三谷 英範HIDENORI MITANI

Last Updated :2024/07/04

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
hmitanihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
画像下治療 / 救急放射線

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Ornithine transcarbamylase deficiency that developed at the age of 19 years with acute brain edema, Acute Medicine & Surgery, 3巻, pp. 419-423, 201610
  2. Complete Traumatic Transection of the Renal Vein with Renal Venous Hemostasis via Arterial Embolization before Nephrectomy: A Case Report, Interventional Radiology, 3巻, pp. 75-79, 201806
  3. Accelerated Splenic Enlargement after Splenic Trauma: Influence of Splenic Arterial Embolization, Hiroshima Journal of Medical Sciences, 68巻, pp. 43-47, 201912
  4. Incidence and factor analysis of laryngohyoid fractures in hanging individuals-computed tomography study, EUROPEAN RADIOLOGY, 31巻, 10号, pp. 7827-7833, 202110
  5. Accuracy of thin-slice model-based iterative reconstruction designed for brain CT to diagnose acute ischemic stroke in the middle cerebral artery territory: a multicenter study, NEURORADIOLOGY, 63巻, 12号, pp. 2013-2021, 202112
  6. Understanding CT imaging findings based on the underlying pathophysiology in patients with small bowel ischemia, JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY, 41巻, 4号, pp. 353-366, 202304
  7. Transportal scleroembolization of hepatic arterioportal fistulas in a patient with portal hypertension: A case report, Radiology Case Reports, 18巻, 11号, pp. 3783-3786, 202311
  8. Safety margin for CT- and US-guided radiofrequency ablation after TACE of HCC in the hepatic dome, Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies, 2巻, pp. 1-8, 20211102
  9. Global illumination rendering versus volume rendering for the forensic evaluation of stab wounds using computed tomography, SCIENTIFIC REPORTS, 12巻, 1号, 20220214
  10. Cranio-caudal puncture with computed tomography-guided drainage of a deep pelvic abscess, POLISH JOURNAL OF RADIOLOGY, 87巻, pp. E177-E180, 20220317
  11. Iodine maps derived from sparse-view kV-switching dual-energy CT equipped with a deep learning reconstruction for diagnosis of hepatocellular carcinoma, SCIENTIFIC REPORTS, 13巻, 1号, 20230303
  12. Perioperative proximal splenic artery embolization in cirrhotic patients with splenomegaly, Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies, 20231101

著書等出版物

  1. 2022年03月30日, これから始めるIVR, MEDICAL VIEW, 2022年, 共著
  2. 2021年07月26日, 臨床画像, IVRのためのアプローチ超入門, MEDICAL VIEW, 2021年, 7, 日本語, 三谷英範、他
  3. 2020年11月, CTにおける注意すべきartifacts, 臨床放射線 / 金原出版株式会社 [編], 立神 史稔;檜垣 徹;藤岡 知加子;久野 優花;三谷 英範;末岡 敬浩;福本 航;谷 千尋;粟井 和夫
  4. 2020年01月25日, Rad Fan, RSNA2019 PERFECT Report, 共著, 日本語, 2
  5. 2020年01月25日, 画像診断, 腎芽腫, 秀潤社, 2020年, 1, 日本語, 三谷英範、福本航、松原佳子、粟井和夫、有廣光司
  6. 2019年07月01日, レジデントノート, 腹部CTの読み方がわかる!, 羊土社, 2019年, 共著
  7. 2018年11月22日, 救急研修ハンドブック, 海馬書房, 共著
  8. 2017年01月25日, INNERVISION, RSNA2016, インナービジョン, 2017年, 共著, 日本語, IVRの最新動向
  9. 2016年09月25日, 輸液・輸血指示の根拠とコール対応の見きわめ方, 心拍数のコール指示, 学研, 2016年, 単行本(学術書), 共著, 日本語
  10. 2013年04月10日, レジデントノート, 動きながら判断する!内科エマージェンシー, 羊土社, 2013年, 共著, アナフィラキシー
  11. 2013年09月, 救急医学, 測定から管理まで, へるす出版, 2013年, 共著, 偶発性低体温症

