仲 一仁KAZUHITO NAKA

Last Updated :2021/04/22

所属・職名
原爆放射線医科学研究所 准教授
ホームページ
メールアドレス
kanaka55hiroshima-u.ac.jp
自己紹介
放射線被ばく後の急性障害において正常幹細胞の維持は重要な課題です。私はマウスモデルを用いて被ばく後の造血幹細胞の機能を維持する研究を行っています。また、晩発性の放射線障害において、がんの発症・再発・転移の予防は重要な課題です。そこで、マウスモデルを使ってがん幹細胞の制御メカニズムや治療法の研究を行っています。(上記のwebは、最近の総説と論文です。もしもご興味がおありでしたら、クリックしてみて下さい!)

基本情報

主な職歴

  • 1993年04月01日, 1995年06月30日, ダイセル化学工業株式会社入社, 生産部生産グループ (小河義美さん), 研究員
  • 2000年04月01日, 2003年01月31日, 国立長寿医療センター研究所, 老年病研究部 (池田恭治部長、本山昇室長), 博士研究員
  • 2003年02月01日, 2005年06月30日, 岡山大学大学院医歯学研究科, 分子生物学教室 (加藤宣之教授), 博士研究員, 助教
  • 2005年07月01日, 2011年02月09日, 金沢大学がん進展制御研究所, 遺伝子染色体構築研究分野 (平尾敦教授), 助教,准教授
  • 2011年02月10日, 2015年03月31日, 金沢大学がん進展制御研究所, がん幹細胞探索プロジェクト(内閣府 最先端次世代研究開発支援プログラム), 准教授
  • 2015年04月01日, 広島大学,原爆放射線医科学研究所, 幹細胞機能学研究分野 (瀧原義宏教授), 准教授

学歴

  • 広島大学大学院医学系研究科, 第一病理学教室,(田原榮一教授)
  • 岡山大学大学院工学研究科 (齋藤清機教授)

学位

  • 博士(医学) (広島大学)
  • 修士(工学) (岡山大学)

研究分野

  • 総合生物 / 腫瘍学 / 腫瘍生物学
  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 血液内科学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 医化学一般
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 病態医化学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 実験病理学

研究キーワード

  • がん幹細胞
  • 幹細胞生物学
  • 慢性骨髄性白血病 (CML) 幹細胞
  • チロシンキナーゼ阻害剤抵抗性
  • 乳がん幹細胞マウスモデル
  • TGF-beta/FOXO
  • Wnt/beta-catenin
  • Lgr4/Gpr48
  • リピドミクス
  • リゾリン脂質代謝

所属学会

  • 日本癌学会 (評議委員 2017年), 1995年08月
  • 日本血液学会, 2008年04月
  • アメリカがん学会, 1998年11月

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 分子生物学と放射線防護
  2. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 放射線生物学入門

