太田 浩平KOHEI OTA

Last Updated :2022/08/02

所属・職名
病院高度救命救急センター 講師
メールアドレス
kotahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
高度救命救急センターと集中治療室で主に重症患者の診療にあたっています.我々の責務は命の危機に瀕している患者を救命することですが,救命後の後遺症や機能障害に苦しむ方も多く.そのような方が少しでも退院後によりよい生活を送ることができるような治療の研究にも取り組んでいます.

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月20日, 2005年06月30日, 広島大学, 病院, 医員(研修医)
  • 2005年07月01日, 2005年09月30日, 済生会広島病院
  • 2005年10月01日, 2006年07月31日, 広島大学, 病院, 医員(研修医)
  • 2006年08月01日, 2006年09月30日, 府中市立府中北市民病院
  • 2006年10月01日, 2006年11月30日, 広島市立舟入病院
  • 2006年12月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 病院, 医員(研修医)
  • 2008年04月01日, 2009年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2009年10月01日, 2010年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2010年04月01日, 2016年03月31日, 広島大学, 病院, 助教
  • 2016年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 助教
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 済生会福岡総合病院, 救急科, 医員
  • 2019年04月01日, 2021年09月30日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教

学歴

  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 2005年03月
  • 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程展開医科学専攻, 日本, 2011年04月, 2015年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

所属学会

  • 日本化学療法学会
  • 日本熱傷学会
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本外傷学会
  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 米国集中治療医学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  2. 2022年, 学部専門, 集中, 医学研究実習
  3. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2022年, 学部専門, 集中, 臨床実習II
  5. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 多職種連携A
  6. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 多職種連携B

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Bloodstream Infection Caused by Actinomyces neuii subsp. anitratus in a Patient with Breast Cancer: A Case Report and Literature Review, Hiroshima J. Med. Sci., 70巻, pp. 43-47, 20211201
  2. 甲状腺クリーゼによる心停止蘇生後の循環不全に対し,veno arterial ECMO を導入し救命しえた1 例, 日本集中治療医学会雑誌, 29巻, 1号, pp. 41-42, 20220115
  3. DOES AIRWAY PRESSURE RELEASE VENTILATION OFFER BENEFITS OVER CONVENTIONAL VENTILATORY SUPPORTS FOR SEVERE ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME?, CRITICAL CARE MEDICINE, 37巻, 12号, pp. A190-A190, 2009
  4. Tracheal Intubation of a Difficult Airway Using Airway Scope, Airtraq, and Macintosh Laryngoscope: A Comparative Manikin Study of Inexperienced Personnel, ANESTHESIA AND ANALGESIA, 110巻, 4号, pp. 1049-1055, 201004
  5. KL-6, a Human MUC1 Mucin, as a prognostic marker for diffuse alveolar hemorrhage syndrome, ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES, 7巻, 20121217
  6. Severe Obstructive Respiratory Failure Successfully Treated with High-Frequency Oscillatory Ventilation., 人工呼吸, 29巻, pp. 246-249, 2012
