藤井 輝久Teruhisa Fujii

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
病院輸血部 准教授
ホームページ
メールアドレス
teruchanhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞1-2-3 病院 輸血部
TEL: 082-257-5555 FAX: 082-257-5581
自己紹介
広島大学卒業後、1997年から勤務しています。現在、輸血医学を専門にしていますが、血液学特に血栓止血学も研究しています。2018年に本院に血友病診療センターが設立され、その長も兼任しています。

基本情報

主な職歴

  • 2007年04月01日, 2010年03月31日, 病院 輸血部, 広島大学講師

学歴

  • 広島大学, 医学研究科, 血液内科, 日本, 1994年04月, 1997年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1984年04月, 1991年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 血液内科学

研究キーワード

  • ガイドライン
  • 血友病
  • 輸血
  • インヒビター
  • HIV
  • CD4
  • 加齢

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2022年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 特別科目
  6. 2022年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  7. 2022年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  8. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  9. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  10. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 特別科目

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Inter-observer reliability of three different radiographic scores for adult haemophilia, HAEMOPHILIA, 17巻, 1号, pp. 134-138, JAN 2011
  2. 健忘.歩行障害を来し亜急性に進行したHIV脳症の1例, 日本内科学会誌, 84巻, pp. 120-121, 19950401
  3. ATLにおいて末梢血及び気管支肺胞洗浄液細胞を検索した1例, 広島医学, 48巻, pp. 439-444, 19950401
  4. Plasma cells composing plasmacytoma have phenotypes different from those of myelowa cells, American Journal of Hematology, 53巻, pp. 251-253, 19960401
  5. Evaluation of the change of bleeding episodes in hemophiliac patients with HIV infectiou after medication of protease inhibitors., AIDS Research Newsletter, 11巻, pp. 34, 19970401
  6. Change in viral DNA and mRNA burdens in peripheral blood mononuclear cells in a patients with HIV-1 after stopping anti-retroviral treatment., Journal of AIDS Research, 4巻, 3号, pp. 104-107, 20020401
  7. 末梢血幹細胞移植を施行したリンパ芽球型悪性リンパ腫の一例, 広島医学, 48巻, pp. 275-279, 19950401
  8. Plasma cells composing plasmacytoma have phemotype different from those of myeloma cells, Am. J. Hematol. =, 53巻, pp. 251-253, 19960401
  9. A point mutation in gycoprotein IX coding sequence causes impared surface expression of GP Ib/IX/V complex in two families with Bernard-Soulier syndrome, Thoromb Haemost, 76巻, pp. 874-878, 19960401
  10. Oligoclonal accumulation of T cells in peripheral blood from patients with idiopathic thrombocytopenic purpura, Brit. J. Haematol.=, 95巻, pp. 732-737, 19960401
  11. 血液内科病棟における服薬指導-QOLの改善を目指して, 病院薬学, 23巻, pp. 560-564, 19970401
  12. Potential interaction between ritonavir and carbamazepine, PHARMACOTHERAPY, 20巻, pp. 851-854, 20000401
  13. Change in plasma viral load, and viral DNA and mRNA burdens, in peripheral blood mononuclear cells from patients infected with HIV-1, J. Infection, 42巻, 1号, pp. 20-26, 20010401
  14. 血小板輸血における交差試験としてのPIIFTの有効性, 日輸誌, 47巻, pp. 837-841, 20010401
  15. 血液製剤使用指針と臨床現場での使用との隔たり, 広島医学, 54巻, pp. 837-841, 20010401
  16. A point mutation Glycoprotein IX coding sequence(Cys73(TGT) to Tyr (TAT)) causes impaired surface expression of GPIb/IX/V complex in two families with Bernard-Soulier Syndrome., Thrombosis and Haemostasis, 76巻, pp. 874-878, 19960401
  17. Usefulness of Improved Measurement of Platelet RNA Stained with Thizole Orange (T.O); High Percentage of T.O. Positive Platelet is Distinctive Feature of ITP when Compared with Chronic Thrombocytopenia Caused by Other Disorders., 38th Annual Meeting of the American Society of Hematology December 6-10(7) = Orlando= Florida, 88 2/2巻, pp. supplement 59b, 19960401
  18. The change of HIV-1 proviral DNA copy number in peripheral blood mononuclear cells during anti-HIV therapies, 12th World AIDS Conference, 19980401
  19. CD4 Viral Load Discrepancy, 日本エイズ学会誌, 54巻, 10号, pp. 837-841, 20010401
  20. 皮膚種瘤が肺に転移し末期に視力障害と中枢神経障害を併発したエイズ例, 広島医学, 51巻, pp. 242-249, 19930401
  21. 当科におけるFEIBA使用経験, Pharma Medica, 4巻, 3号, pp. 104-107, 2002
  22. HIV感染症に対するAmprenavirの臨床試験成績, 化学療法の領域, pp. 1267-1270, 19930401
  23. 出血傾向, コアローテーション救急, pp. 67-70, 20020401
  24. 輸血関係, コアローテーション救急, pp. 135-138, 20020401
  25. 中四国拠点病院に勤務する看護師対象のエイズ研修会の評価と今後の課題, 日本エイズ学会誌, 9巻, 1号, pp. 47-53, 20070201
  26. 不適合輸血, 救急・集中治療 , 16巻, 10号, pp. 1145-1150, 20040901
  27. インヒビターを有する血友病A患者の人工股関節手術における遺伝子組み換え活性型第Ⅶ因子の使用経験, 麻酔, 54巻, 8号, pp. 926-928, 20050801
  28. 日本の血友病類縁疾患患者の入院コストの集計 , 日本血栓止血学会雑誌, 17巻, 4号, pp. 446-453, 20060801
  29. 抗HIV薬の留意すべき相互作用, 薬局, 57巻, 10号, pp. 29-33, 20061001
  30. HIVの感染経路, 診断と治療, 94巻, 12号, pp. 2214-2217, 20061201
  31. 中四国地方のHIV/AIDSの現状(前編), 広島県医師協だより, 426巻, 4号, pp. 7-10, 20060401
  32. 中四国地方のHIV/AIDSの現状(後編), 広島県医師協だより, 427巻, 5号, pp. 8-10, 20060501
  33. 低力価インヒビター保有血友病患者における凝固因子製剤持続輸注療法とその薬物動態, 臨床血液, 48巻, 4号, pp. 321-325, 20070801
  34. ★, Management of haemostasis during hemodialysis in a patient with haemophilia B, Haemophilia, 14巻, 5号, pp. 1135-1137, 20080101
  35. ★, A new approach to detect reticulated platelets stained with Thiazole Orange in thrombocytopenic patients, THROMBOSIS RESEARCH, 97巻, 6号, pp. 431-440, MAR 15 2000
  36. Disseminated mucormycosis in an acquired immunodeficiency syndrome (AIDS) patient, INTERNAL MEDICINE, 42巻, 1号, pp. 129-130, JAN 2003
  37. HLA-B polymorphism in Japanese HIV-1-infected long-term surviving hemophiliacs, VIRAL IMMUNOLOGY, 18巻, 3号, pp. 500-505, FAL 2005
  38. Abacavir/Lamivudine versus Tenofovir/Emtricitabine with Atazanavir/Ritonavir for Treatment-naive Japanese Patients with HIV-1 Infection: A Randomized Multicenter Trial, INTERNAL MEDICINE, 52巻, 7号, pp. 735-744, 2013
  39. ★, Switching Tenofovir/Emtricitabine plus Lopinavir/r to Raltegravir plus Darunavir/r in Patients with Suppressed Viral Load Did Not Result in Improvement of Renal Function but Could Sustain Viral Suppression: A Randomized Multicenter Trial, PLOS ONE, 8巻, 8号, AUG 8 2013
  40. A Phase II clinical trial of a mixture of plasma-derived factor VIIa and factor X (MC710) in haemophilia patients with inhibitors: haemostatic efficacy, safety and pharmacokinetics/pharmacodynamics, HAEMOPHILIA, 19巻, 6号, pp. 853-860, NOV 2013
  41. Postsurgical coagulopathy in a hemophilia A patient with inhibitors: efficacy of recombinant factor VIIa, JOURNAL OF ANESTHESIA, 28巻, 4号, pp. 621-624, AUG 2014
  42. インヒビターのない血友病患者の急性出血,処置・手術における凝固因子補充療法のガイドライン, 日本血栓止血学会雑誌, 19巻, 4号, pp. 510-519, 2008
  43. インヒビター保有先天性血友病患者に対する止血療法ガイドライン, 日本血栓止血学会雑誌, 19巻, 4号, pp. 520-539, 2008
  44. 我が国におけるインヒビター保有先天性血友病患者に対するバイパス療法の現状, 日本血栓止血学会雑誌, 18巻, 6号, pp. 627-639, 2007
  45. 分娩後出血に対し,活性型第Ⅶ因子製剤の投与が有効であった血小板無力症, 臨床血液, 49巻, 1号, pp. 46-50, 200801
  46. 我が国における後天性凝固因子インヒビターの実態に関する3年間の継続調査, 日本血栓止血学会雑誌, 19巻, 1号, pp. 140-153, 2008
  47. Plasma concentration of cartilage oligomeric matrix protein(COMP) in hemophilic patients., HAEMOPHILIA, 14巻, supl号, pp. 22-22, 2008
  48. THE JAPANESE GUIDELINE FOR THE HEMOSTATIC THERAPY OF PATIENTS WITH CONGENITAL HEMOPHILIA AND INHIBITORS , J Thrombosis and Haemostasis, 7巻, supple2号, pp. 526-526, 2009
  49. HIVの感染経路, 日本内科学会雑誌, 98巻, 11号, pp. 2762-2766, 2009
  50. Inter-observer reliability of three different radiographic evaluation systems for haemophilic arthropathy, Haemophilia, 16巻, suppl4号, pp. 26-26, 2010
  51. Relationship between haemarthrosis and haemophilic arthropathy, Haemophilia, 16巻, suppl4号, pp. 27-27, 2010
  52. Long-term clinical safety of FEIBA, activated prothrombin complex concentrate (APCC) in Japanese inhibitor subjects: an update of postauthorization safety surveillance (PASS) program, Haemophilia, 16巻, suppl4号, pp. 31-31, 2010
  53. 血友病の家庭療法における輸注記録の重要性とその改善策-血友病治療薬輸注記録システム「モバ録」の使用を通じて- , THERAPEUTIC RESEARCH, 33巻, 6号, pp. 935-939, 2012
  54. 血友病診療の最前線〜症例から学ぶ〜 Overview, 血液フロンティア, 22巻, 9号, pp. 21-28, 2012
  55. 中国四国地方におけるHIV感染症の動向と現状, 医学の門, 53巻, 4号, pp. 262-267, 2012
  56. インヒビター保有先天性血友病患者の出血エピソードにおける遺伝子組み換え活性型第Ⅶ因子製剤の遊行し得及び長期的安全性:10年間の市販後調査解析報告, 日本血栓止血学会雑誌, 24巻, 6号, pp. 593-602, 2013
  57. 最新の血友病の止血管理のすすめかた, Medical Practice, 31巻, 1号, pp. 125-129, 2014
  58. 外傷性難治出血に対するフィブリノゲン製剤及び遺伝子組み換え型活性化第Ⅶ因子製剤による止血療法, 臨床血液, 55巻, 2号, pp. 234-237, 2014
  59. 輸血ドナーからの移行抗体によりHBsおよびHBc抗体が陽転化した小児例, 日本輸血細胞治療学会誌, 60巻, 4号, pp. 533-538, 2014
  60. 血友病患者の母親支援に関するニーズ調査, 日本遺伝看護学会誌, 13巻, 2号, pp. 83-90, 2015
  61. 日常臨床における薬物動態測定の実際, 血液フロンティア, 25巻, 7号, pp. 1011-1017, 2015
  62. Leopold trial results: correlation of von willebrand factor antigen level with bay 81-8973 pharmacokinetic parameters of patients with severe hemophilia A, J Thrombosis and Haemostasis, 13巻, pp. 9-10
  63. ★, A phase III clinical trial of a mixture agent of plasma-derived factor VIIa and factor X (MC710) in haemophilia patients with inhibitors, Haemophilia, pp. 1-8
  64. 診断の遅れからエイズ指標疾患を発症し、輸血前感染症検査にて診断にいたった中高年HIV感染者の3症例, 日本エイズ学会誌, 18巻, 3号, pp. 224-229
  65. Efficacy of secondary prophylaxis on annual bleeding ratio (ABR) in adult patients with hemophilia:a single center observation study in Japan., J Thrombosis and Haemostasis, 13巻, suppl号, pp. 346-346, 201506
  66. Barriers to inform hemophilic carriers of that possibility in Japan, J Thrombosis and Haemostasis, 13巻, suppl号, pp. 399, 201506
  67. A phase III clinical trial of a mixture agent of plasma-derived factor VIIa and factor X (MC710) in haemophilia patients with inhibitors, HAEMOPHILIA, 23巻, 1号, pp. 59-66, JAN 2017
  68. Analysis of the Japanese subgroup in LEOPOLD II: a phase 2/3 study of BAY 81-8973, a new recombinant factor VIII product, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 105巻, 3号, pp. 280-286, MAR 2017
  69. 診断の遅れからエイズ指標疾患を発症し、輸血前感染症検査にて診断にいたった中高年HIV感染者の3症例, 日本エイズ学会誌, 18巻, 3号, pp. 224-229
  70. 広島大学病院におけるHIV感染者の骨代謝異常症の現状と原因の検討, 日本エイズ学会誌, 19巻, 1号, pp. 32-36
  71. 半減期延長血友病製剤について, 日本血栓止血誌, 28巻, 4号, pp. 472-479
  72. Efficacy and safety of full-length pegylated recombinant factor VIII with extended half-life in previously treated patients with hemophilia A: comparison of data between the general and Japanese study populations, INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 106巻, 5号, pp. 704-710, NOV 2017
  73. Anti-human neutrophil antigen-1a,-1b, and-2 antibodies in neonates and children with immune neutropenias analyzed by extracted granulocyte antigen immunofluorescence assay, TRANSFUSION, 57巻, 11号, pp. 2586-2594, NOV 2017
  74. A case report on the successful perioperative management of hepatectomy for hepatocellular carcinoma in a patient with von Willebrand disease, INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS, 44巻, pp. 131-134, 2018
  75. HIV/HCV重複感染症例のHCVに対する治療成績と長期予後の検討, 感染症雑誌, 91巻, 6号, pp. 924-929
  76. ★, Ischaemic events are rare, and the prevalence of hypertension is not high in Japanese adults with haemophilia: First multicentre study in Asia, HAEMOPHILIA, 25巻, 4号, pp. E223-E230, 201907
  77. 半減期延長型 血友病治療製剤の使い方, 血栓止血誌, 29巻, 6号, pp. 741-743
  78. Mothers' intentions and behaviours regarding providing risk communication to their daughters about their possibility of being haemophilia carriers: A qualitative study, HAEMOPHILIA, 25巻, 6号, pp. 1059-1065, 201911
  79. Oral environment and taste function of Japanese HIV-infected patients treated with antiretroviral therapy, AIDS CARE-PSYCHOLOGICAL AND SOCIO-MEDICAL ASPECTS OF AIDS/HIV, 32巻, 7号, pp. 829-834, 20200702
  80. Brief HIV stigma scale for Japanese people living with HIV: validation and restructuring using questionnaire survey data., AIDS CARE, 28巻, 1号, pp. 1-9
  81. Oral environment and taste function of Japanese HIV-infected patients treated with antiretroviral therapy. , AIDS CARE, 27巻, 7号, pp. 829-834
  82. HIV感染症と血球異常, 日化療会誌, 67巻, 5号, pp. 577-582
  83. Clinical Outcomes of Post-exposure Prophylaxis following Occupational Exposure to Human Immunodeficiency Virus at Dental Departments of Hiroshima University Hospital, CURRENT HIV RESEARCH, 18巻, 6号, pp. 475-479, 2020
  84. Brief HIV stigma scale for Japanese people living with HIV: validation and restructuring using questionnaire survey data, AIDS CARE-PSYCHOLOGICAL AND SOCIO-MEDICAL ASPECTS OF AIDS/HIV, 32巻, pp. 1-9, 20201209
  85. Budget impact analysis of Jivi (damoctocog alfa pegol, Bay 94-9027) in severe hemophilia A in Japan, JOURNAL OF MEDICAL ECONOMICS, 24巻, 1号, pp. 218-225, 20210101
  86. Allogeneic hematopoietic cell transplantation using fludarabine plus myeloablative busulfan and melphalan confers promising survival in high-risk hematopoietic neoplasms: a single-center retrospective analysis, HEMATOLOGY, 26巻, 1号, pp. 186-198, 20210101
  87. ★, Long-term impact of haemarthrosis on arthropathy and activities of daily living in Japanese persons with haemophilia, Haemophilia, 26巻, 3号, pp. 124-127, 20200615
  88. ★, Weather changes leading to bleeding in arthropathic joints among individuals with haemophilia: symptoms of meteoropathy?, Haemophilia, 26巻, 6号, pp. 346-248, 20201103

