中林 雅MIYABI NAKABAYASHI

Last Updated :2023/02/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
nmiyabihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
野生動物(とくに哺乳類)の生態学、行動学、種子散布、人と野生動物の軋轢、熱帯生態学を中心に研究を行っています。主な調査地は中国地方とボルネオ島です。 詳細は個人ページ(https://sites.google.com/site/nakabayashimiyabi/)をご覧ください。

基本情報

学位

  • 修士(理学) (京都大学)
  • 博士(理学) (京都大学)

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 生態・環境

研究キーワード

  • 熱帯生態学、種子散布、イチジク、哺乳類

所属学会

  • ヒトと動物の関係学会
  • 日本生態学会
  • 日本熱帯生態学会
  • 日本哺乳類学会
  • Association for Tropical Biology and Conservation
  • American Society of Mammalogists

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. An assessment of the terrestrial mammal community in and around Sungai Rawog Conservation Area, Sabah, Malaysia, Proceedings of the Seminar on Sungai Rawog Conservation Area Scientific Expedition, 20190801
  2. ★, List of food plants of four sympatric Paradoxuriane civet species based on eight-year records on Borneo, Tropics, 29巻, pp. 67-75, 20200901
  3. カカオとチョコレートを知りつくすために(6), 月刊油脂, 76巻, 2号, pp. 41-50, 20230120
  4. Spatio-temporal patterns in the abundance of active terrestrial leeches in a Malaysian rainforest, Biotropica, 54巻, pp. 969-978, 20220607
  5. How to encourage parents to let children play in nature: Factors affecting parental perception of children's nature play, Urban Forestry & Urban Greening, 69巻, pp. 127497, 20220203
  6. ★, Temporal activity patterns suggesting niche partitioning of sympatric carnivores in Borneo, Malaysia, Scientific Reports, 11巻, pp. Article number 19819, 20211006
  7. Effect of logging on the Ficus community at Batu Timbang research station, Imbak Canyon Conservation Area, Sabah, Journal of Tropical Biology and Conservation, 17巻, pp. 233-249, 20211015
  8. Species diversity of Ficus in the Sungai Rawog Conservation Area, Proceedings of the Seminar on Sungai Rawog Conservation Area Scientific Expedition, pp. 83-89, 20190801
  9. ★, Limited directed seed dispersal in the canopy as one of the determinants of the low hemi-epiphytic figs' recruitments in Bornean rainforests, PLOS ONE, 14巻, 6号, 20190613
  10. ★, Short-term movements and strong dependence on figs of binturongs (Arctictis binturong) in Bornean rainforests, European Journal of Wildlife Research, 64巻, 6号, pp. 66, 20181010
  11. ★, Horizontal habitat preference of three sympatric Paradoxurinae civet species in a small area in Sabah, Malaysian Borneo, European Journal of Wildlife Research, 63巻, 20161207
  12. ★, Fruit selection of a binturong (Arctictis binturong) by focal animal sampling in Sabah, Malaysian Borneo, Mammalia, 81巻, 1号, pp. 107-110, 20170101
  13. Observations of intra- and inter-specific interactions of Small-toothed Palm Civets Arctogalidia trivirgata in the Danum Valley Conservation Area, Borneo, Small Carnivore Conservation, 54巻, pp. 19-22, 2017
  14. Predicted distribution of the common palm civet Paradoxurus hermaphroditus (Mammalia: Carnivora: Viverridae) on Borneo, Raffles Bulletin of Zoology, S33巻, pp. 84-88, 2016
  15. ★, Behavioral feeding strategy of frugivorous civets in a Bornean rainforest, Journal of Mammalogy, 97巻, 3号, pp. 798-805, 2016
  16. ★, Utilization of gravel roads and roadside forests by common palm civet (Paradoxurus hermaphroditus) in Sabah, Malaysia, Raffles Bulletin of Zoology, 62巻, pp. 379-388, 2014
  17. Space use, habitat selection, and day-beds of the common palm civet (Paradoxurus hermaphroditus) in human-modified habitats in Sabah, Borneo, Journal of Mammalogy, 94巻, 5号, pp. 1169-1178, 2012
  18. Coming down from the trees: Is terrestrial activity in Bornean orangutans natural or disturbance driven?, Scientific Reports, 4巻, pp. 4024, 2014
  19. An observation of several Common Palm Civets Paradoxurus hermaphroditus at a fruiting tree of Endospermum diadenum in Tabin Wildlife Reserve, Sabah, Malaysia: comparing feeding patterns of frugivorous carnivorans, Small Carnivore Conservation, 47巻, pp. 42-45, 2012
  20. Do faecal odours enable domestic cats (Felis catus) to distinguish familiarity of the donors?, Journal of Ethology, 30巻, 2号, pp. 325-329, 2012

