柘植 雅貴MASATAKA TSUGE

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
自然科学研究支援開発センター 講師
メールアドレス
tsugehiroshima-u.ac.jp
自己紹介
ウイルス性肝炎の研究を行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2007年01月31日, 財団法人 ウイルス肝炎研究財団, リサーチ・レジデント
  • 2007年02月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 病院, 助手
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 病院, 助教
  • 2008年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 自然科学研究支援開発センター, 助教
  • 1998年05月16日, 1999年06月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 1999年07月01日, 1999年09月30日, 広島赤十字・原爆病院, 研修医
  • 1999年10月01日, 2000年03月30日, 広島大学, 医学部附属病院, 医員(研修医)
  • 2000年04月01日, 2002年03月31日, 庄原赤十字総合病院, 内科医師
  • 2018年04月01日, 広島医療保健専門学校, 非常勤講師
  • 2007年04月01日, 放射線影響研究所, 非常勤研究員
  • 2021年04月01日, 広島大学, 自然科学研究支援開発センター, 講師

学歴

  • 東京大学医科学研究所, ヒトゲノム解析センター, 特別研究学生, Japan, 2004年04月01日, 2005年12月31日
  • 広島大学, 医歯薬学総合研究科, 創生医科学専攻, 日本, 2002年04月, 2006年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1992年04月, 1998年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 消化器内科学

研究キーワード

  • ウイルス性肝炎

所属学会

  • 日本ウイルス学会, 2003年
  • 日本内科学会, 1998年
  • 日本消化器内視鏡学会, 2000年
  • 日本消化器病学会, 2000年
  • 日本癌学会, 2005年
  • 日本肝臓学会, 2002年
  • 日本臨床分子医学会, 2005年

