鈴木 厚Atsushi Suzuki

Last Updated :2021/06/17

所属・職名
両生類研究センター 准教授
メールアドレス
asuzukihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
私たちの体の形づくりの基本となる中胚葉・神経組織の形成機構、および幹細胞の形成・維持や組織再生の機構を調べています。誘導因子シグナルに着目して、動物の発生・再生現象を解明することを目指しています。

基本情報

主な職歴

  • 1995年01月01日, 1996年03月31日, 北海道大学, 日本学術振興会特別研究員 PD
  • 1996年04月01日, 1999年05月31日, 米国ロックフェラー大学, ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP) 博士研究員
  • 1994年01月01日, 北海道大学, 日本学術振興会特別研究員 DC
  • 1991年01月01日, 筑波大学, 公益財団法人帝人奨学生
  • 1999年06月01日, 2007年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科附属両生類研究施設, 助教授
  • 2007年04月01日, 2016年09月30日, 広島大学, 大学院理学研究科附属両生類研究施設, 准教授
  • 2016年10月01日, 広島大学, 両生類研究センター, 准教授

学歴

  • 北海道大学, 薬学研究科, 製薬化学, 日本, 1993年04月, 1995年03月

学位

  • 博士(薬学) (北海道大学)
  • 修士(農学) (筑波大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 生物科学 / 発生生物学

研究キーワード

  • 誘導因子 (TGF-beta, Vg1, アクチビン, ノーダル, BMP, Wnt, FGF)
  • 細胞増殖因子シグナル
  • ネッタイツメガエルとアフリカツメガエル
  • 中胚葉と神経の誘導とパターニング
  • 体軸形成
  • 幹細胞の維持・分化
  • ゲノム進化・国際ツメガエルゲノムプロジェクト
  • ナショナルバイオリソースプロジェクト (NBRP)
  • 臓器・器官・組織の再生

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本動物学会 中国四国支部, 2001年

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 教養教育, 3ターム, 両生類から見た生命システム
  2. 2021年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2021年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  4. 2021年, 学部専門, 2ターム, 基礎生物科学B
  5. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  6. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究
  7. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 両生類生物学演習
  8. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  10. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  11. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 生物科学研究セミナー
  12. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 生物科学研究セミナー
  13. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 生物科学特別研究
  14. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 生物科学特別研究
  15. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 両生類発生学演習
  16. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 両生類発生学演習
  17. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生命科学研究法
  18. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習D
  19. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習E
  20. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習A
  21. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習B
  22. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  23. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  24. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  25. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  26. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  27. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, セルダイナミクス・ゲノミクス学特論
  28. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 先端基礎生物学研究演習C
  29. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, 先端基礎生物学研究演習F
  30. 2021年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, The dual-specificity protein kinase Clk3 is essential for Xenopus neural development, Biochemical and Biophysical Research Communications, 567巻, pp. 99-105, 2021
  2. ★, TGF-beta1 signaling is essential for tissue regeneration in the Xenopus tadpole tail, Biochemical and Biophysical Research Communications, 565巻, pp. 91-96, 2021
  3. ★, Intracellular Communication Among Morphogen Signaling Pathways During Vertebrate Body Plan Formation, Genes, 11巻, 3号, pp. 341, 2020
  4. ★, The AP-1 transcription factor JunB functions in Xenopus tail regeneration by positively regulating cell proliferation, Biochemical and Biophysical Research Communications, 522巻, pp. 990-995, 2020
  5. ★, Cdc2-like kinase 2 (Clk2) promotes early neural development in Xenopus embryos, Development, Growth and Differentiation, 61巻, pp. 365-377, 2019
  6. Xenopus Resources: Transgenic, Inbred and Mutant Animals, Training Opportunities, and Web-Based Support., Front Physiol., 10巻, pp. 387, 2019
  7. ★, Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the BTB/POZ zinc finger protein ZBTB14., Development, Growth and Differentiation, 60巻, pp. 158-173, 2018
  8. ★, Genomic organization and modulation of gene expression of the TGF-beta and FGF pathways in the allotetraploid frog Xenopus laevis., Developmental Biology, 426巻, pp. 336-359, 2017
  9. ★, Genome organization of the vg1 and nodal3 gene clusters in the allotetraploid frog Xenopus laevis, Developmental Biology, 426巻, pp. 236-244, 2017
  10. Identification and comparative analyses of Siamois cluster genes in Xenopus laevis and tropicalis, Developmental Biology, 426巻, pp. 374-383, 2017
  11. ★, Genome evolution in the allotetraploid frog Xenopus laevis, Nature, 538巻, pp. 336-343, 2016
  12. ★, Involvement of JunB proto-oncogene in tail formation during early Xenopus embryogenesis, Zoological Science, 33巻, pp. 282-289, 2016
  13. Inbreeding Ratio and Genetic Relationships among Strains of the Western Clawed Frog, Xenopus tropicalis, PLOS ONE, 10巻, 7号, 20150729
  14. BMP inhibition by DAN in Hensen's node is a critical step for the establishment of left-right asymmetry in the chick embryo, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 363巻, 1号, pp. 15-26, 20120301
  15. ★, The forkhead transcription factor FoxB1 regulates the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of the ectoderm during early Xenopus embryogenesis, DEVELOPMENTAL BIOLOGY, 360巻, 1号, pp. 11-29, 20111201
  16. ★, The Xenopus POU class V transcription factor XOct-25 inhibits ectodermal competence to respond to bone morphogenetic protein-mediated embryonic induction, MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 124巻, 11-12号, pp. 840-855, 2007
  17. ★, Interplay between the tumor suppressor p53 and TGF beta signaling shapes embryonic body axes in Xenopus, DEVELOPMENT, 130巻, 17号, pp. 3929-3939, 200309
  18. ★, Xenopus embryonic E2F is required for the formation of ventral and posterior cell fates during early embryogenesis, Molecular Cell, 5巻, pp. 217-229, 20000401
  19. ★, Xenopus msx1 mediates epidermal induction and neural inhibition by BMP4, Development, 124巻, pp. 3037-3044, 19970401
  20. ★, Regulation of epidermal induction by BMP2 and BMP7 signaling, Developmental Biology, 189巻, pp. 112-122, 19970401
  21. ★, Smad5 induces ventral fates in Xenopus embryo, Developmental Biology, 184巻, pp. 402-405, 19970401
  22. ★, Mesoderm induction by BMP-4 and -7 heterodimers, Biochemical and Biophysical Research Communications, 232巻, pp. 153-156, 19970401
  23. ★, Bone morphogenetic protein acts as a ventral mesoderm modifier in early Xenopus embryos, Development, Growth and Differentiation, 37巻, pp. 581-588, 19950401
  24. ★, A truncated bone morphogenetic protein receptor affects dorsal-ventral patterning in the early Xenopus embryo, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 91巻, pp. 10255-10259, 19940401
  25. ★, Autoinduction of activin genes in early Xenopus embryos, Biochemical Journal, 298巻, pp. 275-280, 19940401
  26. ★, Differential expression of Xenopus BMPs in early embryos and tissues, Zoological Science, 10巻, pp. 175-178, 19930401
  27. ★, Biochemical properties of amphibian bone morphogenetic protein-4 expressed in CHO cells, Biochemical Journal, 291巻, pp. 413-417, 19930401
  28. Dual specificity of activin type II receptor ActRIIb in dorso-ventral patterning during zebrafish embryogenesis, Development, Growth and Differentiation, 41巻, pp. 119-133, 19990401
  29. ★, Concentration-dependent patterning of the Xenopus ectoderm by BMP4 and its signal transducer Smad1, Development, 124巻, pp. 3177-3184, 19970401
  30. Functional analysis of an ascidian homologue of vertebrate Bmp-2/Bmp-4 suggests its role in the inhibition of neural fate specification, Development, 124巻, pp. 5149-5159, 19970401
  31. A kinase domain-truncated type I receptor blocks bone morphogenetic protein-2-induced signal transduction in C2C12 myoblasts, Journal of Biological Chemistry, 272巻, pp. 22046-22052, 19970401
  32. BMP-2/-4 mediate programmed cell death in chicken limb buds, Development, 122巻, pp. 3725-3734, 19960401
  33. Involvement of Ras/Raf/AP-1 in BMP-4 signaling during Xenopus embryonic development, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 93巻, pp. 834-838, 19960401
  34. The role of BMP-4 and GATA-2 in the induction and differentiation of hematopoietic mesoderm in Xenopus laevis, Blood, 88巻, pp. 1965-1972, 19960401
  35. Cloning of rat type I receptor cDNA for bone morphogenetic protein-2 and bone morphogenetic protein-4, and the localization compared with that of the ligands, Developmental Dynamics, 206巻, pp. 318-329, 19960401
  36. ★, Bmpr encodes a type I bone morphogenetic protein receptor that is essential for gastrulation during mouse embryogenesis, Genes and Development, 9巻, pp. 3027-3037, 19950401
  37. Involvement of the MAP kinase cascade in Xenopus mesoderm induction, EMBO Journal, 14巻, pp. 2491-2498, 19950401
  38. Localized BMP-4 mediates dorsal/ventral patterning in the early Xenopus embryo, Developmental Biology, 169巻, pp. 37-50, 19950401
  39. BMP-4 regulates the dorsal-ventral differences in FGF/MAPKK-mediated mesoderm induction in Xenopus, Developmental Biology, 172巻, pp. 242-252, 19950401
  40. Genomic organization and chromosomal location of the mouse type I BMP- 2/4 receptor, Biochemical and Biophysical Research Communications, 206巻, pp. 310-317, 19950401
  41. Developmental and differential regulations in gene expression of Xenopus pleiotrophic factors-alpha and -beta, Biochemical and Biophysical Research Communications, 214巻, pp. 432-439, 19950401
  42. A truncated bone morphogenetic protein 4 receptor alters the fate of ventral mesoderm to dorsal mesoder, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 91巻, pp. 10260-10264, 19940401
  43. Cloning of a Drosophila melanogaster homologue of the mouse type-I bone morphogenetic proteins-2/-4 recepto, Gene, 148巻, pp. 203-209, 19940401
  44. Immunodetection of Xenopus bone morphogenetic protein-4 in early embryos, Growth Factors, 8巻, pp. 173-176, 19930401
  45. ★, Genes for bone morphogenetic proteins are differentially transcribed in early amphibian embryos, Biochemical and Biophysical Research Communications, 186巻, pp. 1487-1495, 19920401
  46. A carboxyl-terminal truncated version of the activin receptor mediates activin signals in early Xenopus embryos, FEBS Letters, 312巻, pp. 169-173, 19920401
  47. Identification of bone morphogenetic protein-2 in early Xenopus laevis embryos, Growth Factors, 7巻, pp. 233-240, 19920401
  48. ★, 骨形成タンパク質, 日本生化学会, 67巻, 3号, pp. 248-248, 19950401
  49. TGF-βシグナルと癌抑制遺伝子p53の協調作用による細胞分化と増殖制御, 細胞工学, 24巻, 1号, pp. 20-23, 20050101
  50. ★, Cloning of an isoform of mouse TGF-beta type II receptor gene, FEBS Lett., 355巻, 1号, pp. 19-22, 1994
  51. ★, A mouse TGF-beta type I receptor that requires type II receptor for ligand binding., Biochem Biophys Res Commun., 198巻, 3号, pp. 1063-1069, 1994

