村山 長Takeshi Murayama

Last Updated :2022/04/05

所属・職名
大学院医系科学研究科(歯) 教授
メールアドレス
murayatkhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
AI(人工知能)と3D技術(3Dプリンタ,3Dスキャナなど)の医療への応用について研究しています.

基本情報

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 工学修士 (大阪府立大学)

教育担当

  • 【学士課程】 歯学部 : 口腔健康科学科 : 口腔工学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 保健科学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 歯科医用工学・再生歯学

研究キーワード

  • デジタルデンティストリ
  • 口腔工学
  • 歯科技工学
  • 顎顔面補綴物
  • 人工知能
  • 3D技術
  • 付加製造
  • CAD/CAM
  • システム工学
  • シミュレーション

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 4ターム, 全身の健康と口腔科学II[1歯]
  2. 2022年, 教養教育, 2ターム, 初修物理学[1医,1歯歯,1歯工,1薬]
  3. 2022年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 保存修復学
  5. 2022年, 学部専門, 1ターム, 歯科材料学
  6. 2022年, 学部専門, 3ターム, デジタルデンティストリ実習
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  8. 2022年, 学部専門, 3ターム, CAD/CAMシステム工学
  9. 2022年, 学部専門, 1ターム, 歯科材料学
  10. 2022年, 学部専門, 2ターム, 生体材料学
  11. 2022年, 学部専門, 1ターム, 情報システム工学実習
  12. 2022年, 学部専門, 3ターム, ME機器学
  13. 2022年, 学部専門, 1ターム, 医療システム工学
  14. 2022年, 学部専門, 3ターム, メディカルデザイン工学I
  15. 2022年, 学部専門, 4ターム, メディカルデザイン工学II
  16. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  17. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 口腔保健工学臨床的実習
  18. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  19. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健工学臨床的実習
  20. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅰ(調査研究)
  22. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 保健科学特論Ⅰ(調査研究)
  23. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 口腔健康科学特論
  24. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 情報システム工学特論
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医療システム工学演習A
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医療システム工学演習A
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 医療システム工学演習B
  28. 2022年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 医療システム工学演習B
  29. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 通年, 医療システム工学特別研究
  30. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 医療システム工学特別演習
  31. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 医療システム工学特別演習
  32. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 医療システム工学特別研究
  33. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 医療システム工学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Assembly Sequence Planning Using Inductive Learning Techniques, Journal of Robotics and Mechatronics, 11巻, 4号, pp. 315-320, 19990801
  2. Stability Check and Reorientation of Subassemblies in Assembly Planning, The 1999 IEEE System=man and Cybernetics Conference(SMC’99), 2巻, pp. 486-491, 19991001
  3. 製品設計と信頼性解析の統合(第1報)-リアルタイム故障シミュレーション-, 精密工学会誌, 57巻, pp. 4, 19910401
  4. A Computer-Aided Design-for Reliability System, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, pp. 1215-1218, 19940401
  5. 並行処理による設計支援システムに関する研究(モデリングとFTAの並行処理), 日本機械学会論文集(B編), 60巻, 579号, pp. 3632-3637, 19940401
  6. 組立工程設計と製品設計のコンカレント処理, 応用機械工学, 379号, pp. 125-129, 19910401
  7. A Machine-Learning Approach to the Ceneration of Assembly Sequences, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 2巻, pp. 799-802, 19960401
  8. Integrated Production Management for Production Planning Loading and Scheduling, Advances in Production Management Systems= IFIP, pp. 127-132, 19960401
  9. 生産意思決定モジュール, 精密工学会総合生産システム専門委員会1992年度活動報告書, pp. 41-54, 19930401
  10. 生産意思決定における作業グループの構成, 精密工学会総合生産システム専門委員会1992年度活動報告書, pp. 55-64, 19930401
  11. Inductive Learning of Heuristic Knowledge for Generating Assembly Sequences Efficiently, 精密工学会総合生産システム専門委員会1992年度活動報告書, pp. 91-97, 19960401
  12. 先読みに基づくCADに関する研究, 精密工学会総合生産システム専門委員会1992年度活動報告書, pp. 78-86, 19970401
  13. Computer-Aided Redesign for Improving Recyclability, Proceedings of EcoDesign’99: 1st International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, pp. 746-751, 19990201
  14. Assembly Sequence Generation using Inductive Learning Techniques, Proceedings of The 3rd International Conference on Advanced Mechatronics, pp. 79-84, 19980801
  15. Automatic Generation of Assembly Sequences by Probabilistic Tree Transformation, Proceedings of the Japan/USA Symposium on Flexible Automation, 1巻, pp. 357-363, 19980701
  16. Integrated Production Management for Production Planning, Loading and Scheduling, Advances in Production Management Systems= IFIP, pp. 363-374, 19980101
  17. Disassembly/Assembly Path Search Reusing Solution, Proc. of IEEE International Conference on Emerging Technologies and Factory Automation, pp. 183-188, 19970901
  18. Automatic Generation of Disassembly Sequences for Recycling Products, Proceedings of the International Confernce on Manufacturing Milestones toward the 21st Century MM21, pp. 433-438, 19970701
  19. ★, ライフサイクル・シミュレーションによる物質循環の費用/便益分析, 日本機械学会論文集(C編), 67巻, 660号, pp. 338-344, 20010801
  20. Disassembly Sequence Generation using Information Entropy and Heuristics for Componet Replacement, Proceedings of The 4th IEEE International Symposium on Assembly and Task Planning(ISATP2001), pp. 208-213, 20010501
  21. Life Cycle Profitability Analysis and LCA by Simulating Material and Money Flows, Proceedings of The 9th IEEE International Symposium on Electronics and the Environment (ISEE2001), pp. 139-144, 20010501
  22. Simulation-Based LCA, Proceedings of The 4th International Conference on EcoBalance, pp. 157-160, 20001101
  23. Simulation based on Petri Nets for Planning Life Cycles and Supply Chains, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 2000JUSFA-13001号, pp. 1-6, 20000701
  24. Current Status of Extended Producer Resposability Legislation and Effects on Product Design, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 2000JUSFA-13000号, pp. 1-8, 20000701
  25. Production Planning Based on Reliability Models for Part Reuse, Proceedings of 7th CIRP International Seminar on Life Cycle Engineering, pp. 182-187, 20001101
  26. Modeling and Simulation of Products’ Life Cycles using Petri Nets, International Journal of the Japan Society for Precision Engineering, 33巻, 4号, pp. 373-375, 19991201
  27. ★, Task Sharing in CIM Environment: Sharing of Assembly Planning Tasks, Journal of Manufacturing Systems, 27巻, 4号, pp. 375-380, 19981201
  28. Integration of LCA and CAD/CAM, Proceedings of The 3rd International Conference on EcoBalance, pp. 111-114, 19981101
  29. Assembly Sequence Planning by Case-based Reasoning, Proceedings of 14th International Conference on Computer-Aided Production Engineering (CAPE’98), pp. 119-125, 19980901
  30. 環境調和型製品の概念と開発のインセンティブ, SAFE, 12巻, pp. 5-7, 19980301
  31. A CAD System based on Concurrent Processing of Product Modeling and Fault Tree Analysis, Proceedings of International Symposium on Optimization and Innovative Design’97, pp. 1-7, 19970701
  32. Task Sharing in CIM Environment: Decomposition and Distribution of Assembly Planning Tasks, Proceedings of the 29th CIRP International Seminar on Manufacturing Systems, pp. 329-334, 19970501
  33. スケジューリングを考慮した生産負荷計画手法, 広島大学工学部研究報告, 45巻, 1号, pp. 81-88, 19961201
  34. 生産システムの柔軟性とシステム更新による生産変動への対応, システム制御情報学会, 9巻, 6号, pp. 259-268, 19960601
  35. An Efficient Algorithm for Generating Assembly Sequences in Modification Design, Journal of Advanced Automation Technology, 7巻, 3号, pp. 183-189, 19950501
  36. Study on Computer-Aided Design System Based on Concurrent Processing (Basic Concept), Journal of Advanced Automation Technology, 7巻, 1号, pp. 17-22, 19950101
  37. Assembly Partitioning by Genetic Algorithm for Generating Assembly Sequences Efficiently, Advancement of Intelligent Production (JSPE Publication Series No.1 ), 1巻, pp. 695-700, 19940901
  38. 設計変更における効率的組立順序探索アルゴリズム, 精密工学会誌, 60巻, 11号, pp. 1663-1668, 19941101
  39. ★, 並行処理による設計支援システムに関する研究 (モデリングとFTAの並行処理), 日本機械学会論文集(C編), 60巻, 579号, pp. 3632-3637, 19941101
  40. An Efficient Method for Generating Assembly Sequences in Product Design Stages, Proc. of IEEE International Conference on Industrial Electronics= Control and Instrumentation, 1巻, pp. 564-569, 19931101
  41. Concurrent Processing of Product Modeling and Fault Simulation for Intelligent Design Aid, Robotics= Mechatronics and Manufacturing Systems (Transactions of the IMACS/SICE), pp. 705-710, 19930401
  42. 並行処理による設計支援システムに関する研究(基本概念), 日本機械学会論文集(C編), 59巻, 565号, pp. 2882-2889, 19930901
  43. Concurrent Processing of Product Modeling and Fault Simulation for Intelligent Design Aid, Proceedings of IMACS/SICE International Symposium on Robotics= Mechatronics and Manufacturing Systems ’92 Kobe, 2巻, pp. 1525-1530, 19920901
  44. Transformable Object Model for a CAD System, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 2巻, pp. 995-998, 19920701
  45. Concurrent Engineering Approach for Assembly Planning in Computer Aided Design: A Method for Generating Assembly / Disassembly Sequence, Proceedings of Pacific Conference on Manufacturing, pp. 107-113, 19921101
  46. Design Aid Based on Concurrent Processing of Design Tasks, IFIP Transactions, B-7巻, pp. 503-513, 19920601