著書等出版物

  1. 2010年09月, HIV感染症に伴う肝胆道系合併症, 日本臨床社, 2010年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 471852, 600
  2. 2010年03月, 輸血時の感染症チェック, 総合医学社, 2010年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 9784883788033, 349
  3. 2012年09月, 高齢患者のサポート, 医薬ジャーナル社, 2012年, 09, 単行本(学術書), 共編著, 9784753225705, 423
  4. 2013年03月, 血友病A,血友病B, 日本臨床社, 2013年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 00471852, 623
  5. 2009年01月, 輸血部のお仕事, 文光堂, 2009年, 1, 単行本(学術書), 共編著, 13490524, 104
  6. 2009年07月, 患者会の役割, 医薬ジャーナル社, 2009年, 1, 単行本(学術書), 共編著, 2147483647, 391
  7. 2002年01月, AIDS関連の悪性腫瘍, サイエンスプレス, 2002年, 1, 2147483647, 383

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 知的障害を伴う HIV 陽性者の就労支援においてHIV感染症の知識提供が有効だっ た事例, 村上英子, 大成杏子、杉本悠貴恵 、 喜花伸子 、佐々木美希、宮原明美、 田中まりの 、石井聡一郎、藤井健司、 大東敏和、畝井浩子、柿本聖樹、 井上暢子、山﨑尚也、齊藤誠司、 高田 昇、藤井輝久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年10月, 通常, 日本語
  2. 薬剤師のための抗 HIV 薬服薬指導研修会 -アンケートから見えた研修会の意義と課題, 石井聡一郎, 田中まりの、藤井健司、 大東敏和、藤田啓子、畝井浩子、 松尾裕彰、高田 昇、藤井輝久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 千葉(幕張)
  3. ドルテグラビルの薬物血中濃度測定によ り薬物相互作用のあるカルバマゼピンを他剤に変更した1例, 田中まりの, 石井聡一郎 、藤井健司、 大東敏和、畝井浩子、井上暢子、 藤井輝久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 千葉(幕張)
  4. BIC/TAF/FTC レジメンが脂質に及ぼす 影響について, 山﨑尚也, 井上暢子、柿本聖樹、 藤井輝久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 千葉(幕張)
  5. 「HIV/AIDS ソーシャルワーカー・ネット ワーク会議」からみえる中国四国ブロックの課題, 大成杏子, 村上英子、佐々木美希、 宮原明美、藤井輝久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 千葉(幕張)
  6. HAND による服薬アドヒアランス低下が疑われた患者へ「動画」撮影による服薬支援を行った一症例, 佐々木美希, 宮原明美、柿本聖樹、 井上暢子、山﨑尚也、喜花伸子、 杉本悠貴恵、田中まりの、石井聡一郎、 大東敏和、藤井健司、畝井浩子、 大成杏子、村上英子、高田 昇、 藤井輝久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 千葉(幕張)
  7. 国内新規HIV/AIDS診断症例における薬剤耐性HIV-1の動向, 菊地 正, 蜂谷敦子、西澤雅子、 椎野禎一郎 、俣野哲朗、佐藤かおり、 豊嶋崇徳、伊藤俊広、林田庸総、 潟永博之、岡 慎一、古賀道子、 長島真美、貞升健志、近藤真規子、 宇野俊介、谷口俊文、猪狩英俊 、 寒川 整、中島秀明、吉野友祐、 堀場昌英、茂呂 寛、 渡邉珠代、今橋真弓、松田昌和、 重見 麗、岡﨑玲子、岩谷靖雅、 横幕能行、渡邉 大 、小島洋子、 森 治代、藤井輝久、高田清式、 中村麻子、南 留美、山本政弘、 松下修三、健山正男、藤田次郎 、 杉浦 亙、吉村和久, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語
  8. Emicizumab使用血友病A患者における 凝固能評価, 山﨑尚也, 梶原享子、中川浩美、横崎典哉、藤井 輝久, 第82回日本血液学会学術集会, 2020年10月, 通常, 日本語
  9. MTP導入を踏まえた本院の輸血製剤の使用状況, 石井綾佳, 柏原真由、小松真由美、野崎晶太、山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、小川茂樹、矢内綾佳、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第65回日本輸血・細胞治療学会中国四国支部例会, 2020年09月, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会中国四国支部, 高松
  10. The Parameters of Modified Clot Waveform Analysis Using the Plasmas of Hemophilia A Patients Treated with Emicizumab, N. Yamasaki, T.Fujii, K. Kajihara, H. Nakagawa, M. Yokozaki, XXVIII Congress of the International Society on Thromobosis and Haemostasis, 2020年07月, 通常, 英語, ミラノ, その他
  11. エミシズマブ導入期にⅧ因子製剤を併用し運動強度の高いスポーツを継続できた青少年期血友病A, 齊藤誠司, 山崎尚也、藤井輝久、井上暢子, 第42回日本血栓止血学会, 2020年06月, 通常, 日本語, 日本血栓止血学会, 大阪
  12. インヒビター非保有及び保有血友病A症例におけるEmicizumab変更例の検討, 山﨑尚也, 藤井輝久、井上暢子, 第42回日本血栓止血学会, 2020年06月, 通常, 日本語, 日本血栓止血学会, 大阪
  13. 自己抗体の吸着はLISS法を標準とすべき?〜同種抗体の同定に苦慮した症例における考察, 柏原真由, 小松真由美、野崎晶太、山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、廣瀬祥子、矢内綾佳、石井綾佳、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第68回日本輸血・細胞治療学会, 2020年05月, 通常, 日本語
  14. 輸血副反応におけるアレルギー反応の解析, 小松真由美, 野崎晶太、柏原真由、山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、廣瀬祥子、矢内綾佳、石井綾佳、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第68回日本輸血・細胞治療学会学術集会, 2020年05月, 通常, 日本語, 札幌
  15. 新鮮凍結血漿融解後使用期限変更による廃棄製剤削減の可能性, 野崎晶太, 柏原真由、山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、廣瀬祥子、小松真由美、矢内綾佳、石井綾佳、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第68回日本輸血・細胞治療学会学術集会, 2020年05月, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会, 札幌
  16. ウイルス学的寛解を継続していてもCD4数が増加しない原因に関する探索的研究, 藤井輝久, 山﨑尚也、井上暢子、 柿本聖樹、齋藤誠司 、佐々木美希 、 宮原明美 、木下一枝, 第34回日本エイズ学会学術集会, 2020年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 千葉(幕張), その他
  17. 抗HIV療法施行中に次々に自己免疫疾患を発症した1例, 山﨑尚也、井上暢子、藤井輝久, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 熊本
  18. 広島大学病院歯科外来におけるHIV曝露時の対応について, 新谷智章、岩田倫幸、岡田美穂、山﨑尚也、藤井輝久、柴秀樹, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 熊本
  19. 当院における NRTI sparing regimen の治療効果と安全性, 石井聡一郎、田中まりの、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、柿本聖樹、井上暢子、山﨑尚也、高田昇、藤井輝久, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 熊本
  20. HIV医療チーム対象の症例検討型多職種包括的研修会の効果についての検討, 喜花伸子、杉本悠貴恵、内野悌司、畝井浩子、村上英子、宮原明美、池田有里、山﨑尚也、高田昇、藤井輝久, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 熊本
  21. 二次医療圏から考えるエイズ診療拠点病院の配置, 今橋真弓、岡慎一、伊藤俊広、山本政弘、内藤俊夫、遠藤知之、茂呂寛、渡邉珠代、渡邊大、藤井輝久、宇佐美雄司、池田和子、吉野宗宏、本田美和子、葛田衣重、三木浩司、四柳宏、横幕能行, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会
  22. 広島大学病院におけるHIV陽性者の覚せい剤使用者への支援-地域の専門機関へのつながり-, 杉本悠貴恵、喜花伸子、山﨑尚也、井上暢子、柿本聖樹、佐々木美希、宮原明美、池田有里、大成杏子、村上英子、田中まりの、石井総一郎、畝井浩子、高田 昇、藤井輝久, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語
  23. 我が国の抗HIV療法の現状と今後, 横幕能行、伊藤俊広、山本政弘、岡慎一、豊嶋崇徳、茂呂寛、渡邉珠代、渡邊大、藤井輝久、今橋真弓、渡邉真理子, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語
  24. 初診時より汎血球減少を認め多剤併用療法開始後に自己免疫性溶血性貧血を発症した HIV 感染症の一例, 井上暢子、石田誠子、柏原真由、矢内綾佳、山﨑尚也、藤井輝久, 第66回日本臨床検査医学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本臨床検査医学会, 岡山
  25. DTG/ABC/3TCからDTG+3TCへの2剤レジメンへの変更の経験, 藤井輝久、山崎尚也、井上暢子、柿本聖樹、石井聡一郎、畝井浩子、齋藤誠司, 第33回日本エイズ学会学術集会, 2019年11月, 通常, 日本語, 熊本
  26. 血友病性関節症の状態により凝固第VIII因子活性の目標トラフ値は変えるべきか?, 山崎尚也、藤井輝久, 第80回日本血液学会, 2019年10月, 通常, 日本語, 日本血液学会, 東京
  27. 当院における薬剤部から輸血部への アルブミン製剤の移管と使用状況の変化, 野崎晶太、柏原真由、山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、廣瀬祥子、小松真由美、矢内綾佳、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第64回日本輸血・細胞治療学会中国四国支部例会, 2019年09月07日, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会中四国支部, 米子
