四宮 陸雄RIKUO SHINOMIYA

Last Updated :2021/02/02

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 寄附講座准教授
メールアドレス
rikuo123hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 整形外科学

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2020年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  3. 2020年, 学部専門, 集中, 症候診断治療学
  4. 2020年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  5. 2020年, 学部専門, 2ターム, 外科学II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Use of quantitative intra-operative electrodiagnosis during partial ulnar nerve transfer to restore elbow flexion THE TREATMENT OF EIGHT PATIENTS FOLLOWING A BRACHIAL PLEXUS INJURY, JOURNAL OF BONE AND JOINT SURGERY-BRITISH VOLUME, 93B巻, 3号, pp. 364-369, 201103
  2. Human platelet-rich plasma promotes axon growth in brain-spinal cord coculture, NEUROREPORT, 23巻, 12号, pp. 712-716, 20120822
  3. Direct effect of radiation on the peripheral nerve in a rat model, JOURNAL OF PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY, 48巻, 4号, pp. 276-280, 201408
  4. HIGH-RESOLUTION ULTRASONOGRAPHIC EVALUATION OF HOURGLASS-LIKE FASCICULAR CONSTRICTION" IN PERIPHERAL NERVES: A PRELIMINARY REPORT", ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY, 40巻, 7号, pp. 1718-1721, 201407
  5. 手指腱鞘炎に対する腱鞘内ステロイド注射後の再発に影響を与える因子の検討, 日本手外科学会誌, 32巻, 4号, pp. 1-4, 2015
  6. IMPACT OF CORTICOSTEROID INJECTION SITE ON THE TREATMENT SUCCESS RATE OF TRIGGER FINGER: A PROSPECTIVE STUDY COMPARING ULTRASOUND-GUIDED TRUE INTRA-SHEATH AND TRUE EXTRA-SHEATH INJECTIONS, ULTRASOUND IN MEDICINE AND BIOLOGY, 42巻, 9号, pp. 2203-2208, 201609
  7. CORRELATION BETWEEN HOURGLASS-LIKE FASCICULAR CONSTRICTION" AND IDIOPATHIC ANTERIOR INTEROSSEOUS NERVE PALSY", MUSCLE & NERVE, 55巻, 4号, pp. 508-512, 201704
  8. Slow progressive popliteal artery insufficiency after neglected proximal tibial physeal fracture: a case report, J Pediatr Orthop B., 19巻, 2016

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 手指腱鞘炎に対する腱鞘内ステロイド注射後の再発に影響を与える因子の検討, 四宮陸雄,砂川融,中島祐子,川西啓生,増田哲夫,吉塚将昭,越智光夫, 第58回日本手外科学会, 2015年04月, 通常, 日本語, 日本手外科学会, 東京, 手指腱鞘炎に対する超音波ガイド下腱鞘内ステロイド注射後1年以内に再発した症例の再発に関わる因子についてロジスティック回帰分析を用いて検討した.種々の要因の中で,注射前に認められる浅指屈筋腱(FDS)内の超音波低輝度変化は腱鞘内ステロイド注射後の再発に有意に相関することが分かった.つまり,注射前に認められるFDS内の超音波低輝度変化は,手術療法を検討する一つの指標となる可能性がある.
  2. 手指狭窄性腱鞘炎に対するステロイド注射の注射部位による効果の検討-腱鞘内注射と腱鞘外注射の比較-, 四宮陸雄 砂川融 中島祐子 川西啓生 増田哲夫 吉塚将昭 槙坪真奈美越智光夫, 第88回日本整形外科学会, 2015年05月, 通常, 日本語, 日本整形外科学会, 神戸, 手指腱鞘炎に対してステロイド注射は一般的に行われているが,注射部位がその効果に与える影響は検討されていない.我々は超音波ガイド下に腱鞘内注射もしくは腱鞘外注射を行った2群間で臨床症状の改善率と超音波検査で計測されるA1プーリーと屈筋腱の厚みの変化について検討した.臨床症状の改善率には2群間に有意差はなく,A1プーリーと屈筋腱の厚みも両群ともに有意に改善していた.手指狭窄性腱鞘炎に対する注射療法では,必ずしも腱鞘内への注入が必須ではない可能性が示唆された.
  3. 2015年04月, 通常, 英語, The trigger finger was described by Notta in 1850 and is a common hand problem with a lifetime prevalence of 2.6% in the general population and 10% among those with diabetes mellitus (1)(2). Although multiple approaches such as non-steroidal anti-inflammatory medication, splinting, percutaneous surgery, and open surgery are available for managing trigger finger, the corticosteroid blind injection has been widely accepted as the most common first-line treatment(3). In an evidenced-based review, Fleisch et al. (3) combined the results of four prospective randomized trials(4)(5)(6)(7) and found that a single blind trigger finger injection had a 57% success rate for improving or resolving trigger finger or thumb symptoms. Similarly, Peters-Veluthamaningal et al. (8) found that one or two blind 10 mg injections of triamcinolone acetonide resulted in complete resolution of pain and snapping in 56% of fingers at 1 year post-injections. However, from review of these studies, it was unclear about the true corticosteroid injection site even though intrasheath injection was attempted. To date, the influence of injection site on its success rate has remained unclear. Consequently, there has been no evidence that corticosteroid injection into the tendon sheath obtains better outcome than outside of the tendon sheath for the treatment of trigger finger. Therefore, the purpose of this study was to compare the efficacy of true intrasheath corticosteroid injection with true extrasheath injection.
  4. 感染を合併した骨軟部組織損傷に対する治療戦略, 四宮陸雄 砂川 融 中島祐子 川西啓生 増田哲夫 吉塚将昭 槙坪真奈美 越智光夫 横田和典, 第42回日本マイクロサージャリ学会, 2015年11月, 通常, 日本語, 日本マイクロサージャリー学会, 大宮, 感染を合併した骨軟部組織損傷に対し,当科で行ってきた治療について検討したので報告した
  5. 手部皮膚欠損に対する系統だった治療戦略-感染制御の観点から-, 四宮陸雄 砂川 融 中島祐子 増田哲夫 吉塚将昭 槙坪真奈美 安達伸生, 第33回中部手外科研究会, 2016年01月, 通常, 日本語
  6. 手根管症候群に対する保存療法-平成30年間の総括-, 四宮陸雄, 日本末梢神経学会, 2019年08月24日, 通常, 日本語, 金沢市, その他
  7. 手の病気と女性ホルモン, 四宮陸雄, 砂川融,中島祐子, 女性の健康セミナー, 2019年08月10日, 招待, 日本語, その他
  8. MP関節伸展拘縮に対する関節鏡視下手術, 四宮陸雄, 砂川融,中島祐子,安達伸生, 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 2018年06月15日, 通常, 日本語

受賞

  1. 2015年11月08日, 第68回広島臨床外科医学会賞, 広島県医師会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 放射線誘発性末梢神経障害に対する新規治療開発, 2013年, 2015年
  2. 整形災害外科学研究助成財団, 切断四肢の灌流保存法の開発, 2017年