楼 ジェJIE LOU

Last Updated :2021/11/01

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 助教
メールアドレス
loujiehiroshima-u.ac.jp
自己紹介
刑事法を専門としている。日本刑法だけではなく、中国刑法とアメリカ刑法の理論・判例も注目し、比較研究に努めている。具体的には、共犯論と財産犯を中心に研究を行っている。最近では、医療事故と過失の競合について検討している。

基本情報

学歴

  • 広島大学, 人間社会科学研究科, 刑法, 2017年04月01日, 2020年04月01日

学位

  • 修士(Arts) (上海社会科学院)

教育担当

  • 【学士課程】 法学部 : 法学科 : ビジネス法務プログラム
  • 【学士課程】 法学部 : 法学科 : 公共政策プログラム
  • 【博士課程前期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 法学・政治学プログラム
  • 【博士課程後期】 人間社会科学研究科 : 人文社会科学専攻 : 法学・政治学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 法政総合プログラム

研究分野

  • 社会科学 / 法学 / 基礎法学

所属学会

  • 中・四国法政学会

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 3ターム, Law and Politics II
  2. 2021年, 学部専門, 3ターム, 刑法応用
  3. 2021年, 学部専門, 4ターム, アメリカ刑法特講
  4. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 人間社会科学特別講義 Ec
  5. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 刑事システム論演習

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 日本の医療刑法における信頼性の原則, 広島法学, 43巻, 3号, pp. 208-189, 202001
  2. 過失共同正犯の理論:概論I, 広島法学, 44巻, 4号, pp. 153-174, 20210310
  3. 過失共同正犯の理論:概論II, 広島法学, 45巻, 1号

著書等出版物

  1. 2014年12月01日, 知识产权犯罪立案定罪量刑问题研究, 第十三章 销售侵权复制品罪的司法适用, 上海社会科学院出版社, 2014年, 12, 単行本(学術書), 共著, 彭辉,陈庆安,陈海锋,杜文俊,陈玲,涂龙科,张国炎,安文录,楼洁, B081JN9FQ8, 280-287
  2. 2014年10月01日, 经济刑法实务精析, 诈骗罪的非法占有目的是否当然地包含间接故意,如何认定故意毁坏财物罪与寻衅滋事罪, 上海社会科学院出版社, 2014年, 10, 単行本(学術書), 共著, 杜文俊, 郭伟清, 黃姣蛟, 蒋骅, 连文静, 楼洁, 罗涛,彭清,戚俊,王佩芬,王旭光,魏大众,魏华,徐孝帅,杨静雯,杨莉莉,杨晓晨,尹琳,张杰,张炎萍,赵挺,赵拥军,朱锡伟,朱以珍,左静鸣, B00OIFSCO4, 200-206,246-251

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 日本の民事裁判とADRの概要(通訳), サンクトペテルブルク大学とのJTIプログラム, 2021年05月14日, 通常, 英語, Zoom (オンライン)
  2. 医療事故と刑事過失 ー刑事医療過誤と注意義務, 楼ジェ, 2021年05月31日, 通常, 日本語, Teams (オンライン), 医療過失と新旧過失論について発表しました, プレプリント
  3. ドイツ法におけるインフォームド・コンセントと患者の自己決定権, 楼ジェ, 中四国法政学会第59回大会, 2018年10月27日, 通常, 英語, 中四国法政学会, 岡山商科大学, インフォームド・コンセントと患者の自己決定について講演し、質疑応答を行った。
  4. 修士論文の書き方, 楼ジェ, 2020年05月28日, 通常, 英語, 広島大学, オンライン(チームズ), 要旨、序論、本論、法律的思考方法、結論、参考文献と脚注についてについて講義し、質疑応答を行った。
  5. 日本における刑法概説:構成要件(下), 楼ジェ, 2020年06月15日, 通常, 中国語, 陽光大学(中国), オンライン(ディントーク), 実行行為、結果、因果関係についてについて講義し、質疑応答を行った。
  6. 日本における刑法概説:構成要件(上), 楼ジェ, 2020年06月08日, 通常, 中国語, 陽光学院(中国), オンライン(ディントーク), 刑法の特徴、犯罪と刑罰、罪刑法定主義、犯罪の主体についてについて講義し、質疑応答を行った。