鈴木 直樹NAOKI SUZUKI

Last Updated :2024/06/06

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
naosuzukihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
乳生産の場となる反芻動物の乳房は、微生物感染によって乳房炎を発症します。特に腸内細菌目の乳房内感染成立機序解明を基盤として、生産現場における乳房炎制御を通じた食(乳)の安定供給と、生乳衛生の向上を通じた食(乳)の安全に貢献することを目指しています。同時に、獣医師としての臨床経験を活かし、効率的な乳房炎治療と早期生産復帰に資する迅速診断技術の開発も行っています。

基本情報

主な職歴

  • 2021年10月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 助教
  • 2021年04月01日, 2021年09月30日, 広島県農業共済組合, 主任技師
  • 2014年04月01日, 2021年03月31日, 広島県農業共済組合, 技師

学歴

  • 広島大学, 大学院生物圏科学研究科, 博士課程後期生物資源科学専攻, 日本, 2018年04月, 2021年03月
  • 北里大学, 獣医学部, 獣医学科, 日本, 2008年04月, 2014年03月

学位

  • 博士(農学) (広島大学)

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 獣医学
  • 農学 / 動物生命科学 / 動物生産科学

研究キーワード

  • 細菌感染,感染制御,人獣共通感染症,感染免疫,乳牛,乳房炎,生乳衛生,腸内細菌目,腸内細菌科,宿主特異性,感染症診断

所属学会

  • 動物用抗菌剤研究会
  • 日本畜産学会
  • 中四国乳房炎協議会
  • 日本乳房炎研究会
  • 日本食品微生物学会
  • 日本臨床微生物学会
  • 日本獣医師会
  • 日本獣医学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, フィールド科学入門
  2. 2024年, 学部専門, 3ターム, フィールド科学演習
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 酪農フィールド科学演習
  4. 2024年, 学部専門, 集中, 農場実習
  5. 2024年, 学部専門, 2ターム, 動物福祉論
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  7. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  9. 2024年, 学部専門, 集中, 命の尊厳を涵養する食農フィールド科学演習
  10. 2024年, 学部専門, 集中, 保育系学部生のための食育フィールド科学演習
  11. 2024年, 学部専門, 集中, 農場の四季を通して生命のサイクルを体験するフィールド科学演習
  12. 2024年, 学部専門, 集中, (AIMS) Animal Science and Technology
  13. 2024年, 学部専門, 3ターム, Animal Science and Technology
  14. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  15. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  16. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  19. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 陸域生物圏フィールド科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Effect of 6-n-propyl-2-thiouracil or dexamethasone administration on the responses of antimicrobial components in goat milk to intramammary lipopolysaccharide infusion, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 93巻, 1号, 202201
  2. Effects of ozonized glycerin on inflammation of mammary glands induced by intramammary lipopolysaccharide infusion in goats, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 93巻, 1号, 202201
  3. Effect of repeated intrauterine infusion of lipopolysaccharides on mastitis in goats, THERIOGENOLOGY, 193巻, pp. 87-92, 202211
  4. Effect of temporary cessation of milking and estradiol combination on the antimicrobial components in goat milk, RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE, 152巻, pp. 387-394, 20221220
  5. Sodium Acetate and Sodium Butyrate Differentially Upregulate Antimicrobial Component Production in Mammary Glands of Lactating Goats, JOURNAL OF MAMMARY GLAND BIOLOGY AND NEOPLASIA, 27巻, 2号, pp. 133-144, 202206
  6. Effects of frequent teat stimulation on antimicrobial component production in mammary glands of lactating goats, VETERINARY IMMUNOLOGY AND IMMUNOPATHOLOGY, 249巻, 202207
  7. Regression tree analysis of the relationship between the concentrations of antimicrobial components and the microbiota of normal milk from dairy cows, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 84巻, 3号, pp. 310-318, 202203
  8. Rapid determination of pathogens in mastitic milk of dairy cows using Gram staining, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 84巻, 3号, pp. 325-329, 202203
  9. Local Heat Treatment of Goat Udders Influences Innate Immune Functions in Mammary Glands, JOURNAL OF MAMMARY GLAND BIOLOGY AND NEOPLASIA, 26巻, 4号, pp. 387-397, 202112
  10. Effect of oral administration of colostrum on inflammation in the udders of dairy cows suffering from mastitis, JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE, 84巻, 1号, pp. 59-63, 202201
  11. ★, Rapid determination of pathogens in mastitic milk of dairy cows using Gram staining, The Journal of Veterinary Medical Science, 84巻, 3号, 2022
  12. Examination of the microbiota of normal cow milk using MinIONTM nanopore sequencing, Journal of Veterinary Medical Science, 83巻, 11号, pp. 1620-1627, 2021
  13. 抗菌因子を利用した乳房管理, 家畜感染症学会, 9巻, 2, 3号, pp. 49-59, 2020
  14. ★, Outcome prediction from the first examination in clinical mastitis using ultrasonography in dairy cows, Animal Science Journal, 91巻, 1, e13452号, 2020
  15. Association of endometritis and ovarian follicular cyst with mastitis in dairy cows, Journal of Veterinary Medical Science, 83巻, 2号, pp. 338-343, 2020
  16. ★, Seasonal variations in the concentration of antimicrobial components in milk of dairy cows, Animal Science Journal, 91巻, 1, e13427号, 2020
  17. 臨床型乳房炎に対する超音波画像診断の有用性, 家畜診療, 66巻, 11号, pp. 677-683, 2019
  18. 乳牛における臨床型乳房炎と健常乳房の超音波画像, 家畜診療, 65巻, 5号, pp. 301-308, 2018
  19. ジャージー種乳用牛に発生したらせん菌の関与が疑われた 重度蹄骨炎の一症例, 広島県獣医師会雑誌, 31巻, pp. 11-14, 2016
  20. Staphylococcus aureusによる潜在性乳房炎における乾乳期の乳房内タイロシン注入の効果, 家畜感染症学会誌, 5巻, 4号, pp. 133-138, 201604

