西 裕美hiromi nisi

Last Updated :2022/04/05

所属・職名
病院(歯) 助教
メールアドレス
hiyokohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
広島市南区霞一丁目2番3号

基本情報

学位

  • 博士(歯学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 歯学 / 外科系歯学

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 2ターム, チーム医療学
  2. 2022年, 学部専門, 4ターム, 歯学概論
  3. 2022年, 学部専門, 3ターム, 対人コミュニケーション論
  4. 2022年, 学部専門, 3ターム, 医療コミュニケーション基礎論
  5. 2022年, 学部専門, 1ターム, 歯学研究特論I
  6. 2022年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  7. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(口腔総合診療科)
  8. 2022年, 学部専門, 4ターム, 総合歯科医療学I
  9. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 歯学研究実習(口腔総合診療科)
  10. 2022年, 学部専門, 2ターム, 総合歯科医療学III
  11. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 歯学研究実習(口腔総合診療科)
  12. 2022年, 学部専門, 年度, 臨床実習(予防歯科学)
  13. 2022年, 学部専門, 3ターム, 対人コミュニケーション論
  14. 2022年, 学部専門, 3ターム, 医療コミュニケーション基礎論
  15. 2022年, 学部専門, 集中, 口腔保健学臨床・臨地実習
  16. 2022年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学
  17. 2022年, 学部専門, 2ターム, チーム医療学
  18. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 口腔保健学臨床・臨地実習
  19. 2022年, 学部専門, 集中, 口腔保健管理学臨床実習
  20. 2022年, 学部専門, 2ターム, チーム医療学
  21. 2022年, 学部専門, 2ターム, 成人・高齢者歯科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Effects of perioperative oral care on postoperative inflammation following heart valve surgery, ORAL DISEASES, 27巻, 6号, pp. 1542-1550, 202109
  2. A cost-minimization analysis of measures against metallic dental restorations for head and neck radiotherapy, JOURNAL OF RADIATION RESEARCH, 62巻, 2号, pp. 374-378, 202103
  3. Periodontitis and the outcome of atrial fibrillation ablation: Porphyromonas gingivalis is related to atrial fibrillation recurrence, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 32巻, 5号, pp. 1240-1250, 202105
  4. External cervical resorption detected via cone-beam computed tomography in a patient with myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody-associated disease: A case report, CLINICAL CASE REPORTS, 9巻, 7号, 202107
  5. Serum immunoglobulin G antibody titer to Fusobacterium nucleatum is associated with unfavorable outcome after stroke., Clinical and Experimental Immunology, 200巻, 3号, pp. 302-309, 202006
  6. Serum IgG titers to periodontal pathogens predict 3-month outcome in ischemic stroke patients., PLOS ONE, 15巻, 8号, 202008
  7. 生体腎移植後に難治性の口内炎が多発した患者において口腔ケアが有効であった一症例, 日本衛生学雑誌, 15巻, 1号, pp. 1-6, 202006
  8. Association between periodontal disease due to Campylobacter rectus and cerebral microbleeds in acute stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201008
  9. 化学放射線療法を受けた咽頭癌患者における口腔粘膜炎の重症度に関係する因子の検討, 日本口腔ケア学会雑誌, 15巻, 1号, pp. 24-30, 202012
  10. Serum IgG titers against periodontal pathogens are associated with cerebral hemorrhage growth and 3-month outcome, PLOS ONE, 15巻, 10号, 20201028
  11. Immune response to cytosolic DNA via intercellular receptor modulation in oral keratinocytes and fibroblasts., Oral disease, 2020
  12. 同種造血幹細胞移植患者における口腔粘膜炎の重症度に関係する因子の検討, 広大歯学会雑誌, 52巻, 2号, pp. 62-68, 202012
  13. Effect of tooth loss and nutritional status on outcomes after ischemic stroke., Nutrition, 2020
  14. Serum IgG titers to periodontal pathogens predict 3-month outcome in ischemic stroke patients, PLOS ONE, 15巻, 8号, 20200806
  15. Multiple External Root Resorption of Teeth as a New Manifestation of Systemic Sclerosis-A Cross-Sectional Study in Japan, JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE, 8巻, 10号, 201910
  16. Candida albicans beta-Glucan-Containing Particles Increase HO-1 Expression in Oral Keratinocytes via a Reactive Oxygen Species/p38 Mitogen-Activated Protein Kinase/Nrf2 Pathway, INFECTION AND IMMUNITY, 86巻, 4号, 201804
  17. 広島大学病院における化学療法患者の口腔内評価 連携口腔ケアサポートチーム活動報告 口腔管理の標準化にむけて, 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 134-140, 2017
  18. TNF-a-induced IL6 and MMP9 expression in immortalized ameloblastoma cell line established by hTERT., ORAL DISEASE, 23巻, 2号, pp. 199-209, 201703
  19. Removal of mutans Streptococci From Saliva To Establish Non-Cariogenic Oral FloraA First Step on Exploring A New Method Using Flow Cytometry And Cell Sorting., International Journal of Research in Engineering and Science (IJRES), 5巻, 12号, pp. 41-54, 2017,12
  20. 三者併用療法を受けている上顎歯肉癌患者の開口障害に対し開口訓練が有効であった一症例, 広島大学歯学雑誌 , 49巻, 2号, pp. 171-174, 2017
  21. Preoperative oral health care reduces postoperative inflammation and complications in oral cancer patients, EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE, 12巻, 3号, pp. 1922-1928, 201609
