今任 景一KEIICHI IMATO

Last Updated :2022/01/05

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
kimatohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1-4-1 工学部A-4棟622号室
TEL:082-424-7608 FAX:082-424-5494
自己紹介
刺激応答性の機能性色素による、高分子材料の構造・機能の解明と制御について研究しています。

基本情報

主な職歴

  • 2012年04月, 2014年09月, 日本学術振興会, 特別研究員 DC1
  • 2014年10月, 2015年03月, 日本学術振興会, 特別研究員 PD
  • 2015年04月, 2016年03月, 東京工業大学, 大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻, 博士研究員
  • 2016年04月, 2018年12月, 早稲田大学, 先進理工学部 生命医科学科, 助教
  • 2014年11月, 2015年03月, スイス フリブール大学, Adolphe Merkle Institute, 訪問研究員
  • 2019年01月, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科 応用化学専攻, 助教

学歴

  • 九州大学, 工学部, 物質科学工学科, 2006年04月, 2010年03月
  • 九州大学, 大学院工学府, 物質創造工学専攻 修士課程, 2010年04月, 2011年09月
  • 九州大学, 大学院工学府, 物質創造工学専攻 博士後期課程, 2011年10月, 2014年09月

学位

  • 修士(工学) (九州大学)
  • 博士(工学) (九州大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) : 応用化学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 応用化学プログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : スマートイノベーションプログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 応用化学プログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : スマートイノベーションプログラム

研究分野

  • 化学 / 複合化学 / 高分子化学
  • 化学 / 材料化学 / 高分子・繊維材料

研究キーワード

  • 高分子化学
  • 機能性色素
  • メカノケミストリー
  • 光応答性高分子
  • 分子マシン
  • 分子スイッチ

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 2ターム, 一般化学[2工一]
  2. 2021年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2021年, 学部専門, 4ターム, 物理化学演習
  4. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  5. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  6. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  7. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  8. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  9. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  10. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  11. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  12. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究