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. New routes to eradicating chronic myelogenous leukemia stem cells by targeting metabolism (Review)., International Journal Hematology, 2021,03,05
  2. ★, The lysophospholipase D enzyme Gdpd3 is required to maintain chronic myelogenous leukaemia stem cells (代表論文), Nature Communications, 11巻, pp. 4681, 2020,09,17
  3. ★, Dipeptide species regulate p38-MAPK-Smad3 signalling to maintain chromic myelogenous leukaemia stem cells.(代表論文), Nature Communications, 6:8039 doi: 10.1038/ncomms9039.巻, 2015,08,20
  4. ★, TGF-beta-FOXO signalling maintains leukaemia-initiating cells in chronic myeloid leukaemia (代表論文), Nature, 463巻, 7281号, pp. 676-680, 2010
  5. ★, Foxo3a is essential for maintenance of the hematopoietic stem cell pool (代表論文), Cell Stem Cell, 1巻, 1号, pp. 101-112, 2007
  6. ★, Chk2-deficient mice exhibit radioresistance and defective p53-mediated transcription. (代表論文), EMBO J., 21巻, 19号, pp. 5195-5205, 2002
  7. Targeting of plasminogen activator inhibitor-1 promotes elimination of chronic myeloid leukemia stem cells., Haematologica, 106巻, 2号, pp. 483-494, 2021,02
  8. KHDRBS3 promotes multi-drug resistance and anchorage-independent growth in colorectal cancer, Cancer Sci., 112巻, 3号, pp. 1196-1208, 2021,01,10
  9. Molecular biological analysis of 5-FU-resistant gastric cancer organoids; KHDRBS3 contributes to the attainment of features of cancer stem cell, ONCOGENE, 39巻, 50号, pp. 7265-7278, 20201210
  10. Uc.63+ contributes to gastric cancer progression through regulation of NF-kappaB signaling., Gastric Cancer, 2020,04,22
  11. HMGCLL1 is a predictive biomarker for deep molecular response to imatinib therapy in chronic myeloid leukemia, Leukemia, 33巻, 6号, pp. 1439-1450, 20181216
  12. Genetic regulation of the RUNX transcription factor family has antitumor effects., J Clin Invest., 127巻, 7号, pp. 2815-2828, 20170522
  13. Novel oral transforming growth factor-β signaling inhibitor EW-7197 eradicates CML-initiating cells., Cancer Sci., 107巻, 2号, pp. 140-148 doi: 10.1111/cas.12849, 2016
  14. A novel splenic B1 regulatory cell subset suppresses an allergic disease via PI3K-Akt pathway activation., J Allergy Clin Immunol., pp. doi: 10.1016/j.jaci.2015.12.1319, 2016
  15. Transcriptome sequencing of hematopoietic stem cells and chronic myelogenous leukemia stem cells., Genomics Data, 7巻, 8号, pp. 57-59, doi: 10.1016/j.gdata.2015.11.017, 2016
  16. Manipulation of cell cycle and chromatin configuration by means of cell-penetrating Geminin., PLOS ONE, 11巻, 5号, pp. e0155558, 2016
  17. Homozygous Deletions at 3p22, 5p14, 6q15, and 9p21 Result in Aberrant Expression of Tumor Suppressor Genes in Gastric Cancer., Genes, Chromosomes and Cancer., 54巻, 3号, pp. 142-155, 2015
  18. Definition of Smad3 Phosphorylation Events That Affect Malignant and Metastatic Behaviors in Breast Cancer Cells, Cancer Res, 74巻, 21号, pp. 6139-6149, 2014
  19. Crosstalk between the Rb Pathway and AKT Signaling Forms a Quiescence-Senescence Switch, Cell Reports, 7巻, 1号, pp. 194-207, 2014
  20. Loss of mTOR complex 1 induces developmental blockage in early T-lymphopoiesis and eradicates T-cell acute lymphoblastic leukemia cells, PNAS, 111巻, 10号, pp. 3805-3810, 2014
  21. Association of a murine leukaemia stem cell gene signature based on nucleostemin promoter activity with prognosis of acute myeloid leukaemia in patients, BBRC, 450巻, 1号, pp. 837-843, 2014
  22. Context-dependent activation of Wnt signaling by tumor suppressor RUNX3 in gastric cancer cells, Cancer Sci, 105巻, 4号, pp. 418-424, 2014
  23. Ablation of Fbxw7 Eliminates Leukemia-Initiating Cells by Preventing Quiescence, Cancer Cell, 23巻, 3号, pp. 347-361, 2013
  24. MIP-1 alpha/CCL3-mediated maintenance of leukemia-initiating cells in the initiation process of chronic myeloid leukemia, JEM, 210巻, 12号, pp. 2661-2673, 2013
  25. Abundant Nucleostemin Expression Supports the Undifferentiated Properties of Germ Cell Tumors, AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY, 183巻, 2号, pp. 592-603, 2013
  26. B-cell linker protein expression contributes to controlling allergic and autoimmune diseases by mediating IL-10 production in regulatory B cells, JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY, 131巻, 6号, pp. 1674-+, 2013
  27. TNF-alpha/TNFR1 signaling promotes gastric tumorigenesis through induction of Noxo1 and Gna14 in tumor cells., Oncogene, 33巻, 29号, pp. 3820-3829, 2013
  28. mTORC1 is essential for leukemia propagation but not stem cell self-renewal, JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 122巻, 6号, pp. 2114-2129, 2012
  29. Nucleostemin in Injury-Induced Liver Regeneration, STEM CELLS AND DEVELOPMENT, 21巻, 16号, pp. 3044-3054, 2012
  30. NKX2.2 Suppresses Self-Renewal of Glioma-Initiating Cells, Cancer Res, 71巻, 3号, pp. 1135-1145, 2011
  31. Identification of tumor-initiating cells in a highly aggressive brain tumor using promoter activity of nucleostemin, PNAS, 106巻, 40号, pp. 17163-17168, 2009
  32. Activated macrophages promote Wnt signalling through tumour necrosis factor-alpha in gastric tumour cells, EMBO J, 27巻, 12号, pp. 1671-1681, 2008
  33. Identification of Stem Cells During Prepubertal Spermatogenesis via Monitoring of Nucleostemin Promoter Activity, STEM CELLS, 26巻, 12号, pp. 3237-3246, 2008
  34. Tandem repeats of lactoferrin-derived anti-hepatitis C virus peptide enhance antiviral activity in cultured human hepatocytes, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 51巻, 1号, pp. 117-125, 2007
  35. Cell culture-adaptive NS3 mutations required for the robust replication of genome-length hepatitis C virus RNA, VIRUS RESEARCH, 125巻, 1号, pp. 88-97, 2007
  36. Regulation of reactive oxygen species by Atm is essential for proper response to DNA double-strand breaks in lymphocytes, JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 178巻, 1号, pp. 103-110, 2007
  37. Reactive oxygen species act through p38 MAPK to limit the lifespan of hematopoietic stem cells, Nature Medicine, 16巻, 1号, pp. 129-129, 2006
  38. Different anti-HCV profiles of strains and their potential for combination therapy with interferon., Hepatology, 44巻, 1号, pp. 117-125, 2006
  39. Epigenetic silencing of interferon-inducible genes is implicated in interferon resistance of hepatitis C virus replicon-harboring cells., J. Hepatology. , 44巻, 5号, pp. 869-878, 2006
  40. Hepatitis C virus NS5B delays cell cycle progression by inducing interferon-beta via Toll-like receptor 3 signaling pathway without replicating viral genomes., Virology , 346巻, 2号, pp. 348-362, 2006
  41. Interferon resistance of hepatitis C virus replicon-harbouring cells is caused by functional disruption of type I interferon receptors., J. Gen. Virol. , 86巻, 10号, pp. 2787-2792, 2005
  42. Mizoribine inhibits hepatitis C virus RNA replication: effect of combination with interferon-alpha., Biochem. Biophys. Res. Commun. , 330巻, 3号, pp. 871-879, 2005
  43. Hepatitis C virus proteins exhibit conflicting effects on the interferon system in human hepatocyte cells., Biochem. Biophys. Res. Commun. , 336巻, 2号, pp. 458-468, 2005
  44. cDNA microarray analysis of lactoferrin expression in non-neoplastic human hepatocyte PH5CH8 cells., Biochim. Biophys. Acta., 1721巻, 1-3号, pp. 73-80, 2005
  45. Efficient replication of a full-length hepatitis C virus genome, strain O in cell culture, and development of a luciferase reporter system. , Biochem. Biophys. Res. Commun. , 329巻, 4号, pp. 1350-1359, 2005
  46. Genetic variation and dynamics of hepatitis C virus replicons in long-term cell culture. , J. Gen. Virol., 86巻, 3号, pp. 645-656, 2005
  47. cDNA microarray analysis to compare HCVsubgenomic replicon cells with their cured cells, Virus Res., 107巻, 1号, pp. 73-81, 2005
  48. G1P3, an interferon inducible gene 6-16, is expressed in gastric cancers and inhibits mitochondorial mediated apoptosis in gastric cancer cell line TMK-1 cell., Cancer Immunol. Immunother., 54巻, 8号, pp. 729-740, 2005
  49. Stress-induced premature senescence in hTERT-expressing Ataxia Telangiectasia fibroblasts., J. Biol. Chem., 279巻, 3号, pp. 2030-2037, 2004
  50. Expression of POT1 is associated with tumor stage and telomere length in gastric carcinoma., Cancer research, 64巻, 2号, 2004
  51. Establishment of hepatitis C virus replicon cell lines possessing interferon-resistant phenotype., Biochem. Biophys. Res. Commun. , 323巻, 1号, pp. 299-309, 2004
  52. Establishment of a hepatitis C virus subgenomic replicon derived from human hepatocytes infected in vitro., Biochem. Biophys. Res. Commun. , 306巻, 3号, pp. 756-766, 2003
  53. DNA damage-induced G2/M checkpoint activation by histone H2AX and 53BP1., Nat. Cell Biol., 4巻, 12号, pp. 993-997, 2002
  54. Recruitment of NBS1 into PML oncogenic domains (PODs) via interaction with SP100 protein., Biochem. Biophys. Res. Commun., 299巻, 5号, pp. 863-871, 2002
  55. Overexpression of retinoic acid receptor beta Induces growth arrest and apoptosis in oral cancer cell lines., Jpn. J. Cancer Res., 92巻, 1号, pp. 42-50, 2001
  56. Effect of trichostatin A on cell growth and expression of cell cycle- and apoptosis-related molecules in human gastric and oral carcinoma cell lines., Int. J. Cancer , 88巻, 6号, pp. 992-997, 2000
  57. Effect of 9-cis-retinoic acid on oral squamous cell carcinoma cell lines., Cancer Lett. , 151巻, 2号, pp. 199-208, 2000
  58. Effect of antisense human telomerase RNA (hTR) transfection on the growth of human gastric cancer cell lines., Biochem. Biophys. Res. Commun., 255巻, 3号, pp. 753-758, 1999
  59. Expression of p27Kip1, cyclin E and E2F-1 in primary and metastatic tumors of gastric carcinoma., Oncol. Rep. , 6巻, 5号, pp. 983-987, 1999
  60. Immunohistochemical detection of human telomerase reverse transcriptase in normal mucosa and precancerous lesion of the stomach. , Jpn J. Cancer Res., 90巻, 6号, pp. 589-595, 1999
  61. Transfection of Interluekin-8 increases angiogenesis and tumorigenesis of human gastric carcinoma cells in nude mice., Br. J. Cancer, 81巻, 4号, pp. 647-653, 1999
  62. Expression of E2F in gastroentestinal carcinomas., Int. J. Cancer , 81巻, 4号, pp. 535-538, 1999
  63. Expression of cell-cycle-regulating transcription factor E2F-1 in colorectal carcinomas. , Pathobiology , 67巻, 4号, pp. 174-179, 1999
  64. Expression of CD44 containing variant exon 9 (CD44v9) in gastric adenomas and adenocarcinomas, Relation to the proliferation and progression. , Int. J. Oncol. , 12巻, 6号, pp. 1253-1258, 1998
  65. Growth inhibition of cultured human gastric cancer cells by 9-cis-retinoic acid with induction of cdk inhibitor Waf1/Cip1/Sdi1/p21 protein. , Differentiation , 61巻, 5号, pp. 313-320, 1997
  66. Growth inhibitory effect of interferon-beta is associated with the induction of cyclin-dependent kinase inhibitor p27Kip1 in a human gastric carcinoma cell line., Cell Growth Differ. , 8巻, 1号, pp. 47-52, 1997
  67. Enantioselective synthesis of functionalized cyclopentenone and alkylidenecyclopentane delivatives from acyclic bis-allylic diol framework., Synlett , 241巻, pp. 1-8, 1992
  68. New hope for chronic myelogenous leukemia patients: dasatinib offers better efficacy with shorter treatment (Perspective), Stem Cell Investigation, 3巻, pp. doi:10.21037/sci.2016.05.05, 20160603
  69. Molecular pathology of tumor-initiating cells: Lessons from Philadelphia chromosome-positive leukemia (Review), PATHOLOGY INTERNATIONAL, 61巻, 9号, pp. 501-508, 2011
  70. Maintenance of genomic integrity in hematopoietic stem cells (Review), INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 93巻, 4号, pp. 434-439, 2011
  71. Novel therapeutic approach to eradicate tyrosine kinase inhibitor resistant chronic myeloid leukemia stem cells (Review), CANCER SCIENCE, 101巻, 7号, pp. 1577-1581, 2010
  72. Molecular bases for self-renewal and differentiation of leukemic stem cells (Review)., Curr. Cancer Therapy Rev. , 4巻, 3号, pp. 178-187, 2008
  73. Regulation of reactive oxygen species and genomic stability in hematopoietic stem cells (Review), ANTIOXIDANTS & REDOX SIGNALING, 10巻, 11号, pp. 1883-1894, 2008
  74. Regulation of the self-renewal ability of tissue stem cells by tumor-related genes (Review)., Cancer Biomarkers , 3巻, 4,5号, pp. 193-201, 2007
  75. DNA damage tumor suppressor gene and genomic instability (Review). , Curr. Opin. Genet. Dev. , 14巻, 1号, pp. 11-16, 2004
  76. Genetic and epigenetic alterations in multistep carcinogenesis of the stomach (Review)., J. Gastroenterology, 35巻, (Supple12)号, pp. 111-115, 2000

