黒川 勇三YUUZOU KUROKAWA

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 准教授
メールアドレス
yuzokurohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 農学博士 (東京大学)
  • 農学修士 (東京大学)

研究分野

  • 農学 / 動物生命科学 / 動物生産科学

研究キーワード

  • 粗飼料生産
  • ライフサイクル
  • 乳牛

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, フィールド科学入門
  2. 2024年, 学部専門, 3ターム, フィールド科学演習
  3. 2024年, 学部専門, 3ターム, 生物資源科学リサーチフロント
  4. 2024年, 学部専門, 集中, 酪農フィールド科学演習
  5. 2024年, 学部専門, 集中, 農場実習
  6. 2024年, 学部専門, 2ターム, 動物福祉論
  7. 2024年, 学部専門, 3ターム, 動植物生産学概論
  8. 2024年, 学部専門, 集中, 応用動植物科学実験実習
  9. 2024年, 学部専門, 1ターム, 草地・飼料学
  10. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  11. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  12. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文III
  13. 2024年, 学部専門, 集中, 命の尊厳を涵養する食農フィールド科学演習
  14. 2024年, 学部専門, 集中, 農場の四季を通して生命のサイクルを体験するフィールド科学演習
  15. 2024年, 学部専門, 集中, (AIMS) Animal Science and Technology
  16. 2024年, 学部専門, 3ターム, Animal Science and Technology
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 生物資源科学特別演習A
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 生物資源科学特別演習A
  19. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 生物資源科学特別演習B
  20. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 生物資源科学特別演習B
  21. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 生物資源科学特別研究
  22. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 陸域生物圏フィールド科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Changes of photosynthetic pigments and phytol content at different levels of nitrogen fertilizer in Italian ryegrass fresh herbage and hay, Grassland Science, 68巻, pp. 53-59, 20220109
  2. DiscriminatingPennisetum alopecuoidesplants in a grazed pasture from unmanned aerial vehicles using object-based image analysis and random forest classifier, GRASSLAND SCIENCE, 67巻, 1号, pp. 73-82, 202101
  3. Effect of Saccharomyces cerevisiae Fermentation Product on Ruminal Fermentation, Blood Metabolites, and Milk Production in Dairy Cows, JARQ, 55巻, 3号, pp. 265-271, 20210701
  4. ★, Effect of relationships among clinical mastitis incidence, reproductive performance, and culling rate on the lifetime of dairy cows at Hiroshima University Farm, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 92巻, 1号, 202112
  5. Effect of phytol in forage on phytanic acid content in cow's milk, ANIMAL BIOSCIENCE, 34巻, 10号, pp. 1616-1622, 202110
  6. Counting of Pennisetum alopecuroides at heading stage in a grazed pasture using images from an unmanned aerial vehicle, GRASSLAND SCIENCE, 66巻, 4号, pp. 285-292, 202010
  7. 広島大学農場における乳牛の分娩間隔が乳生産に及ぼす影響, 日本畜産学会報, 90巻, 2号, pp. 111-120, 2019
  8. A simple visible and near-infrared (V-NIR) camera system for monitoring the leaf area index and growth stage of Italian ryegrass, COMPUTERS AND ELECTRONICS IN AGRICULTURE, 144巻, pp. 314-323, 201801
  9. Low-cost visible and near-infrared camera on an unmanned aerial vehicle for assessing the herbage biomass and leaf area index in an Italian ryegrass field, GRASSLAND SCIENCE, 64巻, 2号, pp. 145-150, 201804
  10. Effects of nitrogen fertilizer and harvesting stage on photosynthetic pigments and phytol contents of Italian ryegrass silage, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 88巻, 10号, pp. 1513-1522, 201710
  11. ★, A comparison of plasma glucose and oxidative status in lactating dairy cows in summer and autumn, Animal Science Journal, 87巻, pp. 1212-1217, 20160121
  12. Spring growth stage detection in Italian ryegrass field using a ground-based camera system, GRASSLAND SCIENCE, 62巻, 3号, pp. 188-193, 2016
  13. A preliminarily study for predicting body weight and milk properties in lactating Holstein cows using a three-dimensional camera system, COMPUTERS AND ELECTRONICS IN AGRICULTURE, 111巻, pp. 186-193, 2015
  14. Milk production, plasma metabolite profiles and mammary arterial-venous differences of milk precursors in early lactation cows milked at different frequencies by an automatic milking system, ANIMAL SCIENCE JOURNAL, 86巻, 5号, pp. 499-507, 2015
  15. Evaluating a hand-held crop-measuring device for estimating the herbage biomass, leaf area index and crude protein content in an Italian ryegrass field, GRASSLAND SCIENCE, 61巻, 2号, pp. 101-108, 2015
  16. 夏季暑熱が低密度飼養乳牛の飼料摂取行動、休息行動、自動搾乳システム訪問に及ぼす影響, Animal Behaviour and Management, 51巻, 3号, pp. 73-80, 20151017
  17. 暑熱期の乳牛の生理と生産性に及ぼす剪毛の影響, Animal Behaviour and Management, 50巻, 3号, pp. 127-136, 2014
  18. Distinguishing Cattle Foraging Activities Using an Accelerometry-Based Activity Monitor, RANGELAND ECOLOGY & MANAGEMENT, 66巻, 3号, pp. 382-386, 2013
  19. Rumen fermentation, milk production and conjugated linoleic acid in the milk of cows fed high fiber diets added with dried distillers grains with solubles., Animal Science Journal, 84巻, 2号, pp. 106-112, 201302
  20. Mapping herbage biomass and nitrogen status in an Italian ryegrass (Lolium multiflorum L.) field using a digital video camera with balloon system, JOURNAL OF APPLIED REMOTE SENSING, 5巻, 20111114
  21. How low quality foods sustain high density sika deer (Cervus nippon) population in heavily grazed habitat?: Comparison of intake, digestibility and feeding activities between the deer fed high and low quality food, MAMMAL STUDY, 36巻, 1号, pp. 23-31, 2011
  22. Soil solution nitrogen concentrations in a Japanese lawngrass (Zoysia japonica Steud.) and a tall fescue (Festuca arundinacea Schreb.) pasture under cattle grazing, GRASSLAND SCIENCE, 57巻, 4号, pp. 225-230, 2011
  23. Effect of supplementation of soy sauce oil and Ca salts of fatty acids on rumen fermentation, milk production and conjugated linoleic acid in milk of dairy cows., Animal Science Journal, 82巻, 4号, pp. 554-559, 201108
  24. 地上ハイパースペクトル計測による草量と飼料成分の推定-西条ステーション内のイタリアンライグラス採草地における事例-, 瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 7号, pp. 31-35, 20100301
  25. 寒地型牧草と暖地型牧草が混在する放牧草地における植生の季節的推移-西条ステーション内の放牧草地における事例-, 瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告, 7号, pp. 37-40, 20100301
  26. Supplementation of the diet of dairy cows with trehalose results in milk with low lipid peroxide and high antioxidant content, JOURNAL OF DAIRY SCIENCE, 93巻, 9号, pp. 4189-4195, 2010
  27. シバ(Zoysia japonica Steud.)草地と寒地型草地における放牧黒毛和種繁殖雌牛のルーメン内容液性状の比較, 日本草地学会誌, 56巻, 2号, pp. 131-136, 201007