著書等出版物

  1. 2013年, 世界でオンリーワンの両生類研究・リソースセンター, BioResource Now!, 2013年, 住田正幸、柏木昭彦、鈴木 厚
  2. 2005年01月, TGF-b シグナルとp53の協調作用による細胞分化と増殖制御 , 細胞工学(秀潤社), 2005年, 01, 単行本(学術書), 共著, 鈴木 厚 竹林ー 鈴木公子
  3. Mesoderm induction in early amphibian embryos by activin A and its related gene products in Xenopus laevis , Elsevier Science Publishers, 単行本(学術書), n.ueno m.asashima s.nishimatsu suzuki a. k.murakami 鈴木 厚
  4. 2000年, アフリカツメガエルE2F転写因子による体軸形成の制御 , 秀潤社, 2000年, 単行本(学術書), 鈴木 厚
  5. 1996年, BMPと背腹軸のパターン形成 , 羊土社, 1996年, 単行本(学術書), 鈴木 厚 上野直人
  6. 1994年, アフリカツメガエルの背腹軸形成 , 中外医学社, 1994年, 単行本(学術書), 鈴木 厚 上野直人
  7. 1994年, BMP受容体のクローニングと発生における役割 , 羊土社, 1994年, 単行本(学術書), 鈴木 厚 山地昇 上野直人
  8. 1993年, 個体発生におけるBMPの役割 , メディカルレビュー社, 1993年, 単行本(学術書), 鈴木 厚 西松伸一郎 上野直人