著書等出版物

  1. 2021年03月28日, 血液内科, CML幹細胞研究の最前線, 科学評論社, 2021年, 202103, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 仲 一仁, 7
  2. 2020年05月02日, 医学のあゆみ, FOXOによるがん幹細胞の制御, 医歯薬出版, 2020年, 5, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 仲 一仁
  3. 2020年03月01日, 血液内科, CML幹細胞の維持におけるSirt1の役割, 科学評論社, 2020年, 3, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 仲 一仁
  4. 2018年05月30日, 血液フロンティア, 慢性骨髄性白血病幹細胞, 医薬ジャーナル社, 2018年, 5, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 仲 一仁
  5. 2017年10月, 代謝を標的とした白血病幹細胞制御, 臨床血液, 2017年, 10, 単行本(学術書), 単著
  6. 2016年09月, FOXO及び関連分子, 白血病学(上)最新の基礎,臨床研究, 日本臨床社, 2016年, 09, 単行本(学術書), 単著, 166-170
  7. 2016年08月, FOXO/Akt関連分子 (著書), 造血器腫瘍アトラス, 日本医事新報社, 2016年, 08, 単行本(学術書), 共著, 仲 一仁, 52-56
  8. 2016年05月, 幹細胞標的治療, 最新医学別冊 診断と治療のABC 「慢性骨髄性白血病・骨髄増殖性腫瘍」, 最新医学社, 2016年, 05, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  9. 2016年01月, 白血病の再発のメカニズム(著書), 5〜10年先を見越した次世代のがん治療・診断のための研究開発, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 仲 一仁, 瀧原義宏
  10. 2015年05月, がん幹細胞のTGF-βシグナル (総説), 日本臨床, 2015年, 05, 単行本(学術書), 共著, 仲 一仁
  11. 2015年04月, CML幹細胞を標的とする治療戦略の可能性 (総説), 血液内科 / 血液内科編集委員会 編, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 仲 一仁
  12. 2013年10月, CML stem cells (総説), 臨床血液, 仲 一仁
  13. 2014年03月, CML幹細胞を標的とした新しい治療戦略 (総説), がん分子標的治療, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 仲 一仁
  14. 2012年01月, 癌幹細胞のバイオマーカー (総説), Frontiers in Gastroenterology, 仲 一仁
  15. 2011年, CML幹細胞の制御メカニズム (著書), Annual Review 血液, 仲 一仁, 平尾 敦
  16. 2011年06月, 慢性骨髄性白血病のCSC (総説), バイオクリニカ, 仲 一仁, 平尾 敦
  17. 2011年, がんの“幹細胞らしさ”と治療抵抗性のメカニズム,秒進分歩する癌研究と分子標的治療 (著書), 実験医学増刊, 仲 一仁, 平尾 敦
  18. 2010年12月, Person 人と研究 白血病幹細胞の抗がん剤抵抗性メカニズム, Trends in hematological malignancies, 仲 一仁
  19. 2010年12月, TGF-β-FOXOシグナルによるCML幹細胞の治療抵抗性機構 (総説), 金沢大学十全医学会雑誌, 仲 一仁;平尾 敦
  20. 2010年12月, TGF-β-FOXOシグナルによるCML幹細胞の維持, 血液・腫瘍科 / 血液・腫瘍科編集委員会 編, 仲 一仁;平尾 敦
  21. 2010年12月, 慢性骨髄性白血病の白血病幹細胞 (著書), 治療学, 仲 一仁, 平尾 敦
  22. 2010年09月04日, 白血病におけるTGF-βシグナル, 医学のあゆみ, 仲 一仁;平尾 敦
  23. 2010年07月31日, 慢性骨髄性白血病とTGF-β, 医学のあゆみ, 仲 一仁;平尾 敦
  24. 2010年07月, TGF-β-FOXOシグナルによる白血病幹細胞の抗がん剤抵抗性機構, 細胞, 仲 一仁;平尾 敦
  25. 2010年05月, がん幹細胞と抗がん剤抵抗性, 腫瘍内科 / 腫瘍内科編集委員会 編, 仲 一仁;平尾 敦
  26. 2008年, がん幹細胞マーカーと分子標的 (著書), 癌の分子標的治療, 仲 一仁, 平尾 敦
  27. 2008年10月04日, がん幹細胞の発生・維持・分化におけるシグナル伝達機構, 医学のあゆみ, 仲 一仁;平尾 敦
  28. 2008年06月, がん幹細胞を制御するシグナル伝達機構, 血液・腫瘍科 / 血液・腫瘍科編集委員会 編, 仲 一仁;平尾 敦
  29. 2008年03月, 造血幹細胞の自己複製と白血病化の分子機構--マウスモデルを中心に, 細胞, 仲 一仁;平尾 敦
  30. 2007年05月, PI3K-AKT/PKBシグナル経路による幹細胞制御と発がん, 分子細胞治療, 仲 一仁, 星居孝之,平尾敦
  31. 2005年, ウイルス感染と発癌 (著書), 専門医のための消化器病学, 仲 一仁,加藤宣之
  32. 2005年, チェックポイント制御の分子機構 (著書), キーワードで理解する細胞周期, 仲 一仁,本山昇
  33. 2004年05月, DNAダメージチェックポイントとがん抑制メカニズム, 実験医学, 仲 一仁, 陳 晨, 本山 昇
  34. 2004年03月, C型肝炎ウイルスのインターフェロン抵抗性の分子機構, 蛋白質核酸酵素 / 共立出版株式会社 [編], 仲 一仁;加藤 宣之
  35. 1998年05月, テロメラーゼをターゲットとする癌治療研究の動向、アンチセンステロメラーゼRNAの応用, 日本臨牀, 仲 一仁, 横崎 宏, 田原栄俊, 田原榮一
  36. 1998年03月, 消化器癌におけるテロメラーゼ研究の進歩、テロメラーゼと癌治療, 消化器科, 仲 一仁, 横崎 宏, 田原栄俊, 田原榮一
  37. 2017年04月, Regulation of hematopoiesis and hematological disease by TGF-β and related signaling (著書). doi:10.1101/cshperspect.a027987, Regulation of the Bioavailability of TGF-β and TGF-β-Related Proteins, CSHL Press, 2017年, 04, 単行本(学術書), 共著, 英語, Naka K., and Hirao A, ISBN 978-1-621820-36-9
  38. 2016年, Chronic myeloid leukemia: Methods and Protocols (著書)., Immunological analysis of leukemia stem cells, Springer, 2016年, 01, 単行本(学術書), 共著, Naka K. (corresponding author), and Takihara Y., ISBN 978-1-4939-4011-0
  39. 2013年, TGF-β signaling in Leukemogenesis. (著書), TGF-β in human disease, Springer, 単行本(学術書), 共著, Naka K (corresponding author), Hirao A

