冨永 淳JUN TOMINAGA

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
jtomhiroshima-u.ac.jp
自己紹介
植物の光合成に着目して、作物生産の向上を目指した研究をしています。"new normal" になりつつある異常気象に植物がどのように応答するのか?持続可能でスマートなこれからの農業に興味があります。栽培環境に応じて植物が自ら栽培管理を最適化できるようなシステムの構築を目指しています。また、エネルギー利用も含めたバイオマスの高度利用による作物生産システムの活性化に興味があります。やっぱり興味本位な研究が楽しい!

基本情報

主な職歴

  • 2016年06月01日, 2018年03月31日, 広島大学, 大学院理学研究科, 研究員
  • 2018年04月, 2021年03月, 日本学術振興会, 特別研究員
  • 2018年06月, ニューメキシコ大学, 生物学部, 客員研究員
  • 2021年04月01日, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 助教

学歴

  • 鹿児島大学, 大学院連合農学研究科, 生物生産科学専攻博士課程, 日本, 2012年04月, 2015年03月
  • 琉球大学, 大学院農学研究科, 生物生産学専攻修士課程, 日本, 2010年04月, 2012年03月
  • 琉球大学, 農学部, 生物生産学科, 日本, 2005年04月, 2010年03月

学位

  • 修士(農学) (鹿児島大学)
  • 博士(農学) (琉球大学)

教育担当

  • 【学士課程】 生物生産学部 : 生物生産学科 : 分子農学生命科学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 食品生命科学プログラム

