久保 達彦TATSUHIKO KUBO

Last Updated :2022/08/04

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 教授
ホームページ
メールアドレス
tkubohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
〒734-0037 広島県広島市南区霞1-2-3 基礎社会医学棟724
TEL:082-257-5167 FAX:082-257-5169
自己紹介
研究分野:(災害)災害時の診療情報管理、介護保険施設等の被災状況把握、対応労働者の健康管理等、国際災害医療チームの国内への受援、災害医療分野へのAIの適応、(平時)交代制勤務者の健康管理等

基本情報

主な職歴

  • 2009年10月, 2018年03月, 産業医科大学, 医学部, 講師
  • 2018年04月, 2019年09月, 産業医科大学, 医学部, 准教授
  • 2019年10月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 教授

学歴

  • 産業医科大学, 大学院医学研究科, 博士課程, 日本, 2003年04月, 2006年03月
  • 産業医科大学, 医学部, 医学科, 日本, 1994年04月, 2000年03月

学位

  • 博士(医学) (産業医科大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 公衆衛生学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 公衆衛生学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 社会医学 / 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード

  • 公衆衛生
  • 産業保健
  • 災害医療
  • 災害公衆衛生
  • 災害産業保健
  • 国際緊急援助
  • J-SPEED
  • WHO EMT MDS

所属学会

  • 日本産業衛生学会
  • 日本疫学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本時間生物学会
  • アジア太平洋ヘルスサポート学会
  • 日本睡眠学会
  • 日本災害医学会
  • 日本放射線事故・災害医学会, 2020年03月
  • The International Commission on Occupational Health
  • International Epidemiological Association
  • Asia Pacific Conference on Disaster Medicine
  • World Association of Disaster and Emergency Medecine

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 医療情報リテラシー
  2. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 医療情報リテラシー活用[オンデマンド]
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 社会医学
  4. 2022年, 学部専門, 2ターム, 医学研究序論
  5. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  6. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  7. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  11. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  12. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  13. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  14. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 医療政策・国際保健概論
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究(国際保健・環境保健学)
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究(国際保健・環境保健学)
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 環境保健学概論
  19. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別演習
  20. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別演習
  21. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 公衆衛生学特別研究
  22. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 公衆衛生学特別研究
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 社会医学