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. The lysophospholipid metabolism enzyme Gdpd3 maintains chronic myelogenous leukemia stem cells, Kazuhito Naka, FASEB Science Research Conference, The Lysophospholipid and Related Mediators Conference: From Bench to Clinic, 2021年07月13日, 招待, 英語
  2. Lipid Metabolism Specific to CML Stem Cells, Kazuhito Naka, The 12th Japanese Society of Hematology International Symposium 2021, 2021年05月15日, 招待, 英語, Kamakura, Japan.
  3. Lysophospholipid metabolism is essential for the maintenance of chronic myelogenous leukemia stem cells, Kazuhito Naka, Ryosuke Ochiai, Eriko Matsubara, Chie Kondo, Kyung-Min Yang, Akira Ooshima and Seong-Jin Kim, The 5th International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science, 2021年02月07日, 通常, 英語, Hiroshima, Japan.
  4. CML幹細胞の脂質代謝メカニズム, 仲 一仁, 株式会社島津テクノリサーチWebinar, 2020年11月27日, 招待, 日本語, 株式会社島津テクノリサーチ
  5. The lysophospholipid metabolism enzyme Gdpd3 maintains chronic myelogenous leukemia stem cells., Kazuhito Naka, 第79回日本癌学会学術総会, 2020年10月01日, 通常, 英語, Hiroshima, Japan.
  6. Effects of a Metabolic Inhibitor Targeting S-Adenosyl Methionine (SAM) to a Mouse Model of Acute Radiation Syndrome, Kazuhito Naka, Tomonobu Watanabe, The 4th International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science, 2020年02月12日, 通常, 英語, Hiroshima, Japan.
  7. Nutrient Supply Specific to Chronic Myelogenous Leukemia Stem Cells, Kazuhito Naka, 29th Symposium of the International Association for Comparative Research on Leukemia and Related Diseases (IACRLRD 2019), 2019年11月07日, 招待, 英語, Seoul, Korea
  8. 幹細胞の栄養・代謝システムを標的とするがん再発治療法の開発, 仲 一仁, 創薬シーズ事業化コンペティション (優秀賞受賞), 2018年02月13日, 招待, 日本語, 大阪市
  9. 代謝を標的とした白血病幹細胞制御 (教育講演), 仲 一仁, 第79回日本血液学会学術集会, 2017年10月20日, 招待, 日本語, 東京
  10. Duolink® PLA技術を用いたCML幹細胞のシグナル伝達研究と前臨床試験への応用 (ランチョンセミナー) , 仲 一仁, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月28日, 招待, 日本語, 横浜市
  11. CML幹細胞の新しい治療戦略, 仲 一仁, 第24回八幡平造血セミナー, 2017年08月19日, 招待, 日本語, 岩手県盛岡市
  12. 幹細胞における新しいシグナル伝達研究, 仲 一仁, 第40回日本神経科学大会 (ランチョンセミナー), 2017年07月20日, 招待, 日本語
  13. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略 (ランチョンセミナー), 仲 一仁, 第77回日本血液学会学術集会, 2015年10月18日, 招待, 日本語, 金沢市
  14. Novel Therapeutic Strategy for Targeting CML stem cells (International session), Kazuhito Naka, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年09月25日, 招待, 英語, 横浜市
  15. CML幹細胞の新しい治療戦略 〜Novel therapeutic strategy for eliminating CML stem cells〜, 仲 一仁 , BMS CML Symposium 2017 in Hiroshima, 2017年11月16日, 招待, 日本語, 発表資料
  16. Novel therapeutic strategy targeting nutrition specific to CML stem cells, Kazuhito Naka, 東京大学, 2017年10月10日, 招待, 英語, 東京
  17. Discovery of Novel Therapeutics Targeting CML Stem Cells by Duolink Technology, Kazuhito Naka, 2017年08月30日, 招待, 英語, 東京
  18. CML幹細胞の新しい治療戦略, 仲 一仁, Hematology Seminar in KAGOSHIMA, 2017年06月09日, 招待, 日本語, 鹿児島市
  19. Novel therapeutic strategy targeting nutrient supply of chronic myelogenous leukemia stem cells, Kazuhito Naka, and Wataru Yasu, Special Session TMPD Pathology Meeting Series, 2017年05月11日, 招待, 英語, Houston, TX, USA.
  20. Novel therapeutic strategy targeting nutrient supply of chronic myelogenous leukemia stem cells, Kazuhito Naka, Yoshihiro Takihara, Ichinohe Tatsuo, Eisuke Hida, Yukio Kato, Wataru Yasui, and Seong-Jin Kim, Global Academic Programs (GAP) 2017 Conference, 2017年05月09日, 通常, 英語, Houston, TX, USA
  21. CML幹細胞の新しい治療戦略, 仲 一仁, Akita Leukemia Young Expert Seminar 2017, 2017年03月10日, 招待, 日本語, 秋田市
  22. CML幹細胞の栄養メカニズム, 仲 一仁, 日本がん分子標的治療学会 第12回トランスレーショナルリサーチ (TR) ワークショップ「がんの代謝-革新的な治療法開発への新しい糸口」, 2017年01月17日, 招待, 日本語, 東京
  23. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略, 仲 一仁, 第27回山口血液疾患研究会, 2016年11月28日, 招待, 日本語, 山口県宇部市
  24. Novel therapeutic strategy targeting TGF-beta-Smad3 signaling in CML stem cells, Kazuhito Naka, 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月06日, 招待, 英語
  25. CML幹細胞に特異的な栄養吸収を標的とする新しい治療戦略, 仲 一仁, 第4回ブリストル血液アカデミー, 2016年09月17日, 招待, 日本語, 福岡市
  26. がん研究の最前線:再発の克服をめざして, 仲 一仁, 和歌山高専後援会御坊支部平成28年度夏期研修会, 2016年08月07日, 招待, 日本語, 和歌山県日高川町
  27. Nutrient supply essential for the maintenance of chronic myelogenous leukemia stem cells, Kazuhito Naka, Yoshihiro Takihara, Yukio Kato, Akira Ooshima, and Seong-Jin Kim, 広島大学&テキサス大学MDアンダーソンがんセンター合同シンポジウム, 2016年07月22日, 通常, 英語, Hiroshima, Japan
  28. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略, 仲 一仁, 第3回次世代がんインフォマティクス研究会, 2016年06月03日, 招待, 日本語, 岡山市
  29. Nutrient Supply Essential for the Maintenance of CML Stem Cells, Kazuhito Naka, Yoshihiro Takihara, Yukio Kato, Hiromitsu Nakauchi, Akira Ooshima, and Seong-Jin Kim, 第14回幹細胞シンポジウム, 2016年05月20日, 通常, 英語, 兵庫県淡路市
  30. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略, 仲 一仁, Meet the Expert, 東海大学医学部, 2016年04月08日, 招待, 日本語, 神奈川県伊勢原市
  31. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略, 仲 一仁, 福山Expert meeting, 2016年03月18日, 招待, 日本語, 広島県 福山市
