須田 直樹Naoki Suda

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
メールアドレス
nsudahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 理学博士 (名古屋大学)

研究分野

  • 数物系科学 / 地球惑星科学 / 固体地球惑星物理学

研究キーワード

  • 常時自由振動
  • スロー地震

所属学会

  • アメリカ地球物理学連合
  • 日本地震学会
  • 日本惑星科学会
  • 日本測地学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 2ターム, 地球科学A
  2. 2022年, 教養教育, 1ターム, 地球科学A
  3. 2022年, 学部専門, 4ターム, 地球惑星科学概説B
  4. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  5. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 地球惑星システム学実習B
  6. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  8. 2022年, 学部専門, 3ターム, 先端地球惑星科学
  9. 2022年, 学部専門, 3ターム, 地球惑星内部物理学演習B
  10. 2022年, 学部専門, 2ターム, 地球惑星内部物理学I
  11. 2022年, 学部専門, 3ターム, 地球惑星内部物理学II
  12. 2022年, 学部専門, 1ターム, 地球惑星内部物理学A
  13. 2022年, 学部専門, 2ターム, 地学実験A
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 地球惑星システム学概説
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 断層と地震
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 国際化演習Ⅰ
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 国際化演習Ⅱ
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 地球惑星エクスターンシップ
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 地球惑星融合演習
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 地球惑星ミッドターム演習
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 地球惑星システム学特別演習A
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 地球惑星システム学特別演習A
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 地球惑星システム学特別演習B
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 地球惑星システム学特別演習B
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 地球惑星システム学特別研究
  26. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 地球惑星システム学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Non-volcanic tremor resulting from the combined effect of Earth tides and slow slip events, NATURE GEOSCIENCE, 1巻, 10号, pp. 676-678, 2008
  2. ★, Effects of episodic slow slip on seismicity and stress near a subduction-zone megathrust, NATURE COMMUNICATIONS, 12巻, 1号, 20211221
  3. ★, An automatic monitoring system for nonvolcanic tremors in southwest Japan, JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH, 114巻, 20091118
  4. ★, Non-volcanic tremor resulting from the combined effect of Earth tides and slow slip events, NATURE GEOSCIENCE, 1巻, 10号, pp. 676-678, 200810
  5. ★, Earth’s background free oscillations, Science, 279巻, pp. 2089-2091, 19980401
  6. Coseismic change and precipitation effect in temporal gravity variation at Inuyama, Japan: A case of the 2004 off the Kii peninsula earthquakes observed with a superconducting gravimeter, JOURNAL OF GEODYNAMICS, 48巻, 1号, pp. 1-5, 200907
  7. Loading and gravitational effects of the 2004 Indian Ocean tsunami at Syowa Station, Antarctica, Bulletin of the Seismological Society of America, 97号, pp. 271-278, 20070401
  8. Sea level and gravity variations after the 2004 Sumatra earthquake observed at Syowa Station, Antarctica, IAG Symposia, 130号, pp. 536-540, 20070401
  9. An analysis of sea level and gravity variations after the 2004 Sumatra earthquake observed at Syowa station, Antarctica., Advances in Geosciences, 1号, pp. 11-16, 20060401
  10. Array observation of background atmospheric waves in the seismic band from 1 mHz to 0.5 Hz, GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL, 162巻, 3号, pp. 824-840, 200509
  11. Sea level variation in seismic normal mode band observed with on-ice GPS and on-land SG at Syowa Station, Antarctica, GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 30巻, 7号, 20030410
  12. 地球自由振動帯域における潮位変動の影響:昭和基地の場合, 月刊 地球, pp. 440-444, 20030401
  13. A theory of the Earth’s background free oscillations, Journal of Geophysical Research, 107巻, pp. do-do, 20020401
  14. Iodine-stabilized Nd;YAG laser applied to a long-baseline interferometer for wideband earth strain observations, Review of Scientific Instruments, 73巻, pp. 2434-2439, 20020401