教育に関する受賞

  • 2019年11月, 最優秀講師賞, 産業医科大学, 第36回産業医学基本講座

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Dairy products and the risk of developing prostate cancer: A large-scale cohort study (JACC Study) in Japan, CANCER MEDICINE, 10巻, 20号, pp. 7298-7307, 202110
  2. The Association between Wearing a Mask and COVID-19, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH, 18巻, 17号, 202109
  3. The Association between Wearing a Mask and COVID-19., International journal of environmental research and public health, 18巻, 17号, 20210830
  4. Effect of housing condition on quality of life, INDOOR AIR, 31巻, 4号, pp. 1029-1037, 202107
  5. Prevalence and Characteristics of Earthquake-Related Head Injuries: A Systematic Review., pp. 1-6, 20210505
  6. Prospective cohort study of bedroom heating and risk of common cold in children., Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society, 20210426
  7. A Prospective Cohort Study of Bedroom Warming With a Heating System and Its Association With Common Infectious Diseases in Children During Winter in Japan, JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 31巻, 3号, pp. 165-171, 202103
  8. Molecular characterization and the mutation pattern of SARS-CoV-2 during first and second wave outbreaks in Hiroshima, Japan, PLOS ONE, 16巻, 2号, 20210205
  9. Factors associated with mortality among patients with necrotizing soft-tissue infections: An analysis of 4597 cases using the Diagnosis Procedure Combination Database, INTERNATIONAL JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 102巻, pp. 73-78, 202101
  10. Near-miss incidents owing to fatigue and irregular lifestyles in ambulance personnel., Archives of environmental & occupational health, pp. 1-5, 20201119
  11. Disparities of indoor temperature in winter: A cross-sectional analysis of the Nationwide Smart Wellness Housing Survey in Japan, INDOOR AIR, 30巻, 6号, pp. 1317-1328, 202011
  12. Impact of Cold Indoor Temperatures on Overactive Bladder: A Nationwide Epidemiological Study in Japan, UROLOGY, 145巻, pp. 60-65, 202011
  13. Follow-Up of Occupational Health Issues and Measures Taken in Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Where Decommissioning Work Has Continued Over 6 Years Since 2014., Journal of occupational and environmental medicine, 62巻, 9号, pp. 669-679, 20200900
  14. Follow-Up of Occupational Health Issues and Measures Taken in Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Where Decommissioning Work Has Continued Over 6 Years Since 2014, JOURNAL OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 62巻, 9号, pp. 669-679, 202009
  15. Premature mortality due to stomach cancer in Japan: a nationwide analysis from 1980 to 2015, ANNALS OF EPIDEMIOLOGY, 47巻, pp. 19-24, 202007
  16. Changes of intravaginal microbiota and inflammation after self-replacement ring pessary therapy compared to continuous ring pessary usage for pelvic organ prolapse., The journal of obstetrics and gynaecology research, 46巻, 6号, pp. 931-938, 20200600
  17. Effectiveness of regional clinical pathways on postoperative length of stay for hip fracture patients: A retrospective observational study using the Japanese Diagnosis Procedure Combination database., Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association, 25巻, 1号, pp. 127-131, 20200100
  18. Assessing the effect of mandatory progress reporting on treatment requirements identified during health examinations at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant: A time series analysis, Journal of Occupational Health, 62巻, 1号, pp. e12111, 20200100
  19. Relationship between the depressive state of emergency life-saving technicians and near-misses, ACUTE MEDICINE & SURGERY, 7巻, 1号, 2020
  20. Near misses and presenteeism among paramedics., Occupational medicine (Oxford, England), 69巻, 8-9号, pp. 593-597, 20191231
  21. Efficacy of Antimicrobial Catheters for Prevention of Catheter-Associated Urinary Tract Infection in Acute Cerebral Infarction, Journal of Epidemiology, 20191205
  22. Validity and Responsiveness of the Work Functioning Impairment Scale in Workers With Depression, JOURNAL OF OCCUPATIONAL AND ENVIRONMENTAL MEDICINE, 61巻, 12号, pp. E523-E527, 201912
  23. Crosscultural validation of the work functioning impairment scale (WFun) among Japanese, English, and Chinese versions using Rasch analysis, Journal of Occupational Health, 20191128
  24. 救護班J-SPEED情報を活用した真備地域避難所のSPHERE基準を参照した継時的評価, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 78巻, pp. 503-503, 20191000
  25. 【緊急被ばく医療】経験を将来に伝える 福島第一原発事故における傷病発生予防, 救急医学, 43巻, 6号, pp. 828-834, 20190500
  26. Health Data Collection Before, During and After Emergencies and Disasters—The Result of the Kobe Expert Meeting, International Journal of Environmental Research and Public Health, 16巻, 5号, pp. 893, 20190300
  27. Equality of Treatment for Hip Fracture Irrespective of Regional Differences in Socioeconomic Status: Analysis of Nationwide Hospital Claims Data in Japan., The Tohoku Journal of Experimental Medicine, 247巻, 3号, pp. 161-171, 20190300
  28. Relationship between treatment and period of absence among employees on sick leave due to mental disease., Industrial health, 57巻, 1号, pp. 79-83, 20190205
  29. 英国の危機管理システムと労働安全衛生機能の位置づけ, 産業医科大学雑誌, 40巻, 2号, pp. 201-208, 20180600
  30. 風力発電施設による超低周波音・騒音の健康影響に関する疫学調査, 日本音響学会誌, 74巻, 5号, pp. 280-285, 20180500
  31. Continuous improvement of fitness-for-duty management programs for workers engaging in stabilizing and decommissioning work at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant., Journal of occupational health, 60巻, 2号, pp. 196-201, 20180327
  32. Efficacy and Tolerability of Bacillus Calmette-Guérin Therapy as the First-Line Therapy for Upper Urinary Tract Carcinoma In Situ, Cancer Investigation, 36巻, 2号, pp. 152-157, 20180207
  33. The relationship between high-dose corticosteroid treatment and mortality in acute respiratory distress syndrome: A retrospective and observational study using a nationwide administrative database in Japan, BMC Pulmonary Medicine, 18巻, 1号, 20180207
  34. Demographics, management and treatment outcomes of benign and malignant retroperitoneal tumors in Japan, International Journal of Urology, 25巻, 1号, pp. 61-67, 20180101
  35. Premature Mortality Due to Malignancies of the Kidney and Bladder in Japan, 1980–2010, Journal of Epidemiology, 20180000
  36. [The Position and Roles of Occupational Health and Safety Functions in the UK Risk Management System]., Journal of UOEH, 40巻, 2号, pp. 201-208, 20180000
  37. Validity and responsiveness of the work functioning impairment scale (WFun) in workers with pain due to musculoskeletal disorders, Journal of Occupational Health, 60巻, 2号, pp. 156-162, 20180000
  38. Occupational Safety and Health System for Workers Engaged in Emergency Response Operations in the USA, Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health, 58巻, 6号, 20180000
  39. 災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)に期待されるハブ機能構築に向けての検討, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76巻, pp. 324-324, 20171000
  40. 循環器疾患の危険因子が腎細胞がん・尿路上皮がん(腎盂がん・膀胱がん)による死亡のリスクに与える影響 文部科学省大規模コホート(JACC Study)からわかったこと, 臨牀と研究, 94巻, 4号, pp. 463-466, 20170400
  41. Coexisting infectious diseases on admission as a risk factor for mechanical ventilation in patients with Guillaine-Barré syndrome, Journal of Epidemiology, 27巻, 7号, pp. 311-316, 20170000
  42. Diagnostic Accuracy of the Work Functioning Impairment Scale (WFun): A Method to Detect Workers Who Have Health Problems Affecting their Work and to Evaluate Fitness for Work, Journal of Occupational and Environmental Medicine, 59巻, 6号, pp. 557-562, 20170000
  43. Efficacy of early sivelestat administration on acute lung injury and acute respiratory distress syndrome, Respirology, 22巻, 4号, pp. 708-713, 20170000
  44. Squamous Differentiation Predicts Poor Response to Cisplatin-Based Chemotherapy and Unfavorable Prognosis in Urothelial Carcinoma of the Urinary Bladder, Clinical Genitourinary Cancer, 20170000
  45. 風力発電等による低周波音・騒音の健康影響:疫学文献レビュー, 日本公衆衛生雑誌, 64巻, 8号, pp. 403-411, 20170000
  46. 米国における危機対応に従事する労働者の安全衛生管理体制, 産業衛生学, 58巻, 6号, pp. 260-270, 201611
  47. 災害医療情報の標準化が持つ産業保健的意義 , 産業医学ジャーナル, 39巻, 4号, pp. 1-5, 20160700
  48. 地域事情 英国における風力発電を取り巻く実状 HIA(Health Impact Assessment)に着目して, 公衆衛生, 80巻, 7号, pp. 527-530, 20160700
  49. 交替制勤務者の健康管理, 産業医学レビュー, 29巻, 1号, pp. 17-39, 20160500
  50. 主治医と産業医等の連携強化とその効果の検証 医療と労働衛生の連携効果に関するフィールド調査の結果から, 産業精神保健, 24巻, 2号, pp. 112-117, 20160420
  51. Evaluation and simplification of the occupational slip, trip and fall risk-assessment test, Industrial Health, 54巻, 4号, pp. 354-360, 20160000
  52. A meta-analysis of individual participant data reveals an association between circulating levels of IGF-I and prostate cancer risk, Cancer Research, 76巻, 8号, pp. 2288-2300, 20160000
  53. Objective diagnosis of arrested labor on transperineal ultrasound, Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, 42巻, 7号, pp. 803-809, 20160000
  54. Asian dust and pediatric emergency department visits due to bronchial asthma and respiratory diseases in Nagasaki, Japan, Journal of Epidemiology, 26巻, 11号, pp. 593-601, 20160000
  55. Relationship between depressive state and treatment characteristics of acute cervical spinal cord injury in Japan, Journal of Epidemiology, 26巻, 1号, pp. 30-35, 20160000
  56. Prospective cohort study of work functioning impairment and subsequent absenteeism among Japanese workers, Journal of Occupational and Environmental Medicine, 58巻, 7号, pp. e264-e267, 20160000
  57. Risk factors for upper and lower urinary tract cancer death in a Japanese population: Findings from the Japan collaborative cohort study for evaluation of cancer risk (JACC Study), Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 17巻, 7号, pp. 3545-3549, 20160000
  58. 地域別将来人口・患者数分析ツールの開発および医療計画策定への応用, 厚生の指標, 62巻, 8号, pp. 1-5, 20150815
  59. 産業保健スタッフのための企業危機支援ツールの作成, 産業医学ジャーナル, 38巻, 4号, pp. 48-57, 20150701
  60. サーカディアンリズムと循環器疾患 労働環境とサーカディアンリズム―交替制勤務による健康影響, 医学のあゆみ, 253巻, 3号, pp. 225-228, 20150418
  61. デンマーク国における風力発電事情, 公衆衛生, 79巻, 3号, pp. 189-192, 20150315
  62. 市町村のための新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく 住民に対する集団的予防接種検討のための10のstep 第2回 接種会場を選定し,会場の運営方法を検討する, インフルエンザ, 16巻, 1号, pp. 61-68, 20150101
  63. 自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 危機時のサーベイランスシステムの構築 災害医療分野における標準災害診療記録と同サーベイランス機能の合意形成状況, 自然災害時を含めた感染症サーベイランスの強化・向上に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, pp. 246-255, 20150000
  64. 東日本大震災の課題からみた今後の災害医療体制のあり方に関する研究 災害カルテに関する研究, 東日本大震災の課題からみた今後の災害医療体制のあり方に関する研究 平成26年度 総括研究報告書, pp. 83-108, 20150000
  65. 東日本大震災の課題からみた今後の災害医療体制のあり方に関する研究 災害カルテに関する研究:標準災害診療記録が搭載するサーベイランスシステムJ‐SPEEDについて, 東日本大震災の課題からみた今後の災害医療体制のあり方に関する研究 平成26年度 総括研究報告書, pp. 111-131, 20150000
  66. 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 油症認定患者追跡調査の基盤情報の構築, 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 平成24-26年度 総合研究報告書 平成26年度 総括・分担研究報告書, pp. 22-25, 20150000
  67. 診断群分類の持続的な精緻化に基づく医療機能および医療資源必要量の適正な評価のあり方に関する研究 我が国の医療資源の必要量の定量とその適正配分から見た医療評価のあり方に関する研究 クラスター分析を用いた脳血管疾患における新たな支払分類作成方法の試験, 診断群分類の持続的な精緻化に基づく医療機能および医療資源必要量の適正な評価のあり方に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, pp. 31-38, 20150000
  68. Association between shift work and the risk of death from biliary tract cancer in Japanese men, BMC Cancer, 15巻, 1号, 20150000
  69. Cessation of Primary Androgen Deprivation Therapy for Men with Localized Prostate Cancer, Clinical Genitourinary Cancer, 13巻, 4号, pp. 359-363, 20150000
  70. Development and validity of a work functioning impairment scale based on the Rasch model among Japanese workers, Journal of Occupational Health, 57巻, 6号, pp. 521-531, 20150000
  71. Influence of hospital volume on outcomes of laparoscopic gastrectomy for gastric cancer in patients with comorbidity in Japan, Asian Journal of Surgery, 38巻, 1号, pp. 33-39, 20150000
  72. Obstructive pyelonephritis as a result of urolithiasis in Japan: Diagnosis, treatment and prognosis, International Journal of Urology, 22巻, 3号, pp. 294-300, 20150000
  73. The relationship between Asian dust events and out-of-hospital cardiac arrests in Japan, Journal of Epidemiology, 25巻, 4号, pp. 289-296, 20150000
  74. What have we learned from a questionnaire survey of citizens and doctors both inside and outside Fukushima?: Survey comparison between 2011 and 2013 N1, Journal of Radiological Protection, 35巻, 1号, pp. N1-N17, 20150000
  75. 災害時健康情報の実践的集計報告システムJ‐SPEED, 日本集団災害医学会誌, 19巻, 3号, pp. 454-454, 20141231
  76. チェルノブイリ原子力発電所における放射線管理と健康管理, 放射線生物研究, 49巻, 4号, pp. 432-441, 20141225
  77. 我が国の深夜交替制勤務労働者数の推計, J UOEH Univ Occup Environ Health, 36巻, 4号, pp. 273-276, 20141201
  78. 災害時健康情報の実践的集計報告システムJ‐SPEEDの開発, 日本集団災害医学会誌, 19巻, 2号, pp. 190-197, 20141031
  79. 地域別将来人口・患者数分析ツールの開発および医療計画策定への応用, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 73rd巻, pp. 545-545, 20141015
  80. DPCおよび患者調査データを用いた鹿児島医療圏における急性期入院医療の分析, 病院, 73巻, 6号, pp. 476-483, 20140601
  81. 研究と報告 DPCおよび患者調査データを用いた鹿児島医療圏における急性期入院医療の分析, 病院, 73巻, 6号, pp. 476-483, 20140600
  82. 病院勤務者のための論文作成入門(第6回)(最終回) 投稿と査読結果への回答, 病院, 73巻, 6号, pp. 484-488, 20140600
  83. 病院勤務者のための論文作成入門(第5回) 論文執筆(後編) 考察・抄録の検討, 病院, 73巻, 5号, pp. 396-399, 20140500
  84. 病院勤務者のための論文作成入門(第4回) 論文執筆(前編) 目的・データおよび分析方法・結果の検討, 病院, 73巻, 4号, pp. 318-321, 20140400
  85. 産業衛生と睡眠 10.交代制勤務による発がんリスクコミュニケーション, 睡眠医療, 8巻, 1号, pp. 69-73, 20140310
  86. 診断群分類データを用いた岩手県内のがん医療現状分析―厚生労働省公開データを用いた医療圏分析―, J UOEH Univ Occup Environ Health, 36巻, 1号, pp. 49-60, 20140301
  87. 病院勤務者のための論文作成入門(第3回) 論文のアウトラインを書く, 病院, 73巻, 3号, pp. 234-239, 20140300
  88. 【産業衛生と睡眠】 交代制勤務による発がんリスクコミュニケーション, 睡眠医療, 8巻, 1号, pp. 69-73, 20140300
  89. 病院勤務者のための論文作成入門(第2回) 分析に取り組む, 病院, 73巻, 2号, pp. 146-151, 20140200
  90. 病院勤務者のための論文作成入門(第1回) 論文執筆事始め, 病院, 73巻, 1号, pp. 64-69, 20140100
  91. 新型インフルエンザ等発生時の市町村におけるワクチンの効率的な接種体制のあり方の検討 新型インフルエンザ等発生時の市町村ワクチン接種体制構築に関する会場設営運営を中心とした実務事項に関する研究, 新型インフルエンザ等発生時の市町村におけるワクチンの効率的な接種体制のあり方の検討 平成25年度 総括・分担研究報告書, pp. 72-88, 20140000
  92. 我が国の医療資源の必要量の定量とその適正な配分から見た医療評価のあり方に関する研究 ナイーブベイズ分類による副傷病を用いた在院日数の推定, 我が国の医療資源の必要量の定量とその適正な配分から見た医療評価のあり方に関する研究 平成25年度 総括研究報告書, pp. 53-68, 20140000
  93. 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 油症認定患者追跡調査, 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書, pp. 43-46, 20140000
  94. Effects of additional laparoscopic cholecystectomy on outcomes of laparoscopic gastrectomy in patients with gastric cancer based on a national administrative database, Journal of Surgical Research, 186巻, 1号, pp. 157-163, 20140000
  95. Body mass index influences the outcome of acute pancreatitis: An analysis based on the japanese administrative database, Pancreas, 43巻, 6号, pp. 863-866, 20140000
  96. Endoscopic submucosal dissection for gastric cancer in elderly Japanese patients: an observational study of financial costs of treatment based on a national administrative database., Journal of digestive diseases, 15巻, 2号, pp. 62-70, 20140000
  97. Erratum: Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan: Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU) - A multi-center retrospective study (Journal of Infection and Chemotherapy (2014) 20 (232-237)), Journal of Infection and Chemotherapy, 20巻, 10号, 20140000
  98. Impact of trait anxiety on psychological well-being in men with prostate cancer, International Braz J Urol, 40巻, 5号, pp. 620-626, 20140000
  99. Impact of regional clinical pathways on the length of stay in hospital among stroke patients in Japan, Medical Care, 52巻, 7号, pp. 634-640, 20140000
  100. Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU)-A multi-center retrospective study, Journal of Infection and Chemotherapy, 20巻, 4号, pp. 232-237, 20140000
  101. Plasma levels of nitric oxide metabolites are markedly reduced in normotensive men with electrocardiographically determined left ventricular hypertrophy, Hypertension, 64巻, 3号, pp. 516-522, 20140000
  102. Relationship between vegetable and carotene intake and risk of prostate cancer: The JACC study, British Journal of Cancer, 110巻, 3号, pp. 792-796, 20140000
  103. Risk factors for renal cell carcinoma in a Japanese population, Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 15巻, 21号, pp. 9065-9070, 20140000
  104. SLCO1B1, SLCO2B1, and SLCO1B3 polymorphisms and susceptibility to bladder cancer risk, Cancer Investigation, 32巻, 6号, pp. 256-261, 20140000
  105. Transition of occupational health issues associated with stabilization and decommissioning of the nuclear reactors in the Fukushima Daiichi nuclear power plant through 2013, Journal of Occupational and Environmental Medicine, 56巻, 11号, pp. 1145-1152, 20140000
  106. Occurrence of infection following prostate biopsy procedures in Japan Japanese Research Group for Urinary Tract Infection (JRGU) - A multi-center retrospective study, JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 20巻, 3-4号, pp. 232-237, 2014
  107. 概日リズムと疾患 交代制勤務者の生活習慣病および悪性腫瘍リスク, 日本臨床, 71巻, 12号, pp. 2206-2212, 20131201
  108. 英国における労働者健康支援の新しいかたち Fit for Work 英国における就業支援制度-Statement of Fitness for Work-導入の背景と運用に関する調査報告, 産業医科大学雑誌, 35巻, 4号, pp. 291-297, 20131200
  109. 英国における労働者健康支援の新しいかたち Fit for Work 英国の雇用関連給付, 産業医科大学雑誌, 35巻, 4号, pp. 305-311, 20131200
  110. 英国における労働者健康支援の新しいかたち Fit for Work 英国の産業医制度と産業医アクセス確保政策としてのFit Note, 産業医科大学雑誌, 35巻, 4号, pp. 299-303, 20131200
  111. 英国における労働者健康支援の新しいかたち Fit for Work 英国の労災保険制度, 産業医科大学雑誌, 35巻, 4号, pp. 313-316, 20131200
  112. 健康格差と産業保健, J UOEH Univ Occup Environ Health, 35巻, Special Issue号, pp. 177-183, 20131001
  113. 【産業医と労働安全衛生法四十年】 (第3部)作業負担と就業生活 健康格差と産業保健, 産業医科大学雑誌, 35巻, 特集号, pp. 177-183, 20131000
  114. 交替制勤務者の発がんリスク評価に関する時間生物学の進展, 時間生物学, 19巻, 1号, pp. 11-16, 20130600
  115. 生活の基盤となる体内時計機構 分子から生体まで 避けられない不規則生活とアンチエイジング 交代制勤務による健康影響に学ぶこと, 日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 13回巻, pp. 159-159, 20130600