研究分野

  • 農学 / 生産環境農学 / 作物生産科学

所属学会

  • 日本植物生理学会
  • 日本作物学会
  • 日本光合成学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  4. 2022年, 学部専門, 3ターム, ゲノム科学II
  5. 2022年, 学部専門, 1ターム, 植物分子生物学
  6. 2022年, 学部専門, 3ターム, 分子農学生命科学外書講読
  7. 2022年, 学部専門, 集中, (AIMS)Molecular Agro-life Science
  8. 2022年, 学部専門, 3ターム, Molecular Agro-life Science
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用植物科学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Arabidopsis BSD2 reveals a novel redox regulation of Rubisco physiology in vivo, Plant Signaling and Behavior, 15巻, 4号, 20200402
  2. ★, Overexpression of BUNDLE SHEATH DEFECTIVE 2 improves the efficiency of photosynthesis and growth in Arabidopsis, Plant Journal, 102巻, 1号, pp. 129-137, 20200401
  3. Overexpression of the protein disulfide isomerase AtCYO1 in chloroplasts slows dark-induced senescence in Arabidopsis, BMC Plant Biology, 18巻, 1号, 20180504
  4. ★, Direct measurement of intercellular CO 2 concentration in a gas-exchange system resolves overestimation using the standard method, Journal of Experimental Botany, 69巻, 8号, pp. 1981-1991, 20180409
  5. Environmental evaluation with greenhouse gas emissions and absorption based on life cycle assessment for a Jatropha cultivation system in frost- and drought-prone regions of Botswana, Biomass and Bioenergy, 110巻, pp. 33-40, 20180301
  6. Polyphenol production in peucedanum japonicum thunb. Varies with soil type and growth stage, Horticulture Journal, 87巻, 3号, pp. 382-388, 20180101
  7. Flowering pattern of biodiesel plant Jatropha in frost- and drought-prone regions of Botswana, International Journal of Green Energy, 14巻, 11号, pp. 908-915, 20170902
  8. Effects of Different Kinds of Potassium and Chloride Salts on Sugarcane Quality and Photosynthesis, Sugar Tech, 19巻, 4号, pp. 378-385, 20170801
  9. Changes in photosynthesis, growth, and sugar content of commercial sugarcane cultivars and Erianthus under flood conditions, Plant Production Science, 20巻, 1号, pp. 126-135, 20170101
  10. Rice CYO1, an ortholog of Arabidopsis thaliana cotyledon chloroplast biogenesis factor AtCYO1, is expressed in leaves and involved in photosynthetic performance, Journal of Plant Physiology, 207巻, pp. 78-83, 20161201
  11. Effects of duration and combination of drought and flood conditions on leaf photosynthesis, growth and sugar content in sugarcane, Plant Production Science, 19巻, 3号, pp. 427-437, 20160406
  12. Responses of growth, photosynthesis, and associated components to hypoxia at different light intensities in red leaf lettuce, Scientia Horticulturae, 193巻, pp. 330-336, 20150902
  13. ★, Cuticle affects calculations of internal CO2 in leaves closing their stomata, Plant and Cell Physiology, 56巻, 10号, pp. 1900-1908, 20150108
  14. Effects of long-term exposure to different O2 concentrations on growth and phytochemical content in red leaf lettuce, Environmental Control in Biology, 53巻, 3号, pp. 117-122, 20150101
  15. Effects of vertical gradient of leaf nitrogen content on canopy photosynthesis in tall and dwarf cultivars of sorghum, Plant Production Science, 18巻, 3号, pp. 336-343, 20150101
  16. Tracing photosynthetic response curves with internal CO2 measured directly, Environmental Control in Biology, 53巻, 1号, pp. 27-34, 20150101
  17. Diurnal regulation of photosynthesis in Jatropha curcas under drought during summer in a semi-arid region, Biomass and Bioenergy, 67巻, pp. 279-287, 20140101
  18. Enzymatic hydrolysis enhanced by pressure shockwaves opening new possibilities in Jatropha Curcas L. processing, Journal of Chemical Technology and Biotechnology, 88巻, 9号, pp. 1650-1653, 20130901
  19. Pressure shockwaves to enhance oil extraction from Jatropha curcas L., Biotechnology and Biotechnological Equipment, 27巻, 2号, pp. 3654-3658, 20130425
  20. The use of underwater high-voltage discharges to improve the efficiency of Jatropha curcas L. biodiesel production, Biotechnology and Applied Biochemistry, 59巻, 6号, pp. 451-456, 20121101
  21. Photosynthetic gas exchange characteristics in Jatropha curcas L, Plant Biotechnology, 29巻, 2号, pp. 155-162, 20120815
  22. Eclipse effects on CO2 profile within and above sorghum canopy, Plant Production Science, 13巻, 4号, pp. 338-346, 20101130
  23. Effects of fipronil bait on sugarcane growth and yield on Kume island, Okinawa, Japan, Tropical Agriculture and Development, 58巻, 4号, pp. 135-139, 20141201
  24. BA(6-Benzyladenine)剤散布がヤトロファ(Jatropha curcas L.)の子実収量およびその構成要素へ与える影響, 熱帯農業研究, 10巻, 2号, pp. 51-56, 2017
  25. Influence of bio-ethanol distillation residue on water quality of an underground dam, Proceedings of International Society of Sugar Cane Thecnologist, 27巻, pp. 476-482, 2010
  26. Effects of Fipronil Bait on Sugarcane Yield in Okinawa, Japan, Proceedings of International Society of Sugar Cane Technologist, 27巻, pp. 834-842, 2010
  27. 低O2かつ高CO2濃度環境下で栽培したホウレンソウおよびリーフレタスの生育および光合成特性, 沖縄農業, 47巻, pp. 35-46, 2015
  28. 沖縄における播種期の違いが油糧用ヒマワリの成長および収量に与える影響, 沖縄農業, 47巻, pp. 27-34, 2015
  29. メキシコにおけるさとうきび産業の現状と世界の動向, 砂糖類情報, 168巻, pp. 38-45, 2010

