築家 伸幸NOBUYUKI CHIKUIE

Last Updated :2024/07/05

所属・職名
病院(医) 助教

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 耳鼻咽喉科学

研究キーワード

  • 頭頸部癌

所属学会

  • 耳鼻咽喉科臨床学会
  • 頭頚部癌学会
  • 頭頸部外科学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  3. 2024年, 学部専門, 2ターム, 耳鼻咽喉科学
  4. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  5. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別演習
  6. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別研究
  7. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 永久気管孔の創傷治癒不全を生じた症例への対応, 頭頸部外科, 32巻, 1号, pp. 105-110, 202206
  2. Determining Invasion Depth in Superficial Pharyngeal Carcinoma by Transoral Ultrasonography., Laryngoscope., 2022 Nov 28巻, 2022
  3. Swallowing function after transoral surgery for laryngopharyngeal cancer, PLOS ONE, 17巻, 6号, 20220630
  4. Deep Association between Transglutaminase 1 and Tissue Eosinophil Infiltration Leading to Nasal Polyp Formation and/or Maintenance with Fibrin Polymerization in Chronic Rhinosinusitis with Nasal Polyps, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 23巻, 21号, 202211
  5. Effectiveness of Expanded Instantaneous Input Dynamic Range Adjustment on Speech Perception, JOURNAL OF PERSONALIZED MEDICINE, 12巻, 11号, 202211
  6. Examination of micro-superficial lesions of up to 5 mm in size in the pharyngeal region, J Laryngol Otol, 8巻, 2号, pp. 1-29, 2022
  7. 化学放射線治療を施行した上咽頭癌症例に対する鼻洗浄の効果について, 広島医学, 74巻, 10号, pp. 459-495, 2021
  8. 経口的咽喉頭手術時における超音波検査の有用性の検討, 頭頸部癌, 46巻, 3号, pp. 291-296, 2020
  9. 当科における内視鏡下甲状腺手術の現状, 広島医学, 73巻, 2号, pp. 60-65, 2020
  10. Severe multiple simultaneous immune-related adverse events in a patient with head and neck cancer., Auris Nasus Larynx, 202202
  11. 腫瘍部を色付けした実物大臓器立体モデルを使用して頭頸部腫瘍手術を施行した2例, 耳鼻咽喉科臨床, 115巻, 3号, pp. 235-243, 2022
  12. Swallowing function after transoral surgery for laryngopharyngeal cancer, PloS one, 17巻, 6号, 2022
  13. ★, Utility of plasma circulating tumor DNA and tumor DNA profiles in head and neck squamous cell carcinoma, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220604
  14. Association Between Subjective Voice Assessment and Psychological Distress After Thyroidectomy, JOURNAL OF PERIANESTHESIA NURSING, 37巻, 2号, pp. 260-263, 202204
  15. Distinct Gene Set Enrichment Profiles in Eosinophilic and Non-Eosinophilic Chronic Rhinosinusitis with Nasal Polyps by Bulk RNA Barcoding and Sequencing, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 23巻, 10号, 202205
  16. A Case of Primary Osteosarcoma of the Mandible That Responded to Preoperative Chemotherapy: p16 as a Potential Prognostic Factor, ACTA MEDICA OKAYAMA, 76巻, 2号, pp. 229-233, 202204
  17. Efficacy of anti-PD-1 therapy in a patient with brain metastasis of parotid carcinoma: A case report, Auris Nasus Larynx, 46巻, 5号, pp. 813-817, 2019
  18. Baseline neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) is associated with clinical outcome in recurrent or metastatic head and neck cancer patients treated with nivolumab, Acta oto-laryngologica, 140巻, 2号, pp. 181-187, 2020
  19. 気管挿管患者の間歇的カフ上部吸引不能例におけるカフ上部での密閉空間の存在の可能性(原著論文), 人工呼吸, 34巻, pp. 186-190, 2017
  20. Ganglioneuroma in the Neck Region: A Case Report, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 68巻, 2号, 2019
  21. Baseline Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio and Glasgow Prognostic Score are Associated with Clinical Outcome in Patients with Recurrent or Metastatic Head and Neck Squamous Cell Carcinoma Treated with Nivolumab, ACTA MEDICA OKAYAMA, 75巻, 3号, pp. 335-343, 202106