  116. 体内時計とアンチエイジング 3 避けられない不規則生活とアンチエイジング, アンチ・エイジング医学, 9巻, 2号, pp. 199-203, 20130401
  117. How Occupational Health can Contribute in a Disaster and What We should Prepare for the Future-Lessons Learned through Support Activities of a Medical School at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant in Summer 2011, JOURNAL OF OCCUPATIONAL HEALTH, 55巻, 1号, pp. 6-10, 20130100
  118. 医師等による就業上の措置に関する意見のあり方等についての調査研究 英国における就業支援制度‐Fit Notes Statementに関する調査報告, 医師等による就業上の措置に関する意見のあり方等についての調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書, pp. 127-133, 20130000
  119. 診断群分類を用いた急性期医療,亜急性期医療,外来医療の評価手法開発に関する研究 精神科領域のDPC分類に関する検討, 診断群分類を用いた急性期医療、亜急性期医療、外来医療の評価手法開発に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書, pp. 151-160, 20130000
  120. 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 油症認定患者追跡調査, 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書, pp. 16-22, 20130000
  121. 医師等による就業上の措置に関する意見のあり方等についての調査研究 第1章 健康診断の事後措置に関する実態調査 7.英国における就業支援制度―Fit Notes Statementに関する調査報告, 医師等による就業上の措置に関する意見のあり方等についての調査研究 平成22-24年度 総合研究報告書, pp. 95-101, 20130000
  122. A cross-sectional study of workplace social capital and blood pressure: A multilevel analysis at Japanese manufacturing companies, BMJ Open, 3巻, 2号, 20130000
  123. A randomized clinical trial to evaluate the preventive effect of cranberry juice (UR65) for patients with recurrent urinary tract infection, Journal of Infection and Chemotherapy, 19巻, 1号, pp. 112-117, 20130000
  124. An industry-based cohort study of the association between weight gain and hypertension risk among rotating shift workers, Journal of Occupational and Environmental Medicine, 55巻, 9号, pp. 1041-1045, 20130000
  125. Assessment of antimicrobial prophylaxis to prevent perioperative infection in patients undergoing prostate brachytherapy: Multicenter cohort study, Journal of Infection and Chemotherapy, 19巻, 5号, pp. 926-930, 20130000
  126. Association between hospital volume and outcomes of elderly and non-elderly patients with acute biliary diseases: A national administrative database analysis, Geriatrics and Gerontology International, 13巻, 3号, pp. 731-740, 20130000
  127. Cigarette smoking and other risk factors for kidney cancer death in a Japanese population: Japan collaborative cohort study for evaluation of cancer risk (JACC study), Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 14巻, 11号, pp. 6523-6528, 20130000
  128. Multivariate analysis of factors influencing length of hospitalization and medical costs of cholecystectomy for acute cholecystitis in Japan: A national database analysis, Keio Journal of Medicine, 62巻, 3号, pp. 83-94, 20130000
  129. Taxation categories for long-term care insurance premiums and mortality among elderly japanese: A cohort study, Journal of Epidemiology, 23巻, 1号, pp. 41-46, 20130000
  130. Polymorphisms of the androgen transporting gene SLCO2B1 may influence the castration resistance of prostate cancer and the racial differences in response to androgen deprivation, Prostate Cancer and Prostatic Diseases, 16巻, 4号, pp. 336-340, 20130000
  131. [Cancer and lifestyle-related diseases risk among shifts workers]., Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 71巻, 12号, pp. 2206-2212, 20130000
  132. Occupational physicians' system in the United Kingdom and fit note to promote access to occupational health services, Journal of UOEH, 35巻, 4号, pp. 299-303, 20130000
  133. Industrial injury insurance system in the UK, Journal of UOEH, 35巻, 4号, pp. 313-316, 20130000
  134. Employment-related benefit system in the UK, Journal of UOEH, 35巻, 4号, pp. 305-311, 20130000
  135. 健康影響予測評価とHIA企業における活用[12]最終回 健康影響予測評価と企業における活用 連載のまとめ, 労働の科学, 67巻, 12号, pp. 740-742, 20121201
  136. 健康影響予測評価とHIA企業における活用[11]企業間のM&Aに対するHIA, 労働の科学, 67巻, 11号, pp. 678-681, 20121101
  137. 健康影響予測評価(HIA)と企業における活用[10]国立大学の法人化に対するHIA モニタリングを中心に, 労働の科学, 67巻, 10号, pp. 614-618, 20121001
  138. 健康影響予測評価とHIA企業における活用[9]工場閉鎖に伴う生産移管に対するHIA, 労働の科学, 67巻, 9号, pp. 554-557, 20120901
  139. 健康影響予測評価(HIA)と企業における活用[8]企業グループにおける安全衛生活動の新方針案に関するHIA, 労働の科学, 67巻, 8号, pp. 481-485, 20120801
  140. 健康影響予測評価とHIA企業における活用[7]定年後の継続再雇用制度導入におけるHIA, 労働の科学, 67巻, 7号, pp. 422-426, 20120701
  141. 健康影響予測評価HIAと企業における活用[6]研究所閉鎖に対するHIA, 労働の科学, 67巻, 6号, pp. 346-349, 20120601
  142. 健康影響予測評価HIAと企業における活用[5]海外工場の新設に対するHIA, 労働の科学, 67巻, 5号, pp. 298-302, 20120501
  143. タイ大洪水―復旧作業と安全健康対策 タイ洪水災害に係る現地調査情報と労働衛生課題, 労働の科学, 67巻, 4号, pp. 212-217, 20120401
  144. 健康影響予測評価(HIA)と企業における活用[4]女性による三交代勤務開始に対するHIA(後編)推奨意見報告による意思決定への反映, 労働の科学, 67巻, 4号, pp. 230-233, 20120401
  145. 福島県内外の一般市民および医師の福島第一原子力発電所事故後の放射線被曝に対する意識調査, J UOEH Univ Occup Environ Health, 34巻, 1号, pp. 91-105, 20120301
  146. 健康影響予測評価HIAと企業における活用[3]女性による三交代勤務開始に対するHIA(前編)スクリーニング, 労働の科学, 67巻, 3号, pp. 159-163, 20120301
  147. 健康影響予測評価HIAと企業における活用[2]健康影響予測評価のスクリーニング, 労働の科学, 67巻, 2号, pp. 104-107, 20120201
  148. 健康影響予測評価HIAと企業における活用[1]企業活動における健康影響予測評価の取り組み, 労働の科学, 67巻, 1号, pp. 32-35, 20120101
  149. 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 熱媒体の人体影響とその治療法に関する研究(総括) 油症認定患者追跡調査, 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究 平成21-23年度 総合研究報告書 平成23年度 総括・分担研究報告書, pp. 64-69, 20120000
  150. 診断群分類の精緻化とそれを用いた医療評価の方法論開発に関する研究 DPCデータを用いた救急症例の搬送距離に関する地域差の分析, 診断群分類の精緻化とそれを用いた医療評価の方法論開発に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書, pp. 113-121, 20120000
  151. Efficacy of estramustine phosphate according to risk classification of castration-resistant prostate cancer, Medical Oncology, 29巻, 4号, pp. 2895-2900, 20120000
  152. Age-period-cohort analysis of chronic obstructive pulmonary disease mortality in Japan, 1950-2004, Journal of Epidemiology, 22巻, 4号, pp. 302-307, 20120000
  153. Multivariate analysis of factors influencing medical costs of acute pancreatitis hospitalizations based on a national administrative database, Digestive and Liver Disease, 44巻, 2号, pp. 143-148, 20120000
  154. Reproductive factors in relation to ovarian cancer: A case-control study in Northern Vietnam, Contraception, 86巻, 5号, pp. 494-499, 20120000
  155. Retrospective cohort study of the risk of impaired glucose tolerance among shift workers, Scandinavian Journal of Work, Environment and Health, 38巻, 4号, pp. 337-342, 20120000
  156. The care processes for acute cholecystitis according to clinical practice guidelines based on the Japanese administrative database, Tohoku Journal of Experimental Medicine, 227巻, 4号, pp. 237-244, 20120000
  157. The influence of diabetes mellitus on short-term outcomes of patients with bleeding peptic ulcers, Yonsei Medical Journal, 53巻, 4号, pp. 701-707, 20120000
  158. 公衆衛生モニタリング・レポート 健康影響予測評価(Health Impact Assessment)の必要性と日本公衆衛生学会版ガイダンスの提案, 日本公衆衛生雑誌, 58巻, 11号, pp. 989-992, 20111100
  159. 去勢抵抗性前立腺癌に対するリン酸エストラムスチンのリスク分類による効果, 泌尿器外科, 24巻, 8号, pp. 1347-1350, 20110815
  160. 産業保健面談におけるDPC情報の活用, 産業衛生学雑誌, 53巻, 4号, pp. 140 (J-STAGE)-146, 20110700
  161. インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究 わが国の呼吸器疾患の死亡率の変遷,1950‐2006年, インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究 平成22年度 総括・分担研究報告書, pp. 300-312, 20110000
  162. A descriptive study evaluating the circumstances of medical treatment for acute pancreatitis before publication of the new JPN guidelines based on the Japanese administrative database associated with the Diagnosis Procedure Combination system, Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, 18巻, 5号, pp. 678-683, 20110000
  163. An observational study using a national administrative database to determine the impact of hospital volume on compliance with clinical practice guidelines, Medical Care, 49巻, 3号, pp. 313-320, 20110000
  164. Disability-adjusted life years (DALY) for cancer in Japan in 2000, Journal of Epidemiology, 21巻, 4号, pp. 309-312, 20110000
  165. Duration of androgen deprivation therapy with maximum androgen blockade for localized prostate cancer, BMC Urology, 11巻, 20110000
  166. Effect of hospital volume on clinical outcome in patients with acute pancreatitis, based on a national administrative database, Pancreas, 40巻, 7号, pp. 1018-1023, 20110000
  167. Equivalent clinical outcomes of bleeding peptic ulcers in teaching and non-teaching hospitals: Evidence for standardization of medical care in Japan, Tohoku Journal of Experimental Medicine, 223巻, 1号, pp. 1-7, 20110000
  168. Estimation of premature mortality from oral cancer in Japan, 1995 and 2005, Cancer Epidemiology, 35巻, 4号, pp. 342-344, 20110000
  169. Evaluation of compliance with the Tokyo Guidelines for the management of acute cholangitis based on the Japanese administrative database associated with the Diagnosis Procedure Combination system, Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, 18巻, 1号, pp. 53-59, 20110000
  170. Industry-based retrospective cohort study of the risk of prostate cancer among rotating-shift workers, International Journal of Urology, 18巻, 3号, pp. 206-211, 20110000
  171. Premature mortality due to stroke and trend in stroke mortality in Japan (1980-2005), European Journal of Public Health, 21巻, 5号, pp. 609-612, 20110000
  172. Prevalence of type 2 diabetes among acute inpatients and its impact on length of hospital stay in Japan, Internal Medicine, 50巻, 5号, pp. 405-411, 20110000
  173. Profiling of the care processes for laryngeal cancer with the Japanese administrative database., The Tohoku journal of experimental medicine, 223巻, 1号, pp. 61-66, 20110000
  174. Response to counter-clockwise shift-work and prostate cancer: Putting pieces in the puzzle (author's reply), International Journal of Urology, 18巻, 8号, 20110000
  175. Retrospective cohort study of the risk of obesity among shift workers: Findings from the industry-based shift workers' health study, Japan, Occupational and Environmental Medicine, 68巻, 5号, pp. 327-331, 20110000
  176. Description of Treatment of Uterus Cancer Based on the Japanese DPC Database, Asian Pac J Dis Manag (Web), 5巻, 4号, pp. 101-105, 20110000
  177. DPC Based Situation Analysis of Generic Antibiotics Use among the Japanese Acute Care Hospitals, Asian Pac J Dis Manag (Web), 5巻, 1号, pp. 1-4, 20110000
  178. Analysis of Relationship between Socio-Economic Factors and Subjective Health Condition among the Community Inhabitants of Japan, Asian Pac J Dis Manag (Web), 5巻, 2号, pp. 35-41, 20110000
  179. How Does the Accuracy of ICD Coding Influence for Resource Consumption Under the Casemix Based Evaluation, Asian Pac J Dis Manag (Web), 5巻, 1号, pp. 19-22, 20110000
  180. Do the Japanese Cancer Patients Receive an Appropriate Psychiatric Support at the Acute Care Hospitals? -An Evaluation Trial by DPC Based Data-, Asian Pac J Dis Manag (Web), 5巻, 1号, pp. 13-17, 20110000
  181. 知っておくべき夜勤の健康影響~その最前線~【1】交代制勤務者の悪性腫瘍リスク~前立腺がん・乳がんリスクを中心に~, 労働の科学, 65巻, 9号, pp. 516-520, 20100901
  182. Impact of hospital volume on clinical outcomes of endoscopic biliary drainage for acute cholangitis based on the Japanese administrative database associated with the diagnosis procedure combination system, Journal of Gastroenterology, 45巻, 10号, pp. 1090-1096, 20100000
  183. Novel therapeutic strategies following docetaxel-based chemotherapy in castration-resistant prostate cancer, Expert Review of Clinical Pharmacology, 3巻, 6号, pp. 785-795, 20100000
  184. Prospective cohort study evaluating the relationship between salted food intake and gastrointestinal tract cancer mortality in Japan, Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, 19巻, 4号, pp. 564-571, 20100000
  185. The decrease in average years of life lost due to breast cancer in Japan during the period from 1995 to 2006, Tohoku Journal of Experimental Medicine, 221巻, 3号, pp. 187-190, 20100000
  186. 過活動膀胱症状が三交替制勤務従事女性労働者の精神健康度や就業意欲に及ぼす影響, 西日本泌尿器科, 71巻, 8号, pp. 398-402, 20090820
  187. Fish intake and the risk of fatal prostate cancer: Findings from a cohort study in Japan, Public Health Nutrition, 12巻, 5号, pp. 609-613, 20090000
  188. Impact of overactive bladder symptoms on social dysfunction among female shift workers, Nishinihon Journal of Urology, 71巻, 8号, pp. 398-402, 20090000
  189. Prostate Cancer Risk in Relation to Insulin-like Growth Factor (IGF)-I and IGF-Binding Protein-3: A Nested Case-Control Study in Large Scale Cohort Study in Japan (JACC Study), Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 10巻, SUPPL.1号, pp. 57-62, 20090000
  190. Years of life lost due to cancer in a cohort study in Japan, European Journal of Public Health, 19巻, 2号, pp. 189-192, 20090000
  191. Anxiety about starting three-shift work among female workers: Findings from the female shift workers' health study, Journal of UOEH, 30巻, 1号, pp. 1-10, 20080000
  192. Hypertension and other risk factors for the development of kidney cancer (renal cell carcinoma) in a Japanese population: Findings from the JACC study, International Medical Journal, 15巻, 5号, pp. 343-347, 20080000
  193. Oral symptoms predict mortality: A prospective study in Japan, Journal of Dental Research, 87巻, 5号, pp. 485-489, 20080000
  194. A Prospective Study of Green Tea Consumption and Oral Cancer Incidence in Japan, Annals of Epidemiology, 17巻, 10号, pp. 821-826, 20070000
  195. A nested case-control study of stomach cancer incidence and serum superoxide dismutase activity in the Japan Collaborative Cohort study in Japan, Cancer Detection and Prevention, 31巻, 6号, pp. 431-435, 20070000
  196. Body mass index and oxidative DNA damage: A longitudinal study, Cancer Science, 98巻, 8号, pp. 1254-1258, 20070000
  197. Diabetes mellitus and kidney cancer risk: The results of Japan Collaborative Cohort Study for Evaluation of Cancer Risk (JACC Study), International Journal of Urology, 14巻, 5号, pp. 393-397, 20070000
  198. Dietary habits and risk of ovarian cancer death in a large-scale cohort study (JACC study) in Japan, Nutrition and Cancer, 57巻, 2号, pp. 138-145, 20070000
  199. Mortality and risk factors for stroke and its subtypes in a cohort study in Japan, Preventive Medicine, 44巻, 6号, pp. 526-530, 20070000
  200. Mortality attributable to cigarette smoking in a cohort study in Japan, European Journal of Epidemiology, 22巻, 9号, pp. 599-605, 20070000
  201. 有熱性尿路感染症を認めた内科入院患者における排尿管理方法及び尿中分離菌の薬剤感受性の比較, 西日本泌尿器科, 68巻, 9号, pp. 416-422, 20060920
  202. 大規模コホート(JACC)からみた前立腺がん罹患と食生活, 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌, 14巻, 1号, pp. 46-48, 20060100
  203. 全国規模の疫学研究によるシックハウス症候群の実態と原因の解明総合研究報告書 北九州におけるシックハウス症候群に関する疫学的研究 1, 全国規模の疫学研究によるシックハウス症候群の実態と原因の解明総合研究報告書 平成18年, pp. 142-156, 20060000
  204. 全国規模の疫学研究によるシックハウス症候群の実態と原因の解明総合研究報告書 シックハウス症候群に関する全国実態調査研究―6地域の質問票調査結果のまとめ, 全国規模の疫学研究によるシックハウス症候群の実態と原因の解明総合研究報告書 平成18年, pp. 15-27, 20060000
  205. A prospective cohort study of shift work and risk of ischemic heart disease in Japanese male workers, American Journal of Epidemiology, 164巻, 2号, pp. 128-135, 20060000
  206. Comparison of urinary management and antimicrobial susceptibilities of clinical isolates from urine cultures of internal medicine inpatients with febrile urinary tract infections, Nishinihon Journal of Urology, 68巻, 9号, pp. 416-422, 20060000
  207. Effectiveness of cervical cancer screening over cervical cancer mortality among Japanese women, Japanese Journal of Clinical Oncology, 36巻, 8号, pp. 511-518, 20060000
  208. Leanness, smoking, and enhanced oxidative DNA damage, Cancer Epidemiology Biomarkers and Prevention, 15巻, 3号, pp. 582-585, 20060000
  209. Overtime work, cigarette consumption, and addiction to cigarette among workers subject to mild smoking restrictions, Industrial Health, 44巻, 2号, pp. 244-249, 20060000
  210. Prospective cohort study of the risk of prostate cancer among rotating-shift workers: Findings from the Japan Collaborative Cohort Study, American Journal of Epidemiology, 164巻, 6号, pp. 549-555, 20060000
  211. Prospective study of vegetable consumption and liver cancer in Japan, International Journal of Cancer, 119巻, 10号, pp. 2408-2411, 20060000
  212. Risk of endometrial cancer mortality by ever-use of sex hormones and other factors in Japan, Asian Pacific Journal of Cancer Prevention, 7巻, 2号, pp. 260-266, 20060000
  213. Visual display terminal work and sick building syndrome - The role of psychosocial distress in the relationship, Journal of Occupational Health, 48巻, 2号, pp. 107-112, 20060000
  214. A nationwide cohort study of educational background and major causes of death among the elderly population in Japan, Preventive Medicine, 40巻, 4号, pp. 444-451, 20050000
  215. A prospective cohort study of employment status and mortality from circulatory disorders among Japanese workers, Journal of Occupational Health, 47巻, 6号, pp. 510-517, 20050000
  216. Association of serum phytoestrogen concentration and dietary habits in a sample set of the JACC Study, Journal of Epidemiology, 15巻, SUPPL. 2号, 20050000
  217. Cigarette smoking and mortality due to stomach cancer: Findings from the JACC study, Journal of Epidemiology, 15巻, SUPPL. 2号, 20050000
  218. Dietary habits and stomach cancer risk in the JACC study, Journal of Epidemiology, 15巻, SUPPL. 2号, 20050000
  219. Mortality and incidence rates of stomach cancer in the JACC study, Journal of Epidemiology, 15巻, SUPPL. 2号, 20050000
  220. Selective blockade of nicotinic acetylcholine receptors by pimobendan, a drug for the treatment of heart failure: Reduction of catecholamine secretion and synthesis in adrenal medullary cells, Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, 371巻, 2号, pp. 107-113, 20050000
  221. Serum carotenoids and other antioxidative substances associated with urothelial cancer risk in a nested case-control study in Japanese men, Journal of Urology, 173巻, 5号, pp. 1502-1506, 20050000
  222. 尿管血管腫の1例, 西日本泌尿器科, 66巻, 9号, pp. 585-588, 20040920
  223. Ureteric hemangioma: A case report, Nishinihon Journal of Urology, 66巻, 9号, pp. 585-588, 20040000
  224. 産業医科大学泌尿器科における1994年から2000年までの臨床統計, 西日本泌尿器科, 64巻, 7号, pp. 489-493, 20020720