  15. 南極から見た地球自由振動の研究, 月刊地球, pp. 26-31, 20010401
  16. Incessant excitation of the Earth’s free oscillations; global comparison of superconducting gravimeter records, Physics of the Earth and Planetary Interiors, 120巻, pp. 289-297, 20000401
  17. 常時地球自由振動, 月刊地球, 20巻, pp. 506-510, 19990401
  18. Incessant excitation of the Earth’s free oscillations, Earth Planets Space, 50巻, pp. 3-8, 19980401
  19. Reply, Earth Planets Space, 50巻, pp. 887-892, 19980401
  20. ★, 地球のささやきを聞く―常時地球自由振動の発見, 科学, 68巻, pp. 859-863, 19980401
  21. 超伝導重力計記録から得られたサイスミックおよびサブサイスミックバンドの時間―周波数スペクトログラム, 月刊地球, pp. 52-56, 19970401
  22. グローバル地震計ネットワークで見た常時地球自由振動, 月刊地球, pp. 57-61, 19970401
  23. Elasticity measurements on the material analogues to Iron in the inner core of the Earth by FT-ultrasonic spectroscopy, Journal of Fisheries Science and Technology, pp. 935-938, 19940401
  24. Local network observation of the Earth’s free oscillations; Apparent centroid of the 1989 Macquarie ridge earthquake, Geophys. Rs. Let., 20巻, pp. 395-398, 19930401
  25. Structure of the D’’ layer inferred from the Earth’s free oscillations, Physics of the Earth and Planetary Interiors, 73巻, pp. 38-52, 19920401
  26. Retrieval of even- and odd-order complex splitting functions from apparent complex frequencies and amplitudes of free oscillation multiplets, Confer. Math. Geophys., 19巻, pp. 58-60, 19920401
  27. ★, Degree-2 pattern of attenuation structure in the upper mantle from apparent complex frequency measurements of fundamental spheroidal modes, Geophysical Research Letters, 18巻, pp. 1119-1122, 19910401
  28. Observation of quasi-core modes; Further evidence of high Q${}_\mu$ in the inner core, Journal of Physics of the Earth, 38巻, pp. 391-397, 19910401
  29. Use of apparent complex frequencies of free oscillations to estimate aspherical structure of the Earth, Geophys. Res. Let., 18巻, pp. 905-908, 19910401
  30. 自由振動からみたコアの地震学的構造, 地震, 44巻, pp. 113-121, 19910401
  31. Structure of the inner core inferred from observations of seismic core modes, Geophysical Journal International, 103巻, pp. 403-413, 19900401
  32. The matrix element for a transversely isotropic earth model, Geophys. J. Int., 100巻, pp. 315-318, 19900401
  33. 地球中心核の構造, 科学, 60巻, pp. 692-698, 19900401
  34. Core modes of the Earth’s free oscillations and structure of the inner core, Geophysical Research Letters, 16巻, pp. 401-404, 19890401
  35. 地球自由振動の観測から推定される内核の構造, 地球, pp. 5-11, 19890401
  36. Incessant excitation of the Earth's free oscillations, Earth, planets and space, 50巻, 1号, pp. 3-8, 199801
  37. 月の地震波散乱構造と表面波の減衰, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1998巻, 2号, 19981009
  38. グローバル地震計ネットワークで見た常時地球自由振動シグナルの時間変動, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1998巻, 2号, 19981009
  39. 超伝導重力計による常時地球自由振動の観測 -時間変動検出の試み-, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1998巻, 2号, 19981009
  40. 超伝導重力計による常時地球自由振動の観測 -江刺と昭和基地の比較-, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1997巻, 2号, 19970915
  41. IDAネットワークで見た常時地球自由振動, 日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan, 1997巻, 2号, 19970915
  42. Reply, Earth, planets and space, 50巻, 10号, pp. 887-892, 199810
  43. 常時地球自由振動の日変化, 地球惑星科学関連学会1999年合同大会予稿集, pp. De-018., 1999
  44. T型ラインマイクロホンを用いた微気圧振動の観測(序報), 大会講演予講集, 80巻, 20011010
  45. 「2006年地震学夏の学校」総合報告, 日本地震学会ニュースレター, 18巻, 4号, pp. 4-6, 20061110
  46. JGN2の高速広域レイヤー2網を用いたリアルタイム地震観測波形データ交換システムの構築研究プロジェクトについて, 日本地震学会ニュースレター, 19巻, 6号, pp. 10-12, 20080310
  47. P369 T型ラインマイクロホンを用いた微気圧振動の観測, 大会講演予講集, 83巻, 20030521
  48. P228 T型ラインマイクロホンのノイズ減殺効果, 大会講演予講集, 85巻, 200405
  49. 402 LUNAR-Aペネトレータ観測運用システム(セッション4), 日本惑星科学会秋期講演会予稿集, 1996巻, 19961002
  50. 207 火星の常時自由振動(火星と水星の科学,オーラルセッション5), 日本惑星科学会秋期講演会予稿集, 2008巻, 20081101
  51. Incessant excitation of the Earth's free oscillations, Earth, Planets and Space, 50巻, 1号, pp. 3-8, 1998
  52. Reply, Earth, Planets and Space, 50巻, 10号, pp. 887-892, 1998