著書等出版物

  1. Dairy Professional vol. 23 生産ロスを見直す~乳質・乳房炎編~, 2022年, 単行本(一般書), 分担執筆, J

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 乳房炎原因微生物の迅速診断とその臨床的意義(講演および実習), 鈴木直樹, 令和5年度熊本県乳房炎協議会第3回研修会, 2024年02月16日, 招待, 日本語
  2. 乳房炎診断の新局面 乳房炎原因菌の検出スピードアップを目指す, 鈴木直樹, 産業動物学術ハイブリットセミナー, 2023年12月23日, 招待, 日本語, ミヤリサン製薬株式会社
  3. 乳房炎制御に向けた基礎・臨床微生物学的研究, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第44回勉強会, 2023年12月09日, 招待, 日本語
  4. 培養に依存しない乳房炎原因微生物検出技術, 鈴木直樹, 令和5年度新規獣医師が基礎的な臨床技術を習得するための技術研修, 2023年11月15日, 招待, 日本語
  5. 乳房炎の迅速診断, 鈴木直樹, 令和5年度家畜診療等技術北信・東海地区発表会および研修会, 2023年11月15日, 招待, 日本語
  6. 乳房炎診断の新たな局面 1. その日の細菌,その日のうちに, 鈴木直樹, 第8回広島大学酪農技術セミナー, 2023年11月13日, 招待, 日本語
  7. 腸内細菌科細菌の生乳中増殖能に及ぼす宿主および細菌の鉄捕捉能の影響, 古城戸凛, 磯部直樹, 島本整, 鈴木直樹, 日本乳房炎研究会第28回学術集会, 2023年10月21日, 通常, 日本語
  8. 簡易的で迅速な乳房炎乳中のグラム染色判定:第2報-臨床応用へ-, 鈴木直樹, 金子宗平, 橘川学, 山下祐輔, 磯部直樹, 日本乳房炎研究会第28回学術集会, 2023年10月21日, 通常, 日本語
  9. ウシ乳房炎乳における体細胞中多形核白血球割合と乳中サイトカインおよび急性炎症期タンパク質濃度との関連, 鈴木直樹,森野茜,磯部直樹, 日本畜産学会第131回大会, 2023年09月20日, 通常, 日本語
  10. 抗菌因子,腸内細菌等を活用した畜産現場における感染症予防の未来, 鈴木直樹, 第13回家畜感染症学会シンポジウム, 2023年06月10日, 招待, 日本語
  11. 乳房炎の迅速診断技術, 鈴木直樹, 上川青年獣医師臨床研究会, 2023年05月25日, 招待, 日本語
  12. 乳房炎に関する最新の研究と乳質改善, 鈴木直樹, JA広島市砂谷酪農部会研修会, 2023年02月24日, 招待, 日本語
  13. 乳房炎に関する臨床研究, 鈴木直樹, 第17回中国地方産業動物若手獣医師勉強会, 2023年01月21日, 招待, 日本語
  14. 乳房炎を対象とした超音波画像診断の有用性, 鈴木直樹, 第13 回日本動物超音波技術研究会大会, 2022年12月10日, 通常, 日本語
  15. 牛乳房炎に対する有効な診断ツール, 鈴木直樹, 千葉県農業共済組合 技術懇談会, 2022年12月09日, 招待, 日本語
  16. 乳房炎研究最前線, 磯部直樹, 鈴木直樹, 津上優作, 第7回広島大学酪農技術セミナー, 2022年11月16日, 招待, 日本語
  17. Rapid determination of pathogens in mastitic milk of dairy cows using Gram staining, Naoki Suzuki, Sohei Kaneko, Naoki Isobe, 21st Federation of Asian Veterinary Associations Congress, 2022年11月13日, 通常, 英語
  18. 乾乳開始時の乳中抗菌因子濃度が分娩後の体細胞数に及ぼす影響, 鈴木直樹, 久枝啓一, 原田梨花, 大西秀実, 津上優作, 新居隆浩, 磯部直樹, 日本乳房炎研究会第27回学術集会, 2022年10月22日, 通常, 日本語
  19. 乳牛の乾乳前後における分房乳中抗菌因子濃度の動態と体細胞数との関連, 鈴木直樹, 原田梨花, 津上優作, 新居隆浩, 磯部直樹, 日本畜産学会 第130回大会, 2022年09月06日, 通常, 日本語
