佐野 将昭MASAAKI SANO

Last Updated :2024/02/02

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 准教授
メールアドレス
masaaki-sanohiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山一丁目4番1号A2-214
TEL:082-424-7808 FAX:082-422-7194

基本情報

主な職歴

  • 2006年04月01日, 2007年02月28日, 新キャタピラー三菱株式会社

学歴

  • 広島大学, 工学研究科, 社会環境システム専攻, 日本, 2007年04月, 2010年03月
  • 大阪大学, 工学研究科, 船舶海洋工学専攻, 日本, 2004年04月, 2006年03月
  • 広島大学, 工学部, 第四類(建設系), 日本, 2000年04月, 2004年03月

学位

  • 博士(工学) (広島大学)
  • 修士(工学) (大阪大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) : 輸送システムプログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 輸送・環境システムプログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 輸送・環境システムプログラム

担当主専攻プログラム

  • 輸送機器環境工学プログラム

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 船舶操縦性
  • 浅水影響
  • 側壁影響
  • 水槽試験
  • 数値計算

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 4ターム, 乗り物と輸送の科学
  2. 2023年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  3. 2023年, 学部専門, 1ターム, 輸送システム工学実験・解析法
  4. 2023年, 学部専門, 3ターム, 船舶設計法とその実習
  5. 2023年, 学部専門, 2ターム, 航空機設計法とその実習
  6. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  7. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  8. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  9. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  10. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 輸送・環境システム特別演習B
  11. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 輸送・環境システム特別演習B
  12. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 輸送・環境システム特別研究
  13. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 輸送・環境システム特別研究
  14. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 船舶運動力学特論
  15. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 輸送・環境システム特別研究