教育に関する受賞

  • 2020年03月19日, 2020年度工学部教育顕彰, 広島大学, 教養教育科目「一般化学」の講義形態の改善とオンライン授業の取り組み

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Development of Phenazine-2,3-diol-Based Photosensitizers: Effect of Formyl Groups on Singlet Oxygen Generation, Materials Chemistry Frontiers, 5巻, 14号, pp. 5312-5318, 20210721
  2. Synthesis, Photophysical and Electrochemical Properties of 1,1',3,3'-Tetrasubstituted-4,4'-bibenzo[c]thiophene Derivative with Different Substituents on the Thiophene Rings, New Journal of Chemistry, 45巻, 30号, pp. 13258-13261, 20210611
  3. Synthesis, Optical and Electrochemical Properties of 4,4'-Bibenzo[c]thiophene Derivatives, RSC Advances, 11巻, 31号, pp. 18870-18880, 20210525
  4. Polymer Films Doped with Fluorescent Sensor for Moisture and Water Droplet Based on Photo-Induced Electron Transfer, RSC Advances, 11巻, 28号, pp. 17046-17050, 20210520
  5. Fluorescence Sensors for Detection of Water Based on Tetraphenylethene–Anthracene Possessing both Solvatofluorochromic Properties and Aggregation-Induced Emission (AIE) Characteristics, New Journal of Chemistry, 45巻, 9号, pp. 4164-4173, 20210307
  6. Diversification of Conjugated Polymers via Postpolymerization Nucleophilic Aromatic Substitution Reactions with Sulfur-, Oxygen-, and Nitrogen-Based Nucleophiles, Macromolecules, 54巻, 2号, pp. 725-735, 20210126
  7. Self-Healing Polyurethane Elastomers Based on Charge-Transfer Interactions for Biomedical Applications, Polymer Journal, 53巻, 2号, pp. 355-362, 20201022
  8. Development of Optical Sensor for Water in Acetonitrile Based on Propeller-Structured BODIPY-Type Pyridine-Boron Trifluoride Complex, RSC Advances, 10巻, 56号, pp. 33836-33843, 20200914
  9. Synthesis, Optical and Electrochemical Properties of Propeller-Type 3,5,8-Trithienyl-BODIPY Dyes, Materials Chemistry Frontiers, 4巻, 9号, pp. 2762-2771, 20200901
  10. ★, Fluorescent Supramolecular Mechanophores Based on Charge-Transfer Interactions, Chemical Communications, 56巻, 57号, pp. 7937-7940, 20200721
  11. Development of Fluorescent Sensors Based on a Combination of PET (Photo-induced Electron Transfer) and FRET (Förster Resonance Energy Transfer) for Detection of Water, Materials Advances, 1巻, 3号, pp. 354-362, 20200601
  12. Cell Adhesion Control by Photoinduced Lcst Shift of PNIPAAm-Based Brush Scaffolds, Journal of Materials Chemistry B, 8巻, 12号, pp. 2393-2399, 20200328
  13. Phenazine-Based Photosensitizers for Singlet Oxygen Generation, Materials Chemistry Frontiers, 4巻, 2号, pp. 589-596, 20200201
  14. Development of an Intramolecular Charge Transfer-Type Colorimetric and Fluorescence Sensor for Water by Fusion with a Juloidine Structure and Complexation with Boron Trifluoride, RSC Advances, 9巻, 54号, pp. 31466-31473, 20191007
  15. Synthesis and Photophysical and Electrochemical Properties of Pyridine-, Pyrazine- and Triazine-Based (D-p-)2A Fluorescent Dyes, Beilstein Journal of Organic Chemistry, 15巻, pp. 1712-1721, 20190722
  16. Fluorescent Sensor for Water Based on Photo-Induced Electron Transfer and Förster Resonance Energy Transfer: Anthracene-(Aminomethyl)Phenylboronic Acid Ester-Bodipy Structure, RSC Advances, 9巻, 27号, pp. 15335-15340, 20190516
  17. ★, The Photoregulation of a Mechanochemical Polymer Scission, Nature Communications, 9巻, 1号, pp. 3504, 20180829
  18. Photoresponsive Fiber Scaffolds with a Core-Sheath Nanostructure for Regulating Cell Behaviors, Journal of Materials Chemistry B, 6巻, 14号, pp. 2052-2056, 20180316
  19. Reorganizable and Stimuli-Responsive Polymers Based on Dynamic Carbon–Carbon Linkages in Diarylbibenzofuranones, Polymer, 137巻, pp. 395-413, 20180214
  20. Photoregulation of Retro-Diels Alder Reaction at the Center of Polymer Chains, Chemistry Letters, 46巻, 7号, pp. 992-994, 20170422
  21. Dynamic Covalent Diarylbibenzofuranone-Modified Nanocellulose: Mechanochromic Behaviour and Application in Self-Healing Polymer Composites, Polymer Chemistry, 8巻, 13号, pp. 2115-2122, 20170313
  22. Enhancing Mechanochemical Activation in the Bulk State by Designing Polymer Architectures, ACS Macro Letters, 5巻, 10号, pp. 1124-1127, 20161018
  23. Polymer-Inorganic Composites with Dynamic Covalent Mechanochromophore, Macromolecules, 49巻, 16号, pp. 5903-5911, 20160823
  24. ★, Repeatable Mechanochemical Activation of Dynamic Covalent Bonds in Thermoplastic Elastomers, Chemical Communications, 52巻, 69号, pp. 10482-10485, 20160718
  25. Autonomously Substitutable Organosilane Thin Films Based on Dynamic Covalent Diarylbibenzofuranone Units, Chemistry Letters, 45巻, 1号, pp. 36-38, 20160101
  26. Mechanochromic Dynamic Covalent Elastomers: Quantitative Stress Evaluation and Autonomous Recovery, ACS Macro Letters, 4巻, 11号, pp. 1307-1311, 20151109
  27. Metathesis-Driven Scrambling Reactions between Polybutadiene or Naturally Occurring Polyisoprene and Olefin-Containing Polyurethane, Polymer, 78巻, pp. 145-153, 20151105
  28. ★, Self-Healing of a Cross-Linked Polymer with Dynamic Covalent Linkages at Mild Temperature and Evaluation at Macroscopic and Molecular Levels, Macromolecules, 48巻, 16号, pp. 5632-5639, 20150825
  29. Diarylbibenzofuranone-Based Dynamic Covalent Polymer Gels Prepared via Radical Polymerization and Subsequent Polymer Reaction, Gels, 1巻, 1号, pp. 58-68, 20150703
  30. ★, Mechanophores with a Reversible Radical System and Freezing-Induced Mechanochemistry in Polymer Solutions and Gels, Angewandte Chemie - International Edition, 54巻, 21号, pp. 6168-6172, 20150518
  31. ★, Network Reorganization of Dynamic Covalent Polymer Gels with Exchangeable Diarylbibenzofuranone at Ambient Temperature, Journal of the American Chemical Society, 136巻, 33号, pp. 11839-11845, 20140820
  32. Plasticizer-Promoted Thermal Crosslinking of a Dynamic Covalent Polymer with Complementarily Reactive Alkoxyamine Units in the Side Chain under Bulk Conditions, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 87巻, 9号, pp. 1023-1025, 20140101
  33. Insertion Metathesis Depolymerization of Aromatic Disulfide-Containing Dynamic Covalent Polymers under Weak Intensity Photoirradiation, Chemistry Letters, 42巻, 11号, pp. 1346-1348, 20131111
  34. Reversibly Crosslinked Polymeric Micelles Formed by Autonomously Exchangeable Dynamic Covalent Bonds, Chemistry Letters, 42巻, 4号, pp. 377-379, 20130415
  35. ★, Self-Healing of Chemical Gels Cross-Linked by Diarylbibenzofuranone-Based Trigger-Free Dynamic Covalent Bonds at Room Temperature, Angewandte Chemie - International Edition, 51巻, 5号, pp. 1138-1142, 20120127