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Regulatory mechanism of morphogen signals by the autism-related gene cdc2-like kinase 2 (clk2) in Xenopus neural development, Regina Putri Virgirinia, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Makoto Nakamura, Fatchiyah Fatchiyah and Atsushi Suzuki, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月, 通常, 英語
  2. Injury-induced JunB promotes tissue regeneration through FGF signaling in Xenopus tadpole tail, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Yuka Moriyama, Itsuki Kawakita, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月, 通常, 英語
  3. FGF signaling is required for AP-1 function during Xenopus tail regeneration, Eri Takahashi, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月, 通常, 英語
  4. Functional analysis of JunB-related genes during tail regeneration in Xenopus tadpoles, Yuka Moriyama, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Itsuki Kawakita, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月, 通常, 英語
  5. ネッタイツメガエルの遺伝学・ゲノム科学的リソース基盤の形成とその活用, 鈴木 誠,井川 武,柏木昭彦,柏木啓子,古野伸明,鈴木菜花,田澤一朗,高瀬 稔,三浦郁夫,鈴木 厚,花田秀樹,中島圭介,彦坂 暁,越智陽城,加藤尚志,森 司,荻野 肇, 第43回日本分子生物学会年会, 2020年12月, 通常, 日本語
  6. The AP-1 transcription factor JunB induced by TGF-beta signaling plays an essential role in the initiation of cell proliferation during Xenopus tadpole tail regeneration, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Yuka Moriyama, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, JSDB Online Trial Meeting 2020, 2020年09月, 招待, 英語
  7. The AP-1 transcription factor JunB induced by TGF-beta signaling plays an essential role in the initiation of cell proliferation during Xenopus tadpole tail regeneration, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Yuka Moriyama, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, JSDB Online Trial Meeting 2020, 2020年09月, 通常, 英語
  8. Regulatory mechanism of morphogen signals by the autism-related gene cdc2-like kinase 2 (clk2) in Xenopus neural development, Regina Putri Virgirinia, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Makoto Nakamura, Fatchiyah Fatchiyah and Atsushi Suzuki, JSDB Online Trial Meeting 2020, 2020年09月, 通常, 英語
  9. The AP-1 transcription factor JunB induced by TGF-beta signaling plays an essential role in the initiation of cell proliferation during Xenopus tadpole tail regeneration, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Yuka Moriyama, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, 第53回発生生物学会大会, 2020年05月, 招待, 英語
  10. The AP-1 transcription factor JunB induced by TGF-beta signaling plays an essential role in the initiation of cell proliferation during Xenopus tadpole tail regeneration, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Yuka Moriyama, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, 第53回発生生物学会大会, 2020年05月, 通常, 英語
  11. Regulatory mechanism of morphogen signals by the autism-related gene cdc2-like kinase 2 (clk2) in Xenopus neural development, Regina Putri Virgirinia, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Makoto Nakamura, Fatchiyah Fatchiyah and Atsushi Suzuki, 第53回発生生物学会大会, 2020年05月, 通常, 英語
  12. Zbtb14/Bizと結合因子Bapは協調的に働いて背腹と頭尾の体軸形成を制御する, 竹林公子,内田実沙,鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2020年03月, 通常, 日本語
  13. The autism-related gene cdc-like kinase 2 (clk2) promotes early neural development via modulation of morphogen signals in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Yuta Yoshimoto, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2020年03月, 通常, 日本語
  14. 切断ストレスによって誘導されたJunB 転写因子は細胞分裂を促進してツメガエル幼生尾の再生に働く, 中村 誠,吉田和史,高橋恵理,森山侑夏,Marcin Wlizla,Marko Horb,竹林公子,鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2020年03月, 通常, 日本語
  15. ネッタイツメガエル幼生尾の再生過程におけるAP-1ファミリーとClk2の役割, 森山侑夏,中村 誠,高橋恵理,竹林公子,鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2020年03月, 通常, 日本語
  16. The autism-related gene cdc-like kinase 2 (clk2) promotes early neural development via modulation of morphogen signals in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 招待, 英語
  17. The autism-related gene cdc-like kinase 2 (clk2) promotes early neural development via modulation of morphogen signals in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 通常, 英語
  18. 切断ストレスによって誘導されたJunB 転写因子は細胞分裂を促進してツメガエル幼生尾の再生に働く, 中村 誠,吉田和史,高橋恵理,Marko Horb,竹林公子,鈴木 厚, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 通常, 英語
  19. ネッタイツメガエルを用いた遺伝学・ゲノム科学リソース基盤の形成とその活用, 鈴木菜花,井川 武,鈴木 誠,柏木昭彦,柏木啓子,古野伸明,田澤一朗,高瀬 稔,三浦郁夫,鈴木 厚,花田秀樹,中島圭介,彦坂 暁,越智陽城,加藤尚志,森 司,荻野 肇, 第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月, 招待, 日本語
  20. Functional analysis of the JunB transcription factor in tail regeneration by CRISPR-induced compound heterozygous mutants, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Eri Takahashi, Marcin Wlizla, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Marko E. Horb and Atsushi Suzuki, 2019 Xenopus Resources and Emerging Technologies (XRET) Meeting, 2019年10月, 招待, 英語
  21. The autism-related gene cdc-like kinase 2 (clk2) promotes early neural development via modulation of morphogen signals in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, 岡田麻耶, 竹林公子, 吉田和史, 中村 誠, 赤尾 元, 吉元雄太, Fatchiyah Fatchiyah, 上野直人, 鈴木 厚, 第13回日本ツメガエル研究集会, 2019年09月, 通常, 英語
  22. The autism-related gene cdc-like kinase 2 (clk2) promotes early neural development via modulation of morphogen signals in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第52回発生生物学会大会, 2019年05月, 通常, 英語
  23. Coordinated regulation of the dorsal–ventral and anterior–posterior axes in Xenopus embryo by Biz/Zbtb14 and its associated protein Bap, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Misa Uchida, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Atsushi Suzuki, 第52回発生生物学会大会, 2019年05月, 通常, 英語
  24. The autism-related gene cdc-like kinase 2 (clk2) promotes early neural development via modulation of morphogen signals in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第52回発生生物学会大会, 2019年05月, 通常, 英語
  25. 胚発生初期に背腹と頭尾のパターン形成を統合する分子機構, 竹林公子、内田実沙、鈴木 厚, 2019年度 生物系三学会中国四国支部大会 広島大会, 2019年05月, 通常, 日本語
  26. ネッタイツメガエル幼生尾の再生過程におけるJunB転写因子の機能解析, 中村 誠、吉田和史、高橋恵理、Marko Horb、竹林公子、鈴木 厚, 2019年度 生物系三学会中国四国支部大会 広島大会, 2019年05月, 通常, 日本語
  27. ツメガエル胚の体軸形成におけるbap 遺伝子の機能解析, 竹林公子、内田実沙、吉田和史、中村 誠、鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2019年03月, 通常, 日本語
