小川 裕樹YUKI OGAWA

Last Updated :2024/06/15

所属・職名
広島大学 助教
ホームページ
メールアドレス
yuogawahiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2024年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科 機械工学プログラム, 助教
  • 2020年04月, 2024年03月, 神戸大学, 大学院工学研究科 機械工学専攻, 助教
  • 2019年04月, 2020年03月, 国立研究開発法人物質・材料研究機構, 構造材料研究拠点 高分子系ハイブリッド複合材料グループ, ポスドク研究員

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (広島大学)

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 機械材料・材料力学

研究キーワード

  • 疲労
  • 材料強度学
  • 非破壊評価

所属学会

  • 溶接学会
  • 日本非破壊検査協会
  • 日本機械学会
  • 日本材料学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 機械工学特別演習A
  2. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 機械工学特別演習A
  3. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 機械工学特別演習B
  4. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 機械工学特別演習B
  5. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 機械工学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Improvement of anticorrosion coating thickness measurement using multi-wavelength lock-in infrared data processing, Infrared Physics & Technology, 140巻, pp. 105363, 2024
  2. 5-8µm波長帯に感度を有する赤外線カメラを用いた建築物タイル外壁診断の精度向上, 非破壊検査, 72巻, 11号, pp. 516-522, 202311
  3. Quantitative assessment of heavy-duty anticorrosion coating thickness via near-infrared measurements, NDT & E International, 138巻, pp. 102893-102893, 202309
  4. Proposal of Evaluation Method for Crack Propagation Behaviors of Second-Generation Acrylic Adhesives under Mode I Static Loading, Polymers, 15巻, 8号, pp. 1878-1878, 202304
  5. Detection of heavy-duty anticorrosion coating deterioration using near-infrared spectral characteristics, NDT & E International, 132巻, pp. 102708-102708, 202212
  6. Comparison of the mechanical properties and mechanical damages to tendon tissue in three suspensory fixation techniques, Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology, 30巻, pp. 1-8, 202210
  7. Evaluation of fatigue strength based on dissipated energy for laser welds, Infrared Physics & Technology, 125巻, pp. 104288-104288, 202209
  8. Evaluation of crack growth behaviors under Mode I static loading for two-part polyurethane adhesives, International Journal of Adhesion and Adhesives, 117巻, pp. 103172-103172, 202209
  9. Machine-learning-based investigation into the effect of defect/inclusion on fatigue behavior in steels, International Journal of Fatigue, 155巻, pp. 106597-106597, 202202
  10. Effects of welding defects on the fatigue properties of spot welded automobile steel sheets and the establishment of a fatigue life evaluation method, Welding in the World, 66巻, 4号, pp. 745-752, 20220121
  11. Effect of jig constraint state during welding process on fatigue properties of Al/CFRP dissimilar welds and fatigue life evaluation based on singular stress, Fatigue &Fracture of Engineering Materials & Structures, 43巻, 10号, pp. 2259-2269, 202010
  12. Finite-element analysis and optimization of the mechanical properties of polyetheretherketone (PEEK) clasps for removable partial dentures, JOURNAL OF PROSTHODONTIC RESEARCH, 64巻, 3号, pp. 250-256, 202007
  13. Effect of Laser Patterning Preprocessing on Fatigue Strength of Adhesive Bonded Joints Using Thin Steel Plate, MATERIALS TRANSACTIONS, 61巻, 3号, pp. 469-474, 2020
  14. Effect of welding time on fatigue properties of friction stir spot welds of Al to carbon fibre-reinforced plastic, SCIENCE AND TECHNOLOGY OF WELDING AND JOINING, 24巻, 3号, pp. 235-242, 201904
  15. 薄板鋼板接着接合継手の疲労強度に及ぼすレーザパターニング前処理の影響, 材料, 68巻, 12号, pp. 890-896, 2019
  16. Fatigue properties of friction stir welds of treated Al to carbon fibre-reinforced plastic, SCIENCE AND TECHNOLOGY OF WELDING AND JOINING, 23巻, 1号, pp. 79-86, 2018
  17. Fatigue Damage Evaluation of Friction Stir Spot Welded Cross-Tension Joints Under Repeated Two-Step Force Amplitudes, JOURNAL OF MATERIALS ENGINEERING AND PERFORMANCE, 24巻, 6号, pp. 2494-2502, 201506
  18. Fatigue Fracture Mechanism on Friction Stir Spot Welded Joints Using 300 MPa-Class Automobile Steel Sheets under Constant and Variable Force Amplitude, 20TH EUROPEAN CONFERENCE ON FRACTURE, 3巻, pp. 537-543, 2014

受賞

  1. 2019年, 溶接構造シンポジウム2019 シンポジウム奨励賞
  2. 2018年, 日本材料学会 第67期学術講演会優秀講演発表賞
  3. 2016年, 日本機械学会 若手優秀講演フェロー賞
  4. 2016年, 自動車技術会 大学院研究奨励賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業, 機械的効果と化学的効果を援用したCN対応革新的マルチマテリアル接合技術の開発, 2023年04月01日, 2026年03月31日
  2. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 防食塗装の経年劣化を遠隔から定量評価できる目視を超越した赤外分光計測法の創生, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  3. 科学研究費助成事業 若手研究, 散逸エネルギ・ひずみ場ハイブリッド計測による異材摩擦攪拌接合の損傷メカニズム解明, 2021年04月01日, 2024年03月31日
  4. 令和5年度アルミニウム研究助成事業, 優れた強度・耐久性を有するマルチマテリアル継手創製を実現するための迅速強度評価法の確立, 2023年, 2024年
  5. 技術研究助成, マルチマテリアル継⼿の疲労損傷過程の⾚外線その場計測法構築, 2024年
  6. 科学技術研究助成金支給事業, 赤外線サーモグラフィを用いたマルチマテリアル接合の疲労損傷過程のその場計測手法の構築, 2023年
  7. 令和4年度研究助成, 高強度・長寿命な建設機械用高強度鋼レーザー溶接継手創製のための迅速強度評価法の開発, 2022年
  8. 単年度研究助成, 高強度マルチマテリアルFSW継手創製を実現する迅速強度評価法の確立, 2022年
  9. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), ハイパースペクトル電磁波計測に基づく鋼構造のライフサイクル維持管理スキームの構築, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  10. 2021年度次世代を担う研究者助成事業, 赤外線カメラを応用した継手の接合プロセス可視化と動的耐久性予測技術の確立, 2021年