  47. 製品設計と信頼性解析の統合-リアルタイム故障シミュレーション-, 精密工学会誌, 57巻, 4号, pp. 725-731, 19910401
  48. 組立工程設計と製品設計のコンカレント処理の現状, 応用機械工学, 379号, pp. 125-129, 19910901
  49. A GT Based Tool Allocation Method that considers Tool Failure and Machining Reliability, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 3巻, pp. 1123-1125, 19900701
  50. Real Time Design Operation for Integrated CAD System, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 3巻, pp. 1201-1204, 19900701
  51. Integration of CAD and Trouble Shooting System, Proceedings of International Conference on Manufacturing Systems and Environment - Looking Toward the 21st Century, pp. 551-556, 19900501
  52. GT概念とヒューリスティクスに基づくFMS工具配分, 日本機械学会論文集(C編), 56巻, 530号, pp. 230-235, 19901001
  53. 穴加工の工程設計における知識処理の利用, 型技術, 3巻, 7号, pp. 82-83, 19880701
  54. CAD/CAMと知識情報処理, プレス技術, 26巻, 8号, pp. 17-23, 19880701
  55. Treatment of reliability for reuse and remanufacture, Second International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign 2001), pp. 287-292, 20010401
  56. Optimal selection of the used products to be disassembled for remanufacturing, Proceedings of JAPAN-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, Vol. III巻, pp. 1347-1350, 20020701
  57. Decentralized LCA using Distributed Object Technology, Proceedings of The 4th International Conference on EcoBalance, pp. 107-110, 20021101
  58. Sharing and Adjustment of Design Targets in a Distributed CAD System, Proceedings of 2002 IEEE International Conference on Industrial Technology, 1巻, pp. 138-142, 20021201
  59. Reactive Disassembly Planning using Internet, Proceedings of SICE Annual Conference, pp. 2772-2777, 20030801
  60. リマニュファクチャリング-位置づけとプロセスの概要-, 資源環境対策, 38巻, 6号, pp. 59-64, 20020601
  61. リマニュファクチャリング-産業の現状と将来-, 資源環境対策, 38巻, 7号, pp. 55-60, 20020701
  62. Simulation-based Evaluation of Forward and Reverse Supply Chain, Proceedings of EcoDesign 2003: The 3rd International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, pp. 521-526, 20031201
  63. Mathematical Model of Reusability, Proceedings of 2004 IEEE International Symposium on Electronics and the Environment, pp. 183-188, 20040501
  64. Real-time Scheduling in Remanufacturing, Proceeding of 2000 Japan-USA Symposium on Flexible Automation, JS-011号, pp. 1-4, 20040701
  65. Assembly Sequence Planning using K-nearest-neighbor Rule, Proceedings of International Conference on Machine Automation (ICMA2004), pp. 155-160, 20041101
  66. Simulation-based Evaluation of Forward and Reverse Supply Chain, Proceedings of EcoDesign 2003: The 3rd International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, pp. 521-526, 20031201
  67. Mathematical Model of Reusability, Proceedings of 2004 IEEE International Symposium on Electronics and the Environment, pp. 183-188, 20040501
  68. Real-time Scheduling in Remanufacturing, Proceeding of 2000 Japan-USA Symposium on Flexible Automation, pp. CD-ROM, 20040701
  69. Adaptive Production Planning by Information Sharing for Reverse Sppuly Chain, Proceedings of the 4th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing (EcoDesign 2005), pp. CD-ROM, 20051201
  70. Production Planning and Simulation for Reverce Supply Chain, Proceedings of the 3rd International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), pp. CD-ROM, 20051001
  71. Dynamic Scheduling with Processing Time Uncertainty Using the Mixture of Real-time Scheduling and Periodic Optimization, Proceedings of the SICE Annual Conference 2005, pp. CD-ROM, 20050801
  72. Self-improving System for Assembly Sequencing Planning, Proceedings of the SICE Annual Conference 2005, pp. CD-ROM, 20050801
  73. Dynamic Job Shop Scheduling Using the Mixture of a Genetic Algorithm and a Priority Rule, Proceedings of the 18th International Conference on Production Research, pp. CD-ROM, 20050801
  74. 遺伝的アルゴリズムと優先規則を融合した動的スケジューリング(納期余裕に着目した優先規則の影響), 日本機械学会論文集C編, 72巻, 714号, pp. 575-583, 20060401
  75. ニューラルネットワークによる動的スケジューリングのための優先規則作成法, 日本機械学会論文集C編, 72巻, 714号, pp. 567-574, 20060401
  76. 定期的最適化とリアルタイムスケジューリングの融合による処理時間の不確実性を考慮した動的スケジューリング, 日本機械学会論文集C編, 72巻, 717号, pp. 1630-1037, 20060401
  77. Production Planning and Simulation for Reverse Supply Chain, JSME International Journal Series C, 49巻, 2号, pp. 281-296, 20060401
  78. 物の循環を含むサプライチェーンのシミュレーションによる多面的評価, 日本機械学会論文集C編, 72巻, 720号, pp. 2621-2628, 20060801
  79. 本校におけるこれまでの歯科技工士養成に関する分析と四年制移行による変化, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 52-58, 20060601
  80. Efficient Dynamic scheduling with Short Forecast Window using the Mixture of a Genetic Algorithm and a Priority Rule, Proceedings of the 2006 International Symposium on Flexible Automation, pp. CD-ROM, 20060701
  81. 義歯製作法を応用した指部プロテーゼ製作実習の導入, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 2号, pp. 134-139, 20071201
  82. Immobilization of Octadecyl Ammonium Chloride on the Surface of Titan and Its Effects on Microbial Biofilm Formation In Vitro., Dental Materials Journal, 24巻, 4号, pp. 570-582, 20051101
  83. Assembly Sequence Planning using K-nearest-neighbor Rule, Mechatronics for Safety, Security and dependability in a New Era, pp. 129-132, 20061201
  84. 物の循環を含むサプライチェーンのシミュレーションによる多面的評価, 日本機会学会論文集C, 72巻, 720号, pp. 281-288, 20060801
  85. Production Planning and Simulation for Reverse Supply Chain, JSME International Journal Series C, 49巻, 2号, pp. 281-286, 20060601
  86. ライフサイクル工学, システム制御情報学会誌, 49巻, 3号, pp. 108-109, 20050301
  87. Mathematical Model of Reusability, Proc. of 2004 IEEE International Symposium on Electronics and the Environment, pp. 183-188, 20040501
  88. Real-time Scheduling in Remanufacturing, 2004 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation CD-ROM, JS-011号, pp. 1-4, 20040701
  89. 2次元レーザレンジセンサによる複数移動物体の検出・追跡法, 日本機会学会論文集C, 70巻, 696号, pp. 2344-2351, 20040801
  90. 歯科関連企業を対象とした歯科技工士の需要および教育に関するアンケート調査, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 43-51, 20060620
  91. 本校におけるこれまでの歯科技工士養成に関する分析と四年制移行による変化―学生に関する調査―, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 52-58, 20060620
  92. Contribution of Finite Element Modeling to Assessment of Mandibular Movements, 2nd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, pp. 17-22, 20071006
  93. Chewing Gum Containing Citric Acid Reduces the Burden of Periodontal pathogens., The Open Food Science Journal, 2号, pp. 29-32, 20081001
  94. 嚥下機能模型の製作, 解剖学雑誌, 83巻, 2号, pp. 51-57, 20081001
  95. 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用, 広島大学歯学雑誌, 第40巻巻, 第1号号, pp. 55-61, 20080601
  96. 耳小骨機能模型の製作, 解剖学雑誌, 84巻, 2号, pp. pp.41-46, 20090601
  97. Evaluation of single liquid primers with organic sulfur compound for bonding between indirect composite material and silver-palladium-copper-gold alloy, Dental Materials Journal, VOL.29巻, (1)号, pp. pp.25-29, 20100201
  98. 光切断法を用いた顔面計測とその応用, 広島大学歯学雑誌, 41巻, (2)号, pp. 107-113, 20090401
  99. 耳小骨機能模型の製作, 解剖学雑誌, 84巻, 2号, pp. pp.41-46, 20090601
  100. 三次元形状データを用いた歯型彫刻制作物の客観的評価ー主観的評価との比較ー, 日本歯科理工学会雑誌, 30巻巻, 3号号, pp. 202-206, 20110501
  101. Three-dimensional finite element analysis of cartilaginous tissues in human temporomandibular joint during prolonged clenchingpp, Archives of Oral biology, 55巻, pp. 8 79 – 8 86, 20100701
  102. BI-CRITERIA DYNAMIC JOB SHOP SCHEDULING TO MEET DUE-DATES AND MINIMIZE SETUP TIME, Proceedings of 2008 ISFA 2008 International Symposium on Flexible Automation, JS010巻, pp. 1-4, 20080701
  103. Job shop Scheduling with Capacity Adjustment, The 4th International Conference on Leading Edge Manufacturing in the 21st Century(LEM21), pp. 651-654, 20071101
  104. Application of Rapid Prototyping in Dentistry, Proceedings of 2nd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, pp. 27-32, 20071001
  105. 現在と未来(Part3)-工業用CAD/CAMの研究の変遷からみた歯科用CAD/CAM-, 日本歯科技工学会雑誌, 28巻, 1号, pp. 23-26, 20070601
  106. 歯科用CAD/CAMの動向, 広島市歯科医師会「太田川」, 20100401
  107. Development of a system that evaluates abutment teeth for dental CAD/CAM, Proceedings of the 3rd International Symposium on Digital Manufacturing 2011, pp. 341-346, 20111101
  108. A Method of Constructing Cooperative Work Groups for Concurrent Engineering, Proceedings of the 3rd International Symposium on Digital Manufacturing 2011, pp. 410-415, 20111101
  109. An Approach of Estimation of Distribution Algorithm for Job Shop Scheduling, Proceedings of the 3rd International Symposium on Digital Manufacturing 2011, pp. 101-106, 20111101
  110. 三次元形状データを用いた歯型彫刻製作物の客観的評価ー主観的評価との比較ー, 日本歯科理工学会誌, 30巻, 3号, pp. 202-206, 20110501
  111. Development of a system evaluating abutment teeth for CAD/CAM, 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, 20111001
  112. ジルコニアの接着における表面処理の有効性と歯冠用コンポジットレジンの接着特性, 日本歯科技工学会雑誌, 34巻, 1号, pp. 1-7, 20130701
  113. Construction of orthodontic setup models on a computer, American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics, 141巻, 6号, pp. 806-813, 20120601
  114. Development of a system for evaluating abutment teeth, Advanced Biomedical Engineering, 1巻, 1号, pp. 23-26, 20120601