  7. INEXPERIENCED PERSONNEL-PERFORMED FOCUSED ASSESSMENT WITH SONOGRAPHY FOR TRAUMA DIRECTED BY EMERGENCY PHYSICIANS USING A WIRELESS IMAGE TRANSMISSION SYSTEM, CRITICAL CARE MEDICINE, 40巻, 12号, pp. U69-U69, 2012
  8. A PILOT STUDY: A COMBINED THERAPY USING POLYMYXIN-B HEMOPERFUSION AND EXTRACORPOREAL MEMBRANE OXYGENATION FOR ACUTE EXACERBATION OF INTERSTITIAL PNEUMONIA, SARCOIDOSIS VASCULITIS AND DIFFUSE LUNG DISEASES, 31巻, 4号, pp. 343-349, 2014
  9. 室内火災の現場より救出され、一酸化炭素中毒を合併したシアン中毒傷病者の1例, 日本救急医学会雑誌, 25巻, 10号, pp. 797-803, 201410
  10. PROGNOSTIC FACTORS FOR ACUTE RESPIRATORY FAILURE TREATED WITH HIGH-FREQUENCY OSCILLATORY VENTILATION, CRITICAL CARE MEDICINE, 42巻, 12号, pp. 730, 201412
  11. ★, Influence of clinical experience of the Macintosh laryngoscope on performance with the Pentax-AWS Airway Scope(®), a rigid video-laryngoscope, by paramedics in Japan., J Anesth., pp. 672-677, 2015
  12. A Case of Severe Puffer Fish Poisoning: Serum Tetrodotoxin Concentration Measurements for 4 Days after Ingestion, Journal of Clinical Toxicology, 5巻, pp. 226, 2015
  13. Early mobilization of mechanically ventilated patients in the intensive care unit, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 4巻, 20160729
  14. Is an Earlier and More Intensive Physical Therapy Program Better?, American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine, 201610
  15. A Multidisciplinary Pain, Agitation, and Delirium Management Team Can Promote Rehabilitation in the Intensive Care Unit: A Case Report, Progress in Rehabilitation Medicine, 1巻, pp. 1-4, 2016
  16. 呼吸管理の工夫 人工呼吸患者に対する2枚のタオルを用いた安全な腹臥位への体位変換方法の工夫, 人工呼吸, 34巻, 1号, pp. 55-60, 201705
  17. Combined rupture of left ventricular free wall and pericardium., Intensive Care Med., 20170904
  18. Sera from Septic Patients Contain the Inhibiting Activity of the Extracellular ATP-Dependent Inflammasome Pathway, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 245巻, 3号, pp. 193-204, 201807
  19. ベバシズマブを含む化学療法中の直腸癌患者に発症した A 群 β 溶連菌による壊死性筋膜炎の 1 例, 日本救急医学会雑誌, 29巻, pp. 36-41, 2018
  20. Comparison of Airway Simulators for the AirwayScope® Video-Laryngoscope, Emergency Medicine Investigations, 2巻, pp. 1-5, 2018
  21. Out-of-bed mobilization of patients undergoing mechanical ventilation with orotracheal tubes: A survey study, JOURNAL OF CRITICAL CARE, 47巻, pp. 173-177, 201810
  22. 大腿部に生じたClosed Degloving Injuryの1例, 皮膚科の臨床, 60巻, 2号, pp. 387-390, 20180201
  23. A nationwide survey of intravenous antimicrobial use in intensive care units in Japan, Int J Antimicrob Agents, 201804
  24. 特発性バルサルバ洞動脈瘤破裂による肝腎不全の1例, ICUとCCU, 43巻, 7号, pp. 418-420, 201907