  28. Neural specific kinase (Nsk) promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Yuta Yoshimoto, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2019年03月, 通常, 日本語
  29. ネッタイツメガエルの尾部幹細胞領域と組織再生におけるAP-1 family遺伝子の機能解析, 中村 誠、吉田和史、高橋恵理、Marko Horb、竹林公子、鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2019年03月, 通常, 日本語
  30. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 通常, 日本語
  31. AP-1 family遺伝子による尾部幹細胞領域と組織再生の制御機構の解析, 中村 誠、吉田和史、Marko Horb、竹林公子、鈴木 厚, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 通常, 日本語
  32. 胚発生初期に背腹と頭尾のパターン形成を統合する分子機構, 竹林公子、内田実沙、鈴木 厚, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 通常, 日本語
  33. ツメガエル胚の体軸形成におけるbap 遺伝子の機能解析, 内田 実沙、竹林 公子、鈴木 厚, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 通常, 日本語
  34. ネッタイツメガエルを用いた遺伝学・ゲノム科学リソース基盤の形成とその活用, 井川 武、柏木昭彦、柏木啓子、古野伸明、鈴木菜花、田澤一朗、高瀬 稔、三浦郁夫、鈴木 厚、花田秀樹、中島圭介、彦坂 暁、越智陽城、加藤尚志、佐藤 圭、森 司、荻野 肇, 第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月, 通常, 日本語
  35. 胚発生初期に背腹と頭尾のパターン形成を統合する分子機構, 竹林公子、内田実沙、鈴木 厚, 第12回日本ツメガエル研究集会 第4回次世代両生類研究会 合同シンポジウム, 2018年09月, 通常, 日本語
  36. AP-1 family遺伝子による尾部幹細胞領域と組織再生の制御機構の解析, 中村 誠、吉田和史、Marko Horb、竹林公子、鈴木 厚, 第12回日本ツメガエル研究集会 第4回次世代両生類研究会 合同シンポジウム, 2018年09月, 通常, 日本語
  37. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第12回日本ツメガエル研究集会 第4回次世代両生類研究会 合同シンポジウム, 2018年09月, 通常, 日本語
  38. ネッタイツメガエル系統の遺伝的関係と近交度について, 井川 武、柏木昭彦、柏木啓子、鈴木菜花、渡辺 愛、鈴木 厚、Anna Noble、David E. Simpson、Marko E. Horb, Tamotsu Fujii、住田正幸、荻野 肇, 第12回日本ツメガエル研究集会 第4回次世代両生類研究会 合同シンポジウム, 2018年09月, 通常, 日本語
  39. Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the BTB/POZ zinc finger protein Zbtb14, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Misa Uchida and Atsushi Suzuki, 17th International Xenopus Conference, 2018年08月, 招待, 英語
  40. The launching of Amphibian Research Center (ARC) at Hiroshima University as the core facility of Xenopus resource in Japan, Hajime Ogino and Atsushi Suzuki, 17th International Xenopus Conference, 2018年08月, 招待, 英語
  41. neural specific kinase (nsk) promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 17th International Xenopus Conference, 2018年08月, 通常, 英語
  42. The role of AP-1 family genes in the caudal stem zone and tissue regeneration in Xenopus tropicalis, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Marko Horb, Kimiko Takebayashi-Suzuki and Atsushi Suzuki, 17th International Xenopus Conference, 2018年08月, 通常, 英語
  43. Geneolgy and pedigrees of inbreeding strains of Xenopus tropicalis, Takeshi Igawa, Akihiko Kashiwagi, Keiko Kashiwagi, Nanoka Suzuki, Ai Watanabe, Atsushi Suzuki, Anna Noble, Matt Guille, David E. Simpson, Marko E. Horb, Tamotsu Fujii, Masayuki Sumida, Hajime Ogino, 17th International Xenopus Conference, 2018年08月, 通常, 英語
  44. Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the BTB/POZ zinc finger protein Zbtb14, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Misa Uchida and Atsushi Suzuki, 第51回発生生物学会大会, 2018年06月, 招待, 英語
  45. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第51回発生生物学会大会, 2018年06月, 通常, 英語
  46. Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the BTB/POZ zinc finger protein Zbtb14, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Misa Uchida and Atsushi Suzuki, 第51回発生生物学会大会, 通常, 英語
  47. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, Hiroshima University International Symposium: Amphibian development, regeneration, evolution and beyond, 2018年03月13日, 通常, 英語
  48. Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the BTB/POZ zinc finger protein, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Misa Uchida and Atsushi Suzuki, Hiroshima University International Symposium: Amphibian development, regeneration, evolution and beyond, 2018年03月13日, 通常, 英語
  49. The role of AP-1 family genes in the caudal stem zone and tissue regeneration in Xenopus tropicalis, Makoto Nakamura, Hitoshi Yoshida, Kimiko Takebayashi-Suzuki and Atsushi Suzuki, International Symposium: Amphibian development, regeneration, evolution and beyond, 2018年03月13日, 通常, 英語
  50. 胚発生初期に背腹と頭尾のパターン形成を統合する分子機構, 竹林公子, 内田実沙, 鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2018年03月08日, 通常, 英語
  51. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, 岡田麻耶, 竹林公子, 吉田和史, 中村 誠, 赤尾 元, Fatchiyah Fatchiyah, 上野直人, 鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2018年03月08日, 通常, 英語
  52. JunB転写因子による尾部幹細胞領域と組織再生の制御機構, 中村 誠, 吉田和史, 竹林公子, 鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2018年03月08日, 通常, 英語
  53. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 英語, 神戸
  54. AP-1 family遺伝子による尾部幹細胞領域と組織再生の制御機構, 中村 誠、吉田和史、岡田麻耶、竹林公子、鈴木 厚, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 英語, 神戸
  55. ツメガエルの体軸形成におけるbap遺伝子の機能解析, 内田 実沙、竹林 公子、鈴木 厚, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 英語, 神戸
  56. ネッタイツメガエルを用いた遺伝学・ゲノム科学的リソース基盤の形成とその活用, 井川 武、柏木昭彦、柏木啓子、古野伸明、田澤一朗、中島圭介、鈴木 厚、越智陽城、加藤尚志、荻野 肇, 第40回日本分子生物学会年会, 2017年12月, 通常, 日本語, 神戸
  57. JunB is required for tail elongation and Development of new method for construction of mutant lines., Yoshida H, Nakamura M, Takebayashi-Suzuki K, Suzuki A and Horb ME, Institute Guest Seminar at Gurdon Institute, 2017年10月23日, 招待, 英語, Gurdon Institute, UK
  58. AP-1 family遺伝子による尾部幹細胞領域と組織再生の制御機構, 中村 誠、吉田和史、岡田麻耶、竹林-鈴木公子、鈴木 厚, 第11回日本ツメガエル研究集会, 2017年09月, 通常, 日本語
  59. Xenopus Resources and Emerging Technologies (XRET) meeting, Aug. 26-29, 2017の報告, 鈴木 厚, 第11回日本ツメガエル研究集会, 2017年09月, 招待, 日本語
  60. ツメガエル研究を支援する第4期NBRP事業の紹介, 荻野 肇, 井川 武, 柏木昭彦, 柏木啓子, 鈴木 厚, 古野伸明, 高瀬 稔, 三浦郁夫, 花田秀樹, 田澤一朗, 中島圭介, 倉林 敦, 彦坂 暁, 加藤尚志, 佐藤 圭, 森 司, 越智陽城, 日本ツメガエル研究集会, 2017年09月, 招待, 日本語
  61. The launching of Amphibian Research Center (ARC) at Hiroshima University as the core facility of Xenopus resource in Japan, Hajime Ogino and Atsushi Suzuki, Xenopus Resources and Emerging Technologies (XRET) meeting, 2017年08月, 招待, 英語
  62. NBRPネッタイツメガエルを用いた遺伝学・ゲノム科学リソース基盤の形成とその活用, 井川 武、柏木昭彦、柏木啓子、鈴木 厚、高瀬 稔、中島圭介、越智陽城、加藤尚志、森 司、荻野 肇, 第40回日本神経科学大会, 2017年07月, 通常, 日本語
  63. Establishment of the body plan and tail elongation via integration of morphogen signaling, Atsushi Suzuki, Institute seminar at Institute of Medical Sciences, University of Aberdeen, UK, 2017年06月, 招待, 英語
  64. JunBは複数のモルフォゲンシグナルを統合することによりツメガエルの尾部伸長と尾芽幹細胞領域を制御す る, Hitoshi Yoshida, Makoto Nakamura, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Naoto Ueno, Atsushi Suzuki, 第50回発生生物学会大会, 2017年05月, 通常, 英語
