HIGA MARSHALL KIYOSHIMARSHALL KIYOSHI HIGA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
外国語教育研究センター 准教授
ホームページ
メールアドレス
mhigahiroshima-u.ac.jp
自己紹介
My interests include intercultural communication, computer-assisted language learning, active-learning and English for specific purposes. I have the experience of having taught at the nursery, elementary, junior high, senior high, college and university levels. My current research focuses on vocabulary acquisition and reading software development. I also currently serve as one of the Hiroshima University Judo Club coaches.

基本情報

主な職歴

  • 2020年04月01日, 広島大学, 外国語教育研究センター, 准教授
  • 2017年01月01日, 2020年03月31日, 松江工業高等専門学校, 人文科学科, 准教授
  • 2013年04月01日, 2017年03月31日, 松江工業高等専門学校, 人文科学科, 講師

学歴

  • 広島大学

研究分野

  • 人文学 / 言語学 / 外国語教育

研究キーワード

  • 第二言語習得

所属学会

  • 全国語学教育学会 広島地区支部

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  2. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  3. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  4. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  5. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  6. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  7. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  8. 2022年, 教養教育, 1ターム, コミュニケーションIA
  9. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  10. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  11. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  12. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  13. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  14. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  15. 2022年, 教養教育, 2ターム, コミュニケーションIB
  16. 2022年, 教養教育, 2ターム, (オ)コミュニケーションIIA
  17. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  18. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  19. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  20. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  21. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  22. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  23. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  24. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  25. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  26. 2022年, 教養教育, 3ターム, コミュニケーションIIA
  27. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  28. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  29. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  30. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  31. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  32. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  33. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  34. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  35. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  36. 2022年, 教養教育, 4ターム, コミュニケーションIIB
  37. 2022年, 学部専門, 1ターム, 英語口頭表現スキルアップAI
  38. 2022年, 学部専門, 2ターム, 英語口頭表現スキルアップAII

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 日本の国立大学における医学部3年生英語カリキュラムの拡張, 広島外国語教育研究, 25号, pp. 1-13, 20220301
  2. 英語を外国語として学ぶ大学生の学習動機要因:混合研究法, 広島外国語教育研究, 25号, pp. 121-136, 20220301
  3. ★, Eye Tracking in Second Language Acquisition and Bilingualism (Aline Godfroid) - Reviewed by Marshall Higa, JALT Journal, 43巻, 2号, pp. 257-260, 20211101
  4. A PBL-oriented English class to foster globally competent engineers, A PBL-oriented English class to foster globally competent future engineers The 14th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE) 2021 Proceedings, pp. 46-52, 202108
  5. ★, Using Eye-tracking Equipment to Improve Reading Strategies on Standardized Tests, Proceedings of the 13th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE), pp. 95-98, 201909
  6. Collegiality(同僚性)を活かした英作文授業の実践, 全国高等専門学校英語教育学会, 37号, pp. 75-84, 2018, 03
  7. Altering English Test Layouts to Cater to All Students, 全国高等専門学校英語教育学会, 37号, pp. 205-214, 2018, 03
  8. ★, Inclusive Practices in EFL Testing Protocol at Technical Colleges in Japan, Proceedings of the 11th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE), pp. 528-532, 201709
  9. 英語教育カリキュラムの確立に向けて‐モデルコアカリキュラムを踏まえて, 全国高等専門学校英語教育学会研究論集, 35号, pp. 11-19, 2016, 03
  10. Developing an online corpus and teaching materials for writing technical papers in English, Proceedings of the 9th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE), pp. 106-109, 2015, 09
  11. Japanese Nursing English Textbook Adaptation to Teach Cross-Cultural Communication Awareness, Proceedings of the SIETAR Japan 26th Annual Conference, Spring 2012 SIETAR Japan Newsletter, pp. 12-14, 2012, 03
  12. Passive Communication & Social Networking: Initial Results of Facebook Use and Cyber Stalking in Japan, 比治山大学現代文化学部紀要, 18号, pp. 31-59, 2011,12