  25. High serum potassium level is associated with successful electrical cardioversion for new-onset atrial fibrillation in the intensive care unit: A retrospective observational study, ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE, 47巻, 1号, pp. 52-59, 201901
  26. Determinants of gait independence after mechanical ventilation in the intensive care unit: a Japanese multicenter retrospective exploratory cohort study, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 7巻, 1号, 20191127
  27. 下剤服用による重症高マグネシウム血症に敗血症を合併した1例, ICUとCCU, 2019
  28. A Ruptured Mediastinal Bronchial Artery Aneurysm Treated with Urgent Thoracic Endovascular Aortic Repair, INTERNAL MEDICINE, 59巻, 10号, pp. 1283-1286, 2020
  29. Further Investigation of Diagnostic Errors in Critically Ill Medical Patients, Critical Care Medicine, 202003
  30. 【高齢者の肺炎-日常診療に役立つ最新知見-】治療 人工呼吸器関連肺炎の治療, 日本臨床, 2020
  31. 広島県内の急性期病院での院内迅速対応システムの普及状況, 広島医学, 73巻, 7号, 2020
  32. Prolonged versus intermittent beta-lactam antibiotics intravenous infusion strategy in sepsis or septic shock patients: a systematic review with meta-analysis and trial sequential analysis of randomized trials, JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 8巻, 1号, 20201006
  33. 鈍的気管損傷に対して2本の気管チューブを用いた分離肺換気を行った1例, ICUとCCU, 44巻, 8号, pp. 534-537, 2020
  34. Early Tracheostomy in Brain Injury: More Details Are Needed for Seeking Best Practice, Critical Care Medicine, 2020
  35. 患者急変院内迅速対応システムの活動状況, 広島医学, 73巻, 9号, 2020
  36. Case Report: Emphysematous Pyelonephritis With a Congenital Giant Ureterocele, Front. Pediatr., 20211126
  37. Occurrence and incidence rate of peripheral intravascular catheter-related phlebitis and complications in critically ill patients: a prospective cohort study (AMOR-VENUS study), JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 9巻, 1号, 20210106
  38. Prevalence of rapid response systems in small hospitals A questionnaire survey, MEDICINE, 100巻, 23号, 20210611
  39. Risk Factors of Patient-Related Safety Events during Active Mobilization for Intubated Patients in Intensive Care Units-A Multi-Center Retrospective Observational Study, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 10巻, 12号, 202106
  40. 広島大学病院での COVID-19 重症例の診療:2020 年新型コロナウイルス流行第 1 波から 3 波までの経験より, 広島医学, 74巻, 5号, pp. 232-237, 202105
  41. 日本版敗血症診療ガイドライン2020, 日本集中治療医学会雑誌, 28巻, pp. 1-411, 202102
  42. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), ACUTE MEDICINE & SURGERY, 8巻, 1号, 202101
  43. The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2020 (J-SSCG 2020), JOURNAL OF INTENSIVE CARE, 9巻, 1号, 20210825

著書等出版物

  1. 2022年03月30日, レジデント技術全書第2版 ER・急変時の検査と処置、これだけ、ここまで, ERで必要な輸液・輸血の知識と方法, 株式会社シービーアール, 2022年, 202203, 単行本(学術書), 共著, JAPANESE