著書等出版物

  1. 2002年04月24日, プルームテクトニクスと全地球史解読 , 岩波書店, 2002年, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 熊澤峰夫 丸山茂徳 須田 直樹
  2. 2014年04月05日, 地球ダイナミクス, 朝倉書店, 2014年, 4, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 須田直樹ほか, 978-4-254-16067-3, 229, 24
  3. 2015年10月01日, 地球の仕組みを理解する, 広島大学出版会, 2015年, 10, 単行本(学術書), 共著, 日本語

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 四国西部地方における小規模な短期的スロースリップイベントの検出, 高部太来, 須田直樹, 青木陽介, 日本測地学会第136回講演会, 2021年, 通常, 日本語
  2. 紀伊半島下のゆっくりすべり,スラブ内地震と内陸地震, 北佐枝子*(建築研,UCバークレ)、Heidi Houston(南カリフォルニア大)、矢部優(産総研)、田中佐千子、浅野陽一(防災科研)、澁谷拓郎、須田直樹(広大・院先進理工), 日本鉱物科学会, 2021年, 招待, 日本語
  3. 日本周辺の台風により励起される脈動に関する研究, 河上 洋輝、須田 直樹, 2021年地球惑星科学連合大会, 2021年, 通常, 日本語
  4. Effects of ETS on seismicity and stress in the subducting oceanic plate, 北 佐枝子、Houston Heidi、矢部 優、田中 佐千子、浅野 陽一、澁谷 拓郎、須田 直樹, 2021年地球惑星科学連合大会, 2021年, 通常, 日本語
  5. Ocean slab seismicity and stress state affected by episodic slow slip near a subduction-zone megathrust, 北 佐枝子、Houston Heidi、田中 佐千子、浅野 陽、澁谷 拓朗、須田 直樹, 日本地震学会秋季大会, 2020年, 通常, 日本語
  6. Interactions between the intraslab earthquakes and episodic slow slips beneath Kii Peninsula controlled by fluid migration, 北 佐枝子,Heidi Houston,田中 佐千子,浅野 陽一,澁谷 拓郎,須田 直樹, 日本地震学会2019年大会, 2019年, 通常, 日本語
  7. 常時地球自由振動の振幅の時系列解析, 功刀 龍一,須田 直樹, 日本地震学会2019年大会, 2019年, 通常, 日本語
  8. 紀伊半島下フィリピン海スラブ内におけるスロースリップ発生前後の地震活動度、応力場、およびb値の変化, 北 佐枝子,Heidi Houston,田中 佐千子,浅野 陽一,澁谷 拓郎,須田 直樹, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019年, 通常, 日本語
  9. Time series analyses of amplitude of the Earth's background free oscillations, 功刀 龍一,須田 直樹, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019年, 通常, 日本語
  10. Triggered tremors and stress perturbations due to surface waves, 池田 亮平,須田 直樹, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 2019年, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ
  11. Real-time monitoring of seismic slow earthquakes in the Nankai subduction zone, Naoki Suda, 4th International HiPeR Symposium, 2019年, 通常, 日本語
  12. Triggered tremors and stress perturbation due to surface waves at Nankai subduction zone, Ryohei Ikeda and Naoki Suda, 4th International HiPeR Symposium, 2019年, 通常, 日本語
  13. Variations in seismicity, b-values and stress orientations in the subducting slab under Kii peninsula, 北 佐枝子,Heidi Houston,田中 佐千子,浅野 陽一,澁谷 拓郎,須田 直樹, 4th International HiPeR Symposium, 2019年, 通常, 日本語
  14. 広島大学におけるJDXnetの利用状況, 須田直樹, データ流通ワークショップ, 2019年, 通常, 日本語