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  5. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 視床出血をきたした Churg-Strauss 症候群の1例., 脳と神経, 51巻, pp. 891-894, OCT 1999
  2. HBc抗体(IgM・HBc抗体、IgA・HBc抗体を含む), 日本臨床社・日本臨床増刊号 ウイルス性肝炎(下), 62巻, 増刊号8号, pp. 129-133, AUG 2004
  3. アーキテクトによるHBc抗体価測定の臨床的有用性に関する検討, 肝臓, 45巻, 10号, pp. 41-42, OCT 2004
  4. G to A hypermutation of hepatitis B virus, HEPATOLOGY, 41巻, 3号, pp. 626-633, MAR 2005
  5. ★, A variable number of tandem repeats polymorphism in an E2F-1 binding element in the 5 ' flanking region of SMYD3 is a risk factor for human cancers, NATURE GENETICS, 37巻, 10号, pp. 1104-1107, OCT 2005
  6. ★, Infection of human hepatocyte chimeric mouse with genetically engineered hepatitis B virus, HEPATOLOGY, 42巻, 5号, pp. 1046-1054, NOV 2005
  7. B型肝炎, 消化器疾患最新の治療 20050401-20060401 南江堂, pp. 316-319, APR 2005
  8. Emergence of a novel lamivudine-resistant hepatitis B virus variant with a substitution outside the YMDD motif, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 50巻, 11号, pp. 3867-3874, NOV 2006
  9. Enhanced SMYD3 expression is essential for the prowth of breast cancer cells., Cancer Sci, 97巻, 2号, pp. 113-118, FEB 2006
  10. Dual effect of APOBEC3G on Hepatitis B virus, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 88巻, pp. 432-440, FEB 2007
  11. Serum HBV RNA is a predictor of early emergence of the YMDD mutant in patients treated with lamivudine, HEPATOLOGY, 45巻, 5号, pp. 1179-1186, MAY 2007
  12. Successful treatment of an entecavir-resistant hepatitis B virus variant, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 79巻, 12号, pp. 1811-1817, DEC 2007
  13. Enhanced methyltransferase activity of SMYD3 by the cleavage of its N-terminal region in human cancer cells., Oncogene, NOV 2007
  14. Establishment of an infectious genotype 1b hepatitis C virus clone in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 89巻, pp. 2108-2113, SEP 2008
  15. A Case of Fulminant Hepatic Failure Caused by Hepatitis E virus79117, Clinical Journal of gastroenterology, 1巻, pp. 69-74, JUN 2008
  16. The first Japanese case of COACH syndrome, HEPATOLOGY RESEARCH, 39巻, 3号, pp. 318-323, MAR 2009
  17. A Polymorphism in MAPKAPK3 Affects Response to Interferon Therapy for Chronic Hepatitis C, GASTROENTEROLOGY, 136巻, 5号, pp. 1796-1805, MAY 2009
  18. Ecabet sodium induces neuronal nitric oxide synthase-derived nitric oxide synthesis and gastric adaptive relaxation in the human stomach, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 44巻, 11号, pp. 1118-1124, NOV 2009
  19. Absence of viral interference and different susceptibility to interferon between hepatitis B virus and hepatitis C virus in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 51巻, 6号, pp. 1046-1054, DEC 2009
  20. Effects of structural variations of APOBEC3A and APOBEC3B genes in chronic hepatitis B virus infection, HEPATOLOGY RESEARCH, 39巻, 12号, pp. 1159-1168, DEC 2009
  21. G-to-A Hypermutation in Hepatitis B Virus (HBV) and Clinical Course of Patients with Chronic HBV Infection, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 199巻, 11号, pp. 1599-1607, JUN 2009
  22. Amino acid substitutions in core and NS5A regions of the HCV genome can predict virological decrease with pegylated interferon plus ribavirin therapy, ANTIVIRAL THERAPY, 15巻, 8号, pp. 1087-1097, DEC 2010
  23. Differential effects of interferon and lamivudine on serum HBV RNA inhibition in patients with chronic hepatitis B, ANTIVIRAL THERAPY, 15巻, 2号, pp. 177-184, APR 2010
  24. G to A hypermutation of TT virus, VIRUS RESEARCH, 149巻, 2号, pp. 211-216, MAY 2010
  25. HBx protein is indispensable for development of viraemia in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 91巻, pp. 1854-1864, JUL 2010
  26. Practical evaluation of a mouse with chimeric human liver model for hepatitis C virus infection using an NS3-4A protease inhibitor, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 91巻, pp. 1668-1677, JUL 2010
  27. Importance of Serum Concentration of Adefovir for Lamivudine-Adefovir Combination Therapy in Patients with Lamivudine-Resistant Chronic Hepatitis B, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 54巻, 8号, pp. 3205-3211, AUG 2010
  28. Common variation of IL28 affects gamma-GTP levels and inflammation of the liver in chronically infected hepatitis C virus patients, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 53巻, 3号, pp. 439-443, SEP 2010
  29. Prolongation of interferon therapy for recurrent hepatitis C after living donor liver transplantation: Analysis of predictive factors of sustained virological response, including amino acid sequence of the core and NS5A regions of hepatitis C virus, SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 45巻, 12号, pp. 1488-1496, DEC 2010
  30. Animal model for study of human hepatitis viruses, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 26巻, 1号, pp. 13-18, JAN 2011
  31. Predictive value of the IL28B polymorphism on the effect of interferon therapy in chronic hepatitis C patients with genotypes 2a and 2b, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 54巻, 3号, pp. 408-414, MAR 2011
  32. Impact of Radiation and Hepatitis Virus Infection on Risk of Hepatocellular Carcinoma, HEPATOLOGY, 53巻, 4号, pp. 1237-1245, APR 2011
  33. Elimination of hepatitis C virus by short term NS3-4A and NS5B inhibitor combination therapy in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 54巻, 5号, pp. 872-878, MAY 2011
  34. Common Genetic Polymorphism of ITPA Gene Affects Ribavirin-Induced Anemia and Effect of Peg-Interferon Plus Ribavirin Therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 83巻, 6号, pp. 1048-1057, JUN 2011
  35. IL28 variation affects expression of interferon stimulated genes and peg-interferon and ribavirin therapy, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 54巻, 6号, pp. 1094-1101, JUN 2011
  36. Prediction of Response to Peginterferon-Alfa-2b Plus Ribavirin Therapy in Japanese Patients Infected With Hepatitis C Virus Genotype 1b, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 83巻, 6号, pp. 981-988, JUN 2011
  37. Impact of Viral Amino Acid Substitutions and Host Interleukin-28B Polymorphism on Replication and Susceptibility to Interferon of Hepatitis C Virus, HEPATOLOGY, 54巻, 3号, pp. 764-771, SEP 2011
  38. Inverse Association of IL28B Genotype and Liver mRNA Expression of Genes Promoting or Suppressing Antiviral State, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 83巻, 9号, pp. 1597-1607, SEP 2011
  39. Rapid Emergence of Telaprevir Resistant Hepatitis C Virus Strain from Wildtype Clone In Vivo, HEPATOLOGY, 54巻, 3号, pp. 781-788, SEP 2011
  40. IL28B polymorphism may guide pegylated interferon plus ribavirin therapy even after curative treatment for hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 18巻, 10号, pp. E550-E560, OCT 2011
  41. Eradication of hepatitis C virus genotype 1 after liver transplantation by interferon therapy before surgery: Report of three patients with analysis of interleukin-28 polymorphism, hepatitis C virus core region and interferon-sensitivity determining region, HEPATOLOGY RESEARCH, 41巻, 11号, pp. 1126-1131, NOV 2011
  42. In vitro,In vivoモデルを用いた多耐性HBVに対する抗ウイルス効果, 消化器内科, 52巻, 1号, pp. 92-98, JAN 2011
  43. ME3738 enhances the effect of interferon and inhibits hepatitis C virus replication both in vitro and in vivo, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 55巻, 1号, pp. 11-18, JUL 2011
  44. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたB型肝炎ウイルス感染とそれに伴うヒト肝細胞内遺伝子の発現変化, Medical Practice, AUG 2011
  45. B型慢性肝炎における核酸アナログ治療中止例の検討, 消化器内科, 53巻, 3号, pp. 300-308, SEP 2011
  46. A first case of hepatic angiosarcoma treated with recombinant interleukin-2, Hiroshima J. Med. Sci., 60巻, 4号, pp. 91-6, DEC 2011
  47. ★, Hepatitis C Virus Infection Suppresses the Interferon Response in the Liver of the Human Hepatocyte Chimeric Mouse, PLOS ONE, 6巻, 8号, AUG 2011
  48. ★, Effects of Hepatitis B Virus Infection on the Interferon Response in Immunodeficient Human Hepatocyte Chimeric Mice, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 204巻, 2号, pp. 224-228, JUL 2011
  49. Achievement of Sustained Viral Response after Switching Treatment from Pegylated Interferon alpha-2b to alpha-2a and Ribavirin in Patients with Recurrence of Hepatitis C Virus Genotype 1 Infection after Liver Transplantation: A Case Report, INTERVIROLOGY, 55巻, 4号, pp. 306-310, APR 2012
  50. Identification of novel HCV deletion mutants in chronic hepatitis C patients, ANTIVIRAL THERAPY, 17巻, 8号, pp. 1551-1561, AUG 2012
  51. Combination of hepatitis B viral antigens and DNA for prediction of relapse after discontinuation of nucleos(t)ide analogs in patients with chronic hepatitis B, HEPATOLOGY RESEARCH, 42巻, 2号, pp. 139-149, FEB 2012
  52. Serum PAI-1 is a novel predictor for response to pegylated interferon-a-2b plus ribavirin therapy in chronic hepatitis C virus infection, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 19巻, 2号, pp. E126-E133, FEB 2012
  53. IL28B polymorphism is associated with fatty change in the liver of chronic hepatitis C patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 47巻, 7号, pp. 834-844, JUL 2012
  54. Severe necroinflammatory reaction caused by natural killer cell-mediated Fas/Fas ligand interaction and dendritic cells in human hepatocyte chimeric mouse, HEPATOLOGY, 56巻, 2号, pp. 555-566, AUG 2012
  55. Interleukin-28B single nucleotide polymorphism of donors and recipients can predict viral response to pegylated interferon/ribavirin therapy in patients with recurrent hepatitis C after living donor liver transplantation, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 27巻, 9号, pp. 1467-1472, SEP 2012
  56. 核酸アナログ薬中止に伴うリスク回避のための指針2012-厚生労働省「B型肝炎の核酸アナログ薬治療における治療中止基準の作成と治療中止を目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」の報告-, 肝臓, 53巻, 4号, APR 2012
  57. HBV RT領域変異株におけるテノホビルの抗ウイルス効果の検討, 消化器内科, 54巻, 5号, pp. 575-581, MAY 2012
  58. Migration to the pulmonary artery of nine metallic coils placed in the internal iliac vein for treatment of giant rectal varices.Wataru Yamasaki, Hideaki Kakizawa, Masaki Ishikawa, Shuji Date, ;Fuminari Tatsugami, Hiroaki Terada, Keiichi Masaki, Tomokazu Kawaoka, Masataka Tsuge, Hiroshi Aikata, Kazuaki Chayama, and Kazuo Awai.Acta Radiol.1(6),2012, Acta Radiol, 1巻, 6号, JUL 2012
  59. ヒト肝細胞キメラマウスを用いた抗HBV薬剤感受性評価と臨床への応用, 肝胆膵, 65巻, 4号, pp. 591-600, OCT 2012
  60. Sorafenib内服中に腸管穿孔を合併した肝細胞癌の1例, 肝臓, 52巻, 12号, pp. 13-19, DEC 2012
  61. Hepatitis B Virus-Specific miRNAs and Argonaute2 Play a Role in the Viral Life Cycle, PLOS ONE, 7巻, 10号, OCT 2012
  62. Circulating microRNA-22 correlates with microRNA-122 and represents viral replication and liver injury in patients with chronic hepatitis B, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 85巻, 5号, pp. 789-798, MAY 2013
  63. Combination therapies with NS5A, NS3 and NS5B inhibitors on different genotypes of hepatitis C virus in human hepatocyte chimeric mice, GUT, 62巻, 7号, pp. 1055-1061, JUL 2013
  64. Risk factors for the exacerbation of esophageal varices or portosystemic encephalopathy after sustained virological response with IFN therapy for HCV-related compensated cirrhosis, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 48巻, 7号, pp. 847-855, JUL 2013
  65. A Translational Study of Resistance Emergence Using Sequential Direct-Acting Antiviral Agents for Hepatitis C Using Ultra-Deep Sequencing, AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 108巻, 9号, pp. 1464-1472, SEP 2013
  66. Serum HBV RNA and HBeAg are useful markers for the safe discontinuation of nucleotide analogue treatments in chronic hepatitis B patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 48巻, 10号, pp. 1188-1204, OCT 2013
  67. Utility of controlled attenuation parameter measurement for assessing liver steatosis in Japanese patients with chronic liver diseases, HEPATOLOGY RESEARCH, 43巻, 11号, pp. 1182-1189, NOV 2013
  68. Availability of monitoring serum HBV DNA plus RNA during nucleot(s)ide analogue therapy., J Gastroenterology, 48巻, 6号, pp. 779-780, JUN 2013
  69. HLA-DQB1*03 Confers Susceptibility to Chronic Hepatitis C in Japanese: A Genome-Wide Association Study, PLOS ONE, 8巻, 12号, pp. E84226, DEC 2013
  70. A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infections, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 441巻, 1号, pp. 230-235, NOV 2013
  71. Non-invasive liver fibrosis score calculated by combination of virtual touch tissue quantification and serum liver functional tests in chronic hepatitis C patients, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 3号, pp. 280-287, MAR 2014
  72. Ultradeep Sequencing Study of Chronic Hepatitis C Virus Genotype 1 Infection in Patients Treated with Daclatasvir, Peginterferon, and Ribavirin, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 58巻, 4号, pp. 2105-2112, APR 2014
  73. Long-term outcome of patients with gastric varices treated by balloon-occluded retrograde transvenous obliteration, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 29巻, 5号, pp. 1035-1042, MAY 2014
  74. Percutaneous transvenous embolization for portosystemic shunts associated with encephalopathy: Long-term outcomes in 14 patients, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 7号, pp. 740-749, JUL 2014
  75. Sustained virological response to antiviral therapy improves survival rate in patients with recurrent hepatitis C virus infection after liver transplantation, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 11号, pp. 1047-1054, NOV 2015
  76. A case of syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone following transarterial embolization with cisplatin, 日本消化器病学会雑誌, 111巻, 9号, pp. 1805-1810, SEP 2014
  77. Human microRNA hsa-miR-1231 suppresses hepatitis B virus replication by targeting core mRNA, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 21巻, 9号, pp. E89-E97, 201409
  78. Two patients treated with pegylated interferon/ribavirin/telaprevir triple therapy for recurrent hepatitis C after living donor liver transplantation, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 12号, pp. 1259-1264, NOV 2014
  79. Interferon lambda 4 polymorphism affects on outcome of telaprevir, pegylated interferon and ribavirin combination therapy for chronic hepatitis C, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 14号, pp. E447-E454, DEC 2014
  80. Non-invasive assessment of liver steatosis in non-alcoholic fatty liver disease, HEPATOLOGY RESEARCH, 44巻, 14号, pp. E420-E427, DEC 2014
  81. Predictive value of the IFNL4 polymorphism on outcome of telaprevir, peginterferon, and ribavirin therapy for older patients with genotype 1b chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 49巻, 12号, pp. 1548-1556, DEC 2014
  82. Serum interleukin-6 associated with hepatocellular carcinoma risk: A nested case-control study, INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 134巻, 1号, pp. 154-163, JAN 2014
  83. Efficacy and Safety of Sitagliptin for the Treatment of Nonalcoholic Fatty Liver Disease with Type 2 Diabetes Mellitus, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 61巻, 130号, pp. 323-328, MAR-APR 2014
  84. On-treatment low serum HBV RNA level predicts initial virological response in chronic hepatitis B patients receiving nucleoside analogue therapy, ANTIVIRAL THERAPY, 20巻, 4号, pp. 369-375, 201504
  85. Emergence of resistant variants detected by ultra-deep sequencing after asunaprevir and daclatasvir combination therapy in patients infected with hepatitis C virus genotype 1, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 22巻, 2号, pp. 158-165, FEB 2015
  86. Ribavirin dose reduction during telaprevir/ribavirin/peg-interferon therapy overcomes the effect of the ITPA gene polymorphism, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 22巻, 2号, pp. 166-174, FEB 2015
  87. Differences in serum microRNA profiles in hepatitis B and C virus infection, JOURNAL OF INFECTION, 70巻, 3号, pp. 273-287, MAR 2015
  88. A second attack of cholestasis associated with erythropoietic protoporphyria was successfully treated by plasma exchange and blood transfusion, Clinical journal of gastroenterology, 7巻, 4号, pp. 333-337, AUG 2015
  89. Evaluation of early response to hepatic arterial infusion chemotherapy in patients with advanced hepatocellular carcinoma using the combination of Response Evaluation Criteria in Solid Tumors and tumor markers, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 30巻, 4号, pp. 726-732, APR 2015
  90. Two Patients Treated With Simeprevir Plus Pegylated-Interferon and Ribavirin Triple Therapy for Recurrent Hepatitis C After Living Donor Liver Transplantation: Case Report, TRANSPLANTATION PROCEEDINGS, 47巻, 3号, pp. 809-814, APR 2015
  91. Efficacy and safety of the anticoagulant drug, danaparoid sodium, in the treatment of portal vein thrombosis in patients with liver cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 6号, pp. 656-662, JUN 2015
  92. Role of 3-D conformal radiotherapy for major portal vein tumor thrombosis combined with hepatic arterial infusion chemotherapy for advanced hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 45巻, 6号, pp. 607-617, JUN 2015
  93. Efficacy of radiofrequency ablation for initial recurrent hepatocellular carcinoma after curative treatment: Comparison with primary cases, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 84巻, 8号, pp. 1540-1545, AUG 2015
  94. Association between variants in the interferon lambda 4 locus and substitutions in the hepatitis C virus non-structural protein 5A, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 63巻, 3号, pp. 554-563, SEP 2015
  95. Effects of bisphosphonate zoledronic acid in hepatocellular carcinoma, depending on mevalonate pathway, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 30巻, 3号, pp. 619-627, MAR 2015
  96. Combination therapies with daclatasvir and asunaprevir on NS3-D168 mutated HCV in human hepatocyte chimeric mice, ANTIVIRAL THERAPY, 21巻, 4号, pp. 307-315, APR 2016
  97. Factors associated with the effect of interferon-alpha sequential therapy in order to discontinue nucleoside/nucleotide analog treatment in patients with chronic hepatitis B, Hepatology research, 45巻, 12号, pp. 1195-1202, DECEMBER 2015
  98. Daclatasvir and asunaprevir treatment improves liver function parameters and reduces liver fibrosis markers in chronic hepatitis C patients, Hepatology Research, 46巻, 8号, pp. 758-764, JULY 2016
  99. ★, Effect of tenofovir disoproxil fumarate on drug-resistant HBV clones, JOURNAL OF INFECTION, 72巻, 1号, pp. 91-102, 201601
  100. Development of hepatocellular carcinoma in patients with hepatitis C virus infection who achieved sustained virological response following interferon therapy: A large-scale, long-term cohort study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 31巻, 5号, pp. 1009-1015, MAY 2016
  101. Elimination of HCV via a non-ISG-mediated mechanism by vaniprevir andBMS-788329 combination therapy in human hepatocyte chimeric mice, VIRUS RESEARCH, 213巻, pp. 62-68, FEB 2016
  102. Human Cytotoxic T Lymphocyte-Mediated Acute Liver Failure and Rescue by Immunoglobulin in Human Hepatocyte Transplant TK-NOG Mice, JOURNAL OF VIROLOGY, 89巻, 19号, pp. 10087-10096, OCT 2015
  103. Long term persistence of NS5A inhibitor-resistant hepatitis C virus in patients who failed daclatasvir and asunaprevir therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 87巻, 11号, pp. 1913-1920, NOV 2015
  104. Usefulness of combining gadolinium-ethoxybenzyl-diethylenetriamine pentaacetic acid-enhanced magnetic resonance imaging and contrast-enhanced ultrasound for diagnosing the macroscopic classification of small hepatocellular carcinoma, EUROPEAN RADIOLOGY, 25巻, 11号, pp. 3272-3281, NOV 2015
  105. Influence of the rs738409 polymorphism in patatin-like phospholipase 3 on the treatment efficacy of non-alcoholic fatty liver disease with type 2 diabetes mellitus, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 3号, pp. E146-E153, MAR 2016
  106. Improvement of renal dysfunction in a patient with hepatitis C virus-related liver cirrhosis by daclatasvir and asunaprevir combination therapy: A case report, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 9号, pp. 944-948, AUG 2016
  107. Three patients treated with daclatasvir and asunaprevir for recurrent hepatitis C after liver transplantation: Case report, HEPATOLOGY RESEARCH, 46巻, 7号, pp. 707-712, JUN 2016
  108. Preoperative Fluorine 18 Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography/Computed Tomography for Prediction of Microvascular Invasion in Small Hepatocellular Carcinoma., Journal of Computer Assisted Tomography, 40巻, 4号, pp. 524-530, JUL-AUG 2016
  109. ITPA polymorphism effects on decrease of hemoglobin during simeprevir, pegylated interferon and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C., Hepatology Research
  110. IFNL4 polymorphism effects on outcome of simeprevir, peginterferon and ribavirin therapy for older patients with genotype 1 chronic hepatitis C., Hepatology Research, 47巻, 3号, pp. E5-E13, MAR 2017
  111. Antiviral effects of anti-HBs immunoglobulin and vaccine on HBs antigen seroclearance for chronic hepatitis B infection, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 51巻, 11号, pp. 1073-1080, 201611
  112. The prognosis of hepatitis B inactive carriers in Japan: a multicenter prospective study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 1号, pp. 113-122, JAN 2017
  113. Protease Inhibitor Resistance Remains Even After Mutant Strains Become Undetectable by Deep Sequencing, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 214巻, 11号, pp. 1687-1694, DEC 1 2016
  114. Efficacy and Safety of Daclatasvir Plus Asunaprevir Therapy for Chronic Hepatitis C Patients With Renal Dysfunction, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 4号, pp. 665-671, APR 2017
  115. Interferon alpha treatment stimulates interferon gamma expression in type I NKT cells and enhances their antiviral effect against hepatitis C virus, PLOS ONE, 12巻, 3号, MAR 2 2017
  116. The risk of transient postprandial oxyhypoglycemia in nonalcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 2号, pp. 253-262, FEB 2017
  117. The relationship between HBcrAg and HBV reinfection in HBV related post-liver transplantation patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 3号, pp. 366-375, MAR 2017
  118. Real-world efficacy and safety of daclatasvir and asunaprevir therapy for hepatitis C virus-infected cirrhosis patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 32巻, 3号, pp. 645-650, MAR 2017
  119. Safety and efficacy of dual therapy with daclatasvir and asunaprevir for older patients with chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 4号, pp. 504-511, APR 2017
  120. ITPA polymorphism effects on decrease of hemoglobin during sofosbuvir and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 6号, pp. 746-753, JUN 2017
  121. Impact of Hepatitis C Virus Eradication on the Clinical Outcome of Patients with Hepatitis C Virus-Related Advanced Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib, ONCOLOGY, 92巻, 6号, pp. 335-346, 2017
  122. ARFI (Acoustic Radiation Force Impulse) : 新しい非侵襲的方法による肝線維化の評価, 肝臓, 50巻, 8号, pp. 467-469, 20090825
  123. HBe抗原陰性B型慢性活動性肝炎に対するSequential療法の有用性―HBs抗原陰性化への検討―, 肝臓, 54巻, 10号, pp. 720-722, 2013
  124. ユニバーサルHBワクチネーション : 是か非か?, 肝臓, 50巻, 10号, pp. 598-604, 20091025
  125. B型肝炎 universal vaccination へ向けて, 肝臓, 53巻, 2号, pp. 117-130, 20120225
  126. ゲノタイプ3a型のC型急性肝炎の1例 : IL28B遺伝子からの考察, 肝臓, 54巻, 2号, pp. 120-127, 20130225
  127. 肝嚢胞増大により発見され, 胆汁細胞診にて診断された肝吸虫症の1例, 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 110巻, 3号, pp. 456-464, 20130305
  128. 術前診断が困難であった脾破裂後の肝内脾症の1例, 肝臓, 54巻, 5号, pp. 317-325, 20130525
  129. 重症筋無力症が発症し表面化したと考えられるアレルギー性肉芽腫性血管炎の1例, アレルギー, 50巻, 2号, 20010330
  130. Absence of viral interference and different susceptibility to interferon between hepatitis B virus and hepatitis C virus in human hepatocyte chimeric mice, Journal of Hepatology, 51巻, 6号, pp. 1046-1054, 200912
  131. A First Case of Hepatic Angiosarcoma Treated with Recombinant Interleukin-2, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 60巻, 4号, pp. 91-96, 201112
  132. B 型肝炎に対するラミブジン治療中にみられた HBe 抗体価の低下, 肝臓, 44巻, 7号, pp. 369-370, 20030725
  133. 肝細胞癌に対しシスプラチンを使用した肝動注化学塞栓術後に抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)をきたした1例, 日本消化機病學會雜誌. 乙, 111巻, 9号, pp. 1805-1810, 2014
  134. 生体肝移植後C型肝炎にペグインターフェロン治療を行いドナー由来のHBV再活性化とde novo自己免疫性肝炎を発症した1例, 肝臓, 55巻, 10号, pp. 604-611, 2014
  135. In vitro, in vivoにおけるHBVの薬剤感受性評価と臨床への応用--ヒト肝細胞キメラマウスを用いた基礎研究とその応用 (第1土曜特集 ウイルス性肝炎--最新治療コンセンサス) -- (B型肝炎), 医学のあゆみ, 229巻, 1号, pp. 11-16, 20090404
  136. B型慢性肝炎における核酸アナログ治療中止例の検討 (特集 B型肝炎に対する新治療戦略), 消化器内科, 53巻, 3号, pp. 300-308, 201109
  137. HBV RT領域変異株におけるテノホビルの抗ウイルス効果の検討 (特集 B型肝炎の抗ウイルス療法の進歩と耐性), 消化器内科, 54巻, 5号, pp. 575-581, 201205
  138. HBV感染に伴うヒト肝細胞内免疫応答の変化 (特集 B型肝炎の概念の変遷とその臨床的意義), 消化器内科, 58巻, 2号, pp. 231-238, 201402
  139. Persistent Loss of HBV Markers in Serum without Cellular Immunity by Combination of PEG-IFN Plus ETV Therapy in Humanized Mice., Antimicrob Agents Chemother
  140. Emergence of drug resistance-associated variants and changes in serum lipid profiles in sofosbuvir plus ledipasvir-treated chronic hepatitis C patients., J Med Virol
  141. A case of chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy after treatment with pegylated interferon alpha-2a in a patient with chronic hepatitis B virus infection, 臨床神経学, 56巻, 10号, pp. 672-677, OCT 2016
  142. Effects of ITPA polymorphism on decrease of hemoglobin during simeprevir, peg-interferon, and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, Hepatol Res, 46巻, 12号, pp. 1256-1263, NOV 2016
  143. Liver fibrosis assessment by FibroScan compared with pathological findings of liver resection specimen in hepatitis C infection, Hepatol Res, 47巻, 8号, pp. 767-772, JUL 2017
  144. The relationship between HBcrAg and HBV reinfection in HBV related post-liver transplantation patients, J Gastroenterol, 52巻, 3号, pp. 366-375, MAR 2017
  145. Combinational use of hepatitis B viral antigens predicts responses to nucleos(t)ide analogue/peg-interferon sequential therapy, J Gastroenterol
  146. Late-onset ornithine transcarbamylase deficiency associated with hyperammonemia, Clin J Gastroenterol
  147. Erratum to: Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, J Gastroenterol
  148. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma, Hepatol Res
  149. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury, J Gastroenterol
  150. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, J Gastroenterol
  151. ★, Development of a Novel Site-Specific Pegylated Interferon Beta for Antiviral Therapy of Chronic Hepatitis B Virus, Antimicrob Agents Chemother, 61巻, 6号, 201706
  152. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis, Hepatol Res
  153. Three patients treated with sofosbuvir plus ledipasvir for recurrent hepatitis C after liver transplantation, Clin J Gastroenterol, 10巻, 2号, pp. 179-184, APR 2017
  154. Usefulness of humanized cDNA-uPA/SCID mice for the study of hepatitis B virus and hepatitis C virus virology, J Gen Virol, 98巻, 5号, pp. 1040-1047, MAY 2017
  155. Usefulness of humanized cDNA-uPA/SCID mice for the study of hepatitis B virus and hepatitis C virus virology, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 98巻, 5号, pp. 1040-1047, MAY 2017
  156. Liver fibrosis assessment by FibroScan compared with pathological findings of liver resection specimen in hepatitis C infection, HEPATOLOGY RESEARCH, 47巻, 8号, pp. 767-772, JUL 2017
  157. The risks of hepatocellular carcinoma development after HCV eradication are similar between patients treated with peg-interferon plus ribavirin and direct-acting antiviral therapy, PLOS ONE, 12巻, 8号, AUG 10 2017
  158. Emergence of drug resistance-associated variants and changes in serum lipid profiles in sofosbuvir plus ledipasvir-treated chronic hepatitis C patients, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 11号, pp. 1963-1972, NOV 2017
  159. Three patients treated with sofosbuvir plus ledipasvir for recurrent hepatitis C after liver transplantation, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 10巻, 2号, pp. 179-184, APR 2017
  160. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 12号, pp. 1252-1257, DEC 2017
  161. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 1号, pp. 107-118, JAN 2018
  162. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 1号, pp. 51-58, JAN 2018
  163. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 2号, pp. 193-204, FEB 2018
  164. Involvement of Porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 2号, pp. 269-280, FEB 2018
  165. Risk factors for exacerbation of gastroesophageal varices and portosystemic encephalopathy during treatment with nucleos(t)ide analogs for hepatitis B virus-related cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 4号, pp. 264-274, MAR 2018
  166. Efficacy and safety of ledipasvir/sofosbuvir with ribavirin in chronic hepatitis C patients who failed daclatasvir/asunaprevir therapy: pilot study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 4号, pp. 548-556, APR 2018
  167. Comparison of Outcome of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiotherapy and Sorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients with Major Portal Vein Tumor Thrombosis, ONCOLOGY, 94巻, 4号, pp. 215-222, 2018
  168. Evaluation of glycemic variability in chronic liver disease patients with type 2 diabetes mellitus using continuous glucose monitoring, PLOS ONE, 13巻, 4号, APR 3 2018
  169. Persistent Loss of Hepatitis B Virus Markers in Serum without Cellular Immunity by Combination of Peginterferon and Entecavir Therapy in Humanized Mice, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 61巻, 9号, SEP 2017
  170. Prevalence of NS5A resistance associated variants in NS5A inhibitor treatment failures and an effective treatment for NS5A-P32 deleted hepatitis C virus in humanized mice, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 500巻, 2号, pp. 152-157, JUN 2 2018
  171. Hepatic arterial infusion chemotherapy followed by sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HICS 55): an open label, non-comparative, phase II trial, BMC CANCER, 18巻, JUN 4 2018
  172. Limitations of daclatasvir/asunaprevir plus beclabuvir treatment in cases of NS5A inhibitor treatment failure, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 99巻, 8号, pp. 1058-1065, AUG 2018
  173. Clinical outcomes of sorafenib treatment failure for advanced hepatocellular carcinoma and candidates for regorafenib treatment in real-world practice, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 10号, pp. 814-820, SEP 2018
  174. Comparison of clinical outcome of hepatic arterial infusion chemotherapy and sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma according to macrovascular invasion and transcatheter arterial chemoembolization refractory status, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 33巻, 10号, pp. 1780-1786, OCT 2018