  115. Job Shop Scheduling to Meet Due Dates with Consideration to Sequence Dependent Setup Times in a Dynamic Environment, Proceedings of the ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation (ISFA2012), ISFA2012-72巻, pp. 1-4, 20120701
  116. An in vitro evaluation of the adhesion of Candida species to oral and lung tissue cells, MYCOSES, 49巻, 1号, pp. 14-17, 200601
  117. Job shop scheduling for meeting due dates and minimizing overtime using genetic algorithm incorporating new priority rules, JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING, 8巻, 5号, pp. 1-10, 2014
  118. Efficient Job Shop Scheduling by Sequentially Fixing Partial Schedules, Proceedings of International Symposium on Flexible Automation(ISCIE / ASME ISFA2014), pp. 1-4, 2014.7
  119. 三次元形状データを応用した臼歯部歯型彫刻の客観的評価—特徴点のずれによる評価—, 日本歯科技工学会雑誌, 35巻, 1号, pp. 16-23, 2014.7
  120. 口腔健康科学科口腔工学専攻学生の職業に対する志向と実際の就業状況, 日本歯科医学教育学会雑誌, 30巻, 2号, pp. 68-80, 2014
  121. GAと優先規則の融合による能力調整を考慮したジョブショップスケジューリング―ジョブのクリティカル値に基づく残業決定法―, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2014講演論文集, 14巻, 8号, pp. 49-50, 2014
  122. 3Dプリンターによる蝶形骨複製模型の作製, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014
  123. ジルコニアとコンポジットの接着におけるダイオードレーザーを用いた微細維持の効果, 日本歯科技工学会第36回学術大会, 2014
  124. 外的要因による人工ボディ用材料(医用シリコーン)への影響, 第98回広島大学歯学会例会, 2014
  125. 光学印象に適したインレーワックスの開発, 第98回広島大学歯学会例会, 2014
  126. Production planning and simulation for reverse supply chain, JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-MECHANICAL SYSTEMS MACHINE ELEMENTS AND MANUFACTURING, 49巻, 2号, pp. 281-286, 2006
  127. Three-dimensional finite element analysis of cartilaginous tissues in human temporomandibular joint during prolonged clenching, ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 55巻, 11号, pp. 879-886, 2010
  128. 木の確率的初等変換による組立順序の生成, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 1995巻, 2号, pp. 133-134, 19950901
  129. ペトリネットによる製品のライフサイクル・シミュレータの開発, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 1998巻, 2号, 19980901
  130. Modeling and Simulation of Products' Life Cycles Using Petri Nets, International journal of the Japan Society for Precision Engineering, 33巻, 4号, pp. 373-375, 19991201
  131. インターネットを利用したリアクティブ分解計画, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 1999巻, 1号, 19990305
  132. サリチリデンアニリンの光着色反応と光消色反応〔英文〕, 色材協會誌, 65巻, 5号, pp. 294-297, 19920520
  133. リユース可能率の定式化に関する研究, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 2002巻, 1号, 20020301
  134. リユースを考慮に入れた生産計画に関する研究 : リユース可能な部品数の予測, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 2000巻, 1号, 20000301
  135. リュースを考慮に入れた生産計画に関する研究(第2報) : 部品を同種製品にリュースする場合, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 2000巻, 2号, 20000901
  136. アメリカにおけるリマニュファクチャリングの状況, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 2001巻, 2号, 20010901
  137. リユースを考慮に入れた生産計画に関する研究(第3報) : 複数種類の製品を対象とする場合, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 2001巻, 2号, 20010901
  138. 広島大学歯学部附属歯科技工士学校33年間の歩み : 学生に関する分析, 日本歯科技工学会雑誌, 26巻, 2号, 20051220
  139. 歯科関連企業を対象とした歯科技工士の需要および教育に関するアンケート調査, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 43-51, 20060620
  140. 本校におけるこれまでの歯科技工士養成に関する分析と四年制移行による変化 : 学生に関する調査, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 1号, pp. 52-58, 20060620
  141. 歯科技工用機器から発生する騒音に関する調査, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 2号, 20061220
  142. 有床義歯のウェアラブルセンサ化による健康管理システムの研究, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 2号, 20061220
  143. 歯科技工実習における粉塵の発生について, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 2号, 20061220
  144. 義歯の抗菌処理に関する研究, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 2号, 20061220
  145. 学生によるエピテーゼを想定した顔面マスクの製作, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 2号, 20061220
  146. 顎関節機能模型の製作, 日本歯科技工学会雑誌, 27巻, 2号, 20061220
  147. Osteoprotegerin を固定化したチタンが破骨細胞に与える影響, 日本歯科技工学会学術大会 : プログラム : 講演内容抄録, 29巻, 20070922
  148. 嚥下機能模型の製作, 日本歯科技工学会学術大会 : プログラム : 講演内容抄録, 29巻, 20070922
  149. 前装用コンポジットと金銀パラジウム合金の接着における貴金属用プライマーの効果, 日本歯科技工学会学術大会 : プログラム : 講演内容抄録, 29巻, 20070922
  150. 義歯製作法を応用した指部プロテーゼ製作実習の導入, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 2号, pp. 134-139, 20071201
  151. 嚥下機能模型の製作, 解剖學雜誌, 83巻, 2号, pp. 51-57, 20080601
  152. 非接触式三次元形状計測装置を用いた歯型彫刻製作物の客観的評価の試み : 体積と特徴点のずれの定量化, 日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education, 26巻, 2号, pp. 248-252, 20100820
  153. ジルコニアとの接着における表面処理の有効性と歯冠用コンポジットレジンの接着特性, 日本歯科技工学会雑誌, 34巻, 1号, pp. 1-7, 20130720
  154. スケジューリングを考慮した生産負荷計画手法, 廣島大學工學部研究報告, 45巻, 1号, pp. 81-88, 1996
  155. 並行処理による設計支援システムに関する研究 : モデリングとFTAの並行処理, 日本機械学會論文集. C編, 60巻, 579号, pp. 3632-3637, 19941125
  156. ライフサイクル・シミュレーションによる物質循環の費用/便益分析, 日本機械学會論文集. C編, 67巻, 660号, pp. 2732-2738, 20010825
  157. リバースロジスティックスを含むサプライチェーンのシミュレーションによる評価(OS02/インバースマニュファクチャリング), 設計工学・システム部門講演会講演論文集, 2001巻, 11号, pp. 259-262, 20011101
  158. 分散オブジェクトによる分散型 LCA, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2002巻, 7号, pp. 225-226, 20020920
  159. リユースを考慮に入れた生産計画の研究 : リユース可能率の定式化に基づく生産計画法, 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2003巻, 7号, pp. 319-320, 20030805
  160. リマニュファクチャリング・システムに投入すべき使用済み製品の決定(FA), 講演論文集, 2001巻, 39号, pp. 343-344, 20010221
  161. リマニュファクチャリングにおけるリアルタイムスケジューリング, 講演論文集, 2002巻, 40号, pp. 469-470, 20020221
  162. ライフサイクル工学(アイ・サイ問答教室), システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌, 49巻, 3号, pp. 108-109, 20050315
  163. 循環型生産のための企業間の情報共有による生産計画法(生産システムの設計・管理・評価), 生産システム部門講演会講演論文集, 2004巻, pp. 23-24, 20040611
  164. リマニュファクチャリングのためのオンザスポット計画(環境適応型知的人工システム), 生産システム部門講演会講演論文集, 2004巻, pp. 55-56, 20040611
  165. ニューラルネットワークを用いた動的ジョブショップスケジューリングのための優先規則作成法(機械要素,潤滑,工作,生産管理など), 日本機械学會論文集. C編, 72巻, 714号, pp. 567-574, 20060225
  166. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合による動的スケジューリング : 納期余裕に着目した優先規則の影響(機械要素,潤滑,工作,生産管理など), 日本機械学會論文集. C編, 72巻, 714号, pp. 575-583, 20060225
  167. 定期的最適化とリアルタイムスケジューリングの融合による処理時間の不確実性を考慮した動的スケジューリング(機械要素,潤滑,工作,生産管理など), 日本機械学會論文集. C編, 72巻, 717号, pp. 1630-1637, 20060525
  168. 物の循環を含むサプライチェーンのシミュレーションによる多面的評価(機械要素,潤滑,工作,生産管理など), 日本機械学會論文集. C編, 72巻, 720号, pp. 2621-2628, 20060825
  169. Production Planning and Simulation for Reverse Supply Chain(Manufacturing systems and Scheduling), Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21, 2005巻, 2号, pp. 385-390, 20051018
  170. 遺伝的アルゴリズムと優先規則を融合した動的スケジューリング : 納期余裕に着目した優先規則の影響(OS2 生産スケジューリング), 生産システム部門講演会講演論文集, 2005巻, pp. 17-18, 20050624
  171. 2次元レーザレンジセンサによる複数移動物体の検出・追跡法(機械力学,計測,自動制御), 日本機械学會論文集. C編, 70巻, 696号, pp. 2344-2351, 20040825
  172. 遺伝的アルゴリズムと優先規則を融合した動的スケジューリング : 大型建機工場における性能評価(生産加工・工作機械II,生産システムI), 講演論文集, 2006巻, 44号, pp. 385-386, 20060223
  173. 納期余裕を考慮した動的ジョブショップスケジューリング(生産加工・工作機械II,生産システムI), 講演論文集, 2006巻, 44号, pp. 387-388, 20060223
  174. 能力調整による納期尊守型動的スケジューリング(生産加工・工作機械II,生産システムI), 講演論文集, 2006巻, 44号, pp. 389-390, 20060223
  175. ニューラルネットワークを用いた半導体生産システムのリアルタイムスケジューリング(生産加工・工作機械III,生産システムII), 講演論文集, 2006巻, 44号, pp. 393-394, 20060223
  176. 状況対応型スケジューリングのためのMESモデルの構築(生産加工・工作機械III,生産システムII), 講演論文集, 2006巻, 44号, pp. 397-398, 20060223
  177. 能力調整を考慮したジョブショップスケジューリング(OS1-1 生産スケジューリング), 生産システム部門講演会講演論文集, 2007巻, pp. 13-14, 20070712
  178. 納期遵守と残業時間最小化スケジューリング(設計工学・システムII,生産加工・工作機械I,生産システムI), 講演論文集, 2007巻, 45号, pp. 393-394, 20070307
  179. 納期遵守と段取り時間最小化のための二目的ジョブショップスケジューリング : 動的環境における余裕を考慮した最適化(設計工学・システムII,生産加工・工作機械I,生産システムI), 講演論文集, 2007巻, 45号, pp. 395-396, 20070307
  180. 生産計画とスケジューリングの統合化による納期リードタイムの最小化(生産加工・工作機械II,生産システムII,産業・化学機械), 講演論文集, 2007巻, 45号, pp. 403-404, 20070307
  181. タイムウインドウに基づく複数AGVのハイブリッド型運行管理(生産加工・工作機械II,生産システムII,産業・化学機械), 講演論文集, 2007巻, 45号, pp. 401-402, 20070307
  182. パソコンによるCAD実習 : 広島大学工学部機械系での実施例(第9セッション コンピュータ支援演習), 工学・工業教育研究講演会講演論文集, 8巻, pp. 103-104, 19960724
  183. 学習教育目標の設定と外部評価アンケート : 広島大学工学部第一類(機械システム工学系)の場合((15)技術者教育認定関連(JABEE)), 工学・工業教育研究講演会講演論文集, 17巻, pp. 660-661, 20050909
  184. S2001-2-3 口腔健康科学科におけるコンピュータ利用ものづくり教育(技術教育・工学教育(2)), 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting, 2009巻, 5号, pp. 321-322, 20090912
  185. 三次元形状データを用いた歯型彫刻製作物の客観的評価 : 主観的評価との比較, 日本歯科理工学会誌, 30巻, 3号, pp. 202-206, 20110525
  186. 歯科用CAD/CAMのための支台歯形成評価システムの開発(GS-3 医療システムとデバイス), バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 2010巻, 23号, pp. 575-576, 20110107
  187. 生産計画・スケジューリング統合環境下での納期遵守とリードタイム最小化(OS2-2 統合型計画・管理手法), 生産システム部門講演会講演論文集, 2011巻, pp. 49-50, 20110316
  188. 能力調整を考慮したジョブショップスケジューリング(GAと優先規則の融合による効率的探索法), 日本機械学会論文集 C編, 79巻, 807号, pp. 4424-4434, 2013
  189. 定期的最適化とリアルタイムスケジューリングの融合による処理時間の不確実性を考慮した動的スケジューリング, 日本機械学会論文集 C編, 72巻, 717号, pp. 1630-1637, 2006
  190. 物の循環を含むサプライチェーンのシミュレーションによる多面的評価, 日本機械学会論文集 C編, 72巻, 720号, pp. 2621-2628, 2006
  191. GT概念とヒューリステ小クスに基づくFMS工具配分, 日本機械学会論文集 C編, 56巻, 530号, pp. 2756-2761, 1990
  192. ニューラルネットワークを用いた動的ジョブショップスケジューリングのための優先規則作成法, 日本機械学会論文集 C編, 72巻, 714号, pp. 567-574, 2006
  193. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合による動的スケジューリング(納期余裕に着目した優先規則の影響):納期余裕に着目した優先規則の影響, 日本機械学会論文集 C編, 72巻, 714号, pp. 575-583, 2006