  15. Normal mode splitting functions for CMB sensitive modes, N. Suda, Interaction and Coevolution of the Core and Mantle: Toward Integrated Deep Earth Science, 2018年, 通常, 英語
  16. Long-term variation in amplitude of the Earth's background free oscillations, Kunugi, R and N. Suda, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年, 通常, 日本語
  17. 紀伊半島下の地震活動とb値, 広瀬勇樹・北佐枝子・須田直樹・澁谷拓郎, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年, 通常, 日本語
  18. Variations in seismicity rate, stress orientations and b-values before and after ETS events in the subducting slab beneath Kii Peninsula, Kita, S., H. Houston, S. Tanaka, Y. Asano, T. Shibutani and N. Suda, International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2018, 2018年, 通常, 日本語
  19. Triggered tremors and stress perturbation due to surface waves, Ikeda, R. and N. Suda, International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2018, 2018年, 通常, 日本語
  20. Triggered tremors and stress perturbations due to surface wave passages, R. Ikeda & N. Suda, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018年, 通常, 英語
  21. 常時地球自由振動の振幅の長期的変動について, 功刀龍一・須田直樹, 日本地震学会秋季大会, 2018年, 通常, 日本語
  22. 南海沈み込み帯における誘発微動と表面波による応力摂動, 池田亮平・須田直樹, 日本地震学会秋季大会, 2018年, 通常, 日本語
  23. 紀伊半島下フィリピン海スラブ内におけるスロースリップ発生前後の地震活動度、応力場、およびb値の変化, 北佐枝子(建研)・Heidi Houston(USC)・田中佐千子・浅野陽一(防災科研)・澁谷拓郎(京大防災研)・須田直樹(広大), 日本地震学会秋季大会, 2018年, 通常, 日本語
  24. Locating triggered tremors using envelope back projection, Suda, N. and S. Kita, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 2017年, 通常, 英語
  25. Long-term activity of deep very low-frequency earthquake in the Bungo Channel and Shikoku region, Suda, N. and T. Matsuzawa, International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2017, 2017年, 通常, 英語
  26. 豊後水道および四国地域における深部超低周波地震の活動度変化, 須田直樹・松澤孝紀, 日本地震学会2017年秋季大会, 2017年, 通常, 日本語
  27. Long-term activity of deep very low-frequency earthquake in the Bungo Channel and Shikoku region, Suda, N. and T. Matsuzawa, International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2017, 2017年, 通常, 英語
  28. グリッド固定震源メカニズム法を用いた浅部超低周波地震の検出, 須田直樹・村本智也, 地球惑星科学連合2016年大会, 2016年, 通常, 日本語
  29. 日向灘における浅部超低周波地震の自動検出, 村本智也・須田直樹・山下裕亮, 地球惑星科学連合2016年大会, 2016年, 通常, 日本語
  30. Back-projection Analysis of Deep Non-volcanic Tremor in Southwest Japan, Suda, N., International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2016, 2016年, 通常, 英語