  65. Neural specific kinase promotes early neural development in Xenopus embryos, Nusrat Jahan, Regina Putri Virgirinia, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Maya Okada, Hitoshi Yoshida, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第50回発生生物学会大会, 2017年05月, 通常, 英語
  66. Coordinated regulation of the dorsal-ventral and anterior-posterior patterning of Xenopus embryos by the zinc finger protein Biz, 竹林公子、鈴木 厚,  ⽇本動物学会中国四国⽀部・広島県例会, 2017年03月09日, 通常, 英語
  67. Analysis of the function of bap gene during Xenopus body axis formation, 内田実沙、竹林公子、吉田和史、鈴木 厚,  ⽇本動物学会中国四国⽀部・広島県例会, 2017年03月09日, 通常, 英語
  68. Neural specific kinase promotes early neural formation in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki,  ⽇本動物学会中国四国⽀部・広島県例会, 2017年03月09日, 通常, 英語
  69. Analysis of the AP-1 family during tail formation and regeneration, 中村 誠、吉田和史、竹林公子、鈴木 厚, ⽇本動物学会中国四国⽀部・広島県例会, 2017年03月09日, 通常, 英語
  70. 尾芽幹細胞領域の形成と脊髄の再生におけるJunBの機能解析, 吉田和史、岡田麻耶、中村 誠、竹林公子、上野直人、鈴木 厚, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 通常, 日本語
  71. Neural specific kinase promotes early neural formation in Xenopus embryos, Regina Putri Virgirinia, Nusrat Jahan, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hitoshi Yoshida, Hajime Akao, Fatchiyah Fatchiyah, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 通常, 英語
  72. NBRP「ネッタイツメガエル」:生物医学研究の発展に役立つモデル動物ネッタイツメガエル, 柏木昭彦, 柏木啓子, 花田秀樹, 鈴木 厚, 竹林公子, 古野伸明, 田澤一朗, 倉林 敦, 中島圭介, 鈴木賢一, 山本 卓, 第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月, 通常, 日本語
  73. JunB regulates tail formation that requires multiple morphogen signals, Yoshida, H., Takebayashi-Suzuki, K., Suzuki, A., Institute Guest Seminar at National Xenopus Resource (NXR), 2016年11月07日, 招待, 英語, Marine Biological Laboratory, Woods Hole, U.S.A.
  74. Resource Centers, Matt Guille, Marko Horb and Atsushi Suzuki, 16th International Xenopus Conference and Xenopus PI meeting, Greece, 2016年09月, 招待, 英語
  75. National BioResource Project (NBRP) for Xenopus: recent developments at the Asian hub for the international Xenopus research community, Atsushi Suzuki, Keiko Kashiwagi, Hideki Hanada, Nobuaki Furuno, Ichiro Tazawa, Atsushi Kurabayashi, Keisuke Nakajima, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Takeshi Igawa, Masayuki Sumida, Hitoshi Yoshida, Shigeru Murakami, Kunihiko Oriha, Takako Mido, Mitsuru Masumoto, Kanako Kawaguchi, Akari Miura, and Akihiko Kashiwagi, 16th International Xenopus Conference and Xenopus PI meeting, Greece, 2016年09月, 通常, 英語
  76. A role of JunB proto-oncogene in tailbud induction and tail regeneration during early Xenopus embryogenesis, H Yoshida, M Okada, K Takebayashi-Suzuki, N Ueno, A Suzuki, 16th International Xenopus Conference, 2016年08月, 通常, 英語
  77. A Role of JunB Proto-Oncogene in Tail Formation and Morphogen Signal Integration during Early Xenopus Embryogenesis, Atsushi Suzuki, Hitoshi Yoshida, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Naoto Ueno, International Meeting on Aquatic Model Organisms for Human Disease and Toxicology Research, 2016年03月18日, 通常, 英語
  78. Xenopus laevis全ゲノム解析:モデル両生類のゲノム進化におけるTGF-betaシグナル伝達経路のユニークな変化とその生物学的意義, 鈴木 厚, 第 38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 通常, 日本語
  79. Xenopus laevis全ゲノム解析: 異質四倍体ゲノムの全貌とサブゲノム, 第 38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 通常, 日本語
  80. Xenopus laevis全ゲノム解析: アフリカツメガエルの siamois ファミリー遺伝子クラスターについての解析, 第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 通常, 日本語
  81. ネッタイツメガエルを用いた最近の研究, 柏木昭彦, 柏木啓子, 花田秀樹, 鈴木 厚, 竹林公子, 古野伸明, 田澤一朗, 倉林 敦, 中島圭介, 鈴木賢一, 山本 卓, 第38回日本分子生物学会, 2015年12月, 通常, 英語
  82. National BioResource Project (NBRP) for Xenopus: recent developments at the Asian hub for the international Xenopus research community, Atsushi Suzuki, Xenopus PI meeting 2015, 2015年09月28日, 招待, 英語, Marko Horb (Marine Biological Laboratory) Brian Mitchell (Northwestern University) Laura Anne Lowery (Boston College), Woods Hole, USA
  83. 複数のモルフォゲンシグナルを統合する新奇尾部誘導因子の解析, 吉田和史、岡田麻耶、竹林公子、上野直人、鈴木 厚, 第9回日本ツメガエル研究集会, 2015年09月15日, 通常, 日本語
  84. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 第9回日本ツメガエル研究集会, 2015年09月, 招待, 日本語
  85. 生命科学研究における近交系ネッタイツメガエルの有用性, 柏木昭彦 , 柏木啓子 , 花田秀樹 , 鈴木賢一 , 鈴木 厚 , 竹林公子, 倉林 敦 , 中島圭介 , 田澤一朗 , 井川武 , 古野伸明 , 山本 卓 , 住田正幸, 次世代両生類研究会2015, 2015年08月25日, 通常, 英語
  86. ツメガエル類に関するさまざまな実験例, 柏木昭彦 , 柏木啓子 , 花田秀樹 , 鈴木賢一 , 鈴木 厚 , 竹林公子 , 倉林敦 , 中島圭介 , 田澤一朗 , 井川武 , 古野伸明 , 山本卓 , 住田正幸, 次世代両生類研究会2015, 2015年08月25日, 通常, 英語
  87. ネッタイツメガエルの系統における遺伝的関係と近交度について, 井川 武 , 渡辺 愛 , 鈴木 厚 , 柏木昭彦 , 柏木啓子 , Anna Noble , Matt Guille , David E. Simpson , Marko E. Horb , 藤井 保 , 住田正幸, 次世代両生類研究会2015, 2015年08月25日, 通常, 英語
  88. アフリカツメガエル(Xenopus laevis)のゲノム解析と異質倍数体におけるゲノム進化, 鈴木 厚, 新学術ゲノム支援「2015年度拡大班会議」, 2015年08月, 招待, 日本語
  89. ゲノム・遺伝子から見た発生の仕組みとナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 兵庫県赤穂市立有年中学校, 2015年08月, 招待, 日本語
  90. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 第48回日本発生生物学会・日本ツメガエル研究会総会, 2015年06月, 招待, 日本語
  91. モルフォゲンシグナルの統合に働く新しい尾部オーガナイザー因子の同定と解析, Hitoshi Yoshida, Maya Okada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Naoto Ueno and Atsushi Suzuki, 第48回日本発生生物学会, 2015年06月04日, 通常, 日本語
  92. 学振・ポスドク申請書を書く前にやっておくべきこと、およびナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル技術講習会, 鈴木 厚, 生化学若い研究者の会 中四国支部 生命科学 春セミナー, 2015年05月, 招待, 日本語
  93. 胚発生初期に背腹と頭尾のパターン形成が調和するしくみ, 竹林公子、小西秀典、吉田和史、岡田麻耶、鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2015年03月03日, 通常, 日本語
  94. モルフォゲンシグナルの統合に働く新しい尾部オーガナイザー因子の同定と解析, 吉田和史、岡田麻耶、竹林公子、上野直人、鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2015年03月03日, 通常, 日本語
  95. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 第9回XCIJ-MA・第8回日本ツメガエル研究会ジョイント研究集会, 2014年11月28日, 招待, 日本語
  96. 神経形成に関わるXOct-25転写因子の下流因子の解析, 吉田和史、岡田麻耶、竹林公子、上野直人、鈴木 厚, 第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月25日, 通常, 日本語
  97. 近交系ネッタイツメガエルを用いた生命科学, 柏木昭彦・柏木啓子・花田秀樹・鈴木賢一・鈴木 厚・竹林公子・古野伸明・田澤一朗・倉林 敦・中島圭介・小林里美・竹中純子・杉原麻美・山本 卓・住田正幸, 第37回日本分子生物学会におけるナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP) ポスター展示, 2014年11月, 通常, 日本語
  98. 次世代モデルリソース・ネッタイツメガエル7系統における近交度及び遺伝的関係, 渡辺 愛・井川 武・柏木昭彦・鈴木 厚・倉林 敦・藤井 保・住田正幸, 日本爬虫両棲類学会 第53回大会, 2014年11月, 通常, 日本語
  99. 重要な実験動物─ツメガエル, 柏木昭彦・柏木啓子・花田秀樹・鈴木賢一・鈴木 厚・古野伸明・田澤一朗・倉林 敦・ 中島圭介・竹林公子・小林里美・竹中純子・杉原麻美・山本 卓・住田正幸, 第85回日本動物学会仙台大会におけるナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)ポスター展示動物学ひろば, 通常, 日本語