  175. Advanced liver fibrosis effects on the response to sofosbuvir-based antiviral therapies for chronic hepatitis C, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 90巻, 12号, pp. 1834-1840, 201812
  176. Early experience of seven hepatocellular carcinoma cases treated with regorafenib, CLINICAL CASE REPORTS, 6巻, 11号, pp. 2217-2223, 201811
  177. CTL-associated and NK cell-associated immune responses induce different HBV DNA reduction patterns in chronic hepatitis B patients, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 25巻, 12号, pp. 1555-1564, 201812
  178. Endoplasmic reticulum-mediated induction of interleukin-8 occurs by hepatitis B virus infection and contributes to suppression of interferon responsiveness in human hepatocytes, VIROLOGY, 525巻, pp. 48-61, 201812
  179. Comparison of hepatic arterial infusion chemotherapy between 5-fluorouracil-based continuous infusion chemotherapy and low-dose cisplatin monotherapy for advanced hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 13号, pp. 1118-1130, 201812
  180. The association between serum cytokine and chemokine levels and antiviral response by entecavir treatment in chronic hepatitis B patients, ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 3号, pp. 239-248, 2018
  181. The impact of interferon-free direct-acting antivirals on clinical outcome after curative treatment for hepatitis C virus-associated hepatocellular carcinoma: Comparison with interferon-based therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 91巻, 4号, pp. 650-658, 201904
  182. Real-world efficacy of glecaprevir plus pibrentasvir for chronic hepatitis C patient with previous direct-acting antiviral therapy failures, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 3号, pp. 291-296, 201903
  183. Levocarnitine Use Is Associated With Improvement in Sarcopenia in Patients With Liver Cirrhosis, HEPATOLOGY COMMUNICATIONS, 3巻, 3号, pp. 348-355, 201903
  184. Reduction of hepatitis B surface antigen in sequential versus add-on pegylated interferon to nucleoside/nucleotide analogue therapy in HBe-antigen-negative chronic hepatitis B patients: a pilot study, ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 8号, pp. 639-646, 2018
  185. Early Multiphasic HBV Infection Initiation Kinetics Is Not Clone-Specific and Is Not Affected by Hepatitis D Virus (HDV) Infection, VIRUSES-BASEL, 11巻, 3号, 20190315
  186. Circulating Tumor DNA Analysis for Liver Cancers and Its Usefulness as a Liquid Biopsy, CELLULAR AND MOLECULAR GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 1巻, 5号, pp. 516-534, 201509
  187. Regulation of the Hepatitis B virus replication and gene expression by the multi-functional protein TARDBP, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 20190611
  188. Comparison of intracellular responses between HBV genotype A and C infection in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 7号, pp. 650-659, 201907
  189. Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 100巻, 7号, pp. 1123-1131, 201907
  190. Percutaneous transvenous shunt occlusion for portosystemic encephalopathy due to lenvatinib administration to a patient with hepatocellular carcinoma and portosystemic shunt, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 12巻, 4号, pp. 341-346, 201908
  191. Early changes in ammonia levels and liver function in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated by lenvatinib therapy, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 20190820
  192. Pruritus in patients with chronic liver disease and serum autotaxin levels in patients with primary biliary cholangitis, BMC GASTROENTEROLOGY, 19巻, 1号, 20191024
  193. Management of refractory ascites attenuates muscle mass reduction and improves survival in patients with decompensated cirrhosis, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 2号, pp. 217-226, 202002
  194. Preoperative PET-CT is useful for predicting recurrent extrahepatic metastasis of hepatocellular carcinoma after resection, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 124巻, 202003
  195. Successful retreatment with 12 weeks of glecaprevir and pibrentasvir for a genotype 2a HCV-infected hemodialysis patient who failed to respond to 8 weeks of prior glecaprevir and pibrentasvir therapy, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 2号, pp. 267-270, 202004
  196. Three Children Treated with Direct-acting Antivirals for Chronic Hepatitis C Virus Genotype 1b Infection, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 7号, pp. 941-944, 2020
  197. Skeletal Muscle Loss during Tyrosine Kinase Inhibitor Treatment for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients, LIVER CANCER, 9巻, 2号, pp. 148-155, 202004
  198. Circulating cytokines and angiogenic factors based signature associated with the relative dose intensity during treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma receiving lenvatinib, THERAPEUTIC ADVANCES IN MEDICAL ONCOLOGY, 12巻, 202005
  199. Incidence of microsatellite instability-high hepatocellular carcinoma among Japanese patients and response to pembrolizumab, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 7号, pp. 885-888, 202007
  200. Risk factors for histological progression of non-alcoholic steatohepatitis analyzed from repeated biopsy cases, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 35巻, 8号, pp. 1412-1419, 202008
  201. Tumor Fibroblast Growth Factor Receptor 4 Level Predicts the Efficacy of Lenvatinib in Patients With Advanced Hepatocellular Carcinoma, CLINICAL AND TRANSLATIONAL GASTROENTEROLOGY, 11巻, 202005
  202. A case of advanced HCC treated with lenvatinib after hepatic arterial infusion chemotherapy combined with radiation therapy treatment for portal vein tumor thrombosis in the main trunk, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 5号, pp. 839-843, 202010
  203. Complete response to pembrolizumab in advanced hepatocellular carcinoma with microsatellite instability, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 13巻, 5号, pp. 867-872, 202010
  204. Trends in Hepatic Functional Reserve of Patients with Hepatocellular Carcinoma Treated with Tyrosine Kinase Inhibitors, ONCOLOGY, 98巻, 10号, pp. 727-733, 202010
  205. Liver fibrosis assessments using FibroScan, virtual-touch tissue quantification, the FIB-4 index, and mac-2 binding protein glycosylation isomer levels compared with pathological findings of liver resection specimens in patients with hepatitis C infection, BMC GASTROENTEROLOGY, 20巻, 1号, 20200925
  206. Modeling-Based Response-Guided Glecaprevir-Pibrentasvir Therapy for Chronic Hepatitis C to Identify Patients for Ultrashort Treatment Duration, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 222巻, 7号, pp. 1165-1169, 20201001
  207. Analysis of Post-Progression Survival in Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma Treated with Lenvatinib, ONCOLOGY, 98巻, 11号, pp. 787-797, 202011
  208. Impact of viral eradication by direct-acting antivirals on the risk of hepatocellular carcinoma development, prognosis, and portal hypertension in hepatitis C virus-related compensated cirrhosis patients, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 11号, pp. 1222-1233, 202011
  209. Pilot study of tenofovir disoproxil fumarate and pegylated interferon-alpha 2a add-on therapy in Japanese patients with chronic hepatitis B, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 10号, pp. 977-989, 202010
  210. Real-world efficacy of sofosbuvir plus velpatasvir therapy for patients with hepatitis C virus-related decompensated cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 11号, pp. 1234-1243, 202011
  211. PNPLA3andHLA-DQB1polymorphisms are associated with hepatocellular carcinoma after hepatitis C virus eradication, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 12号, pp. 1162-1170, 202012
  212. Abatacept treatment for patients with severe acute hepatitis caused by hepatitis B virus infection-Pilot study, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 28巻, 2号, pp. 400-409, 202102
  213. Signal Activation of Hepatitis B Virus-Related Hepatocarcinogenesis by Up-regulation of SUV39h1, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 222巻, 12号, pp. 2061-2070, 20201215
  214. A case with life-threatening secondary sclerosing cholangitis caused by nivolumab, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 14巻, 1号, pp. 283-287, 202102
  215. The prognosis of hepatitis B inactive carriers in Japan: a multicenter prospective study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 1号, pp. 113-122, 2017
  216. Protease Inhibitor Resistance Remains Even After Mutant Strains Become Undetectable by Deep Sequencing, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 214巻, 11号, pp. 1687-1694, 2016
  217. Efficacy and Safety of Daclatasvir Plus Asunaprevir Therapy for Chronic Hepatitis C Patients With Renal Dysfunction, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 4号, pp. 665-671, 2017
  218. The risk of transient postprandial oxyhypoglycemia in nonalcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 2号, pp. 253-262, 2017
  219. The relationship between HBcrAg and HBV reinfection in HBV related post-liver transplantation patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 3号, pp. 366-375, 2017
  220. Interferon alpha treatment stimulates interferon gamma expression in type I NKT cells and enhances their antiviral effect against hepatitis C virus, PLOS ONE, 12巻, 3号, 2017
  221. Real-world efficacy and safety of daclatasvir and asunaprevir therapy for hepatitis C virus-infected cirrhosis patients, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 32巻, 3号, pp. 645-650, 2017
  222. Safety and efficacy of dual therapy with daclatasvir and asunaprevir for older patients with chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 4号, pp. 504-511, 2017
  223. IFNL4 polymorphism effects on outcome of simeprevir, peginterferon, and ribavirin therapy for older patients with genotype 1 chronic hepatitis C, HEPATOLOGY RESEARCH, 47巻, 3号, pp. E5-E13, 2017
  224. ITPA polymorphism effects on decrease of hemoglobin during sofosbuvir and ribavirin combination treatment for chronic hepatitis C, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 6号, pp. 746-753, 2017
  225. Impact of Hepatitis C Virus Eradication on the Clinical Outcome of Patients with Hepatitis C Virus-Related Advanced Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib, ONCOLOGY, 92巻, 6号, pp. 335-346, 2017
  226. Usefulness of humanized cDNA-uPA/SCID mice for the study of hepatitis B virus and hepatitis C virus virology, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 98巻, 5号, pp. 1040-1047, 2017
  227. Development of a Novel Site-Specific Pegylated Interferon Beta for Antiviral Therapy of Chronic Hepatitis B Virus, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 61巻, 6号, 2017
  228. Liver fibrosis assessment by FibroScan compared with pathological findings of liver resection specimen in hepatitis C infection, HEPATOLOGY RESEARCH, 47巻, 8号, pp. 767-772, 2017
  229. The risks of hepatocellular carcinoma development after HCV eradication are similar between patients treated with peg-interferon plus ribavirin and direct-acting antiviral therapy, PLOS ONE, 12巻, 8号, 2017
  230. Persistent Loss of Hepatitis B Virus Markers in Serum without Cellular Immunity by Combination of Peginterferon and Entecavir Therapy in Humanized Mice, ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 61巻, 9号, 2017
  231. Emergence of drug resistance-associated variants and changes in serum lipid profiles in sofosbuvir plus ledipasvir-treated chronic hepatitis C patients, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 89巻, 11号, pp. 1963-1972, 2017
  232. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 253A-253A, 2017
  233. Hepatocellular carcinoma development in hepatitis C virus patients who achieved sustained viral response by interferon therapy and direct anti-viral agents therapy, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 629A-629A, 2017
  234. Serum HMGB1 concentrations is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 764A-764A, 2017
  235. TARDBP regulates HBV transcription and replication through interaction with the core promoter, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 784A-785A, 2017
  236. Characterizing the early immune response to hepatitis B virus infection using the human hepatocyte chimeric mouse model, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 786A-786A, 2017
  237. Persistent Loss of HBV Markers in Serum without Cellular Immunity by Combination of PEG-IFN Plus ETV Therapy in Humanized Mice, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 789A-789A, 2017
  238. Hepatitis B virus up-regulates IL8 expression via endoplasmic reticulum stress and leads to suppress interferon responsiveness, HEPATOLOGY, 66巻, pp. 800A-801A, 2017
  239. Wisteria floribunda agglutinin positive Mac-2-binding protein level increases in patients with acute liver injury, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 52巻, 12号, pp. 1252-1257, 2017
  240. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 1号, pp. 107-118, 2018
  241. Serum HMGB1 concentrations at 4 weeks is a useful predictor of extreme poor prognosis for advanced hepatocellular carcinoma treated with sorafenib and hepatic arterial infusion chemotherapy (vol 53, pg 107, 2017), JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 1号, pp. 161-162, 2018
  242. Efficacy and safety of edoxaban for treatment of portal vein thrombosis following danaparoid sodium in patients with liver cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 1号, pp. 51-58, 2018
  243. Clinical outcomes of stereotactic body radiotherapy for elderly patients with hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 2号, pp. 193-204, 2018
  244. Combinational use of hepatitis B viral antigens predicts responses to nucleos(t)ide analogue/peg-interferon sequential therapy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 2号, pp. 247-257, 2018
  245. Involvement of Porphyromonas gingivalis in the progression of non-alcoholic fatty liver disease, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 2号, pp. 269-280, 2018
  246. Risk factors for exacerbation of gastroesophageal varices and portosystemic encephalopathy during treatment with nucleos(t)ide analogs for hepatitis B virus-related cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 4号, pp. 264-274, 2018
  247. Efficacy and safety of ledipasvir/sofosbuvir with ribavirin in chronic hepatitis C patients who failed daclatasvir/asunaprevir therapy: pilot study, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 53巻, 4号, pp. 548-556, 2018
  248. Comparison of Outcome of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiotherapy and Sorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients with Major Portal Vein Tumor Thrombosis, ONCOLOGY, 94巻, 4号, pp. 215-222, 2018
  249. Evaluation of glycemic variability in chronic liver disease patients with type 2 diabetes mellitus using continuous glucose monitoring, PLOS ONE, 13巻, 4号, 2018
  250. Prevalence of NS5A resistance associated variants in NS5A inhibitor treatment failures and an effective treatment for NS5A-P32 deleted hepatitis C virus in humanized mice, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 500巻, 2号, pp. 152-157, 2018
  251. Hepatic arterial infusion chemotherapy followed by sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HICS 55): an open label, non-comparative, phase II trial, BMC CANCER, 18巻, 2018
  252. Limitations of daclatasvir/asunaprevir plus beclabuvir treatment in cases of NS5A inhibitor treatment failure, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 99巻, 8号, pp. 1058-1065, 2018
  253. Clinical outcomes of sorafenib treatment failure for advanced hepatocellular carcinoma and candidates for regorafenib treatment in real-world practice, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 10号, pp. 814-820, 2018
  254. Comparison of clinical outcome of hepatic arterial infusion chemotherapy and sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma according to macrovascular invasion and transcatheter arterial chemoembolization refractory status, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 33巻, 10号, pp. 1780-1786, 2018
  255. Regulation of the Hepatitis B Virus Gene Expression and Replication By the Multi-Functional Protein Tardbp, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 318A-318A, 2018
  256. The Influence of Histone Methyltransferase SUV39h1 on Hepatitis B Virus-Related Hepatocarcinogenesis, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 328A-329A, 2018
  257. Prevalence of NS5A Resistance Associated Variants in NS5A Inhibitor Treatment Failures and an Effective Treatment for NS5A-P32 Deleted Hepatitis C Virus in Humanized Mice, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 384A-384A, 2018
  258. Efficacy of Glecaprevir and Pibrentasvir Treatment for Hepatitis C Virus Drug Resistance-Associated Variants in Humanized Mice, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 411A-412A, 2018
  259. Stereotactic Body Radiation Therapy Combined with Transcatheter Arterial Chemoembolization for Small Hepatocellular Carcinoma, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 544A-545A, 2018
  260. A Novel Jak3KORag2KO Chimeric Mouse Model for the Study of Hepatitis Virus Virology, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 587A-587A, 2018
  261. Association of TLL1 Polymorphism with Development of Hepatocellular Carcinoma after Hepatitis C Virus Eradication and Fibrosis Severity, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 597A-597A, 2018
  262. Comparison of Outcome of Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radio Therapy and Sorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients with Major Portal Vein Tumor Thrombus, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 847A-847A, 2018
  263. Efficacy and Safety of Edoxaban for Treatment of Portal Vein Thrombosis in Patients with Liver Cirrhosis, HEPATOLOGY, 68巻, pp. 1159A-1160A, 2018
  264. Advanced liver fibrosis effects on the response to sofosbuvir-based antiviral therapies for chronic hepatitis C, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 90巻, 12号, pp. 1834-1840, 2018
  265. CTL-associated and NK cell-associated immune responses induce different HBV DNA reduction patterns in chronic hepatitis B patients, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 25巻, 12号, pp. 1555-1564, 2018
  266. Endoplasmic reticulum-mediated induction of interleukin-8 occurs by hepatitis B virus infection and contributes to suppression of interferon responsiveness in human hepatocytes, VIROLOGY, 525巻, pp. 48-61, 2018
  267. Host genetic factors affecting NAFLD/ NASH-related HCC in the Japanese population, CANCER SCIENCE, 109巻, pp. 719-719, 2018
  268. Comparison of hepatic arterial infusion chemotherapy between 5-fluorouracil-based continuous infusion chemotherapy and low-dose cisplatin monotherapy for advanced hepatocellular carcinoma, HEPATOLOGY RESEARCH, 48巻, 13号, pp. 1118-1130, 2018
  269. The association between serum cytokine and chemokine levels and antiviral response by entecavir treatment in chronic hepatitis B patients, ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 3号, pp. 239-248, 2018
  270. The impact of interferon-free direct-acting antivirals on clinical outcome after curative treatment for hepatitis C virus-associated hepatocellular carcinoma: Comparison with interferon-based therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 91巻, 4号, pp. 650-658, 2019
  271. Real-world efficacy of glecaprevir plus pibrentasvir for chronic hepatitis C patient with previous direct-acting antiviral therapy failures, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 3号, pp. 291-296, 2019
  272. Levocarnitine Use Is Associated With Improvement in Sarcopenia in Patients With Liver Cirrhosis, HEPATOLOGY COMMUNICATIONS, 3巻, 3号, pp. 348-355, 2019
  273. Reduction of hepatitis B surface antigen in sequential versus add-on pegylated interferon to nucleoside/nucleotide analogue therapy in HBe-antigen-negative chronic hepatitis B patients: a pilot study, ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 8号, pp. 639-646, 2018
  274. Reduction of hepatitis B surface antigen in sequential versus add-on pegylated interferon to nucleoside/nucleotide analogue therapy in HBe-antigen-negative chronic hepatitis B patients: a pilot study (vol 23, pg 639, 2018), ANTIVIRAL THERAPY, 23巻, 8号, pp. 709-709, 2018
  275. Characterization of HBV kinetics during infection and treatment in primary human hepatocytes, JOURNAL OF HEPATOLOGY, 70巻, 1号, pp. E702-E702, 2019
  276. Early Multiphasic HBV Infection Initiation Kinetics Is Not Clone-Specific and Is Not Affected by Hepatitis D Virus (HDV) Infection, VIRUSES-BASEL, 11巻, 3号, 2019
  277. Regulation of the Hepatitis B virus replication and gene expression by the multi-functional protein TARDBP, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 2019
  278. Comparison of intracellular responses between HBV genotype A and C infection in human hepatocyte chimeric mice, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 54巻, 7号, pp. 650-659, 2019
  279. Efficacy of glecaprevir and pibrentasvir treatment for genotype 1b hepatitis C virus drug resistance-associated variants in humanized mice, JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 100巻, 7号, pp. 1123-1131, 2019
  280. Early changes in ammonia levels and liver function in patients with advanced hepatocellular carcinoma treated by lenvatinib therapy, SCIENTIFIC REPORTS, 9巻, 2019
  281. UNDERSTANDING EARLY HBV KINETICS DURING INFECTION AND TREATMENT IN PRIMARY HUMAN HEPATOCYTES: A DATA-DRIVEN MATHEMATICAL MODELING APPROACH, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 178A-178A, 2019
  282. EXPLORATORY ANALYSIS OF BIOMARKERS ASSOCIATED WITH CLINICAL OUTCOMES OF LENVATINIB IN HEPATOCELLULAR CARCINOMA, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 228A-228A, 2019
  283. THE IMPACT OF INTERFERON-FREE DIRECT-ACTING ANTIVIRALS ON CLINICAL OUTCOME AFTER CURATIVE TREATMENT FOR HEPATITIS C VIRUS-ASSOCIATED HEPATOCELLULAR CARCINOMA, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 353A-354A, 2019
  284. GENETIC POLYMORPHISM OF IP-10, NOT IFNL4 OR HLA-DPS, AFFECTS LIVER INFLAMMATION IN CHRONIC HEPATITIS B PATIENTS, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 412A-413A, 2019
  285. TUMOR AND BLOOD FGFR4 LEVELS PREDICT THE EFFICACY OF LENVATINIB IN PATIENTS WITH ADVANCED HEPATOCELLULAR CARCINOMA, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 520A-520A, 2019
  286. STEREOTACTIC BODY RADIATION THERAPY COMBINED WITH TRANSCATHETER ARTERIAL CHEMOEMBOLIZATION FOR SMALL HEPATOCELLULAR CARCINOMA., HEPATOLOGY, 70巻, pp. 528A-528A, 2019
  287. PERMISSION OF HEPATITIS B VIRUS INFECTION IN Jak3KORag2KO MOUSE, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 617A-617A, 2019
  288. MODELING-BASED RESPONSE-GUIDED THERAPY UNDER GLECAPREVIR/PIBRENTASVIR MAY OPTIMIZE DURATION OF THERAPY IN PATIENTS WITH COMPENSATED CIRRHOSIS, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 931A-931A, 2019
  289. RESISTANCE ANALYSIS FOR GLECAPREVIR AND PIBRENTASVIR ON GENOTYPE 1b HEPATITIS C VIRUS INFECTION IN SUBGENOMIC REPLICON SYSTEMS AND HUMAN HEPATOCYTE TRANSPLANTED MICE, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 988A-989A, 2019
  290. DIFFERENTIAL EFFECTS OF HOST GENETIC FACTORS ON HCV PERSISTENCE ACCORDING TO HCV GENOTYPES, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 1008A-1008A, 2019
  291. ASSOCIATION OF FNDC5, PNPLA3 AND TM6SF2 POLYMORPHISMS WITH HEPATIC STEATOSIS IN NAFLD PATIENTS, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 1050A-1051A, 2019
  292. A COMPREHENSIVE ANALYSIS OF A WIDE RANGE OF LIVER DISEASES BY 16S rRNA SEQUENCING REVEALS CHARACTERISTIC PATTERNS OF GUT MICROBIOTA IN EACH ETIOLOGY, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 1163A-1164A, 2019
  293. INDEPENDENT IMPACT OF POLYMORPHISM IN IRF5 AS WELL AS STAT4 ON HBV-RELATED HEPATOCARCINOGENESIS, HEPATOLOGY, 70巻, pp. 1190A-1190A, 2019
  294. Ribavirin induces hepatitis C virus genome mutations in chronic hepatitis patients who failed to respond to prior daclatasvir plus asunaprevir therapy, JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY, 2019
  295. Pruritus in patients with chronic liver disease and serum autotaxin levels in patients with primary biliary cholangitis, BMC GASTROENTEROLOGY, 19巻, 1号, 2019
  296. Risk factors for histological progression of non-alcoholic steatohepatitis analyzed from repeated biopsy cases, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 35巻, 8号, pp. 1412-1419, 2020
  297. Management of refractory ascites attenuates muscle mass reduction and improves survival in patients with decompensated cirrhosis, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 2号, pp. 217-226, 2020
  298. Preoperative PET-CT is useful for predicting recurrent extrahepatic metastasis of hepatocellular carcinoma after resection, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 124巻, 2020
  299. Three Children Treated with Direct-acting Antivirals for Chronic Hepatitis C Virus Genotype 1b Infection, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 7号, pp. 941-944, 2020
  300. Skeletal Muscle Loss during Tyrosine Kinase Inhibitor Treatment for Advanced Hepatocellular Carcinoma Patients, LIVER CANCER, 9巻, 2号, pp. 148-155, 2020
  301. Clinical Usefulness of Serum Autotaxin for Early Prediction of Relapse in Male Patients with Type 1 Autoimmune Pancreatitis, DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES, 2020
  302. Circulating cytokines and angiogenic factors based signature associated with the relative dose intensity during treatment in patients with advanced hepatocellular carcinoma receiving lenvatinib, THERAPEUTIC ADVANCES IN MEDICAL ONCOLOGY, 12巻, 2020
  303. Incidence of microsatellite instability-high hepatocellular carcinoma among Japanese patients and response to pembrolizumab, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 7号, pp. 885-888, 2020
  304. Pilot study of tenofovir disoproxil fumarate and pegylated interferon-alpha 2a add-on therapy in Japanese patients with chronic hepatitis B, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 10号, pp. 977-989, 2020
  305. Tumor Fibroblast Growth Factor Receptor 4 Level Predicts the Efficacy of Lenvatinib in Patients With Advanced Hepatocellular Carcinoma, CLINICAL AND TRANSLATIONAL GASTROENTEROLOGY, 11巻, 2020
  306. Impact of viral eradication by direct-acting antivirals on the risk of hepatocellular carcinoma development, prognosis, and portal hypertension in hepatitis C virus-related compensated cirrhosis patients, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 11号, pp. 1222-1233, 2020
  307. Real-world efficacy of sofosbuvir plus velpatasvir therapy for patients with hepatitis C virus-related decompensated cirrhosis, HEPATOLOGY RESEARCH, 50巻, 11号, pp. 1234-1243, 2020
  308. Trends in Hepatic Functional Reserve of Patients with Hepatocellular Carcinoma Treated with Tyrosine Kinase Inhibitors, ONCOLOGY, 98巻, 10号, pp. 727-733, 2020
  309. Liver fibrosis assessments using FibroScan, virtual-touch tissue quantification, the FIB-4 index, and mac-2 binding protein glycosylation isomer levels compared with pathological findings of liver resection specimens in patients with hepatitis C infection, BMC GASTROENTEROLOGY, 20巻, 1号, 2020
  310. Modeling-Based Response-Guided Glecaprevir-Pibrentasvir Therapy for Chronic Hepatitis C to Identify Patients for Ultrashort Treatment Duration, JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 222巻, 7号, pp. 1165-1169, 2020
  311. PNPLA3andHLA-DQB1polymorphisms are associated with hepatocellular carcinoma after hepatitis C virus eradication, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 55巻, 12号, pp. 1162-1170, 2020
  312. Analysis of Post-Progression Survival in Patients with Unresectable Hepatocellular Carcinoma Treated with Lenvatinib, ONCOLOGY, 98巻, 11号, pp. 787-797, 2020
  313. Abatacept treatment for patients with severe acute hepatitis caused by hepatitis B virus infection-Pilot study, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 2020
  314. In vitro analysis of hepatic stellate cell activation influenced by transmembrane 6 superfamily 2 polymorphism, MOLECULAR MEDICINE REPORTS, 23巻, 1号, 2021
  315. Efficacy of Lusutrombopag for Thrombocytopenia in Patients with Chronic Liver Disease Scheduled to Undergo Invasive Procedures, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 6号, pp. 829-837, 2021
  316. Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy Combined with Radiation Therapy for Advanced Hepatocellular Carcinoma with Tumor Thrombosis of the Main Trunk or Bilobar of the Portal Vein, LIVER CANCER, 10巻, 2号, pp. 151-160, 202104
  317. A case of acute liver failure with echovirus infection diagnosed by a multi-virus real-time PCR system, IDCASES, 23巻, 2021
  318. Comparison of the Clinical Outcome of Ramucirumab for Unresectable Hepatocellular Carcinoma with That of Prior Tyrosine Kinase Inhibitor Therapy, ONCOLOGY, 99巻, 5号, pp. 327-335, 202104
  319. Novel drug resistance-associated substitutions against pibrentasvir emerged in genotype 1b hepatitis C virus-infected human hepatocyte transplanted mice, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 559巻, pp. 78-83, 20210625
  320. Extracellular water to total body water ratio obtained by bioelectrical impedance analysis determines the dose intensity of lenvatinib for the treatment of patients with advanced hepatocellular carcinoma, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 36巻, 6号, pp. 1685-1693, 202106
  321. Identification and monitoring of mutations in circulating cell-free tumor DNA in hepatocellular carcinoma treated with lenvatinib, JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH, 40巻, 1号, 20210626
  322. Therapeutic effects of sleeve gastrectomy for non-alcoholic steatohepatitis estimated by paired liver biopsy in morbidly obese Japanese patients, MEDICINE, 100巻, 26号, 20210702
  323. Complete Response for Advanced Hepatocellular Carcinoma by Conversion Surgery Therapy Following a Good Response of Regorafenib Despite Rapid Progressive Disease with Sorafenib, INTERNAL MEDICINE, 60巻, 13号, pp. 2047-2053, 2021
  324. Efficacy and Safety of Lenvatinib-Transcatheter Arterial Chemoembolization Sequential Therapy for Patients with Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma, ONCOLOGY, 99巻, 8号, pp. 507-517, 202107
  325. Clinical Outcomes of 2nd-and 3rd-Line Regorafenib for Advanced Hepatocellular Carcinoma, ONCOLOGY, 99巻, 8号, pp. 491-498, 202107
  326. Increasing incidence of non-HBV- and non-HCV-related hepatocellular carcinoma: single-institution 20-year study, BMC GASTROENTEROLOGY, 21巻, 1号, 20210731
  327. Serum PreS1 and HBsAg ratio reflects liver fibrosis and predicts the development of hepatocellular carcinoma in chronic hepatitis B patients, JOURNAL OF VIRAL HEPATITIS, 28巻, 9号, pp. 1304-1311, 202109