  194. リマニュファクチャリングにおけるリアルタイムスケジューリング, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2003巻, 0号, pp. 263-263, 2003
  195. リユース可能率の定式化に関する研究(第3報), 精密工学会学術講演会講演論文集, 2004巻, 0号, pp. 101-101, 2004
  196. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合による納期遅れと段取りの二目的スケジューリング, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2004巻, 0号, pp. 151-151, 2004
  197. ニューラルネットワークを用いた動的ジョブショップのスケジューリングルール抽出, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2004巻, 0号, pp. 193-193, 2004
  198. リユースを考慮に入れた生産計画に関する研究(第4報):適応型生産計画法, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2004巻, 0号, pp. 288-288, 2004
  199. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合による動的スケジューリング:局所的な最適化の影響について, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2005巻, 0号, pp. 199-199, 2005
  200. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合によるジョブショップスケジューリング:納期遅れと段取りの二目的スケジューリング, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2005巻, 0号, pp. 212-212, 2005
  201. 納期遵守と段取り時間最小化のニ目的動的スケジューリング, システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集, 6巻, 0号, pp. 105-105, 2006
  202. Job shop scheduling for meeting due dates and minimizing overtime using genetic algorithm incorporating new priority rules, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, 8巻, 5号, pp. JAMDSM0071-JAMDSM0071, 2014
  203. リユース可能率の定式化に関する研究(第2報), 精密工学会学術講演会講演論文集, 2003巻, 0号, pp. 92-92, 2003
  204. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合による動的スケジューリング:納期余裕を陽に考慮した納期遅れコスト最小化, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2006巻, 0号, pp. 73-74, 2006
  205. 動的ジョブショップ環境における納期遵守と段取り時間最小化の二目的スケジューリング, 精密工学会学術講演会講演論文集, 2007巻, 0号, pp. 959-960, 2007
  206. リマニュファクチャリング--環境にやさしく,利益を生む注目のリサイクル(1)位置づけとプロセスの概要, 資源環境対策, 38巻, 6号, pp. 617-622, 200205
  207. リマニュファクチャリング--環境にやさしく、利益を生む注目のリサイクル(2)産業の現状と将来, 資源環境対策, 38巻, 7号, pp. 713-718, 200206
  208. 光切断法を用いた顔面計測とその応用, 広島大学歯学雑誌, 41巻, 2号, pp. 107-113, 200912
  209. 能力調整を考慮した納期遵守スケジューリング : GA と融合手法における効果的な優先規則, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 57巻, 20130515
  210. 時間順に意思決定を行うアクティブスケジュール生成アルゴリズム, システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 59巻, 20150520
  211. リマニュファクチャリングのための使用済み製品の最適選択, 精密工学会大会学術講演会講演論文集, 2002巻, 2号, 20021001
  212. ★, Computer-Aided Design and Fabrication of Finger Prosthesis, Journal of Biomedical Science and Engineering, 8巻, pp. 98-103, 2015.2
  213. Grouping of Tasks for Cooperative Product Development, International Journal of Engineering and Technology, 7巻, 2号, pp. 568-576, 2015.4
  214. Active Schedule Generation Algorithm that Makes Decisions According to Time Progress, Proceedings of the 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), C43巻, pp. 1-4, 201510
  215. 代替機械を考慮したジョブショップスケジューリング-遺伝的アルゴリズムとヒューリスティックルールの融合によるスケジューリング法の性能評価-, 生産システム部門研究発表講演会2015論文集, pp. 95-96, 2015.3
  216. 自動工程と手動工程が混在するジョブショップスケジューリングの最適化, 日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会講演論文集, 151-1巻, pp. 402-403, 2015.3
  217. 時間順に意思決定を行うアクティブスケジュール生成アルゴリズム, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 122巻, 6号, pp. 1-4, 2015.5
  218. 新しいアクティブスケジュール生成アルゴリズムの性能評価, 日本設計工学会中国支部講演論文集, 32号, pp. 17-20, 2015.6
  219. 3Dスキャナと3Dプリンタの利用によるマスクフィッティングピースの開発, LIFE2015講演予稿集, 2D1-03号, pp. 1-2, 2015.9
  220. 自動工程と手動工程が混在するジョブショップスケジューリングの最適化(第2報), 日本機械学会2015年度年次大会講演論文集, 15-1号, pp. 1-5, 2015.9
  221. スケジューリングに基づくジョブの投入時刻決定による製造リードタイムの最小化, 日本機械学会2015年度年次大会講演論文集, 15-1号, pp. 1-5, 2015.9
  222. Additive Manufacturingのエピテーゼ製作への応用に関する調査研究, 日本歯科技工学会第37回学術大会講演抄録, 36巻, pp. 1-1, 201510
  223. ジルコニアと床用レジンの接着強度における新規微細維持の効果, 日本歯科技工学会第37回学術大会講演抄録, 36巻, pp. 1-1, 201510
  224. マスクを顔にフィットさせるデバイスの開発, 第99回広島大学歯学会(第54回広島県歯科医学会,日本歯科技工学会中国・四国支部第10回学術大会 併催), pp. 1-1, 201511
  225. Accuracy of a three-dimensional dentition model digitized from an interocclusal record using a non-contact surface scanner, EUROPEAN JOURNAL OF ORTHODONTICS, 38巻, 4号, pp. 435-439, 201608
  226. 歯科医療へのCAD/CAMテクノロジーの導入, 日本歯科技工学会雑誌, 36巻, 1号, pp. 31-33, 2016.6
  227. ジョブショップスケジューリングにおけるアクティブスケジュールの効率的探索法, 精密工学会総合生産システム専門委員会2015年度活動報告書, pp. 1-5, 2016.5
  228. Additive Manufacturingのエピテーゼ製作への応用に関する調査, 精密工学会総合生産システム専門委員会2015年度活動報告書, pp. 1-22, 201605
  229. 自動工程と手動工程が混在するジョブショップ環境における納期遵守と残業時間最小化スケジューリング, 精密工学会総合生産システム専門委員会2015年度活動報告書, pp. 1-6, 201605
  230. バックワードスケジューリングに基づく探索による製造リードタイムの最小化, 精密工学会総合生産システム専門委員会2015年度活動報告書, pp. 1-5, 201605
  231. 効率的アクティブスケジューリング探索法, 生産システム部門研究発表講演会2016講演論文集, pp. 67-68, 201603
  232. 遺伝的アルゴリズムと優先規則を融合したジョブショップスケジューリング ―局所探索導入の有効性―, 日本設計工学会中国支部講演論文集, 33号, pp. 16-16, 2016.6
  233. エピテーゼ製作のための動画からの3Dモデルの作成, 日本歯科技工学会第38回学術大会抄録集, 201609
  234. マウスガード用シート材の接着方法の検討,日本歯科技工学会第38回学術大会, 日本歯科技工学会第38回学術大会抄録集, 201609
  235. 待ち時間を考慮した効率的なアクティブスケジュール探索法, スケジューリング・シンポジウム2016講演論文集, pp. 147-151, 201609
  236. 作業者数制約を考慮した能力調整を伴うジョブショップスケジューリング, 日本機械学会2016年度年次大会DVD論文集, 16号, pp. 1-6, 20160912
  237. 動画からのエピテーゼ製作用三次元形状モデルの作成, 第100回広島大学歯学会抄録, 201610
  238. マウスガード材の接着法に関する検討, 第100回広島大学歯学会抄録集, 201610
  239. Job shop scheduling for meeting due dates and minimizing overtime -Performance improvement using optimization for each shift-, Proceedings of iDECON/MS 2017, 40号, pp. 1-5, 201709
  240. Job shop scheduling for meeting due dates and minimizing overtime with the constraint of the number of operators, Proceedings of the 9th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), C03号, pp. 1-5, 201711
  241. ジョブショップにおける効率的なアクティブスケジュール探索法, 精密工学会総合生産システム専門委員会2016年度活動報告書, pp. 1-7, 201705
  242. Assembly Sequence Planning by Probabilistic Tree Transformation, EMITTER-INTERNATIONAL JOURNAL OF ENGINEERING TECHNOLOGY, 6巻, 2号, pp. 354-368, 201812
  243. Fatigue resistance of yttria-stabilized tetragonal zirconia polycrystal clasps for removable partial dentures, EUROPEAN JOURNAL OF ORAL SCIENCES, 127巻, 3号, pp. 269-275, 201906
  244. An efficient scheduling method for job shop with the constraint of the number of operators, Proceedings of the ISFA 2018 International Symposium on Flexible Automation, ID 86号, pp. 1-4, 2018
  245. Job shop scheduling for meeting due dates and minimizing overtime using genetic algorithm incorporating new priority rules, JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING, 8巻, 5号, 2014
  246. 生産システムの柔軟性とシステム更新による生産変動への対応, システム制御情報学会論文誌, 9巻, 6号, pp. 259-268, 19960615
  247. 歯工連携 現在と未来 (Part 3) : 工業用CAD/CAMの研究の変遷からみた歯科用CAD/CAM, 日本歯科技工学会雑誌, 28巻, 1号, pp. 23-26, 20070620
  248. Osteoprotegerin を固定化したチタンが破骨細胞に与える影響, 日本歯科技工学会雑誌, 28巻, 2号, 20071220
  249. 嚥下機能模型の製作, 日本歯科技工学会雑誌, 28巻, 2号, 20071220
  250. 前装用コンポジットレジンと金銀パラジウム合金の接着における貴金属用プライマーの効果, 日本歯科技工学会雑誌, 28巻, 2号, 20071220
  251. Evaluation of single liquid primers with organic sulfur compound for bonding between indirect composite material and silver-palladium-copper-gold alloy, Dental materials journal, 29巻, 1号, pp. 25-29, 20100101
  252. 設計変更における効率的組立順序探索アルゴリズム, 精密工学会誌, 60巻, 11号, pp. 1663-1668, 19941105
  253. 製品設計と信頼性解析の統合(第1報) : リアルタイム故障シミュレーション, 精密工学会誌, 57巻, 4号, pp. 725-731, 19910405
  254. 並行処理による設計支援システムに関する研究 : 基本概念, 日本機械学會論文集. C編, 59巻, 565号, pp. 2882-2889, 19930925
  255. Three-dimensional finite element analysis of cartilaginous tissues in human temporomandibular joint during prolonged clenching, ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 55巻, 11号, pp. 879-886, 2010
  256. 並行処理による設計支援システムに関する研究 基本概念, 日本機械学会論文集 C編, 59巻, 565号, pp. 2882-2889, 1993
  257. 並行処理による設計支援システムに関する研究 モデリングとFTAの並行処理, 日本機械学会論文集 C編, 60巻, 579号, pp. 3632-3637, 1994
  258. ライフサイクル・シミュレーションによる物質循環の費用/便益分析, 日本機械学会論文集 C編, 67巻, 660号, pp. 2732-2738, 2001
  259. Development of a System for Evaluating Abutment Teeth, Advanced Biomedical Engineering, 1巻, 0号, pp. 23-26, 2012
  260. Effect of microslit retention on the bond strength of zirconia to dental materials, DENTAL MATERIALS JOURNAL, 38巻, 6号, pp. 1043-1052, 201912
  261. ★, Applying deep artificial neural network approach to maxillofacial prostheses coloration, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 64巻, 3号, pp. 296-300, 202007
  262. Cytotoxicity assay using a human pluripotent stem cell-derived cranial neural crest cell model, IN VITRO CELLULAR & DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL, 56巻, 7号, pp. 505-510, 202008
  263. Accuracy Evaluation of a Three-Dimensional Model Generated from Patient-Specific Monocular Video Data for Maxillofacial Prosthetic Rehabilitation: A Pilot Study, JOURNAL OF PROSTHODONTICS-IMPLANT ESTHETIC AND RECONSTRUCTIVE DENTISTRY, 29巻, 8号, pp. 712-717, 202010
  264. Comprehensive analysis of transcriptional profiles in oral epithelial-like cells stimulated with oral probiotic Lactobacillus spp., ARCHIVES OF ORAL BIOLOGY, 118巻, 202010
  265. In Vivo Efficacy of Lacticaseibacillus rhamnosus L8020 in a Mouse Model of Oral Candidiasis, JOURNAL OF FUNGI, 7巻, 5号, 202105
  266. Landmark annotation and mandibular lateral deviation analysis of posteroanterior cephalograms using a convolutional neural network, JOURNAL OF DENTAL SCIENCES, 16巻, 3号, pp. 957-963, 202107
  267. デジタルデンティストリー −AIと3Dプリンタが拓く新しい世界−, 中・四国矯正歯科学会雑誌, 32巻, 1号, pp. 3-8, 2020

