今中 雄介YUSUKE IMANAKA

Last Updated :2024/06/04

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
yimanakahiroshima-u.ac.jp

基本情報

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 博士課程医歯薬学専攻, 日本, 2015年04月, 2021年03月
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 2000年04月, 2006年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 小児科学

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本血液学会
  • 日本小児血液・がん学会
  • 日本造血・免疫細胞療法学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 2ターム, 小児科学
  2. 2024年, 学部専門, 2ターム, 小児科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Early eradication of factor VIII inhibitor in patients with congenital hemophilia A by immune tolerance induction with a high dose of immunoglobulin.Int J Hematol, 103 (4): 473-477, 2016
  2. Azacitidine successfully maintained the second remission in an infant with KMT2A-rearranged acute lymphoblastic leukemia who relapsed after unrelated cord blood transplantation. Pediatr Blood Cancer, 64 (12): e26697, 2017
  3. Successful allogeneic bone marrow transplantation using immunosuppressive conditioning regimen for a patient with red blood cell transfusiondependent pyruvate kinase deficiency anemia. Hematol Rep. 12 (1): e8305, 2020
  4. ★, Inherited CARD9 Deficiency in a Child with Invasive Disease Due to Exophiala dermatitidis and Two Older but Asymptomatic Siblings. J Clin Immunol. 41 (5): 975-986, 2021
  5. Clinical and Immunological Heterogeneity in Japanese Patients with Gain-of-Function Variants in STAT3. J Clin Immunol. 41 (4): 780-790, 2021

著書等出版物

  1. 自己免疫性溶血性貧血. 小児内科 2021: 1069-1072,, 今中雄介, 望月慎史
  2. RNA polymerase III欠損症. 日本臨床 8巻増刊7 原発性免疫不全症候群 2020: 345-347, 今中雄介, 岡田賢
  3. ゲノム編集技術を活用した重症先天性好中球減少症の治療開発. 医学のあゆみ 2020: 835-840, 今中雄介, 岡田賢

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. A case of acute myeloid leukemia with co-existing CBFB-MYH11 and minor BCR-ABL1 fusion genes, Yusuke Imanaka, Risa Matsumura, Yoko Mizoguchi, Shohei Eto, Maiko Shimomura, Shuhei Karakawa, Takehiko Doi, Hiroshi Kawaguchi, Daisuke Tomizawa, Satoshi Okada, 第64回日本小児血液・がん学会学術集会, 2022年, 通常, 日本語
  2. がんゲノム解析を契機に診断したLi-Fraumeni症候群4例, 今中雄介, 唐川修平, 田中真理, 下村麻衣子, 松村梨紗, 溝口洋子, 土居岳彦, 川口浩史, 岡田賢 , 第74回中国四国小児科学会, 2022年, 通常, 日本語
  3. CARD9 deficiency in a patient with invasive infection due to Exophiala dermatitidis and the aymptomatic siblings, Yusuke Imanaka, Maki Taniguchi, Takehiko Doi, Maiko Shimomura, Miyuki Tsumura, Shuhei Karakawa, Kohsuke Imai, Tomohiro Morio, Anne Puel, Jean-Laurent Casanova, Osamu Ohara, Katsuhiko Kamei, Masao Kobayashi, Satoshi Okada, European Society for Immunodeficiencies (ESID), Birmingham, UK, October 2020, 通常, 英語
  4. Exophiala dermatitidis による全身性黒色真菌感染症を発症したCARD9欠損症の一例, 今中雄介, 岡田賢, 長岡里枝, 谷口真紀, 下村麻衣子, 津村弥来, 唐川修平, 土居岳彦, 小林正夫, 第47回日本臨床免疫学会, 2019年, 通常, 日本語
  5. STAT3遺伝子変異を同定した高IgE症候群, 今中雄介, 浅野孝基, 岡田賢, 小林正夫, 第40回日本小児皮膚科学会学術大会, 2016年, 通常, 日本語
  6. 再発時にKRAS変異を獲得し治療抵抗性を呈したCREBBP変異陽性ALL症例, 今中 雄介, 溝口 洋子, 江藤 昌平, 岡田 賢, 三木 瑞香, 川口 浩史, 奥野 啓介, 上山 潤一, 嶋田 明, 小林 正夫, 第57回日本小児血液・がん学術集会, 2015年, 通常, 日本語
  7. Vincristineが奏功したKasabach-Merritt症候群の1例, 今中雄介, 浜本和子, 壷井史奈, 吉野修司, 藤田直人, 西美和, 第65回中国四国小児科学会, 2013年, 通常, 日本語
  8. 血漿輸注療法のみで軽快した小児後天性血栓性血小板減少性紫斑病の1例, 今中雄介, 藤田直人, 吉野修司, 浜本和子, 西美和, 第116回日本小児科学会学術集会, 2013年, 通常, 日本語
  9. 小児がん経験者29人における血清AMH、InhibinBの検討, 今中雄介, 壷井史奈, 吉野修司, 藤田直人, 浜本和子, 西美和, 第46回日本小児内分泌学会学術集会, 2013年, 通常, 日本語
  10. CCS男性のSertoli and partial Leydig cell dysfunction, 今中雄介, 西美和, 第45回日本小児内分泌学会学術集会, 2012年, 通常, 日本語
  11. GH治療中に末端肥大所見を認めたターナー症候群の3例, 今中雄介, 西美和, 第44回日本小児内分泌学会学術集会, 2011年, 通常, 日本語
  12. Diamino-Diphenyl Sulfone(DDS)が奏効した難治性アレルギー性紫斑病(HSP)の1例, 今中雄介, 岩瀧真一郎, 西村志帆, 浅野孝基, 岡本珠緒, 岡田泰之, 河野一輝, 大西博之, 岡野里香, 兵藤純夫, 第61回中国四国小児科学会, 2009年, 通常, 日本語
  13. ロタウイルス感染を契機に中枢神経合併症を呈した3症例, 今中雄介, 田中麻希子, 田辺真奈美, 岡本珠緒, 米倉圭二 , 下薗彩子, 金子陽一郎, 高本聡, 岡野里香, 兵藤純夫 , 第40回小児感染症学会, 2008年, 通常, 日本語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), メンデル遺伝を想定した急性脳炎の病態解明, 2022年, 2023年