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. BSD2は酸化失活ルビスコを還元再活性化し,光合成を増強する, Florian A. Busch, 冨永淳, 高橋俊一, 矢守航, Sara E. Milward, 西村浩二, 戸田陽介, 高見常明, 渡邊俊介, 木下俊則, 坂本亘, 坂本敦, 島田裕士, 日本植物生理学会年会, 2020年03月, 通常, 日本語, 大阪
  2. BSD2は酸化失活ルビスコを還元再活性化し,光合成を促進する, Florian A. Busch, 冨永淳, 高橋俊一, 矢守航, Sara E. Milward, 西村浩二, 戸田陽介, 高見常明, 渡邊俊介, 木下俊則, 坂本亘, 坂本敦, 島田裕士, 日本農芸化学会, 2020年03月, 通常, 日本語, 福岡
  3. Spatially resolved CO2 assimilation: gas exchange combined with thermal and chlorophyll fluorescence imaging, Stinziano JR, Tominaga J, Hanson DT, GRC/GRS: CO2 Assimilation in Plants from Genome to Biome, Innovations in Photosynthesis to Solve Global Challenges, 2019年06月, 通常, 英語, Newry, ME, US
  4. Estimation and correction of cuticle conductance during the light induction of photosynthesis, Tominaga J, Stinziano JR, Khoshravesh R, Hanson DT, GRC/GRS: CO2 Assimilation in Plants from Genome to Biome, Innovations in Photosynthesis to Solve Global Challenges, 2019年06月, 通常, 英語, Newry, ME, US
  5. CYO1/CYO2遺伝子高発現植物の光合成活性測定, 島田裕士,冨永淳,田中波累, 坂本亘,高見常明, 岡山大学資源植物科学研究所 共同研究成果発表会, 2018年03月06日, 通常, 日本語, 岡山
  6. イネ葉緑体タンパク質ジスルフィド結合還元開裂酵素OsCYO1はイネの短日生育に必須である, 冨永淳, 田中波累, 高見常明, 坂本亘, 坂本敦, 島田裕士, 日本植物生理学会., 2018年03月, 通常, 日本語
  7. Overestimation of intercellular CO2 concentration in leaves with open stomata, Tominaga J, Kawamitsu Y, Sakamoto A, Shimada H, Taiwan-Japan Plant Biology 2017, 2017年11月, 通常, 英語, Taipei, Taiwan
  8. タンパク質ジスルフィド結合還元酵素⾼発現による光合成機能向上メカニズムの解明, 冨永淳,中原恭俊,堀川大輔,高見常明,坂本亘,坂本敦,島田裕士, 日本光合成学会, 2017年05月, 通常, 日本語, 滋賀
  9. イネ葉緑体タンパクジスルフィド酸化還元酵素は明暗下で機能する, 冨永淳, 水谷春香, 堀川大輔, 中原恭俊, 高見常明, 坂本亘, 坂本敦, 島田裕士, 日本植物生理学会年会, 2017年03月, 通常, 日本語, 鹿児島
  10. CYO1高発現シロイヌナズナの光合成活性測定, 島田裕士,冨永淳,高木紘,堀川大輔, 坂本亘,高見常明, 岡山大学資源植物科学研究所 共同研究成果発表会, 2017年03月, 通常, 日本語, 岡山
  11. 気孔が閉じるとクチクラが細胞間隙CO2濃度の計算に影響する, 冨永淳, 川満芳信, 日本植物生理学会年会, 2016年03月, 通常, 日本語, 盛岡
  12. Effect of soil application of bio-char on Jatropha growth and water use efficiency, Yabuta S, Tominaga J, Ueno M, Kawamitsu Y, The International Society for Southeast Asian Agricultural Sciences, 2015年11月, 通常, 英語, 東京
  13. ボツワナで実施中のSATREPSの紹介, 冨永淳, 薮田伸, マリア, シルビア, 福澤康典, 稲福(寺本)さゆり, 石本雄大, 中原麻衣, 菊池淳, 明石欣也, 上野正実, 川満芳信, 生物環境工学会九州支部会, 2015年11月, 通常, 日本語, 沖縄
  14. 葉内CO2直接測定による光合成ガス交換モデルの再検討, 冨永淳, 川満芳信, 生物環境工学会, 2015年09月, 通常, 日本語, 宮崎
  15. グルタチオン施用がサトウキビの収量および糖度に与える影響, 前川武蔵, 冨永淳, 渡邉健太, 川満芳信, 沖縄農業研究会, 2015年08月, 通常, 日本語, 沖縄
  16. 携帯型光合成装置への葉内CO2実測システム導入, 冨永淳, 川満芳信, 沖縄農業研究会, 2015年08月, 通常, 日本語, 沖縄
  17. グルタチオン施用がサトウキビの収量および糖度に与える影響, 冨永淳, 前川武蔵, Thanankorn Jaiphong, 渡辺健太, 上野正実, 川満芳信, 沖縄農業研究会, 2015年08月, 通常, 日本語, 沖縄
