山本 剛大TAKEKI YAMAMOTO

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
メールアドレス
takekihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2021年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 助教
  • 2019年04月01日, 2021年03月31日, 東北大学, 大学院工学研究科, 特任准教授(研究)
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 東北大学, 大学院工学研究科, 助教
  • 2016年04月01日, 2017年03月31日, 日本学術振興会, 特別研究員DC2

学歴

  • 横浜国立大学, 大学院環境情報学府, 環境システム学専攻,博士課程後期, 2014年04月, 2017年03月
  • 横浜国立大学, 大学院環境情報学府, 環境システム学専攻,博士課程前期, 2012年04月, 2014年03月
  • 横浜国立大学, 工学部, 生産工学科, 2008年04月, 2012年03月

学位

  • 博士(工学) (横浜国立大学)
  • 修士(工学) (横浜国立大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) : 輸送システムプログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 輸送・環境システムプログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 輸送・環境システムプログラム

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 機械材料・材料力学
  • 総合理工 / 計算科学 / 計算科学

研究キーワード

  • 有限要素法
  • 材料力学
  • 計算力学

所属学会

  • 日本機械学会, 2011年
  • 日本計算工学会, 2011年
  • 土木学会, 2017年
  • 日本船舶海洋工学会, 2021年

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 4ターム, 乗り物と輸送の科学
  2. 2024年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), CAD
  4. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), CAD
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 輸送システム工学プロジェクト
  6. 2024年, 学部専門, 1ターム, 振動学
  7. 2024年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  8. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 輸送・環境システム特別演習B
  11. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 輸送・環境システム特別演習B
  12. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 輸送・環境システム特別研究
  13. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 最適設計特論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ASME V&V-40にもとづく木材の曲げ試験における信憑性評価, 土木学会論文集A2(応用力学), 80巻, 15号, 20240228
  2. Elastoplastic analysis of shells without any local iterative calculations by block Newton method, Computational Mechanics, 72巻, 5号, pp. 967-989, 20231101
  3. Introduction of pseudo-stress for local residual and algebraic derivation of consistent tangent in elastoplasticity, Computational Mechanics, 71巻, 6号, pp. 1081-1091, 20230601
  4. Block Newton法による内部反復のない超弾性シェルの有限要素解析, 日本機械学会論文集, 88巻, 912号, pp. 22-00150-22-00150, 20220825
  5. Numerical simulation for deformation of laminates combining the novel shell element with the decoupled two-scale viscoelastic analysis of FRP, INTERNATIONAL JOURNAL OF SOLIDS AND STRUCTURES, 234-235巻, 111236号, pp. 1-19, 20220101
  6. Block Newton法の平面応力弾塑性問題への適用, 日本計算工学会論文集, 2021巻, pp. 20210021-20210021, 20211119
  7. Simultaneously iterative procedure based on block Newton method for elastoplastic problems, International Journal for Numerical Methods in Engineering, 122巻, 9号, pp. 2145-2178, 20210515
  8. Fluid-structural design analysis for composite aircraft wings with various fiber properties, Journal of Fluid Science and Technology, 16巻, 1号, pp. JFST0009-JFST0009, 20210101
  9. 断面変形を考慮した梁要素と連続体要素の接続に関する検討, 土木学会論文集A2(応用力学), 76巻, 2号, pp. I_183-I_191, 20201201
  10. A quadrilateral shell element incorporating thickness-stretch for nearly incompressible hyperelasticity, International Journal for Numerical Methods in Engineering, 121巻, 9号, pp. 2001-2032, 20200515
  11. 断面変形を梁のせん断変形と独立に考慮した梁理論, 土木学会論文集A2(応用力学), 75巻, 2号, pp. I_3-I_12, 20191201
  12. 面内曲げを受ける腹板の水平補強材の配置と長さに関する数値的検討, 鋼構造年次論文報告集, 27巻, pp. 238-247, 20191101
  13. Elastic buckling of cylindrical shell under pressure load evaluated on surface, Mechanical Engineering Journal, 6巻, 4号, pp. 19-00113-19-00113, 20190815
  14. Numerical procedure to couple shell to solid elements by using Nitsche's method, Computational Mechanics, 63巻, 1号, pp. 69-98, 20190115
  15. 非合成連続多主桁橋の冗長性評価に及ぼすスラブアンカーの合成効果の影響, 土木学会論文集A2(応用力学), 74巻, 2号, pp. I_579-I_590, 20181201
  16. 鋼構造物を対象とした弾塑性解析への異種要素を接続したモデル化手法の適用, 土木学会論文集A2(応用力学), 74巻, 2号, pp. I_147-I_158, 20181201
  17. 非均質断面梁のせん断剛性評価に用いる断面の回転に関する一考察, 土木学会論文集A2(応用力学), 74巻, 2号, pp. I_3-I_11, 20181201
  18. 鋼トラス橋の動的効果を考慮した静的非線形リダンダンシー解析, 鋼構造年次論文報告集, 26巻, pp. 312-319, 20181101
  19. 任意断面のせん断遅れを考慮できる梁要素, 日本計算工学会論文集, 2018巻, pp. 20180013-20180013, 20180927
  20. Nitsche法を用いたシェル要素とソリッド要素の接合, 土木学会論文集A2(応用力学), 73巻, 2号, pp. I_177-I_187, 20171201
  21. 非均質断面梁のせん断剛性評価に関する一考察, 土木学会論文集A2(応用力学), 73巻, 2号, pp. I_23-I_31, 20171201
  22. A quadrilateral shell element with degree of freedom to represent thickness–stretch, Computational Mechanics, 59巻, 4号, pp. 625-646, 20170401
  23. 板厚変化を考慮したシェル要素の開発, 日本計算工学会論文集, 2015巻, pp. 20150004-20150004, 20150416