著書等出版物

  1. Wildlife Atlas of Sabah, Binturong, WWF-Malaysia, 2022年, 単行本(学術書), 分担執筆, English, Miyabi Nakabayashi, Henry Bernard, Jedediah F. Brodie, 9789670237732, 374, 199-205
  2. 夜のイチジクの木の上で. フルーツ好きの食肉類シベット, ジャコウネコ、イチジク、ボルネオ島, 京都大学学術出版会, 2021年, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 9784814003563, 250
  3. 2019年, Comparison of Plant Diversity and Phenology of Riverine and Mangrove Forests with Those of the Dryland Forest in Sabah, Borneo, Malaysia, Primates in Flooded Habitats: Ecology and Conservation, Cambridge University Press, 2019年, 単行本(学術書), 共著, English, Ikki Matsuda, Miyabi Nakabayashi, Yosuke Otani, Yap Sau Wai, Augustine Tuuga, Anna Wong, Henry Bernard, Serge A. Wich, Takuya Kubo, 1107134315, 478, 15-28
  4. 2016年, はじめてのフィールドワーク ①アジア・アフリカの哺乳類編, 夜の熱帯雨林で見えたもの, 東海大学出版部, 2016年, 単行本(一般書), 共著, 田島知之 [ほか] 著;田島, 知之;本郷, 峻;松川, あおい;飯田, 恵理子;澤栗, 秀太;中林, 雅;松本, 卓也;田和, 優子;仲澤, 伸子, 9784486020721, 39-76