著書等出版物

  1. 2021年07月21日, 刺激応答性高分子の開発動向, 外部刺激応答性の機能性色素の分子設計, シーエムシー出版, 2021年, 07, 単行本(学術書), 共著, 大山陽介, 今任景一, 323, 87-111
  2. 2021年04月28日, Progress in the Science of Functional Dyes, Photodynamic Therapy, Springer, 2021年, 04, 単行本(学術書), 共著, English, Imato, Keiichi; Ooyama, Yousuke, 601, 445-467
  3. 2019年12月, 光化学, 色素増感太陽電池用色素の変遷, 光化学協会, 2019年, 12, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 大山陽介, 169-176
  4. 2018年04月25日, 臓器チップの技術と開発動向, チップ基材の表面形状および性状が細胞に与える影響, シーエムシー出版, 2018年, 04, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 武田直也, 48–56
  5. 2018年07月, バイオマテリアルー生体材料ー, 刺激に応答する動的なバイオマテリアル, 日本バイオマテリアル学会, 2018年, 07, 単行本(学術書), 単著, 今任景一, 36, 242
  6. 2018年, Colloid & Interface Communication, 可逆的かつ長期安定的に高い細胞パターニング機能を実現するスピロピラン導入光応答性ソフト界面の創製, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会, 2018年, 単行本(学術書), 共著, 有坂慶紀, 何迪, 今任景一, 武田直也, 43, 20–23
  7. 2018年04月17日, バイオマテリアルー生体材料ー, 灌流培養のための紙を使った自律駆動型連続送液システムの設計, 日本バイオマテリアル学会, 2018年, 04, 単行本(学術書), 共著, 有坂慶紀, 尾﨑愛, 今任景一, 武田直也, 36, 156–157
  8. 2017年09月08日, Dynamic Covalent Chemistry: Principles, Reactions and Applications, Self-Healing Polymers through Dynamic Covalent Chemistry, Wiley, 2017年, 09, 単行本(学術書), 共著, English, Imato, Keiichi; Otsuka, Hideyuki, 359–387
  9. 2016年, 可逆的な炭素ー炭素結合に基づく動的共有結合ポリマーゲル, ネットワークポリマー, 合成樹脂工業協会, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 後関頼太, 大塚英幸, 37, 31–40
  10. 2016年, 動的共有結合ポリマーの開発ー自在に構造変換できる高分子を目指してー, 化学と教育, 日本化学会, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 大塚英幸, 後関頼太, 今任景一, 64, 98–101
  11. 2015年, 高分子鎖を介して分子を引っ張る!ー力で生じる化学反応, 化学, 化学同人, 2015年, 単行本(一般書), 共著, 今任景一, 後関頼太, 大塚英幸, 70, 70–71
  12. 2015年, 完全自己修復性をもつ高分子ゲルの設計, 接着の技術, 日本接着学会, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 大塚英幸, 35, 16-22
  13. 2015年, 動的共有結合化学に基づく高分子の自己修復, 日本画像学会誌, 日本画像学会, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 大塚英幸, 54, 221–228
  14. 2014年, 動的共有結合を利用した完全自己修復性ポリマーの開発, ファインケミカル, シーエムシー出版, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 後関頼太, 大塚英幸, 43, 13–20
  15. 2013年, 自発的な結合組み換え反応を利用する自己修復性化学ゲル, 工業材料, 日刊工業新聞社, 2013年, 単行本(学術書), 共著, 大塚英幸, 今任景一, 大石智之, 高原淳, 61, 53–56
  16. 2012年, 自発的に組み換わる動的共有結合を有する架橋高分子の合成と自己修復挙動, 日本接着学会誌, 日本接着学会, 2012年, 単行本(学術書), 共著, 今任景一, 大塚英幸, 48, 156–162