  28. エフラロクトコグαボーラス投与にて周術期管理を行った血友病Aの6症例, 山崎尚也、藤井輝久, 第41回日本血栓止血学会, 2019年06月22日, 通常, 日本語, 津
  29. 血栓性血小板減少性紫斑病が疑われたGPIIb/IIIa自己抗体保有症例, 山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、廣瀬祥子、小松真由美、柏原真由、矢内綾佳、下本和輝、野崎晶太、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第67回日本輸血・細胞治療学会, 2019年05月25日, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会, 熊本
  30. 長期間の脱感作後に腎移植を施行したドナー特異的抗HLA抗体を保有した症例, 柏原真由、山岡愛子、野間慎尋、栗田絵美、廣瀬祥子、小松真由美、矢内綾佳、下本和輝、野崎晶太、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第67回日本輸血・細胞治療学会, 2019年05月25日, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会, 熊本
  31. 広島県内の新鮮凍結血漿の使用状況と患者予後:多施設共同試験, 藤井輝久、高田昇、岡島正純、日高秀邦、岩戸康治、佐藤知義、田中純子、国分寺晃、古本雅明, 第67回日本輸血・細胞治療学会, 2019年05月24日, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会, 熊本
  32. HIV感染症に合併した梅毒のserofast reactionについての検討, 北野弘之、山崎尚也、井上暢子、梶原俊毅、亭島淳、松原昭郎、藤井輝久、大毛宏喜, 第93回日本感染症学会, 2019年04月, 通常, 日本語, 日本感染症学会, 京都
  33. 止血機能検査〜その値は何を示しているのか〜, 藤井輝久, 第58回日本血液学会中四国地方会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 日本血液学会中四国支部, 広島
  34. NPOと協働したHIV検査相談研修会の効果についての検討, 喜花伸子、杉本悠貴恵、内野悌司、早坂典生、栗栖茂、藤井輝久, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪, その他
  35. TDFよりTAF変更例における血中クレアチニン及びeGFR値の変化, 藤井輝久、山﨑尚也、井上暢子、柿本聖樹、齊藤誠司、石井聡一郎、藤田啓子、畝井浩子, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪
  36. ワークショップ 受診中断者を“ゼロ”にする~受診・服薬継続管理アプリ「せるまね」の活用が自己管理能力に与える影響~, 村上英子、, 山﨑尚也、藤井輝久、宮原明美、池田有里、石井聡一郎、藤田啓子、畝井浩子、杉本悠貴恵、丸山栄子、喜花伸子、齊藤誠司、高田昇, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪, その他
  37. 抗HIV薬が口腔環境と味覚機能に及ぼす影響, 新谷智章、, 山﨑尚也、岩田倫幸、齊藤誠司、岡田美穂、松井加奈子、畝井浩子、藤田啓子、濱本京子、木下一枝、池田有里、藤井輝久、柴秀樹, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪, その他
  38. 妊娠4ヶ月で実施したHIVスクリーニング検査が陰性であった母子感染の一例, 山崎尚也, 丸山栄子、杉本悠貴恵、村上英子、宮原明美、池田有里、喜花伸子、石井聡一郎、小林正夫、藤井輝久, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪, その他
  39. 国内新規HIV/AIDS診断症例におけるHIV-1の動向, 岡崎玲子, 蜂谷敦子、佐藤かおり、豊嶋崇徳、佐々木悟、伊藤俊広、林田庸総、岡慎一、潟永博之、古賀道子、長島真美、貞升健志、近藤真規子、椎野禎一郎、須藤弘二、加藤真吾、谷口俊文、猪狩英俊、寒川整、加藤英明、石ヶ坪良明、中島秀明、吉野友祐、太田康男、茂呂寛、渡邉珠代、松田昌和、重見麗、岩谷靖雅、横幕能行、渡邉大、小島洋子、森治代、藤井輝久、高田清式、南留美、山本政弘、松下修三、健山正男、藤田次郎、杉浦亙、吉村和久、菊地正, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪, その他
  40. エイズ診療の拠点病院の診療機能評価と課題の検討, 横幕能行、, 今橋真弓、伊藤俊広、山本政弘、岡慎一、豊嶋崇徳、茂呂寛、渡邉珠代、渡邊大、藤井輝久, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 大阪, その他
  41. 広島大学病院に初回受診したHIV/AIDS患者の服薬開始までの心理的プロセスについて, 杉本悠貴恵、, 喜花伸子、黄寛美、柿本聖樹、井上暢子、山﨑尚也、丸山栄子、宮原明美、池田有里、村上英子、石井総一郎、藤田啓子、畝井浩子、齊藤誠司、高田 昇、藤井輝久, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, その他
  42. 薬剤師による小児HIV感染症患者への服薬支援, 石井聡一郎、, 秋月萌、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、丸山栄子、高田昇、山崎尚也、藤井輝久, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, その他
  43. 中国・四国ブロック中核拠点病院HIV担当看護師の課題~HIV担当看護師会議のアンケートより~, 丸山栄子、池, 田有里、宮原明美、藤井輝久、品川佳子、谷岡直子, 第32回日本エイズ学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 東京, その他
  44. ART 療法開始後に自己免疫性溶血性貧 血(AIHA)を発症した一例, 井上暢子, 山﨑尚也、藤井輝久, 第88回日本感染症学会西日本地方会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本感染症学会, 鹿児島, その他
  45. 凝固波形解析(CWA)の基準値の設定とクロスミキシング試験評価の検討, 梶原享子, 中川浩美,中村友紀子,津川和子,山﨑尚也,藤井輝久,篠原翔,新井信夫,横崎典哉, 第65回日本臨床検査医学会学術集会, 2018年11月, 通常, 日本語, 日本臨床検査医学会, 東京, その他
  46. ヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注の院内管理体制構築と使用経験, 野﨑晶太, 野間慎尋 , 栗田絵美, 山岡愛子, 小松真由美 , 河野真由 , 廣瀬祥子, 矢内綾佳, 下本和輝 , 平野洋子, 石田誠子 , 井上暢子, 山﨑尚也, 藤井輝久, 第63回日本輸血・細胞治療学会中国四国支部例会, 2018年09月, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会中国四国支部, 山口, その他
  47. HIV陽性者における口腔環境と味覚機能について., 新谷智章, 山﨑尚也、岩田倫幸、齊藤誠司、北川雅恵、小川郁子、岡田美穂、濱本京子、藤井輝久、栗原英見、柴秀樹, 第11回日本口腔検査学会, 2018年08月, 通常, 日本語, 日本口腔検査学会, 東京, その他
  48. 2018年06月, 通常, 英語, その他
  49. 凝固波形解析による各凝固因子製剤の凝固能評価, 山崎尚也, 梶原亨子、中川浩美、横崎典哉、藤井輝久, 第40回日本血栓止血学会, 2018年06月, 通常, 日本語, 日本血栓止血学会, 札幌, その他
  50. 凝固第Ⅷ因子製剤における凝固一段法および合成基質法を用いた活性値の測定, 山崎尚也, 梶原亨子、中川浩美、横崎典哉、藤井輝久, 第66回日本輸血・細胞治療学会総会, 2018年05月, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会, 宇都宮, その他
  51. リツキシマブ投与により、抗A抗体価の低下と赤血球造血能の回復を認めた一例, 小松真由美、, 野間慎尋、廣瀬祥子、栗田絵美、山岡愛子、矢内綾佳、河野真由、下本和輝、野崎晶太、平野洋子、小林正夫、井上暢子、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第66回日本輸血・細胞治療学会総会・学術集会, 2018年05月, 通常, 日本語
  52. 2018年05月, 通常, 英語
  53. 2018年05月, 通常, 英語
  54. HIV/AIDS診療における病院連携の課題, 池田有里, 木下一枝、宮原明美、神田理恵子、丸山栄子、村上英子、杉本悠貴恵、喜花伸子、齋藤誠司、山崎尚也、藤井輝久, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  55. 受診・服薬継続管理アプリの自己管理機能活用がHIV 陽性者の管理能力に与える影響について検討, 村上英子, 山崎尚也、藤井輝久、 宮原明美、池田有里、木下一枝 、 石井聡一郎、藤井健司、藤田啓子、 畝井浩子、杉本悠貴恵、丸山栄子、 喜花伸子、齊藤誠司、高田 昇, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  56. 保険薬局における病院内カンファレンス参加への取り組み, 小川和彦, 春日真由、彌重典子、 石井聡一郎、藤井健司、藤田啓子、 畝井浩子、藤井輝久、若生あき, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  57. HIV 患者におけるニューモシスチス肺炎 の一次予防および二次予防はいつまでするべきか, 山崎尚也, 齊藤誠司、藤井輝久、 高田 昇, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  58. HIV 感染者の歯科診療支援における歯科衛生士の活動とその支援効果, 岡田美穂, 松井加奈子、岩田倫幸、新谷智章、木下一枝、宮原明美、池田有里、齊藤誠司 、丸山栄子、濱本京子、山崎尚也、藤井輝久、 柴 秀樹, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  59. HIV 合併を含む血友病患者における C 型慢性肝炎のDAA治療において保険適用外となる HCVジェノタイプに対する治療の試み, 荻原剛, 四柳 宏、藤井輝久、 遠藤知之、長尾 梓、三田英治、 横幕能行、伊藤俊広、浮田雅人 、 渡邉珠代、四本美保子、鈴木隆史、 天野景裕 、福武勝幸, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  60. 国内新規 HIV/AIDS 診断症例における 薬剤耐性 HIV-1 の動向, 岡崎玲子, 蜂谷敦子、潟永博之 、 渡邊 大、長島真美、貞升健志、 近藤真規子、南 留美、吉田 繁 、 小島洋子、森 治代、内田和江、 椎野禎一郎、加藤真吾、豊嶋崇徳、 佐々木 悟、伊藤俊広、猪狩英俊、 寒川 整、藤井輝久、松下修三、岩谷靖雅、吉村和久, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  61. 広島大学病院における薬物再乱用防止プログラム導入状況の報告, 喜花伸子, 喜花伸子、杉本悠貴恵、高浦睦美、 松岡明子、山崎尚也、齊藤誠司、 藤井輝久、丸山栄子、宮原明美、 池田有里、木下一枝 、村上英子、 高田 昇, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  62. 拠点病院定期通院者の抗 HIV 療法による HIV 複製制御の達成度評価 ー 我が国のHIV 感染症/エイズ診療体制整備の成果ー, 横幕能行, 伊藤俊広、山本政弘、 岡 慎 一、豊嶋崇徳、田邊嘉也、 渡邉珠代、白阪琢磨、藤井輝久、 宇佐美雄司、池田和子、吉野宗宏、 本田美和子、葛田衣重、小島賢一、 内藤俊夫、安藤 稔, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  63. 抗 HIV 薬服用中の患者における服薬アドヒアランスの維持・向上方法の検討, 丸山栄子, 山根由衣、宮原明美、 池田有里、木下一枝、山崎尚也、 藤井輝久、齊藤誠司、杉本悠貴恵、 喜花伸子、村上英子、藤井健司、 高田 昇, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  64. 広島大学病院の HIV 陽性者への心理検査 に至った経緯とその後の心理的支援について, 杉本悠貴恵, 喜花伸子、山崎尚也、齊藤誠司、藤井輝久、丸山栄子、 宮原明美 、池田有里、木下一枝、 石井聡一郎、藤井健司、藤田啓子、 畝井浩子、村上英子、高田 昇, 第31回日本エイズ学会学術集会, 2017年11月, 通常, 日本語, その他