教育に関する受賞

  • 2013年12月12日, 広島大学大学院工学研究科・工学部教育顕彰, 広島大学大学院工学研究院, 創生型プロジェクト科目の効果的な実践

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 遺伝アルゴリズムを用いた海上コンテナ輸送ネットワーク解析 -コンテナ流動量に応じたDiscountの設定を通じて-, 日本造船学会論文集, 195号, pp. 71-78, 2004
  2. A study on improving the course-keeping ability of a pure car carrier in windy conditions, Journal of Marine Science and Technology, 11巻, 2号, pp. 76-87, 2006
  3. Study on the maneuverability of a large vessel installed with a mariner type Super VecTwin rudder, Journal of Marine Science and Technology, 11巻, 2号, pp. 88-99, 2006
  4. Mathematical model of single-propeller twin-rudder ship, Journal of Marine Science and Technology, 13巻, 3号, pp. 207-222, 2008
  5. Maneuvering motions of KVLCC1 and KVLCC2 using MMG model, Proc. of Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods (SIMMAN 2008), pp. E51-E55, 2008
  6. Maneuvering simulation of MOERI container ship, Proc. of Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods (SIMMAN 2008), pp. E68-E73, 2008
  7. 2層流域における船体定常造波問題の一解法, 日本船舶海洋工学会論文集, 10号, pp. 11-21, 2009
  8. Evaluation of ship-bank and ship-ship interaction forces using a 3D panel method, Proc. of International Conference on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water: Bank Effects, pp. 127-133, 2009
  9. Ship wave making resistance,sinkage and trim when navigating in muddy areas, Proc. of International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM '09), pp. M142-M150, 2009
  10. CFD, System-Based,and EFD Preliminary Investigation of ONR Tumblehome Instability and Capsize with Evaluation of the Mathematical Model, Proc.of the 12th International Ship Stability Workshop, pp. 135-145, 2011
  11. Effect of Stern Appendages on Course Stability of a High Speed Vessel, Proc.of the 6th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics (APHydro 2012), pp. 373-378, 2012
  12. Trajectories and Local Flow Field Measurements around ONR Tumblehome in Maneuvering Motion, Proc.of the 29th Symposium on Naval Hydrodynamics, pp. 26-31, 2012
  13. 操舵しながら近接航行する2船の流体干渉に関する基礎研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 16号, pp. 59-67, 2012
  14. Experimental Study on Ship Operation in Close Proximity to Bank Channel, Proc. of International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM 2012), USB drive巻, 2012
  15. Analysis of ship to ship interaction based on maneuvering simulation, Proc. of the the International Conference on Marine Safety and Environment (IMSE 2013), pp. 53-59, 2013
  16. 狭水路を航行する船の方向安定性に及ぼす風の影響, 日本船舶海洋工学会論文集, 18号, pp. 45-53, 2013
  17. 回流水槽における操縦流体力の計測精度について, 日本船舶海洋工学会論文集, 23巻, pp. 95-103, 2016
  18. 旋回運動する船の舵トルクに関する研究 ー模型試験による特性の把握と推定法の検討ー, 日本船舶海洋工学会論文集, 30巻, pp. 39-48, 201912
  19. Directional stability of a ship in close proximity to channel wall, Journal of Marine Science and Technology, 19巻, 4号, pp. 376-393, 20140429
  20. 2船並走時の舵と船体の流体力学的干渉に及ぼす浅水影響, 日本航海学会論文集, 130巻, pp. 1-10, 20140701
  21. Maneuvering Simulation of Two Ships During Meeting and Passing, Jurnal Teknologi, Special Issue on Marine Technology: Safety and Environment, 69巻, 7号, pp. 85-90, 20140723
  22. Maneuvering prediction of a KVLCC2 model in shallow water by a combination of EFD and CFD, Proc. of Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods (SIMMAN 2014), pp. 115-121, 20141208
  23. 輸送機器工学に基づく 創成型プロジェクトの実践, 工学教育, 63巻, 3号, pp. 114-116, 20150520
  24. 方形係数シリーズ肥型船の操縦性能 (第一報:水槽試験), 日本船舶海洋工学会論文集, 21号, pp. 11-22, 20150601
  25. 浅水域を定常操縦運動する船の 船体沈下・トリムに関する基礎的研究, 日本航海学会論文集, 132巻, pp. 97-104, 20150701
  26. CFD analysis of hydrodynamic force characteristics of pusher and multi barges in steady-state manoeuvres, Proc. of International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM 2015), pp. USB drive, 20150908
  27. A fundamental study on the ship handling simulation of tug-barge and pusher-barge systems for river service, Proc. of International conference on ship and offshore technology - India2015, pp. 141-150, 20151210
  28. Maneuvering Simulation of Pusher-Barge Systems in Uniform River Flow, Proceeding of Ocean, Mechanical and Aerospace -Science and Engineering-, pp. 242-253, 20161107
  29. Course Stability Investigation of Ships by PMM Test in Circulating Water Channel, Proceeding of Ocean, Mechanical and Aerospace -Science and Engineering-, pp. 431-438, 20161107
  30. Numerical solution for a ship-wave problem in a two-layer fluid using a double-model linearised interface condition, Ships and Offshore Structures, 13巻, 3号, pp. 293-302, 20170906
  31. Maneuverability of a pusher and barge system under empty and full load conditions, Journal of Marine Science and Technology, 23巻, 3号, pp. 464-482, 20171027
  32. Numerical Analysis of Resistance Acting on Sea-Going Pusher and Barge System, Proc. of the 4th International Conference on Ocean, Mechanical and Aerospace -Scientists and Engineers- (OMASE 2017), pp. 36-43, 20171106
  33. Improvement of maneuverability in a VLCC by a high lift rudder, OCEAN ENGINEERING, 165巻, pp. 438-449, 20181001
  34. Improvement on Resistance Performance of Self-Propelled Barge in Indonesia, Proc. of Ocean, Mechanical and Aerospace -Science and Engineering-, 5巻, 1号, pp. 57-62, 20181004
  35. Maneuverability of a combined two-ship unit engaged in underway transfer, OCEAN ENGINEERING, 173巻, pp. 774-793, 20190201
  36. Simulation study of approach manoeuvre in lightering and reverse lightering operations, OCEAN ENGINEERING, 187巻, 20190901
  37. 制限水路に関係する研究動向および国際会議報告, 日本船舶海洋工学会誌 KANRIN, 93号, pp. 13-18, 20201110
  38. Maneuvering simulations of twin-propeller and twin-rudder ship in shallow water using equivalent single rudder model, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 27巻, 2号, pp. 948-970, 202206
  39. Effect of the loading conditions on the maneuverability of a container ship, OCEAN ENGINEERING, 247巻, 20220301
  40. Course-Keeping Performance of a Container Ship with Various Draft and Trim Conditions under Wind Disturbance, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND ENGINEERING, 11巻, 5号, 20230515
  41. Mathematical model and simulation of cooperative manoeuvres among a ship and tugboats, BRODOGRADNJA, 74巻, 2号, pp. 127-148, 202304