著書等出版物

  1. 2021年03月31日, これだけ!DMAT丸わかり超ガイド, 中外医学社, 2021年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 978-4-498-16628-8
  2. 2021年01月12日, 今日の治療指針 : 私はこう治療している 2021年版デスク判, 医学書院, 2021年, 01, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 978-4-260-04282-6, 2192
  3. 2020年11月05日, 救急用語事典 改訂第2版増補, 災害診療記録/J-SPEED/災害時の診療録のあり方に関する合同委員会, ぱーそん書房, 2020年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 978-4-907095-64-2
  4. 2020年10月00日, 睡眠学 第2版, 睡眠時間と健康, 朝倉書店, 2020年, 11, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 978-4-254-30120-5, 10.1
  5. 2020年02月25日, Public health and disasters : health emergency and disaster risk management in Asia, Breakthrough on Health Data Collection in Disasters—Knowledge Arises in Asia Spread to the World., 2020年, 02, 単行本(学術書), 共著, 9789811509230
  6. 2018年05月00日, 産業医学のプリンシプル~大切なこと -産業医学振興財団40周年記念誌-, 産業医学振興財団, 単行本(学術書), ja, 久保達彦 立石清一郎 森晃爾, 4915947696, 4915947696, 362, P265-266, V視覚:主要テーマの今後に向けて 3.産業医学の新たな課題 災害時の産業保健
  7. 2017年11月00日, 環境による健康リスク (日本医師会生涯教育シリーズ), 診断と治療社, 久保達彦, 4787823078, 4787823078, 368, ゲリラ豪雨に伴う二次健康被害
  8. 2017年06月00日, 体内時計の科学と産業応用《普及版》 (バイオテクノロジー), シーエムシー, 単行本(学術書), ja, 4781312020, 4781312020, 253
  9. 2017年01月11日, 今日の治療指針 2017年版[ポケット判](私はこう治療している), 医学書院, 426002809X, 426002809X, 2096
  10. 2017年01月11日, 今日の治療指針 2017年版[デスク判](私はこう治療している), 医学書院, 4260028081, 4260028081, 2096
  11. 2016年07月00日, 災害産業保健入門 (産業保健ハンドブックシリーズ7)(森晃爾編), 労働調査会出版局, 単行本(学術書), ja, 久保達彦, 4863195729, 4863195729, 184, P26-36, 第1章2. 災害対応における産業保健の役割と位置づけ
  12. 2016年03月00日, 光と生命の事典(日本光生物学協会/光と生命の事典編集委員会編), 朝倉書店, ja, 久保達彦, 4254171617, 4254171617, 422, P226-227, 第3章111. ヒトの交代制勤務と光環境
  13. 2014年11月00日, 睡眠マネジメント―産業衛生・疾病との係わりから最新改善対策まで(白川修一郎,高橋正也監修), エヌティーエス, ja, 久保達彦, 4860434064, 4860434064, 337, P82-90, 第3章第4節 交代制勤務者の発がんリスクマネジメント
  14. 2012年06月00日, 原爆放射線の人体影響(放射線被曝者医療国際協力推進協議会編), 文光堂, ja, 久保達彦, 4830637412, 4830637412, 402, P142-149, III-1-A-(2)-i 泌尿器がん
  15. 2011年06月00日, 保健・医療従事者が被災者と自分を守るためのポイント集(和田耕治,岩室紳也編), 中外医学社, ja, 久保達彦, 和田耕治, 4498071123, 4498071123, 149, P132-142, 第5章1~5 災害直後(1週間)に命や生活を守る
  16. 2011年05月00日, 体内時計の科学と産業応用 (バイオテクノロジーシリーズ)(柴田重信監修), シーエムシー出版, ja, 久保達彦, 4781303404, 4781303404, 253, P218-225, 第26章 交代制勤務による発癌リスク
  17. 2008年11月00日, 健康影響評価 : 概念・理論・方法および実施例(Kemm John, Parry Jayne, Palmer Stephen(編), 石竹 達也, 藤野 善久, 松田 晋哉(監訳)), 社会保険研究所, ja, 久保達彦, 9784789447850, 331, P29-39, P55-62, 第4章HIAにおける因果メカニズム:疫学からの教訓、第7章エビデンスとHIA