  2. 2008年09月, American Society of Anesthesiologists task force on management of the difficult airway: practice guidelines for management of the difficult airway, 救急医学, 太田 浩平;楠 真二;谷川 攻一
  3. 2013年03月25日, ERマガジン【レジデント技術全書 検査と処置、これだけ、ここまで】, これだけはおさえておきたい!!ERでの基本検査と処置 ERで必要な輸液・輸血の知識と方法, シービーアール, 2013年, 3, 単行本(学術書), 共著, JAPANESE
  4. 2015年03月10日, 改訂レジデント技術全書 ER・急変時の検査と処置、これだけ、ここまで, ERで必要な輸液・輸血の知識と方法, 株式会社シービーアール, 2015年, 3, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 978-4-908083-05-1 C3047, 291
  5. 2016年07月09日, 救急・集中治療 特集 感染症診療ーその常識は正しいかー, 敗血症性ショック患者にルーチンで中心静脈カテーテルを挿入する?, 株式会社総合医学社, 2016年, 7, 単行本(学術書), 共著, Japanese
  6. 2017年07月20日, 救急・集中治療 抗菌薬 -その常識は正しいか-, 菌血症に対する抗菌薬投与期間は一律2週間必要か?, 総合医学社, 2017年, 7, 単行本(学術書), 共著, Japanese
  7. 2017年08月01日, ハートナーシング 実践に生かせる特集 「何かがおかしい・・・」第6巻をケアにつなげる! 急変を防ぐアセスメント力 診る診るアップクイズ, 特集7 輸液・インアウトバランス 〜点滴ライン管理はいのちづな〜, メディカ出版, 2017年, 8, 単行本(学術書), 共著, Japanese
  8. 2017年, レジデントノート, 【救急・ICUのコモンな薬の使い方 昇圧薬、抗不整脈薬、利尿薬、鎮静薬…よく使う薬の実践的な選び方や調整・投与方法を教えます】 救急・ICUでよく使う鎮痛・鎮静・筋弛緩薬 自分の"いつもの"を作ろう, 羊土社, 2017年, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 8
  9. 2017年, ER・ICU 100のスタンダード, ICUでの早期リハビリテーションプロトコル, 中外医学社, 2017年, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 2
  10. 2017年, ER・ICU 100のスタンダード, 鎮痛・鎮静プロトコル(1), 中外医学社, 2017年, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 2
  11. 2017年, ER・ICU 100のスタンダード, 持続投与する薬剤の希釈法, 中外医学社, 2017年, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 2
  12. 2018年11月15日, 集中治療,ここだけの話, 集中治療,ここだけの話, 医学書院, 2018年, 11, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 424
  13. 2018年09月20日, レジデントノート増刊 Vol.20 No.11 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, レジデントノート増刊 Vol.20 No.11 救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!, 羊土社, 2018年, 9, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 195
  14. 2019年03月05日, ER・ICU100のピットフォール, ER・ICU100のピットフォール, 中外医学社, 2019年, 3, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 310, 7
  15. 2020年09月10日, わかって動ける! 人工呼吸管理ポケットブック改訂版, 嚥下障害と機能評価 人工呼吸管理患者の早期リハビリテーション, 羊土社, 2020年, 9, 単行本(学術書), 共著, Japanese
  16. 2021年11月01日, 呼吸器ジャーナル 呼吸器救急と呼吸管理, 人工呼吸器 基本, 医学書院, 2021年, 202111, 単行本(学術書), 共著, Japanese, 太田浩平

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 救急集中治療で働く薬剤師のための処方箋, 太田浩平, 日本病院薬剤師会第42回(令和3年度)実務研修会, 2022年03月06日, 招待, 日本語, 日本病院薬剤師会, 東京
  2. 薬剤師と医師で高め合う 救急集中治療, 太田浩平,檜山洋子, 第31回日本医療薬学会年会, 2021年10月10日, 通常, 日本語, 熊本
  3. 1日でも早い人工呼吸器離脱を目指して医師として考えること,できること, 第43回日本呼吸療法医学会学術集会, 2021年07月04日, 通常, 日本語, 横浜
  4. SARS Cov-2 パンデミックにおけるVAPの再考, 第43回日本呼吸療法医学会学術集会, 2021年07月03日, 通常, 日本語, 横浜
  5. 精神科医師を含む多職種回診における睡眠およびせん妄への薬物療法, 太田浩平, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 通常, 日本語, 京都