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Safety Concerns about Ship Navigation in Restricted Water, Masaaki Sano, The 2nd International Undergraduate and Postgraduate Conference on Engineering, Technology, & Science (IUP2022), 2022年11月29日, 招待, 英語, Universiti Malaysia Terengganu (UMT), Terengganu (on site) and online
  2. タグボートの首振り式推進器の流体力特性に関する研究, 〇森澤拓哉, 佐野将昭; Reasey Simann, 日本船舶海洋工学会令和4年秋期講演会, 2022年11月17日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸,(日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第35号,pp.21-27)
  3. ベクツイン舵を装備した船の流体力特性に関する研究 -舵直圧力の表現法の検討-, 〇渡部聖輝, 佐野将昭; 安川宏紀; 松田秋彦; 細萱和敬, 日本船舶海洋工学会令和4年秋期講演会, 2022年11月17日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸,(日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第35号,pp.335-342)
  4. 浅水域を斜航する模型船に働く流体力の水槽幅の影響, 〇八谷洋輔 , 佐野将昭; 奥田隆輔; 古川芳孝; 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会令和4年秋期講演会, 2022年11月17日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第35号, pp.327-333)
  5. 仮床式浅水域で計測される主船体流体力に関する研究 ─遮断幕の設置による計測精度改善の可能性─, 〇八谷洋輔, 佐野将昭; 奥田隆輔; 中島卓司; 古川芳孝; 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会令和4年春期講演会, 2022年05月26日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 広島, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第34号, pp.361-368)
  6. ハーバータグによる離着桟支援操船の運動モデルに関する基礎研究, 佐野 将昭, 飯塚 大貴; 山崎 剛至; 上村 航大; 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会令和3年春季講演会, 2021年06月01日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会
  7. 浅水域における船の斜航流体力に関する尺度影響, 〇八谷 洋輔, 佐野 将昭; 平田 法隆; 古川 芳孝; 安川 宏紀, 日本船舶海洋工学会令和3年春季講演会(オンデマンド), 2021年05月31日, 通常, 日本語, 公益社団法人日本船舶海洋工学会
  8. 着岸に向けた低速操船時の主船体流体力モデルに関する検討, 〇柳生 周亮, 佐野 将昭; 西村 健; 北田 亨汰, 日本船舶海洋工学会令和2年秋期講演会(オンデマンド), 2020年11月16日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会
  9. ハーバータグによる曳航支援操船時の運動モデルに関する基礎研究, 〇佐野将昭, 金井奎太; 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会令和2年春季講演会(論文公開と書面討論のみ), 2020年05月, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会
  10. 航洋型プッシャー・バージの抵抗・自航性能に関する基礎研究, 山本拓人, 〇佐野将昭, 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会2019年春季講演会, 2019年06月03日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 長崎, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第28号, pp.379-384)
  11. Simulation study of approach manoeuvre in lightering and reverse lightering operations, 〇M.Sano, H.Yasukawa, The International conference on ship manoeuvring in shallow and confined water (5th MASHCON), 2019年05月19日, 通常, 英語, Ostend
  12. Resistance Characteristic of a Pusher and Barge System Under Different Barge Load Conditions, 〇M.Sano, T.Yamamoto, H.Yasukawa, Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering, 2018年11月08日, 通常, 英語, The Society of Naval Architects and Ocean Engineers, West Branch, Higashi-Hiroshima
  13. Improvement on Resistance Performance of Self-Propelled Barge in Indonesia, 〇C.Sasmito, M.Sano, A.Kadir, The International Conference on Ocean, Mechanical and Aerospace -Science and Engineers- (OMASE 2018), 2018年10月04日, 通常, 英語, Batam
  14. 航洋型プッシャー・バージの抵抗性能に及ぼすトリム影響に関する研究, 〇山本拓人, 佐野将昭, 池下翔哉, 川野佑典, 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会平成30年春季講演会, 2018年05月21日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 大阪, (日本船舶海洋工学会講演会論文集,第26号,pp.569-573)
  15. 規則波中における船の舵トルクの特性に関する基礎研究, 〇佐野将昭, 森寛海, 安川宏紀, 日本船舶海洋工学会平成30年春季講演会, 2018年05月21日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 大阪, (日本船舶海洋工学会講演会論文集,第26号,pp.533-536)
  16. 旋回運動する船の舵トルクの特性把握と推定に関する研究, 〇山本拓人, 佐野将昭,安川宏紀, 日本船舶海洋工学会平成29年秋季講演会, 2017年11月27日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 広島, (日本船舶海洋工学会講演会論文集,第25号,pp.247-250)
  17. Numerical Analysis of Resistance Acting on Sea-Going Pusher and Barge System, M.Sano, Y.Kawano, 〇T.Yamamoto, H.Yasukawa:, The 4th International Conference on Ocean, Mechanical and Aerospace -Scientists and Engineers- (OMASE 2017), 2017年11月06日, 通常, 英語, Padang
  18. 船の舵トルクに関する模型試験と数値解析, 〇森寛海, 佐野将昭,安川宏紀, 日本船舶海洋工学会平成28年春季講演会, 2016年05月26日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 福岡, (日本船舶海洋工学会講演会論文集,第22号,pp.309-312)
  19. 載荷状態が異なるプッシャー・バージの操縦性に関する研究, 〇佐野将昭, 奥田晃生,濱口友宏,安川宏紀, 日本船舶海洋工学会平成28年春季講演会, 2016年05月26日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 福岡, (日本船舶海洋工学会講演会論文集,第22号,pp.179-182)
  20. A fundamental study on the ship handling simulation of tug-barge and pusher-barge systems for river service, 〇M.Sano, K.Hasegawa, International conference on ship and offshore technology - India2015 (ICSOT INDIA-2015), 2015年12月10日, 招待, 英語, IIT Kharagpur, Kharagpur