  65. Correlation between factor VIII or IX activity and APTT in patients with hemophilia patients, Naoya Yamasaki,Seiji Saito,Teruhisa Fujii, East Asia Hemophilia Forum, 2017年10月, 通常, 英語
  66. 新鮮凍結血漿中のHPA-3a抗体により輸血後血小板減少をきたした一例, 河野真由, 井上暢子、宗本聖、栗田絵美、広瀬祥子、山岡愛子、矢内綾佳、野間慎尋、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久、一戸辰夫, 第26回日本組織適合性学会学術集会, 2017年10月, 通常, 日本語, その他
  67. 第79回日本血液学会総会, 2017年10月, 通常, 日本語, その他
  68. 山崎尚也, 藤井輝久, 2017年10月, 通常, 英語, その他
  69. HIV感染症と血球異常, 藤井輝久, 第87回日本感染症学会西日本地方会, 2017年10月, 招待, 日本語, 一般社団法人日本感染症学会, 長崎, その他
  70. 輸血機能評価認定(I&A)更新に向けた安全で適正な輸血療法への取組み, 下本和輝, 野崎晶太、河野真由、井上暢子、栗田絵美、広瀬祥子、山岡愛子、矢内綾佳、野間慎尋、石田誠子、山崎尚也、藤井輝久, 第62回日本輸血・細胞治療学会中国四国支部例会, 2017年09月, 通常, 日本語, その他
  71. 2017年07月, 通常, 英語, ベルリン、ドイツ, その他
  72. 先天性第Ⅶ因子欠乏症の遺伝子組み換え第Ⅶ因子製剤による本邦治療データの分析, 藤井輝久, 清田育男、高井和江、花房秀次, 第39回日本血栓止血学会学術集会, 2017年06月, 通常, 日本語, 一般社団法人日本血栓止血学会, 名古屋, その他
  73. 広島大学病院における成人血友病A患者の定期補充療法-出血0は可能か?ー, 藤井輝久, 山崎尚也、齋藤誠司, 第39回日本血栓止血学会学術集会, 2017年06月, 通常, 日本語, 一般社団法人日本血栓止血学会, 名古屋, その他
  74. Rituximab投与後にTuroctocog alfaによる免疫寛解療法を導入し、寛解した中等症血友病Aインヒビターの1例, 近澤悠志, 天野景裕、山﨑尚也、岡田一也、上久保淑子、備後真澄、萩原 剛、鈴木隆史、藤井輝久、福武勝幸, 第65回日本輸血・細胞治療学会, 2017年05月, 通常, 日本語, その他
  75. 本院における緊急O型RBC輸血患者の概要, 栗田絵美, 山岡 愛子、平岡 朝子、野間慎尋、廣瀬 祥子、河野 真由、小松真由美、矢内 綾佳、大道珠里、山崎 尚也、齋藤 誠司 藤井 輝久, 第65回日本輸血・細胞治療学会, 2017年05月, 通常, 日本語, その他
  76. ABO血液型不適合生体肝・腎移植を受けた患者の抗体価測定:Ortho VISIONによるカラム凝集法と試験管法での比較, 山岡愛子, 平岡 朝子、栗田 絵美、野間慎尋、廣瀬 祥子、河野 真由、小松真由美、矢内 綾佳、大道珠里、井手健太郎、大段英樹、平野洋子、山崎 尚也、齋藤 誠司 藤井 輝久, 第65回日本輸血・細胞治療学会総会, 2017年05月, 通常, 日本語, その他
  77. HIV患者におけるニューモシスチス肺炎の再発予防はいつまでするべきか, 山崎尚也, 齊藤誠司、藤井輝久, 第91回日本感染症学会学術集会, 2017年04月, 通常, 日本語, 日本感染症学会, 東京, その他
  78. 2016年07月, 通常, 英語, オーランド、フロリダ
  79. 半減期延長型凝固第Ⅷ・Ⅸ因子製剤の使用に変更した成人血友病症例の検討, 山崎尚也, 齊藤誠司、藤井輝久, 第38回日本血栓止血学会, 2016年06月, 通常, 日本語, 日本血栓止血学会, 奈良
  80. 血友病A患者における半減期延長型PEG化第Ⅷ因子製剤の有効性と安全性:日本人被験者のサブ解析, 野上恵嗣, 嶋緑倫、福武勝幸、花房秀次、藤井輝久、瀧正志、松下正、日笠聡、佐藤哲司、酒井道生、新井盛大、, 第38回日本血栓止血学会, 2016年06月, 通常, 日本語
  81. 臨床心理士対象初心者向け研修における研修効果の検討:研修前後の不安の変化と活動参加意思の変化から, 杉本悠貴恵, 喜花伸子、山﨑尚也、齊藤誠司、藤井輝久、城下由衣、池田有里、小川良子、木下一枝、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、村上英子、内野悌司、高田昇, 第30回日本エイズ学会総会, 2016年, 通常, 日本語
  82. 抗HIV薬が口腔環境と味覚機能に及ぼす影響, 新谷智章, 山崎尚也、岩田倫幸、齊藤誠司、北川雅恵、小川郁子、岡田美穂、松井加奈子、濱本京子、畝井浩子、藤田啓子、小川良子、木下一枝、池田有里、藤井輝久、柴 秀樹, 第30回日本エイズ学会総会, 2016年, 通常, 日本語
  83. HIV感染者においてサイトメガロウイルス活性化はカンジダ症の発症に影響を与えるか?, 山崎尚也, 齊藤誠司,藤井輝久,高田昇, 第30回日本エイズ学会総会, 2016年, 通常, 日本語
  84. 国内新規HIV/AIDS診断症例における薬剤耐性HIV-1の動向, 岡崎玲子, 蜂谷敦子、潟永博之、渡邊 大、長島真美、貞升健志、近藤真規子、南 留美、吉田 繁、小島洋子、森 治代、内田和江、椎野禎一郎、加藤真吾、豊嶋崇徳、佐々木悟、伊藤俊広、猪狩英俊、上田敦久、石ヶ坪良明、太田康男、山元泰之、福武勝幸、古賀道子、林田庸総、岡 慎一、松田昌和、重見 麗、濱野章子、横幕能行、渡辺珠代、田邊嘉也、藤井輝久、 高田清式、山本政弘、松下修三、藤田次郎、健山正男、岩谷靖雅、吉村和久, 第30回日本エイズ学会総会, 2016年, 通常, 日本語
  85. 広島大学病院におけるHIV感染者の覚醒剤使用の現状とその再乱用防止支援, 齊藤誠司, 山崎尚也、藤井輝久、 城下由衣、小川良子、池田有里、村上英子、喜花伸子、杉本悠貴恵、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、 高田 昇, 第30回日本エイズ学会総会, 2016年, 通常, 日本語
  86. 第78回日本血液学会総会・学術集会, 2016年, 通常, 日本語
  87. 第78回日本血液学会総会・学術集会, 2016年, 通常, 日本語
  88. 第78回日本血液学会総会・学術集会, 2016年, 通常, 日本語
  89. 抗HPA-5b抗体陽性患者の生体腎移植例, 平岡 朝子, 栗田 絵美、野間慎尋 山岡 愛子、廣瀬 祥子、河野 真由、矢内 綾佳、山崎 尚也、齋藤 誠司 藤井 輝久, 第61回日本輸血・細胞治療学会中四国支部例会, 2016年, 通常, 日本語, 岡山
  90. Participation in school events of childrens with haemophilia in the era of prophylaxis in Japan, 2016年, 通常, 英語
  91. Japanese sub-analysis of LEOPOLD II: a phase 2/3 study of BAY81-8973, a new rFVIII, 福武勝幸, 花房秀次、嶋綠倫、森永剛、藤井輝久, 第38回日本血栓止血学会, 2016年, 通常, 日本語
  92. 定期補充療法施行中の成人血友病患者における関節症の保有と破綻出血の関連性の検討, 齊藤誠司, 山崎尚也、藤井輝久, 第38回日本血栓止血学会総会, 2016年, 通常, 日本語, 日本血栓止血学会, 奈良
  93. 造血幹細胞移植におけるCD34陽性細胞数と生着, 野間慎尋, 山岡 愛子、河野 真由、山崎 尚也、栗田 絵美、平岡 朝子、廣瀬 祥子、小松真由美、矢内 綾佳、平野洋子、齋藤 誠司 藤井 輝久, 第64回日本輸血・細胞治療学会, 2016年, 通常, 日本語
  94. 自動血小板洗浄装置を用いて院内作成した洗浄血小板の有用性, 河野 真由, 山崎 尚也、栗田 絵美、山岡 愛子、平岡 朝子、野間慎尋、廣瀬 祥子、小松真由美、矢内 綾佳、平野洋子、齋藤 誠司 藤井 輝久, 第64回日本輸血・細胞治療学会, 2016年, 通常, 日本語
  95. 本院におけるアルブミン製剤の使用背実態調査, 山崎 尚也, 栗田 絵美、山岡 愛子、平岡 朝子、野間慎尋、廣瀬 祥子、河野 真由、小松真由美、矢内 綾佳、齋藤 誠司 藤井 輝久, 第64回日本輸血・細胞治療学会総会, 2016年, 通常, 日本語, 日本輸血・細胞治療学会, 京都
  96. 広島大学病院におけるHIV/HCV重複感染者でのPEG-IFN+RBV併用療法後SVR例の長期予後に関する検討, 齊藤誠司, 山崎尚也、藤井輝久、 小川良子、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、 高田 昇, 第90回日本感染症学会総会・学術集会, 2016年, 通常, 日本語
  97. ラルテグラビル1日1回レジメンの有用性に関する考察, 藤井輝久, 齊藤誠司、山﨑尚也、池田有里、小川良子、木下一枝、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、高田昇, 第30回日本エイズ学会総会・学術集会, 2016年, 通常, 日本語, 日本エイズ学会, 鹿児島
  98. Aiti-Retroviral Therapy (ART)開始後Low Level Viremia持続またはViral Remission(VR)到達期間が延長する患者の特徴, 藤井輝久, 齊藤誠司、山崎尚也、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、高田昇, 第90回日本感染症学会, 2016年, 通常, 日本語, 日本感染症学会, 仙台
  99. HIV 感染者における骨代謝マーカーと骨量の相関性について, 山崎尚也、齊藤誠司、藤井輝久、小川良子、池田有里、木下一枝、喜花伸子、浅井いづみ、金崎慶大、城下由衣、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、高田 昇, 第29回日本エイズ学会, 2015年12月, 通常, 日本語
  100. 本邦の新規 HIV/AIDS 診断症例における薬剤耐性 HIV の動向, 岡崎玲子、蜂谷敦子、潟永博之、渡邊 大、長島真美、貞升健志、近藤真規子、南 留美、吉田 繁、小島洋子、森 治代、内田和江、椎野禎一郎、加藤真吾、豊嶋崇徳、伊藤俊広、猪狩英俊、上田敦久、石ヶ坪良明、古賀一郎、太田康男、山元泰之、福武勝幸、古賀道子、西澤雅子、林田庸総、岡 慎一、松田昌和、服部純子、重見 麗、保坂真澄、横幕能行、中谷安宏、田邊嘉也、白阪琢磨、藤井輝久、 高田 昇、高田清式、山本政弘、松下修三、藤田次郎、健山正男、 杉浦 亙、岩谷靖雅、吉村和久, 第29回日本エイズ学会, 2015年12月, 通常, 日本語
  101. 広島大学病院におけるHIV 感染者が抱える精神疾患と受診行動への影響, 齊藤誠司、山崎尚也、藤井輝久、 城下由衣、小川良子、池田有里、浅井いづみ、喜花伸子、金崎慶大、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、 高田 昇, 第29回日本エイズ学会, 2015年12月, 通常, 日本語