著書等出版物

  1. 2017年07月, B型、C型肝炎の抗ウイルス療法, 核酸アナログ製剤の耐性変異とその対処法, 医薬ジャーナル社, 2017年, JUL, 単行本(学術書), 共著
  2. 2017年06月, 症例報告 肝細胞癌に対するシスプラチンによる肝動脈化学塞栓療法後に血栓性微小血管症を発症した一例, 肝臓, 大屋 一輝;河岡 友和;中原 隆志;長沖 祐子;柘植 雅貴;平松 憲;今村 道雄;川上 由育;相方 浩;美山 貴彦;一戸 辰夫;茶山 一彰
  3. 2017年05月, 症例報告 造影超音波にて特徴的な腫瘍内貫通血管を認めた肝Mucosa associated lymphoid tissueリンパ腫の一例, 肝臓, 河岡 友和;相方 浩;稲垣 有希;本田 芙美;鳩岡 正浩;盛生 慶;盛生 玲央奈;小林 知樹;長沖 祐子;平松 憲;柘植 雅貴;今村 道雄;川上 由育;有廣 光司;茶山 一彰
  4. 2017年03月, 症例報告 原発性胆汁性胆管炎にgenotype3b型E型急性肝炎を合併した1例, 肝臓, 稲垣 克哲;髙木 慎太郎;本田 洋士;井上 基樹;森 奈美;川上 広育;川上 由育;川上 万里;岡本 宏明;辻 恵二;柘植 雅貴;茶山 一彰
  5. 2017年, 日常診療におけるB型肝炎への対応 : 最新知見を基にした治療戦略, 消化器の臨床 / ヴァンメディカル [編], 柘植 雅貴;茶山 一彰
  6. 2016年10月21日, C型肝炎治療のためのDAAの使い方, 副作用への対策, 文光堂, 2016年, OCT, 単行本(学術書), 共著
  7. 2015年12月20日, 新ウイルス性肝炎学 : 最新の基礎・臨床研究情報, HBs抗原陰性化を目指した治療, 日本臨牀, 2015年, 12, 単行本(学術書), 共著
  8. 2015年05月, 厚生労働科学研究費補助金 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究」平成26年度 総括・分担研究報告書 「in vitro、in vivo HBV感染・複製系を用いたヒト肝細胞内免疫応答の解析」, 2015年, 5, 調査報告書, 共著
  9. 2015年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討」平成26年度 総括・分担研究報告書 「当院におけるHBs抗原消失例の検討」, 2015年, 3, 調査報告書, 共著
  10. 2015年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討」平成24~26年度 総合研究報告書 「当院におけるHBs抗原消失例の検討」, 2015年, 3, 調査報告書, 共著
  11. 2015年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎の核酸アナログ治療におけるdrug freeを目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」平成26年度 総括・分担研究報告書 「HBV感染者に対するインターフェロンの効果」, 2015年, 03, 調査報告書, 共著
  12. 2014年05月, 厚生労働科学研究費補助金 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 「in vitro、in vivo HBV感染・複製系を用いたヒト肝細胞内免疫応答の解析」, 2014年, 5, 調査報告書, 共著
  13. 2014年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討」平成25年度 総括・分担研究報告書 「当院におけるHBs抗原消失例の検討」, 2014年, 3, 調査報告書, 共著
  14. 2014年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎の核酸アナログ治療におけるdrug freeを目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」平成25年度 総括・分担研究報告書 「HBV感染者に対するインターフェロンの効果」, 2014年, 03, 調査報告書, 共著
  15. 2014年01月30日, Annual Review 2014 消化器 , B型肝炎に対する抗ウイルス療法, 中外医学社, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 柘植雅貴、茶山一彰, 104-111
  16. 2013年10月25日, カラー版 消化器病学, B型肝炎、D型肝炎, 西村書店, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 柘植雅貴、茶山一彰, 1150-1155
  17. 2013年10月07日, Hepatology Practice 第1巻 B型肝炎の診療を極める, HBVの感染実験系, 文光堂, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 柘植雅貴、茶山一彰, 185-192
  18. 2013年04月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究」平成24年度 総括・分担研究報告書 「in vitro、in vivo HBV感染・複製系を用いたヒト肝細胞内免疫応答の解析」, 2013年, 04, 調査報告書, 共編著
  19. 2013年04月, 厚生労働科学研究費補助金 B型肝炎創薬実用化等研究事業 「B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究」平成24年度 総括・分担研究報告書 「in vitro、in vivo HBV感染・複製系を用いたヒト肝細胞内免疫応答の解析」, 2013年, 4, 調査報告書, 共著
  20. 2013年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型慢性肝炎に対する新規逆転写酵素阻害剤テノホビルの有効性・安全性に関する検討」平成22-24年度 総合研究報告書 「薬剤耐性HBVに対するテノホビルの抗ウイルス効果の検討」, 2013年, 03, 調査報告書, 共編著
  21. 2013年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型慢性肝炎に対する新規逆転写酵素阻害剤テノホビルの有効性・安全性に関する検討」平成24年度 総括・分担研究報告書 「薬剤耐性HBVに対するテノホビルの抗ウイルス効果の検討」, 2013年, 03, 調査報告書, 共編著
  22. 2013年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎の核酸アナログ治療におけるdrug freeを目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」平成24年度 総括・分担研究報告書 「Sequential therapy症例における核酸アナログ中止後の再燃に関与する因子の検討」, 2013年, 03, 調査報告書, 共編著
  23. 2012年08月, インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肝炎ウイルス‐B型・C型 「B型肝炎の抗ウイルス療法 ③核酸アナログ(ラミブジン/アデホビル/エンテカビル/テノフォビル)」, 2012年, 08, 単行本(学術書), 共著
  24. 2012年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎の核酸アナログ薬治療における治療中止基準の作成と治療中止を目指したインターフェロン治療の有用性に関する検討」平成23年度 総括・分担研究報告書 「核酸アナログ中止可能を予測する因子」, 2012年, 03, 調査報告書, 共編著
  25. 2012年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型慢性肝炎に対する新規逆転写酵素阻害剤テノホビルの有効性・安全性に関する検討」平成23年度 総括・分担研究報告書 「薬剤耐性HBVに対するテノホビルの抗ウイルス効果の検討」, 2012年, 03, 調査報告書, 共編著
  26. 2012年03月, 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業 「B型肝炎の核酸アナログ薬治療における治療中止基準の作成と治療中止を目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」平成21年度~平成23年度 総合研究報告書, 2012年, 03, 調査報告書, 共編著
  27. 2011年03月, 厚生労働科学研究費補助金肝炎等克服緊急対策研究事業「B型肝炎の核酸アナログ薬治療における治療中止基準の作成と治療中止を目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」平成22年度 総括・分担研究報告書 「核酸アナログ中止例におけるHBV RNAと中止後経過」, 2011年, 03, 調査報告書, 共編著
  28. 2011年01月, 消化器内科 「in vitro、in vivoモデルを用いた多剤耐性HBVに対する抗ウイルス効果」, 科学評論社, 2011年, 01, 共編著
  29. 2010年07月, 症例から学ぶ ウイルス性肝炎の治療戦略 「B型肝炎 3.経過中のHBs抗原自然焼失例(治療後の陰性化症例を含む)」, 診断と治療社, 2010年, 07, 単行本(学術書), 共編著, 193
  30. 2010年06月, 肝炎のインターフェロン治療の最前線 「B型慢性肝炎の治療方針とインターフェロン治療の実際」, 消化器の臨床, 2010年, 06, 単行本(学術書), 共編著
  31. 2010年05月, 厚生労働省科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業「B型肝炎の核酸アナログ薬治療における治療中止基準の作成と治療中止を目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究」平成21年度 総括・分担研究報告書 「HBV RNAと核酸アナログ治療効果」, 2010年, 05, 調査報告書, 共編著
  32. 2010年03月, ウイルス性肝炎-最新治療コンセンサス 「In vitro、in vivoにおけるHBVの薬剤感受性評価と臨床への応用」, 医学のあゆみ, 2010年, 03, 単行本(学術書), 共編著
  33. 2007年10月, 臨床に直結する肝・胆・膵疾患治療のエビデンス , 文光堂, 2007年, 10, 単行本(一般書), 共編著, 390
  34. 2003年, B型肝炎の病態とラミブジン治療 , B型・C型肝炎の病態と治療, 2003年, 単行本(学術書), 共著, 茶山 一彰 大石和佳 木村そのこ 森奈美