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 犬を用いた野生動物による農地への侵入防止効果の検証, 中林雅, 柳楽倫, 日本哺乳類学会2022年度大会, 2022年08月26日, 通常, 日本語
  2. ボルネオ島の熱帯雨林で同所的に生息するシベット4種の共存機構を探る, 中林雅, 石川尚人, 蔦谷匠, 佐々木瑶子, 小川奈々子, 大河内直彦, Abdul Hamid Ahmad, 幸島司郎, 第69回日本生態学会, 2022年03月14日, 通常, 日本語
  3. Effect of human activities on temporal activity patterns of mammals on Borneo, 2021年07月21日, 通常, 英語
  4. 中・大型哺乳類の野外研究が行きつく先, 中林雅, 日本熱帯生態学第24回吉良賞奨励賞受賞記念講演, 2021年06月26日, 招待, 日本語, 日本熱帯生態学会年次大会, 広島
  5. ボルネオ島の同所性食肉目の時間的棲み分け, 中林雅, 松田一希, 金森朝子, Abdul HA, Augustine T, 半谷吾郎, 松田一希, 金森朝子, Abdul HA, Augustine T, 半谷吾郎, 第31回日本熱帯生態学会年次大会, 2021年06月27日, 通常, 日本語, 日本熱帯生態学会, 広島
  6. ボルネオ島の同所性パームシベット亜科3種の食性に着目した共存機構の考察, 中林雅, 蔦谷匠, 蔦谷匠, 第30回日本熱帯生態学会年次大会, 2020年11月21日, 通常, 日本語, 日本熱帯生態学会
  7. 小型種子をつける植物でも大型種子散布者が必要, 中林雅, Eyen Khoo, Eyen Khoo, 第68回日本生態学会, 2021年03月19日, 通常, 日本語, 日本生態学会
  8. Even small seeds need large seed dispersers, 2020年, 通常, 英語
  9. 主食としてのイチジクと救荒食物としてのイチジク-果実食性食肉目ビントロングの例-, 中林雅, Abdul HA, 日本熱帯生態学会, 2019年06月15日, 通常, 日本語, 日本熱帯生態学会, 札幌
  10. Seed dispersal of hemi-epiphytic figs by binturongs, gibbons and hornbills on Borneo, Nakabayashi M, Ahmad HA, Izawa M, 55th Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation, 2018年07月04日, 通常, 英語, The Association for Tropical Biology and Conservation, クチン、マレーシア
  11. Preference for open canopy habitats by common palm civet (Paradoxurus hermaphroditus) in Sabah, Malaysian Borneo, Nakabayashi M, Ahmad HA, Kohshima S, Conservation Asia 2016, 2016年06月30日, 通常, 英語, Conservation Asia, シンガポール
  12. Coexistence mechanism of .three sympatric frugivorous civets in Danum Valley Conservation Area, Sabah, Nakabayashi M, Ahmad HA, Kohshima S, International Conference on Rainforest Ecology, Diversity and Conservation in Borneo, 2015年06月09日, 通常, 英語
  13. Fruit selection of frugivorous carnivores; palm civets, Nakabayashi M, Ahmad AH, Kohshima S, The 3rd Asia Regional Conference of the Society for Conservation Biology, 2014年08月22日, 通常, 英語, The Society for Conservation Biology, メラッカ、マレーシア
  14. Feeding Strategy of Frugivorous Carnivores in Borneo: Comparison with Frugivorous Primates, Nakabayashi M, Ahmad AH, Kohshima S, 51st Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation, 2014年07月24日, 通常, 英語, The Association for Tropical Biology and Conservation, ケアンズ、オーストラリア
  15. Feeding strategy of palm civets: carnivorans who chose to be frugivore, Nakabayashi M, Ahmad AH, Kohshima S, Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation, Asia-Pacific Chapter, 2013年03月19日, 通常, 英語, The Association for Tropical Biology and Conservation, アチェ、インドネシア
  16. Seed dispersal of hemi-epiphytic figs by large animals in Bornean rainforests, Nakabayashi M, Abdul HA, Izawa M, 第65回日本生態学会, 2018年03月16日, 通常, 英語, 日本生態学会, 札幌
  17. ボルネオ島における半着生イチジクの種子散布, 中林雅, Abdul HA, 第64回日本生態学会, 2017年03月15日, 通常, 日本語, 日本生態学会, 東京
  18. 果実食性になった食肉目パームシベットの採食生態, 中林雅, Abdul HA, 幸島司郎, 第29 回日本霊長類学会・日本哺乳類学会 2013年度合同大会, 2013年09月08日, 通常, 日本語, 日本霊長類学会・日本哺乳類学会, 岡山
  19. Feeding strategy of common palm civets Paradoxurus hermaphroditus in Sabah, Malaysia, Nakabayashi M, Bernard H, 5th International Congress of East Asian Federation of Ecological Societies, 2012年03月19日, 通常, 英語, East Asian Federation of Ecological Societies, 大津

受賞

  1. 2020年06月13日, 日本熱帯生態学会 第24回吉良賞奨励賞, 日本熱帯生態学会会長, 熱帯生態系のキーストーン植物イチジクの大型動物による種子散布

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 公益財団法人日本生命財団2022年度若手研究・奨励研究助成, 野生動物の個体追跡による獣害発生の予測への挑戦
  2. 科研費若手研究, 大型動物を喪失した熱帯雨林における大型種子をつける植物の種子散布の現状, 2020年04月01日, 2023年03月31日
  3. 若手研究B, 森林の空洞化により熱帯雨林生態系キーストーン植物イチジクが受ける影響の評価, 2017年04月01日, 2020年03月31日
  4. 特別研究員奨励費, ボルネオ島におけるビントロングの半着生イチジクの種子散布者としての有効性の評価, 2016年04月22日, 2019年03月31日
  5. 特別研究員奨励費, 果実食を選んだ食肉目パームシベット-採食戦略の解明-, 2013年04月01日, 2015年03月31日
  6. 学術研究助成, 安定同位体分析を用いたボルネオ島に同所的に生息する果実食性ジャコウネコ4種の共存機構の解明, 2017年04月01日, 2018年03月20日
  7. 平成27年度公益信託四方記念地球環境保全研究助成基金, ボルネオ島の熱帯雨林における危急種ビントロングの食性に着目した保全に関する研究
  8. 平成27年度公益信託乾太助記念動物科学研究助成基金, 登攀技術とDNA分析を用いた危急種ビントロングの保全に関する研究
  9. 科学研究費助成事業(若手研究), 大型動物を喪失した熱帯雨林における大型種子をつける植物の種子散布の現状, 2020年, 2022年