  21. CFD analysis of hydrodynamic force characteristics of pusher and multi barges in steady-state manoeuvres, 〇M.Sano, A.Okuda, H.Yasukawa, International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM 2015), 2015年09月08日, 通常, 英語, International Marine Simulator Forum, Newcastle upon Tyne
  22. プッシャー・バージシステムの流体力特性 に関する基礎的研究, 〇奥田晃生, 佐野将昭, 安川宏紀, 平成27年日本船舶海洋工学会春季講演会, 2015年05月25日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第20号, pp.137-140)
  23. 河川輸送への交通流シミュレータ の適用に関する初期検討, 〇佐野将昭, 第2回プッシャー・バージに関するワークショップ, 2014年12月22日, 通常, 日本語, 広島大学, 東広島
  24. Maneuvering prediction of a KVLCC2 model in shallow water by a combination of EFD and CFD, H.Yasukawa, 〇M.Sano, Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods (SIMMAN 2014), 2014年12月08日, 通常, 英語, FORCE Technology, Copenhagen, (ポスター発表)
  25. 輸送機器工学に基づく創成型プロジェクトの実践, 〇佐野将昭, 岩下英嗣, 平成26年度工学教育研究講演会, 2014年08月28日, 通常, 日本語, 日本工学教育協会, 東広島
  26. 並走しながら接舷する2船の操縦運動に関する研究, 〇佐野将昭, 北川幸紀, 安川宏紀, 平成26年日本船舶海洋工学会春季講演会, 2014年05月26日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 仙台, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第18号, pp. 231-234)
  27. 操縦運動時における船首沈下の推定に関する研究, 〇奥田晃生, 佐野将昭, 日本航海学会第130回講演会, 2014年05月22日, 通常, 日本語, 日本航海学会, 東京, (日本航海学会講演予稿集, 2巻, 1号, pp.11-14)
  28. Analysis of Ship to Ship Interaction Based on Maneuvering Simulation, 〇K.Kitagawa, M.Sano, H.Yasukawa, International Conference on Marine Safety and Environment (IMSE2013), 2013年11月12日, 通常, 英語, Universiti Teknologi Malaysia, Johor Bahru
  29. 2船近接時の舵と船体の流体干渉に及ぼす浅水影響, 〇佐野将昭, 安川宏紀, 吉田聖子, 日本航海学会第129回講演会, 2013年11月08日, 通常, 日本語, 日本航海学会, 神戸, (日本航海学会講演予稿集, 1巻, 2号, pp.160-163)
  30. Shallow water effect on the hydrodynamic interaction between two ships with rudder in close proximity, 〇M.Sano, H.Yasukawa, K.Kitagawa, S.Yoshida, The 3rd International Conference on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water, 2013年06月03日, 通常, 英語, Royal Institution of Naval Architects, Ghent
  31. 二層水域を斜航する船体に作用する造波流体力について, 〇佐野将昭, 國武芳規, 安川宏紀, 平成25年日本船舶海洋工学会春季講演会, 2013年05月27日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 広島, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第16号, pp.323-324)
  32. 浅水域における肥型船の操縦流体力特性について, 〇佐野将昭, 安川宏紀, 岩藤博紀, 平成24年日本船舶海洋工学会春季講演会, 2012年05月17日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 神戸, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第14号, pp.461-462)
  33. Experimental Study on Ship Operation in Close Proximity to Bank Channel, 〇M.Sano, H.Yasukawa, H.Hata, International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM 2012), 2012年04月23日, 通常, 英語, International Marine Simulator Forum, Singapore
  34. 操舵しながら近接航行する2船の流体干渉に関する基礎研究, 〇佐野将昭, 安川宏紀, 吉田聖子, 平成23年日本船舶海洋工学会西部支部秋季講演会, 2011年11月01日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会西部支部, 下関, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第13号, pp.45-48)
  35. 2層流域を航行する肥大船の定常造波特性について, 〇佐野将昭, 安川宏紀, 平成21年日本船舶海洋工学会西部支部秋季講演会, 2009年11月19日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会西部支部, 荒尾, (日本船舶海洋工学会講演会論文集, 9W号, pp.103-106)
  36. Ship wave making resistance,sinkage and trim when navigating in muddy areas, 〇M.Sano, H.Yasukawa, International Conference on Marine Simulation and Ship Maneuverability (MARSIM '09), 2009年08月17日, 通常, 英語, International Maritime Simulator Forum, Panama City
  37. Evaluation of ship-bank and ship-ship interaction forces using a 3D panel method, H.Yasukawa, S.Kawamura, S.Tanaka, 〇M.Sano, International Conference on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water: Bank Effects, 2009年05月13日, 通常, 英語, Royal Institution of Naval Architects, Antwerp
  38. 2 層流域における船体定常造波抵抗について, 〇佐野将昭, 安川宏紀, 第9回推進性能・運動性能合同研究会, 2009年01月28日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 東京
  39. A Method for Predicting the Steady Wave Resistance of a ship in Muddy Areas, 〇M.Sano, H.Yasukawa, International RIAM Symposium -Numerical and Theoretical Analyses on the Free Surface Flows-, 2008年12月19日, 通常, 英語, RIAM-Kyushu University, Kasuga
  40. Maneuvering motions of KVLCC1 and KVLCC2 using MMG model, 〇M.Sano, H.Yasukawa, Workshop on Verification and Validation of Ship Manoeuvering Simulation Methods (SIMMAN 2008), 2008年04月14日, 通常, 英語, FORCE Technology, Copenhagen, (ポスター発表)
  41. Influence of a Bottom Mud Layer on the Steady Wave Making Resistance, 〇M.Sano, H.Yasukawa, International RIAM Symposium -Numerical and Theoretical Analyses on the Free Surface Flows-, 2007年12月14日, 通常, 英語, RIAM-Kyusyu University, Kasuga