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 産業医療体制に学ぶ災害産業保健体制, 第72回山口県産業衛生学会, 2022年01月30日, 招待, 日本語, 山口県産業医会, 山口県総合保健会館
  2. 離島災害での情報管理, 鹿児島県立大島病院救命救急センター講演会, 2022年01月24日, 招待, 日本語, 鹿児島県立大島病院, 鹿児島県立大島病院
  3. 新型コロナウイルス禍の災害対応について, 中田敬司, 社会貢献学会 第12回大会, 2021年12月18日, 招待, 日本語, 社会貢献学会, 神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
  4. 本部活動におけるJ-SPEEDの導入と活用について, 令和3年度広島県DMATブラッシュアップ研修(第2回), 2021年12月04日, 招待, 日本語, 広島県災害特別支援センター, 広島コンベンションホール
  5. 災害時保健医療活動, 令和3年度医療従事者研修会, 2021年11月28日, 招待, 日本語, 熊本大学病院, 益城町総合体育館
  6. 災害時保健医療活動, 令和3年度医療従事者研修会, 2021年11月26日, 招待, 日本語, 熊本大学病院, Web
  7. J-SPEED~災害医療分野の日本発WHO国際標準の国際戦略~, 安芸地区医師会学術講演会, 2021年10月28日, 招待, 日本語, 安芸地区医師会
  8. J-SPEED ー 災害時の診療情報管理について, 災害対策医療研修会, 2021年09月16日, 招待, 日本語, 広島市西区地域保健対策協議会, 広島県医師会館
  9. 広島県の新型コロナウイルス感染症対応 医療福祉施設クラスター等, 広島県医師会有床診療所部会勉強会, 2021年07月19日, 招待, 日本語, 広島県医師会, 広島県医師会館
  10. 介護現場での新型コロナウイルスの感染対応について, 令和3年度第1回広島脳卒中地域連携の会(Web), 2021年07月15日, 招待, 日本語, オンライン
  11. 災害医療チームの診療情報管理, 福岡県医師会JMAT研修(基本編), 2021年03月26日, 招待, 日本語
  12. 介護保険施設等の被災状況報告のための標準様式及び電子システムの開発, 第26回日本災害医学会総会・学術集会, 2021年03月18日, 通常, 日本語, 日本災害医学会, Web開催
  13. J-SPEEDをアタッチメントとした災害医療分野におけるAIの導入方向性, 第26回日本災害医学会総会・学術集会, 2021年03月17日, 通常, 日本語, 日本災害医学会, Web開催
  14. 新型コロナウイルス感染症等のリスクを踏まえたJ-SPEEDの有効活用, 第26回日本災害医学会総会・学術集会, 2021年03月17日, 通常, 日本語, 日本災害医学会, Web開催
  15. 広島県におけるCOVID-19対策の現状~医療福祉クラスター対応について~, 久保達彦, 佐伯区・西区合同地域保健対策協議会シンポジウム, 2021年03月17日, 招待, 日本語, 一般社団法人広島市西区医師会・広島市西区地域保健対策協議会, 広島県医師会館
  16. 情報を制する者は災害を制す, 第7回長崎DMAT研修, 2021年02月20日, 招待, 日本語, 長崎大学病院, 長崎大学医学部良順会館
  17. 新型コロナウイルス感染症を踏まえた感染症対策と災害支援のあり方, 田治明宏, 2020年度災害支援セミナー, 2021年01月26日, 招待, 日本語, 全国社会福祉法人経営者協議会 中国・四国ブロック協議会, 広島市南区民文化センター・スタジオ
  18. covid-19対応を今の時点で振り返る~職場における感染症対策のキホンとコツ~, 2020年度第2回日本医師会認定産業医制度指定研修会, 2020年10月25日, 招待, 日本語, 広島県医師会館
  19. 保健師等研究の基礎知識 量的研究、やりましょう!, 令和2年度新任後期・中堅前期保健師等研修会プログラム, 2020年10月05日, 招待, 日本語, 広島県国保会館
  20. 災害支援者の健康管理と労務管理、豪雨災害とJ-SPEED, 2020年09月25日, 招待, 日本語, 乃木坂スクール
  21. 災害防止の実際から見えてきた公衆衛生学的課題とその対応, 山口県医師会産業医研修会, 2020年09月19日, 招待, 日本語, 山口県総合保険会館
  22. 2019G20大阪サミットにおけるJ-SPEEDを活用したサーベイについて, 第23回日本臨床救急医学会総会・学術集会 , 2020年08月27日, 通常, 日本語, 日本臨床救急医学会, Web開催
  23. 災害診療記録/J-SPEED ― 豪雨災害を踏まえた避難所COVID-19 モニタリングを含めて―, 令和2年度 安佐医師会災害医療講演会, 2020年08月27日, 招待, 日本語
  24. 災害時の自治体における産業保健体制強化の必要性について, 人吉球磨管内自治体産業医・担当者向け研修・情報交換会, 2020年08月17日, 招待, 日本語, 球磨地域振興局大会議室
  25. 災害医療について, 2020年08月04日, 招待, 日本語, 広島県病院協会地域医療委員会福山支部
  26. 介護保険施設等の被災状況把握を迅速化する情報体系の構築, 第25回日本災害医学会総会・学術集会, 2020年02月22日, 通常, 日本語, 神戸市
  27. 災害現場データ収集の要諦ー標準化と国内・国際実例, 第25回日本災害医学会総会・学術集会, 2020年02月21日, 通常, 日本語, 神戸市
  28. モザンビークサイクロン災害での国際緊急援助隊専門家チームによるEMTCC支援活動, 第25回日本災害医学会総会・学術集会, 2020年02月20日, 通常, 日本語, 神戸市
  29. 災害診療記録/J-SPEEDはなぜ機能するのか?, 第28回全国救急隊員シンポジウム, 2020年01月30日, 招待, 日本語, 一般財団法人救急振興財団, 仙台国際センター
  30. 災害産業保健の先進例における人材とは, 第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年10月24日, 通常, 日本語, 日本公衆衛生学会, 高知
  31. 職員のメンタルヘルス対策 災害発生前に準備すべき災害時対応のシステムづくり, 令和元年度メンタルヘルスマネジメント実践研修会, 2019年09月06日, 招待, 日本語, 高知城ホール
  32. 被災地域への支援と病院機能の発揮, 第69回日本病院学会 シンポジウム7 病院のBCPと災害時の医療 , 2019年08月02日, 招待, 日本語, 札幌コンベンションセンター
  33. 時間毒性学的観点から考える労働安全衛生 健康管理における新たな視点 交替制勤務による健康影響 その疫学的エビデンス, 久保 達彦, 日本薬学会年会要旨集, 2016年03月, 招待, 日本語
  34. 交替制勤務による健康影響―その疫学的エビデンス, 久保達彦, 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2016年, 招待, 日本語
  35. 交替制勤務者の発がんリスク, 久保達彦, 日本産業衛生学会講演集(CD-ROM), 2015年05月13日, 招待, 日本語
  36. 交代制勤務者の健康管理の発展方向性―発がんリスクを踏まえて, 久保 達彦, 産業保健人間工学会第19回大会, 2014年11月15日, 日本語, 産業保健人間工学会, 北九州市
  37. 産業保健と睡眠 産業保健における古くて新しい問題、交代制勤務をはじめとする睡眠衛生の問題について討論する 交代制勤務者の健康管理の発展方向性 発がんリスクを踏まえて, 久保 達彦, 産業保健人間工学研究, 2014年11月, 招待, 日本語
  38. How does Occupational Health Work at a Setting of Disaster? – Lessons from the Great East Japan Earthquake and the Nuclear Accident, Tatsuhiko Kubo, The 21st Asian Conference on Occupational Health, 2014年09月02日, 英語, Asian Association of Occupational Health, Hilton Fukuoka Sea Hawk Hotel, Fukuoka, Japan.
  39. Risk of Hypertension and Impaired Glucose Tolerance among Two and Three Shift Workers, Tatsuhiko Kubo, Yoshihisa Fujino, Takehiro Nakamura, Masamizu Kunimoto, Koji Kadowaki, Hidetoshi Tabata, Takuto Tsuchiya, Haruka Odoi, Ichiro Oyama, Shinya Matsuda, 20th World Congress of Epidemiology, 2014年08月17日, 招待, 英語, The International Epidemiological Association, Dena’ina Civic and Convention Center, Anchorage, United States of America.
  40. 避けられない勤労者不規則生活―抗加齢医学の視点から交替制勤務者健康リスクに学ぶこと, 久保達彦, 日本産業衛生学会講演集(CD-ROM), 2014年05月01日, 招待, 日本語
  41. 抗加齢・健康長寿に向けた産業医学の新展開 避けられない勤労者不規則生活 抗加齢医学の視点から交替制勤務者健康リスクに学ぶこと, 久保 達彦, 産業衛生学雑誌, 2014年05月, 招待, 日本語
  42. 生物時計とがんリスクなどの疫学調査, 久保達彦, 時間生物学, 2013年10月30日, 招待, 日本語
  43. 交代勤務に従事する看護師の睡眠問題 現場のニーズと研究とのギャップ 交代制勤務に伴う乳がんリスクの論点 看護労働現場における現実的対応, 久保 達彦, 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集, 2013年06月, 招待, 日本語
  44. 看護師が健康に働き続けるための職場の課題と対策 交代制勤務従事看護師の悪性腫瘍リスクに関する議論の要点, 久保 達彦, 産業衛生学雑誌, 2012年05月, 招待, 日本語
  45. Retrospective Cohort Study of the Risk of Hypertension among Shift Workers, Tatsuhiko Kubo, Ichiro Oyama, Koji Kadowaki, Masamizu Kunimoto, Kiyoyumi Shirane, Hidetoshi Tabata, Zenzaburo Ishihara, Ken Sabanai, Takehiro Nakamura, 30th International Congress on Occupational Health, 2012年03月19日, 招待, 英語, International Commission on Occupational Health, Cancun Center, Cancun, Mexico.
  46. 交代制勤務従事看護師の悪性腫瘍リスクに関する議論の要点, 久保達彦, 日本産業衛生学会講演集(CD-ROM), 2012年, 招待, 日本語
  47. 交替制勤務者の悪性腫瘍リスクの疫学, 久保達彦, 時間生物学, 2011年11月30日, 招待, 日本語
  48. Medical activities in the Fukushima Daiichi nuclear power plant What we faced and found during our ongoing activities, Tatsuhiko Kubo, 2011 UOEH International Symposium “The Health of Workers Responding to A Nuclear Crisis”, 2011年11月09日, 英語, Hilton Fukuoka Sea Hawk Hotel, Fukuoka, Japan
  49. Process standardization and volume-outcome relationship; empirical results from DPC national database, Tatsuhiko Kubo, Atsuhiko Murata, Yoshihisa Fujino, Shinya Matsuda, The 3rd Joint Meetings of Health Economics Association of Japan, Korea and Taiwan, 2011年09月18日, 招待, 英語, Hosei University, Tokyo, Japan
  50. Cancer Risk among Shift Workers – Future Perspective of the Risk Assessments, Tatsuhiko KUBO, Ichiro OYAMA, Naohiro FUJIMOTO, Susumu UENO, XII Congress of the European Biological Rhythms Society, 2011年08月20日, 招待, 英語, Oxford, United Kingdom
  51. Retrospective Cohort Study of the Risk of Impaired Glucose Tolerance among Shift Workers:Findings from the Industry-based Shift Workers’ Health Study, Japan, Tatsuhiko Kubo, 20th International Symposium on Shiftwork and Working Time, 2011年06月28日, 招待, 英語, Scientific Committee on “Shiftwork and Working Time” of the International Commission on Occupational Health.
  52. 女性三交代勤務開始に伴うHIA(Health Impact Assessment)の事例検討, 久保達彦, 小山一郎, 藤野善久, 永田智久, 丸山崇, 梶木繁之, 黒木直美, 上原正道, 土肥誠太郎, 森晃爾, 日本産業衛生学会講演集(CD-ROM), 2010年05月, 招待, 日本語
  53. Retrospective Cohort Study of the Risk of Obesity among Shift Workers: Findings from the Japan Shift workers’ Health Study, Kubo Tatsuhiko, Otomo Hajime, Shirane Kiyoyumi, Nakamura Takehiro, Oyama Ichiro, 19th International Symposium on Shiftwork and Working Time, 2009年04月04日, 招待, 英語, Scientific Committee on “Shiftwork and Working Time” of the International Commission on Occupational Health (ICOH-SC SW&WT)
  54. Risk of Prostate Cancer among Rotating-Shift Workers:Findings from the Japan Shift workers’ Health Study, Kubo Tatsuhiko, Otomo Hajime, Shirane Kiyoyumi, Nakamura Takehiro, Oyama Ichiro, 19th International Symposium on Shiftwork and Working Time, 2009年04月04日, 招待, 英語, Scientific Committee on “Shiftwork and Working Time” of the International Commission on Occupational Health (ICOH-SC SW&WT)
  55. OAB症状が一般女性労働者の社会的活動障害や精神的抑鬱傾向に及ぼす影響についての評価研究, 久保達彦, 丸山崇, 白根聖弓, 大友一, 中村武博, 小山一郎, 松本哲朗, 西日本泌尿器科, 2008年10月20日, 招待, 日本語
  56. 高齢者施設における排泄管理の実態, 久保達彦, 池野貴子, 元石和世, 松本哲朗, 西日本泌尿器科, 2008年10月20日, 招待, 日本語
  57. RETROSPECTIVE COHORT STUDY OF THE RISK OF OBESITY AMONG SHIFT WORKERS , KUBO Tatsuhiko, Takashi MARUYAMA, Hajime OTOMO, Kiyoyumi SHIRANE, Ichiro OYAMA , XVIII World Congress of Epidemiology, VII Brazilian Congress of Epidemiology, 2008年09月22日, 招待, 英語, International Epidemiological Association, Porto Alegre, Brazil.
  58. 慢性感染を伴った尿膜管遺残の一例, 久保達彦, 酒本貞昭, 松本哲朗, 西日本泌尿器科, 2007年12月20日, 招待, 日本語
  59. 将来の泌尿器科の研究のあり方と診療の将来予想 「診療に関するアンケート調査」結果報告, 久保達彦, 松本哲朗, 日本泌尿器科学会雑誌, 2006年03月10日, 招待, 日本語
  60. Shift Work and Risk of Prostate Cancer Incidence - A Prospective Cohort Study, Tatsuhiko Kubo, Kotaro Ozasa, Kazuya Mikami, Kenji Wakai, Yoshihisa Fujino, Yoshiyuki Watanabe, Tsuneharu Miki, Masahiro Nakao, Kyohei Hayashi, Yoshinori Ito, Koji Suzuki, Mitsuru Mori, Masakazu Washio, Fumio Sakauchi, Takesumi Yoshimura, Akiko Tamakoshi, XVII World Congress of Epidemiology, 2005年08月23日, 招待, 英語, International Epidemiological Association, Bangkok, Thailand.
  61. 交替性勤務と前立腺癌り患リスクの大規模コホート研究:JACC Study, 久保達彦, 小笹晃太郎, 渡辺能行, 鷲尾昌一, 森満, 産業衛生学雑誌, 2005年03月20日, 招待, 日本語
  62. 交替性勤務と前立腺癌罹患リスクの大規模コホート研究 JACC Study, 久保 達彦, 小笹 晃太郎, 渡邊 能行, 鷲尾 昌一, 森 満, 玉腰 暁子, 産業衛生学雑誌, 2005年03月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2021年04月01日, 外務大臣感謝状, 外務省
  2. 2020年11月30日, 中曽根康弘賞 奨励賞, 中曽根平和研究所
  3. 2020年03月00日, 感謝状, 厚生労働省DMAT事務局
  4. 2020年01月00日, 竸基弘賞 医学部門業績賞, 国際レスキューシステム研究機構
  5. 2019年05月00日, 感謝状, 国際協力機構
  6. 2019年05月00日, 感謝状, WHO EMT事務局, Emergency Response - Mozambique Cyclone Idai & Floods
  7. 2018年11月00日, 平成30年度日本医師会医学研究奨励賞
  8. 2018年10月00日, 2018年度グッドデザイン賞 GOOD DESIGN BEST 100, 公益財団法人日本デザイン振興会
  9. 2018年02月00日, 自衛隊中央病院長 感謝状, 第63回防衛衛生学会長
  10. 2016年12月00日, 保健大臣 感謝状, フィリピン共和国 保健省
  11. 2016年12月00日, 健康危機管理局局長 感謝状, フィリピン共和国 保健省
  12. 2016年09月00日, 第11回日本ヘルスサポート学会学術集会 最優秀ポスター賞
  13. 2016年06月00日, 感謝状, 日本救急医療財団, 伊勢志摩サミットにおける救急医療体制確保への貢献
  14. 2015年05月00日, 奨励賞, 日本産業衛生学会
  15. 2015年02月00日, 優秀演題, 第20回日本集団災害医学会総会・学術集会
  16. 2014年11月00日, ご接見, 天皇皇后両陛下
  17. 2014年11月00日, 感謝状, 外務省 外務大臣
  18. 2014年10月00日, TOP cited articles published in 2011-2012, International Journal of Urology
  19. 2014年06月00日, 感謝状, 国際協力機構
  20. 2012年12月00日, 平成24年度がん研究助成金 入賞, 福岡県すこやか健康事業団
  21. 2012年10月00日, 産業医科大学学会学会長賞
  22. 2012年09月00日, 学術奨励賞, 日本時間生物学会
  23. 2012年05月00日, 2011年度産業衛生学雑誌優秀論文賞
  24. 2010年07月00日, 第5回日本ヘルスサポート学会学術集会 優秀ポスター賞
  25. 2008年11月00日, 第60回日本泌尿器科学会西日本総会 学術奨励賞
  26. 2006年11月00日, 第57回日本泌尿器科学会西日本総会ヤングウロロジスト・リサーチエッセイコンテスト 優秀賞

