王 崑陽KUNYANG WANG

Last Updated :2023/12/04

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
メールアドレス
kywanghiroshima-u.ac.jp
自己紹介
I study about the anthropogenic activities and climate change impact on water and material cycles at the basin scale,in specifically, I use modeling approach to assessand predict the water environment in catchment scale.

基本情報

主な職歴

  • 2023年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 助教
  • 2022年04月01日, 2023年03月31日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 研究員
  • 2014年09月, 2015年08月, 阜平高校(中国), 地理教師

学歴

  • 広島大学, 大学院総合科学研究科, 総合科学 —— 博士(学術), 日本, 2019年04月01日, 2022年03月23日
  • 広島大学, 大学院総合科学研究科, 総合科学 —— 修士(学術), 日本, 2017年04月01日, 2019年03月23日
  • 首都師範大学, 資源・環境・観光研究科, 地図学と地理情報システム —— 修士(理学), 中国, 2015年09月01日, 2019年06月25日
  • 首都師範大学, 資源・環境・観光学部, 地理情報システム —— 学士(理学), 中国, 2010年09月01日, 2014年06月25日

学位

  • 修士(理学) (首都師範大)
  • 修士(学術) (広島大学)
  • 博士(学術) (広島大学)

研究分野

  • 環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価
  • 環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析

研究キーワード

  • 流域規模、水循環、栄養循環、物質輸送、モデリング

所属学会

  • 日本地球惑星科学連合会, 2018年
  • 日本水文科学会, 2018年
  • 日本地下水学会, 2018年
  • 日本陸水学会, 2018年

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 理工学融合共通科目3:レジリエントな発展

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Assessment of long-term phosphorus budget changes influenced by anthropogenic factors in a coastal catchment of Osaka Bay, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 843巻, 20221015
  2. ★, Effects of forest growth in different vegetation communities on forest catchment water balance, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 809巻, 20220225
  3. Evaluation of nitrogen loading in the last 80 years in an urbanized Asian coastal catchment through the reconstruction of severe contamination period, ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS, 17巻, 1号, 20211229
  4. Long-term variations in water balance by increase in percent imperviousness of urban regions, JOURNAL OF HYDROLOGY, 602巻, 20210808
  5. Estimation of Phosphorus Transport Influenced by Climate Change in a Rice Paddy Catchment Using SWAT, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH, 15巻, 4号, pp. 759-772, 20210629
  6. Impact of citrus agriculture on the quality of water resource in a small Steep Island, Seto Inland Sea, Japan, International Journal of GEOMATE, 20210308

社会活動

学術雑誌論文査読歴

  1. 2023年, Engineering Research Express
  2. 2020年, International Journal of Geographical Information Science
  3. 2019年, International Journal of Geographical Information Science