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 頭頚部扁平上皮癌におけるLiquid biopsyの有用性の検討, 築家伸幸, 第123回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会総会, 2022年05月27日, 通常, 日本語
  2. 当科における上顎洞扁平上皮癌の臨床検討, 築家伸幸, 第124回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会総会, 2023年05月18日, 通常, 日本語
  3. Utility of plasma circulating tumor DNA and tumor DNA profiles in HNSCC, 築家伸幸, 第125回日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会総会, 2024年05月17日, 通常, 日本語
  4. 甲状腺癌ヨード治療後102例の予後因子の解析, 築家伸幸, 第48回頭頸部癌学会総会, 2024年06月20日, 通常, 日本語
  5. Safety Study of Percutaneous Sensory Nerve Stimulation in Patients with Head and Neck Cancer Undergoing Chemoradiotherapy, Takao Hamamoto, Nobuyuki Chikuie, Keisuke Kagimoyo, IFOS DUBAI 2023, 2023年01月17日, 通常, 英語
  6. 頭頸部ロボット支援手術の導入と経験について, 上田勉、樽谷貴之、築家伸幸、弓井康平、佐藤裕毅、河野崇志、濱本隆夫、竹野幸夫, 第46回日本頭頸部癌学会, 2022年06月18日, 通常, 日本語
  7. 頭頸部イルミノックス治療を行った再発頬粘膜癌の1例, 樽谷貴之、佐藤裕毅、弓井康平、築家伸幸、河野崇志、濱本隆夫、上田勉、竹野幸夫, 第46回頭頚部外科学会, 2022年06月18日, 通常, 日本語
  8. A Case of photoimmunotherapy Aluminox® performed at our hospital for recurrent buccal mucosal cancer, 鍵本 啓介、築家 伸幸、濱本 隆夫, IFOS DUBAI ENT WORLD CONGRESS 2023, 2023年01月17日, 通常, 英語
  9. 当院における頭頸部癌の遺伝子検査, 築家 伸幸, 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会・広島県耳鼻咽喉科医会 令和5年度総会ならびに学術講演会, 2023年04月22日, 招待, 日本語
  10. 当科における上顎洞扁平上皮癌の臨床検討, 築家 伸幸、佐藤 佑毅、弓井 康平、樽谷 貴之、濱本 隆夫、上田 勉、竹野 幸夫, 2023年05月17日, 通常, 日本語, 第124回 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会総会, 福岡
  11. Utility of plasma curcylating tumor DNA profiles in head and neck squamous cell carcinoma, 築家伸幸、上田勉、濱本隆夫、樽谷貴之、河野崇志、弓井康平、竹野幸夫, IFOS DUBAI ENT WORLD CONGRESS 2023, 2023年01月18日, 通常, 英語, アラブ首長国連邦、ドバイ
  12. 頭頚部扁平上皮癌におけるLiquid biopsyの有用性の検討, 築家伸幸、上田勉、濱本隆夫、樽谷貴之、河野崇志、弓井康平、佐藤祐毅、竹野幸夫, 第123回耳鼻咽喉科頭頸部外科学会総会, 2022年05月27日, 通常, 日本語
  13. 当院における頬脂肪体弁を用いた口腔手術5症例の検討, 築家 伸幸,上田 勉, 濱本 隆夫, 樽谷 貴之, 河野 崇志. 弓井 康平, 竹野 幸夫, 第31回頭頸部外科学会総会, 2022年03月04日, 通常, 日本語
  14. 切除困難な頸部リンパ節転移に対してカプレルサを導入した甲状腺髄様癌の1例, 築家 伸幸, 上田 勉, 濱本 隆夫, 樽谷 貴之, 河野 崇志, 弓井 康平, 竹野 幸夫, 第49回中国四国甲状腺外科研究会, 2021年02月27日, 通常, 日本語
  15. 当院におけるニボルマブ症例における TILs の検討, 築家伸幸,竹野幸夫,西田 学, 第37回耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会, 2019年02月09日, 通常, 日本語, 大阪
  16. Nivolumab を投与した再発転移頭頸部扁平上皮癌症例における GPS、NLR などの栄養指標と 長期予後に関する検討, 築家 伸幸、上田 勉、濱本 隆夫、樽谷 貴之、河野 崇志、古家 裕巳、竹野 幸夫, 第30回頭頸部外科学会総会, 2020年01月30日, 通常, 日本語, 沖縄

社会活動

学術会議等の主催

  1. 第84回耳鼻咽喉科臨床学会, 2022年07月, 2022年07月