取得

  1. 特許第5808874号, 割付情報票、割付情報冊子体及び割付方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 厚生労働行政推進調査事業費, 健康危機管理センターと多分野連携体制の推進のための研究, 2022年04月, 2025年03月
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 災害医療チームJ-SPEED診療日報データの解析研究, 2021年, 2023年
  3. 官学連携受託事業, 災害診療記録(J-SPEED)運用促進事業, 2020年08月24日, 2021年03月31日
  4. 令和2年度厚生労働行政推進調査事業費補助金, 新型コロナウイルス感染症等のリスクを踏まえた災害時診療状況報告システムの有効な活用に資する研究, 2020年09月02日, 2021年03月31日
  5. 令和2年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学政策研究事業), 介護保険施設等の被災状況把握を迅速化する情報システムの開発研究, 2019年, 2021年03月31日
  6. 官学連携, 官学連携によるCOVID-19の検査研究体制構築業務, 2020年
  7. Health data management before, during and after emergencies and disasters: Project 2 - Case Study of the WHO EMT MDS and the J-SPEED, 2020年05月01日, 2021年10月31日
  8. 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP), 保険医療活動支援の需要算出・最適供給技術の研究開発, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  9. 基盤研究(C), グローバル企業における日本人労働者と海外現地労働者の健康状態の比較, 2020年04月01日, 2023年03月31日
  10. 基盤研究(C), 高齢者に対する併用禁忌薬剤の処方実態の顕在化および対応策の検討, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  11. 基盤研究(S), 住環境が脳・循環器・呼吸器・運動器に及ぼす影響実測と疾病・介護予防便益評価, 2017年05月31日, 2022年03月31日
  12. 挑戦的萌芽研究, レセプトデータを活用した交替制勤務者の健康リスク・医療経済評価研究, 2016年04月01日, 2019年03月31日
  13. 基盤研究(C), 大災害対応従事者の安全と健康を守るための安全衛生専門家による支援体制の構築, 2015年04月01日, 2018年03月31日
  14. 基盤研究(C), 軽度虚弱高齢者を対象とした地域包括ケアのためのケアマネジメント手法の開発, 2013年04月01日, 2016年03月31日
  15. 基盤研究(C), 交替制勤務者の前立腺がんリスク及び生活習慣病リスクに関するコホート研究, 2010年04月01日, 2015年03月31日
  16. 基盤研究(C), 地域住民を主体としたエンパワーメント型健康支援事業の推進に関する研究, 2010年, 2012年
  17. 若手研究(B), 交替制勤務者の生活習慣病および前立腺がんリスクに関する後ろ向きコホート研究, 2007年, 2009年