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. HBV感染によるヒストン修飾と発癌との関連の検討, 柘植雅貴 竹内泰江 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌
  2. HBV持続感染に対する免疫応答とHBV DNA低下の関連性の検討, 柘植雅貴, Liver Scientific Frontier 2021, 2021年02月06日, 招待, 日本語, ギリアド・サイエンシズ株式会社, 東京
  3. エンテカビル治療中のHBV関連マーカーの変化に及ぼす血清サイトカインの影響, 竹内泰江,柘植雅貴,茶山一彰, 第106回日本消化器病学会総会, 2020年08月11日, 通常, 日本語
  4. IL8の発現制御によるHBVに対するIFN治療改善の可能性, 柘植 雅貴、津島 健、茶山 一彰, 第106回日本消化器病学会総会, 2020年08月13日, 通常, 日本語
  5. 新規PEG-IFNβ製剤を用いた抗HBV効果の検討と抗ウイルス効果向上の試み, 竹内泰江,柘植雅貴,茶山一彰, 第56回日本肝臓学会総会, 2020年08月29日, 通常, 日本語
  6. 核酸アナログ投与B型慢性肝炎症例に対するHBIG治療成績と奏功に寄与する因子の検討, 柘植 雅貴、三木大樹、茶山一彰, 第56回日本肝臓学会総会, 2020年08月28日, 通常, 日本語
  7. 核酸アナログ・ペグインターフェロン併用療法におけるHBs低下に寄与する因子の検討, 藤野初江、柘植雅貴、寺岡雄吏、盛生慶、大野敦司、中原隆志、村上英介、河岡友和、三木大樹、平松憲、今村道雄、相方浩、茶山一彰, 第43回日本肝臓学会西部会, 2019年12月05日, 通常, 日本語
  8. HBs抗原陰性化を目指したB型肝炎治療 ~実臨床成績、基礎研究の現状~, 柘植雅貴, JDDW2020 ブレックファーストセミナー19, 2020年11月06日, 招待, 日本語, 神戸(オンライン)
  9. In vitro, in vivo における核酸アナログ耐性HBVの検討とその対策, 柘植雅貴、光井富貴子、茶山一彰, 第13回日本肝臓学会大会 第51回日本消化器病学会大会, 2009年10月15日, 通常, 日本語, 京都市
  10. ROLE OF APOBEC3A AND APOBEC3B GENES IN CHRONIC HEPATITIS B VIRUS INFECTION, THE 60TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2009年10月30日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, BOSTON
  11. TELAPREVIR TREATMENT TO A HUMAN HEPATOCYTE CHIMERIC MOUSE WITH GENETICALLY ENGINEERED HEPATITIS C VIRUS INFECTION, THE 60TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2009年10月30日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, BOSTON
  12. ADEFOVIR AND LAMIVUDINE CONCENTRATION AND EFFECT OF COMBINATION THERAPY ON LAMIVUDINE RESISTANT HEPATITIS B VIRUS, THE 60TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2009年10月30日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, BOSTON
  13. 皮下転移を契機に発見された肝原発未分化癌の1例, 石井康隆、柘植雅貴、相方 浩、長沖祐子、橋本義政、石田友希、片村嘉男、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第92回日本消化器病学会中国支部例会, 2009年11月29日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  14. C型慢性肝炎に対するIFN-β療法の治療成績, 長沖祐子、高橋祥一、橋本義政、石田友希、片村嘉男、河岡友和、平賀伸彦、柘植雅貴、高木慎太郎、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第38回日本肝臓学会西部会, 2009年12月04日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 米子市
  15. 非B非C型肝細胞癌の臨床的検討, 平松 憲、相方 浩、長沖祐子、橋本義政、石田友希、片村嘉男、河岡友和、柘植雅貴、高木慎太郎、脇 浩司、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第38回日本肝臓学会西部会, 2009年12月04日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 米子市
  16. ウイルソン病に対する生体肝移植後の門脈血栓に対する血栓溶解療法中に、食道静脈瘤破裂をきたした1例, 中土井鋼一、河岡友和、相方 浩、長沖祐子、石田友希、橋本義政、片村嘉男、光井富貴子、石飛朋和、高木慎太郎、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第38回日本肝臓学会西部会, 2009年12月05日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 米子市
  17. B型肝炎に対する治療とその問題点, 柘植雅貴, 肝炎診療従事者研修会, 2009年12月12日, 通常, 日本語, 呉市
  18. 肝移植前のIFN療法により移植後HCV再感染を来さなかった3症例, 神原 諒子、河岡友和、相方 浩、永井健太、長沖祐子、木村友希、橋本義政、片村嘉男、光井富貴子、石飛朋和、高木慎太郎、平賀伸彦、柘植雅貴、脇 浩司、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第29回広島・山口肝疾患研究会, 2010年01月23日, 通常, 日本語, 岩国市
  19. TACEにて経過観察中に短期間に増悪したHCCの一例, 小酒慶一、高木慎太郎、平松 憲、橋本義政、長沖祐子、石田友希、片村嘉男、河岡友和、柘植雅貴、脇 浩司、今村道雄、相方 浩、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第51回広島肝疾患ゼミナール, 2010年02月06日, 通常, 日本語, 広島市
  20. 肺転移合併肝細胞癌に対して、肝切除術、肝動注化学療法、全身化学療法による集学的治療が奏功した1例, 村上英介、片村嘉男、宮木大輔、長沖祐子、橋本義政、石田友希、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、脇 浩司、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰、田代裕尊、大段秀樹, 第112回広島消化器病研究会, 2010年04月03日, 通常, 日本語, 広島市
  21. in vitro、in vivoモデルを用いた多剤耐性HBVに対する抗ウイルス効果の検討, 柘植雅貴、平賀伸彦、茶山一彰, 第96回日本消化器病学会総会, 2010年04月22日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 新潟市
  22. C型慢性肝炎患者に対するPegIFN/RBV療法の治療効果とIL28locusのSNPおよび肝内IFN誘導遺伝子発現量の関連, 阿部弘美、越智秀典、柘植雅貴、三木大樹、光井富貴子、平賀伸彦、今村道雄、高橋祥一、茶山一彰, 第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 山形市
  23. IL28の多型とC型慢性肝炎の炎症、繊維化、γGTPとの関連, 阿部弘美、越智秀典、柘植雅貴、三木大樹、光井富貴子、平賀伸彦、今村道雄、高橋祥一、茶山一彰, 第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 山形市
  24. 肝細胞癌に対するCDDP/LPDを用いた経カテーテル的化学塞栓術反復療法とステージングシステムについての検討, 河岡友和、相方 浩、長沖祐子、橋本義政、石田友希、片村嘉男、光井富貴子、石飛朋和、高木慎太郎、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 山形市                                                                                                                            
  25. Angio-CTでは指摘されずGd-EOB-DTPA造影MRI肝細胞相でのみ指摘される結節についての検討, 高木慎太郎、橋本義政、長沖祐子、石田友希、片村嘉男、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、柿沢秀明、福田 浩、堀口 純、永田 靖、茶山一彰, 第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 山形市
  26. C型肝炎ウイルス感染におけるHLA-DRB1とNKG2D遺伝子多型の影響, 大石和佳、吉田健吾、林 奉権、楠洋一郎、藤原佐枝子、柘植雅貴、茶山一彰, 第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 山形市
  27. HBV RT領域の変異と核酸アナログ耐性への影響, 柘植雅貴、今村道雄、茶山一彰, 第46回日本肝臓学会総会, 2010年05月27日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 山形市
  28. HCV感染マウスを用いたプロテアーゼ阻害剤およびRNAポリメラーゼ阻害剤の抗ウイルス効果の検討, 平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、高橋祥一、立野知世、、吉里勝利、茶山一彰, 広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2010年06月04日, 通常, 日本語, 広島市
  29. 12年の経過で著明に縮小した経過を追えた肝血管腫の1例, 宮木大輔、脇 浩司、相方 浩、村上英介、橋本義政、長沖祐子、木村友希、片村嘉男、河岡友和、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、有廣光司、大屋敏秀、先本秀人、茶山一彰, 日本消化器病学会 中国支部例会 日本消化器病学界中国支部教育講演会, 2010年06月12日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 下関市
  30. 黄疸と腹痛の再発を認めた骨髄性プロトポルフィリン症の一例, 村上英介、高木慎太郎、川上由育、宮木大輔、長沖祐子、橋本義政、木村友希、片村嘉男、河岡友和、柘植雅貴、脇 浩司、平松 憲、今村道雄、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 日本消化器病学会 中国支部例会 日本消化器病学界中国支部教育講演会, 2010年06月12日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 下関市
  31. 当院で経験したE型急性肝炎 3例, 長沖祐子、柘植雅貴、相方 浩、橋本義政、河岡友和、高木慎太郎、脇 浩司、平松 憲、今村道雄、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 日本消化器病学会 中国支部例会 日本消化器病学界中国支部教育講演会, 2010年06月12日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 下関市
  32. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたHBV感染系および薬効評価系の構築, 柘植 雅貴, GSK HBV Infection Forum 2010, 2010年07月03日, 招待, 日本語, 東京
  33. B型慢性肝炎における核酸アナログ治療中止例の検討, 柘植雅貴、今村道雄、茶山一彰, 第14回日本肝臓学会大会 第52回日本消化器病学会, 2010年10月13日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 横浜市
  34. ME3738は細胞および動物モデルにおいてIFNの抗HCV効果を増強する, 平賀伸彦、今村道雄、阿部弘美、柘植雅貴、河岡友和、高橋祥一、茶山一彰, 第14回日本肝臓学会大会, 2010年10月13日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 横浜市
  35. B型肝炎治療における最新の話題~核酸アナログ中止指標としてのTaqMan HBVの可能性~, 柘植 雅貴, JDDW2010 ブレックファーストセミナー, 2010年10月15日, 招待, 日本語, 横浜
  36. Application of in vivo models using human hepatocyte chimeric mice for analyzing antiviral effects of nucleos(t)ide analogues for Hepatitis B virus, THE 61TH ANNUAL MEETING OF THE AMERIC ANASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2010年10月29日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  37. Effects of HBV infection on the interferon response in the immunodeficient human hepatocyte chimeric mice, THE 61TH ANNUAL MEETING OF THE AMERIC ANASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2010年10月29日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  38. Identification of Novel Hepatitis C Virus Deletion Mutants in Chronic Hepatitis C Patients, THE 61TH ANNUAL MEETING OF THE AMERIC ANASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2010年10月29日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  39. Kupffer相およびRe-injectionが病変の指摘に有用であった肝腺腫様過形成の一例, 橋本義政、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、阿座上隆広、木村友希、片村嘉男、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、鍋島由宝、平賀伸彦、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、相方 浩、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、有広光司、茶山一彰、茶山一彰, 第94回日本消化器病学会中国支部例会第105回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 松江市
  40. 下大静脈原発平滑筋肉腫が肝臓に転移したと思われた一例, 苗代典昭、脇 浩司、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、橋本義政、木村友希、片村嘉男、阿座上隆広、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、相方 浩、高橋祥一、小林 剛、田代裕尊、有廣光司、大段秀樹、茶山一彰、茶山一彰, 第94回日本消化器病学会中国支部例会第105回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 松江市
  41. 溶血性貧血を伴い急性発症したWilson病の1例, 本田洋士、今村道雄、阿座上隆広、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、橋本義政、木村友希、片村嘉男、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第94回日本消化器病学会中国支部例会第105回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 松江市
  42. 肝細胞相へ関与する臨床因子の検討, 毛利輝生、橋本義政、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、木村友希、阿座上隆広、片村嘉男、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、鍋島由宝、平賀伸彦、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、相方 浩、兵庫秀幸, 第94回日本消化器病学会中国支部例会第105回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2010年11月06日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 松江市
  43. 当院における細胞管癌症例の検討, 宮木大輔、平松 憲、脇 浩司、村上英介、橋本義政、長沖祐子、阿座上隆広、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、今村道雄, 第52回広島肝疾患ゼミナール, 2011年02月05日, 通常, 日本語, 広島市
  44. 当科における進行肝癌に対するソラフェニブの使用成績, 宮木大輔、村上英介、相方 浩、橋本義政、長沖祐子、片村嘉男、阿座上隆広、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第100回広島がん治療研究会, 2011年03月26日, 通常, 日本語, 広島市
  45. C型慢性肝炎治療ガイドラインに基づいた治療法の選択, 柘植雅貴, 広島県病院薬剤師会研修会, 2011年05月20日, 通常, 日本語, 広島市
  46. 非アルコール性脂肪性肝疾患の診断における糖負荷試験の重要性について, 中原隆志、兵庫秀幸、木村友希、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰、有廣光司, 第113回広島消化器病研究会, 2011年05月21日, 通常, 日本語, 広島市
  47. 当院におけるB型急性肝炎の解析, 田中未央、柘植雅貴、高木慎太郎、平松 憲、今村道雄、高橋祥一、茶山一彰、藤井輝久、高田 昇, 第104回日本内科学会中国地方会, 2011年05月28日, 通常, 日本語, 宇部市
  48. 原発性胆汁性肝硬変症 (PBC) と同時性PBC-AIH Overlap 症候群の臨床的特徴と予後, 阿座上隆広、高橋祥一、村上英介、宮木大輔、橋本義政、片村嘉男、高木慎太郎、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、相方 浩、越智秀典、有廣光司、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  49. IL28B の遺伝子多型と抗ウイルス遺伝子と抑制性遺伝子の間の反対方向の調節, 阿部弘美、Hayes CN、越智秀典、三木大樹、柘植雅貴、平賀伸彦、今村道雄、高橋祥一、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  50. HCV関連肝細胞癌根治後Peg-IFN+RBV併用療法の効果予測因子からみたIFN治療戦略, 河岡友和、相方 浩、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、高木慎太郎、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、三木大樹、今村道雄、川上由育、高橋祥一、越智秀典、田代裕尊、大段秀樹、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  51. Gd-EOB-DTPA MRI にて検出される乏血性結節の臨床経過からみた治療適応, 高木慎太郎、橋本義政、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  52. in vitro, in vivo HBV 複製モデルを用いたHBV RT 領域の変異と核酸アナログ耐性への影響の解析, 柘植雅貴、平賀伸彦、張 亦宙、阿部弘美、三木大樹、今村道雄、高橋祥一、越智秀典、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  53. 広島県におけるB型急性肝炎の実態, 柘植雅貴、高橋祥一、高木慎太郎、平賀伸彦、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  54. HBVおよびHCVはウイルス複製やIFN効果に直接は相互作用しない-細胞および動物モデルを用いた検討-, 平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、阿部弘美、河岡友和、高橋祥一、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  55. 肝内胆管癌の背景因子および治療成績についての検討, 平松 憲、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、橋本義政、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、脇 浩司、小林 剛、今村道雄、大下彰彦、天野尋暢、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、田代裕尊、大段秀樹、茶山一彰, 第47回日本肝臓学会総会, 2011年06月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  56. 胆道狭窄治療後の肝がんに対しTACEを施行し膿瘍形成, 腹腔内破裂を来たした1例, 沼田紀史、中原隆志、苗代典昭、本田洋士、田中未央、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第95回日本消化器病学会中国支部例会, 2011年06月19日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 米子市
  57. バルーン閉塞下経静脈的閉塞術(BRTO)が奏功した十二指腸静脈瘤破裂の1例, 福原崇之、本田洋士、脇 浩司、田中未央、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第95回日本消化器病学会中国支部例会, 2011年06月19日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 米子市
  58. HBV・HCV肝腺に伴うヒト肝細胞内遺伝子発現の変化, 柘植雅貴、平賀伸彦、今村道雄、越智秀典、高橋祥一、茶山一彰, 第7回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2011年07月01日, 通常, 日本語, 広島市
  59. B型肝炎治療と診断の最近の話題, 柘植雅貴, アボットフェア2011広島, 2011年07月14日, 通常, 日本語, Abbott Japan, 広島市
  60. 切除後8年目に肺転移をきたした肝細胞癌の1例, 香川幸一、川上由育、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、有廣光司、茶山一彰, 第31回広島・山口肝疾患研究会, 2011年07月16日, 通常, 日本語, 岩国市
  61. 結婚26年目に初感染を認めたB型急性肝炎重症型の1例, 沼田紀史、高橋祥一、香川幸一、小南陽子、福原崇之、柾木慶一、田中未央、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、相方 浩、川上由育、兵庫秀幸、茶山一彰, 第31回広島・山口肝疾患研究会, 2011年07月16日, 通常, 日本語, 岩国市
  62. 術前にHCCとの鑑別が困難であったdysplastic noduleの一例, 中原隆志、高橋祥一、高木慎太郎、脇 浩司、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、茶山一彰、有廣光司, 第47回日本肝癌研究会, 2011年07月28日, 通常, 日本語, 静岡市
  63. 門脈腫瘍栓を伴う進行肝癌に合併した直腸静脈瘤に対して開腹下IVRが奏功した一例, 柾木慶一、河岡友和、相方 浩、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、高橋祥一、茶山一彰、柿沢秀明、田代裕尊, 第18回日本門脈圧亢進症学会, 2011年09月15日, 通常, 日本語, 福岡市
  64. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたB型肝炎ウイルス感染とヒト肝細胞内遺伝子の発現に及ぼす影響, 柘植雅貴, Hepatology Meeting in Japan2011, 2011年10月01日, 招待, 日本語, 東京
  65. C型慢性肝炎に対する3剤(Peg/rib/telaprevir)併用療法の使用経験, 川上由育、宮木大輔、村上英介、橋本義政、長沖祐子、木村友希、横山聡栄、片村嘉男、河岡友和、鍋島由宝、平賀伸彦、高木慎太郎、柘植雅貴、脇 浩司、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第15回日本肝臓学会大会, 2011年10月20日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 福岡市
  66. HBV RT 領域変異株におけるテノフォビルの抗ウイルス効果の検討, 柘植雅貴、平賀伸彦、茶山一彰, 第15回日本肝臓学会大会, 2011年10月20日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 福岡市
  67. ANALYSIS OF EXPRESSION LEVELS OF INTERFERON STIMULATED GENES BY IL28B GENOTYPES IN HUMAN HEPATOCYTE CHIMERIC MICE DURING INTERFERON ALPHA TREATMENT AGAINST HEPATITIS C VIRUS INFECTION, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  68. HEPATITIS C VIRUS INFECTION ALTERS EXPRESSION OF MICRORNAS INVOLVED THE INTERFERON RESPONSE IN THE LIVER OF THE HUMAN HEPATOCYTE CHIMERIC MOUSE, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  69. RAPID EMERGENCE OF TELAPREVIR RESISTANT HEPATITIS C VIRUS STRAIN FROM WILD TYPE CLONE IN VIVO, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  70. IMPACT OF VIRAL AMINO ACID SUBSTITUTIONS AND HOST IL28B POLYMORPHISM ON REPLICATION AND SUSCEPTIBILITY TO INTERFERON OF HEPATITIS C VIRUS, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  71. PROPOSAL OF RESPONSE-GUIDE OF TRIPLE THERAPY(PEG/RBV/TELAPREVIR)USING IL28 GENOTYPE,CORE 70 AA MUTATION AND ACHIEVEMENT OF RVR IN GENOTYPE 1B WITH HIGH VIRAL LOAD PATIENTS, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  72. PRETREATMENT SERUM PAI-1 LEVEL IS A NOVEL PREDICTOR FOR RESPONSE TO PEGYLATED INTERFERON-α-2B PLUS RIBAVIRIN THERAPY IN CHRONIC HEPATITIS C VIRUS INFECTION, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  73. NONINVASIVE INDEX WITH COMBINATION OF VIRTUAL TOUCH TISSUE QUANTIFICATION:VTTQ AND BLOOD EXAMINATION FOR PREDICTING LIVER FIBROSIS IN THE CHRONIC HEPATITIS PATIENTS, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  74. HEPATITIS C VIRUS INFECTION SUPPRESSES THE INTERFERON RESPONSE IN THE LIVER OF THE HUMAN HEPATOCYTE CHIMERIC MOUSE, THE 62TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2011年11月04日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Sanfrancisco
  75. C型慢性肝炎治療における最近の話題, 柘植雅貴, 呉市医師会病院関係医師懇談会, 2011年11月29日, 通常, 日本語, 呉市
  76. 切除後8年目に肺転移をきたした肝細胞癌の1例, 香川幸一、高木慎太郎、川上由育、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第96回日本消化器病学会中国支部例会第107回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2011年12月03日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  77. タイ出張中感染した急性C型肝炎の1例, 池本麻紀、苗代典昭、小林知樹、平松 憲、瀧川英彦、野中裕広、沼田紀史、田中未央、本田洋士、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第96回日本消化器病学会中国支部例会第107回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2011年12月03日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  78. 肝細胞癌の骨髄転移を契機にDICを発症し急激な転機を辿った1例, 中野 誠、本田洋士、河岡友和、田中未央、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、高木慎太郎、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、有廣光司、茶山一彰, 第96回日本消化器病学会中国支部例会第107回日本消化器内視鏡学会中国地方会, 2011年12月03日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  79. B型慢性肝炎における核酸アナログ治療中止例の中止後経過と背景因子の検討, 柘植雅貴、今村道雄、茶山一彰, 第39回日本肝臓学会総会学会西部会, 2011年12月09日, 通常, 日本語, 岡山市
  80. 当院におけるB型急性肝炎の解析, 田中未央、柘植雅貴、茶山一彰, 第39回日本肝臓学会総会学会西部会, 2011年12月09日, 通常, 日本語, 岡山市
  81. B型肝炎における核酸アナログ治療中止例の検討, 柘植雅貴, HBV症例へのPEG-IFN治療意義を考える会, 2012年01月26日, 招待, 日本語, 広島市
  82. Evaluation of antiviral effects of nucleos(t)ide analogues for hepatitis B virus using in vrtro and in vivo models, APASL2012, 2012年02月12日, 通常, 英語, 台北
  83. 当院におけるC型慢性肝炎に対する3剤(Peg/rib/telaprevir)併用療法の治療成績, 弓削 亮、川上広育、中野 誠、実綿倫宏、香川 幸一、西山宗希、福原崇之、柾木慶一、小林知樹、田中未央、苗代典昭、本田洋士、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、横山聡栄、河岡友和、平賀伸彦、高木慎太郎、柘植雅貴、脇 浩司, 第53回広島肝疾患ゼミナール, 2012年02月25日, 通常, 日本語, 広島市
  84. 進行肝癌治療戦略におけるソラフェニブの成績と位置づけ, 本田洋士、河岡友和、小林和樹、福原崇之、柾木慶一、大野敦司、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第114回広島消化器病研究会, 2012年04月07日, 通常, 日本語, 広島市
  85. NAFLDにおける肝線維化の非侵襲的評価~VTTQ,fibroscan,RTTEの比較~, 中原隆志、高木慎太郎、宮木大輔、田中未央、苗代典昭、本田洋士、長沖祐子、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、相方 浩、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第98回日本消化器病学会総会, 2012年04月19日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京都
  86. 非多血性結節の臨床経過におけるGd-EOB-DTPAMRIの有用性, 田中未央、高木慎太郎、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第98回日本消化器病学会総会, 2012年04月19日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京都
  87. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたウイルス性肝炎に関するトランスレーショナルリサーチ, 今村道雄、平賀伸彦、柘植雅貴、高橋祥一、茶山一彰, 第97回日本消化器病学会中国支部例会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  88. NASHにおけるHMG-CoA還元酵素阻害剤の有効性について, 中原隆志、兵庫秀幸、田中未央、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、脇 浩司、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、田妻 進、有廣光司、茶山一彰, 第97回日本消化器病学会中国支部例会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  89. C型肝硬変に対するIFN治療SVR症例の予後, 長沖祐子、相方 浩、中原隆志、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第97回日本消化器病学会中国支部例会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  90. C型慢性肝炎に対するインターフェロン治療著効後に、肝細胞癌と胆管細胞癌を認めた2例, 苗代典昭、柘植雅貴、本田洋士、中原隆志、大野敦司、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、天野尋暢、大段秀樹、有廣光司、茶山一彰, 第97回日本消化器病学会中国支部例会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  91. C型慢性肝炎に対するIFN投与中に1型糖尿病を発症した3例の検討, 福原崇之、川上由育、小林知樹、柾木慶一、大野敦司、中原隆志、本田洋士、苗代典昭、村上英介、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、平賀伸彦、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第97回日本消化器病学会中国支部例会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  92. ソラフェニブ投与中に認めた放射線性皮膚炎の一例, 柾木慶一、高木慎太郎、小林知樹、福原崇之、田中未央、苗代典昭、本田洋士、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第97回日本消化器病学会中国支部例会, 2012年05月26日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  93. RFA標準化における問題点~合併症対策についての検討, 高木慎太郎、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、中原隆志、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第48回日本肝臓学会総会, 2012年06月07日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 金沢市
  94. 肝疾患の画像診断におけるGd-EOB-DTPA MRIによるfollow up, 高木慎太郎、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第48回日本肝臓学会総会, 2012年06月07日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 金沢市
  95. HBV既往感染者に対する化学療法時の核酸アナログ製剤によるHBV再活性化予防についての検討, 村上英介、柘植雅貴、今村道雄、田中未央、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平賀伸彦、平松 憲、脇 浩司、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第48回日本肝臓学会総会, 2012年06月07日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 金沢市
  96. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたHCV genotype 1および2型に対するDAA併用療法の有効性の検討, 大野敦司、今村道雄、平賀伸彦、柘植雅貴、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第48回日本肝臓学会総会, 2012年06月07日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 金沢市
  97. HBV薬剤耐性変異株に対するテノホビルの抗ウイルス効果, 柘植雅貴、今村道雄、茶山一彰, 第48回日本肝臓学会総会, 2012年06月07日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 金沢市
  98. ソラフェニブ投与中に認めた放射線性皮膚炎の一例, 柾木慶一、高木慎太郎、小林知樹、福原崇之、田中未央、苗代典昭、本田洋士、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、平松 憲、脇 浩司、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第6回日本肝がん分子標的治療研究会, 2012年06月16日, 通常, 日本語, 神奈川県
  99. 肝硬変に合併した十二指腸静脈瘤に対し治療が奏功した2例, 朝山直樹、柾木慶一、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第108回消化器内視鏡学会中国支部例会, 2012年07月01日, 通常, 日本語, 広島市
  100. 門脈血栓合併食道胃静脈瘤に対しEIS後、オルガラン、AtⅢ製剤、ワーファリン、アスピリンにより良好な経過が得られている1例, 藤野初江、小林知樹、宮木大輔、長沖祐子、柾木慶一、福原崇之、苗代典昭、中原隆志、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第108回消化器内視鏡学会中国支部例会, 2012年07月01日, 通常, 日本語, 広島市
  101. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたHBV感染に対する初期免疫応答の解析, 平賀伸彦、今村道雄、岡崎彰人、阿部弘美、柘植雅貴、高橋祥一、茶山一彰, 第8回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2012年07月06日, 通常, 日本語, 広島市
  102. Gd-EOB-DTPA 造影MRIで早期発見が困難であった肝癌の検討, 高木慎太郎、田中未央、柾木慶一、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、中原隆志、長沖祐子、宮木大輔、柘植雅貴、平賀伸彦、今村道雄、本田洋士、兵庫秀幸、川上由育、越智秀典、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第48回日本肝癌研究会, 2012年07月20日, 通常, 日本語, 金沢市
  103. 症例 術前診断が困難であった肝腫瘍性病変の1例, 福原崇之、高木慎太郎、小林知樹、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、有廣光司、茶山一彰, 第48回日本肝癌研究会, 2012年07月20日, 通常, 日本語, 金沢市
  104. B型肝炎, 柘植雅貴, 平成24年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, 2012年08月26日, 通常, 日本語, 広島県庁薬務課, 広島市
  105. 当院で経験した遺伝性肝疾患の実態~同胞内発症した骨髄性プロトポルフィリン症の2例~, 本田洋士、高橋祥一、小林知樹、柾木慶一、福原崇之、大野敦司、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, JDDW 2012, 2012年10月10日, 通常, 日本語, 神戸市
  106. 薬剤耐性HBVに対する核酸アナログの抗ウイルス効果, 柘植雅貴, Hepatology Meeting in Japan 2012, 2012年10月27日, 招待, 日本語, 東京
  107. Severe Necroinflammatory Reaction Caused by Natural Killer By Fas/FasL Interaction and Dendritic Cells in Human Hepatocyte Chimeric Mouse , THE 63TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2012年11月09日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  108. Human microRNA hsa-miR-1231 suppresses hepatitis B virus replication with targeting to HB core region, THE 63TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2012年11月09日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  109. 左上顎歯肉転移を来した肝細胞癌の1例, 井川 敦、柾木慶一、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、藤原 恵、茶山一彰, 第98回日本消化器病学会中国支部例会第109回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2012年12月01日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  110. B型慢性肝炎に対するペグインターフェロンα2aの使用経験, 小林知樹、柘植雅貴、福原崇之、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第98回日本消化器病学会中国支部例会第109回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2012年12月01日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  111. 肝細胞癌に対するシスプラチンを使用した肝動注化学塞栓術に低Na血症を来した1例, 菅 宏美、小林知樹、河岡友和、福原崇之、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、石川雅基、柿沢秀明、茶山一彰, 第98回日本消化器病学会中国支部例会第109回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2012年12月01日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  112. 発熱の原因となった肝血管腫に対し肝切除を行った1例, 柾木慶一、相方 浩、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、高橋祥一、有廣光司、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、茶山一彰, 第98回日本消化器病学会中国支部例会第109回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2012年12月01日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  113. ソラフェニブの治療成績と予後因子に関する検討, 河岡友和、相方 浩、柾木慶一、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、本田洋士、大野敦司、中原隆志、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、三木大樹、高木慎太郎、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第7回日本肝がん分子標的治療研究会, 2013年01月19日, 通常, 日本語, 岐阜市