著書等出版物

  1. 2022年02月01日, Be the Change!-TRANSFORMING OUR FUTURE WITH THE SDGs - SDGs で考えるこれからのグローバル社会, 外国語、英語教材、グローバル社会, 開文社出版, 2022年, 02, 教科書, 共著, English and Japanese, ヒガ マーシャル キヨシ 永井敦 達川奎三, 978-4-87571-171-1, 115

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Making Instructional Video for a University Hospital, デイヴィス,ウォルター・J・H フレイザー,サイモン, 第25回日本医学英語教育学会学術集会, 2022年07月16日, 通常, 英語, 日本医学英語教育学会, 日本教育会館
  2. Using Eye-Tracking Equipment to Improve Test-Taking Strategies of the TOEIC, JALT2021: Reflections and New Perspectives, 2021年11月14日, 通常, 英語, 全国語学教育学会, オンライン
  3. A Tutorial to Make Your Online Classes Look Like a YouTube Video, JALT2021: Reflections and New Perspectives, 2021年11月12日, 通常, 英語, 全国語学教育学会, オンライン
  4. Building better social relationships in the classroom, with Any Questions?, キャパー サイモン ロナルド ジェームス, 2021年10月23日, 招待, 英語, 全国語学教育学会 岡山支部, オンライン
  5. A PBL-Oriented English Class to Foster Globally Competent Future Engineers, Matsuda, S., Horiuchi, T., Ashraful, A., Salsgiver, J., 14th International Symposium on Advances in Technology Education 17-20 August 2021, 2021年08月19日, 通常, 英語, Online
  6. Using Eye-tracking Equipment to Improve Reading Strategies on Standardized Tests, 第13回国際工学教育研究集会, 2019年09月19日, 通常, 英語, 周南市文化会館
  7. A Case Study on Test Formatting to Improve Assessment in EFL Classrooms, 14th Annual CamTESOL Conference, Phnom Penh, Cambodia, 2018年02月06日, 通常, 英語, CamTESOL, Institute of Technology Cambodia (ITC)
  8. Strategies in Test Assessment to Promote Inclusive Practices in an EFL Classroom, 2017年12月03日, 通常, 英語, 全国語学教育学会 広島地区支部, Hiroshima YMCA
  9. Inclusive Practices in EFL Testing Protocol at Technical Colleges in Japan, The 11th Symposium on Advances in Technology Education (ISATE), 2017年09月20日, 通常, 英語, Ngee Ann Polytechnic, Singapore
  10. Japanese Nursing English Textbook Adaptation to Teach Cross-Cultural Communication Awareness, SIETAR Japan 26th Annual Conference, 2012年10月30日, 通常, 英語, 異文化コミュニケーション学会
  11. Intercultural communication between ALTs and JTEs, 平成26年度外国語指導助手の指導力等向上研修, 2015年01月21日, 招待, 広島県教育委員会, 広島YMCA国際文化センター

受賞

  1. 2017年, COCET学会賞の受賞論文, 全国高等専門学校英語教育学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Mapping Communication and the Use of English within the Practice of Medicine, 2022年, 2022年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究), Developing an Integrated Software Platform to Improve Reading Fluency and Comprehension, 2020年, 2024年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 多読指導へのMoodle活用とAutonomy, 2018年, 2021年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), Inclusive Practices to Improve Fairness and Performance on EFL Exams, 2017年, 2019年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 広報委員長, 2021年12月, 全国語学教育学会 広島支部

学術会議等の主催

  1. 大会実行委員長, 2021年04月, 2021年12月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 教員免許状更新講習, ALTと行う異文化理解能力育成を見据えたアクティブ・ ラーニング, 広島大学外国語教育研究センター, 2021年/08月/16日, 講師, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  2. グローバル未来塾inひろしま, Internment: Japanese Camps in the North America after Pearl Harbor, 国際平和拠点ひろしま構想, 2021年/09月/26日, 講師, セミナー・ワークショップ, 高校生
  3. 教員免許状更新講習, ALTとのアクティブ・ラーニング, 外国語教育研究センター, 2020年/08月/21日, 2020年/08月/21日, 講師

学術雑誌論文査読歴

  1. 2017年, International Symposium on Advances in Technology Education, その他, 査読委員, 3