社会活動

委員会等委員歴

  1. BCPコンサルタント、㈱シーユーシー, 2022年07月01日, 2023年06月30日
  2. 幹事、スマートウェルネス住宅等推進調査委員会 調査・解析小委員会, 2022年08月01日, 2023年03月31日
  3. 委員、広島大学・広島県連携会議, 2022年07月13日, 2024年03月31日
  4. 理事、法人福岡県地域救急医療連携推進協会 理事会, 2022年07月01日, 2024年06月30日
  5. 委員、広島県災害福祉支援ネットワーク・ワーキングチーム, 2022年06月01日, 2023年03月31日, (社保)広島県社会福祉協議会
  6. 座長、高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議分科会(災害), 2022年06月01日, 2023年03月31日
  7. 委員、災害医療体制検討特別委員会、広島県地域保健対策協議会, 2022年05月31日, 2023年03月31日
  8. アドバイザリー,ワーキング グループ アドバイザー、JICA タイ「ASEAN災害保健医療管理に係る地域能力強化プロジェクト」, 2022年05月19日, 2024年03月31日
  9. 部会員、国際緊急援助隊医療チーム・総合調整部会, 2022年04月01日, 2023年03月31日, 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
  10. 委員、広島県地域保健対策協議会、救急医療体制検討特別委員会, 2022年04月04日, 2023年03月31日
  11. JICA, 調査団団長, 2022年03月19日, 2022年04月10日, モルドバ国ウクライナ避難民発生に係る緊急人道支援・保健医療分野協力ニーズ調査(第一次)
  12. 相談員、広島県, 2022年04月01日, 2022年06月30日, 新型コロナ患者に関する相談
  13. 健康福祉局対策監、広島県健康福祉局、新型コロナウィルス感染症対策, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  14. 非常勤講師、熊本大学医学教育部, 2022年04月05日, 2023年03月31日
  15. 災害医療コーディネーター、広島県健康機器管理課, 2022年04月01日, 2024年03月31日
  16. 産業保健相談員、福島産業保健総合支援センター, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  17. 非常勤講師、名古屋大学医学部, 2022年04月01日, 2022年09月30日
  18. 非常勤講師、産業医科大学産業生態科学研究所, 2022年04月01日, 2023年03月31日
  19. 相談員、広島県, 2022年03月31日, 県内新型コロナ患者の入院の要否に関する相談
  20. 「ASEAN災害保険医療管理に係る地域能力強化プロジェクト」国内支援委員会, 2022年01月12日, 2024年01月11日, 独立行政法人国際協力機構
  21. 保健医療基本問題検討委員会, 2021年12月08日, 2022年03月31日, 広島県地域保健対策協議会
  22. 「救急搬送・医療提供体制検討部会」部会委員, 2021年10月01日, 2023年09月30日, 広島県メディカルコントロール協議会
  23. 専門委員, 2021年09月15日, 2023年09月14日, 一般社団法人 平和政策研究所
  24. 委員、広島県地域保健対策協議会, 2021年09月13日, 2022年03月31日, 救急医療体制検討員会
  25. 救急医療体制検討特別委員会委員, 2021年09月, 2022年03月, 広島県地域保健対策協議会
  26. 理事, 2021年07月01日, 2023年06月30日, 特定非営利活動法人ひろしま感染症ネットワーク
  27. 救急・災害医療対策委員会, 2021年05月22日, 2023年05月, 一般社団法人日本病院会
  28. 医療政策委員会特別委員, 2021年05月, 2023年05月, (一社)日本病院会
  29. エビデンス収集部会 委員, 2021年04月01日, 2021年05月26日, 一般社団法人日本サステナブル建築協会
  30. 健康福祉局対策監(新型コロナウイルス感染症担当), 2021年04月01日, 2022年03月31日, 広島県
  31. 広島県災害医療コーディネーター, 2021年04月, 2022年03月, 広島県
  32. 健康福祉局対策監, 2021年04月, 2022年03月, 広島県
  33. 日本公衆衛生雑誌 編集委員, 2021年01月01日, 2023年12月31日, 日本公衆衛生学会
  34. 編集委員会委員, 2021年01月, 2023年12月, 日本公衆衛生学会
  35. 新型コロナウイルス感染症緊急対策本部 外部委員, 2020年12月18日, 広島市立広島市民病院
  36. 日本産業衛生学会代議員, 2020年11月01日, 2022年11月01日, 日本産業衛生学会
  37. 医療政策委員会 特別委員, 2020年11月01日, 2023年05月, 一般社団法人日本病院会
  38. 広島市社会福祉施設等新型コロナウイルス感染症対策連絡会議構成員, 2020年09月, 2022年08月, 広島市健康福祉局
  39. スマートウェルネス住宅等推進調査委員会調査・解析小委員会幹事, 2020年09月, 2021年03月, (社)日本サステナブル建築協会
  40. 広島圏域メディカルコントロール協議会 委員, 2020年07月03日, 2022年03月31日, 広島圏域メディカルコントロール協議会
  41. スマートウェルネスオフィスエビデンス収集部会委員, 2020年07月, 2021年03月, (社)日本サステナブル建築協会
  42. 広島県メディカルコントロール協議会 救急搬送・医療提供体制検討部会委員, 2020年06月17日, 2021年09月30日, 広島県
  43. 広島市社会福祉審議会委員, 2020年05月, 2023年05月, 広島市健康福祉局
  44. 新型コロナウイルス感染症対策に関する取り組み講師, 2020年05月, 2021年03月, 広島県
  45. 広島県新型コロナウイルス感染症対策専門員会議委員, 2020年04月01日, 2021年03月31日, 広島県
  46. 災害医療体制検討特別委員会委員, 2020年04月, 2022年03月, 広島県地域保健対策協議会
  47. 新型コロナウイルス感染症患者受入れ調整本部委員, 2020年04月, 2021年03月, 広島県
  48. 役員, 2020年04月, 2022年03月, 広島市連合地区地域保健対策協議会
  49. 産業保健相談員, 2020年04月, 2022年03月, 独立行政法人労働者健康安全機構 福島産業保健総合支援センター
  50. 新型コロナウイルス感染症対策専門員会議委員, 2020年04月, 2021年03月, 広島県
  51. 事務局員, 2020年01月01日, J-SPEED研究会
  52. EMTCC(Emergency Medical Team Coordination Cell) Training Course (Brussels) Faculty (Information Management), 2019年12月00日, WHO
  53. 2019年国際捜索救助諮問グループ(INSARAG)アジア太平洋地域演習 EMT Exercise Control(タイ), 2019年12月00日, JICA/WHO
  54. インドネシア国ASEAN災害医療連携強化プロジェクトインドネシアRCD及びPWG2会議 (インドネシア), 2019年11月00日, JICA国際協力機構
  55. スマートウェルネス住宅等推進調査委員会調査・解析小委員会幹事, 2019年10月, 2022年03月, (社)日本サステナブル建築協会
  56. EMTイニシアティブ対応班班長, 2019年10月, 2022年03月, 独立行政法人国際協力機構
  57. 診療調整部班班員, 2019年10月, 2022年03月, 独立行政法人国際協力機構
  58. 総合調整部会部会員, 2019年10月, 2022年03月, 独立行政法人国際協力機構
  59. 嘱託産業医, 2019年10月, 2021年09月, (株)旭化成ホームズ
  60. 災害データ医療マネジメント, 2019年10月, 2021年03月, 独立行政法人国際協力機構
  61. 非常勤講師, 2019年10月, 2022年03月, 産業医科大学産業生態科学研究所
  62. Northern Territory Emergency Medical Teams (EMT) Coordination Workshop, Faculty (Information Management), 2019年07月00日, National Critical Care and Trauma Response Centre
  63. EMTCC(Emergency Medical Team Coordination Cell) Training Course (Darwin) Faculty (Information Management), 2019年07月00日, WHO
  64. G20大阪サミット現地医療対策本部・救急災害対応班・受療動向調査担当, 2019年06月00日
  65. G20大阪サミット救急・災害医療体制構築にかかる準備委員会 委員, 2019年04月00日, 2020年03月00日, 一般社団法人日本臨床救急医学会
  66. モザンビークにおけるサイクロン被害に対する国際緊急援助隊・専門家チーム(災害医療データマネジメント/EMTCC活動), 2019年03月00日, 国際緊急援助隊
  67. 評議員, 2019年03月, 日本災害医学会
  68. Faculty (Information Management), 2019年02月00日, WHO EMTCC(Emergency Medical Team Coordination Cell) Training Course (Bangkok)
  69. ASEAN災害医療連携強化プロジェクト 第三回地域連携ドリル 災害診療情報管理(フィリピン), 2018年12月00日, JICA国際協力機構
  70. 災害医療対策委員会 委員, 2018年11月00日, 9999年00月00日, 日本病院会
  71. 福岡県救急医療情報システム推進委員会 委員, 2018年10月00日, 9999年00月00日, 公益財団法人福岡県メディカルセンター
  72. 2018 Global Health Forum in Taiwan Invited speaker (台湾), 2018年10月00日, Ministry of Health and Welfare
  73. 非常勤講師, 2018年09月00日, 2019年03月00日, 国際医療福祉大学
  74. Blue Book Expert Working Group Meeting 招聘参加者(スイス), 2018年09月00日, WHO世界保健機関
  75. 大規模地震時医療活動訓練 コントローラー, 2018年08月00日, 平成30年度政府総合防災訓練
  76. 2018年国際捜索救助諮問グループ(INSARAG)アジア太平洋地域演習 EMT Exercise Control(フィリピン), 2018年06月00日, WHO世界保健機関
  77. 理事, 2018年05月00日, 9999年00月00日, 福岡地域救急医療連携推進協会
  78. ASEAN災害医療連携強化プロジェクト第3回ASENA加盟国向け研修(災害診療情報管理講師)(タイ), 2018年05月00日, JICA国際協力機構
  79. 総合調整部会 委員, 2018年04月00日, 9999年00月00日, JICA国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム
  80. Public Healthモジュール 班長, 2018年04月00日, 2019年03月00日, JICA国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム
  81. 診療調整班 班員, 2018年03月00日, 9999年00月00日, JICA国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム
  82. ASEAN災害医療連携強化プロジェクト第二回地域連携ドリル(ベトナム), 2018年03月00日, JICA国際協力機構
  83. 疲労度調査産業保健アドバイザー, 2018年01月00日, 2018年03月00日, 札幌市消防局
  84. 東京オリンピックパラリンピック対策委員会 委員, 2017年10月00日, 9999年00月00日, 日本災害医学会
  85. 災害医療研修センター連絡協議会 委員, 2017年10月00日, 9999年00月00日, 北九州市立八幡病院
  86. 災害医療救護通信エキスパート育成事業 カリキュラム等検討委員会 副委員長(総務省事業), 2017年09月00日, 9999年00月00日, 日本無線協会
  87. 日本DMAT 統括DMAT, 2017年09月00日, 9999年00月00日, 厚生労働省医政局災害医療対策室
  88. プログラム委員・組織委員 委員, 2017年09月00日, 2018年10月00日, 第14回アジア太平洋災害医学会(APCDM2018)
  89. 2017年国際捜索救助諮問グループ(INSARAG)アジア太平洋地域演習 EMT Exercise Control(災害援助協力)(マレーシア), 2017年09月00日, JICA国際協力機構
  90. iSPEED Training of Trainee 講師参加 (フィリピン), 2017年08月00日, フィリピン保健省
  91. MDS様式改訂にかかるWHO EMT事務局との協議(災害援助協力)(スイス), 2017年08月00日, JICA国際協力機構
  92. 大規模地震時医療活動訓練 コントローラー, 2017年07月00日, 平成29年度政府総合防災訓練
  93. タイ国ARCH第一回リージョナルコラボレーションドリルへの参加, 2017年07月00日, JICA国際協力機構
  94. 高度自然言語処理プラットフォーム情報利活用分科会(災害医療)・座長, 2017年06月00日, 9999年00月00日, 総務省「IoT/BD/AI情報通信プラットフォーム」社会実装推進事業
  95. (イタリア、JICA派遣), 2017年06月00日, WHO EMT Coordination Cell Training Course修了
  96. JMAT携行医薬品リスト等に関する検討会合 メンバー, 2017年06月00日, 日本医師会
  97. MDS普及対応班 リーダー, 2017年05月00日, 2019年03月00日, JICA国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム
  98. 課題検討会Public Healthモジュール リーダー, 2017年05月00日, 2018年03月00日, JICA国際協力機構 国際緊急援助隊医療チーム
  99. Leader, MDS Dissemination Support Unit, Japan Disaster Relief Medical Team., 2017年05月00日
  100. Leader, Public Health Module Program Development Task Force, Japan Disaster Relief Medical Team., 2017年05月00日
  101. 編集委員会 委員, 2017年04月00日, 2019年03月00日, 日本産業衛生学会
  102. The Journal of Occupational Health Editor, 2017年04月00日
  103. EMT戦略アドバイザリー会合への参加(JICA派遣), 2017年02月00日, WHO
  104. タイ国ARCHスタートアップドリルへの参加, 2017年01月00日, JICA国際協力機構
  105. DMATロジスティックチーム登録隊員, 2016年12月00日, 9999年00月00日, 厚生労働省
  106. National Convention on Health Emergency Management, 2016年12月00日, フィリピン政府保健省招聘
  107. WHO Emergency Medical Team (EMT) Global Meeting (WHO Emergency Medical Team (EMT) Global 会合への出席調査団団員), 2016年11月00日, JICA国際協力機構
  108. スマートウェルネスオフィス研究委員会 エビデンス収集部会 委員, 2016年09月00日, 9999年00月00日, 日本サステナブル建築協会
  109. WHO EMT Minimum Data Set Working Group, 2nd Jerusalem Meeting. Chair. (WHO EMT Minimum Data Set Working Group第二回会合への参加調査団 団員), 2016年09月00日, WHO/JICA/MASHAV
  110. コントローラー, 2016年08月00日, 平成28年度政府総合防災訓練 大規模地震時医療活動訓練
  111. 非常通信手段を取り扱う人材育成の強化に向けた課題に関する調査委員会 委員 (総務省事業), 2016年07月00日, 2017年03月00日, 公益財団法人日本無線協会
  112. 産業保健相談員(産業医学), 2016年06月00日, 9999年00月00日, 労働者健康安全機構 福島産業保健総合支援センター
  113. Emergency Medical Team Minimum Data Set Working Group, Chair., 2016年05月00日, 9999年00月00日, WHO
  114. WHO Emergency Medical Team Minimum Data Set Working Group, 1st Tokyo Meeting. Chair., 2016年05月00日, WHO/JICA/MASHAV
  115. 医療情報ロジ責任者, 2016年05月00日, G7伊勢志摩サミット救急医療体制
  116. フィリピン国 アジア地域緊急対応期におけるパブリックヘルス調査 調査団団員, 2016年04月00日, JICA国際協力機構
  117. 災害医学あり方委員会 委員, 2016年02月00日, 9999年00月00日, 日本集団災害医学会
  118. 国際緊急援助隊感染症対策チーム 登録医師, 2016年02月00日, 9999年00月00日, JICA国際協力機構
  119. 人事交流 派遣者, 2016年02月00日, 2016年03月00日, WHO神戸センター・産業医科大学
  120. スイス国 電子カルテシステムに係る世界保健機関(WHO)との協議調査団 調査団員, 2016年02月00日, JICA国際協力機構
  121. Personnel exchanges program, 2016年02月00日, 2016年03月00日
  122. 選挙管理委員会委員, 2016年01月00日, 2019年03月00日, 一般社団法人日本疫学会
  123. 日本DMAT(Disaster Medical Assistance Team)  タスク, 2015年12月00日, 9999年00月00日, 厚生労働省医政局災害医療対策室
  124. イスラエル国 災害電子カルテシステムに係るイスラエル政府との協議調査団 調査団員, 2015年12月00日, JICA国際協力機構
  125. 設立準備会 メンバー, 2015年11月00日, 2016年04月00日, 労働時間日本学会(Working Time Japan Society)
  126. 予備自衛官 三等陸佐(少佐), 2015年09月00日, 2018年03月00日, 陸上自衛隊
  127. Reserve Self-Defense Official, Major., 2015年09月00日
  128. 産業医実務研修センター 教育職, 2015年06月00日, 2019年09月00日, 産業医科大学
  129. 診療情報管理士通信教育DPCコース スクーリング講師, 2014年10月00日, 2018年03月00日, 一般社団法人日本病院会
  130. スマートウェルネス住宅等推進調査委員会 調査・解析小委員会 幹事, 2014年08月00日, 9999年00月00日, 日本サステナブル建築協会
  131. 災害時の診療録のあり方に関する合同委員会(日本集団災害医学会、日本病院会・日本診療情報管理学会、日本救急医学会、日本医師会、国際協力機構による合同委員会) 委員, 2014年08月00日, 9999年00月00日
  132. 日本DMAT(Disaster Medical Assistance Team) 隊員, 2014年07月00日, 9999年00月00日, 厚生労働省医政局災害医療対策室
  133. 医療連携推進チーム 顧問, 2014年07月00日, 2019年09月00日, 産業医科大学病院
  134. 国際緊急援助隊医療チーム 疫学・感染症班 班員, 2014年07月00日, 2017年03月00日, JICA国際協力機構
  135. 予備自衛官補, 2014年07月00日, 2015年09月00日, 陸上自衛隊
  136. Reserve Candidate, 2014年07月00日, 2015年09月00日
  137. Disaster Medical Assistance Team (DMAT). Registered Medical Doctor., 2014年07月00日
  138. 国際緊急援助隊医療チームに係る課題検討会 Public Health リーダー, 2014年04月00日, 2017年03月00日, JICA国際協力機構
  139. Leader, Public Health Relief Program Development Task Force, Japan Disaster Relief Medical Team., 2014年04月00日
  140. 医療連携アドバイザー, 2014年03月00日, 2019年09月00日, 産業医科大学病院
  141. 組織委員会/プログラム委員会 委員, 2013年11月00日, 2014年11月00日, 日本時間生物学会第21回学術大会
  142. フィリピン共和国における台風被害に対する国際緊急援助隊医療チーム1次隊(医師)(先遣隊隊員), 2013年11月00日, 国際緊急援助隊
  143. 評議員, 2013年08月00日, 9999年00月00日, 日本時間生物学会
  144. サマータイム制度に関する特別委員会, 2013年07月00日, 2017年03月00日, 日本睡眠学会
  145. 勤務医の健康支援に関する検討委員会 委員, 2012年10月00日, 2016年06月00日, 日本医師会
  146. 国際緊急援助隊医療チームに係る課題検討会 電子カルテ リーダー, 2012年04月00日, 2016年03月00日, JICA国際協力機構
  147. Leader, Disaster Medical Record Electronic System Development Task Force, Japan Disaster Relief Medical Team., 2012年04月00日
  148. タイ王国における洪水被害に対する保健・公衆衛生調査団, 2011年12月00日, JICA国際協力機構
  149. 黄砂の健康影響に関するワーキンググループ 委員 (環境省事業), 2011年10月00日, 2016年03月00日, 一般社団法人環境情報科学センター
  150. サマータイム制度に関する特別委員会, 2011年10月00日, 2012年03月00日, 日本睡眠学会
  151. 東日本大震災に伴う福島第一原発事故の復旧作業者健康管理支援事業 コアメンバー, 2011年04月00日, 9999年00月00日, 産業医科大学
  152. 疫学部 非常勤研究員, 2011年04月00日, 2016年03月00日, 公益財団法人 放射線影響研究所
  153. 特別講師, 2011年04月00日, 2013年03月00日, 北九州市立大学大学院国際環境工学研究科環境システム専攻
  154. Occupational Health Support Team for the Fukushima Daiichi Atomic Power Plant Accident. Core Member., 2011年04月00日
  155. 非常勤講師, 2010年04月00日, 2014年03月00日, 九州大学大学院医学研究院
  156. 特別講師, 2009年07月00日, 九州大学大学院医学研究院
  157. 講師, 2009年04月00日, 2012年03月00日, 宮崎労働基準協会
  158. 国際緊急援助隊医療チームに係る総合調整部会 研修実施検討会メンバー, 2005年06月00日, 2012年03月00日, JICA国際協力機構 
  159. Japan Disaster Relief Medical Team, 2004年07月00日
  160. 国際緊急援助隊医療チーム 登録医師, 2003年07月00日, 9999年00月00日, JICA国際協力機構
  161. 班員、国際緊急援助隊医療チーム・診療調整部班/人材育成班, 2022年04月01日, 2023年03月31日, 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
  162. 班長、国際緊急援助隊医療チーム・EMTイニシアティブ対応班, 2022年04月01日, 2023年03月31日, 独立行政法人 国際協力機構(JICA)
  163. JICA, 調査団団長, 2022年05月16日, 2022年05月28日, モルドバ国ウクライナ避難民発生に係る緊急人道支援・保健医療分野協力ニーズ調査(第三次)