著書等出版物

  1. 2017年08月, 基礎から学ぶCAD/CAMテクノロジー, 医歯薬出版, 2017年, 8, 単行本(学術書), 共著, 8-35
  2. 2017年04月, 最新歯科技工士教本 歯科技工実習, 医歯薬出版, 2017年, 4, 単行本(学術書), 共著
  3. 2014年, 平成26年版歯科技工士国家試験問題・解答集, 医歯薬出版, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 末瀬一彦,村山 長,玉本光弘ほか, 978-4263432327
  4. 2012年04月, CAD/CAMデンタルテクノロジー:末瀬一彦,村山 長ほか:(東京),pp.14-39,2012, 医歯薬出版, 2012年, 04, 単行本(学術書), 共編著, 9784263433492, 142
  5. 2004年03月, インバース・マニュファクチャリング ハンドブック , 丸善, 2004年, 03, 単行本(学術書), 共編著, 木村文彦 梅田靖 村山 長 , 581
  6. 2003年06月, 精密工学会総合生産システム専門委員会2002年度活動報告書 , 精密工学会総合生産システム専門委員会, 2003年, 06, 調査報告書, 共著, 村山 長 畠中伸也 金子正明 大場 史憲 , 11
  7. 2002年06月, 精密工学会総合生産システム専門委員会2001年度活動報告書 , 精密工学会総合生産システム専門委員会, 2002年, 06, 調査報告書, 単著, 村山 長 , 11
  8. 2001年07月, マツダ財団研究報告書 , マツダ財団, 2001年, 07, 共編著, 村山 長
  9. 2000年03月, 平成11年度地域コンソーシアム研究開発事業「タスク適合型群構成搬送ロボットシステムTRIPTERSの開発研究」 , 2000年, 03, 共編著, 村山 長
  10. 2000年05月, 精密工学会総合生産システム専門委員会1999年度活動報告書 , 精密工学会総合生産システム専門委員会, 2000年, 05, 共編著, 村山 長
  11. 1999年03月, 平成10年度地域コンソーシアム研究開発事業「タスク適合型群構成搬送ロボットシステムTRIPTERSの開発研究」 , 1999年, 03, 共編著, 村山 長
  12. 1998年01月, Advances in Production Management Systems , Chapman & Hall, 1998年, 01, 共編著, 村山 長
  13. 1998年03月, 平成9年度地域コンソーシアム研究開発事業「タスク適合型群構成搬送ロボットシステムTRIPTERSの開発研究」 , 1998年, 03, 共編著, 村山 長
  14. 1997年08月, Integrated Product, Process and Enterprise Design , Chapman & Hall, 1997年, 08, 共編著, 村山 長
  15. 1997年05月, 精密工学会総合生産システム専門委員会1996年度活動報告書 , 精密工学会総合生産システム専門委員会, 1997年, 05, 共編著, 村山 長
  16. 1996年05月, 精密工学会総合生産システム専門委員会1995年度活動報告書 , 精密工学会総合生産システム専門委員会, 1996年, 05, 共編著, 村山 長
  17. 1994年09月, Advancement of Intelligent Production , Elsevier Science B. V., 1994年, 09, 共編著, 村山 長
  18. 1993年01月, Robotics, Mechatronics and Manufacturing Systems , Elsevier Science B. V., 1993年, 01, 共編著, 村山 長
  19. 1992年06月, Human Aspects in Computer Integrated Manufacturing , Elsevier Science B. V., 1992年, 06, 共編著, 村山 長