  6. 役割分担”しない”ためのチーム作りの道程への医師としての関わり, 太田浩平, 第42回日本呼吸療法医学会学術集会, 2020年12月20日, 招待, 日本語, 京都
  7. 急性エタノール中毒を誘因とした副腎クリーゼの1例, 広島医学会総会, 2020年11月15日, 通常, 日本語, 広島
  8. 見えない敵に立ち向かう-壊死性軟部組織感染症のoverview-, 太田浩平, 第68回日本化学療法学会総会, 2020年09月14日, 招待, 日本語, 神戸
  9. 背部熱傷創の植皮後の安静における体位の工夫-腹臥位,側臥位で管理した2症例-, 第46回日本熱傷学会総会・学術集会, 2020年09月02日, 通常, 日本語, 大阪
  10. 尿路感染による敗血症性ショックに対する抗菌薬投与期間短縮戦略の効果:後方視的前後比較研究, 第47回日本集中治療医学会学術集会, 2020年, 通常, 日本語
  11. 感染症治療最前線 1:プロカルシトニンを抗菌薬中止の指標に用いるか否か?, 太田浩平, 第46回日本集中治療医学会学術集会, 2019年03月02日, 通常, 日本語, 京都
  12. PICSの予防と対策 ICUにおける人工呼吸患者への早期リハビリテーションが退院時歩行自立に及ぼす因子 多施設後向き研究, 日本集中治療医学会学術集会, 2019年, 通常, 日本語
  13. 遅発的副作用発現が認められたベンラファキシン徐放製剤過量服用症例, 第41回日本中毒学会学術集会, 2019年, 通常, 日本語
  14. カテコラミン抵抗性ショックを契機として判明したアグレッシブNK細胞白血病の一例, 第47回日本救急医学会総会学術集会, 2019年, 通常, 日本語
  15. アナフィラキシーの疑いでドクターヘリが要請された症例の検討, 第47回日本救急医学会総会学術集会, 2019年, 通常, 日本語
  16. Rapid Response System起動によりICUに入室した患者の分析, 第47回日本救急医学会総会学術集会, 2019年, 通常, 日本語
  17. ICUにおける人工呼吸患者への早期リハビリテーションが退院時歩行自立に及ぼす因子 多施設後向き研究, 国立病院総合医学会, 2019年, 通常, 日本語
  18. 一歩進んだ早期リハビリテーション 早期離床の輪を広げていくための多施設共同研究 早期離床推進研究会での取り組み, 太田浩平, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年02月21日, 通常, 日本語, 東京,日本
  19. 集中治療室における専任薬剤師 大学病院の集中治療室専任薬剤師に期待すること, 太田浩平, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌,日本
  20. 複数傷病者事故でヘリコプター搬送により救命し得た急性硬膜下血腫の1例, 第39回日本脳神経外傷学会, 2016年02月26日, 通常, 日本語
  21. PROGNOSTIC FACTORS FOR ACUTE RESPIRATORY FAILURE TREATED WITH HIGH-FREQUENCY OSCILLATORY VENTILATION, 45th Critical Care Congress, 2016年02月20日, 通常, 英語
  22. 敗血症における自然免疫DAMPs応答における阻害活性の検出, 第43回日本集中治療医学会学術集会, 2016年02月11日, 通常, 日本語
  23. MRI Susceptibility-weighted imaging(SWI)が診断に有用であった脳脂肪塞栓症の1例, 第21回日本脳神経外科救急医学会, 2016年01月29日, 通常, 日本語
  24. 災害現場での無人航空機(ドローン)による映像伝送の有用性, 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月21日, 通常, 日本語
  25. シアン化カリウムによる急性中毒患者を救命し得た1症例, 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月21日, 通常, 日本語
  26. 重症フグ中毒症例でフグ摂食後4日間にわたり血清中テトロドトキシン濃度を測定した一例, 第43回日本救急医学会総会・学術集会, 2015年10月21日, 通常, 日本語
  27. 広島県のヘリコプター救急医療体制 ドクターヘリ広域連携・消防防災ヘリとの連携, 日本医工学治療学会, 2015年03月27日, 通常, 日本語
  28. 間質性肺炎急性増悪における体外式膜型人工肺(ECMO)の有用性, 日本医工学治療学会, 2015年03月27日, 通常, 日本語
  29. 平成26年8月豪雨災害における救急救命士による静脈路確保および輸液症例の検討, 日本集団災害医学会学術集会, 2015年02月26日, 通常, 日本語
  30. 非HIV患者の重症ニューモシスチス肺炎に対する体外式膜型人工肺の有用性, 第42回日本集中治療医学会学術総会, 2015年02月09日, 通常, 日本語
  31. 重複要請・多数傷病者事案への対応, 日本航空医療学会総会, 2014年11月15日, 通常, 日本語
  32. 脂肪塞栓症候群によるARDSに対しV-V ECMOを導入し救命した一例, 日本救急医学会総会・学術総会, 2014年10月28日, 通常, 日本語
  33. ドクターヘリ広域連携、消防・防災ヘリとの連携による効果, 日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語
  34. 広島大学病院高度救命救急センターにおける自殺企図者の実態について, 日本救急医学会総会・学術集会, 2014年10月28日, 通常, 日本語
  35. 急性心筋梗塞および重症僧帽弁閉鎖不全症による心原性肺水腫に重症呼吸不全を合併した患者に対して腹臥位を含む理学療法介入が肺高血圧症緩和に有効であった一症例, 日本理学療法学術学会, 2014年05月30日, 通常, 日本語
