上神 慎之介SHINNOSUKE UEGAMI

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
suegamihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 消化器外科学

研究キーワード

  • 炎症性腸疾患 大腸癌 鏡視下手術 ロボット手術

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2023年, 学部専門, 集中, 臨床実習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 【十二指腸疾患への外科アプローチ】上腸間膜動脈症候群に対する十二指腸空腸バイパス, 外科, 84/11巻, pp. 1163-1167, 202210
  2. Small intestinal mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma with deep ulcer and severe stenosis: A case report, Int J Surg Case Rep ., 20211022
  3. High incidence of postoperative silent venous thromboembolism in ulcerative colitis: a retrospective observational study, BMC SURGERY, 21巻, 1号, 20210519
  4. Successful surgical procedure based on careful preoperative imaging for chronic idiopathic colonic pseudo-obstruction: a case report, SURGICAL CASE REPORTS, 6巻, 1号, 20201028
  5. Locally Excised T1 Rectal Cancers: Need for Specialized Surveillance Protocols, Diseases of the colon and rectum, 62巻, 9号, pp. 1055-1062, 20190901
  6. Inguinoscrotal hernia containing the urinary bladder successfully repaired using laparoscopic transabdominal preperitoneal repair technique: A case report, Asian journal of endoscopic surgery, 12巻, 2号, pp. 201-203, 20190401
  7. Pharmacokinetics of piperacillin-tazobactam in plasma, peritoneal fluid and peritoneum of surgery patients, and dosing considerations based on site-specific pharmacodynamic target attainment, International Journal of Antimicrobial Agents, 50巻, 3号, pp. 393-398, 20170901
  8. Two cases of severe ulcerative colitis with colonic dilatation resolved with tacrolimus therapy, Case Reports in Gastroenterology, 9巻, pp. 272-277, 20150101
  9. Pharmacokinetics and pharmacodynamic target attainment of intravenous pazufloxacin in the bile of patients undergoing biliary pancreatic surgery, Journal of Chemotherapy, 26巻, 5号, pp. 287-292, 20140101
  10. A case of synchronous multiple liver metastasis of sigmoid colon cancer with a pathological complete response to combination chemotherapy of 5-FU/LV and bevacizumab, Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 38巻, 2号, pp. 321-324, 20110101
  11. A case report of primary duodenal adenocarcinoma responding to chemotherapy with S-1 and irinotecan, Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 38巻, 4号, pp. 667-671, 20110101
  12. A case of extraluminal gastrointestinal stromal tumor arising from sigmoid colon diagnosed as diverticulitis, Japanese Journal of Gastroenterological Surgery, 43巻, 9号, pp. 958-963, 20100101
  13. Surgical resection and reconstruction for primary malignant sternal tumor, Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 15巻, 3号, pp. 182-185, 20090601
  14. Surgical resection of primary liposarcoma of the anterior mediastinum, Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 14巻, 1号, pp. 38-41, 20080201
  15. Multiple myeloma presenting as a solitary tumor of the rib; report of a case, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 61巻, 10号, pp. 899-901, 20080101
  16. Surgical treatment of infected intralobar pulmonary sequestration: A collective review of patients older than 50 years reported in the literature, Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 13巻, 5号, pp. 331-334, 20071001
  17. Therapeutic strategy for spontaneous pneumothorax, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 60巻, 3号, 20070101
  18. Role of video-assisted thoracic surgery for the diagnosis of indeterminate pulmonary nodule., Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, 12巻, 6号, pp. 388-392, 20060101
  19. Spontaneous rupture of the ascending thoracic aorta resulting in a mimicking pseudoaneurysm., Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia, 12巻, 3号, pp. 223-227, 20060101
  20. Ulcerative colitis-associated rectal cancer resected and diagnosed by rectovesical fistula: a case report, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 14巻, 4号, pp. 1163-1168, 202108
  21. Efficacy and tolerability of preoperative chemoradiotherapy with S-1 alone for locally advanced rectal cancer, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 2号, pp. 300-308, 202103
  22. Locally Excised T1 Rectal Cancers: Need for Specialized Surveillance Protocols, DISEASES OF THE COLON & RECTUM, 62巻, 9号, pp. 1055-1062, 201909
  23. TAPP法で修復した巨大鼠径ヘルニアの3例, 日本臨床外科学会雑誌, 78巻, 5号, pp. 1138-1143, 2017
  24. 腸重積をきたした回腸lipomatosisの1例, 日本腹部救急医学会雑誌, 37巻, 6号, pp. 891-894, 2017
  25. 手術患者における血中、腹水および腹膜へのピペラシリン・タゾバクタムの薬物動態と薬力学的目標達成, 国際抗菌薬雑誌, 50巻, pp. 393-398, 2017
  26. 潰瘍性大腸炎患者に対するHALS併用大腸全摘・回腸嚢肛門吻合, World J Gastrointest Surg., 27巻, 8号, pp. 578-582, 2016
  27. 結腸拡張を伴う重症潰瘍性大腸炎に対してタクロリムスが有効であった2例, Case Rep Gastroenterol, 31巻, pp. 272-277, 2015
  28. 盲腸粘膜下腫瘍と鑑別が困難であった盲腸子宮内膜症の 1 例, 日本大腸肛門病会誌, 68巻, pp. 40-45, 2015
  29. ★, 胆膵周術期患者におけるパズフロキサシンの 胆汁中薬物動態と薬力学的目標値達成度, 化学療法雑誌, 26巻, 5号, pp. 287-292, 2014
  30. 歯状線直上まで広範囲に異形成の伸展を認めたcolitic cancerの1例, 日本臨床外科学会誌, 75巻, 10号, pp. 2801-2806, 2014
  31. 内視鏡的ポリープ切除を併用した Peutz-Jeghers 症候群開腹手術の 1 例, 日臨外会誌, 75巻, 8号, pp. 2219-2223, 2014