  20. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第37回勉強会, 2022年03月26日, 招待, 日本語
  21. 乳房炎迅速診断技術開発, 鈴木直樹, 広島大学・日本型(発)畜産・酪農技術開発センター 畜産技術セミナー2021, 2022年02月17日, 招待, 日本語
  22. 乳汁遠心沈渣のグラム染色による新しい乳房炎迅速診断技術開発, 鈴木直樹, 金子宗平, 磯部直樹, 令和3年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 2022年01月21日, 招待, 日本語
  23. 日本乳房炎研究会復命 「簡易的で迅速な乳房炎乳中微生物のグラム染色判定」, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第36回勉強会, 2021年12月25日, 招待, 日本語
  24. 簡易的で迅速な乳房炎乳中微生物のグラム染色判定, 鈴木直樹, 金子宗平, 磯部直樹, 第26回日本乳房炎研究会学術集会, 2021年10月23日, 通常, 日本語
  25. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第35回勉強会, 2021年10月02日, 招待, 日本語
  26. プロピルチオウラシルおよびデキサメサゾンがリポポリサッカライド乳房内注入後のヤギ乳汁中抗菌因子濃度に及ぼす影響, 鈴木直樹, Fika Yuliza Purba, 新居隆浩, 吉村幸則, 磯部直樹, 第164回日本獣医学会学術集会, 2021年09月07日, 通常, 日本語
  27. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第33回勉強会, 2021年03月27日, 招待, 日本語
  28. シンポジウム9 動物由来感染症 担当:輸入感染症(人獣共通感染症を中心に), 忽那賢志, 中村(内山)ふくみ, 佐々木瑞希, 鈴木直樹, 日本臨床微生物学会第32回学術集会, 2021年01月29日, 招待, 日本語
  29. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第32回勉強会, 2020年12月12日, 招待, 日本語
  30. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第31回勉強会, 2020年10月10日, 招待, 日本語
  31. 乳汁中抗菌因子の季節変化と甲状腺機能の関係, 鈴木直樹, Fika Yuliza Purba, 原田梨花, 石場優希, , 新居隆浩, 吉村幸則, 磯部直樹, 第24回日本乳房炎研究会, 2019年10月26日, 通常, 日本語
  32. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第29回勉強会, 2019年09月28日, 招待, 日本語
  33. 生産獣医療における抗菌薬治療と薬剤耐性, 鈴木直樹, 日本臨床微生物学会第11回地区研修会, 2019年07月13日, 招待, 日本語
  34. 論文紹介, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第28回勉強会, 2019年06月22日, 招待, 日本語
  35. 急性乳房炎2症例の乳房超音波画像, 鈴木直樹, 第39回動物臨床医学会年次大会, 2018年11月18日, 通常, 日本語
  36. 乳房炎牛乳房の超音波画像と生産復帰との関連, 鈴木 直樹, 黒瀬 智泰, 金子宗平, 原口 麻子, 向井 裕次郎, 竹内 泰造, 磯部 直樹, 第23回日本乳房炎研究会, 2018年10月12日, 通常, 日本語
  37. 牛における乳房の超音波画像, 鈴木直樹, 中四国乳房炎協議会第25回勉強会, 2018年09月22日, 招待, 日本語
  38. 黒毛和種農場における抗菌薬使用量調査と適正・慎重利用に関する一考察, 鈴木直樹, 石橋朝子, 平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会, 2018年02月10日, 招待, 日本語