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. NHK「視点・論点」出演, 「ウクライナ避難民に必要な医療支援について」, NHK「視点・論点」, 2022年/05月/02日, 2022年/05月/02日
  2. NHK広島, 新型コロナウィルス第6波に関する解説および懸念点について, NHK広島, おはようひろしま, 2022年/01月/13日, 2022年/01月/13日, 電話取材, 取材協力, テレビ・ラジオ番組
  3. NHK広島, 広島県内のコロナ患者受け入れ医療機関の医療のひっ迫について, NHK広島, お好みワイドひろしま, 2022年/01月/18日, 2022年/01月/19日, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  4. 日本医師会 JMAT 研修 ロジスティクス編, 情報の共有・記録 2.J-SPEED実習, JMAT(日本医師会災害医療チーム), 令和3年度JMAT研修ロジスティクス編, 2022年/01月/30日, 2022年/01月/30日, 日本医師会館又はZoomミーティング, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  5. LOKELMA online symposium in Hiroshima, 総合座長, アストラゼネカ株式会社, LOKELMA online symposium in Hiroshima, 2021年/02月/17日, 2021年/02月/17日, Zoom配信オンライン講演会, 司会, シンポジウム・パネルディスカッション・対話型集会・市民会議, 研究者
  6. NHK広島, エッセンシャルワーカーへの感染状況や予防策について, NHK広島, 2022年/01月/14日, 2021年/01月/14日, お好みワイド、NHKニュース, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  7. NHK広島, 新型コロナウイルス第6波に関する解説・懸念点, NHK広島, おはようひろしま, 2021年/01月/14日, 2021年/01月/14日, インタビュー取材(電話), テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  8. NHK広島, 新型コロナウィルス感染拡大の現状について, NHK広島, お好みワイドひろしま, 2021年/01月/11日, 2021年/01月/11日, 研究室からリモート生出演, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  9. NHK広島, 「新型コロナウィルス第6波の経緯、特徴について」, NHK広島, お好みワイドひろしま, 2022年/01月/05日, 2022年/01月/05日, オンラインインタビュー取材, 取材協力, テレビ・ラジオ番組, メディア
  10. 国際緊急援助隊・医療チーム 2021年度展開訓練, 独立行政法人国際協力機構, 2021年/01月/21日, 2022年/01月/23日, ポートメッセなごや 名古屋市国際展示場, 講師, その他
  11. 3回目のワクチン接種前倒しの場合、その意義と課題について解説, NHK広島拠点放送局, お好みワイドひろしま, 2021年/12月/03日, リモートインタビュー, コメンテーター, テレビ・ラジオ番組
  12. 済生会中四国ブロック災害時対応訓練, 実習「介護保険施設・福祉施設等における被災情報の報告・分析について」, 岡⼭済⽣会総合病院, 2021年/11月/27日, 岡⼭済⽣会総合病院, 実演, その他
  13. 第 15 回広島大学ホームカミングデー, 広島県新型コロナウイルス感染症版J-SPEED, 広島大学霞地区運営支援部総務グループ, 2021年/11月/13日, 広島大学霞キャンパス広仁会館大会議室, 講師, 講演会
  14. 災害診療記録/J-SPEED及びMDS取り扱い訓練への教育支援, 航空自衛隊, 2021年/10月/22日, 出前授業, 行政機関
  15. 令和3年度新任後期・中堅期保健師等研修会, 公衆衛生活動におけるデータ利活用の概論・方法論, 広島県健康福祉局健康危機管理課, 2021年/10月/15日, 広島県立総合体育館, 講師, 資格認定講習, 学術団体
  16. 国際緊急援助隊医療チーム2021年中級研修, JDR-SPEED, 国際協力機構 国際緊急援助隊事務局, 2021年/10月/09日, 2021年/10月/10日, オンライン, 講師, 資格認定講習
  17. 広島県の酸素センターについて~現状とその意味を解説~, 読売新聞社, 読売新聞, 2021年/09月/23日, 2021年/10月/02日, インタビュイー, 新聞・雑誌
  18. 広島県新型コロナ酸素センターについて, NHK広島放送局, お好みワイド, 2021年/09月/10日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  19. 広島県新型コロナ酸素センターについて, NHK広島放送局, ニュースシブ5時, 2021年/09月/10日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  20. 広島県新型コロナ酸素センターについて, NHK広島放送局, NHK15時全国ニュース, 2021年/09月/10日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  21. 新型コロナクラスター対応について, NHK広島放送局, お好みワイド(リモート生出演), 2021年/09月/08日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  22. 広島県内の新型コロナの感染拡大についての見解, 広島テレビ, テレビ派, 2021年/09月/02日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  23. 広島県内の新型コロナの感染拡大についての見解~新型コロナ感染者の事例をもとに家で感染した時の対処法~, 広島テレビ, テレビ派, 2021年/08月/26日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  24. 避難所への避難の際の留意点について, NHK広島放送局, お好みワイド, 2021年/08月/17日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  25. 新型コロナクラスター対応について, NHK広島放送局, お好みワイド, 2021年/07月/30日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  26. コロナ変異ウイルスの脅威 広島・岡山からの報告, NHK広島放送局, ラウンドちゅうごく(生出演), 2021年/05月/21日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  27. 新型コロナクラスター対応について, NHK広島放送局, お好みワイド(リモート生出演), 2021年/02月/17日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  28. 新型コロナ医療福祉施設クラスター対応について, RCC中国放送, 2020年/12月/31日, 出演, テレビ・ラジオ番組
  29. NHK広島, 新型コロナウイルス第6波に関する解説・懸念点, NHK広島, 2021年/01月/14日, 2021年/01月/11日, 研究室からリモート生出演, 出演, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  30. NHK広島, 新型コロナウイルス第6波に関する解説・懸念点, NHK広島, おはようひろしま, 2021年/01月/14日, 2021年/01月/14日, インタビュー取材(電話), インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般