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 大きな構造変化と熱安定性を兼ね備えた分子スイッチの合成と評価, 今任景一, 佐々木綾音, 石井祥, 今榮一郎, 大山陽介, 第45回有機電子移動化学討論会, 2021年06月25日, 通常, 日本語, 有機電子移動化学研究会, オンライン
  2. 電荷移動相互作用に基づく力に応答する機能性高分子材料の開発, 今任景一, 日本化学会中国四国支部大会, 2020年11月29日, 招待, 日本語, 日本化学会中国四国支部, オンライン
  3. Thermally Stable and Photoresponsive Molecular Machines for Manipulating Polymer Structures and Properties, Keiichi Imato, Ayane Sasaki, Ayumu Yamane, Ichiro Imae, Yousuke Ooyama, The 14th International Symposium on Organic Reactions and the 44th Symposium on Organic Electron Transfer Chemistry, 2020年04月24日, 通常, 英語, 横浜
  4. 力や光に応答する機能性高分子材料の開発, 今任景一, 2019年度 高分子・ハイブリッド材料研究センター(PHyM)若手フォーラム, 2019年11月13日, 招待, 日本語, 仙台
  5. Force-Reporting and Self-Healing Polymeric Materials Based on Charge-Transfer Interaction, Keiichi Imato, The NCU-HU Joint Symposium 2019, 2019年11月01日, 招待, 英語, Taoyuan, Taiwan
  6. 高分子材料に生じる力を検出可能な蛍光色素間の電荷移動相互作用に基づくメカノプローブの開発, 今任景一, 山中凌大, 中島英和, 武田直也, 2019年度色材研究発表会, 2019年10月24日, 通常, 日本語, 東京
  7. Force-Reporting and Self-Healing Materials Based on Charge-Transfer Interaction, Keiichi Imato, 2019 HU-PNU Joint Symposium on Sustainable Materials, 2019年07月09日, 招待, 英語, 東広島
  8. ブロック共重合体薄膜が形成する相分離構造の完全光スイッチングと細胞挙動の時空間制御, 今任景一, 坂野誠人, 武田直也, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 通常, 日本語, 大阪
  9. Functional Polymeric Materials Based on Charge-Transfer Interaction, Keiichi Imato, Asian International Symposium - Electrochemistry - in the 99th CSJ Annual Meeting, 2019年03月18日, 招待, 英語, 神戸