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 当院での血管内治療におけるAngio-CT(Alphenix×Aquilion ONE)の使い方, 三谷英範, 中四国Canon Angio-CT Seminar, 2024年, 招待, 日本語
  2. J-CIRCLEハンズオン, 三谷英範, 山本洋輔、元津倫幸、田村全, 第53回日本IVR学会総会, 2024年, 招待, 日本語
  3. Stent patency and efficiency for symptomatic portal vein stenosis/occlusion: a retrospective study, Ueda M, Mitani H, Fukumoto W, Chosa K, Awai K, CIRSE, 2023年, 通常, 英語
  4. 3-Dプリンターによる血管モデルの作成, 三谷英範、植田真智、檜垣徹、中木優羽、近藤翔太、福本航、帖佐啓吾、粟井和夫, 第36回中国四国IVR研究会, 2023年, 通常, 日本語
  5. 持続可能なIVRの未来を築くため 教育・トレーニング, 三谷英範, 第52回日本IVR学会総会, 2023年, 日本語
  6. 肝内門脈シャント塞栓におけるAvenirコイルの使用経験, 三谷英範, Avenue, 2022年, 招待, 日本語
  7. 術後膿瘍ドレナージを含めた術後IVRを考える, 三谷英範、岡田健司郎、別木智昭、水澤詩歩、世良俊樹、志馬伸朗, 第59回日本腹部救急医学会総会, 2023年, 通常, 日本語
  8. 救急IVRにおけるプッシャブルコイルの使い所, 三谷英範, 第35回中国四国IVR研究会, 2022年, 招待, 日本語
  9. A case of portal hypertension due to hepatic arterioportel fistula., Hidenori Mitani, Interventional Radiology Case Club (IRCC) 2022, 2022年, 通常, 英語
  10. A comparative study between our virtual reality endovascular simulator and a traditional simulator enabling hands-on simulator, CIRSE2022, 2022年, 通常, 英語
  11. VRで作成した血管内治療シミュレータの繰り返し使用による効果, 第21回日本VR医学会学術大会, 2022年, 通常, 日本語
  12. Virtual realityを用いたIVRシミュレータ作成, 第35回中国四国IVR研究会, 2022年, 通常, 日本語
  13. 中堅IR医が考える世代間意識のギャップ, 第51回日本IVR学会総会, 2022年, 通常, 日本語
  14. 脾腫に伴う肝硬変患者に対する周術期に施行した脾動脈近位塞栓術, 第51回日本IVR学会総会, 2022年, 通常, 日本語
  15. 穿通性外傷で腹腔内への出血穿破を認めるも自然止血が確認された一例, 第58回日本腹部救急医学会総会, 2022年, 通常, 日本語
  16. TACEにおける腫瘍栄養血管自動抽出アプリケーションの初期使用経験, 植田真智、三谷英範、児玉久幸、太刀掛俊浩、隅田ますみ, 第135回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2021年, 通常, 日本語
  17. 内臓動脈瘤塞栓に対するmixed realityを用いたIVR術前シミュレーション教育, 三谷英範、帖佐啓吾、森拓哉、岡田康平、前田智郷、末岡敬浩、本田有紀子、粟井和夫, 第34回中国四国IVR研究会, 2021年, 通常, 日本語
  18. How to perform transarterial embolization for transient- or non-responders with splenic injury in blunt trauma?, Hidenori Mitani, Keigo Chosa, Takahiro Sueoka, Wataru Fukumoto, Kazuo Awai, CIRSE, 2021年, 通常, 英語
  19. 門脈大循環シャント塞栓術でAVP II内をコイルで充填した一例, Hidenori Mitani, Keigo Chosa, Wataru Fukumoto, Kazuo Awai, 第50回日本IVR学会総会, 2021年, 通常, 日本語
  20. Technical Tips for Retrograde Transvenous Obliteration of Gastric Varices, Hidenori Mitani, Keigo Chosa, Watru Fukumoto, Yasutaka Baba, Kazuo Awai, RSNA, 2020年, 通常, 英語
  21. Computed tomography guided radiofrequency ablation versus ultrasound guided after transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma in hepatic dome, Hidenori Mitani, Akira Naito, Keigo Chosa, Kazuo Awai, CIRSE, 2020年, 通常, 英語
  22. 急性期脳梗塞に対する逐次近似法による頭部 CT 画像再構成法の有用性:他施設前向き研究, 三谷 英範、立神 史稔、檜垣 徹、Mathias Prokop, 小野 千秋、小野 研、福本 航、粟井 和夫, 最先端CT研究会2019, 2019年, 通常, 日本語
  23. 穿刺リスクの高い膿瘍に対する鈍的ドレナージ, 三谷英範、帖佐啓吾、馬場康貴、金子 賢太郎、森 拓也、粟井和夫, 第5回穿刺ドレナージ研究会, 2019年, 通常, 日本語
  24. Can computational fluid dynamics predict the progression of visceral artery aneurysms?, Hidenori Mitani, Yasutaka Baba, Keigo Chosa, Kazuo Awai, 第48回日本IVR学会総会, 2019年, 通常, 日本語
  25. Outcomes of transarterial embolization for diverticular bleeding, Hidenori Mitani, Akira Naito, Keigo Chosa, 第47回日本IVR学会総会, 2018年, 通常, 日本語
  26. 膵十二指腸動脈出血に対してTAE後に十二指腸狭窄をきたした一例, 三谷英範、冨士智世、福本航、梶原賢司、馬場康貴、粟井和夫, 第127回日本医学放射線学会 中国・四国地方会, 2016年, 通常, 日本語
  27. Clinical importance of and practical procedures for interventional radiology in patients with renal injury, Hidenori Mitani, Masaki Ishikawa, Kenji Kajiwara, Wataru Fukumoto, Tomoyo Fuji, Yasutaka Baba, Kazuo Awai, RSNA2016, 2016年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2021年03月25日, イメージ・インタープリテーションセッション 敢闘賞, 第58回日本腹部救急医学会総会
  2. 2020年, Certificate of Merit, RSNA, Technical Tips for Retrograde Transvenous Obliteration of Gastric Varices
  3. 2019年, Featured article, 日本IVR学会, Can computational fluid dynamics predict the progression of visceral artery aneurysms?

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業, 光学式モーショントラッキングシステムを用いたCT透視下穿刺シミュレータの開発, 2023年, 2025年
  2. アカデミックサポート, 造影CTを用いたMixed Realityによる血管形態の把握, 2022年04月
  3. 科学研究費助成事業 若手研究, 内臓動脈瘤のコンピュータシミュレーションによる血流動態解析, 2019年04月, 2021年03月

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第2回告示研修, 日本診療放射線技師会, 2022年/03月/05日
  2. 第16回広島卒後臨床研修ネットワーク指導医講習会, 2022年/01月/29日, 2022年/01月/30日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ
  3. 日本診療放射線技師会ファシリテータ養成講習会, 2021年/12月/25日, 講師
  4. 第15回広島卒後臨床研修ネットワーク指導医講習会, 2020年/01月/25日, 2020年/01月/26日, 運営参加・支援, セミナー・ワークショップ