冨永 るみRUMI TOMINAGA

Last Updated :2022/07/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 教授
メールアドレス
rtomihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
植物の表皮細胞分化に関わる転写因子の研究を行っている。表皮細胞は根毛のような特殊な器官に分化する。分化制御ネットワークの解明により、植物の形態形成や細胞分化の仕組みを分子レベルで理解する事を目指す。

基本情報

学位

  • 博士(農学) (京都大学)
  • 博士(学術) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科 : 応用動植物科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物資源科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 生物資源科学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 植物分子・生理科学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, SDGsに向けた生物生産学入門
  2. 2022年, 学部専門, 1ターム, 生物生産学入門
  3. 2022年, 学部専門, 1ターム, 生物環境学
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 基礎化学実験
  5. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  6. 2022年, 学部専門, 集中, 応用動植物科学実験実習
  7. 2022年, 学部専門, 2ターム, 応用動植物科学外書講読
  8. 2022年, 学部専門, 2ターム, 植物バイオサイエンス
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  10. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  11. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文III
  12. 2022年, 学部専門, 1ターム, 植物分子生物学
  13. 2022年, 学部専門, 集中, (AIMS) Physiology of Field Crop Production
  14. 2022年, 学部専門, 3ターム, Physiology of Field Crop Production
  15. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  16. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  17. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  18. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  19. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  20. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 植物生産機能学I
  21. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 植物生産機能学Ⅱ
  22. 2022年, 教養教育, 1ターム, SDGsに向けた生物生産学入門
  23. 2022年, 学部専門, 1ターム, 生物生産学入門
  24. 2022年, 学部専門, 1ターム, 生物環境学
  25. 2022年, 学部専門, 集中, 基礎化学実験
  26. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  27. 2022年, 学部専門, 集中, 応用動植物科学実験実習
  28. 2022年, 学部専門, 2ターム, 応用動植物科学外書講読
  29. 2022年, 学部専門, 2ターム, 植物バイオサイエンス
  30. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  31. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  32. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文III
  33. 2022年, 学部専門, 1ターム, 植物分子生物学
  34. 2022年, 学部専門, 集中, (AIMS) Physiology of Field Crop Production
  35. 2022年, 学部専門, 3ターム, Physiology of Field Crop Production
  36. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  37. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  38. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  39. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  40. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  41. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 植物生産機能学I
  42. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 植物生産機能学Ⅱ