  102. 広島大学病院におけるHIV 感染患者に対するカウンセリンクグ介入の現状と課題―受診行動と精神科受診歴との関連から―, 浅井いづみ、喜花伸子、齊藤誠司、山崎尚也、小川良子、木下一枝、 池田有里、城下由衣、金崎慶大、 藤井輝久、高田 昇, 第29回日本エイズ学会, 2015年12月, 通常, 日本語
  103. HIV-AIDS 不定期受診患者の傾向と効果的な受診継続支援の検討, 城下由衣、小川良子、池田有里、木下一枝、藤井輝久、齊藤誠司、山崎尚也、喜花伸子、浅井いづみ、金崎慶大、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、高田 昇, 第29回日本エイズ学会, 2015年12月, 通常, 日本語
  104. HIV-1感染急性期における病勢特異的な血中バイオマーカーの探索, 重見 麗、蜂谷敦子、松田昌和、今村淳治、渡邊綱正、健山正男、今村顕史、柳澤邦雄、矢野邦夫、藤井輝久、上田敦久、横幕能行、杉浦 亙、岩谷靖雅, 第29回日本エイズ学会, 2015年12月, 通常, 日本語
  105. Sustained Viral Remission(SVR)後におけるCD4数増加に関与する因子の検討, 藤井輝久、山崎尚也、齊藤誠司、小川良子、池田有里、木下一枝、城下由衣、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、高田 昇, 第29回日本エイズ学会総会, 2015年12月, 日本語, 東京
  106. The current status of prophylaxis in adult patients with hemophilia: an institution observation study, Seji Saito,Naoya Yamasaki,Teruhisa Fujii,Tatsuo Ichinohe, 第77回日本血液学会, 2015年10月, 通常, 英語
  107. Correlation between factor VIII activity and APTT in patients with hemophilia A, Naoya Yamasaki,Seiji Saito,Teruhisa Fujii, 第77回日本血液学会, 2015年10月, 通常, 英語
  108. Efficacy of secondary prophylaxis and consideration of the factors in adult patients with hemophilia, Teruhisa Fujii, Noya Yamasaki, Seiji Saito, 第77回日本血液学会総会, 2015年10月, 通常, 日本語, 金沢
  109. 広島大学病院における非溶血性輸血副作用・有害事象の現状とその対応に関する考察, 藤井輝久,齊藤誠司,山崎尚也,廣瀬祥子,栗田絵美,山岡愛子,矢内綾佳,小松真由美,河野真由,野間慎尋,平岡朝子, 第60回日本輸血学会中四国地方会, 2015年09月, 通常, 日本語, 高知
  110. Leopold trial results: correlation of von willebrand factor antigen level with bay 81-8973 pharmacokinetic parameters of patients with severe hemophilia A, Lalezari S, Fujii T, Kwong YL, Delesen H, Shah A,Tu€ckmantel C, van Heerde W and Enriquez MM, XXV Congress of the International Society on Thromobosis and Haemostasis, 2015年06月, 通常, 英語
  111. Efficacy of secondary prophylaxis on annual bleeding ratio (ABR) in adult patients with hemophilia:a single center observation study in Japan. , T.Fujii, T.Fujii,S Saito, N. Yamasaki, XXV Congress of the International Society on Thromobosis and Haemostasis, 2015年06月, 通常, 英語, Tronto
  112. 血友病B患者におけるAPTTと第IX因子活性の相関性の検討, 山崎 尚也, 齊藤 誠司, 藤井 輝久, 第37回日本血栓止血学会, 2015年05月, 通常, 日本語
  113. Barriers to inform hemophilic carriers of that possibility in Japan, Fujii T, Murakami A, Fujii T and Miyakoshi Y, XXV Congress of the International Society on Thromobosis and Haemostasis, 2015年05月, 通常, 英語
  114. VWF含有第VIII因子製剤による活性化に関わるリンパ球表面抗原の発現抑制効果, 齊藤 誠司, 山崎 尚也, 藤井 輝久, 第37回日本血栓止血学会, 2015年05月, 通常, 日本語
  115. 血液内科における鉄過剰状態への注意喚起のタイミング, 山崎 尚也, 藤井 輝久, 齊藤 誠司, 大崎 千津子, 栗田 絵美, 河野 真由, 小松 真由美, 野間 慎尋, 平岡 朝子, 広瀬 祥子, 矢内 綾佳, 山岡 愛子, 第63回日本輸血・細胞治療学会, 2015年05月, 通常, 日本語
  116. 広島大学病院におけるエイズ患者の発病時の年齢と CD4 数,CD8 数,ウイルス量との関連, 藤井輝久,山崎尚也,齊藤誠司,藤井健司,藤田啓子、畝井浩子,小川良子,木平健治,高田 昇, 第89回日本感染症学会, 2015年04月, 通常, 日本語, 京都
  117. 広島大学病院における高齢HIV感染者がかかえる合併症に関する検討, 齊藤 誠司, 山崎 尚也, 藤井 輝久, 小川 良子, 藤井 健司, 藤田 啓子, 畝井 浩子, 木平 健治, 高田 昇, 大毛 宏喜, 2015年04月, 通常, 日本語, 京都
  118. ART導入例におけるレジメンとウイルス量及びCD4数の変化の関係, 藤井輝久、齊藤誠司、山崎尚也、木下一枝、小川良子、藤井健司、藤田啓子、畝井浩子、高田昇, 第28回日本エイズ学会総会, 2014年12月, 通常, 大阪
  119. Influence of wether on joint bleedings and hemorrage reduction effect by prophylaxis in hemophilia, Teruhisa Fujii, Noya Yamasaki, Seiji Saito, 第76回日本血液学会総会, 2014年10月, 通常, 大阪
  120. 広島県合同輸血療法委員会の活動〜特に訪問相談事業について〜, 藤井輝久,高田昇,田中純子,岩戸康治,二宮基樹,小野和身,荒谷千登美,山本昌弘,入船秀典,古本雅明,有馬明彦, 第59回日本輸血・細胞治療学会中四国支部会, 2014年09月, 通常, 徳島
  121. Does bad weather have a bad influence on joint bleedings in patients with haemophilic arthropathy?, T. Fujii, T. Fujii, S. Saito, , XXXI International Congress of the World Federation of Hemophilia, 2014年05月, 通常, Melborne
  122. “Moba-Roku”: use of a mobile recording system for tracking treatment infusions, Teruhisa Fujii, Keiji Nogami, Ei Kinai, Kenichi Kojima,Kentaro Nishimura, XXXI International Congress of the World Federation of Hemophilia, 2014年05月, 通常, Melborne
  123. 広島大学病院における輸血部搬出後の製剤未使用の理由の解析, 藤井輝久、河野真由,河野富士子,廣瀬祥子、栗田絵美,小松真由美、山岡愛子、齊藤誠司、平岡朝子,大崎千津子, 第61回日本輸血・細胞治療学会, 2013年, 横浜
  124. HIV 陽性…そのとき,あなたはどうしますか~HIV チーム医療の現状とこれからの課題~, 藤井輝久, 第62回日本医学検査学会シンポジウム, 2013年, 高松
  125. 後天性血友病A の免疫療法中に純赤芽球癆を発症した一例, 藤井輝久、齋藤誠司、新田英昭, 第35回日本血栓止血学会, 2013年, 山形
  126. The relationship with weather and joint bleedings in haemophilic patients. , T.Fujii, T.Fujii,S Saito, XXIV Congress of the International Society on Thromobosis and Haemostasis, 2013年, Amsterdam, Holland
  127. ガイドライン改訂に向けて-新規製剤も踏まえて-, 藤井輝久, 第7回日本血栓止血学会SSCシンポジウム, 2012年, 東京
  128. 本院のエイズ患者における免疫再構築症候群の現状と考察, 藤井輝久,齋藤誠司,鍵浦文子,高田昇, 第86回日本感染症学会, 2012年, 長崎
  129. 骨盤骨折による難治性出血に対し,フィブリノゲン製剤と遺伝子組み換え型活性化第Ⅶ因子製剤にて止血し得た1例, 藤井輝久、河野真由,井上睦美,栗田絵美,小松真由美、山岡愛子、齊藤誠司、平岡朝子,大崎千津子, 第60回日本輸血・細胞治療学会, 2012年, 郡山
  130. 自験例における血友病の出血エピソードと関節症に関する年齢による差違, 藤井輝久,齊藤誠司,竹谷英之, 第34回日本血栓止血学会, 2012年, 東京
  131. Dissimilarity of daily lives and joint damage between young and middle aged people with haemphlia in Japan., T.Fujii, T.Fujii, H.Takedani, XXX International Congress of the World Federation of Hemophilia, 2012年, Paris
  132. CD4 数増加しない症例においてCD4/CD8 比率のモニタリングは有用である, 藤井輝久、杉原清香、齊藤誠司、 鍵浦文子、木下一枝、高田 昇, 第26回日本エイズ学会総会, 2012年, 横浜
  133. Our Experience with Washed Platelet Products Manufactured in a Hospital, T.FUJII, The 24th Transfusion Medical Conference, 2011年, Zushi
  134. ロールプレイを用いた輸血医学教育, 藤井輝久, 第59回日本輸血・細胞治療学会, 2011年, 東京
  135. 広島大学病院の輸血のコスト, 藤井輝久, 第58回日本輸血・細胞治療学会, 2010年, 名古屋
  136. 血友病患者の出血エピソードと関節症に関する臨床研究〜アンケート調査より(第一報), 藤井輝久,竹谷英之,三浦明,天野景裕,松本剛史,日笠聡, 第32回日本血栓止血学会, 2009年, 小倉
  137. HIV感染症患者のプライバシーに関する意識〜本院通院患者におけるアンケート調査より〜, 藤井輝久,斎藤誠司,鍵浦文子,小川良子,高田昇,木村昭郎, 第22回日本エイズ学会, 2009年, 名古屋
  138. ミニレクチャー:HIVについて, 藤井輝久, 第101回日本内科学会中国地方会専門医部会教育セミナー, 2009年, 広島
  139. バイパス療法における手術と医療費の問題, 藤井輝久, 第3回日本血栓止血学会SSCシンポジウム, 2008年, 東京