  32. Dipeptide species regulate nutrient signalling essential for the maintenance of chronic myelogenous leukaemia stem cells (Poster), Kazuhito Naka, Akira Ooshima, Yukio Kato, Yoshihiro Takihara, and Seong-Jin Kim, Keystone Symposia, Stem Cells and Cancer., 2016年03月06日, 通常, 英語, Breckenridge, CO, USA.
  33. A Nutrient Supply Essential for CML stem cells, Kazuhito Naka, The 87th of Stem cell biology and Regenerative Medicine forum, 2016年02月08日, 招待, 英語, Tokyo, Japan
  34. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略, 仲 一仁, 栃木県CML学術講演会, 2016年01月28日, 招待, 日本語, 宇都宮市
  35. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略 (招待講演), 仲 一仁, 第13回 Hematology Club, 2015年12月18日, 招待, 日本語, 大阪府堺市
  36. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略 (ワークショップ), 仲 一仁, 瀧原義宏, 第38回分子生物学会年会, 2015年12月01日, 招待, 日本語, 神戸市
  37. がん幹細胞の抗がん剤抵抗性メカニズム (指定演題), 仲 一仁, 瀧原義宏, 第18回癌と骨病変研究会, 2015年11月13日, 招待, 日本語
  38. 白血病幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略 (招待講演), 仲 一仁, 瀧原義宏, 2015分子病理夏のセミナー, 2015年08月07日, 招待, 日本語, 山口県周防大島町
  39. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略 (招待講演), 仲 一仁, 第27回大阪造血幹細胞疾患研究会, 2015年07月10日, 招待, 日本語, 大阪市
  40. 白血病幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略, 仲 一仁, 瀧原義宏, 平成27年度 広島大学・長崎大学連携研究カンファランス, 2015年06月06日, 通常, 日本語, 広島市
  41. CML幹細胞をターゲットとする新しい治療戦略 (招待講演), 仲 一仁, Kyoto Leukemia Educational Seminar 2015, 2015年06月05日, 招待, 日本語, 京都市
  42. TGFb Signaling Inhibitor eradicates CML Stem Cells, Kazuhito Naka, Kaori Ishihara, Yoshie Jomen, 平成26年度 新学術領域研究 「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」冬期公開シンポジウム, 2015年01月26日, 通常, 日本語, 東京
  43. TGFb Signaling Inhibitor eradicates CML Stem Cells (Poster), Kazuhito Naka, Kaori Ishihara, Yoshie Jomen, Fourth Joint International Symposium on TGF-beta and Cancer, 2015年01月12日, 通常, 英語, Tsukuba, Japan
  44. The Novel Oral TGFb Signaling Inhibitor Targets Chronic Myeloid Leukemia Stem Cells (Poster), Kazuhito Naka, Dong-Hyun Kim, Shaoguang Li, Yhun Yhong Sheen, Akira Oshima, Seong-Jin Kim, and Dae-Kee Kim, Sixteenth Annual John Goldman Conference on Chronic Myeloid Leukemia Biology and Therapy, 2014年09月03日, 通常, 英語, Philadelphia, PA, USA
  45. CML幹細胞をターゲットとする複合治療戦略 (招待講演), 仲 一仁, 第10回Tokyo Leukemia Conference, 2014年04月11日, 招待, 日本語, 東京
  46. A Novel Therapeutic Approach for Targeting CML Stem Cells (招待講演), Kazuhito Naka, International Symposium on Tumor Biology in Kanazawa, 2014年01月25日, 招待, 英語, Kanazawa, Japan
  47. CML stem cells (教育講演), 仲 一仁, 第75回日本血液学会学術集会, 2013年10月11日, 招待, 札幌市
  48. Role of TGF-b-FOXO Signaling in CML Stem Cells (Poster), Kazuhito Naka, and Atsushi Hirao, 
Fifteen International Conference on Chronic Myeloid Leukemia Biology and Therapy, 2013年09月26日, Estoril, Portugal
  49. TGF-b-FOXOシグナルによるCML幹細胞の維持機構(ワークショップ), 仲 一仁, 第86回日本生化学会大会, 2013年09月11日, 招待, 横浜市
  50. TGF-bシグナルを標的としたCML幹細胞複合治療戦略 (招待講演), 仲 一仁, 第11回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2013年08月29日, 招待, 仙台市
  51. 幹細胞とがん (市民公開講座), 仲 一仁, 2013年度金沢大学公開講座, 2013年05月18日, 招待, 金沢市
  52. A Role of TGF-β-FOXO Signaling in CML Stem Cells (招待講演), Kazuhito Naka, International Symposium on Carcinogenic Spiral and Tumor Biology in Kanazawa, 2013年01月24日, 招待, 英語, Kanazawa, Japan
  53. TGF-b-FOXOシグナルによるCML幹細胞の維持機構(招待講演), 仲 一仁, 第11回秋田分子病態研究会, 2012年11月27日, 招待, 秋田市
  54. A Role of TGF-β-FOXO Signaling in CML Stem Cells (招待講演), Kazuhito Naka, The 17th Annual Meeting of Korean Society of Cancer Prevention, 2012年11月09日, 招待, 英語, Seoul, Korea
  55. TGF-b-FOXOシグナルによるがん幹細胞の抗がん剤抵抗性機構(招待講演)., 仲 一仁, 北海道大学遺伝子病制御研究所・金沢大学がん進展制御研究所ジョイントシンポジウム, 2012年11月05日, 招待, 札幌市
  56. がんの多層性・幹細胞とがん (市民公開講座), 仲 一仁, 第24年度国立大学附置研究所・センター長会議第二部会シンポジウム, 2012年10月26日, 招待, 金沢市
  57. がん幹細胞におけるTGF-β-FOXOシグナルの役割 (招待講演), 仲 一仁, 愛媛大学プロテオ医学研究センター・愛媛大学大学院医学系研究科 ProMRes研究会, 2012年07月19日, 招待, 松山市
  58. 幹細胞とがん (市民公開講座), 仲 一仁, 2012年度金沢大学公開講座, 2012年05月26日, 招待, 金沢市
  59. A Role of TGF-β-FOXO Signaling in CML Stem Cells (招待講演), Kazuhito Naka, CHA Research Institute Seminar Series,, 2012年02月20日, 招待, 英語, Seoul, Korea
  60. 幹細胞とがん (市民公開講座), 仲 一仁, 金沢大学まちなかサイエンスセミナー, 2011年12月23日, 招待, 金沢市
  61. がん幹細胞の治療抵抗性メカニズム(招待講演), 仲 一仁, 神戸大学第35回膜生物学GCOE学術講演会, 2011年11月11日, 招待, 神戸市
  62. 幹細胞とがん (市民公開講座), 仲 一仁, 2011年度金沢大学公開講座, 2011年05月21日, 招待, 金沢市
  63. Molecular Mechanism Regulating Foxo In Leukemia Initiating Cells of Chronic Myeloid Leukemia (Poster), Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Yuko Tadokoro, Takako Ooshio, Yukio Kondo, Shinji Nakao, Noboru Motoyama, and Atsushi Hirao,, The 52nd American Society of Hematology Annual meeting and exposition, 2010年12月04日, Orlando, FL, USA
  64. TGF-β-FOXOシグナルによる白血病幹細胞の治療抵抗性機構 (招待講演), 仲 一仁, 第16回血液科学セミナー, 2010年10月23日, 招待, 東京
  65. Molecular mechanism regulating FOXO in leukemia initiating cells of chronic myeloid leukemia, Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Yoko Tadokoro, Takako Ooshio, Yukio Kondo, Shinji Nakao, Noboru Motoyama, Atsushi Hirao, 第72回日本血液学会学術集会, 2010年09月24日, 横浜市