  18. 葉内CO2濃度の実測: 気孔が閉じるとクチクラが葉内CO2濃度計算に影響する, 冨永淳, 川満芳信, 日本光合成学会, 2015年05月, 通常, 日本語
  19. Measurements of leaf gas exchange and internal CO2 as potential indicators of water deficit in jatropha, Tominaga J, SATREPS Special International Conference on Biomass Energy, 2015年03月, 通常, 英語, 大阪
  20. 植物工場導入を目指したパッションフルーツの最適栽培環境の確立, 林亜友未, 冨永淳, 川満芳信, 日本作物学会, 2015年03月, 通常, 日本語, 神奈川
  21. Leaf Photosynthesis, growth, yield and quality of sugarcane cultivar NiF8 which growing under flood and drought condition during grand growth phase, Thanankorn J, Tominaga J, Watanabe K, Hiroo T, Suwa R, Ueno M, Kawamitsu Y., 日本作物学会, 2015年03月, 通常, 日本語, 神奈川
  22. 炭化物施用および遮光がヤトロファ実生苗の成長および水利用効率におよぼす影響, 薮田伸, 冨永淳, 川満芳信, 日本熱帯農業学会, 2015年03月, 通常, 日本語, 茨城
  23. 葉内CO2実測によるA-Ciカーブ測定, 冨永淳, 川満芳信, 日本作物学会, 2015年03月, 通常, 日本語, 神奈川
  24. Effects of long-term exposure to low O2 concentration on photosynthetic and plant growth rates in red leaf lettuce, Kawasaki S, Tominaga J, Uehara N, Ueno N, Kawamitsu Y, The International Conference on Plant Factory 2014, 2014年11月, 通常, 英語, 京都
  25. ボツワナにおけるヤトロファの光合成特性, 冨永淳, 藪田伸, 稲福さゆり, 河崎俊一郎, 上野正実, 川満芳信, 沖縄農業研究会, 2014年08月, 通常, 日本語, 沖縄
  26. BA (6-Benzylaminopurine)剤散布がヤトロファ(Jatropha curcas L.)の子実収量およびその構成要素へ与える影響, 藪田伸, 冨永淳, 稲福さゆり, 上野正実, 川満芳信, 沖縄農業研究会, 2014年08月, 通常, 日本語
  27. Effects of water stress during vegetative stage on yield and quality of sugarcane, Thanankorn J, Tominaga J, Watanabe K, Suwa R, Ueno M, Kawamitsu Y, 日本作物学会, 2014年03月, 通常, 日本語
  28. ゴーヤーの果実光合成特性 , 古謝風花, 冨永淳, 渡邉健太, 大城美貴, 荒木秀雄, 川満芳信, 日本植物生理学会, 2014年03月, 通常, 日本語, 富山
  29. O2, CO2 濃度同時制御チャンバーの開発に関する研究:低酸素濃度条件で栽培した数種野菜の成長および光合成特性, 河﨑俊一郎, 上原直子, 冨永淳, 上野正実, 川満芳信, 日本生物環境工学会 九州支部会, 2013年11月, 通常, 日本語, 佐賀
  30. 夏季乾燥地におけるヤトロファ光合成日変化の気孔および非気孔制御, 冨永淳, 稲福(寺本)さゆり, 薮田伸, Jaiphong Thanankorn, 上野正実, 川満芳信, 日本作物学会, 2013年09月, 通常, 日本語, 鹿児島
  31. Production system and possibility to utilize Jatropha (Jatropha curcas L.) for biomass energy, Jaiphong T, Fukuzawa Y, Tominaga J, Kawasaki S, Yabuta S, Kawamitsu Y, Ueno M, Chinawong S, Sathuwijarn S、 Kumpeangkeaw A, 10th Biomass-Asia workshop, 2013年08月, 通常, 日本語, Bangkok, Thailand
  32. Diurnal photosynthesis in Jatropha (Jatropha curcas L.) during winter in subtropics and semi-arid region, Tominaga J, Inafuku S, Jaiphong T, Ueno M, Kawamitsu Y, 10th Biomass-Asia workshop, 2013年08月, 通常, 英語, Bangkok, Thailand
  33. 虫害紅イモの炭化とその性状, 田崎厚也, 冨永淳, 川満芳信, 上野正実, 沖縄農業研究会, 2013年08月, 通常, 日本語, 沖縄