  114. NAFLD/NASHにおけるメタボリック因子と歯周病菌(Porphyromonas gingivalis), 影本賢一、中原隆志、兵庫秀幸、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、苗代典昭、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰、古庄寿子、宮内睦美、高田 隆, 第54回広島肝疾患ゼミナール, 2013年02月23日, 通常, 日本語, 広島市
  115. NAFLD/NASHにおけるメタボリック因子と 歯周病菌(Porphyromonas gingivalis)の関与, 中原隆志、兵庫秀幸、菅 宏美、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第22回 消化器とフリーラジカル研究会, 2013年03月09日, 通常, 日本語, 京都市
  116. B型肝炎における治療・診断の最近の話題, 柘植雅貴, 第30回広島県医学検査学会 ランチョンセミナー, 2013年03月10日, 招待, 日本語, 広島
  117. 薬剤耐性B型肝炎ウイルスに対するテノホビルの抗ウイルス効果とGenotypeによる相違の検討, 村上英介、柘植雅貴、茶山一彰, 第99回日本消化器病学会総会, 2013年03月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 鹿児島市
  118. C型慢性肝炎に対するTelaprevir/PegIFN/RBV併用療法における皮膚障害の検討, 長沖祐子、今村道雄、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、相方 浩、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第99回日本消化器病学会総会, 2013年03月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 鹿児島市
  119. 悪性腫瘍に対する化学療法施行後にHBV再活性化を来たした24例の検討, 柘植雅貴、森 奈美、村上英介、相坂康之、吉良臣介、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第99回日本消化器病学会総会, 2013年03月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 鹿児島市
  120. NAFLDと生活習慣病、歯周病菌の関係について, 兵庫秀幸、中原隆志、柾木慶一、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、越智秀典、茶山一彰, 第115回広島消化器病研究会, 2013年04月06日, 通常, 日本語, 広島市
  121. HCV Genotype 1・高ウイルス量症例に対するペグIFNα2b・リバビリン併用療法の治療効果と血中アディポサイトカイン濃度についての検討, 三木大樹、大石和佳、越智秀典、Hayes CN、阿部弘美、柘植雅貴、今村道雄、鎌谷直之、中村祐輔、茶山一彰, 第50回日本臨床分子医学会学術集会, 2013年04月12日, 通常, 日本語, 東京都
  122. ヒト肝細胞キメラマウスと次世代シーケンサーを用いた新規抗ウイルス薬に対するHCVゲノムの解析, 阿部弘美、Hayes CN、平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、三木大樹、高橋祥一、越智秀典、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  123. C型肝炎に対するNS5A阻害剤を用いた治療と次世代シーケンサーを用いた耐性株の検討, 今村道雄、Hayes CN、阿部弘美、柘植雅貴、川上由育、相方 浩、高橋祥一、越智秀典、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  124. 当院におけるB型慢性肝炎に対するペグインターフェロンα2aの使用経験, 小林知樹、柘植雅貴、福原崇之、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、村上英介、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  125. IL-6レベルの上昇は肝細胞癌リスクの増加と関連する, 大石和佳、植田慶子、林 奉権、柘植雅貴、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  126. C型慢性肝炎に対するTelaprevir/PEG-IFN/RBV療法におけるTelaprevir中止症例の検討, 大野敦司、今村道雄、長沖祐子、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、中原隆志、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、相方 浩、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  127. 高齢者C型慢性肝炎に対するTeraprevir/PEG-IFN-RBV療法の安全性と有用性, 長沖祐子、今村道雄、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、大野敦司、中原隆志、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、相方 浩、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  128. HBV感染に伴うヒト肝細胞内免疫応答の変化, 柘植雅貴、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  129. 門脈圧亢進症患者におけるカプセル内視鏡による小腸病変の検討, 苗代典昭、相方 浩、柾木慶一、小林知樹、福原崇之、本田洋士、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、高橋祥一、青山大輝、岡 志郎、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  130. 肝細胞相低信号乏血性結節の経過中に他部位に出現する多血性肝細胞癌に関する検討, 福原崇之、高木慎太郎、小林知樹、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  131. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたHBV感染に対する初期免疫応答の解析, 平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、河岡友和、阿部弘美、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝臓学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  132. 眼窩内に転移した肝細胞癌の一例, 吉福良公、平松 憲、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第99回日本消化器病学会中国支部例会, 2013年06月15日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  133. HBV無症候性キャリアに発症した肝粘液性嚢胞腺腫の1例, 菅 宏美、柘植雅貴、佐上晋太郎、藤野初江、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、中原隆志、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、高木慎太郎、平松 憲、今村道雄、相方 浩、、茶山一彰、天野尋暢、大段秀樹、有廣光司, 第99回日本消化器病学会中国支部例会, 2013年06月15日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  134. 急速に肝硬変へ進行したC型慢性肝炎の1例, 盛生玲央奈、川上由育、福原崇之、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、大野敦司、中原隆志、本田洋士、苗代典昭、村上英介、宮木大輔、河岡友和、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, 第99回日本消化器病学会中国支部例会, 2013年06月15日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  135. C型慢性肝炎に対するTelaprevir/PegIFN/RBV併用療法の成績, 藤野初江、長沖祐子、今村道雄、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、相方 浩、兵庫秀幸、川上由育、越智秀典、高橋祥一、茶山一彰, 第99回日本消化器病学会中国支部例会, 2013年06月15日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  136. 肝硬変患者における小腸病変の検討〜特に食道胃静脈瘤,門脈系側副路発達との関連について, 小刀 崇弘、苗代典昭、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、福原崇之、本田洋士、宮木大輔、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、青山大輝、岡 志郎、田中信治、茶山一彰, 第110回消化器内視鏡学会中国支部例会, 2013年06月30日, 通常, 日本語, 広島市
  137. 孤立性胃静脈瘤出血例に対するB-RTOの長期治療成績, 苗代典昭、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、小林知樹、中原隆志、本田洋士、大野敦司、村上英介、宮木大輔、河岡友和、三木大樹、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰, 第110回消化器内視鏡学会中国支部例会, 2013年06月30日, 通常, 日本語, 広島市
  138. 肝移植後C型肝炎再燃に対するIFN治療効果(3剤併用を含む)と10年生存率の検討, 辰川裕美子、河岡友和、今村道雄、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、宮木大輔、三木大樹、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、越智秀典、茶山一彰、高橋祥一、石山宏平、井手健太郎、大段秀樹, 第33回広島・山口肝疾患研究会, 2013年07月06日, 通常, 日本語, 山口市
  139. 進行肝癌に対するリザーバー肝動注化学療法導入後早期効果と予後, 宮木大輔、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、相方 浩、川上由育、高橋祥一、茶山一彰, 第49回日本肝癌研究会, 2013年07月11日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京都
  140. ミラノ基準内肝細胞癌肝切除例の早期再発リスクに関する臨床病理学的検討, 小林知樹、相方 浩、福原崇之、柾木慶一、苗代典昭、中原隆志、宮木大輔、長沖祐子、河岡友和、高木慎太郎、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、茶山一彰, 第49回日本肝癌研究会, 2013年07月11日, 通常, 日本語, 東京都
  141. B型肝炎, 柘植雅貴, 平成25年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, 2013年09月01日, 通常, 日本語, 広島県庁薬務課, 広島市
  142. DEPDC5 遺伝子座位は日本人のHBV関連肝細胞癌およびC型慢性肝炎とは関連しない, 三木大樹、相方 浩、卜部裕司、柘植雅貴、川上由育、中村祐輔、茶山一彰, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月03日, 通常, 日本語, 横浜市
  143. 当院における核酸アナログ製剤の治療効果の解析, 村上英介、柘植雅貴、小林知樹、福原崇之、柾木慶一、大野敦司、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、三木大樹、平賀伸彦、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, JDDW 2013 第21回日本消化器病学会 第17回日本肝臓学会, 2013年10月09日, 通常, 日本語, 東京都
  144. 薬剤耐性HBVに対するテノホビルの抗ウイルス効果とgenotypeによる相違, 柘植雅貴、村上英介、本田洋士、大野敦司、三木大樹、河岡友和、平賀伸彦、今村道雄、相方 浩、高橋祥一、越智秀典、茶山一彰, JDDW 2013 第21回日本消化器病学会 第17回日本肝臓学会, 2013年10月09日, 通常, 日本語, 東京都
  145. 神経内分泌癌の造影超音波所見の検討, 高木慎太郎、森 奈美、福原崇之、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、相方 浩、相坂康之、茶山一彰, JDDW 2013 第21回日本消化器病学会 第17回日本肝臓学会, 2013年10月09日, 通常, 日本語, 東京都
  146. 第3世代ビスホスホネート剤の肝癌に対する抗腫瘍効果, 本田洋士、高橋祥一、大野敦司、村上英介、河岡友和、三木大樹、柘植雅貴、今村道雄、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, JDDW 2013 第21回日本消化器病学会 第17回日本肝臓学会, 2013年10月09日, 通常, 日本語, 東京都
  147. B型肝炎ウイルス感染と抗ウイルス療法, 柘植 雅貴, 第25回Digestive Disease Renaissance, 2013年10月19日, 招待, 日本語, 大阪
  148. 薬剤耐性HBVに対する核酸アナログの抗ウイルス効果とgenotypeによる相違, 柘植 雅貴, Hepatology Meeting in Japan 2013, 2013年10月26日, 招待, 日本語, 東京
  149. Expression levels of IFNL4 and other IFN-λs are determinedby dinucleotide polymorphism of IFNL4 and correlate with basal expression levels of interferon stimulated genes and effect of interferon, THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  150. Early and late changes in gene expression profiles following infection with hepatitis B or C virus in human hepatocyte chimeric mice, THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  151. Integrative analysis of early and late changes in microRNA and gene expression profiles in humanhepatocyte chimeric mice folloeing interferon with hepatitis B virus or hapatitis C virus, THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  152. HLA-DQ confers susceptibility to chronic hepatitis C in Japanese: agenome-wide association study, THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  153. Th1/2 ratio was associated with anti-viral effects of sequential therapy with lamivudine and interferon-α in Hbe antigen-positive chronic hepatitis B patients, THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  154. Antiviral effect of tenofovir disoproxil fumarate on drug-resistant HBV clones and different susceptibility between HBV genotype A and C. , THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  155. Effects of lifestyle, serum adiponectin and radiation on prevalence and progression of nonalcoholic fatty liver disrase(NAFLD), THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  156. Monitoring serum HBV RNA is useful for predicting rebound of hepatitis after the discontinuation of nucleotide analogue therapy in chronic hepatitis B patients., THE 64TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2013年11月01日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Washington
  157. C型肝炎に対する最新の治療法, 藤野初江、今村道雄、菅 宏美、福原崇之、小林知樹、本田洋士、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第66回広島医学会総会, 2013年11月10日, 通常, 日本語, 広島市
  158. B型肝炎治療におけるHBV関連マーカーの臨床的意義, 柘植 雅貴, アボット肝疾患セミナー広島 2013, 2013年11月14日, 招待, 日本語, Abbott Japan, 広島
  159. 孤立性胃静脈瘤合併Vp4肝細胞癌症例に対して、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術および肝動注化学療法、門脈腫瘍栓への放射線療法を施行した1例, 苗代典昭、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、福原崇之、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、木村智樹、永田 靖、茶山一彰, 第3回中国門脈圧亢進症研究会, 2013年11月29日, 通常, 日本語, 米子市
  160. 悪性リンパ腫治療後にHBV再活性化を来したHBs抗原自然消失例, 竹内泰江、柘植雅貴、村上英介、藤野初江、菅 宏美、小林知樹、福原崇之、本田洋士、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、茶山一彰, 第100回日本消化器病学会中国支部例会・第111回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2013年11月30日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 米子市
  161. Telaprevir/PEG-IFN/RBV療法施行中に急性膵炎を発症したC型肝硬変の1例, 藤野初江、今村道雄、菅 宏美、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第100回日本消化器病学会中国支部例会・第111回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2013年11月30日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 米子市
  162. 小肝細胞癌切除例における病理肉眼型と術前総合画像診断能に関する検討, 小林知樹、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、高橋祥一、茶山一彰、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹, 第40回日本肝臓学会西部会, 2013年12月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 岐阜市
  163. C型慢性肝炎に対するTelaprevir/PegIFN/RBV療法における難治性症例の検討‐多施設共同解析‐, 菅 宏美、今村道雄、藤野初江、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第40回日本肝臓学会西部会, 2013年12月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 岐阜市
  164. 当院におけるB型急性肝炎の解析, 占部綾子、柘植雅貴、茶山一彰、平松 憲、村上英介、河岡友和、平賀伸彦、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、越智秀典, 第40回日本肝臓学会西部会, 2013年12月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 岐阜市
  165. Vp3/4門脈腫瘍栓合併進行肝細胞癌に対する肝動注化学療法における門脈腫瘍栓への放射線療法の意義, 藤野初江、相方 浩、菅 宏美、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、木村智樹、権丈雅浩、永田 靖、茶山一彰, 第40回日本肝臓学会西部会, 2013年12月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 岐阜市
  166. 肝硬変合併門脈血栓症に対してダナパロイドナトリウムにて血栓溶解療法を施行した症例の検討, 苗代典昭、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、小林知樹、本田洋士、大野敦司、中原隆志、宮木大輔、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平賀伸彦、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰, 第40回日本肝臓学会西部会, 2013年12月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 岐阜市
  167. 糖尿病合併NAFLD患者における、DPP-4阻害薬Sitagliptin投与の有効性と安全性についての検討, 福原崇之、兵庫秀幸、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、大野敦司、苗代典昭、中原隆志、本田洋士、宮木大輔、村上英介、河岡友和、三木大樹、柘植雅貴、平賀伸彦、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, 第40回日本肝臓学会西部会, 2013年12月06日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 岐阜市
  168. 薬剤耐性HBVに対する核酸アナログの抗ウイルス効果とgenotypeによる相違, 柘植 雅貴, 肝炎ウイルス研修会, 2013年12月18日, 招待, 日本語, 広島市
  169. 肝移植後C型肝炎に対するIFN治療の検討, 田丸弓弦、苗代典昭、河岡友和、今村道雄、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、小林知樹、宮木大輔、三木大樹、平賀伸彦、柘植雅貴、平松 憲、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、越智秀典、茶山一彰、石山宏平、田代裕尊、大段秀樹, 第55回広島肝疾患ゼミナール, 2014年02月15日, 通常, 日本語, 広島市
  170. HBV薬剤耐性変異株に対する核酸アナログの抗ウイルス効果, 柘植雅貴、村上英介、平賀伸彦、三木大樹、今村道雄、越智秀典、茶山一彰, 第51回日本臨床分子医学会学術集会, 2014年04月11日, 通常, 日本語, 東京都, 1
  171. 進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療におけるPD症例の予後, 河岡友和、相方 浩、宮木大輔、菅 宏美、藤野初江、苗代典昭、本田洋士、福原崇之、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年04月23日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京都
  172. 核酸アナログ投与症例におけるHBsAg低下に寄与する因子の検討, 森 奈美、柘植雅貴、茶山一彰, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年04月23日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京都
  173. Telaprevir/PegIFN/RBV併用療法(難治例)の治療成績, 藤野初江、川上由育、今村道雄、菅 宏美、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、兵庫秀幸、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, 第100回日本消化器病学会総会, 2014年04月23日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京都
  174. HCV感染におけるIFNL4の多型の違いによるIFN-λsの発 現量とインターフェロン投与前後のインターフェロン誘導遺伝子の発現量の関係, 阿部弘美、三木大樹、平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、小林知樹、河岡友和、川上由育、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  175. HCV慢性化におけるHLA-DQB1の重要性:ゲノムワイド関連解析, 三木大樹、越智秀典、ヘイズ ネルソン、阿部弘美、大野敦司、中原隆志、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平賀伸彦、今村道雄、川上由育、相方 浩、高橋祥一、茶山一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  176. FDG-PETによる小肝細胞癌に対する治療前評価の意義についての検討, 小林知樹、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、苗代典昭、大野敦司、本田洋士、宮木大輔、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、茶山一彰、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、有廣光司, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  177. 非B非C型肝癌におけるAGEs,PEDF測定の意義, 菅 宏美、兵庫秀幸、藤野初江、福原崇之、本田洋士、苗代典昭、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰、山岸昌一、竹内正義, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  178. 核酸アナログ投与によるHBV感染ヒト肝細胞内の免疫応答の変化, 柘植 雅貴、平賀 伸彦、茶山 一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  179. 当科の肝硬変の成因別実態~前回調査との比較~, 藤野初江、相方 浩、菅 宏美、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、中原隆志、大野敦司、宮木大輔、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  180. 門脈大循環シャントに伴う肝性脳症に対する経静脈的シャント塞栓術の成績, 苗代典昭、相方 浩、山上卓士、吉松梨香、藤野初江、菅 宏美、小林知樹、福原崇之、本田洋士、中原隆志、大野敦司、宮木大輔、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  181. Fibroscan 502による肝線維化診断および肝脂肪評価の有用性, 福原崇之、兵庫秀幸、菅 宏美、藤野初江、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、有廣光司、茶山一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  182. 内視鏡的食道静脈瘤治療における肝不全用成分栄養剤の有用性に関する検討, 平松 憲、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、茶山一彰, 第50回日本肝臓学会総会, 2014年05月29日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 武蔵野市
  183. FDG-PETによる小肝細胞癌に対する治療前評価の意義についての検討, 小林知樹、相方 浩、鳩岡正浩、盛生 慶、盛生玲央奈、菅 宏美、藤野初江、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹, 第50回日本肝癌研究会, 2014年06月05日, 通常, 日本語, 京都市
  184. NASH肝癌におけるAGEs,PEDF測定の意義, 菅 宏美、兵庫秀幸、藤野初江、福原崇之、本田洋士、苗代典昭、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰、山岸昌一、竹内正義, 第50回日本肝癌研究会, 2014年06月05日, 通常, 日本語, 京都市
  185. 初発肝細胞癌根治治療後の初回再発癌に対するラジオ波焼灼療法(RFA)の治療成績, 福原崇之、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、茶山一彰, 第50回日本肝癌研究会, 2014年06月05日, 通常, 日本語, 京都市
  186. 切除不能肝内胆管癌に対する肝動注化学療法および全身化学療法の成績, 平松 憲、相方 浩、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、福原崇之、本田洋士、苗代典昭、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、茶山一彰, 第50回日本肝癌研究会, 2014年06月05日, 通常, 日本語, 京都市
  187. Evaluation ofSerum Advanced Glycation End Products in Non-B and Non-C Hepatocellular Carcinoma, 4th International Kyoto Liver Cancer Symposium, 2014年06月07日, 通常, 日本語, 京都市
  188. Risk Factors for Early Recurrence After Curative Hepatic Resection for Small and Solitary Hepatocellular Carcinoma, 4th International Kyoto Liver Cancer Symposium, 2014年06月07日, 通常, 日本語, 京都市
  189. 持続血統測定装置(CGMS)を用いた肝硬変患者の糖代謝解析, 菅 宏美、兵庫秀幸、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第101日本消化器病学会中国支部例会 日本消化器病学会中国支部第19回教育講演会, 2014年06月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  190. C型慢性肝炎に対するプロテアーゼ阻害剤+PEG-IFN/RBV併用療法の治療成績, 盛生玲央奈、今村道雄、藤野初江、菅 宏美、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、相方 浩、兵庫秀幸、川上由育、越智秀典、茶山一彰, 第101日本消化器病学会中国支部例会 日本消化器病学会中国支部第19回教育講演会, 2014年06月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  191. 末端肥大症に非アルコール性脂肪肝炎を合併した一例, 鳩岡正浩、平松 憲、兵庫秀幸、菅 宏美、小林知樹、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第101日本消化器病学会中国支部例会 日本消化器病学会中国支部第19回教育講演会, 2014年06月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  192. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたHBV感染に対する免疫応答の解析, 平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、立野知世、吉里勝利、茶山一彰, 第10回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2014年07月05日, 通常, 日本語, 広島市
  193. B型肝炎の病態と治療, 柘植 雅貴, ウイルス肝炎治療セミナー, 2014年07月08日, 招待, 日本語, 広島市
  194. B型肝炎ウイルスに関する最近の話題, 柘植 雅貴, 2nd Young Cardiovascular Frontier in Hiroshima, 2014年07月16日, 招待, 日本語, 広島
  195. 次世代のDAA治療戦略について, 柘植 雅貴, Hepatitis Expert Meeting in Hiroshima, 2014年07月25日, 通常, 日本語, 広島市
  196. 核酸アナログ製剤によるB型肝炎の治療, 柘植 雅貴, 第23回 赤十字血液シンポジウム, 2014年08月02日, 招待, 日本語, 広島
  197. HBVキャリアにおけるHBs抗原陰性化の解析, 盛生 慶、柘植雅貴、村上英介、盛生玲央奈、鳩岡正浩、菅 宏美、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、河岡友和、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第34回広島・山口肝疾患研究会, 2014年08月25日, 通常, 日本語, 広島市
  198. C型肝炎治療の最近の話題, 柘植 雅貴, 呉内科会学術講演会, 2014年09月02日, 招待, 日本語, 呉市
  199. B型肝炎, 柘植雅貴, 平成26年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, 2014年09月07日, 通常, 日本語, 広島県庁薬務課, 広島市
  200. わが国におけるmiR-146aおよびmiR-196a2の遺伝子多型と肝炎ウイルス関 連肝発癌リスク, 三木大樹、相方 浩、大野敦司、卜部祐司、柘植雅貴、川上由育、久保充明、中村祐輔、茶山一彰, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 通常, 日本語, 横浜市
  201. B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ治療成績と肝発癌に関する検討, 村上英介、柘植雅貴、茶山一彰, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  202. cDNA-uPA/SCIDマウスを用いたヒト肝細胞キメラマウスの作製および肝炎ウイ ルス感染, 内田宅郎、平賀伸彦、今村道雄、柘植雅貴、阿部弘美、相方 浩、石田雄二、立野知世、茶山一彰, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  203. HBV genotype CにおけるHBsAg陰性化に関する検討, 柾木慶一、柘植雅貴、菅 宏美、藤野初江、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、村上英介、河岡友和、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、茶山一彰, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  204. 肝切除例と肝生検例における肝硬度診断能の比較検討, 福原崇之、兵庫秀幸、菅 宏美、藤野初江、苗代典昭、本田洋士、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、茶山一彰, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  205. 超免疫不全TK-NOGマウスを用いたヒト肝細胞キメラマウス, 平賀伸彦、今村道雄、内田宅郎、柘植雅貴、阿部弘美、相方 浩、石田雄二、立野知世、茶山一彰, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  206. 非B非C型肝癌におけるAGEs,PEDF測定の意義, 菅 宏美、兵庫秀幸、小林知樹、福原崇之、苗代典昭、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰、山岸昌一、竹内正義, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  207. 非アルコール性脂肪性肝疾患におけるエイコサペンタエン酸/アラキドン酸(EPA/AA)比> )比, 盛生 慶、石飛朋和、兵庫秀幸、盛生玲央奈、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、本田洋士、中原隆志、宮木大輔、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, JDDW 2014, 2014年10月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  208. Analysis of the effect on HBV life cycle HBV genome editing using TALEN and CRISPR/Cas9 systems, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  209. Pretreatment induction of ISGs in presence of IFNL4 in hepatocytes but not in white blood cells is related with poor induction of ISGs following IFN-α therapy, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  210. Radiofreqency ablation for initial recurrent hepatocelluar carcinoma after curative treatment:compared with primary cases, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  211. Hepatitis B virsus infection efficiency and immune response decreases with cell density in primary cultured hepatocytes, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  212. A novel TK-NOG based humanized mouse model for the study of HBV and HCV infection and HCV infections, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  213. Serum levels of advanced gycation end products and pigment epithelium derived factor in patients with hepatocellular carcinoma derived from non-alcoholic sreatohepatitis, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  214. Preoperative predictive value of 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography/computed tomography for microvascular invasion of small hepatocellular carcinoma, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  215. A single amino acid substitution in HLA-DQB1 as well as an IFNL4 variants strongly affect susceptibility to chronic hepatitis C trongly affect susceptibility to chronic hepatitis C., THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  216. Germline variants of highly point-mutated genes in hepatocellular carcinomado not have strong effects on HCV-related hepatocarcinogenesis a do not have strong effects on HCV-related hepatocarcinogenesis., THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  217. Two microRNA polymorphisms are associated with hepatitis B virus-related but not hepatitis C virsus-related hepatocellular carcinoma in the Japanese populations ut not hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma in the Japanese po pulation., THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  218. The long-term clinical outcom of balloon-occluded retrograde transvenous obliteration for gastric varices, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  219. Hepatocellular carcinoma development of hepatitis C virsus patient with eradication to interferon therapy:a large scale, long-term study of 2266 patients, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  220. A novel humanized cDNA-uPA/SCID mouse for the study of HBV and HCV infections infections, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  221. Establishment of a mouse model of acute hepatitis B by activation of human cytotoxic T lymphocytes human cytotoxic T lymphocytes., THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  222. The IL28B SNP has a stronger regulatory effect on the expression of OAS1 than a nearby SNP located downstream of OAS1 in chronic HCV patients have a nearby SNP located downstream of OAS1 in chronic HCV patients., THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  223. Nucleofide analogue improves interferon responsiveness in HBV-infected human hepatocytes, THE 65TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2014年11月07日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, Boston