  36. INEXPERIENCED PERSONNEL-PERFORMED FOCUSED ASSESSMENT WITH SONOGRAPHY FOR TRAUMA DIRECTED BY EMERGENCY PHYSICIANS USING A WIRELESS IMAGE TRANSMISSION SYSTEM, 太田浩平, 42nd Critical Care Congress, 2013年01月19日, 通常, 英語, プエルトリコ, 米国
  37. Effects of clinical experiences on successful tracheal intubation using Airway Scope, a rigid type video-laryngoscope, 太田浩平, 40th Critical Care Congress, 2011年01月15日, 通常, 英語, カルフォルニア,米国
  38. DOES AIRWAY PRESSURE RELEASE VENTILATION OFFER BENEFITS OVER CONVENTIONAL VENTILATORY SUPPORTS FOR SEVERE ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME?, 太田浩平, 39th Critical Care Congress, 2010年01月09日, 通常, 英語, フロリダ,米国
  39. 当院での敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)の検討, エンドトキシン血症救命治療研究会, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費, 重症患者に発症するびまん性神経障害の動物モデル作成及び病態解明, 2020年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. メディカルコントロール検証医師, 2016年04月, 2017年03月, 広島圏域メディカルコントロール協議会
  2. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 呉医療センター・中国がんセンター
  3. 非常勤医師, 2016年04月, 2017年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  4. メディカルコントロール検証医師, 2017年04月, 2018年03月, 広島圏域メディカルコントロール協議会
  5. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 呉医療センター・中国がんセンター
  6. 非常勤医師, 2017年04月, 2018年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  7. 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院, 2018年05月, 2382年12月
  8. 呉医療センター・中国がんセンター, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  9. 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院, 2018年04月, 2019年03月, 非常勤医師
  10. 広島圏域メディカルコントロール協議会, 2018年04月, 2020年03月, メディカルコントロール検証医師
  11. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  12. 非常勤医師, 2019年04月, 2020年03月, (医)社団八千代会
  13. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 広島赤十字・原爆病院
  14. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, (医)あかね会土谷総合病院
  15. メディカルコントロール検証医師, 2020年04月, 2022年03月, 広島圏域メディカルコントロール協議会
  16. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, 広島県厚生農業協同組合連合会廣島総合病院
  17. 非常勤医師, 2020年04月, 2021年03月, (医)社団八千代会
  18. アドバイザリー, 2021年06月, 2022年03月, (株)エドワーズライフサイエンス
  19. メディカルコントロール検証医師, 2021年04月, 2022年03月, 広島圏域メディカルコントロール協議会
  20. 広島県地域災害医療コーディネーター, 2021年05月, 2022年03月, 広島県
  21. 非常勤医師, 2021年04月, 2022年03月, (医)あかね会土谷総合病院
  22. 広島圏域メディカルコントロール協議会委員, 2021年04月, 2022年03月, 広島圏域メディカルコントロール協議会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第106回広島共立病院オープンカンファレンス, 院内急変対応システム(Rapid Response System)について, 広島共立病院, 2021年/12月/01日, 2021年/12月/01日, 広島共立病院, 講師, 講演会, 研究者
  2. プレセデックスインターネットシンポジウム 敗血症ガイドラインから読み解くPADIS管理のポイント, 役割分担“しない”チーム医療におけるPADIS管理の実践, ファイザー株式会社, 2021年/09月/29日, 2021年/09月/29日, 広島, 講師, 講演会, 研究者