  66. Analyses of molecular mechanism regulating FOXO in leukemia initiating cells of chronic myeloid leukemia., Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Yoko Tadokoro, Takako Ooshio, Noboru Motoyama, Atsushi Hirao, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 大阪市
  67. がん幹細胞の治療抵抗性メカニズム(招待講演), 仲 一仁, 東京医科歯科大学難治疾患研究所第438回難研セミナー/第10回難治疾患共同拠点セミナー, 2010年09月15日, 招待, 東京
  68. がん幹細胞の抗がん剤抵抗性メカニズムの解析(招待講演), 仲 一仁, 広島大学大学院医歯薬学総合研究科統合バイオセミナー, 2010年07月15日, 招待, 広島市
  69. 白血病幹細胞の抗がん剤抵抗性機構の解析(招待講演), 仲 一仁, 平尾 敦, 第19回日本癌病態治療研究会, 2010年06月30日, 招待, 東京
  70. がん幹細胞における自己複製制御メカニズムの解析(招待講演), 仲 一仁, 千葉大学COEスタートアッププログラム「発生システムの分子基盤解析拠点の構築」第7回発生システムセミナー, 2010年06月28日, 招待, 千葉市
  71. TGF-β-FOXOシグナルによる白血病幹細胞の抗がん剤抵抗性機構の解析(招待講演), 仲 一仁, 平尾 敦, 第19回日本がん転移学会, 2010年06月16日, 招待, 金沢市
  72. 慢性骨髄性白血病マウスモデルを用いた白血病幹細胞の維持機構の解析 (招待講演), 仲 一仁, 第37回北陸実験動物研究会, 2010年06月05日, 招待, 金沢市
  73. Foxo3a is essential for maintenance of chronic myelogenous leukemia-initiating cells, Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Yoko Tadokoro, Takako Ooshio, Noboru Motoyama, Atsushi Hirao,, 第71回日本血液学会学術集会, 2009年10月23日, 京都市
  74. Foxo3a is essential for survival of leukemia-initiating cells in chronic myeloid leukemia (Poster), Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Yuko Tadokoro, Takako Ooshio, Noboru Motoyama, Masanobu Oshima, Atsushi Hirao, American Association for Cancer Research 101st Annual meeting, 2010年04月17日, Washington DC, USA
  75. Foxo3a is essential for maintenance of chronic myelogenous leukemia-initiating cells, Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Yoko Tadokoro, Takako Ooshio, Noboru Motoyama, Atsushi Hirao,, 第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 横浜市
  76. Foxo3a is essential for survival of chronic myeloid leukemia-initiating cells (Poster), Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Takako Ooshio, Noboru Motoyama, Atsushi Hirao, 7th International Society of Stem Cell Research, 2009年07月08日, Barcelona, Spain
  77. Foxo3a is essential for maintenance of chronic myelogenous leukemia-initiating cells (Poster), Kazuhito Naka, Takayuki Hoshii, Teruyuki Muraguchi, Yoko Tadokoro, Takako Ooshio, Noboru Motoyama, Atsushi Hirao,, 第7回幹細胞シンポジウム, 2009年05月16日, 東京
  78. マウスモデルを用いた白血病幹細胞の制御機構の解析(招待講演), 仲 一仁, 第7回北陸ポストゲノム研究フォーラム, 2008年06月26日, 招待, 金沢市
  79. Nucleostemin-プロモーター活性による白血病幹細胞の同定, 仲 一仁, 大村昌子,村口輝行,星居孝之,須田年生,平尾 敦, 第67回日本癌学会学術総会, 2008年10月28日, 名古屋市
  80. Nucleostemin-GFPレポーターシステムによる白血病幹細胞の同定, 仲 一仁, 大村昌子,村口輝行,星居孝之,須田年生,平尾 敦, 第70回日本血液学会学術集会, 2008年10月10日, 京都市
  81. Nucleostemin-GFPレポーターシステムによる白血病幹細胞の同定, 仲 一仁, 大村昌子,村口輝行,星居孝之,平尾 敦, 第6回幹細胞シンポジウム, 2008年05月16日, 東京
  82. Prospective identification of leukemic stem cells by promoter activity of nucleostemin gene (Oral Presentation), Kazuhito Naka, Masako Ohmura, Teruyuki Muraguchi,Takayuki Hoshii Atsushi Hirao, 6th International Society of Stem Cell Research, 2008年06月11日, Philadelphia, PA, USA
  83. Identification of tumor-initiating cells by using promoter activity of nucleostemin: Evidence for stemness in both normal and malignant tissues (Poster), Kazuhito Naka, Masako Ohmura, Teruyuki Muraguchi,Takayuki Hoshii Atsushi Hirao,, Keystone Symposium, Tumor Suppressors and Stem Cell Biology, 2008年02月24日, Vancouver, British Columbia, Canada.
  84. Establishment of a labeling system for hematopoietic stem cells by nucleostemin-enhancer/promoter GFP transgenic mice (Poster), Kazuhito Naka, Masako Ohmura, Toshio Suda, Atsushi Hirao, The 49th American Society of Hematology Annual meeting and exposition, 2007年12月08日, Atlanta, USA
  85. Nucleosteminプロモータ−GFPトランスジェニックマウスによる造血幹細胞標識システムの樹立, 仲 一仁,大村昌子,野口亜希,石原正彦,宮地宏昌,須田年生,平尾敦, 第66回日本癌学会学術総会, 2007年10月03日, 横浜市
  86. Establishment of a labeling system for hematopoietic stem cells by nucleostemin-enhancer/promoter driving GFP transgenic mice (Poster), Kazuhito Naka, Masako Ohmura, Fumio Arai, Toshio Suda, Atsushi Hirao, , 5th international society of stem cell research,, 2007年06月17日, Cairns, Queensland, Australia
  87. A study on establishment of a mouse model for identifying leukemic stem cells (招待講演), Kazuhito Naka, International Symposium on Tumor Biology in Kanazawa 2007, 2007年01月25日, 招待, 英語, Kanazawa, Japan
  88. Establishment of a labeling system for hematopoietic stem cells by Nucleostemin-EGFP transgenic mice (Poster), Kazuhito Naka, Masako Ohmura, Fumio Arai, Toshio Suda, Atsushi Hirao, Sixteenth international symposium of the Hiroshima cancer seminar “Cancer Stem Cells, 2006年10月22日, Hiroshima, Japan
  89. Interferon resistance of HCV replicons is caused by functional disruption of type I interferon receptors (Poster), Kazuhito Naka, Kazunori Takemoto, Ken-ichi Abe, Hiromichi Dansako, Masanori Ikeda, Kunitada Shimotohno, and Nobuyuki Kato, 12th international symposium on hepatitis C virus and related viruses, 2005年10月02日, Montreal, Canada
  90. C型肝炎ウイルスNS5B蛋白質によるTLR3シグナル経路の活性化, 仲 一仁, 團迫浩方,小林直哉,池田正徳,加藤宣之, 第52回日本ウイルス学会学術集会総会, 2004年11月21日, 横浜市