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Lansoprazole Delays Extraction Socket Healing in Bisphosphonate-medicated Mice, Yoshioka R, Mine Y, Nikawa H, Murayama T, The 34th Annual Scientific Meeting of International Association of Dental Research - South East Asia Division (IADR-SEA), 2020年11月26日, 通常, 英語, プレプリント
  2. Detection of Dental and Oral Anomalies with Machine Learning: Comparison between Convolutional Neural Networks and Random Forest, Nakamura K, Mine Y, Iwamoto Y, Takeda S, Mitsuhata C, Kozai K, Murayama T, IAPD20(International Association of Paediatric Dentistry)2020 Virtual Meeting, 2020年09月13日, 通常, 英語, プレプリント
  3. 実験的過剰咬合におけるビスフォスフォネート投与マウスのBRONJ様病態解析, 峯 裕一, 蓑田芽萌理, 吉岡玲奈, 牧平清超, 二川浩樹, 村山 長, 日本補綴歯科学会第129回学術大会, 2020年06月26日, 通常, 日本語, 福岡, プレプリント
  4. Deep Learningによる小児歯科疾患検出, 竹田沙織, 峯 裕一, 江口 透, 村山 長, 日本デジタル歯科学会第11回学術大会, 2020年04月25日, 通常, 日本語, 名古屋, プレプリント
  5. 素材の異なるデンタルブラシを用いてブラッシングしたチタンの表面性状評価, 占部志歩, 首藤崇裕, 村山 長, 峯 裕一, 日本歯科理工学会令和2年度春期第75回学術講演会, 2020年04月18日, 通常, 日本語, 長野, プレプリント
  6. 新規インプラントオッセオインテグレーションマウスモデルの確立, 平岡望々, 峯 裕一, 蓑田芽萌理, 二川浩樹, 村山 長, 日本歯科理工学会令和2年度春期第75回学術講演会, 2020年04月18日, 通常, 日本語, 長野, プレプリント
  7. Evaluation of alveolar bone in bisphosphonate-medicated mice with hyperocclusive state, Okuda K, Mine Y, Nikawa H, Murayama T, 4th Meeting of the International Association for Dental Research and Asia Pacific Region 2019, 2019年11月28日, 通常, 英語
  8. 3D技術とAIを用いた鼻エピテーゼの製作, 初崎あかね,川口 莉穂,藤吉夏妃,峯 裕一,江口 透,村山 長, 第103回広島大学歯学会・第58回広島県歯科医学会, 2019年11月17日, 通常, 日本語
  9. 細胞診における良性・悪性鑑別へのAIの応用, 藤井万里,峯 裕一,江口 透,村山 長, 第103回広島大学歯学会・第58回広島県歯科医学会, 2019年11月17日, 通常, 日本語
  10. ヒト乳癌細胞株MCF-7のCYP19/aromatase発現におけるゾレドロン酸の役割, 川﨑あや,峯 裕一,二川浩樹,村山 長, 第103回広島大学歯学会・第58回広島県歯科医学会, 2019年11月17日, 通常, 日本語
  11. ランソプラゾールはBRONJモデルマウスにおける抜歯窩治癒を遅延させる, 吉岡玲奈, 峯 裕一, 二川浩樹, 村山 長, 第 67 回 NPO 法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2019年10月11日, 通常, 日本語
  12. Deep learning approach to coloration of maxillofacial prostheses –optimization of hyper parameters–, Fujiyoshi N, Mine Y, Eguchi T, Murayama T, 5th Annual Meeting of the International Academy for Digital Dental Medicine, 2019年10月04日, 通常, 英語
  13. 能力調整を伴うジョブショップスケジューリング―複数作業者による共同作業を考慮した最適化(第2報), 山下智史,江口 透,村山 長, 日本機械学会2019年度年次大会, 2019年09月08日, 通常, 日本語
  14. 遺伝的アルゴリズムと優先規則の融合によるジョブショップスケジューリング ―EGRASPとの性能比較実験―, 江口 透,西岡大嬉,村山 長, 日本機械学会2019年度年次大会, 2019年09月08日, 通常, 日本語
  15. プロトンポンプ阻害剤はBRONJモデルマウスにおける抜歯窩治癒を遅延させる, 吉岡玲奈, 峯 裕一, 蓑田芽萌理, 奥田花鈴, 牧平清超, 二川浩樹, 村山 長, 日本補綴歯科学会中国・四国支部令和元年度総会・学術大会, 2019年07月10日, 通常, 日本語
  16. 実験的過剰咬合におけるビスフォスフォネート投与マウスの顎骨解析, 奥田花鈴, 峯 裕一, 蓑田芽萌理, 吉岡玲奈, 牧平清超, 二川浩樹, 村山 長, 日本補綴歯科学会中国・四国支部令和元年度総会・学術大会, 2019年07月10日, 通常, 日本語
  17. デジタルデンティストリー -AI と3D プリンタが拓く新しい世界-, 村山 長, 第62回中・四国矯正歯科学会大会, 2019年07月07日, 招待, 日本語
  18. Detection of Dental and Oral Anomalies Using Deep Learning Approach, Mine Y, Iwamoto Y, Nakamura K, Mitsuhata C, Kozai K, Murayama T, 2019 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition, 2019年06月19日, 通常, 英語
  19. Computer-aided design and fabrication of nasal prostheses applying morphing technology, Kawaguchi R, Hatsusaki A, Mine Y, Eguchi T, Murayama T, 第52回広島大学歯学会総会, 2019年06月15日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  20. Machine learning approach to coloration of maxillofacial prostheses, Manabe H, Mine Y, Fujiyoshi N, Suzuki S, Eguchi T, Murayama T, 第52回広島大学歯学会総会, 2019年06月15日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  21. Applying deep convolutional neural network approach for detection of oral and dental anomalies, Nakamura K, Mine Y, Iwamoto Y, Enomoto S, Eguchi T, Mitsuhata C, Kozai K, Murayama T, 第52回広島大学歯学会総会, 2019年06月15日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  22. TRAF1-derived Peptide CRADNLHPVS Inhibits Osteoclastogenesis in vitro, Minoda M, Mine Y, Shuto T, Nikawa H, Murayama T, 第52回広島大学歯学会総会, 2019年06月15日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  23. Evaluation of alveolar bone in bisphosphonate-medicated mice with hyperocclusive state, Okuda K, Mine Y, Nikawa H, Murayama T, 第52回広島大学歯学会総会, 2019年06月15日, 通常, 英語, 広島大学歯学会
  24. 機械学習を用いたエピテーゼ製作支援法の検討, 峯 裕一,鈴木駿輔,真辺浩典,江口 透, 村山 長, 第58回日本生体医工学会大会, 2019年06月06日, 通常, 日本語
  25. 投入時刻とスケジューリングの同時最適化に関する研究(第2報), 大前幸平,江口 透,村山 長, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2019, 2019年03月12日, 通常, 日本語
  26. Additive Manufacturingの医療への応用, 村山 長, 平成30年度第3回次世代ものづくり技術セミナー, 2019年02月27日, 招待, 日本語
  27. 人工知能の歯科医療への展開, 村山 長, 日本歯科理工学会 近畿・中四国地方会 平成 30 年度冬期セミナー 併催 第7回 日本バイオマテリアル学会 中四国ブロック シンポジウム《テーマ:生体材料学と情報科学の接点を探る》, 2019年02月15日, 招待, 日本語
  28. 歯科CAD/CAMシステムの基礎と応用, 村山 長, 平成30年度 全国歯科技工士教育協議会 歯科技工士実習施設指導者等養成講習会, 2018年10月, 招待, 日本語
  29. 顔面模型を用いたマスク・フィッティング, 田平幸成,峯 裕一,江口 透,村山 長, 第102回広島大学歯学会例会, 2018年09月30日, 通常, 日本語
  30. 2018年09月24日, 通常, 英語
  31. 2018年09月24日, 通常, 英語
  32. ミラーリングを適用できない部位のエピテーゼ製作法, 川口莉穂,峯 裕一,江口 透,村山 長, 日本歯科技工学会第40回学術大会, 2018年09月22日, 通常, 日本語
  33. 機械学習によるエピテーゼ用顔料の配合比の決定, 西原楓菜,峯 裕一,江口 透,村山 長, 日本歯科技工学会第40回学術大会, 2018年09月22日, 通常, 日本語
  34. 歯科技工作業へのディスパッチングルールの適用とシミュレーションによる評価 第2報, 柳瀬大輝,山田陸人,峯 裕一,江口 透,村山 長, 日本歯科技工学会第40回学術大会, 2018年09月22日, 通常, 日本語
  35. 投入時刻とスケジューリングの同時最適化に関する研究, 江口 透,大前幸平,村山 長, 日本機械学会2018年度年次大会, 2018年09月10日, 通常, 日本語
  36. 能力調整を伴うジョブショップスケジューリング(複数作業者による共同作業を考慮した最適化), 江口 透,山下智史,村山 長, 日本機械学会2018年度年次大会, 2018年09月10日, 通常, 日本語
  37. 2018年07月15日, 通常, 英語
  38. 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月09日, 通常, 英語
  39. 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月09日, 通常, 英語
  40. 第51回広島大学歯学会総会, 2018年06月09日, 通常, 英語