  140. 洗浄血小板の副作用防止効果, 藤井輝久、柏原真由,井上睦美,栗田絵美,亀谷真由美、水野真美、小野寺利枝、平岡朝子、高田昇, 第56回日本輸血・細胞治療学会シンポジウム, 2008年, 福岡
  141. 臨床現場での輸血製剤使用状況の変化—集中治療病棟及び血液内科病棟での解析よりー, 藤井輝久、柏原真由,井上睦美,栗田絵美,亀谷真由美、水野真美、小野寺利枝、平岡朝子、高田昇, 第56回日本輸血・細胞治療学会, 2008年, 福岡
  142. Plasma concentration of cartilage oligomeric matrix protein(COMP) in hemophilic patients., T Fujii, M Mizuno, T Fujii, S Saitou, T Takata, XXVIII International Congress of the World Federation of Hemophilia, 2008年, Istanbul、Turkey
  143. ペグインターフェロン+リバビリン療法による血球減少に対し頻回輸血を施行したHIV/HCV重複感染血友病患者, 藤井輝久、齋藤誠司,柏原真由,井上睦美,栗田絵美,亀谷真由美、水野真美、小野寺利枝、平岡朝子、高田昇, 第53回日本輸血学会中四国地方会, 2008年, 松山
  144. 血友病患者における血漿cartilage oligomeric matrix protein (COMP) 濃度測定の意義, 藤井輝久,齋藤誠司,高田昇,竹谷英之, 第31回日本血栓止血学会, 2008年, 大阪
  145. HAART後ウイルス学的寛解症例における末梢血CD4増加数, 藤井輝久,齋藤誠司,鍵浦文子,高田昇,木村昭郎, 第21回日本エイズ学会, 2008年, 大阪
  146. 治療中断中に伝染性単核球症様症状を呈したHIV感染症患者, 藤井輝久、齋藤誠司,高田昇, 第78回日本感染症学会西日本地方会, 2008年, 広島
  147. 血友病Bに対する血液透析時の止血管理, 藤井輝久,齋藤誠司,高田昇,木村昭郎, 第69回日本血液学会・第49回日本臨牀血液学会総会, 2007年, 横浜
  148. Current situation and prevention of HIV/AIDS, Fujii T, 2nd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2007年, Hirohsima
  149. 貯血式自己血の不適量採血時における保存中の変化, 藤井輝久、井上睦美,栗田絵美,亀谷真由美、水野真美、小野寺利枝、平岡朝子、高田昇, 第54回日本輸血学会, 2006年, 大阪
  150. 低力価インヒビター保有血友病A患者における凝固第Ⅷ因子持続輸注量法, 藤井輝久,高田昇,木村昭郎, 第68回日本血液学会・第48回日本臨牀血液学会総会, 2006年, 福岡
  151. HIV関連肺高血圧症に対するボセンタンとプロテアーゼ阻害剤との併用, 藤井輝久、高田昇,齋藤誠司,石川暢恒,木村昭郎,藤田啓子,畝井浩子, 第19回日本エイズ学会, 2006年, 東京
  152. 血液製剤使用指針と臨床現場での使用状況の変化—集中治療病棟及び血液内科病棟での解析よりー, 藤井輝久、亀谷真由美、水野真美、小野寺利枝、平岡朝子、谷廣ミサエ、高田昇, 第53回日本輸血学会, 2005年, 千葉
  153. 端末による輸血製剤の請求及び患者との認証と輸血記録, 藤井輝久, 高田昇, 第12回日本輸血学会秋季シンポジウム, 2005年, 埼玉
  154. 日本の血友病患者の入院医療コストの集計 多施設共同研究, 藤井輝久,高田 昇,日笠 聡,酒井道生,竹谷英之,櫻井嘉彦,花房秀次,小阪嘉之,天野景裕,嶋 緑倫,吉岡 章, 第28回日本血栓止血学会, 2005年, 福岡
  155. 広島大学病院におけるHIV/HCV重複感染患者の実態, 藤井輝久、高田 昇、石川暢恒、木村昭郎, 第19回日本エイズ学会, 2005年, 熊本
  156. 広島大学病院における輸血ナビゲーションシステムの構築とその問題点, 藤井輝久、亀谷真由美、水野真美、小野寺利枝、平岡朝子、谷廣ミサエ、高田昇, 第49回日本輸血学会中四国地方会, 2004年, 徳島
  157. HIV/HCV重複感染の血友病患者における生体肝移植例, 藤井輝久、畝井浩子、河部康子、高田昇、木村昭郎, 第18回日本エイズ学会, 2004年, 静岡
  158. 肺ムコール菌症を合併したエイズ症例, 藤井輝久、高田昇、西村裕、畝井和彦、木村昭郎, 第15回日本エイズ学会, 2001年, 東京
  159. HAART中断後の血中プロウイルスDNA量、mRNA量の動き, 藤井輝久、高田昇、木村昭郎, 第15回日本エイズ学会, 2001年, 東京
  160. 血液製剤使用指針と臨床現場での使用との隔たりム集中治療室及び血液内科病棟での輸血製剤の使用状況の解析よりー, 藤井輝久、高田昇, 第49回日本輸血学会, 2001年, 東京
  161. Change in plasma viral load, and viral DNA and mRNA burdens in peripheral blood mononuclear cells from patients infected with HIV-1., Fujii T, Takata N, Kimura A, 6th Interanational Congress on AIDS in Asia and the Pacific, 2001年, Melbourne, Australia
  162. Is human imunodeficiency virus -1 mRNA burdens in peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) possible to be anew clinical marker in HIV-1 infected patients?, Fujii T, Kato Y, Takata N, Kimura A, 5th Interanational Congress on AIDS in Asia and the Pacific, 1999年, Kuala Lumpur, Malaysia
  163. 末梢血単核球中のHIV-mRNAの定量は臨床的マーカーとなるか?, 藤井輝久、高田昇、竹内陽子, 第13回日本エイズ学会, 1999年, 横浜
  164. The change of HIV-1 RNA copy number in peripheral blood monouclear cells during anti-HIV therapies, Fujii T, Takata N, Kimura A, 12th World AIDS Conference, 1998年, Geneva, Switzland
  165. 末梢血単核球中のHIVプロウイルスDNAとmRNAの定量と意義, 藤井輝久、高田昇、蔵本憲, 第12回日本エイズ学会, 1998年, 東京
  166. Usefulness of improved measurement of platelet RNA stained with Thiazole Orange: High percentage of TO positive platelets is distinctive feature of ITP, Fujii T, Shimomura T, Noda M, Fujimoto T, Fujimura K, Kimura A, XVth Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis , 1997年, Florence, Italy
  167. Evaluation pf thrombopoiesis by the measurement of immature platelets with thiazole orange and serum thrombopoietin concentration in thrombocytopenic disorders, Fujii T, Shimomura T, Noda M, Fujimoto T, Fujimura K, Kimura A, 39th Annual Meeting of the American Society of Hematology, 1997年, San Diego, California
  168. 血中HIV-RNAをモニターとした抗HIV療法の実際, 藤井輝久、高田昇、勝谷慎也、小田健司、藤村欣吾, 第76回日本内科学会中国地方会, 1997年, 出雲
  169. 難治性ITPにおけるThiazole Orange 陽性血小板測定の有用性, 藤井輝久、野田昌昭、下村壮司、藤元哲郎、藤村欣吾、木村昭郎, 第38回日本臨床血液学会, 1996年, 大宮
  170. Usefulness of platelet RNA measurement for the analysis of platelet productive activity and differential diagnosis in various thrombocytopenia, Fujii T, Shimomura T, Noda M, Fujimoto T, Fujimura K, Kuramoto A, 4th Japan China Symposium on Hematology under the Cooperation of Two Societies, 1996年, Kyoto
  171. Usefulness of improved measurement of TO positve platelets is distinctive feature of ITP when compared with chronic thrombocytopenia caused by other disorders, Fujii T, Shimomura T, Noda M, Fujimoto T, Fujimura K, Kimura A, 38th Annual Meeting of the American Society of Hematology, 1996年, Orlando, Florida
  172. Thiazole Orange による血小板RNA量の測定ー特に特発性血小板減少症での検討ー, 藤井輝久、野田昌昭、川野宏則、下村壮司、藤元哲郎、藤村欣吾、蔵本淳, 第37回日本臨床血液学会, 1995年, 京都
  173. 肺炎を来たし誘発喀痰検査法が診断に有用であったHIV感染症2例, 藤井輝久、高田昇、新谷貴洋、小田健司、藤村欣吾, 第9回日本エイズ学会, 1995年, 豊中
  174. 多彩な肺病変を来したATL3例の検討, 藤井輝久, 坂井 晃, 竹本元義, 有田浩之, 沖田 肇, 三原圭一郎, 岩戸康治, 第70回日本内科学会中国地方会, 1994年, 出雲
  175. Malignant Histiocytosisおよび類縁疾患の5症例, 藤井輝久, 兵頭英出夫, 坂井 晃, 原田浩徳, 田中英夫, 小田健司, 今村展隆, 藤村欣吾, 藏本 淳, 第68回日本内科学会中国地方会, 1993年, 米子
  176. 経過中に両眼硝子体出血を発症, 硝子体手術により視力の回復をみた急性骨髄性白血病の1例, 藤井輝久, 竹本元義, 沖田 肇, 岩戸康治, 第48回国立病院療養所総合医学会, 1993年, 札幌
  177. 健忘, 歩行障害にて発症し亜急性に進行したHIV脳症の1例, 藤井輝久, 坂井 晃, 竹本元義, 沖田 肇, 三原圭一郎, 高田 昇, 藏本 淳, 第69回日本内科学会中国地方会, 1993年, 宇部
  178. 血友病家庭療法中に合併した化膿性関節炎3例の教訓, 藤井輝久, 高田 昇, 瀧本泰生, 川野宏則, 藤村欣吾, 藏本 淳, 第33回日本臨床血液学会, 1991年, 東京
  179. 第79回日本血液学会総会, 通常, 日本語, 日本血液学会, 大阪, その他
  180. 広島大学病院における待機手術準備血と術前T&Sの実施状況, 野間 慎尋, 平岡 朝子, 河野 真由, 小松 真由美, 山岡 愛子, 栗田 絵美, 廣瀬 祥子, 大崎 千津子, 山崎 尚也, 齊藤 誠司, 藤井 輝久, 第63回日本輸血・細胞治療学会, 通常, 日本語