  91. Hepatitis C Virus NS5B activates TLR3 signaling pathway in non-cancerous hepatocytes (Oral Presentation), Kazuhito Naka, Hiromichi Dansako, Naoya Kobayashi, Masanori Ikeda, and Nobuyuki Kato,, 11th international symposium on hepatitis C virus and related viruses, 2004年10月03日, Heidelberg, Germany
  92. Chk2 regulates p53 stabilization by phosphorylating Mdm2 (Poster), Kazuhito Naka, Chen Chen, Hiroshi Yamaguchi, Katsuyuki Tamai, Kyoji Ikeda, Ettore Appella, and Noboru Motoyama, Radiation biology and cancer, 2004年02月18日, Dana Point, California, USA.
  93. Establishment of interferon-resistant hepatitis C virus subgenomic replicons (Poster), Kazuhito Naka, Katsuyuki Namba, Takashi Nakamura, Hiromichi Dansako, Akito Nozaki, Kunitada Shimotohno, and Nobuyuki Kato, 0th international meeting on hepatitis C virus and related viruses, 2003年12月02日, Kyoto, Japan
  94. CHK2とMDMとの相互作用とリン酸化の解析, 仲 一仁、玉井克之、池田恭治、本山 昇, 第62回日本癌学会学術総会, 2003年09月25日, 名古屋市
  95. AT/TERT細胞におけるStress-inducible premature senescence (SIPS), 仲 一仁,立花 章,石川冬木,池田恭治,本山 昇, 第26回日本基礎老化学会, 2003年06月18日, 名古屋市
  96. Chk2-deficient mice exhibit radioresistance and defective p53-mediated transcription (Poster), Hiroyuki Takai, Kazuhito Naka, Yuki Okada, Miho Watanabe, Naoki Harada, Shin’ichi Saito, Carl W. Anderson, Ettore Appella, Makoto Nakanishi, Hiroshi Suzuki, Kazuo Nagashima, Hirofumi Sawa, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama, , Cold Spring Harbor Laboratory Symposium, Molecular Genetics of Aging, 2002年10月02日, Cold Spring Harbor, New York, USA.
  97. Recruitment of NBS1 into PML Oncogenic Domains via interaction with Sp100 protein (Poster), Kazuhito Naka, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama, Keystone Symposia, 2002年01月22日, Keystone, Colorado, USA.
  98. Recruitment of NBS1 into PML Oncogenic Domains via interaction with Sp100 protein, 仲 一仁,池田恭治,本山 昇, 第24回日本分子生物学会年会, 2001年12月08日, 横浜市
  99. Recruitment of NBS1 into PML Oncogenic Domains via interaction with Sp100 protein (Poster), Kazuhito Naka, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama,, The Salk Institute Meetings and Symposia Oncogenes and Growth Control Meeting, 2001年08月18日, La Jolla, California, USA.
  100. Introduction of telomerase to ataxia telangiectasia cells can extend shortened telomeres and bypass replicative senescence (Poster), Kazuhito Naka, Akira Matsuura, Akira Tachibana, Fuyuki Ishikawa, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama,, Cold Spring Harbor Laboratory Symposium, Telomere and Telomerase 2001, 2001年03月28日, Cold Spring Harbor, New York, USA.
  101. Introduction of telomerase to ataxia teleangiectasia cells can extend shortened telomeres and bypass replicative senescence (Poster), Kazuhito Naka, Akira Matsuura, Akira Tachibana, Fuyuki Ishikawa, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama, Miami Winter Symposia, cell death and aging, 2001年02月03日, Miami Beach, Florida, USA.
  102. テロメラーゼによる末梢血管拡張性運動失調症(Ataxia Telangiectasia)患者由来不死化細胞の樹立, 仲 一仁,立花 章,石川冬木,池田恭治,本山 昇, 第23回日本分子生物学会年会, 2000年12月13日, 神戸市
  103. Establishment of Immortalized Ataxia Telangiectasia Cells by Telomerase (Poster), Kazuhito Naka, Akira Matsuura, Akira Tachibana, Fuyuki Ishikawa, Kyoji Ikeda, Noboru Motoyama, The International Workshop on Dynamics and Algorithms of Chromosome Function, 2000年11月20日, Hiroshima, Japan
  104. 胃癌細胞株におけるIFN誘導分子6-16の分子間相互作用の解析, 仲 一仁、国安弘基、田原栄俊、田原栄治、安井 弥、横崎 宏、井出 利憲、菊池 章、田原榮一, 第58回日本癌学会総会, 1999年09月29日, 広島市
  105. 胃癌細胞株におけるIFN誘導分子6-16の分子間相互作用の解析, 仲 一仁、国安弘基、田原栄俊、田原栄治、菊池 章、田原榮一, 第88回日本病理学会総会, 1999年04月06日, 東京
  106. Effect of telomere reduction caused by antisense human telomerase RNA (hTR) as a telomerase inhibitor in human gastric cancer cell lines (Poster), Kazuhito Naka, Hiroshi Yokozaki, Wataru Yasui, Hidetoshi Tahara, Eiji Tahara, Eiichi Tahara,, The 10th Annual International Conference of The International Society of Differentiation., 1998年10月03日, Houston, Texas, USA.
  107. テロメア長を短縮したヒト胃癌細胞株における細胞生存機構の解析, 仲 一仁、横崎 宏、田原栄俊、田原榮一, 第57回日本癌学会総会, 1998年09月30日, 横浜市
  108. 消化器癌におけるIFN誘導分子6-16の発現と蛋白間相互作用の解析, 仲 一仁、安井 弥、濱本隆浩、横崎 宏、菊池 章、嶋本文雄、田原栄俊、田原榮一, 第87回日本病理学会総会, 1998年04月14日, 広島市
  109. ヒト胃癌細胞株におけるアンチセンス-ヒトテロメラーゼRNAの効果, 仲 一仁、横崎 宏、田原栄俊、田原榮一, 第87回日本病理学会総会, 1998年04月14日, 広島市
  110. ヒト胃癌細胞株におけるアンチセンス-ヒトテロメラーゼRNAの効果, 仲 一仁、田原栄俊、田原榮一, 第56回日本癌学会総会, 1997年09月25日, 京都市
  111. ヒト胃癌細胞株におけるアンチセンスhTRの効果, 仲 一仁、横崎 宏、田原栄俊、田原榮一, 第86回日本病理学会総会, 1997年06月03日, 札幌市
  112. Effects of 9-cis-retinoic acid on human gastric cancer cell lines (Poster), Kazuhito Naka, Hiroshi Yokozaki, Tamiko Domen, Ken Hayashi, Hiroki Kuniyasu, Wataru Yasui, Reuben Lotan and Eiichi Tahara: , The First International Conference on Gastroenterological Carcinogenesis, , 1996年10月22日, Hiroshima, Japan
  113. ヒト胃癌細胞株におけるレチノイン酸レセプターの発現ならびに9-cis-レチノイン酸の効果, 仲 一仁、 道面仁子、横崎 宏、安井 弥、林 賢、田原榮一, 第55回日本癌学会総会, 1996年10月10日, 横浜市
  114. ヒト胃癌細胞株におけるレチノイン酸レセプターの発現ならびに9-シス-レチノイン酸の効果, 仲 一仁、 道面仁子、横崎 宏、安井 弥、Reuben Lotan、田原榮一, 日本組織培養学会第69回大会, 1996年05月15日, 広島市
  115. ヒト胃癌細胞株におけるレチノイン酸レセプターの発現ならびに9-cis-レチノイン酸の効果、第85回日本病理学会総会, 仲 一仁、 道面仁子、横崎 宏、田原榮一, 第85回日本病理学会総会, 1996年04月23日, 東京