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Elastic Buckling of Cylindrical Shell Subjected Pressure Load at Surface, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, 15th World Congress on Computational Mechanics & 8th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics, 2022年07月31日, 通常, 英語
  2. Simultaneously Iterative Procedure Based on Block Newton Method for Elastoplastic Problems in Small Strains, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, International Conference on Computational Plasticity, 2021年09月07日, 招待, 英語
  3. Numerical Procedure for Modeling of Structures with Complex Cross Section by Connecting Shell and Solid Elements, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 7th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics, 2019年12月19日, 通常, 英語
  4. Numerical consideration on effect of composite action between slab and girders on redundancy of a continuous multi-girder bridge, Isao Saiki, Tsubasa Takeda, Kaname Iwatsubo, Takeki Yamamoto, 12th Pacific Structural Steel Conference, 2019年11月11日, 通常, 英語
  5. Large Deformation Analysis with Connecting Shell and Solid Elements by Using Nitsche's Method, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, Isao Saiki, 13th World Congress in Computational Mechanics & 2nd Pan American Congress on Computational Mechanics, 2018年07月23日, 通常, 英語
  6. Numerical procedure for connecting shell and solid elements by using Nitsche's method, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, The 8th Japan-Korea Workshop on Computational Mechanics, 2018年06月07日, 招待, 英語
  7. Shell element to Represent Thickness‒Stretch for Elastoplastic Problems, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 14th U.S. National Congress for Computational Mechanics, 2017年07月18日, 通常, 英語
  8. Shell element for Considering Thickness Change and Surface Traction, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 12th World Congress in Computational Mechanics & 6th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics, 2016年07月28日, 通常, 英語
  9. Shell element with thickness stretch and transverse normal stress, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 7th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering, 2016年06月07日, 通常, 英語
  10. Shell element Considering Thickness Change for Large Deformation Analysis, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 13th U.S. National Congress for Computational Mechanics, 2015年07月28日, 通常, 英語
  11. Shell element with thickness stretch, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 11th World Congress on Computational Mechanics, 2014年07月25日, 通常, 英語
  12. Shell element for Thick Sheet Forming, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, 5th Asia Pacific Congress on Computational Mechanics & 4th International Symposium on Computational Mechanics, 2013年12月11日, 通常, 英語
  13. A new beam element considering thickness change, Takeki Yamamoto, Takahiro Yamada, Kazumi Matsui, The 3rd International Symposium on Engineering, Energy and Environments, 2013年11月19日, 通常, 英語

受賞

  1. 2022年11月01日, 第27回計算工学講演会 若手優秀講演フェロー表彰, 日本計算工学会, 平面応力弾塑性解析へのBlock Newton法の適用
  2. 2018年06月, 平成29年度 建設工学研究奨励賞, 建設工学研究振興会
  3. 2018年05月, 2017年度 博士論文賞, 日本計算工学会
  4. 2017年06月, JSCESスカラーシップアワード(2017年度), 日本計算工学会
  5. 2016年05月, 2015年度 論文奨励賞, 日本計算工学会
  6. 2012年03月, 2011年度 日本機械学会 畠山賞, 日本機械学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), 厚⾁シェル要素を導⼊する⾼精度・低コストな板曲げ加⼯モデルの開発, 2022年04月01日, 2024年03月31日
  2. 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 板成形用シェル要素の開発とシェル・ソリッドの共存による革新的モデル化手法の構築, 2016年04月, 2017年03月