東 真弓MAYUMI HIGASHI

Last Updated :2024/04/02

所属・職名
病院集中治療部 講師
メールアドレス
higashimhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2000年05月, 2001年03月, 九州大学, 研修医
  • 2001年04月, 2002年03月, 北九州市立医療センター, 研修医
  • 2002年04月, 2003年03月, 飯塚病院, 医員
  • 2003年04月, 2007年03月, 九州大学, 医員
  • 2007年04月, 2008年03月, 北九州市立医療センター, 医員
  • 2008年04月, 2009年08月, 九州大学, 助教
  • 2010年01月, 2014年06月, Children's Hospital of Philadelphia, Research Associate
  • 2023年04月01日, 広島大学, 病院, 講師
  • 2014年07月01日, 2023年03月, 京都府立医科大学, 助教

学歴

  • 筑波大学, 医学専門学群, 日本, 1994年04月, 2000年03月

学位

  • 博士(医学) (九州大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 救急医学

研究キーワード

  • 救急集中治療

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. IL13 and periostin in active fibrogenic areas of the extrahepatic bile ducts in biliary atresia patients., Ped Surg Int., 38巻, 12号, pp. 1847-1853, 20220923
  2. Gallbladder wall abnormality in biliary atresia of mouse Sox17+/- neonates and human infants., Dis Model Mech., 13巻, 4号, 20200403
  3. Derivation of neural stem cells from human teratomas., Stem Cell Res., 41巻, 201912
  4. The roles played by the MYCN, Trk, and ALK genes in neuroblastoma and neural development., Surg Today., 49巻, 9号, 201909
  5. MEK inhibitors as a novel therapy for neuroblastoma: Their in vitro effects and predicting their efficacy., J Pediatr Surg., 51巻, 12号, 201612
  6. Retinoic acid-induced CHD5 upregulation and neuronal differentiation of neuroblastoma., Mol Cancer., 14巻, 201508
  7. High expressions of neuronatin isoforms in favorable neuroblastoma., J Pediatr Hematol Oncol., 29巻, 8号, pp. 551-556, 200708