受賞

  1. 2020年06月05日, 日本船舶海洋工学会賞(論文賞), 一般社団法人 日本造船工業会, 旋回運動する船の舵トルクに関する研究 -模型試験による特性の把握と推定法の検討-
  2. 2011年11月14日, 平成23年西部支部秋季講演会優秀講演賞, 日本船舶海洋工学会西部支部, 操舵しながら近接航行する2船の流体干渉に関する基礎研究
  3. 2004年03月23日, 日本造船学会奨学褒章, 日本造船学会, 海上コンテナ輸送ネットワーク設計手法の構築とその応用に関する研究

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 運動学的解析から読み解く狭い運河を走る巨大船舶の安全航行に関する研究, 2022年, 2024年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), ハーバー・タグによる離着桟支援操船の自動化に向けた運動モデル構築及び運動計算, 2019年, 2021年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 海を走る航洋型プッシャー・バージシステムの性能開発と評価, 2016年, 2018年
  4. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 河川輸送に投入するバージ船団の性能開発と交通流評価, 2014年, 2015年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 低速並走しながら行う2船間洋上荷役オペレーションの安全性評価, 2012年, 2013年
  6. 造船学術研究推進機構助成金, 浅水域を航行する船舶の操縦性能に現れる尺度影響に関する研究, 2021年, 2021年
  7. 造船学術研究推進機構助成金, 船の舵トルクの把握と推定に関する研究, 2016年, 2017年
  8. 造船学術研究推進機構助成金, 二層水域で斜航する船体に作用する流体力の推定および推定手法の高度化に関する研究, 2011年, 2012年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 令和4年春季講演会実行委員会委員, 2022年04月, 2022年06月, 公益社団法人日本船舶海洋工学会
  2. 日本船舶海洋工学会西部支部運営委員会委員, 2022年04月, 公益社団法人日本船舶海洋工学会(西部支部)
  3. 離着桟操船時の操縦流体力特性の簡易推定手法に関する調査研究委員会委員, 2022年04月, 公益社団法人日本船舶海洋工学会
  4. 内航カーボンニュートラルに向けた新技術の安全評価手法検討委員会委員, 2022年07月, 2024年03月, 財団法人日本船舶技術研究協会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学公開講座2022「機械・輸送工学の研究トピックス―やさしい解説と施設見学―」, 制限水域を走る船を取り巻く諸問題, 広島大学工学部, 2022年/11月/12日, 2022年/11月/12日, 広島大学工学部, 講師, 社会人・一般