  100. アフリカツメガエル(Xenopus laevis)のゲノム解析と異質倍数体におけるゲノム進化, 鈴木 厚, 新学術ゲノム支援「2014年度拡大班会議」, 2014年08月, 招待, 日本語
  101. National BioResource Project for Xenopus: the Asian hub for the international Xenopus research community, Atsushi Suzuki, 15th International Xenopus Conference Asilomar Conference Center in Pacific Grove, California., 2014年08月, 招待, 英語
  102. ゲノム・遺伝子から見た発生の仕組みとナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 兵庫県赤穂市立有年中学校, 2014年08月, 招待, 日本語
  103. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 第47回日本発生生物学会・日本ツメガエル研究会総会, 2014年05月, 招待, 日本語
  104. 高品質な近交系ネッタイツメガエルを用いた生物学の研究, 柏木昭彦・柏木啓子・花田秀樹・鈴木賢一・鈴木 厚・古野伸明・田澤一朗・倉林 敦・中島圭介・竹林公子・小林里美・竹中純子・杉原麻美・山本 卓・住田正幸, 第61回日本実験動物学会総会,第48回日本実験動物学会技術者協会総会 日本動物科学技術さっぽろ2014におけるナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)ポスター展示, 2014年05月, 通常, 日本語
  105. International Xenopus Resource Network and Educational Activities at Institute for Amphibian Biology, Atsushi Suzuki, Akihiko Kashiwagi, Keiko Kashiwagi, Hideki Hanada, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Ichiro Tazawa, Nobuaki Furuno, Atsushi Kurabayashi, Satomi Kobayashi, Junko Takenaka, Yuuna Tamaki, Takeshi Igawa, Takeshi Uto, Chiyo Nanba, Ai Watanabe, Hitoshi Yoshida, Aki Shimada, and Masayuki Sumida, International symposium “Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Species Conservation and Genome Editing”, 2014年03月27日, 通常, 英語
  106. Establishment of vertebrate body plan via coordinated regulation of dorsal-ventral and anterior-posterior patterning during early Xenopus embryogenesis, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Hidenori Konishi and Atsushi Suzuki, International symposium “Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Species Conservation and Genome Editing”, 2014年03月27日, 通常, 英語
  107. アフリカツメガエル尾芽胚の組織形成に対するスペルミンの影響, 吉田和史,近藤剛士,五十嵐一衛, 竹林公子,鈴木 厚,塩川光一郎, 日本ポリアミン学会第5回年会, 2014年01月23日, 通常, 日本語
  108. ネッタイツメガエルの近交化・標準系統の樹立・提供, 柏木昭彦,柏木啓子,花田秀樹,鈴木賢一,鈴木 厚,竹林公子,倉林 敦,中島圭介, 田澤一朗,井川 武,小林里美,竹中純子,玉城ゆうな ,古野伸明,山本 卓,住田正幸, 第36回日本分子生物学会, 2013年12月, 通常, 日本語
  109. ゲノム・遺伝子から見た発生の仕組み, 鈴木 厚, 広島市安佐北中学・高等高校 広島市立高等学校公開研究授業, 2013年10月, 招待, 日本語
  110. Molecular mechanisms of frog embryogenesis and its applications to understanding human diseases and advancement of regenerative medicine, 鈴木 厚, International Interdisciplinary Studies Seminar (IISS IV), Brawijaya University, Indonesia, 2013年10月25日, 招待, 英語
  111. Molecular mechanisms of mesoderm and neural induction and its applications to advancement of regenerative medicine, 鈴木 厚, Biology department lecture, Brawijaya University, Indonesia, 2013年10月24日, 招待, 英語
  112. 背腹軸と頭尾軸の統合的制御によるボディープラン形成と形態多様化のメカニズム, 鈴木 厚、竹林公子, 第7回日本ツメガエル研究集会, 2013年09月24日, 通常, 日本語
  113. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエルの現況、およびXenopus PI meetingの報告, 鈴木 厚, 第7回日本ツメガエル研究集会, 2013年09月, 招待, 日本語
  114. 動物学ひろば:ツメガエルを知っていますか?, 柏木昭彦,柏木啓子,花田秀樹,田澤一朗,小林里美,竹中純子,鈴木 厚,竹林公子, 古野伸明,倉林 敦,中島圭介,住田正幸, 第84回日本動物学会, 2013年09月, 通常, 日本語
  115. National BioResource Project (NBRP) for Xenopus: Asian hub for the international Xenopus research community, 鈴木 厚, Xenopus PI meeting, Woods Hole Marine Biological Laboratory, USA, 2013年08月, 招待, 英語
  116. ゲノム・遺伝子から見た発生の仕組み, 鈴木 厚, 広島市教育センター・高等学校教科教育専門研修Ⅱ, 2013年07月, 招待, 日本語
  117. ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエルの現況, 鈴木 厚, 第46回 日本発生生物学会・日本ツメガエル研究会総会, 2013年05月, 招待, 日本語
  118. Establishment of vertebrate body plan via coordinated regulation of dorsal-ventral and anterior-posterior patterning and developmental canalization, 第46回日本発生生物学会, 2013年05月30日, 通常, 日本語
  119. 新しい実験動物としてのネッタイツメガエル, 柏木昭彦,鈴木 厚,古野伸明,柏木啓子,花田秀樹,田澤一朗,倉林 敦,中島圭介, 竹林公子,小林里美,竹中純子,住田正幸, 第60回日本実験動物学会, 2013年05月, 通常, 日本語
  120. 第3期ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル, 鈴木 厚, 第6回日本ツメガエル研究集会, 2012年07月, 招待, 日本語
  121. 遺伝子から見た身体を作る仕組み, 鈴木 厚, 広島県ノートルダム清心高等学校, 2012年06月, 招待, 日本語
  122. The forkhead transcription factor FoxB1 mediates body axis coordination and developmental canalization during early Xenopus embryogenesis, 鈴木 厚, 英国MRC National Institute for Medical Research, London, United Kingdom・研究所セミナー, 2012年04月, 招待, 英語
  123. ゲノム・遺伝子から見た発生の仕組み, 鈴木 厚, 広島県高等学校教育研究会理科部会・講演会講師, 2012年03月15日, 招待, 日本語, 広島市
  124. FoxB1によるボディープランの制御と神経誘導の保証機構, 鈴木 厚, 日本発生生物学会 秋期シンポジウム2011, 2011年12月, 招待, 日本語
  125. 誘導シグナル応答能の時空間制御の観点から発生を理解する, 鈴木 厚, 日本動物学会中国四国支部・広島県例会, 2008年03月08日, 招待, 日本語
  126. 胚発生を司る誘導シグナルと細胞応答の時空間制御, 鈴木 厚, 広島大学 生命秩序の再構築プロジェクト研究センター・講演会, 2008年01月18日, 招待, 日本語
  127. 誘導シグナル応答能の時空間制御の観点から発生を理解する, 鈴木 厚, 日本発生生物学会・秋季シンポジウム, 2007年11月, 招待, 日本語
  128. 胚誘導とコンピテンス, 鈴木 厚, 文部科学省科学研究費補助金・特定領域研究「発生システムのダイナミクス」終了シンポジウム, 2006年09月, 招待, 日本語
  129. The Xenopus POU class V transcription factor XOct-25 inhibits ectodermal competence to respond to bone morphogenetic protein-mediated embryonic induction, 11th International Xenopus Conference, 2006年09月, 招待, 英語
  130. 癌抑制経路p53とTGF-βの協調機構およびTGF-βに対する応答能の制御機構, 2006年旭硝子財団助成・研究発表会, 2006年07月03日, 招待, 日本語
  131. 胚葉形成の分子生物学~細胞が、どのように細胞外シグナルを感じるか?~, 鈴木 厚, 第10回 広島大学・生命科学フォーラム, 2005年06月27日, 招待, 日本語
  132. Interplay between the tumor suppressor p53 and TGF-beta signaling shapes embryonic body axes in Xenopus., 鈴木 厚, The HFSP 15th Anniversary- Fourth Awardees Annual Meeting, 2004年05月, 招待, 英語
  133. アフリカツメガエルp53転写因子はTGF-betaシグナルと協調して体軸形成を制御する, 鈴木 厚, 第26回日本分子生物学会年会、シンポジウム「脊椎動物初期発生における形態形成の分子メカニズム」, 2003年12月10日, 招待, 日本語
  134. Interplay between the tumor suppressor p53 and TGF-beta signaling shapes embryonic body axes in Xenopus., 鈴木 厚, Gordon Research Conference “Developmental Biology”, 2003年06月, 招待, 英語
  135. Xenopus embryonic E2F is required for the formation of ventral and posterior cell fates during early embryogenesis., 鈴木 厚, 8th International Xenopus Conference, Colorado, USA, 2000年08月, 招待, 英語
  136. Embryonic E2F determines posterior fate during early Xenopus embryogenesis., 鈴木 厚, 7th International Xenopus Conferenc, Sardena, Italy, 1998年09月, 招待, 英語
  137. The role of BMP on dorsoventral patterning of Xenopus embryos., 鈴木 厚, Department of Molecular and Cell Biology, University of California, Berkeley, Guest Seminar, 1995年04月17日, 招待, 英語
  138. A truncated BMP receptor affects dorsal/ventral patterning in the early Xenopus embryo., 鈴木 厚, 5th International Xenopus Conference, Doorwerth, Netherlands, 1994年06月, 招待, 英語