受賞

  1. 2021年10月, 高居百合子学術賞, 日本乳房炎研究会
  2. 2021年02月, 全国農業共済協会長賞, 全国農業共済協会長
  3. 2019年02月, 農林水産大臣賞, 農林水産大臣
  4. 2019年02月, 家畜診療賞, 全国農業共済協会
  5. 2017年11月, 地区学会長賞, 獣医学術中国地区学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 若手研究, 宿主と細菌の鉄の奪い合いに着眼した腸内細菌科細菌のウシ乳房特異的生存戦略の解明, 2024年04月, 2027年03月
  2. 2024年度旗影会研究助成, ウシ乳中に存在する内因性抗菌蛋白質の乳房炎起因菌に対する機能解明, 2024年04月, 2025年03月
  3. 広島大学大学院統合生命科学研究科 研究科長裁量経費(若手研究支援), 細菌と乳腺自然免疫機能との相互作用に着目した乳房炎征圧への新戦略, 2022年04月, 2023年03月
  4. JRA畜産振興事業, 普及性の高い乳房炎迅速診断技術開発, 2022年04月, 2024年03月

社会活動

委員会等委員歴

  1. 事務局, 2023年06月03日, 中四国乳房炎協議会
  2. 評議員, 2022年10月, 日本乳房炎研究会
  3. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2022年06月, 2023年03月, 広島県立西条農業高等学校
  4. 幹事, 2022年01月01日, 2023年06月02日, 中四国乳房炎協議会
  5. 幹事, 2022年01月01日, 2023年06月02日, 中四国乳房炎協議会
  6. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)協力員, 2022年01月, 2022年03月, 広島県立西条農業高等学校

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, 関西畜産学会誌, その他, 1
  2. 2022年, 家畜衛生学雑誌, その他, 1
  3. 2022年, Veterinary Research Communications, その他, 1
  4. 2022年, Pathogens, その他, 1
  5. 2022年, Animal Microbiome, その他, 1
  6. 2022年, Animal Science Journal, その他, 4
  7. 2021年, Animal Science Journal, その他, 5