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. D-type cyclin OsCYCD3;1 is involved in the maintenance of meristem activity to regulate branch formation in rice, JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 270巻, 202203
  2. Contribution of Root Hair Development to Sulfate Uptake in Arabidopsis, PLANTS-BASEL, 8巻, 4号, 201904
  3. Effect of the CLE14 polypeptide on GLABRA2 homolog gene expression in rice and tomato roots, PLANT BIOTECHNOLOGY, 36巻, 3号, pp. 205-208, 201909
  4. Effect of amino acid substitution of CAPRICE on cell-to-cell movement ability in Arabidopsis root epidermis, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 435巻, 1号, pp. 1-5, 20180301
  5. Effect of phosphate deficiency-induced anthocyanin accumulation on the expression of Solanum lycopersicum GLABRA3 (SlGL3) in tomato, PLANT SIGNALING & BEHAVIOR, 13巻, 6号, 2018
  6. Regulation and functional diversification of root hairs, SEMINARS IN CELL & DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 83巻, pp. 115-122, 201811
  7. Amino acid substitutions in CPC-LIKE MYB reveal residues important for protein stability in Arabidopsis roots, PLOS ONE, 13巻, 10号, 20181011
  8. CPC-ETC1 chimeric protein localization data in Arabidopsis root epidermis, DATA IN BRIEF, 18巻, pp. 1773-1776, 201806
  9. CLE14 peptide signaling in Arabidopsis root hair cell fate determination, PLANT BIOTECHNOLOGY, 35巻, 1号, pp. 17-22, 201803
  10. Extended C termini of CPC-LIKE MYB proteins confer functional diversity in Arabidopsis epidermal cell differentiation, DEVELOPMENT, 144巻, 13号, pp. 2375-2380, 20170701
  11. Expression and protein localization analyses of Arabidopsis GLABRA3 (GL3) in tomato (Solanum lycopersicum) root epidermis, PLANT BIOTECHNOLOGY, 34巻, 2号, pp. 115-+, 2017
  12. Localization of the CAPRICE-ENHANCER OF TRY AND CPC1 chimera protein in Arabidopsis root epidermis, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 81巻, 9号, pp. 1762-1767, 2017
  13. The ectopic localization of CAPRICE LIKE MYB3 protein in Arabidopsis root epidermis, JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 199巻, pp. 111-115, 2016
  14. The Arabidopsis CAPRICE protein fused to the VP16 transcriptional activation domain alters root hair and trichome development, PLANT BIOTECHNOLOGY, 33巻, 2号, pp. 129-132, 2016
  15. Analysis of TTG1 and CPC-like MYB genes during Arabidopsis epidermal cell differentiation, PLANT BIOTECHNOLOGY, 33巻, 3号, pp. 201-206, 2016
  16. Root hair formation at the root-hypocotyl junction in CPC-LIKE MYB double and triple mutants of Arabidopsis, PLANT SIGNALING & BEHAVIOR, 10巻, 11号, 20151102
  17. CAPRICE family genes control flowering time through both promoting and repressing CONSTANS and FLOWERING LOCUS T expression, PLANT SCIENCE, 241巻, pp. 260-265, 2015
  18. Overexpressing CAPRICE and GLABRA3 did not change the anthocyanin content of tomato (solanum lycopersicum) fruit peel, PLANT SIGNALING & BEHAVIOR, 10巻, 5号, 20150504
  19. Regulation of root hair cell differentiation by R3 MYB transcription factors in tomato and Arabidopsis, FRONTIERS IN PLANT SCIENCE, 5巻, 20140313
  20. Arabidopsis CAPRICE (MYB) and GLABRA3 (bHLH) Control Tomato (Solanum lycopersicum) Anthocyanin Biosynthesis, PLOS ONE, 9巻, 9号, 20140930
  21. CLAVATA3-like genes are differentially expressed in Grape Vine (Vitis vinifera) tissues, Journal of Plant Physiology, 170巻, 15号, pp. 1379-1383, 201310
  22. Flowering is delayed by mutations in homologous genes CAPRICE and TRYPTICHON in the early flowering Arabidopsis cpl3 mutant, Journal of Plant Physiology, 170巻, 16号, pp. 1466-1468, 201311
  23. Tomato (Solanum lycopersicum) Homologs of TRIPTYCHON (SlTRY) and GLABRA3 (SlGL3) are Involved in Anthocyanin Accumulation, Plant Signaling & Behavior, 8巻, 8号, pp. e24575, 201304
  24. Arabidopsis CAPRICE-LIKE MYB 3 (CPL3) controls endoreduplication and flowering development in addition to trichome and root hair formation, DEVELOPMENT, 135巻, 7号, pp. 1335-1345, 2008
  25. A NIMA-related protein kinase suppresses ectopic outgrowth of epidermal cells through its kinase activity and the association with microtubules, PLANT JOURNAL, 54巻, 5号, pp. 829-844, 2008
  26. The Glycerophosphoryl Diester Phosphodiesterase-Like Proteins SHV3 and its Homologs Play Important Roles in Cell Wall Organization, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 49巻, 10号, pp. 1522-1535, 2008
  27. Functional analysis of the epidermal-specific MYB genes CAPRICE and WEREWOLF in Arabidopsis, PLANT CELL, 19巻, 7号, pp. 2264-2277, 2007
  28. The CAPRICE-Like Myb family is involved in the determination of epidermal cell fate in Arabidopsis, PLANT AND CELL PHYSIOLOGY, 48巻, pp. S82-S82, 2007
  29. Localization of tomato (Solanum lycopersicum) R3 MYB protein encoded by SITRY in Arabidopsis roots, PLANT SIGNALING & BEHAVIOR, 15巻, 10号, 20201002
  30. Effect of phosphate starvation on CAPRICE homolog gene expression in the root of Arabidopsis, PLANT BIOTECHNOLOGY, 37巻, 3号, pp. 349-352, 202009
  31. Function of the TRY C-terminal region artificially fused with its homologous transcription factors inducing root hair differentiation in Arabidopsis, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 85巻, 5号, pp. 1114-1120, 20210424
  32. Identification of six CPC-like genes and their differential expression in leaves of tea plant, Camellia sinensis, JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY, 263巻, 202108

