
kmoriguchiroshima-u.ac.jp
自己紹介
バクテリアの四型分泌系による遺伝子の水平伝播を解析し、移行を促進することによる遺伝子導入法としての応用と、移行を阻害することによる抗生物質耐性遺伝子等の拡散防止法としての応用を目指している。

基本情報

学位

  • 博士(理学) (名古屋大学)
  • 修士(理学) (名古屋大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科 : 生物学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム

研究分野

  • 総合生物 / ゲノム科学 / ゲノム生物学
  • 農学 / 生産環境農学 / 遺伝育種科学

研究キーワード

  • 遺伝子導入系
  • 生物界間接合
  • 四型分泌機構

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 3ターム, 生物学入門
  2. 2021年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学英語演習
  4. 2021年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  5. 2021年, 学部専門, 1ターム, 基礎生物科学A
  6. 2021年, 学部専門, 1ターム, 細胞生物学B
  7. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 植物分子細胞構築学演習
  8. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  10. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  11. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  12. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物科学研究セミナー
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物科学研究セミナー
  15. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 植物分子細胞構築学演習
  16. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 植物分子細胞構築学演習
  17. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 植物分子細胞構築学演習
  18. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 植物分子細胞構築学演習
  19. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  20. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  21. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  22. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  23. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  24. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  25. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  26. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 細胞生命学特論
  27. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  28. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  29. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  30. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Novel Toxin-Antitoxin System Composed of Serine Protease and AAA-ATPase Homologues Determines the High Level of Stability and Incompatibility of the Tumor-Inducing Plasmid pTiC58, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 191巻, 14号, pp. 4656-4666, 20090715
  2. Proper regulation of Cdc42 activity is required for tight actin concentration at the equator during cytokinesis in adherent mammalian Cells, EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 317巻, 16号, pp. 2384-2389, 20111001
  3. The first complete sequencing analysies of plant tumor-inducing plasmid Ti and root-inducing plasmid Ri indicate their chimeric structures and unique evolutional relationships, Recent Res. Devel. Plant Physiol., 1巻, pp. 53-61, 20030401
  4. Genome structure and evolution of giant plant pathogenic plasmids in Agrobacterium tumefaciens and Agrobacterium rhizogenes, Endocytobiosis Cell Res., 15巻, pp. 371-378, 20040401
  5. ★, Functional isolation of novel nuclear proteins showing a variety of subnuclear localizations, The Plant Cell, 17巻, pp. 389-403, 20050201
  6. Structure and subcellular localization of a small RNA-binding protein from tobacco, The Plant Journal, 12巻, 1号, pp. 215-221, 19970701
  7. Chemical genomic screening for methylation-silenced genes in gastric cancer cell lines using 5-aza-2’-deoxycytidine treatment and oligonucleotide microarray, Cancer Science, 97巻, 1号, pp. 64-71, 20060101
  8. Larger numbers of silenced genes in cancer cell lines with increased de novo methylation of scattered CpG sites, Cancer Letters, 249巻, 2号, pp. 178-187, 20070501
  9. Analysis of unique variable region of a plant root inducing plasmid, pRi1724, by the construction of its physical map and library, DNA RESEARCH, 7巻, 3号, pp. 157-163, 20000630
  10. ★, The complete nucleotide sequence of a plant root-inducing (Ri) plasmid indicates its chimeric structure and evolutionary relationship between tumor-inducing (Ti) and symbiotic (Sym) plasmids in Rhizobiaceae, JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 307巻, 3号, pp. 771-784, 20010330
  11. MNU-induced mutant pools and high performance TILLING enable finding of any gene mutation in rice, MOLECULAR GENETICS AND GENOMICS, 279巻, 3号, pp. 213-223, 200803
  12. Yeast transformation mediated by Agrobacterium strains harboring an Ri plasmid: comparative study between GALLS of an Ri plasmid and virE of a Ti plasmid., Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 17巻, 7号, pp. 597-610, 2012
  13. ★, Trans-Kingdom Horizontal DNA Transfer from Bacteria to Yeast Is Highly Plastic Due to Natural Polymorphisms in Auxiliary Nonessential Recipient Genes, PLOS ONE, 8巻, 9号, 20130913
  14. Screening for yeast mutants defective in recipient ability for transkingdom conjugation with Escherichia coli revealed importance of vacuolar ATPase activity in the horizontal DNA transfer phenomenon., Microbiological research, 167巻, 5号, pp. 311-316, 20120520
  15. Ability of Agrobacterium tumefaciens and A. rhizogenes strains, inability of A. vitis and A. rubi strains to adapt to salt-insufficient environment, and taxonomic significance of a simple salt requirement test in the pathogenic Agrobacterium species, The Journal of General and Applied Microbiology, 55巻, 1号, pp. 35-41, 2009
  16. Identification of pTi-SAKURA DNA region conferring enhancement of plasmid incompatibility and stability., Genes & genetic systems, 82巻, 3号, pp. 197-206, 20070730
  17. Construction of disarmed Ti plasmids transferable between Escherichia coli and Agrobacterium species., Applied and environmental microbiology, 75巻, 7号, pp. 1845-1851, 20090130
  18. ★, Transkingdom genetic transfer from Escherichia coli to Saccharomyces cerevisiae as a simple gene introduction tool., Applied and environmental microbiology, 79巻, 14号, pp. 4393-4400, 20130510
  19. Horizontal DNA transfer from bacteria to eukaryotes and a lesson from experimental transfers, RESEARCH IN MICROBIOLOGY, 166巻, 10号, pp. 753-763, 201512
  20. A Fast and Practical Yeast Transformation Method Mediated by Escherichia coli Based on a Trans-Kingdom Conjugal Transfer System: Just Mix Two Cultures and Wait One Hour, PLOS ONE, 11巻, 2号, 20160205
  21. DNA repair genes RAD52 and SRS2, a cell wall synthesis regulator gene SMI1, and the membrane sterol synthesis scaffold gene ERG28 are important in efficient Agrobacterium-mediated yeast transformation with chromosomal T-DNA, BMC MICROBIOLOGY, 16巻, 20160402
  22. An extra repABC locus in the incRh2 Ti plasmid pTiBo542 exerts incompatibility toward an incRh1 plasmid, PLASMID, 90巻, pp. 20-29, 201703
  23. Effective removal of a range of Ti/Ri plasmids using a pBBR1-type vector having a repABC operon and a lux reporter system, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 102巻, 4号, pp. 1823-1836, 201802
  24. Successful Transfer of a Model T-DNA Plasmid to E-coli Revealed Its Dependence on Recipient RecA and the Preference of VirD2 Relaxase for Eukaryotes Rather Than Bacteria as Recipients, FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 9巻, 20180528