  41. 人工知能を用いたエピテーゼ用顔料の配合比の決定, 鈴木駿輔,村山 長,峯 裕一,江口 透, 日本デジタル歯科学会第9回学術大会, 2018年04月14日, 通常, 日本語
  42. 2018年03月29日, 通常, 英語
  43. 作業者数制約を考慮した能力調整を伴うジョブショップスケジューリング―シフト間負荷平準化を考慮した最適化―, 大濱康治,江口 透,村山 長, 日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018, 2018年03月14日, 通常, 日本語
  44. 顔面模型を使ったワイヤー入りマスクの自動曲げ, 田平幸成, 村山 長, 第7回サイエンス・インカレ, 2018年03月03日, 通常, 日本語
  45. 2017年11月, 通常, 英語
  46. 作業者数制約を考慮した能力調整を伴うジョブショップスケジューリング―シフト分割最適化の適用―, 大濱康治,江口 透,村山 長, 日本機械学会2017年度年次大会, 2017年09月, 通常, 日本語
  47. 2017年09月, 通常, 英語
  48. 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月, 通常, 英語
  49. 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月, 通常, 英語
  50. 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月, 通常, 英語
  51. 第50回広島大学歯学会総会, 2017年06月, 通常, 英語
  52. 2017年05月, 通常, 英語
  53. 2017年05月, 通常, 英語
  54. 2017年05月, 通常, 英語
  55. 2017年05月, 通常, 英語
  56. 2017年05月, 通常, 英語
  57. 2017年05月, 通常, 英語
  58. 動画からのエピテーゼ製作用三次元形状モデルの作成, 松尾 萌、村山 長、樋口 祥,江口 透、玉本 光弘, 第100回広島大学歯学会(第55回広島県歯科医学会,日本歯科技工学会中国・四国支部第11回学術大会 併催), 2016年10月30日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会, 広島, プレプリント
  59. マウスガード材の接着法に関する検討, 鈴木駿輔,玉本光弘,村山 長, 第100回広島大学歯学会(第55回広島県歯科医学会,日本歯科技工学会中国・四国支部第11回学術大会 併催), 2016年10月30日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会, 広島, プレプリント
  60. 待ち時間を考慮した効率的なアクティブスケジュール探索法, 江口 透,飯尾崇晃,村山 長, スケジューリング・シンポジウム2016, 2016年09月25日, 通常, 日本語, スケジューリング学会, 大阪, プレプリント
  61. 作業者数制約を考慮した能力調整を伴うジョブショップスケジューリング, 江口 透,大同 拓,大濱康治,村山 長, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016年09月12日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 福岡市, プレプリント
  62. エピテーゼ製作のための動画からの3Dモデルの作成, 松尾 萌,村山 長,江口 透,玉本光弘, 日本歯科技工学会第38回学術大会, 2016年09月10日, 通常, 日本語, 日本歯科技工学会, 奈良, プレプリント
  63. マウスガード用シート材の接着方法の検討, 鈴木駿輔,玉本光弘,村山 長, 日本歯科技工学会第38回学術大会, 2016年09月10日, 通常, 日本語, 日本歯科技工学会, 奈良, プレプリント
  64. 遺伝的アルゴリズムと優先規則を融合したジョブショップスケジューリング ―局所探索導入の有効性―, 大濱康治,江口 透, 村山 長, 日本設計工学会中国支部講演会, 2016年06月06日, 通常, 日本語, 日本設計工学会, 広島市, プレプリント
  65. 効率的アクティブスケジューリング探索法, 江口透,飯尾崇晃,村山長, 生産システム部門研究発表講演会2016, 2016年03月10日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 千葉, 発表資料
  66. マスクを顔にフィットさせるデバイスの開発, 新岡里奈,村山 長,山脇正雄,江口 透,玉本光弘, 第99回広島大学歯学会(第54回広島県歯科医学会,日本歯科技工学会中国・四国支部第10回学術大会 併催), 2015年11月08日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会,広島県歯科医学会,日本歯科技工学会中国・四国支部, 広島, 発表資料
  67. Active Schedule Generation Algorithm that Makes Decisions According to Time Progress, Toru Eguchi, Naoshi Hoshino, Tetsuya Kishimoto, Takaaki Iio, Takeshi Murayama, 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21), 2015年10月19日, 通常, 英語, 日本機械学会, 京都, 発表資料
  68. Additive Manufacturingのエピテーゼ製作への応用に関する調査研究, 西田萌未,村山 長,玉本光弘,江口 透, 日本歯科技工学会第37回学術大会, 2015年10月17日, 通常, 日本語, 日本歯科技工学会, 福岡, 発表資料
  69. ジルコニアと床用レジンの接着強度における新規微細維持の効果, 岩畔将吾,下江宰司,長通秀仁,村山 長,里田隆博, 日本歯科技工学会第37回学術大会, 2015年10月17日, 通常, 日本語, 日本歯科技工学会, 福岡, 発表資料
  70. 医科,歯科における3Dプリンターの応用, 村山 長, 第17回日本口腔顎顔面技工研究会学術大会, 2015年09月26日, 招待, 日本語, 日本口腔顎顔面技工研究会, 広島, 発表資料
  71. 自動工程と手動工程が混在するジョブショップスケジューリングの最適化(第2報), 大同拓,江口透,村山 長, 日本機械学会2015年度年次大会, 2015年09月14日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 北海道, 発表資料
  72. スケジューリングに基づくジョブの投入時刻決定による製造リードタイムの最小化, 東後 憲尚,江口 透,村山 長, 日本機械学会2015年度年次大会, 2015年09月14日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 北海道, 発表資料
  73. 3Dスキャナと3Dプリンタの利用によるマスクフィッティングピースの開発, 村山 長,新岡里奈,梅崎修太郎,河原和子,江口 透,玉本光弘, LIFE2015, 2015年09月08日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 福岡, 発表資料
  74. 新しいアクティブスケジュール生成アルゴリズムの性能評価), 飯尾崇晃,岸本哲也,星野尚志,江口 透,村山 長, 日本設計工学会中国支部講演会, 2015年06月06日, 通常, 日本語, 日本設計工学会, 広島, 発表資料
  75. 時間順に意思決定を行うアクティブスケジュール生成アルゴリズム, 江口 透,星野尚志,村山 長, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会, 2015年05月20日, 通常, 日本語, システム制御情報学会, 大阪, 発表資料
  76. 代替機械を考慮したジョブショップスケジューリング-遺伝的アルゴリズムとヒューリスティックルールの融合によるスケジューリング法の性能評価-, 江口透, Parinya KAWEEGITBUNDIT,星野尚志,大同拓,村山長, 生産システム部門研究発表講演会2015, 2015年03月16日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 東京
  77. 自動工程と手動工程が混在するジョブショップスケジューリングの最適化, 大同拓, 江口透,村山 長, 日本機械学会中国四国支部第53期総会・講演会, 2015年03月06日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 広島
  78. 外的要因による人工ボディ用材料(医用シリコーン)への影響, 藤本典子, 中ノ堂まゆみ,永田明日美,玉本光弘,村山 長, 第98回広島大学歯学会例会, 2014年11月09日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会, 広島
  79. 光学印象に適したインレーワックスの開発, 中ノ堂まゆみ, 藤本典子,永田明日美,玉本光弘,村山 長, 第98回広島大学歯学会例会, 2014年11月09日, 通常, 日本語, 広島大学歯学会, 広島
  80. ジルコニアとコンポジットの接着におけるダイオードレーザーを用いた微細維持の効果, 岩畔将吾, 下江宰司,村山 長,里田隆博, 日本歯科技工学会第36回学術大会, 2014年09月19日, 通常, 日本語, 日本歯科技工学会, 北海道
  81. Efficient Job Shop Scheduling by Sequentially Fixing Partial Schedules, Mitsunobu Yoda, Toru Eguchi, Takeshi Murayama, International Symposium on Flexible Automation(ISCIE / ASME ISFA2014), 2014年07月14日, 通常, 英語
  82. 3Dプリンターによる蝶形骨複製模型の作製, 桂由香理, 木口雅夫,中谷宣弘,清水伸輝,村山長,粟井和夫,青山裕彦, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014年03月27日, 通常, 日本語, 日本解剖学会, 栃木
  83. GAと優先規則の融合による能力調整を考慮したジョブショップスケジューリング―ジョブのクリティカル値に基づく残業決定法―, 與田光伸, 江口透,村山長, 生産システム部門研究発表講演会, 2014年03月17日, 通常, 日本語, 日本機械学会, 東京
  84. 歯工連携 現在と未来(Part3)-工業用CAD/CAMの研究の変遷からみた歯科用CAD/CAM-, 村山 長, 日本歯科技工学会第28回学術会議, 2006年09月, 招待, 日本語
  85. 中古製品の再生ビジネス:リマニュファクチャリング, 村山 長, 循環型都市への再生をめざして, 2002年12月, 招待, 日本語
  86. アメリカにおけるリマニュファクチャリングの状況, 村山 長, 2001年度精密工学会秋季大会学術講演会, 2001年09月, 招待, 日本語
  87. 中古製品の再生プロセス(リマニュファクチャリング), 村山 長, 精密工学会 総合生産システム専門委員会, 2001年03月, 招待, 日本語
  88. 中古製品の再生プロセス(Remanufacturing)と設計, 村山 長, 日本機械学会 複合領域のシステム設計における創成と最適化に関する研究分科会, 2001年01月, 招待, 日本語
  89. Reverse Logisticsとは何か, 村山 長, 精密工学会 ライフサイクルエンジニアリング分科会, 2000年06月, 招待, 日本語
  90. CADデータを用いたリサイクル容易性改善支援システム, 村山 長, 日本機械学会 複合領域のシステム設計における創成と最適化に関する研究分科会, 1999年03月, 招待, 日本語