著書等出版物

  1. 2016年02月24日, 植物細胞壁実験法, 弘前大学出版, 2016年, J, 石井忠 [ほか] 編著, 9784907192211
  2. 2008年11月, BIO R&D 植物の生長・開花調整機構の解明とその応用--根毛をつくる遺伝子が,生長・開花にも関与, Bio industry / シーエムシー出版 編, 冨永 るみ;和田 拓治
  3. 2011年, 植物の表皮細胞分化機構の解明とその応用, バイオサイエンスとインダストリー / バイオサイエンスとインダストリー編集委員会 編, 冨永 るみ
  4. 2013年03月20日, 植物細胞壁, 講談, 2013年, 共著, 西谷和彦, 梅澤俊明編著, 9784061538184

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 茶のMYB転写因子CsCPCに関する研究, 若松寿衣、山本実奈、田中若奈、冨永るみ, 2022年06月04日, 通常, 日本語
  2. アミノ酸置換によるシロイヌナズナ転写因子CPCの機能解析, 井戸川新、秦東、冨永るみ, 日本農芸化学会中四国支部第62回講演会, 2022年06月04日, 通常, 日本語, 日本農芸化学会中四国支部
  3. 低フィチンダイズのフィチン減少に関与する遺伝子の解析, 秦 東, 西田 翔, 冨永 るみ, 上田 晃弘, 実岡 寛文, 日本土壌肥料学会 2021年度北海道大会, 2021年09月14日, 通常, 日本語, 日本土壌肥料学会
  4. シロイヌナズナの根毛形成に関与するMYB転写因子の機能解析, 長尾幸祐、冨永るみ, 日本農芸化学会中四国支部第59回講演会, 2021年06月12日, 通常, 日本語
  5. 茶の若葉と成熟葉におけるCPC様遺伝子の発現, 若松寿衣、田中若奈、藤井創太郎、三本木至宏、冨永るみ, 日本農芸化学会中四国支部第59回講演会, 2021年06月12日, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 京都大学化学研究所平成31年度国際共同利用・共同研究, 植物表皮細胞の分化における制御ネットワークの研究, 2019年04月01日, 2020年03月31日
  2. 京都大学化学研究所令和2 年度国際共同利用・共同研究, 植物表皮細胞の分化における制御ネットワークの研究, 2020年04月01日, 2021年03月31日
  3. 京都大学化学研究所令和3 年度国際共同利用・共同研究, 植物表皮細胞の分化における制御ネットワークの研究, 2021年04月01日, 2022年03月31日
  4. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究領域提案型)), 表皮細胞形態形成時における細胞壁再構築機構の解析, 2013年, 2014年
  5. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), メリステム形成制御に関わるペプチドホルモンの園芸的利用の可能性を探る, 2012年, 2014年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シロイヌナズナの表皮細胞分化を制御する転写因子の機能解析とトマトへの応用, 2011年, 2013年
  7. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 根毛形成に関わるMYB転写因子分解機構の解明, 2011年, 2013年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シロイヌナズナの表皮細胞分化におけるCPC LIKE MYB遺伝子の解析, 2008年, 2010年
  9. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 葉の発生における領域決定機構, 2007年, 2012年
  10. 科学研究費助成事業(特定領域研究), セル・ソーターとGeneChipを使用した単一根毛細胞の性質の解析, 2005年, 2006年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 植物の根毛形成に関わるMYB転写因子の機能解析, 2016年, 2018年
  12. 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究), ペプチドホルモンの実用化を目指した園芸科学k的基礎研究, 2015年