著書等出版物

  1. 2022年, つくると食べるをつなぐサイエンス, 乳牛の一生から学ぼう, 乳牛 ライフサイクル 生産寿命 除籍の予測, 恒星社厚生閣, 2022年, 11月, 単行本(一般書), 共著, J, 黒川勇三
  2. 2022年, 臨床獣医1月号, 乳牛の酸化ストレスと抗酸化物質, 乳牛、酸化ストレス、抗酸化物質, 株式会社 緑書房, 2022年, 1月, その他, 単著, J, 黒川 勇三, 34-37
  3. 2017年08月, 動物の飼育管理, 第7章 牛の管理 1.管理形態, 文永堂出版, 2017年, 8月, 単行本(学術書), 共著, J, 978-4-8300-4133-4, 316

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 乳牛における初産分娩月齢からの推定除籍リスクをもとにした初産時計画的除籍が2産以降推定除籍率に及ぼす影響, 黒川勇三・小櫃剛人・川村健介, 日本畜産学会第130回大会, 2022年09月16日, 通常, 日本語, 日本畜産学会, 東京(東京農業大学、オンライン), 【目的】ホルスタイン種搾乳牛の除籍産次、生産寿命の低下が問題になっている。除籍の時期は、乳生産、繁殖成績、疾病罹患暦等を考慮した管理者の総合的な判断による。本研究の目的は、初産分娩月齢(AFC)から乳牛個体の除籍リスクの推定式を作成し、初産時推定除籍リスクの高い個体を計画的に除籍(繁殖に供しない)にする割合が、産次ごと、牛群全体の除籍(疾病等で不可避な除籍)の割合に及ぼす影響の推定結果を検証することである。【方法】2011~17年度の広大農場の乳牛ごとのAFCと除籍のデータを用い、2項ロジスティック回帰によりAFCと産次からの除籍リスク推定式を作成し、初産時計画的除籍(PPCu)割合(推定除籍リスクが高いほうから0, 1, 2割)が、産次ごとの疾病等による除籍率、及び牛群全体の除籍率に及ぼす影響を推定した。なお、牛群全体の合計頭数を100頭程度(99~101頭)に設定した。【結果】PPCu割合を高めると、初産時合計除籍率の上昇と、2産以降の産次ごと除籍率の低下が推定された。産次ごとの飼養頭数と除籍率に対するPPCu割合の影響は、産次進行に伴い低下し、3産以上の飼養頭数に差が認められなかった。初産時に除籍リスクの高い個体の計画的除籍で、2産以降の除籍率低下が推定された。PPCuの2産以降除籍率への影響は、牛群のAFCの度数分布に依存しており、推定式の改善とさらなる研究が必要である。
  2. 夏季暑熱による乳牛の 生産性低下の科学的理解と対応策の展望, 黒川 勇三, 日本畜産学会128回大会 市民公開シンポジウム1 地球温暖化:暑熱ストレスによる家畜・家禽の生産性低下の科学的理解と対応策の展望」, 2021年03月28日, 招待, 日本語, 日本畜産学会, 九州大学(オンライン開催)
  3. プラウ耕の休止後4年間の土壌中全炭素含有率とイタリアンライグラス生産の変化, 黒川勇三・川村健介・小櫃剛人・積山嘉昌・山口哲平・木原真司・脇良平, 2019年度日本草地学会広島大会, 2019年03月, 通常, 日本語, 日本草地学会, 広島大学