  22. Itraconazole inhibits TNF-alpha-induced CXCL10 expression in oral fibroblasts, ORAL DISEASES, 21巻, 1号, pp. 106-112, 201501
  23. 軟骨魚類ゲノム情報をもちいたヒト歯牙発生関連遺伝子とのバイオインフォマティクス解析., 広島大学歯学雑誌, 49巻, 2号, pp. 141-146, 2017
  24. Toll-like receptor (TLR) expression and TLR-mediated interleukin-8 production by human submandibular gland epithelial cells, MOLECULAR MEDICINE REPORTS, 10巻, 5号, pp. 2377-2382, 201411
  25. 頭頸部癌の化学放射線療法における口腔ケアの検討, 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 = The journal of Japan Society for Infection and Aerosol in Otorhinolaryngology, 2巻, 1号, pp. 23-26, 2014
  26. Expression and Function of RIG-I in Oral Keratinocytes and Fibroblasts, CELLULAR PHYSIOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 34巻, 5号, pp. 1556-1565, 2014
  27. Interleukin-8 and CXCL10 expression in oral keratinocytes and fibroblasts via Toll-like receptors, MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 57巻, 3号, pp. 198-206, 201303
  28. 医療連携患者における口腔管理の実際 -連携口腔ケアサポートチーム活動報告-, 広島大学歯学雑誌, 45巻, 1号, pp. 1-6, 20130601
  29. A Case of SAPHO Syndrome With Diffuse Sclerosing Osteomyelitis of the Mandible Treated Successfully With Prednisolone and Bisphosphonate, JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY, 70巻, 3号, pp. 626-631, 201203
  30. EXT1遺伝子変異を認めた下顎骨関節突起軟骨肉腫の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 58巻, 6号, pp. 357-361, 20120620
  31. 歯科医師臨床研修における医療連携プログラムに対する取組み, 広島大学歯学雑誌, 44巻, 2号, pp. 107-111, 20121201
  32. Wound healing effect of the gingival fibroblasts cultured in animal-free medium., Oral Disease, 16巻, 5号, pp. 438-444, 20100701
  33. CX3CL1 expression induced by Candida albicans in oral fibroblasts. , FEMS Immunology and Medical Microbiology, 60巻, 2号, pp. 179-185, 20101101
  34. Additive effects of orexin B and vasoactive intestinal polypeptide on LL-37-mediated antimicrobial activities., Journal of Neuroimmunology, 20101201
  35. 導入した医療情報システムにおける運用状況アセスメント, 医療情報学, 30巻, 3号, pp. 129-132, 20100501
  36. 広島大学歯科医学系のコミュニケーション教育, 日本ヘルスコミュニケーション研究会, pp. 52-61, 2010
  37. Increased resistance to cationic antimicrobial peptide LL-37 in methicillin-resistant strains of Staphylococcus aureus., J Antimicrobial Chemotherapy, 61巻, 6号, pp. 1266-1269, 20080501
  38. Regulation of CXCL9/10/11 in oral keratinocytes and fibroblasts., Journal of dental research, 87巻, 12号, pp. 1160-1165, 20081201
  39. 三次元光造形モデルの口腔外科臨床への応用., 広島大学歯学雑誌, 40巻, 1号, pp. 55-61, 2008
  40. The gate controlling cell wall synthesis in Staphylococcus aureus., Mol. Microbiol., 53巻, pp. 1221-1231, 20040401
  41. Reduced content of lysyl-phosphatidylglycerol in the cytoplasmic membrane affects susceptibility to moenomycin, together with vancomycin, gentamicin and other antimicrobial peptides in Staphylococcus aureus., Antimicrobial. Agents Chemother., 48巻, 12号, pp. 4800-4807, 20040401
  42. Moenomycin-resistance is associated with vancomycin-intermediate susceptibility in Staphylococcus aureus., M.Microbiol Immunol, 47巻, 12号, pp. 927-935, 20030401
  43. 入院患者に検出されたMRSAの臨床統計的検討, 歯科薬物療法, 22巻, 1号, pp. 49-54, 20030401
  44. 上皮・間葉移行を介した扁平上皮癌の高度悪性化におけるΔNp63αの役割, Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究, 25巻, 1号, 20060331
  45. 意思疎通困難なvon Willebrand病患者に歯科治療を行った1例, 小児口腔外科, 17巻, 2号, pp. 101-107, 2007
  46. 新分類(WHO : 2005年)による歯原性腫瘍の臨床統計的検討, 日本口腔腫瘍学会誌 = Journal of Japan Society for Oral Tumors, 18巻, 2号, pp. 39-47, 20060615
  47. 舌線維腫切除術を行った低コリンエステラーゼ血症の1例, 日本口腔外科学会雑誌, 52巻, 5号, pp. 303-306, 20060520
  48. 上顎前歯部歯肉に転移した腎細胞癌の1例, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 2号, pp. 162-166, 20061201
  49. 認知症患者の習慣性顎関節脱臼に対する自己血注入療法の一例, 広島大学歯学雑誌, 38巻, 1号, pp. 80-83, 20060601
  50. 先天歯に口蓋垂裂を伴った1例, 小児口腔外科 = Pediatric oral and maxillofacial surgery, 15巻, 2号, pp. 131-134, 20051225
  51. 抗血栓療法施行中患者の抜歯における出血管理, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 1号, pp. 19-23, 20070601
  52. 顎関節に発生した滑膜性骨軟骨腫症の2例, 広島大学歯学雑誌, 39巻, 1号, pp. 57-61, 20070601
  53. 炎症性サイトカインによる不化口腔粘膜上皮細胞, 線維芽細胞におけるケモカイン発現の検討., 口腔組織培養学会雑誌, 15巻, 1号, pp. 21-22, 2006
  54. 安全なエンドの三角除去用ドリルの開発, 日本総合歯科学会雑誌, 6巻, pp. 46-52, 2014
  55. 臨床研修の中間点における研修歯科医の振り返りの様相についての検討, 広島大学歯学雑誌, 46巻, 1号, pp. 1-5, 2014
  56. Multiple External Root Resorption of Teeth as a New Manifestation of Systemic Sclerosis – a Cross-sectional Study in Japan –, Journal of Clinical Medicine, 8巻, 10号, pp. 1628, 2019
  57. 歯周病の重症度を示す新たな指標の導入に向けて―医科歯科連携への共通言語へ―, 太田川, 25巻, pp. 2-4, 2018
  58. 歯科衛生士の立場から周術期口腔管理を考える, 日本臨床歯周病学会会誌, 36巻, 2号, pp. 43-48, 2019
  59. ヒト上皮細胞の産生する抗菌ペプチドの黄色ブドウ球菌に対する効果, 歯科薬物療法, 21巻, 3号, pp. 120-122, 2012

