栗原 將SHO KURIHARA

Last Updated :2021/01/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 助教
メールアドレス
s-kuriharahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 外科学一般

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 外科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Circulating free DNA as non-invasive diagnostic biomarker for childhood solid tumors, Journal of Pediatric Surgery, 50巻, 12号, pp. 2094-2097, 201512
  2. Clinical features of ATRX or DAXX mutated neuroblastoma, Journal of Pediatric Surgery, 49巻, 12号, pp. 1835-1838, 201412
  3. BRAF V600E mutation in pediatric metanephric stromal tumor, JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY CASE REPORTS, 42巻, pp. 66-68, 201903
  4. 術後3年5ヵ月で再手術を要した巨大水腎症の1例 遅発性再発の要因についての一考察, 日本小児泌尿器科学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 62-87, 2018
  5. Inflammatory myofibroblastic tumors of the lung carrying a chimeric A2M-ALK gene: report of two infantile cases and review of the differential diagnosis of inpantile pulmonary lesions, Human Pathology, 66巻, pp. 177-182, 2017,06,13
  6. 小児肝腫瘍の最近の話題:グローバル試験へ向けて, 小児外科, 48巻, 11号, pp. 1192-1195
  7. Resectability and tumor response after preoperative chemotherapy in hepatoblastoma treated by the Japanese Study Group for Pediatric Liver Tumor (JPLT)-2 protocol, Journal of Pediatric Surgery, 51巻, 12号, pp. 20153-2057

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 小児悪性固形腫瘍患児における非侵襲的診断法としてのリキッドバイオプシーの可能性, 栗原 將, 上田 祐華,檜山 英三, 第59回日本小児血液・がん学会学術集会プログラム, 2017年09月10日, 通常, 日本語, 石井 榮一(愛媛大学大学院医学系研究科 小児科学), 愛媛
  2. 初診時に呼吸循環障害が危惧された神経芽腫の8例, 栗原將,上田祐華,檜山英三, 第59回中国四国小児がん研究会, 2018年04月14日, 通常, 日本語, 大畠 雅之(高知大学小児外科), 高知
  3. Surgical intervention for portosystemic venous shunt in children, Sho Kurihara, Eiso Hiyama, Yuka Ueda, Masumi Kawashima, Masato Kojima, Satoshi Hirahara, The 51st Annual Meeting of the Pacific Association of Pediatric Surgeons, 2018年05月15日, 通常, 英語, Tatsuo Kuroda(The department of pediatric suregery, Keio university school of medicine), Sapporo, Hokkaido, Japan
  4. 当院で最近経験した小児肺腫瘍性病変の3例, 栗原將,上田祐華,檜山英三, 第55回日本小児外科学会総会, 2018年05月30日, 通常, 日本語, 窪田 正幸(新潟大学大学院医歯学総合研究科小児外科学分野教授), 新潟
  5. 器質的疾患を認めず膀胱肉柱形成所見を認めた2症例, 栗原將,上田祐華,檜山英三, 第57回日本小児外科学会中国四国地方会, 2018年09月15日, 通常, 日本語, 長谷川 利路(福山医療センター小児外科), 広島県福山市
  6. 右腋窩から鎖骨上窩におよぶ長径10㎝大の脂肪性腫瘤を認めた9歳女児, 栗原 將, 広島小児外科疾患研究会, 2017年09月29日, 通常, 日本語
  7. 巨大な後腹膜リンパ管腫に鼠径ヘルニアが合併し鼠径部に滑脱していた1症例, 栗原 將, 檜山 英三, 上田 祐華, 2017年05月12日, 通常, 日本語, 仙台
  8. 当院でフォローしている先天性無虹彩症と腎腫瘍合併症例についての検討, 栗原 將, 第58回中国四国小児がん研究会, 2017年04月08日, 通常, 日本語, 山口
  9. 後腹膜原発peripheral primitive neuroectodermal tumor( pPNET) の1例, 栗原 將,上田 祐華, 河島 茉澄, 檜山 英三, 第58回日本小児血液がん学会学術集会, 2016年12月16日, 通常, 日本語, 東京
  10. Circulating free DNA as non-invasive diagnostic biomarker for childhood solid tumors, Sho Kurihara,Yuka Ueda, Yoshiyuki Onitake, Taijiro Sueda, Emi Ohta, Nagisa Morihara, Shoko Hirano, Fumiko Irisuna, Eiso Hiyama, PAPS2015, 2015年05月19日, 通常, 英語, 韓国
  11. 肺転移を有した肝芽腫6例の外科的検討, 栗原 將, 鬼武 美幸, 檜山 英三, 第56回日本小児血液がん学会, 2014年11月28日, 通常, 日本語, 岡山
  12. Central venous catheter-related complications in children with malignancy, Sho Kurihara, Eiso Hiyama, PAPS2014, 2014年05月28日, 通常, 英語, Canada
  13. 肝芽腫の縦隔再発に対して ICG蛍光法を使用した経験, 栗原 將,鬼武 美幸,小倉 薫, 檜山 英三, 第55回中国四国小児がん研究会, 2014年04月26日, 通常, 日本語, 福山
  14. 門脈体循環シャントにて経過観察している3 症例, 栗原 將、檜山 英三、上田 祐華, The 31th Pediatric Surgery Joint Meeting, 2015年10月30日, 通常, 日本語, 熊本
  15. The probability of liquid biopsy as non-invasive diagnostic tool for childhood solid tumors」, 第59回日本小児血液・がん学会, 2017年11月09日, 通常, 日本語, 愛媛県松山市