宮崎 浩一KOICHI MIYAZAKI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
komiyahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
私はマクロ経済モデルを使い, 社会保障制度が出生率や老年世代の労働供給へどのような影響を与えるか理論的に分析しています. 近年は家族の形がマクロ経済にどのような影響を及ぼすのかということに興味を持って研究しています.

基本情報

学歴

  • ペンシルベニア州立大学, 経済学部, アメリカ合衆国, 2005年, 2010年
  • 東京大学, 経済学研究科, 2003年, 2008年
  • 東京大学, 経済学研究科, 2001年, 2003年
  • 東京大学, 経済学部, 1997年, 2001年

教育担当

  • 【学士課程】 経済学部 : 経済学科 : 現代経済プログラム
  • 【学士課程】 経済学部 : 経済学科 : 経済・経営統合プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 経済学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 経済学プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 経済学 / 財政・公共経済
  • 社会科学 / 経済学 / 理論経済学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 演習
  2. 2022年, 学部専門, 1ターム, マクロ経済学1
  3. 2022年, 学部専門, 3ターム, マクロ経済学2
  4. 2022年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), マクロ経済学
  6. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 通年, 人間社会科学講究
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, マクロ経済分析
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 特別研究
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 経済学プログラム特別演習Ⅰ
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 経済学プログラム特別演習Ⅱ

教育に関する受賞

  • 2005年03月, CEMANO-COE Distinguished TA Award, 東京大学大学院経済学研究科

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Pay-as-You-Go Social Security and Educational Subsidy in an Overlapping Generations Model with Endogenous Fertility and Endogenous Retirement, B E JOURNAL OF MACROECONOMICS, 22巻, 2号, pp. 787-820, 20220630
  2. Labor productivity, labor supply of the old, and economic growth, Economics Bulletin, 40巻, 1号, pp. 277-285, 2020
  3. ★, Optimal pay-as-you-go social security with endogenous retirement, Macroeconomic Dynamics, 23巻, 2号, pp. 870-887, 2019
  4. Fertility and labor supply of the old with pay-as-you-go pension and child allowances, The B.E. Journal of Macroeconomics (Advances), 18巻, 1号, 2018
  5. Efficiency and lack of commitment in an overlapping generations model with endowment shocks, Japanese Economic Review, 65巻, 4号, pp. 499-520, 2014
  6. ★, The effects of the raising-the-official-pension-age policy in an overlapping generations economy, Economics Letters, 123巻, 3号, pp. 329-332, 2014
  7. ★, Pay-as-you-go social security and endogenous fertility in a neoclassical growth model, Journal of Population Economics, 26巻, 3号, pp. 1233-1250, 2013
  8. ★, Role of linking mechanisms in multitask agency with hidden information, Journal of Economic Theory, 145巻, 6号, pp. 2241-2259, 2010

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Effects of Educational Subsidies and Pay-as-You-Go Pensions on Long-Run Growth under an Endogenous Growth Model, 宮﨑 浩一, 2021 Asian Meeting of the Econometric Society, 2021年06月, 通常, 英語, Curtin University, Malaysia
  2. Optimal paid parental leave policy, 宮﨑 浩一, 日本経済学会2020年度春季大会, 2020年05月, 通常, 英語, 一般社団法人 日本経済学会, 九州大学(Web)
  3. Why don't parental leave policies supply full insurance to workers who take parental leave?, マクロ経済学研究会(大阪大学), 2019年, 招待, 日本語, 大阪大学
  4. Optimal paid parental leave policy without commitment, 大阪市立大学経済学会研究会, 2018年, 招待, 日本語, 大阪市立大学経済学会研究会, 大阪市立大学
  5. Benefits of borrowing constrains in an endogenous growth model, 2017 Asian Meeting of the Econometric Society, 2017年, 通常, 英語, The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong
  6. 借入制約がある家計の出生行動に関する理論分析, 京都大学経済研究所CAPS研究会, 2017年, 招待, 日本語, 京都大学経済研究所, 京都大学
  7. On the design of parental leave policies, DSGEワークショップ, 2017年, 招待, 日本語, 専修大学
  8. Optimal paid parental leave policy with limited commitment, 財政・公共経済ワークショップ, 2017年, 招待, 日本語, 東京大学経済学部, 東京大学
  9. Fertility and labor supply of the old with pay-as-you-go pension and child allowances, 2016 Taipei International Conference on Growth, Trade and Dynamics, 2016年, 通常, 英語, Academia Sinica, Taiwan
  10. Optimal pay-as-you-go social security with endogenous retirement, GRIPS Policy Modeling Workshop, 2016年, 招待, 日本語, GRIPS, GRIPS

受賞

  1. 2009年12月02日, 第12回社研・森口賞入選, 大阪大学社会経済研究所, Efficiency and Lack of Commitment in an Overlapping Generations Model with Distributional Shocks

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業, 育児休業制度の理論モデルの開発ならびにその応用, 2022年, 2025年
  2. 科学研究費助成事業, 日本の少子化対策に関する制度政策は効果的なのか?, 2019年, 2021年
  3. 科学研究費助成事業, 不完備な金融市場下での出生行動の理論分析, 2016年, 2018年
  4. Social security, retirement, and economic growth: A general equilibrium approach, 2013年, 2014年
  5. Research on optimal taxation with commitment: Role of altruistic agents, 2011年, 2013年
  6. Qualitative and quantitative analysis of social welfare in a stochastic overlapping generations model, 2010年, 2011年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 日本財政学会第75回大会, 実行委員, 2018年, 2018年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, The Journal of the Economics of Ageing  , その他, 査読者, 1
  2. 2021年, Review of Development Economics, その他, 査読者, 1
  3. 2021年, Economics Bulletin, その他, 査読者, 3
  4. 2021年, Japanese Economic Review, その他, 査読者, 1
  5. 2021年, Asian-Pacific Economic Literature, その他, 査読者, 1
  6. 2021年, Journal of Demographic Economics, その他, 査読者, 1
  7. 2021年, Journal of Population Economics, その他, 査読者, 1
  8. 2020年, 財政研究, その他, 査読者, 1
  9. 2020年, Journal of Pension Economics and Finance, その他, 査読者, 2
  10. 2020年, Macroeconomic Dynamics, その他, 査読者, 1
  11. The B.E. Journal of Economic Analysis and Policy, その他, 査読者
  12. International Economic Review, その他, 査読者
  13. Oxford Economic Papers, その他, 査読者
  14. Review of Economic Dynamics, その他, 査読者
  15. Review of Urban and Regional Development Studies, その他, 査読者
  16. Journal of Macroeconomics, その他, 査読者
  17. Bulletin of Economic Research, その他, 査読者
  18. Japanese Economic Review, その他, 査読者
  19. Pacific Economic Review, その他, 査読者
  20. Journal of Population Economics, その他, 査読者
  21. Taiwan Economic Review, その他, 査読者
  22. Asia-Pacific Journal of Accounting & Economics, その他, 査読者
  23. Economics Bulletin, その他, 査読者