受賞

  1. 2021年05月25日, 第22回広島大学歯学部同窓会奨励賞, 広島大学歯学部同窓会, 歯周病原細菌Fusobacteriumは脳卒中患者の3か月後転帰不良に関係する
  2. 2020年12月20日, 第42回 日本呼吸療法医学会学術集会・優秀口演賞, 日本呼吸療法医学会, 集中治療を要する呼吸器疾患に特定の口腔細菌が関与する
  3. 2018年04月28日, 第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会優秀口演賞, 日本口腔ケア学会, 脳卒中患者の3か月後転帰に関係する臨床病理学的指標および歯周病原細菌の検討
  4. 2012年07月, 第38回広島県病院学会優秀口演賞受賞, 医科歯科連携における口腔機能管理の実際~大学病院および市中病院における連携口腔ケアの試み~
  5. 2007年, 日本口腔腫瘍学会2007年度 奨励賞, 日本口腔腫瘍学会, 新分類(WHO:2005年)による歯原性腫瘍の臨床統計的検討

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 令和3年度「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」, 口腔・気道内薬剤耐性菌の定着阻害に関する研究開発, 2021年, 2023年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 食道癌において口腔内および食道内細菌叢がどのように影響するか?, 2021年, 2024年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 歯周病菌感染は脳卒中の発症および予後予測因子となりうるか?, 2021年, 2024年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔粘膜の新規カンジダ細胞壁成分認識受容体の機能解析と口腔カンジダ症における意義, 2020年, 2023年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔細菌を標的としたがん化学療法における全身合併症予防システムの構築, 2020年, 2022年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), プロバイオティクスによる周術期口腔機能管理の有用性, 2018年, 2020年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), H.pylori 菌体成分の口腔粘膜炎症誘導機構と胃癌患者の口腔内細菌叢変化, 2017年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 口腔粘膜細胞のDNA認識機構の解明と口腔粘膜炎症の調節, 2014年, 2016年
  9. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 医療現場のデータを用いた「配慮表現」の分析手法に関する研究, 2011年, 2013年
  10. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), Toll-like receptorを介した難治性口腔粘膜疾患発症機構の解明, 2011年, 2013年
  11. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 難治性口腔粘膜疾患発生に関する粘膜上皮・真皮における免疫応答の細胞生物学的研究, 2008年, 2009年