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 局所進行直腸癌に対するS-1併用術前化学放射線療法の有用性の検討., 上神慎之介, 渡谷祐介, 中島一記, 平野利典, 吉村幸祐, 海氣勇気, 亀田靖子, 近藤賢史, 大毛宏喜, 高橋信也., 第122回日本外科学会定期学術集会, 通常, 日本語
  2. 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門吻合の工夫と治療成績., 上神 慎之介, 吉村 幸祐, 中島 一記, 平野 利典, 渡谷 祐介, 亀田 靖子, 海氣 勇気, 大毛 宏喜, 高橋 信也. , 第76回日本大腸肛門病学会, 通常, 日本語
  3. The Introduction of TaTME on a Prone Jackknife Position for Ulcerative Colitis Patients, Shinnosuke Uegami,, Norimitsu Shimada, Kosuke Yoshimura, Yusuke Watadani, Kenichiro Uemura, Hiroki Ohge, Shinya Takahashi, 第33回日本内視鏡外科学会総会, 2021年03月10日, 通常, 日本語
  4. 潰瘍性大腸炎に対するジャックナイフ位でのTaTME手技の導入, 上神慎之介、吉村幸祐、平野利典、中島一記、渡谷祐介、海氣勇気、北川浩樹、繁本憲文、大毛宏喜、高橋信也, 第121回 日本外科学会総会, 2021年04月08日, 通常, 日本語
  5. 局所進行直腸癌に対するS-1併用術前化学放射線療法施行例の検討, 上神慎之介, 大毛宏喜, 渡谷祐介, 嶋田徳光, 吉村幸祐, 北川浩樹, 垰越宏幸, 上村健一郎, 村上義昭, 高橋信也, 第75回日本消化器外科学会学術集会, 2020年12月16日, 通常, 日本語
  6. Undesired permanent ileostomy after ileal-pouch anal anastomosis for Ulcerative Colitis, which was associated with pouch fistula, Shinnosuke Uegami, Norimitsu Shimada, Kosuke Yoshimura,Yusuke Watadani, Kenichiro Uemura, Hiroki Ohge, Shinya Takahashi, The 30th ISUCRS, 2020年11月12日, 通常, 英語
  7. クローン病に対する腹腔鏡手術の治療成績と課題, 上神慎之介、吉村幸祐、嶋田徳光、上村健一郎、大毛宏喜, 第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019年12月06日, 通常, 日本語, その他