  34. 植物生長調節剤を利用したヤトロファ(Jatropha curcas L.)の効率的増殖法, 藪田伸, 冨永淳, 稲福さゆり, 福澤康典, 上野正実, 川満芳信, 沖縄農業研究会, 2013年08月, 通常, 日本語
  35. Effects of potassium fertilizers on sugarcane sucrose content in Japan, Watanabe K, Tominaga J, Koja F, Oshiro M, Suwa R, Ueno M, Kawamitsu Y, XXVIIIth Congress of the International Society of Sugar Cane Technologists, 2013年06月, 通常, 英語, Sao Paulo, Brazil
  36. Environmental stresses on Jatropha in Botswana: Implications from a photosynthesis measurement, Tominaga J, Special seminar on Jatropha and biomass research, 2013年03月, 通常, 英語, Gaborone, Botswana
  37. ソルガム群落光合成と土壌呼吸の関係, 冨永淳, 諏訪竜一, 上野正実, 川満芳信, 日本生物環境工学会 九州支部会, 2012年11月, 通常, 日本語, 長崎
  38. 光ダクト,LED,蛍光灯の3種光源がレタス2品種の生育および品質に与える影響, 大城美貴, 冨永淳, 西麻里, 諏訪竜一, 川満芳信, 日本作物学会 , 2012年03月, 通常, 日本語
  39. ソルガム群落内CO2プロファイルに関する研究: 群落光合成との比較解析, 冨永淳, 藪田伸, 福澤康典, 古謝風花, 川満芳信, 日本熱帯農業学会, 2012年03月, 通常, 日本語
  40. Effects of bagasse-char application on sugarcane production and soil CO2 efflux, Tominaga J, Akamine R, Fukuzawa Y, Komiya Y, Ueno M, Kawamitsu Y, The 3rd Annual UK biochar Conference, 2011年03月, 通常, 英語, Edinburgh, UK
  41. バガス炭施用方法の違いがバイオエタノール残渣液の地下流出成分に与える影響, 川満芳信, 門田奈子, 〇冨永淳, 福澤康典, 上野正実, 日本熱帯農業学会, 2011年03月, 通常, 日本語
  42. 土壌CO2プロファイル日変化に及ぼす要因, 冨永淳, 河崎俊一郎, 福澤康典, 上野正実, 川満芳信, 日本作物学会, 2011年03月, 通常, 日本語
  43. 沖縄型植物工場に関する開発研究, 諏訪竜一, 福澤康典, 冨永淳, 上野正実, 近藤義和, 川満芳信, 日本作物学会, 2011年03月, 通常, 日本語
  44. 土壌CO2 effluxがソルゴー群落CO2プロファイルに与える影響, 冨永淳, 河崎俊一郎, 福澤康典, 上野正実, 川満芳信, 日本作物学会, 2011年03月, 通常, 日本語
  45. 作物生育環境モニタリングシステムの開発とFACEによる増産の試み, 冨永淳, 川満芳信, 福澤康典, 河崎俊一郎, 上野正実, 日本生態工学会, 2010年05月, 通常, 日本語, 沖縄
  46. Influence of bio-ethanol distillation residue on water quality of an underground dam, Tominaga J, Kawasaki S, Fukuzawa Y, Komiya Y, Ueno M, Kawamitsu Y, XXVIIth Congress of the International Society of Sugar Cane Technologists, 2010年03月, 通常, 英語, Veracruz, Mexico
  47. ライン光センサーを用いた群落階層別光量子密度の日変化計測, 冨永淳, 川満芳信, 福澤康典, 諏訪竜一, 上野正実, 日本作物学会, 2009年09月, 通常, 日本語, 静岡

受賞

  1. 2016年09月, 論文賞, 日本生物環境工学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. サタケ基金 2021年度研究助成金, ハンディ型光合成活性計のスマート農業利用に関する研究, 2021年07月, 2022年03月
  2. 科学研究費助成事業, ガス交換を指標とする水ストレス耐性評価および灌水制御システム構築に向けた基礎研究, 2021年04月, 2025年03月
  3. 科学研究費助成事業, 二酸化炭素固定化酵素Rubiscoの酸化失活・分解の生理生態学的意義の再定義, 2021年04月, 2024年03月
  4. 科学研究費助成事業, タイの塩・アルカリ水田で栽培可能な耐性イネ系統の創出, 2020年10月27日, 2024年03月31日
  5. 科学研究費助成事業, 光合成能力の限界突破:律速要因の特定と新規フェノタイピング技術の開発, 2018年04月, 2021年03月

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 国泰寺高校大学訪問 , 模擬講義, 広島大学, 2021年/10月/20日, 2021年/10月/20日, 講師, その他, 高校生