  224. B型慢性肝疾患診療の現状, 柘植 雅貴, 第476回薬事情報センター定例研修会, 2014年11月15日, 招待, 日本語, 広島
  225. Hepetitis B virsus infection leads to activation of interferon-stimulated genes in primary cultured human hepatocytes, but infection efficiency decreases monotonocally with decreasing cell density, The 11th JSH Single Topic Conference, 2014年11月20日, 通常, 英語, 日本肝臓学会, 広島市
  226. Th1/2 ratio is associated with anti-viral effects of sequential therapy with lamivudine and interferon-α in Hbe antigen-positive chronic hepatitis B patients, The 11th JSH Single Topic Conference, 2014年11月20日, 通常, 英語, 日本肝臓学会, 広島市
  227. Analysis of clinical factors relating to the seroclearance of hepatitis B surface antigen in patients with chronic hepatitis B virus infection, The 11th JSH Single Topic Conference, 2014年11月20日, 通常, 英語, 日本肝臓学会, 広島市
  228. Monitoring serum HBV RNA is useful for predicting rebound of hepatitis after the discontinuation of nucleotide analogue therapy in chronic hepatitis B patients, The 11th JSH Single Topic Conference, 2014年11月20日, 通常, 英語, 日本肝臓学会, 広島市
  229. C型肝炎治療の最近の話題, 柘植 雅貴, 広島県東部C型肝炎セミナー, 2014年11月25日, 招待, 日本語, 福山
  230. 自己免疫性肝炎に無顆粒球症を合併した1例, 津島 健、柘植雅貴、小林知樹、鳩岡正浩、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、相方 浩、茶山一彰, 第102回日本消化器病学会中国支部例会第113回 日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2014年11月29日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  231. BRTO後にカプセル内視鏡検査にて診断したportal hypertensive enteropathy (PHE)の2症例, 平野大樹、苗代典昭、川上由育、盛生 慶、盛生玲央奈、鳩岡正浩、小林知樹、福原崇之、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、兵庫秀幸、相方 浩、茶山一彰, 第102回日本消化器病学会中国支部例会第113回 日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2014年11月29日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 広島市
  232. 難治性胸腹水を伴う肝硬変患者に対するトルバプタンの使用系系, 平松 憲、兵庫秀幸、鳩岡正浩、盛生 慶、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第56回広島肝疾患ゼミナール, 2015年02月28日, 通常, 日本語, 広島市
  233. 当院におけるC型慢性肝炎に対するDAA療法の成績~IFN使用及び非使用治療, 盛生 慶、今村道雄、鳩岡正浩、福原崇之、小林知樹、苗代典昭、本田洋士、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第117回広島消化器病研究会, 2015年04月04日, 通常, 日本語, 広島市
  234. HCV持続感染におけるIFNL4とHLA-DQの遺伝子多型間相互作用, 三木大樹、越智秀典、阿部弘美、大野敦司、中原隆志、柾木慶一、村上英介、内田宅郎、菅 宏美、河岡友和、柘植雅貴、平賀伸彦、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第101回日本消化病学会総会, 2015年04月23日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 仙台市
  235. C型肝炎治療の最近の話題, 柘植 雅貴, 安芸学術講演会, 2015年04月23日, 招待, 日本語, 広島
  236. 核酸アナログ先行投与によるインターフェロン反応性の変化, 柘植雅貴、平賀伸彦、茶山一彰, 第101回日本消化病学会総会, 2015年04月23日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 仙台市
  237. 当院におけるHBVキャリアのHBs抗原陰性化と肝発癌に関する検討, 村上英介、柘植雅貴、茶山一彰, 第101回日本消化病学会総会, 2015年04月25日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  238. C型肝炎治療の最近の話題, 柘植雅貴, 安芸地区医師会学術講演会, 2015年04月25日, 通常, 日本語, 広島市
  239. HCV慢性感染肝組織内でのOAS1発現は自身近傍のSNPよりもIL28B近傍のSNPにより強く調節される, 三木大樹、阿部弘美、Hayes CN、越智秀典、河岡友和、大野敦司、中原隆志、村上英介、柾木慶一、内田宅郎、菅 宏美、柘植雅貴、平賀伸彦、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  240. 小肝癌の病理脈管侵襲に対する18F-FDG PET-CTの予測診断能の検討, 小林知樹、相方 浩、鳩岡正浩、盛生 慶、盛生玲央奈、福原崇之、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、兵庫秀幸、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  241. C型慢性肝炎に対するシメプレビル3剤併用療法におけるITPA遺伝子型と貧血に関す る多施設での検討, 盛生 慶、今村道雄、鳩岡正浩、福原崇之、小林知樹、本田洋士、苗代典昭、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、兵庫秀幸、川上由育、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  242. 肝切除例におけるFibroscan,VTTQによる肝線維化診断能の評価, 福原崇之、相方 浩、兵庫秀幸、盛生 慶、鳩岡正浩、小林知樹、苗代典昭、本田洋士、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、有廣光司、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  243. HCV感染ヒト肝細胞キメラマウスを用いたIFN投与後の免疫応答の解析 , 平賀伸彦、今村道雄、内田宅郎、柘植雅貴、菅 宏美、宮木英輔、阿部弘美、Hayes CN、河岡友和、相方 浩、立野知世、大段秀樹、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  244. 難治性腹水を伴う肝硬変患者におけるトルバプタンの有効性と安全性に関する検討, 平松 憲、鳩岡正浩、盛生 慶、小林知樹、福原崇之、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、相方 浩、川上由育、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月21日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  245. 核酸アナログ中止例における HBVコア蛋白のアミノ酸変異に関する解析, 村上英介、柘植雅貴、内田宅郎、菅 宏美、柾木慶一、本田洋士、中原隆志、大野敦司、平賀伸彦、河岡友和、平松 憲、今村道雄、相方 浩、茶山一彰、川上広育, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月22日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  246. HBV感染に伴うmicroRNA発現変化と miRNAによるHBV複製制御, 柘植雅貴、平賀伸彦、村上英介、阿部弘美、三木大樹、河岡友和、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、越智秀典、茶山一彰, 第51回日本肝臓学会総会, 2015年05月22日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 熊本市
  247. 重度の低栄養状態に関連する肝機能障害を認めた3例, 篠原芙美、平松 憲、中村有希、中野憲仁、鳩岡正浩、盛生 慶、小林知樹、福原崇之、長沖祐子、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  248. ヘミン製剤(ノーモサング)が有効であった骨髄性プロトポルフィリン症の一例, 中村有希、川上由育、中野憲仁、篠原芙美、鳩岡正浩、盛生 慶、盛生玲央奈、小林知樹、福原崇之、長沖祐子、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、相方 浩、茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  249. 非アルコール性脂肪性肝疾患に合併したクロロホルム暴露に伴う急性肝障害の1例, 鳩岡正浩、柘植雅貴、兵庫秀幸、盛生 慶、福原崇之、河岡友和、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、有廣光司、茶山一彰, 第103回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年06月13日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 宇部市
  250. HBV genotypeと核酸アナログの抗ウイルス効果, 柘植 雅貴、村上英介、平賀 伸彦、阿部弘美、今村 道雄、秋田智之 、田中純子 、茶山 一彰, 第11回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2015年07月04日, 通常, 日本語, 広島肝臓プロジェクト研究センター, 広島市
  251. Case, 福原崇之、盛生 慶、鳩岡正浩、小林知樹、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、中村優子、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、有廣光司、茶山一彰, 第51回日本肝癌研究会, 2015年07月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  252. 初回再発小肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法と再肝切除の有効性に関する比較検討, 福原崇之、盛生 慶、鳩岡正浩、小林知樹、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、茶山一彰, 第51回日本肝癌研究会, 2015年07月23日, 通常, 日本語, 神戸市
  253. B型肝炎の臨床とワクチン接種について:HBVワクチン ユニバーサル化に向けて, 柘植雅貴, ABBOTT FAIR 2015 HIROSHIMA, 2015年07月31日, 招待, 日本語, Abbott Japan, 広島
  254. 非典型的な画像所見を呈した肝内胆管癌の病理学的検討, 寺岡雄吏、福原崇之、篠原芙美、中村有希、中野憲仁、盛生 慶、鳩岡正浩、小林知樹、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、浅本泰正、川上由育、相方 浩、中村優子、小林 剛、田代裕尊、大段秀樹、有廣光司、茶山一彰, 第35回広島・山口肝疾患研究会, 2015年08月22日, 通常, 日本語, 山口市
  255. B型肝炎, 柘植雅貴, 平成27年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, 2015年09月06日, 招待, 日本語, 広島県庁薬務課, 広島市
  256. HBV genotype C感染例におけるHBs抗原消失に関する検討, 柘植雅貴、村上英介、茶山一彰, JDDW 2015, 2015年10月08日, 通常, 日本語, 東京
  257. B型肝炎治療の現状, 柘植雅貴, JDDW 2015, 2015年10月09日, 招待, 日本語, 東京
  258. B型肝炎ウイルス感染に伴うヒト肝細胞内遺伝子の発現変化の解析, 柘植雅貴, 第5回Hepatology Meeting in Japan 2015, 2015年10月24日, 通常, 日本語, 東京
  259. ウイルス性肝炎の治療に関する最新の知見, 柘植雅貴, 平成27年度ひろしま肝疾患コーディネーター継続研修, 2015年10月31日, 招待, 日本語, 広島県庁薬務課, 広島市
  260. B型肝炎ウイルス感染と再活性化に対する取り組み, 柘植雅貴, 今治B型肝炎再活性化セミナー, 2015年11月11日, 招待, 日本語, ブリストル・マイヤーズ, 今治
  261. Difference of intracellular responses by HBV genotype A and C infection in humanized mouse model, THE 66TH ANNUAL MEETING OF THE AMERICAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVER DISEASES, 2015年11月17日, 通常, 英語, アメリカ肝臓学会, サンフランシスコ
  262. 経口剤によるC型肝炎治療の現状, 柘植雅貴, 尾三地区肝炎セミナー, 2015年11月24日, 通常, 日本語, 尾道市
  263. HBV RNA量を用いた核酸アナログ中止後再燃予測, 柘植雅貴、川上広育、茶山一彰, 第42回日本肝臓学会西部会, 2015年12月04日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 名古屋市
  264. 薬剤性過敏性症候群(DIHS)により急性肝不全を来した1症例, 山下 賢、平松 憲、今村道雄、中野憲仁、中村有希、篠原芙美、盛生 慶、鳩岡正浩、福原崇之、小林知樹、長沖祐子、河岡友和、柘植雅貴、川上由育、相方 浩、稲束有希子、櫛谷 桂、武島幸男、茶山一彰, 第104回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  265. 術前診断が困難であった肝原発MALTリンパ腫の1例, 大谷一郎、長沖祐子、相方 浩、篠原芙美、中野憲仁、中村有希、鳩岡正浩、盛生 慶、小林知樹、福原崇之、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、茶山一彰, 第104回日本消化器病学会中国支部例会, 2015年12月05日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 岡山市
  266. C型慢性肝炎に対するインターフェロンフリー治療, 柘植雅貴, 呉市医師会病院関係医師懇談会, 2016年03月22日, 招待, 日本語, 呉市医師会, 呉市
  267. B型肝炎ウイルス感染および複製系を用いた薬効評価系の構築, 柘植雅貴 茶山一彰, アカデミックフォーラム 2016, 2016年05月11日, 通常, 日本語, ライフサイエンス ワールド アカデミックフォーラム, 東京
  268. B型肝炎ウイルス感染に伴うヒト肝細胞内遺伝子の発現変化の解析, 柘植雅貴, 第3回みなとまちフォーラム, 2016年08月06日, 招待, 日本語, 東京
  269. HBV産生細胞株を用いたテノホビルの抗ウイルス効果の評価, 柘植雅貴, 肝炎ウイルス細胞培養系研究会, 2016年09月16日, 通常, 日本語, 松本
  270. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたB型肝炎ウイルス遺伝子型による 感染肝細胞内遺伝子発現変化の検討, 柘植雅貴 平賀伸彦 内田宅郎 菅宏美 阿部弘美 三木大樹 河岡友和 今村道雄 相方浩 越智秀典 茶山一彰, 第53回日本臨床分子医学会学術集会, 2016年04月15日, 通常, 日本語, 日本臨床分子医学会, 東京
  271. HBV genotypeに伴う核酸アナログ感受性に関する検討, 柘植雅貴 村上英介 茶山一彰, 第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月21日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  272. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたB型肝炎ウイルス遺伝子型による感染肝細胞内遺伝子発現変化の検討, 柘植雅貴 内田宅郎 菅宏美 阿部弘美 三木大樹 河岡友和 平賀伸彦 今村道雄 相方浩 越智秀典 茶山一彰, 第12回広島肝臓プロジェクト研究センターシンポジウム, 2016年06月25日, 通常, 日本語, 広島肝臓プロジェクト研究センター, 広島市
  273. B型肝炎ウイルス感染に伴うヒト肝細胞内遺伝子の発現変化の解析, 柘植 雅貴 平賀伸彦 茶山一彰, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月19日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京
  274. 核酸アナログ投与B型慢性肝炎症例に対するHBIG投与の有効性, 柘植 雅貴 川上由育 茶山一彰, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月20日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京
  275. 2016年02月21日, 通常, 日本語, 東京
  276. HBV感染・複製系を用いたヒト肝細胞内免疫応答の解析, 柘植雅貴 内田宅郎 菅 宏美 阿部弘美 三木大樹 河岡友和 平賀伸彦 今村道雄 相方 浩 越智秀典 茶山一彰, 肝炎ウイルス研修会, 2017年02月23日, 通常, 日本語, 東京
  277. B型肝炎診療のポイント, 柘植雅貴, 第158回 広島市薬剤師会生涯教育研修会, 2017年06月25日, 招待, 日本語
  278. アメリカ肝臓学会, 2016年11月14日, 通常, 英語
  279. 核酸アナログ先行投与によるインターフェロン反応性の改善, 柘植雅貴 森 奈美 長沖祐子 河岡友和 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 辻 恵二 川上広育 茶山一彰, JDDW2016, 2016年11月03日, 通常, 日本語
  280. 肝硬変に伴う2次性サルコペニアの評価と治療, 寺岡雄吏 平松 憲 大上加奈 中村有希 本田芙美 盛生 慶 小林知樹 中原隆志 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第118回広島消化器病研究会, 2016年04月09日, 通常, 日本語
  281. ウイルス性慢性肝炎の病態・病勢を反映し得る血清マイクロRNAの同定, 三木大樹 柘植雅貴 阿部弘美 越智秀典 平賀伸彦 今村道雄 高橋祥一 相方 浩 河岡友和 川上由育 大石和佳 茶山一彰, 第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月21日, 通常, 日本語
  282. 肝移植後C型肝炎患者に対するダクラタスビル・アスナプレビル療法, 盛生 慶 今村道雄 河岡友和 中村有希 篠原芙美 中野憲仁 鳩岡正浩 福原崇之 小林知樹 柘植雅貴 平松 憲 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月21日, 通常, 日本語
  283. 肝硬変患者に対する栄養マネージメント, 平松 憲 中野憲仁 中村有希 本田芙美 鳩岡正浩 盛生 慶 小林知樹 福原崇之 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第102回日本消化器病学会総会, 2016年04月23日, 通常, 日本語
  284. B型慢性肝炎病勢評価のための新規マーカーとしてのマイクロRNAの可能性, 三木大樹 柘植雅貴 茶山一彰, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月19日, 通常, 日本語
  285. NS3プロテアーゼ阻害薬治療後の同系薬剤に対する感受性の検討, 菅 宏美 今村道雄 平賀伸彦 宮木英輔 内田宅郎 柘植雅貴, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月19日, 通常, 日本語
  286. 難治性のC型慢性肝炎に対するDaclatasvir/Asnaprevir療法の治療効果, 盛生 慶 今村道雄 本田芙美 中野憲仁 中村有希 鳩岡正浩 福原崇之 小林知樹 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 川上由育 相方 浩 越智秀典 茶山一彰, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月20日, 通常, 日本語
  287. HBV肝硬変に対する核酸アナログ投与による肝機能改善効果と門脈系側副路発達との関連, 長沖祐子 相方 浩 本田芙美 中村有希 盛生 慶 鳩岡正浩 小林知樹 福原崇之 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 川上由育 茶山一彰, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月20日, 通常, 日本語
  288. 肝細胞癌TACE不応例に対する肝動注化学療法とソラフェニブの比較, 鳩岡正浩 河岡友和 本田芙美 中野憲仁 中村有希 盛生 慶 小林知樹 福原崇之 長沖祐子 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第52回日本肝臓学会総会, 2016年05月20日, 通常, 日本語
  289. 進行肝癌に対する肝動注化学療法とソラフェニブの位置づけ, 河岡友和 相方 浩 中村有希 鳩岡正浩 盛生 慶 小林知樹 中原隆志 長沖祐子 平松 憲 柘植雅貴 今村道雄 川上由育 茶山一彰, 第14回日本肝がん分子標的治療研究会, 2016年06月11日, 通常, 日本語
  290. 小児食道胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法の治療経験, 長沖祐子 相方 浩 中村有希 盛生 慶 小林知樹 中原隆志 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 川上由育 茶山一彰, 第5回中国門脈亢進症研究会, 2016年06月10日, 通常, 日本語
  291. 急性肝炎の後に急速に肝硬変へ進展し発癌したHBV genotype Dの一例, 中村有希 長沖祐子 今村道雄 本田芙美 中野憲仁 鳩岡正浩 盛生 慶 盛生玲央奈 福原崇之 小林知樹 中原隆志 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第105回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年06月11日, 通常, 日本語
  292. 肝移植後C型肝炎再燃に対する抗ウイルス療法, 河岡友和 今村道雄 柘植雅貴 平松 憲 川上由育 相方 浩 石山宏平 大段秀樹 茶山一彰, 第34回日本肝移植研究会, 2016年07月07日, 通常, 日本語
  293. 複数回施行した肝生検例からみたNASH増悪因子の検討, 中原隆志 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第3回肝臓と糖尿病・代謝研究, 2016年07月16日, 通常, 日本語
  294. 2016年09月22日, 通常, 日本語
  295. 代償性肝硬変患者に対するDaclatasvir/Asunaprevir併用療法の有効性および安全性の検討, 盛生 慶 今村道雄 川上由育 中村有希 本田芙美 小林知樹 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 相方 浩 越智秀典 森 奈美 高木慎太郎 茶山一彰, 第20回日本肝臓学会大会, 2016年11月03日, 通常, 日本語
  296. 核酸アナログ先行投与によるインターフェロン反応性の改善, 森 奈美 長沖祐子 河岡友和 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 辻 惠二 川上広育 茶山一彰, 第20回日本肝臓学会大会, 2016年11月03日, 通常, 日本語
  297. 2016年11月11日, 通常, 日本語
  298. 2016年11月11日, 通常, 日本語
  299. 2016年11月11日, 通常, 日本語
  300. 2016年11月11日, 通常, 日本語
  301. 2016年11月15日, 通常, 日本語
  302. 肝細胞癌に対するシスプラチンによる肝動脈化学塞栓療法後に血栓性微小血管障害症を発症した一例, 大屋一輝 盛生 慶 河岡友和 寺岡雄吏 大上加奈 稲垣有希 小林知樹 中原隆志 長沖祐子 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 106回日本消化器病学会中国支部例会, 2016年11月12日, 通常, 日本語
  303. 自己免疫性肝炎との鑑別が困難であったウイルソン病による肝硬変の1例, 西田祐乃 寺岡雄吏 河岡友和 長沖祐子 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 日本内科学会中国支部主催 第115回中国地方会, 2016年11月26日, 通常, 日本語
  304. 薬剤性過敏性症候群(DIHS)により急性肝不全を来した1症例, 森 豪 中原隆志 小林知樹 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 相方 浩 川上由育 茶山一彰, 日本内科学会中国支部主催 第115回中国地方会, 2016年11月26日, 通常, 日本語
  305. 細胆管細胞癌における造影超音波検査の検討, 寺岡雄吏 河岡友和 相方 浩 大上加奈 中村有希 盛生 慶 小林知樹 中原隆志 長沖祐子 柘植雅貴 今村道雄 茶山一彰, 第30回日本腹部造影エコー・ドプラ診断研究会, 2017年04月08日, 通常, 日本語
  306. SGLT2阻害薬の肝機能パラメーターに与える影響と体組成変化の検討, 中原隆志 寺岡雄吏 稲垣有希 盛生 慶 小林知樹 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 相方 浩 茶山一彰, 第119回広島消化器病研究会, 2017年04月08日, 通常, 日本語
  307. SGLT2阻害薬の肝機能パラメータに与える影響と体組成変化の検討, 中原隆志 寺岡雄吏 稲垣有希 盛生 慶 小林知樹 長沖祐子 河岡友和 柘植雅貴 平松 憲 今村道雄 相方 浩 茶山一彰, 第103回日本消化器病学会総会, 2017年04月20日, 通常, 日本語
  308. B型慢性肝疾患に対するペグインターフェロン治療効果, 内川慎介 柘植雅貴 河岡友和 平松 憲 今村道雄 川上由育 相方 浩 茶山一彰, 第116回日本内科学中国地方会, 2017年06月03日, 通常, 日本語
  309. B型肝炎ウイルス感染と抗ウイルス療法, 柘植雅貴, これからの肝臓を語る会, 2017年07月29日, 招待, 日本語, 札幌
  310. 新規ペグ化インターフェロンβを用いたB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果の検討, 柘植雅貴, 肝炎ウイルス細胞培養系研究会, 2017年09月01日, 通常, 日本語
  311. B型肝炎の治療戦略について, 柘植雅貴, 肝疾患と糖尿病 講演会 in 広島, 2017年09月22日, 通常, 日本語
  312. HBV感染に伴う肝細胞内IL8発現亢進とインターフェロン治療への影響, 柘植雅貴, Hepatology Meeting in Japan 2017, 2017年11月11日, 通常, 日本語
  313. C型肝炎の最新治療, 柘植雅貴, Hiroshima Liver Next Generation Symposium, 2017年12月26日, 招待, 日本語
  314. B型肝炎新規治療薬開発の動向, 柘植雅貴, Liver Science Meeting 2018, 2018年01月27日, 招待, 日本語
  315. B型肝炎ウイルス感染と再活性化対策, 柘植雅貴, 呉市医師会病院研修会, 2018年03月20日, 招待, 日本語
  316. 脂質代謝と肝炎ウイルス増殖との関連, 柘植雅貴, Up To Date Seminar for Researchers, 2018年06月06日, 招待, 日本語
  317. B型・C型肝炎診療の現状と注意点, 柘植雅貴, 佐伯地区医師会能美島学術講演会, 2018年06月12日, 招待, 日本語
  318. B型肝炎治療の現状と新規治療薬開発の動向, 柘植雅貴, 広島肝炎ウイルスセミナー, 2018年06月26日, 招待, 日本語
  319. 核酸アナログ治療併用の有無によるインターフェロン治療効果の検討, 柘植雅貴, 川上由育 茶山一彰, DDW 2017, 2017年10月12日, 通常, 日本語
  320. 柘植雅貴, アメリカ肝臓学会, 2017年10月23日, 通常, 英語
  321. アメリカ肝臓学会, 2017年10月20日, 通常, 英語
  322. 2017年10月22日, 通常, 英語
  323. アメリカ肝臓学会, 2017年10月22日, 通常, 英語
  324. アメリカ肝臓学会, 2017年10月22日, 通常, 英語
  325. アメリカ肝臓学会, 2017年10月22日, 通常, 英語
  326. アメリカ肝臓学会, 2017年10月23日, 通常, 英語
  327. 核酸アナログ治療例に対するペグインターフェロン治療とHBs低下に関する検討, 日本肝臓学会西部会, 2017年11月30日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会
  328. 症例から学ぶB 型肝炎の診断・治療の最前線, 柘植雅貴, 第55回日本肝臓学会総会, 2019年05月29日, 招待, 日本語, 日本肝臓学会, 東京
  329. 核酸アナログ・ペグインターフェロン併用療法におけるHBs低下に寄与する因子の検討, 柘植雅貴、辰川裕美子、茶山一彰, 第105回日本消化器病学会総会, 2019年05月10日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 金沢
  330. 新規ペグ化インターフェロンβによるB型肝炎ウイルスに対する抗ウイルス効果の検討, 柘植雅貴、内田宅郎、茶山一彰, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月14日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 大阪
  331. 当科の肝硬変の成因別実態, 相方浩、児玉健一郎、内川慎介、稲垣有希、盛生慶、中原隆志、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松憲、今村道雄、川上由育、茶山一彰, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月15日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 大阪
  332. リファキシミンの肝性脳症に対する有効性についての検討, 稲垣有希、平松憲、難波麻衣子、藤井康智、竹内泰江、内川慎介、児玉健一郎、西田祐乃、大屋一輝、大上加奈、本田芙美、盛生慶、盛生玲央奈、中原隆志、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、今村道雄、相方浩、川上由育、茶山一彰, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月14日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 大阪
  333. ソラフェニブ不応進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブの検討, 内川慎介、河岡友和、相方浩、児玉健一郎、稲垣有希、盛生慶、鳩岡正浩、中原隆志、村上英介、柘植雅貴、平松憲、今村道雄、川上由育、茶山一彰, 第54回日本肝臓学会総会, 2018年06月15日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 大阪
  334. 2018年11月09日, 通常, 英語, San Francisco
  335. 2018年11月09日, 通常, 英語, San Francisco
  336. 2018年11月09日, 通常, 英語, San Francisco
  337. 2018年11月09日, 通常, 英語, San Francisco
  338. 2018年11月10日, 通常, 英語
  339. 2018年11月10日, 通常, 英語, San Francisco
  340. 2018年11月10日, 通常, 英語, San Francisco
  341. 2018年11月11日, 通常, 英語, San Francisco
  342. 2018年11月12日, 通常, 英語, San Francisco
  343. 核酸アナログ治療後のペグインターフェロン治療におけるHBs低下に寄与する因子の検討, 柘植雅貴、辰川裕美子、茶山一彰, JDDW 2018, 2018年11月02日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会 日本消化器病学会, 神戸市
  344. 第7回 日台韓HBV研究シンポジウム, 2019年04月05日, 通常, 英語, 東京
  345. 2019年02月20日, 招待, 英語
  346. 核酸アナログ療法中のB型慢性肝炎症例に対するHBIG投与の有効性と治療後経過の検討, 柘植 雅貴、川上由育、茶山一彰, 第115回日本内科学会, 2018年04月14日, 通常, 日本語, 日本内科学会, 京都
  347. 高度肥満患者のNAFLD/NASH治療における減量手術の効果, 難波麻衣子、中原隆志、内川慎介、児玉健一郎、中村有希、鳩岡正浩、盛生 慶、村上英介、河岡友和、柘植雅貴、平松 憲、今村道雄、川上由育、相方 浩、茶山一彰, 第120回広島消化器病研究会, 2018年04月07日, 通常, 日本語, 広島
  348. B型肝炎ウイルス(HBV)関連肝疾患に対する肝移植とHBV再感染の解析, 柘植雅貴、今村道雄、茶山一彰, 第104回日本消化器病学会総会, 2019年04月19日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  349. 2018年05月11日, 通常, 日本語, The Asian Pacific for The Study of Liver, 横浜市
  350. 2018年05月11日, 通常, 英語, 横浜市
  351. 本態性血小板が原因で肝外門脈閉塞を来し食道・胃静脈瘤を発症した1例, 第118回日本内科学会中国地方会, 2018年05月19日, 通常, 日本語, 日本内科学会中国支部, 米子
  352. ソラフェニブ不応進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブの初期治療成績, 第109回日本消化器病学会中国支部例会, 2018年06月09日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会中国支部, 岡山
  353. HBV感染に伴う肝細胞内IL8発現亢進とインターフェロン反応性への影響, 抗ウイルス療法学会 学術集会・総会, 2018年06月07日, 通常, 日本語, 札幌
  354. ソラフェニブ不応進行肝細胞癌に対するレゴラフェニブの初期治療成績, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米市
  355. 肝細胞癌切除症例における病理脈管侵襲診断と術後肝外転移再発に対する術前18F-FDG PET-CTの予測診断能の検討, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米市
  356. 肝内胆管癌の背景因子、治療成績についての検討, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米市
  357. 高度脈管侵襲合併肝細胞癌に対する、腫瘍栓への放射線療法併用肝動注療法とソラフェニブの比較, 第54回日本肝癌研究会, 2018年06月28日, 通常, 日本語, 日本肝癌研究会, 久留米市
  358. 進行肝細胞癌に対するレンバチニブの初期使用経験, 第18回日本肝がん分子標的治療研究会, 2018年07月14日, 通常, 日本語, 日本肝がん分子標的治療研究会, 東京
  359. 2018年11月10日, 通常, 英語
  360. 2018年09月07日, 通常, 英語, 京都
  361. 日本人における非アルコール性脂肪性肝疾患・非アルコール性脂肪肝炎関連肝細胞癌の発症に関連する宿主遺伝的要因, 日本癌学会学術総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 日本癌学会, 大阪
  362. 2型糖尿病を合併する非B非C肝癌の臨床的特徴の解析, JDDW 2018, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 神戸市
  363. 肝細胞癌切除症例における病理脈管侵襲診断と術後再発に対する術前 18F-FDG PET-CTの予測診断の検討, JDDW 2018, 2018年11月01日, 通常, 日本語, 神戸
  364. 2019年02月10日, 通常, 英語
  365. マウスを用いた肝炎ウイルス研究, 柘植雅貴, Hiroshima Liver Next Generation Meeting, 2019年06月20日, 招待, 日本語, 広島市
  366. B型肝炎治療における最近の話題, 柘植雅貴, 呉市医師会病院関係医師懇談会, 2019年07月30日, 通常, 日本語, 呉市医師会, 呉市
  367. 2019年10月01日, 通常, 英語, メルボルン
  368. 2019年10月01日, 通常, 英語
  369. ヒト肝細胞キメラマウスを用いたHBVの細胞内免疫回避機構の探索, 末廣洋介 柘植雅貴 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月18日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌
  370. エンテカビル治療B型慢性肝炎症例における肝発癌・HBs抗原低下と血清サイトカインとの関連, 柘植雅貴 竹内泰江 茶山一彰, 第107回日本消化器病学会総会, 2021年04月15日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  371. Entecavir投与中のB型慢性肝炎患者における血清オートタキシン濃度の変化と肝発がん予測への有用性, 藤野初江 柘植雅貴 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌
  372. 非代償性C型肝硬変患者に対するSOF/VEL治療の有効性とSVR後の肝予備能の変化, 大屋一輝 今村道雄 寺岡雄吏 盛生慶 藤野初江 中原隆志 河岡友和 柘植雅貴 平松憲 相方浩 森奈美 辻惠二, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌
  373. 当院における免疫チェックポイント阻害薬によるirAE肝障害の頻度と病態, 吉川ゆき 今村道雄 網岡慶 小川裕太郎 鳴戸謙輔 小坂祐未 安藤雄和 内川慎介 盛生慶 藤野初江 中原隆志 村上英介 岡本渉 山内理海 河岡友和 柘植雅貴 平松憲 相方浩 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月18日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌
  374. 非アルコール性脂肪肝炎症例における肝線維化診断の検討, 盛生慶 河岡友和 網岡慶 小川裕太郎 鳴戸謙輔 吉川ゆき 安藤雄和 小坂祐未 内川慎介 藤野初江 中原隆志 村上英介 山内理海 柘植雅貴 平松憲 今村道雄 相方浩 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月18日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌
  375. 進行肝細胞癌に対するラムシルマブを含む多剤分子標的薬逐次療法の検討, 網岡慶 河岡友和 小川裕太郎 菊川千尋 鳴戸謙輔 吉川ゆき 安藤雄和 小坂祐未 内川慎介 盛生慶 藤野初江 中原隆志 村上英介 山内理海 柘植雅貴 平松憲 今村道雄 相方浩 茶山一彰, 第107回日本消化器病学会総会, 2021年04月16日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  376. レンバチニブ治療時のサルコペニア進行に寄与する因子の検討, 平松憲 安藤雄和 網岡慶 小川裕太郎 菊川千尋 鳴戸謙輔 吉川ゆき 小坂祐未 内川慎介 盛生慶 藤野初江 中原隆志 村上英介 山内理海 河岡友和 柘植雅貴 今村道雄 相方浩 茶山一彰, 第107回日本消化器病学会総会, 2021年04月16日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  377. 切除不能肝細胞癌に対する1次治療レンバチニブPD後の予後解析, 安藤雄和 河岡友和 相方浩 網岡慶 小川裕太郎 菊川千尋 鳴戸謙輔 吉川ゆき 小坂祐未 内川慎介 盛生慶 藤野初江 中原隆志 村上英介 山内理海 柘植雅貴 平松憲 今村道雄 茶山一彰, 第107回日本消化器病学会総会, 2021年04月16日, 通常, 日本語, 日本消化器病学会, 東京
  378. 切除不能進行肝細胞癌に対するラムシルマブの治療成績, 網岡慶 河岡友和 小川裕太郎 鳴戸謙輔 吉川ゆき 安藤雄和 小坂祐未 内川慎介 盛生慶 藤野初江 中原隆志 村上英介 山内理海 柘植雅貴 平松憲 今村道雄 相方浩 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京
  379. 進行肝細胞癌に対する分子標的薬治療中の肝予備能の推移に関する検討, 内川慎介 河岡友和 相方浩 網岡慶 小川裕太郎 鳴戸謙輔 吉川ゆき 安藤雄和 小坂祐未 盛生慶 中原隆志 村上英介 柘植雅貴 平松憲 今村道雄 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年06月17日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 東京
  380. レンバチニブ治療時のサルコペニア進行と予後に寄与する因子の検討, 平松憲 安藤雄和 網岡慶 小川裕太郎 鳴戸謙輔 吉川ゆき 小坂祐未 内川慎介 盛生慶 藤野初江 中原隆志 村上英介 山内理海 河岡友和 三木大樹 柘植雅貴 今村道雄 相方浩 茶山一彰, 第57回日本肝臓学会総会, 2021年04月17日, 通常, 日本語, 日本肝臓学会, 札幌