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. ドメインを超えた遺伝子水平伝播機構としての接合伝達, 守口和基, Fatin Iffah-Rasyiqah, Cho Yunjae, 清川一矢, 鈴木克周, 日本遺伝学会第92回大会, 2020年09月17日, 招待, 日本語, 日本遺伝学会, 熊本市, バクテリアが自らの適応、進化に遺伝子の水平伝播を用い ていることは薬剤耐性遺伝子の拡散などからよく知られて いる事実であり、接合伝達はその有力な伝播経路である。 接合伝達を行う装置として四型分泌装置(T4SS)が知られているが、T4SSは病原細菌から真核細胞内ヘエフェク ターを分泌する装置としても知られる.また、IncP l型広 宿主域ブラスミドはパクテリア間の接合伝達だけではな く、真核生物や古細菌へもDNAを伝達する能力があること が報告されている.我々がこれまで実施してきたIncP l型 T4SSによる大腸菌一大腸菌、大腸菌―酵母の水平伝播モ デル実験の結果と共に、接合伝達の可塑性とゲノム進化へ 与える影響について議論したい。
  2. IncP-1 型広宿主域プラスミドの伝達を左右する受容側因子の探索から何が見えるのか, 守口和基, Fatin Iffah-Rasyiqah,Cho Yunjae,清川一矢,鈴木克周, 日本農芸化学会2021年度大会, 2021年03月19日, 招待, 英語, 日本農芸化学会, オンライン, IncP-1型プラスミドはプロテオバクテリア門を広く宿主とする広宿主域プラスミドとして知られており、抗生物質耐性遺伝子などを広く拡散させる潜在性をもつ。興味深いことにそのプラスミド移行域はプロテオバクテリアを超え、古細菌や真核生物に及ぶことが報告されてきた。我々の研究グループでは、IncP-1型プラスミドの接合伝達における受容側因子を明らかにするために、非宿主(出芽酵母)と宿主(大腸菌)のノックアウト変異株を受容菌としてゲノム網羅的な解析を長らく行なってきた。その結果、出芽酵母においては液胞型ATPase関連遺伝子群とミトコンドリアATPase関連遺伝子群のノックアウト変異株が、それぞれ主要な低下および上昇変異体として単離されてきた。これらATPaseがどのようなメカニズムでIncP-1型プラスミドの接合伝達をそれぞれ促進及び抑制しているのか未だ明らかになっておらず、皆様のご意見を伺いたい。一方、大腸菌においては、生存及び接合体の選抜に用いた抗生物質に対する耐性確立に関与すると推察される、見かけ上の接合効率低下変異体は得られたものの、真に接合効率が上昇または低下する変異体は得られなかった。  IncP-1プラスミドの受容が非宿主においては遺伝的な可塑性が高く宿主においては低いというこれらの結果は、接合伝達の主体が供与菌及び受容菌のどちら側にあるのか、元は細菌間の接合伝達装置であったと考えられる四型分泌装置が、如何に真核生物へのタンパク質/DNA伝達装置としても分岐・進化していったのかを推察する上で重要な材料となるものと考える。広く議論をおこないたい。
  3. 英語タイトルのみ, FATIN IFFAH RASYIQAH MOHAMAD ZOOLKEFLI, 守口 和基, YUNJAE CHO, 清川 一矢, 山本 真司, 鈴木 克周, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月02日, 通常, 英語, 日本分子生物学会, オンライン

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 原核-真核生物間相互作用と2者をつなぐDNA輸送装置の解析, 2016年, 2018年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 中国四国植物学会会計幹事, 2021年01月, 中国四国植物学会
  2. 日本生物学オリンピック本選大会実行委員, 2016年09月, 2017年09月, 国際生物学オリンピック日本委員会