  8. 潰瘍性大腸炎における癌/dysplasia合併例とサーベイランスに関する検討, 上神 慎之介, 向田 敦史, 矢野 雷太, 渡谷 祐介, 上村 健一郎, 村上 義昭, 大毛 宏喜, 末田 泰二郎, 第27回日本消化器関連学会週間 , 2019年11月23日, 通常, 日本語, その他
  9. 大腸癌を合併した潰瘍性大腸炎手術症例の検討と診療上の課題, 上神 慎之介,向田敦史,矢野雷太,嶋田徳光,渡谷祐介,上村健一郎,村上義昭,大毛宏喜,末田泰二郎, 第74回日本大腸肛門病学会学術集会, 2019年10月11日, 通常, 日本語
  10. 脾弯曲授動を伴う大腸癌手術症例の検討, 上神慎之介, 香山茂平,新原健介, 田妻昌, 亀田靖子,馬場健太, 中村浩之, 田崎達也, 杉山陽一,佐々木秀,今村祐司,中光篤志, 第46回 広島内視鏡手術手技研究会, 2017年02月24日, 通常, 日本語, 広島, その他
  11. 左側閉塞性大腸癌に対する治療戦略 〜緊急手術とSEMS留置後のBridge to Surgeryの検討から〜, 上神慎之介, 新原健介, 田妻昌, 亀田靖子,馬場健太, 中村浩之, 田崎達也, 杉山陽一, 香山茂平, 佐々木秀, 今村祐司, 中光篤志, 第72回日本消化器外科学会学術集会, 2017年07月20日, 通常, 日本語, その他
  12. 左側の閉塞性大腸癌に対する大腸癌ステント留置後の待機的手術の有効性, 上神慎之介, 新原健介, 田妻昌, 亀田靖子,馬場健太, 中村浩之, 田崎達也, 杉山陽一,香山茂平, 佐々木秀, 今村祐司, 中光篤志, 第27回国際外科、消化器内科、腫瘍科学会, 2017年11月15日, 通常, 英語, リヨン, その他
  13. 術後9年目に肝再発を来たした直腸癌の1例, 上神慎之介, 島筒和史 向田敦史 矢野雷太 渡谷祐介 中川直哉 近藤成 上村健一郎 村上義昭 大毛宏喜 末田泰二郎, 第 112 回広島がん治療研究会, 2018年09月22日, 通常, 日本語, 広島, その他
  14. 直腸脱に対する経肛門術式および経腹術式の治療成績と課題, 上神慎之介, 向田敦史 北川浩樹 黒尾優太 垰越宏幸 矢野雷太 嶋田徳光 渡谷祐介 上村健一郎 大毛宏喜, 第73回日本大腸肛門病学会学術集会, 2018年11月09日, 通常, 日本語, 東京
  15. 大腸全摘術後における静脈血栓症早期診断の可能性, 上神慎之介, 向田敦史、 矢野雷太、嶋田徳光、渡谷祐介、 北川浩樹、 黒尾優太、 垰越宏幸、上村健一郎、村上義昭、 大毛宏喜、末田泰二郎, 第80回日本臨床外科学会総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 東京, その他
  16. 複雑性憩室炎に対して腹腔鏡手術を施行した3例, 上神慎之介, 田崎達也、新原健介、新宅谷隆太、杉山陽一、香山茂平、佐々木秀、 今村祐司、中光篤志, 2018年12月06日, 通常, 日本語, 福岡, プレプリント

社会活動

学術会議等の主催

  1. 広島がん治療研究会, 事務局長, 2023年04月, 2023年09月

学術雑誌論文査読歴

  1. 2023年, 広島大学医学出版会, その他, 1