受賞

  1. 2007年02月, 第3回肝臓フォーラム(西部)奨励賞, 肝臓フォーラム(西部), Infection of human hepatocyte chimeric mouse with genetically engineered hepatitis B virus.
  2. 2007年06月, 広仁会基礎医学賞, 広仁会, B型肝炎ウイルス感染に伴う肝発癌候補遺伝子の網羅的解析とそのメカニズムの解明
  3. 2006年10月, 第5回GlaxoSmithKline Award, The Japan Society of Hepatology, Infection of human hepatocyte chimeric mouse with genetically engineered hepatitis B virus.
  4. 2014年, 平成25年度ウイルス肝炎研究財団研究奨励, ウイルス肝炎研究財団, B型肝炎ウイルスゲノタイプの相違が及ぼす肝細胞内遺伝子発現変化の解析
  5. 2016年02月24日, Young Investigator Award, The Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL), Nucleotide analogues improve interferon responsiveness in HBV-infected human hepatocytes
  6. 2017年03月09日, 広島大学病院臨床研究助成, 広島大学病院, B型慢性肝疾患患者のHBs抗原陰性化に関する検討

取得

  1. 特許権, 2019年06月14日

作品・演奏・競技等

  • B型肝炎ウイルス感染に伴う肝発癌候補遺伝子の網羅的解析とそのメカニズムの解明, 柘植 雅貴, レフェリー有 地域 第10回広仁会基礎医学研究賞, 2007年06月, その他
  • Infection of human hepatocyte chimeric mouse with genetically engineered hepatitis B virus., 柘植 雅貴, レフェリー有 全国 肝臓フォーラム(西部)奨励賞2007, 2007年02月, その他
  • Infection of human hepatocyte chimeric mouse with genetically engineered hepatitis B virus., 柘植 雅貴, レフェリー有 全国 第5回GlaxoSmithKloine Award, 2006年10月, その他

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 肝炎等克服実用化研究事業, B型肝炎のNUC治療がもたらす宿主IFN反応性の変化, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  2. 肝炎等克服実用化研究事業, B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究, 2015年04月01日, 2016年03月31日
  3. 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業, B型肝炎の核酸アナログ薬治療における治療中止基準の作成と治療中止を目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究(H21-肝炎-一般-001), 2009年
  4. 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業, B型肝炎の核酸アナログ薬治療におけるdrug freeを目指したインターフェロン治療の有用性に関する研究(H24-肝炎-一般-003), 2012年
  5. 厚生労働科学研究費補助金 B型肝炎創薬実用化等研究事業, B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究, 2012年
  6. 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業, B型慢性肝炎に対する新規逆転写酵素阻害剤テノホビルの有効性・安全性に関する検討, 2010年
  7. 厚生労働科学研究費補助金 肝炎等克服緊急対策研究事業, 「B型肝炎ウイルスe抗体陽性無症候性キャリアの長期予後に関する検討」研究(H24-肝炎-一般-007), 2012年
  8. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), HBVゲノタイプA感染に伴う病態解明に向けた基礎研究, 2012年, 2013年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), B型慢性肝疾患におけるインターフェロン抵抗性メカニズムの解明, 2015年, 2017年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), B型慢性肝疾患におけるインターフェロン抵抗性メカニズムの解明, 2015年, 2017年
  11. 肝炎等克服実用化研究事業 , B型肝炎の新規治療薬を開発するための宿主の自然免疫系の解析に関する研究, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  12. 肝炎等克服実用化研究事業 , B型肝炎のNUC治療がもたらす宿主IFN反応性の変化, 2016年04月01日, 2017年03月31日
  13. ブリストル・マイヤーズ株式会社 Cyber Grants, 核内ウイルスゲノムを標的としたB型肝炎ウイルス増殖制御, 2015年, 2017年
  14. B型肝炎創薬実用化等研究事業, 高効率感染細胞系と長期持続肝炎マウスモデルを用いたHBV排除への創薬研究, 2017年
  15. B型肝炎創薬実用化等研究事業, 効率的なHBV増殖細胞系、動物モデル系の確立とそれらを用いたHBV治療法開発, 2017年
  16. MSD奨学寄付(学術研究支援), B型肝炎ウイルス感染におけるインターフェロン抵抗性の解析, 2016年, 2016年
  17. 武田科学振興財団研究奨励, B型肝炎ウイルス感染におけるcccDNA形成メカニズムの解析, 2017年
  18. 第3回ギリアド・サイエンシズ研究助成(B型肝炎領域), HBV genotypeの相違による肝細胞内免疫応答に及ぼす影響, 2017年
  19. ブリストル・マイヤーズ株式会社 Cyber Grants 2017, HBs抗原産生メカニズムの解析, 2017年
  20. MSD 奨学寄付(学術研究支援), B型肝炎ウイルス感染におけるインターフェロン抵抗性の解析, 2017年
  21. 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), HBV感染に伴うインターフェロン抵抗性獲得と肝細胞内遺伝子発現変化の関連解析, 2018年04月01日, 2019年
  22. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), インターフェロンによるB型肝炎ウイルス増殖抑制メカニズムに関する検討, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  23. MSD 奨学寄付(学術研究支援), HBV genotypeがもたらす肝細胞内免疫応答の相違, 2018年, 2019年
  24. 肝炎等克服実用化研究事業 , B型肝炎のNUC治療がもたらす宿主IFN反応性の変化, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  25. 肝炎等克服実用化研究事業 , HBVによるサイトカイン誘導とヒト肝細胞内における免疫寛容獲得機構の解析, 2017年04月01日, 2018年03月31日
  26. B型肝炎創薬実用化等研究事業, 高効率感染細胞系と長期持続肝炎マウスモデルを用いたHBV排除への創薬研究, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  27. B型肝炎創薬実用化等研究事業, 効率的なHBV増殖細胞系、動物モデル系の確立とそれらを用いたHBV治療法開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  28. 肝炎等克服緊急対策研究事業, 核酸アナログ離脱を目的とするB型肝炎ウイルスに対する免疫治療法の開発, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  29. 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業) , HBVによるサイトカイン誘導とヒト肝細胞内における免疫寛容獲得機構の解析, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  30. 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業) , HBV持続感染マウスに対する抗体療法とヒト肝細胞応答の解析, 2018年04月01日, 2019年03月31日
  31. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), インターフェロンによるB型肝炎ウイルス増殖抑制メカニズムに関する検討, 2018年, 2020年
  32. MSD 奨学寄付(学術研究支援), HBV genotypeがもたらす肝細胞内免疫応答の相違, 2019年, 2020年
  33. 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業) , HBV持続感染マウスに対する抗体療法とヒト肝細胞応答の解析, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  34. 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業) , ヒト幹細胞を用いた免疫寛容獲得機構の解析, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  35. 感染症実用化研究事業 肝炎等克服実用化研究事業 B型肝炎創薬実用化等研究事業, ヒト幹細胞を用いた免疫寛容獲得機構の解析:サイトカインを中心として, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  36. 肝炎等克服実用化研究事業 肝炎等克服緊急対策研究事業, HBV持続感染マウスに対する抗体療法とヒト肝細胞応答の解析, 2020年04月01日, 2021年03月31日

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本内科学会中国支部評議員, 2018年, 日本内科学会
  2. 客員研究員, 2013年05月, 2016年03月, 独立行政法人理化学研究所
  3. 支部評議員, 2012年01月, 日本消化器病学会中国支部
  4. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, 呉市医師会病院
  5. 非常勤医師, 2013年04月, 2014年03月, 炭田内科胃腸科病院
  6. 臨床研究部非常勤研究員, 2013年04月, 2015年03月, (財)放射線影響研究所
  7. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 呉市医師会病院
  8. 非常勤医師, 2014年04月, 2015年03月, 炭田内科胃腸科病院
  9. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 炭田内科胃腸科病院
  10. 非常勤医師, 2015年04月, 2016年03月, 呉市医師会病院
  11. 臨床研究部非常勤研究員, 2015年04月, 2017年03月, (財)放射線影響研究所
  12. 支部評議員, 2010年10月, 日本肝臓学会西部会 
  13. 学会評議員, 2014年05月, 2016年03月, 日本肝臓学会
  14. 客員研究員, 2016年04月, 2018年03月, 国立研究開発法人理化学研究所
  15. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 呉市医師会病院
  16. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 炭田内科胃腸科病院
  17. 学会評議員, 2016年01月01日, 日本消化器病学会
  18. 支部評議員, 2012年01月01日, 日本消化器病学会中国支部
  19. 機関誌編集委員会 (Clinical Journal of Gastroenterology), 2017年06月01日, 2019年06月30日, 日本消化器病学会
  20. 学会評議員, 2016年04月01日, 2018年03月31日, 日本肝臓学会
  21. 臨床研究部非常勤研究員, 2017年04月, 2019年03月, (財)放射線影響研究所
  22. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 炭田内科胃腸科病院
  23. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 呉市医師会病院
  24. 医療法人社団知仁会, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  25. (医)厚生堂長崎病院, 2018年04月, 2018年05月, 非常勤医師
  26. 広島厚生病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  27. 臨床研究部非常勤研究員, 2019年04月, 2021年03月, (財)放射線影響研究所
  28. 学会評議員, 2018年04月01日, 2020年03月31日, 日本肝臓学会
  29. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 炭田内科胃腸科病院
  30. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 呉市医師会病院
  31. 機関誌編集委員会 (Journal of Gastroenterology), 2019年07月01日, 日本消化器病学会
  32. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, (医)慈彗会亀川病院
  33. 非常勤講師, 2020年04月, 2020年05月, 広島医療保健専門学校
  34. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 呉市医師会病院
  35. 非常勤講師, 2021年04月, 2021年05月, 広島医療保健専門学校
  36. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, (医)社団大谷会
  37. 臨床研究部非常勤研究員, 2021年04月, 2023年03月, (財)放射線影響研究所
  38. 非常勤医師, 2021年12月, 2022年03月, 炭田内科胃腸科病院

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. B型慢性肝炎における核酸アナログ治療中止例の検討, 中外製薬株式会社, HBV症例へのPEG-IFN治療意義を考える会, 2012年/01月, 2012年/01月, その他
  2. 平成24年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, B型肝炎について, 広島県健康福祉局薬務課, 平成24年度ひろしま肝疾患コーディネーター養成講座, 2012年/08月, 2012年/08月, 講師, セミナー・ワークショップ
  3. 今さら聞けないB型肝炎の基礎知識, 肝炎診療従事者対象とする研修会, 2011年/01月, 2011年/01月
  4. B型慢性肝炎に対する治療, 第一三共株式会社, 第一三共株式会社社内セミナー, 2010年/12月, 2010年/12月
  5. B型肝炎治療における最新の話題~核酸アナログ中止指標としてのTaqMan HBVの可能性~, ブリストル・マイヤーズ, ブリストル・マイヤーズ社内研修, 2011年/01月, 2011年/01月
  6. C型慢性肝炎治療ガイドラインに基づいた治療法の選択, 広島県病院薬剤師会, 広島県病院薬剤師会研修会, 2011年/05月, 2011年/05月
  7. B型肝炎治療と診断の最近の話題, Abbott Japan, Abbott Fair 2011 広島, 2011年/07月, 2011年/07月
  8. C型慢性肝炎治療における最近の話題, 呉市医師会, 呉市医師会病院懇談会, 2011年/11月, 2011年/11月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員, 29
  2. 2020年, Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員, 21
  3. 2019年, Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員, 20
  4. 2019年, Clinical Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員, 4
  5. 2018年, Clinical Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員, 22
  6. 2017年, Clinical Journal of Gastroenterology, 編集員, 編集委員, 18
  7. 2021年, Journal of Gastroenterology, その他, 査読員, 1
  8. 2021年, Viruses, その他, 査読員, 4
  9. 2021年, Gene Reports, その他, 査読員, 1
  10. 2021年, Digestion, その他, 査読員, 1
  11. 2021年, Computational and Structural Biotechnology Journal, その他, 査読員, 1
  12. 2021年, Livers, その他, 査読員, 1
  13. 2020年, Immunological Medicine, その他, 査読員, 1
  14. 2020年, PLoS one, その他, 査読員, 1
  15. 2020年, Journal of Gastroenterology and Hepatology, その他, 査読員, 3
  16. 2020年, Therapeutic Advances in Gastroenterology, その他, 査読員, 1
  17. 2020年, Viruses, その他, 査読員, 1
  18. 2020年, Hepatology International, その他, 査読員, 3
  19. 2020年, International Journal of Clinical Oncology, その他, 査読員, 1
  20. 2020年, Journal of Gastroenterology, その他, 査読員, 3
  21. 2020年, Hepatology Research, その他, 査読員, 4
  22. 2020年, Internal Medicine, その他, 査読員, 2
  23. 2020年, Digestion, その他, 査読員, 1
  24. 2020年, Clinical Journal of Gastroenterology, その他, 査読員, 1
  25. 2019年, International Journal of Clinical Virology, その他, 査読員, 1
  26. 2019年, Journal of Virological Methods, その他, 査読員, 1
  27. 2019年, Lancet Gastroenterology and Hepatology, その他, 査読員, 1
  28. 2019年, Hepatology Research, その他, 査読員, 3
  29. 2019年, Journal of Gastroenterology and Hepatology, その他, 査読員, 3
  30. 2019年, Digestion, その他, 査読員, 1
  31. 2019年, Clinical Journal of Gastroenterology, その他, 査読員, 1
  32. 2019年, Journal of Gastroenterology, その他, 査読員, 2
  33. 2019年, Viruses, その他, 査読員, 2
  34. 2019年, International Journal of Cardiology, その他, 査読員, 1
  35. 2019年, PLosONE, その他, 査読員, 1
  36. 2018年, Hepatology Research, その他, 査読員, 2
  37. 2018年, Journal of Gastroenterology and Hepatology, その他, 査読員, 2
  38. 2018年, Open Medicine, その他, 査読員, 1
  39. 2018年, BMC Infectious Diseases, その他, Reviewer, 1
  40. 2018年, Journal of Gastroenterology, その他, Reviewer, 2
  41. 2018年, Clinical Journal of Gastroenterology, その他, Reviewer, 3
  42. 2018年, Therapeutic Advances in Medical Oncology, その他, Reviewer, 1
  43. 2018年, BMC Gastroenterology, その他, 査読員, 1
  44. 2018年, Expert Review of Gastroenterology & Hepatology, その他, 査読員, 2
  45. 2018年, Antiviral Research, その他, 査読員, 1
  46. 2017年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 1
  47. 2017年, Hepatology International, その他, Reviewer, 2
  48. 2017年, PLOS ONE, その他, Reviewer, 1
  49. 2017年, Clinical Journal of Gastroenterology, その他, Reviewer, 3
  50. 2017年, Journal of Interferon and Cytokine Research, その他, Reviewer, 1
  51. 2017年, Journal of Gastroenterology, その他, Reviewer, 2
  52. 2017年, Journal of Viral Hepatitis, その他, Reviewer, 1
  53. 2017年, Journal of Virological Methods, その他, Reviewer, 1
  54. 2017年, BMC Infectious Diseases, その他, Reviewer, 1
  55. 2017年, Internal Medicine, その他, Reviewer, 1
  56. 2016年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 3
  57. 2016年, Journal of Gastroenterology, その他, Reviewer, 3
  58. 2016年, Scientific Reports, その他, Reviewer, 1
  59. 2016年, Journal of Gastroenterology and Hepatology, その他, Reviewer, 1
  60. 2016年, Expert Review of Vaccines, その他, Reviewer, 1
  61. 2016年, Hepatology International, その他, Reviewer, 1
  62. 2016年, MEEGID, その他, Reviewer, 1
  63. 2016年, Journal of Interferon and Cytokine Research, その他, Reviewer, 1
  64. 2016年, Journal of Viral Hepatitis, その他, Reviewer, 1
  65. 2015年, International Journal of Environmental Research and Public Health, その他, 1
  66. 2015年, Journal of Gastroenterology, その他, Reviewer, 2
  67. 2015年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 3
  68. 2015年, Hepatology International, その他, Reviewer, 1
  69. 2015年, Journal of Gastroenterology and Hepatology, その他, Reviewer, 2
  70. 2015年, Journal of Medical Virology, その他, Reviewer, 1
  71. 2014年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 4
  72. 2014年, Internal Medicine, その他, Reviewer, 1
  73. 2014年, Pharmacogenetics, その他, Reviewer, 1
  74. 2013年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 4
  75. 2013年, Journal of Medical Virology, その他, Reviewer, 1
  76. 2013年, Journal of Gastrenterology and Hepatology, その他, Reviewer, 1
  77. 2013年, BioMed Research International, その他, Reviewer, 1
  78. 2013年, Future Microbiology, その他, Reviewer, 1
  79. 2012年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 6
  80. 2012年, Hiroshima Journal of Medical Science, その他, Reviewer, 1
  81. 2012年, Journal of Medical Virology, その他, Reviewer, 1
  82. 2011年, Hepatology Research, その他, Reviewer, 5
  83. 2021年, Clinical Journal of Gastroenterology, その他, 査読員, 1