受賞

  1. 2016年12月, 優秀ポスター賞, 第39回日本分子生物学会年会
  2. 2013年11月, 日本学術振興会・科学研究費補助金審査委員表彰, 日本学術振興会
  3. 1995年, 井上科学振興財団 井上研究奨励賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 神経特異的キナーゼを介した神経形成と自閉症発症機構の解明, 2017年, 2019年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 2016年, 2018年
  3. 文部科学省外国人国費留学生(インドネシア)受け入れ, 2015年, 2017年
  4. 文部科学省外国人国費留学生(バングラディシュ)受け入れ, 2015年, 2018年
  5. 基礎生物学研究所 共同利用研究 個別共同利用研究, Xenopus laevis ゲノムプロジェクト完成に向けたFISH解析およびBACライブラリーの効率的な利用に向けた検討, 2015年, 2015年
  6. 基礎生物学研究所 共同利用研究 個別共同利用研究, Xenopus laevis ゲノムプロジェクト完成に向けたFISH解析およびBACライブラリーの効率的な利用に向けた検討, 2014年, 2014年
  7. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト, ネッタイツメガエルの近交化・標準系統の樹立・提供, 2012年, 2016年
  8. 科学研究費助成事業(新学術領域研究(研究課題提案型)), 細胞分化における遺伝子発現のゆらぎとその制御, 2008年, 2010年
  9. 内藤記念科学財団・内藤記念科学奨励金, 2004年
  10. 上原記念生命科学財団・研究奨励金, 2003年, 2004年
  11. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 体軸形成過程におけるp53転写因子の機能解析, 2002年, 2003年
  12. 日本学術振興会特別研究員(PD)・受け入れ, 2002年, 2005年
  13. 科学研究費助成事業(特定領域研究(A)), 体軸形成を制御するxE2F転写因子の活性制御機構, 2001年, 2001年
  14. 広島大学後援会・サタケ教育研究助成金, 2001年
  15. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), E2F転写因子によるホメオボックス遺伝子の発現制御機構, 2000年, 2001年
  16. 実吉奨学会・研究助成金, 2000年, 2002年
  17. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 神経誘導の保証機構に働く遺伝子ネットワークの解明, 2013年, 2015年
  18. 日本学術振興会特別研究員(PD)受け入れ, 2008年
  19. 日本学術振興会特別研究員(RPD)受け入れ, 2007年, 2008年
  20. 広島大学特別研究員・受け入れ, 2007年, 2008年
  21. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 骨形成タンパク質に対する応答能の制御機構, 2006年, 2007年
  22. 広島大学特別研究員・受け入れ, 2006年
  23. 科学研究費助成事業(特定領域研究), p53転写因子とTGF-βシグナルの協調作用による細胞分化制御, 2004年, 2005年
  24. 科学研究費助成事業(特定領域研究), 骨形成タンパク質シグナルを抑制する遺伝子の単離と機能解析, 2004年, 2005年
  25. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 新奇Rhoファミリータンパク質による頭部形成の制御機構の解析, 2004年, 2005年
  26. 旭硝子財団・奨励研究, 2004年, 2005年
  27. 東和科学株式会社・奨学寄付金, 2000年
  28. 広島県産業技術振興機構・受託研究費, 2000年, 2001年
  29. 持田記念医学薬学振興財団・学術研究助成金, 2000年
  30. 精神神経・血液医薬振興財団, 2000年
  31. Human Frontier Science Program Long-Term Fellowships, 1996年, 1998年
  32. 日本学術振興会・特別研究員奨励費(PD・海外), 1996年
  33. 上原記念生命科学財団・海外留学助成, 1995年
  34. 内藤医学研究振興財団 海外留学費助成, 1995年
  35. 井上科学振興財団 井上研究奨励賞 助成金, 1995年
  36. 山田科学振興財団 短期派遣援助, 1995年
  37. 中山科学振興財団 海外渡航助成, 1995年
  38. 日本学術振興会・特別研究員奨励費(DC/PD・国内), 1994年, 1996年
  39. 帝人奨学会 久村奨学金, 1990年, 1994年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 日本ツメガエル研究会・世話人会委員, 2015年, 2020年
  2. 国際ツメガエルデータベース(Xenbase) ツメガエル遺伝子命名委員会(Xenopus Gene Nomenclature Committee)委員, 2014年, 2020年
  3. 日本ツメガエル研究集会・組織委員, 2007年, 2020年
  4. エデュパーク(科学学習塾)学習成果発表会審査員, 2020年01月
  5. 非常勤講師, 2019年10月, 名古屋大学医学部
  6. エデュパーク(科学学習塾)学習成果発表会審査員, 2019年01月
  7. 第41回日本分子生物学会年会 ポスターディスカッサー, 2018年11月
  8. 第51回日本発生生物学会大会・座長, 2018年06月, 2018年06月, 日本発生生物学会
  9. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル 課題管理協力者, 2012年, 2022年
  10. Hiroshima University International Symposium- -Amphibian development, regeneration, evolution and beyond  座長, 2018年03月
  11. エデュパーク(科学学習塾)学習成果発表会審査員, 2018年01月
  12. 非常勤講師 「発生学」, 2017年10月, 2018年03月, 名古屋大学医学部
  13. 第11回日本ツメガエル研究集会・座長, 2017年09月
  14. 第50回日本発生生物学会大会・座長, 2017年
  15. 第50回発生生物学会大会・一般演題セッションコーディネーター, 2017年01月, 2017年05月
  16. 非常勤講師 「発生学」, 2016年10月, 2017年03月, 名古屋大学医学部
  17. エデュパーク(科学学習塾)学習成果発表会審査員, 2017年01月
  18. 国際ツメガエルゲノムプロジェクト・プロジェクトリーダーシップメンバー, 2012年, 2016年
  19. 日本ツメガエルゲノムプロジェクト・ワーキンググループ委員 (ゲノム配列決定グループリーダーメンバー、RNA-seq解析グループリーダー、遺伝子モデルグループリーダー), 2009年, 2016年
  20. 近畿大学工学部 学部生に対するツメガエル受精実験と講義の指導, 2016年06月, 2016年07月
  21. エデュパーク(科学学習塾)学習成果発表会審査員, 2016年01月
  22. 非常勤講師 「発生学」, 2015年10月, 2016年03月, 名古屋大学医学部
  23. 近畿大学工学部 学部生に対するツメガエル受精実験と講義の指導, 2015年06月, 2015年07月
  24. 非常勤講師 「発生学」, 2014年10月, 2015年03月, 名古屋大学医学部
  25. 近畿大学工学部 学部生に対するツメガエル受精実験と講義の指導, 2014年06月, 2014年07月
  26. 特別講師, 2013年10月, 2013年10月, ブラビジャヤ大学(Universitas Brawijaya)、インドネシア (Indonesia)
  27. 非常勤講師 「発生学」, 2013年10月, 2014年03月, 名古屋大学医学部
  28. 三重県立松阪高校 キャリア教育と理数科課題研究指導, 2013年07月, 2013年07月
  29. 第一学習社編集部(生物)・高等学校教科書に関する助言, 2013年07月, 2013年07月
  30. 14th International Xenopus Conference, France, ポスター賞選考委員, 2012年09月, 2012年09月
  31. 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 (審査委員), 2012年
  32. 非常勤講師 「発生学」, 2012年10月, 2013年03月, 名古屋大学医学部
  33. 米国Department of Cell, Developmental and Integrative Biology at the University of Alabama at Birmingham ・教授選考業績評価委員, 2012年
  34. 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員 (審査委員), 2011年
  35. 非常勤講師 「発生学」, 2011年10月, 2012年03月, 名古屋大学医学部
  36. 非常勤講師 「発生学」, 2010年10月, 2011年03月, 名古屋大学医学部
  37. 第32回日本分子生物学会年会 ディスカッサー, 2009年
  38. 非常勤講師 「発生学」, 2009年10月, 2010年03月, 名古屋大学医学部
  39. 非常勤講師 「発生学」, 2008年10月, 2009年03月, 名古屋大学医学部
  40. 非常勤講師 「発生学」, 2007年10月, 2008年03月, 名古屋大学医学部
  41. 非常勤講師 「発生学」, 2006年10月, 2007年03月, 名古屋大学医学部
  42. 11th International Xenopus Conference 実行委員, 2006年
  43. 第39回発生生物学会大会・実行委員, 2006年
  44. 第37回発生生物学会大会・座長, 2004年
  45. 日本動物学会・中国四国支部・庶務役員, 2003年, 2004年
  46. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル 非生体リソース担当および責任者, 2012年, 2017年
  47. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル オープンラボ担当および責任者, 2012年, 2017年
  48. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル  実験技術講習会担当および責任者, 2012年, 2020年
  49. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル  国際連携担当および責任者, 2012年, 2020年
  50. 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル webフォーラム担当および運営責任者, 2012年, 2020年