受賞

  1. 2019年10月25日, 2019年度色材研究発表会 優秀講演賞, 色材協会, 高分子材料に生じる力を検出可能な蛍光色素間の電荷移動相互作用に基づくメカノプローブの開発
  2. 2019年06月06日, 第8回新化学技術研究奨励賞, 新化学技術推進協会, マイクロナノ表面パターンの光可逆的変換による細胞挙動の時空間制御
  3. 2018年03月06日, 優秀研究賞, 早稲田大学・JXTGエネルギー, 高分子材料の損傷・修復の高精度評価を実現する可逆的微小応力検出プローブの開発
  4. 2017年09月06日, 第66回高分子討論会 広報委員会パブリシティ賞, 高分子学会, チキソトロピー性セルロースゲルを培養場とした多層ファイバー中での筋管形成誘導
  5. 2017年04月21日, 2016年度笹川科学研究奨励賞, 日本科学協会, 可逆的な化学反応に基づく繰り返し駆動可能な応力検知材料の開発
  6. 2017年02月03日, 第33回井上研究奨励賞, 井上科学振興財団, 動的共有結合化学に基づく機能性架橋高分子の創製
  7. 2014年05月23日, 第3回JACI/GSCシンポジウム GSCポスター賞, 新化学技術推進協会, 室温で駆動可能な動的共有結合に起因した架橋ポリマーの自己修復性
  8. 2014年04月10日, 日本化学会第94春季年会 学生講演賞, 日本化学会, 架橋ポリマーの自発的な結合組み換え反応に起因する特異な力学物性と自己修復性
  9. 2013年11月02日, Poster Award in Japan-Korea Joint Symposium 2013, Tokyo Institute of Technology, Freezing-Induced Mechanochromism in Polymer Gels with Diarylbibenzofuranone-Based Dynamic Covalent Bonds
  10. 2012年12月14日, IPC 2012 Young Scientist Poster Award, The Society of Polymer Science, Japan, Freezing-Induced Chromism in Polymer Gels with Mechanocleavable Dynamic Covalent Bonds
  11. 2012年09月27日, 第60回レオロジー討論会 優秀ポスター発表賞, 日本レオロジー学会, 室温で組み換え可能な動的共有結合で架橋した高分子ゲルの特性
  12. 2011年09月22日, Outstanding Poster Award in the 3rd Asian Symposium on Advanced Materials, Kyushu University, Self-healing properties of cross-linked polymers with radically exchangeable dynamic covalent bond units
  13. 2010年11月26日, 第47回化学関連支部合同九州大会 高分子化学若手奨励賞, 高分子学会, 自発的に結合組み換え可能な架橋高分子の合成と特性解析

取得

  1. 特許権, 6241702, 2017年11月17日, メカノクロミック材料

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 大きな動きと安定性を両立した分子マシンの化学・高分子化学の確立とスマート材料開発, 2021年04月, 2025年03月
  2. 科学研究費助成事業(若手研究), 高分子材料の破壊・疲労・劣化機構を解明する次世代のメカノプローブ開発, 2019年04月, 2021年03月
  3. 卓越研究員事業, 応力や光に応答する機能性高分子材料の開発, 2019年01月, 2020年03月
  4. 研究成果展開事業(A-STEP機能検証フェーズ 試験研究タイプ), 組織構築を誘導するセルロースナノファイバー培養場の開発, 2018年09月, 2019年09月
  5. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 電荷移動錯体の高感度力学プローブを有する高分子材料の創製とメカノバイオロジー応用, 2016年04月, 2018年03月
  6. 日本−スイス若手研究者交流事業, Preparation of Self-Healing Materials with High Mechanical Properties, 2014年11月, 2015年03月
  7. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 共有結合の解離・形成制御に基づく機能性架橋ポリマーの創製, 2012年04月, 2015年03月