  31. The Relationship between Deep Very Low-frequency Earthquake and Non-volcanic Tremor in Southwest Japan, Amer, R., N. Suda and T. Matsuzawa, International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2016, 2016年, 通常, 英語
  32. 深部非火山性微動のバックプロジェクション解析, 須田直樹, 日本地震学会2016年秋季大会, 2016年, 通常, 日本語
  33. 深部超低周波地震の活動様式とすべり遷移域の構造, 仁里太郎・須田直樹・松澤孝紀, 地球惑星科学連合2014年大会, 2014年, 通常, 日本語
  34. 長期的スロースリップイベントと巨大地震の微動活動への影響, 井戸未季・須田直樹, 地球惑星科学連合2014年大会, 2014年, 通常, 日本語
  35. Diffusional Migration of Deep Non-volcanic Tremor in Western Shikoku, Southwest Japan, Ido, M. and N. Suda, AOGS 11th Annual Meeting, 2014年, 通常, 英語
  36. New Grid-Based Detection Method for Deep Very Low Frequency Earthquakes in the Nankai Subduction Zone, Suda, N., T. Nizato and T. Matsuzawa, AOGS 11th Annual Meeting, 2014年, 通常, 英語
  37. 四国西部における深部非火山性微動の震源移動の拡散係数, 井戸未季・須田直樹, 日本地震学会2013年度秋季大会, 2013年, 通常, 日本語
  38. 深部超低周波地震と非火山性微動の活動様式の比較, 仁里太郎・須田直樹・松澤孝紀, 日本地震学会2013年度秋季大会, 2013年, 通常, 日本語
  39. 脈動で探る火星内部構造, 小林直樹・西田究・須田直樹・辻健, 日本地震学会2013年度秋季大会, 2013年, 通常, 日本語
  40. Seismic Interferometry for Crustal Structure Using Nonvolcanic Tremor in Southwest Japan, Amer, R. and N. Suda, 日本地震学会2013年秋季大会, 2013年, 通常, 英語
  41. Automatic detection of deep very low-frequency earthquakes in southwest Japan, Suda, N., T. Nizato and T. Matsubara, Joint Workshop on Slow Earthquakes 2013, 2013年, 通常, 英語
  42. 西南日本における深部非火山性微動の規模別頻度分布の空間的変動, 岸本剛・須田直樹, 地球惑星科学連合2013年大会, 2013年, 通常, 日本語
  43. 西南日本において検出した超低周波地震のブートストラップ検定法を用いた検討, 仁里太郎・須田直樹・松澤孝紀, 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年, 通常, 日本語
  44. 大気‐固体地球結合系の常時自由振動, 須田 直樹, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年, 通常, 日本語
  45. SINET3広域L2網による次世代全国地震データ流通基盤システムの構築, 須田 直樹, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年, 通常, 日本語
  46. 豊後水道における長期的SSE発生期間の低周波微動活動, 須田 直樹, 地球惑星科学連合2008年大会, 2008年, 通常, 日本語
  47. 深部低周波微動の発生と地球潮汐との相関, 須田 直樹, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年, 通常, 日本語
  48. 火星の常時自由振動, 須田 直樹, 2008年日本惑星科学会秋季講演会, 2008年, 通常, 日本語
  49. 常時地球自由振動研究の展開, 須田 直樹, 地球惑星科学関連学会合同大会, 2001年, 招待, 日本語

受賞

  1. 2008年01月17日, JGN2アワード(アプリケーション賞), JGN2アワード委員会, 高速広域レイヤー2網によるリアルタイム地震観測波形データ交換システムの構築
  2. 2011年01月27日, JGN2plusアワード(社会基盤貢献賞), 情報通信研究機構, 広域L2網による次世代地震データ交換・流通システムの構築

社会活動

委員会等委員歴

  1. 図書館資料選定委員, 2011年08月, 2014年03月, 広島県立図書館
  2. 代議員, 2014年04月, 2016年03月, 社団法人 日本地震学会
  3. 代議員, 2016年04月, 2018年03月, 社団法人 日本地震学会
  4. 代議員, 2012年04月, 2014年03月, 社団法人 日本地震学会
  5. 大会・企画委員会委員, 2009年04月, 2010年03月, 社団法人 日本地震学会
  6. 大会・企画委員会委員, 2010年04月, 2010年03月, 社団法人 日本地震学会