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広島県エイズ対策推進会議委員, 2013年09月, 2015年08月, 広島県
  2. 広島県感染症予防研究調査会委員, 2012年04月, 2014年03月, 広島県
  3. 広島県合同輸血療法委員会委員, 2011年05月, 2013年05月, 広島県
  4. 広島県合同輸血療法委員会委員, 2013年05月, 2015年05月, 広島県
  5. 広島県社会福祉審議会身体障害者福祉専門分科会臨時委員, 2013年04月, 2016年03月, 広島県
  6. 広島市社会福祉審議会臨時委員, 2011年05月, 2014年05月, 広島市健康福祉局
  7. 判定医, 2013年04月, 2014年03月, 広島県立身体障害者更生相談所
  8. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, (医)社団一陽会原田病院
  9. 判定医, 2014年04月, 2015年03月, 広島県立身体障害者更生相談所
  10. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, (医)社団一陽会原田病院
  11. 監修者, 2014年04月, 2014年07月, バクスター(株)
  12. 広島県感染症予防研究調査会委員, 2014年04月, 2016年03月, 広島県
  13. 広島市社会福祉審議会臨時委員, 2014年05月, 2017年05月, 広島市健康福祉局
  14. 広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会委員, 2014年06月, 2016年03月, 広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会
  15. 招へい医師, 2015年04月, 2016年03月, 広島刑務所
  16. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, (医)社団一陽会原田病院
  17. 広島県合同輸血療法委員会委員, 2015年05月, 2017年05月, 広島県
  18. 判定医, 2015年04月, 2016年03月, 広島県立身体障害者更生相談所
  19. 判定医, 2016年04月, 2017年03月, 広島県立身体障害者更生相談所
  20. 広島県社会福祉審議会身体障害者福祉専門分科会臨時委員, 2016年04月, 2019年03月, 広島県
  21. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, (医)社団一陽会原田病院
  22. 評議員, 2014年, 日本輸血・細胞治療学会
  23. 広島県感染症予防研究調査会委員, 2016年04月, 2018年03月, 広島県
  24. 広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会委員, 2016年06月, 2018年03月, 広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会
  25. 中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会委員, 2016年08月, 2017年03月, 広島県
  26. 広島県エイズ対策推進会議委員, 2015年09月, 2017年08月, 広島県エイズ対策推進会議
  27. 中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会委員, 2014年07月, 2016年07月, 広島県
  28. 判定医, 2018年04月, 2019年03月, 広島県立身体障害者更生相談所
  29. 広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会, 2018年06月, 2020年03月, 広島県エイズ治療中核拠点病院等連絡協議会委員
  30. (医)社団一陽会原田病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  31. 広島県, 2018年04月, 2020年03月, 広島県感染症予防研究調査会委員
  32. 中国・四国ブロック内拠点病院等連絡協議会委員, 2018年09月, 2019年03月, 広島県
  33. 臨床検査精度管理推進委員会委員, 2018年08月, 2020年06月, 広島県医師会
  34. 広島県社会福祉審議会身体障害者福祉専門分科会臨時委員, 2019年04月, 2022年03月, 広島県
  35. 判定医, 2019年04月, 2020年03月, 広島県立身体障害者更生相談所
  36. 広島県合同輸血療法委員会委員, 2019年05月, 2021年05月, 広島県
  37. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, (医)社団一陽会原田病院