  3. 令和3年度新型コロナウイルス感染症重症患者に対応する医療従事者養成研修事業人工呼吸講習会, 肺保護換気法と筋弛緩, 厚生労働省・広島県, 2021年/08月/07日, 広島大学病院, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  4. 令和3年度新型コロナウイルス感染症重症患者に対応する医療従事者養成研修事業人工呼吸講習会, 肺保護換気法と筋弛緩, 厚生労働省・広島県, 2021年/07月/25日, 広島大学病院, 講師, セミナー・ワークショップ, その他
  5. おりづるセミナー2020, COVID-19と凝固異常, 2020年/08月/29日, 2020年/08月/29日, おりづるタワー, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  6. 日本COVID-19対策ECMOnet人工呼吸・ECMO講習会, 日本COVID-19対策ECMOnet人工呼吸・ECMO講習会, 日本COVID-19対策ECMOnet, 2020年/08月/30日, 2020年/08月/30日, 山口大学病院, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  7. 日本COVID-19対策ECMOnet人工呼吸・ECMO講習会, 日本COVID-19対策ECMOnet人工呼吸・ECMO講習会, 日本COVID-19対策ECMOnet, 2020年/06月/27日, 2020年/06月/27日, 広島大学病院, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  8. 日本COVID-19対策ECMOnet人工呼吸・ECMO講習会, 人工呼吸・ECMO講習会, 日本COVID-19対策ECMOnet, 2020年/07月/18日, 2020年/07月/18日, 島根大学病院, 講師, 講演会, 研究者
  9. NEWYEARひろしま人工呼吸セミナー2020, 人工呼吸の初期設定 と維持, 2020年/01月/19日, 2020年/01月/19日, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  10. 第32回広島救急初療研究会学術講演会, ER・ICUで出会う凝固異常, 2020年/02月/21日, 2020年/02月/21日, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  11. 第2回おりづるセミナー, DICとTMA, 2019年, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  12. 広島県診療放射線技師会平成30年度第2回研修会, 救急医師がメディカルスタッフに求めるもの, 広島県診療放射線技師会, 2018年/09月/09日, 2018年/09月/09日, 広島赤十字原爆病院, 講師, 講演会, 研究者
  13. 広島市医師会救急蘇生委員会教育セミナー, 日本版敗血症治療ガイドライン2016ミニマムエッセンス, 広島市医師会, 2017年/03月/21日, 2017年/03月/21日, 広島市医師会館, 講師, 講演会, 研究者
  14. X' mas 呼吸セミナー, 人工呼吸器グラフィックの読み方, フクダ電子, 2018年/12月/22日, 2018年/12月/22日, 広島RCC文化センター, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  15. 広島呼吸セミナー2017, 呼吸器の基本設定と使い分け, コヴィディエンジャパン, 2017年/01月/28日, 2017年/01月/28日, グランドプリンスホテル広島, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  16. 第3回ひろしま救急集中治療サマーセミナー, YUKIを持って人工呼吸管理!, 広島大学救急集中治療医学, 2019年/06月/29日, 2019年/06月/30日, 湯来ロッジ, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  17. ひろしま呼吸管理セミナー2018, 酸素療法 HFNC NPPV 挿管人工呼吸 の使い分け, コヴィディエンジャパン, 2018年/08月/26日, 2018年/08月/26日, グランドプリンスホテル広島, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  18. 広島市医師会救急蘇生委員会教育セミナー, 壊死性軟部組織感染症と感染性心内膜炎, 広島市医師会, 2018年/03月/06日, 2018年/03月/06日, 広島市医師会館, 講師, 講演会, 研究者
  19. 第40回救急ケースカンファレンス, 壊死性軟部組織感染症, 2019年/05月/08日, 2019年/05月/08日, 広島赤十字原爆病院, 講師, 講演会, 研究者
  20. 高知県臨床工学技士会呼吸療法セミナー, HFNCの理想と現実, 高知県臨床工学技士会, 2018年/10月/20日, 2018年/10月/20日, サンピアセリーズ, 講師, セミナー・ワークショップ, 研究者
  21. 広島心肺蘇生セミナー, 敗血症性ショックの評価と介入, 2017年/09月/09日, 2017年/09月/09日, 広島大学広仁会館, 講師, セミナー・ワークショップ
  22. ひろしま呼吸管理セミナー2019, 痛み・興奮・せん妄への評価と対策, 広島大学救急集中治療医学, 2019年/09月/08日, フランドプリンスホテル広島, 講師, 講演会, 研究者

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, Journal of Intensive Care, その他, reviewer, 1
  2. 2017年, Journal of Intensive Care, その他, reviewer, 1
  3. 2018年, Journal of Intensive Care, その他, reviewer, 1