受賞

  1. 2013年09月08日, 優秀研究論文賞, 一般社団法人日本歯科技工学会会長
  2. 1997年09月, 精密工学会秋季大会学術講演会ベストオーガナイザ賞, 精密工学会・村山 長,大場史憲, 環境調和型設計生産技術
  3. 2014年09月21日, 平成26年日本歯科技工学会優秀論文 若手研究者優秀論文賞, 一般社団法人日本歯科技工学会会長
  4. 2017年05月27日, 第6回国際歯科技工学術大会 (第39回日本歯科技工学会学術大会) 優秀発表賞, 第6回国際歯科技工学術大会大会長 一般社団法人日本歯科技工学会会長

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. タスク適合型群構成搬送ロボットシステムTRIPTERSの研究開発, 1997年
  2. 科学技術振興調整費, 新規微小マイクロコイルによる3テスラMRIを用いた診断支援用有限要素解析システムの開発, 2007年
  3. 地方自治体等の助成金, 顎・口腔機能の診断・オペ支援用有限要素解析システムの開発, 2008年
  4. 戦略的創造研究推進事業, 関節機能のFEM解析による診断・治療最適化システムの開発, 2008年
  5. 科学技術振興調整費, 歯科医療用チタンメッシュシート・バンドの高精度プレス成形システムの開発, 2011年
  6. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), 有床義歯のウェアラブルセンサー化による健康管理システム, 2011年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 使用済み製品の再生(リマニュファクチャリング)のための生産管理法, 2001年, 2004年
  8. 科学研究費助成事業(国際学術研究), 生産システムにおける先端技術に関する共同研究, 1994年, 1996年
  9. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), フレキシブル生産における生産意思決定の分散と統合に関する研究, 1991年, 1992年

社会活動

委員会等委員歴

  1. ひろしまサンドボックス推進協議会 オブザーバー, 2019年04月, 2021年03月
  2. 日本機械学会生産システム部門 アディティブマニュファクチャリングにおける生産システム工学の研究分科会, 2014年05月, 2019年03月, 日本機械学会
  3. 日本デジタル歯科学会, 2010年04月, 2021年03月, 日本デジタル歯科学会
  4. 日本歯科技工学会, 2008年04月, 2016年03月, 日本歯科技工学会
  5. 日本機械学会 論文校閲委員, 2007年03月, 2021年03月, 日本機械学会
  6. 広島大学歯学会, 2005年04月, 2021年03月, 広島大学歯学会
  7. 精密工学会 中国四国支部, 2005年04月, 2021年03月, 精密工学会
  8. 精密工学会 総合生産システム専門委員会, 1995年04月, 2021年03月, 精密工学会 
  9. 精密工学会 校閲委員会, 2017年04月, 2021年03月

学術会議等の主催

  1. 精密工学会, 大会実行委員, 2004年09月
  2. 第6回計測自動制御学会中国支部学術講演会, シンポなど組織委員, 1998年11月
  3. 1996 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, プログラム委員, 1996年07月
  4. 2004 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, プログラム委員, 2004年04月
  5. 第5回計測自動制御学会中国支部学術講演会, シンポなど組織委員, 1997年11月
  6. SICE 2005 Annual Conference, プログラム委員, 2005年08月
  7. 2002 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, 大会実行委員, 2002年07月
  8. The 3rd International Conference on Advanced Mechatronics, 大会実行委員, 1998年
  9. 2006 International Symposium on Flexible Automation, プログラム委員, 2006年07月
  10. 日本歯科技工学会第28回学術大会, シンポなど組織委員, 2006年09月
  11. 2014年度精密工学会秋季大会, 実行委員会, 2014年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 歯科用CAD/CAMの動向と将来について, 助言・指導
  2. 歯科用CAD/CAMの動向と将来について, 助言・指導
  3. 歯科用CAD/CAMと3Dプリンタとそれに関わる新規事業の可能性について, 助言・指導
  4. 「いい歯の秋ー歯の祭典in東広島」においてデンタルキッドを実施, 東広島市歯科医師会, 2006年, 2006年
  5. 環境に優しい製品をいかにしてつくり出すか, 広島大学, 広島大学公開講座「ものづくりを支える機械工学」, 2003年/09月/01日, 2003年/09月/20日, 講師
  6. コンピュータを活用した機械の開発/設計/生産技術, 広島大学, 高校生を対象とした公開講座「工学入門」, 2004年/08月/01日, 2004年/08月/20日, 司会
  7. 口腔の健康科学その1ーCAD/CAMの話を中心にー, 広島大学, 高校生を対象とした公開講座:生きる力のサイエンス, 2006年/06月/17日, 2006年/07月/28日, 司会
  8. 小学生を相手に実習体験を実施, 広島大学, デンタルキッド, 2006年/08月/21日, 2006年/08月/25日, パネリスト
  9. 実習を担当, 広島大学, 高校生公開講座, 2010年/08月/03日, 2010年/08月/03日, 司会
  10. 実習を担当, 広島大学, デンタルキッズプロジェクト, 2010年/08月/17日, 2010年/08月/19日, パネリスト
  11. 実習を担当, 広島大学, 高校生公開講座, 2011年/08月/02日, 2011年/08月/02日, インタビュイー
  12. 実習を担当, 広島大学, デンタルキッズプロジェクト, 2011年/08月/24日, 2011年/08月/24日, パネリスト
  13. CAD/CAMの基礎理論, 広島大学, 医工連携ものづくり人材育成研修, 2012年/07月/18日, 2012年/07月/18日, 情報提供
  14. 実習を担当, 広島大学, 高校生公開講座, 2012年/07月/31日, 2012年/07月/31日, 司会
  15. 実習を担当, 広島大学, デンタルキッズプロジェクト, 2012年/08月/22日, 2012年/08月/22日, パネリスト
  16. CAD/CAMテクノロジーの基礎, 全国歯科技工士教育協議会, CAD/CAMテクノロジー, 2011年/10月, 2011年/11月, 教育関係者
  17. CAD/CAMテクノロジーの基礎, 全国歯科技工士教育協議会, CAD/CAMテクノロジー, 2010年/11月, 2010年/12月, 教育関係者
  18. CAD/CAMの基礎, 全国歯科技工士教育協議会, CAD/CAMテクノロジー, 2012年/10月, 2012年/10月, 教育関係者
  19. 全国歯科技工士教育協議会 歯科技工士実習施設指導者等養成講習会(東京), CAD/CAMシステムの基礎, 全国歯科技工士教育協議会, 2014年/10月/05日, 2014年/10月/05日, 東京, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  20. 全国歯科技工士教育協議会 歯科技工士実習施設指導者等養成講習会(大阪), 歯科CAD/CAMシステムの基礎, 全国歯科技工士教育協議会, 2014年/10月/19日, 2014年/10月/19日, 大阪, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  21. 医工連携ものづくり人材育成研修 CAD/CAM/CAE/VE実践研修, CAD/CAMの基礎理論, 広島大学 医工連携拠点, 2014年/09月/26日, 2014年/09月/26日, 広島, 講師, 講演会, 企業
  22. 全国歯科技工士教育協議会中国ブロック会議, 新しい歯科技工士教育 広島大学における取り組み, 全国歯科技工士教育協議会中国ブロック, 2014年/08月/31日, 2014年/08月/31日, 広島, 講師, 講演会, 教育関係者
  23. デンタルキッド・プロジェクト, 広島大学歯学部, 2014年/08月/19日, 2014年/08月/19日, 広島大学, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 小学生
  24. 広島大学高校生公開講座, 広島大学歯学部, 2014年/07月/29日, 2014年/07月/29日, 広島大学, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ, 高校生
  25. さくらサイエンス, 2014年/10月/06日, 2014年/10月/06日, 広島大学
  26. 釜山カトリック大学来校, 2015年/01月/26日, 2015年/01月/27日, 広島大学
  27. 高校生公開講座, 広島大学歯学部, 2015年/08月/04日, 2015年/08月/04日, 広島大学歯学部, 講師, 講演会, 高校生
  28. 広島県技工サミット, RCC文化センター, 情報提供, その他, 市民団体
  29. デンタルジュニア, 広島大学歯学部, 2015年/08月/18日, 2015年/08月/18日, 広島大学歯学部, 講師, 講演会, 中学生
  30. デンタルキッズ, 広島大学歯学部, 2015年/08月/19日, 2015年/08月/19日, 広島大学歯学部, 講師, 講演会, 小学生
  31. オープンキャンパス, 広島大学歯学部, 2015年/08月/18日, 2015年/08月/19日, 広島大学歯学部, 運営参加・支援, その他, 高校生
  32. 医療関係職種実習施設指導者講習会, CAD/CAMの基礎, 全技協, 2015年/10月/03日, 2015年/10月/03日, 大阪歯科大学, 講師, 講演会, 教育関係者
  33. 医工連携拠点人材育成研修, CAD/CAM基礎理論, 広島大学医工連携拠点, 2015年/09月/14日, 2015年/09月/14日, 広島大学医工連携拠点, 講師, 講演会, 社会人・一般
  34. 医療関係職種実習施設指導者講習会, CAD/CAMの基礎, 全技協, 2016年/10月/16日, 2016年/10月/17日, 新大阪歯科技工士専門学校, 講師, 講演会, 教育関係者
  35. オープンキャンパス, 広島大学歯学部, 2016年/08月/18日, 2016年/08月/19日, 広島大学歯学部, 講師, 施設一般公開, 高校生
  36. デンタルキッズ, 広島大学歯学部, 2016年/08月/20日, 2016年/08月/20日, 講師, セミナー・ワークショップ, 小学生
  37. デンタルジュニア, 広島大学歯学部, 2016年/08月/19日, 2016年/08月/19日, 講師, セミナー・ワークショップ, 中学生
  38. 高校生公開講座, 広島大学歯学部, 2016年/08月/03日, 2016年/08月/03日, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  39. 高校生公開講座, 2017年/08月/02日, 2017年/08月/02日, 講師, 高校生
  40. デンタルジュニア, 2017年/08月/17日, 2017年/08月/17日, 講師
  41. デンタルキッズ, 2017年/08月/18日, 2017年/08月/18日, 講師
  42. オープンキャンパス, 2017年/08月/17日, 2017年/08月/18日, 講師
  43. 医療関係職種実習施設指導者講習会, 2017年/10月/14日, 2017年/10月/14日, 講師
  44. デンタルキッズ, 2018年/08月/22日, 運営参加・支援
  45. デンタルジュニア, 2018年/08月/21日, 運営参加・支援
  46. オープンキャンパス, 2018年/08月/21日, 2018年/08月/22日, 運営参加・支援
  47. オープンキャンパス, 2019年/08月/20日, 2019年/08月/21日, 運営参加・支援, 高校生
  48. デンタルジュニア, 2019年/08月/20日, 運営参加・支援, 高校生
  49. 医療関係職種実習施設指導者講習会, 2019年/09月/28日, 2019年/09月/28日, 講師, 教育関係者