学術会議等の主催

  1. 全国大学病院輸血部会議, 議長, 2014年10月, 2014年10月
  2. 日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム, 日本血栓止血学会学術標準化委員会血友病部会長, 2019年02月, 2019年02月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島県合同輸血療法委員会研修会, 輸血療法におけるヒヤリ・ハット事例, 広島県, 2017年/02月/17日, 2017年/02月/17日, 広島YMCAホール, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  2. 広島県合同輸血療法委員会研修会, 輸血療法に関するアンケート」調査報告, 広島県, 2017年/02月/18日, 2017年/02月/18日, 広島YMCAホール, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  3. 島根県エイズ拠点病院連絡協議会, 最近のエイズに関する話題, 島根県, 2017年/02月/20日, 2017年/02月/20日, 島根大学医学部附属病院, 助言・指導, その他, 行政機関
  4. HIV/AIDS出前研修, 2017年/03月/13日, 2017年/03月/13日, 広島市東区役所, 講師, 講演会, その他
  5. HIV/AIDS出前研修, 2017年/05月/26日, 2017年/05月/26日, 医療法人せのがわ病院, 講師, 講演会, その他
  6. 広島市医師会エイズ講習会, 広島市医師会, 2017年/05月/27日, 2017年/05月/27日, 講師, セミナー・ワークショップ, 学術団体
  7. HIV感染症薬物療法認定薬剤師養成研修, 2017年/06月/12日, 2017年/06月/13日, 広島大学病院薬剤部, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  8. 看護師のためのエイズ診療従事者研修, 2017年/06月/14日, 2017年/06月/15日, 広島大学病院エイズ医療対策室, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  9. エイズ研修会, HIV感染症の基礎知識 曝露事故の対応, 2017年/06月/20日, 2017年/06月/20日, 山口県健康作りセンター, 講師, 講演会, 研究者
  10. 看護師のためのエイズ診療従事者研修, 2017年/07月/05日, 2017年/07月/06日, 広島大学病院エイズ医療対策室, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  11. 薬剤師のための抗HIV薬服薬指導研修会, 2017年/07月/29日, 2017年/07月/30日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, その他
  12. 中国四国エイズ治療拠点病院・各県市連絡会議, 2017年/08月/18日, 2017年/08月/18日, 米子コンベンションセンター, 司会, その他, 行政機関
  13. 四国地方エイズ医療体制構築のための連携会議, 2017年/08月/18日, 2017年/08月/18日, 米子コンベンションセンター, 司会, その他, その他
  14. 平成29年度第1回中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会, 2017年/08月/18日, 2017年/08月/18日, 米子コンベンションセンター, 運営参加・支援, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, その他
  15. HIV/AIDSソーシャルワーカー・ネットワーク会議研修会, 2017年/08月/26日, 2017年/08月/27日, TKP岡山カンファレンスセンター, 講師, 講演会, その他
  16. HIV抗体検査相談従事者のためのカウンセリング研修会, 2017年/09月/01日, 2017年/09月/01日, 広島センチュリー21, 講師, 講演会, 行政機関
  17. 中国四国地方エイズ診療医師のため研修会, 2017年/09月/17日, 2017年/09月/17日, 広島大学病院, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 研究者
  18. エイズについて, 中国放送, それゆけカープ, 2017年/09月/20日, 2017年/09月/20日, 中国放送ラジオ番組, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  19. 四国地方の診療医師及びスタッフのためのHIV講習会, 2017年/09月/24日, 2017年/09月/24日, 愛媛大学城北キャンパス, セミナー・ワークショップ, その他
  20. 心理職対象HIVカウンセリング研修会, 2017年/10月/14日, 2017年/10月/15日, 広島大学病院、広島センチュリー21, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  21. 広島大学病院エイズ研修会, 広島大学病院エイズ医療対策室, 2017年/12月/01日, 2017年/12月/01日, 広島大学病院, 司会, 講演会, その他
  22. 広島県歯科医師会の会員・準会員のためのHIV感染症に関する講習会, 2017年/12月/03日, 2017年/12月/03日, 大竹商工会議所, 運営参加・支援, 講演会, 学術団体
  23. 中国・四国ブロックエイズ治療拠点病院等連絡協議会, 2017年/12月/13日, 2017年/12月/13日, メルパルク広島, 助言・指導, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, その他
  24. HIV/AIDS出前研修, 2018年/01月/18日, 2018年/01月/18日, 安佐北区総合福祉センター, 講師, 講演会, その他
  25. 包括的HIVカウンセリング研修会, 2018年/03月/03日, 2018年/03月/04日, 松江アーバンホテル, 運営参加・支援, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, その他
  26. HIV/AIDS出前研修, 2018年/03月/14日, 2018年/03月/14日, 広島市安芸区役所, 講師, 講演会, その他
  27. HIV/AIDS出前研修, 2018年/03月/16日, 2018年/03月/16日, 特別養護老人ホーム和楽荘, 講演会, その他
  28. 出前研修, エイズ医療対策室, 2018年/05月/15日, 済生会広島病院, 講師, 出前授業, 行政機関
  29. 看護師のためのエイズ診療従事者研修, エイズ医療対策室, 2018年/06月/07日, 2018年/06月/08日, 広島大学病院, 企画, その他, その他
  30. 出前研修, エイズ医療対策室, 2018年/06月/27日, 2018年/06月/27日, 如水館高校, 講師, 出前授業, 高校生
  31. 看護師のためのエイズ診療従事者研修, エイズ医療対策室, 2018年/07月/26日, 2018年/07月/27日, 広島大学病院, 企画, その他, その他
  32. 四国地方の診療医師及びスタッフのためのHIV講習会, エイズ医療対策室, 2018年/09月/23日, 2018年/09月/23日, サンポート高松, 司会, 講演会, その他
  33. 中国四国エイズ治療拠点病院・各県市連絡会議, 広島県, 2018年/09月/27日, 2018年/09月/27日, メルパルク広島, 助言・指導, その他, 行政機関
  34. HIV/AIDSソーシャルワーカー・看護師ネットワーク会議・研修会, エイズ医療対策室, 2018年/10月/06日, 2018年/10月/07日, 広島オフィスセンター、広仁会館, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, その他
  35. HIV/AIDS出前研修, 2018年/10月/15日, 済生会呉病院, 講師, 講演会, その他
  36. 中国・四国ブロックエイズ治療ブロック/中核拠点病院等看護担当者会議, エイズ医療対策室, 2018年/11月/02日, 2018年/11月/02日, 広島市立広島市民病院, 運営参加・支援, インターネット, その他
  37. 心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け), 2018年/11月/11日, 2018年/11月/11日, 広島大学病院, 講師, 講演会, その他
  38. 中国四国地方HIV陽性者の歯科診療体制構築のための研究会議, エイズ医療対策室, 2018年/11月/11日, 岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム), その他, その他
  39. 広島県歯科医師会の会員・準会員のためのHIV感染症に関する講習会, 広島県歯科医師会, 2018年/12月/09日, 広島県歯科医師会館, 運営参加・支援, 講演会, 学術団体
  40. 中国四国地方エイズ診療医師のための研修会, 2018年/12月/16日, 2018年/12月/16日, 企画, その他
  41. 薬剤師のための抗HIV薬服薬指導研修会, 2019年/01月/12日, 2019年/01月/13日, 広島センチュリー21, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, その他
  42. 出前研修, エイズ医療対策室, 2019年/03月/05日, 2019年/03月/05日, 安佐南区保健センター, 講師, 出前授業, 行政機関

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, 日本血栓止血誌, 編集員, 編集委員
  2. 2020年, 編集員
  3. 2020年, その他, 3
  4. 2015年, Journal of Internal medicine, その他, 査読者, 2
  5. 2015年, International Journal of Hematology, その他, 査読者, 2
  6. 2015年, Haemophilia, その他, 査読者, 2
  7. 2015年, 日本輸血・細胞治療学会雑誌, その他, 査読者, 1
  8. 2015年, Journal of Bone and Mineral Metabolism, その他, 査読者, 1
  9. 2015年, 日本血栓止血学会雑誌, その他, 査読者, 1
  10. 2016年, International Journal of hematology, その他, 3
  11. 2016年, その他, 5
  12. 2016年, 日本血栓止血学会雑誌, その他, 査読者, 1
  13. 2017年, その他, 査読者, 3
  14. 2017年, その他, 査読者
  15. 2017年, 日本輸血・細胞治療学会誌, その他, 査読者
  16. 2017年, 日本エイズ学会雑誌, その他, 査読者
  17. 2017年, 日本血栓止血学会雑誌, その他, 査読者
  18. 2018年, その他, 2
  19. 2018年, 日本輸血・細胞治療学会雑誌, その他, 査読者, 3
  20. 2018年, 編集員, 1
  21. 2018年, その他, 1