学術会議等の主催

  1. 兵庫県赤穂市立有年中学校 「理科おもしろ実験教室」, 2019年08月
  2. 両生類研究センター特別セミナー, 2019年04月
  3. 両生類研究センター特別セミナー, 主催者, 2018年11月
  4. エデュパーク(科学学習塾) 2018エデュツアーにおける実験実習, 主催者
  5. 兵庫県赤穂市立有年中学校 「理科おもしろ実験教室」, 主催者, 2018年08月
  6. 両生類研究センター特別セミナー, 主催者, 2018年07月
  7. Hiroshima University International Symposium- -Amphibian development, regeneration, evolution and beyond, 2018年03月, 2018年03月
  8. 平成29年度(第6回) 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル実験技術講習会, オーガナイザー, 2018年03月
  9. エデュパーク(科学学習塾) 2017エデュツアーにおける実験実習, 主催者, 2017年10月
  10. 日本生物学オリンピック2017本選(広島大会)最先端研究室訪問における実験実習, 主催者, 2017年08月
  11. 兵庫県赤穂市立有年中学校 「理科おもしろ実験教室」, 主催者, 2017年08月
  12. 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター2017年度セミナー, 主催者, 2017年05月
  13. 平成28年度(第5回) 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル実験技術講習会, 主催者, 2017年03月
  14. 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター2016年度セミナー, 主催者, 2016年11月
  15. エデュパーク(科学学習塾) 2016エデュツアーにおける実験実習, 主催者, 2016年10月
  16. 兵庫県赤穂市立有年中学校 「理科おもしろ実験教室」, 主催者, 2016年08月
  17. 平成27年度 (第4回)文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル実験技術講習会, 主催者, 2016年03月
  18. 日本生物学オリンピック2015本選(広島大会)最先端研究室訪問における実験実習, 主催者, 2015年08月
  19. 兵庫県赤穂市立有年中学校 「理科おもしろ実験教室」, 主催者, 2015年08月
  20. エデュパーク(科学学習塾) 2015エデュツアーにおける実験実習, 主催者, 2015年11月
  21. 平成26年度(第3回) 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル実験技術講習会, 主催者, 2015年03月
  22. 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター2014年度第8回セミナー, 主催者, 2014年12月
  23. 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター2014年度第4回セミナー, 主催者, 2014年10月
  24. 兵庫県赤穂市立有年中学校 「理科おもしろ実験教室」, 主催者, 2014年08月
  25. 平成25年度(第2回) 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル実験技術講習会, 主催者, 2014年03月
  26. 高校教員研修会 「カエルの発生と中胚葉誘導・神経誘導」(講義・実験実習), 主催者, 2013年11月
  27. 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター2013年度第7回セミナー, 主催者, 2013年11月
  28. 細胞のかたちと機能プロジェクト研究センター2013年度第3回セミナー, 主催者, 2013年08月
  29. 日本生物学オリンピック2013本選(広島大会)最先端研究室訪問における実験実習, 主催者, 2013年08月
  30. 平成24年度(第1回) 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル実験技術講習会, 主催者, 2013年03月
  31. 日本生物学オリンピック2011本選(広島大会)最先端研究室訪問における実験実習, 主催者, 2011年08月
  32. 国泰寺高校SSHラボセミナー・実験実習, 主催者, 2010年
  33. 第3回日本ツメガエル研究集会, 主催者, 2009年
  34. 日本発生生物学会, 大会実行委員, 2006年05月
  35. 国際シンポジウム ”Symposium on Current Topics on Xenopus Research”, 主催者, 2005年

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学施設公開, 見てわかる遺伝子の働き、およびツメガエルゲノムプロジェクト(遺伝子機能を操作した胚と遺伝子発現を可視化した胚、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2019年/11月, 講師, 施設一般公開, 社会人・一般
  2. 第23回教材生物バザール, 2019年/05月, 講師, 教育関係者
  3. 両生類研究センター見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明), 2018年, 講師, 施設一般公開
  4. 広島大学施設公開, 見てわかる遺伝子の働き、およびツメガエルゲノムプロジェクト(遺伝子機能を操作した胚と遺伝子発現を可視化した胚、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2018年/11月, 講師, 施設一般公開, 社会人・一般
  5. 第22回教材生物バザール, 2018年/05月, 講師, その他, 教育関係者
  6. 両生類研究センター見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明), 2017年
  7. 広島大学施設公開, 見てわかる遺伝子の働き、およびツメガエルゲノムプロジェクト(遺伝子機能を操作した胚と遺伝子発現を可視化した胚、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2017年/11月, 2017年/11月, 講師, 施設一般公開, 社会人・一般
  8. 第21回教材生物バザール, 2017年/05月
  9. NHK「のど自慢」における研究機関紹介の収録, 2017年/03月, 取材協力, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  10. 両生類研究施設見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト 非生体リソース、オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明), 2016年
  11. 広島大学施設公開, ツメガエルゲノムプロジェクトと遺伝子の働き (ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル・非生体リソース、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2016年/11月
  12. RCCテレビ「街頭TV 出没!ひな壇団」における研究機関紹介の収録, 2016年/05月, 取材協力, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  13. 第20回教材生物バザール, 2016年/05月
  14. 理学研究科・広報委員(生物), 2016年, 2017年
  15. 広島大学施設公開, ツメガエルゲノムプロジェクトと遺伝子の働き (ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル・非生体リソース、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2015年/11月
  16. 両生類研究施設見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト 非生体リソース、オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明) 年間合計20回, 2015年
  17. 第19回教材生物バザール, 2015年/05月
  18. 広島大学施設公開, ツメガエルゲノムプロジェクトと遺伝子の働き (ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル・非生体リソース、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2014年/11月
  19. 両生類研究施設見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト 非生体リソース、オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明)   年間合計16回, 2014年
  20. 理学研究科・広報委員(生物), 2014年, 2015年
  21. 第18回教材生物バザール, 2014年/05月
  22. 広島大学施設公開, ツメガエルゲノムプロジェクトと遺伝子の働き (ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル・非生体リソース、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2013年/11月
  23. 両生類研究施設見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト 非生体リソース、オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明)   年間合計27回, 2013年
  24. 第17回教材生物バザール, 2013年/05月
  25. 広島大学施設公開, ツメガエルゲノムプロジェクトと遺伝子の働き (ナショナルバイオリソースプロジェクト・ネッタイツメガエル・非生体リソース、および国際ツメガエルゲノムプロジェクトの展示), 2012年/11月
  26. 両生類研究施設見学 (文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト 非生体リソース、オープンラボ、技術講習会および国際連携等の概要説明)   年間合計約20回, 2012年
  27. 理学研究科・広報委員(生物), 2012年, 2013年
  28. 第16回教材生物バザール, 2012年/05月
  29. 理学研究科・広報委員(生物), 2010年, 2011年
  30. 近畿大学学生へのミニ講義, 2018年/02月/07日, 2018年/02月/07日, 広島大学両生類研究センター, 講師, 研究指導, 大学生

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, The International Journal of Developmental Biology, 査読者, 2
  2. 2017年, Research Grants Council of Hong Kong, 査読者, 1
  3. 2017年, Proceedings of the National Academy of Sciences USA, 査読者, 2
  4. 2017年, Development, Growth and Differentiation, その他, 査読者, 4
  5. 2017年, the Journal of Visualized Experiments, 査読者
  6. 2016年, The International Journal of Developmental Biology, 査読者
  7. 2016年, Gene, 査読者, 1
  8. 2016年, Developmental Dynamics, 査読者, 2
  9. 2016年, Journal of Mathematical Fundamental Sciences, 査読者, 1
  10. 2016年, Zoological Science, 査読者, 2
  11. 2015年, The International Journal of Developmental Biology, 査読者, 2
  12. 2014年, The International Journal of Developmental Biology, 査読者, 2
  13. 2014年, Developmental Biology, 査読者, 3
  14. 2014年, PLOS ONE, 査読者
  15. 2014年, 日本学士院紀要 Proceedings of the Japan Academy, 査読者, 2
  16. 2014年, Zoological Science, 査読者
  17. 2013年, Genesis, 査読者, 2
  18. 2013年, The International Journal of Developmental Biology, 査読者, 3
  19. 2013年, DNA Research, 査読者, 2
  20. 2013年, Developmental Dynamics, 査読者
  21. 2013年, Development, Growth and Differentiation, 査読者
  22. 2012年, Development, Growth and Differentiation, 査読者
  23. 2012年, DNA Research, 査読者, 2
  24. 2012年, PLOS ONE, 査読者
  25. 2012年, Mechanisms of Development, 査読者, 2
  26. 2012年, Development, Growth and Differentiation, 査読者
  27. 2011年, Development, Growth and Differentiation, 査読者
  28. 2011年, Developmental Biology, 査読者
  29. 2010年, Development, Growth and Differentiation, 査読者
  30. 2010年, The International Journal of Developmental Biology, 査読者
  31. 2009年, Development, Growth and Differentiation, 査読者