受賞

  1. 2011年, 荻村孝特別研究賞, 日本白血病研究基金
  2. 2018年02月13日, 平成29年度 創薬シーズ事業化コンペティション 優秀賞, 大阪府商工労働部, 平成29年度 創薬シーズ事業化コンペティション

取得

  1. 特許権, 癌幹細胞の同定および単離方法 (特開2008-102012)
  2. 特許権, 白血病治療剤及び該治療剤の新規なスクリーニング (特許5555897, 2014.6.13.)
  3. 特許権, 慢性骨髄性白血病治療剤及びそのスクリーニング方法 (特許6082869, 2017.2.3. )
  4. 特許権, 慢性骨髄性白血病治療剤 (出願中,特開2016-141669, 2016.8.8. 下記 PCT出願WO/2016/126028)
  5. 特許権, Composition for inhibiting growth or proliferation of chronic myelogenous leukemia cancer stem cell and a method thereof (出願中,WO/2016/159575 A2, October 6th, 2016)
  6. 特許権, Therapeutic agent for chronic myeloid leukemia (出願中,WO/2016/159301 A1, October 6th, 2016)
  7. 特許権, Pharmaceutical composition for preventing or treating chronic myeloid leukemia and method using the same (出願中,WO/2016/126028 A1, August 11th, 2016)

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2016年, Blood Research, 編集員, Editorial Board