川島 優子YUKO KAWASHIMA

Last Updated :2021/04/05

所属・職名
大学院人間社会科学研究科 教授
メールアドレス
yukoyukohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(文学) (広島大学)
  • 修士(文学) (広島大学)

研究分野

  • 人文学 / 文学 / 中国文学

研究キーワード

  • 中国古典文学
  • 明清白話小説

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 1ターム, 研究指導IIB
  2. 2021年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  3. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 現代中国語演習A
  4. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 現代中国語演習B
  5. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 中国近世漢語演習A
  6. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 中国近世漢語演習B
  7. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 中国近代漢語演習
  8. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 中国文学特別演習A
  9. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 中国文学特別演習B
  10. 2021年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文指導A
  11. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文指導B
  12. 2021年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  13. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究指導I(日本・中国文学語学)
  14. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究指導I(日本・中国文学語学)
  15. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人文社会科学と社会
  16. 2021年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 人文社会科学と社会(東千田)
  17. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  18. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  19. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 中国古典小説演習A
  20. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 中国古典小説演習B
  21. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 中国古典小説演習C
  22. 2021年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 中国古典小説演習D
  23. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  24. 2021年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The Edo Period's Jin Ping Mei, 表現技術研究, 15号, pp. 36-46, 202003
  2. 明代金瓶梅資料訳注稿(その三), 中国中世文学研究, 73号, pp. 106-115, 202003
  3. いま『文選』を読むー中国古典文学の規範とその距離, 日本中国学会2019年度研究集録, pp. 1-10, 2019
  4. ヴェールを脱がされた『金瓶梅』, 東方, 455号, pp. 32-36, 2019
  5. 明代金瓶梅資料訳注稿(その二), 72号, pp. 48-59, 20190325
  6. 明治・大正期の『金瓶梅』―三種の訳本を中心として―, 日中比較文化論集, pp. 326-350, 20190125
  7. ★, 容与堂刊『李卓吾先生批評忠義水滸伝』の評語に関する考察―「画」を中心として―, 東方学, 136号, pp. 40-56, 2018
  8. 明代金瓶梅資料訳注稿(その一), 中国中世文学研究, 71号, pp. 69-81, 2018
  9. ,龍谷大学図書館写字台文庫蔵『金瓶梅』について, 中国学研究論集, 35号, pp. 63-71, 2017
  10. 明代の白話小説と『夷堅志』, 『アジア遊学:南宋の隠れたベストセラー『夷堅志』の世界』(勉誠出版), pp. 199-213, 2015
  11. 『金瓶梅』の服飾描写, 『富永一登先生退休記念論集 中国古典テキストとの対話』(研文出版), pp. 279-301, 2015
  12. ★, 台北故宮博物院蔵『金瓶梅詞話』の影印本をめぐって, 中国学研究論集, 33号, pp. 1-17, 2015
  13. 白話小説はどう読まれたか, 『東アジア海域に漕ぎだす5 訓読から見なおす東アジア』(東京大学出版社), pp. 178-192, 2014
  14. 異類の女たち―狐女を中心として―, 中国中世文学研究, 63/64号, pp. 183-196, 2014
  15. ★, 江戸時代における「資料」としての『金瓶梅』―高階正巽の読みを通して―, 東方学, 2013
  16. ★, 江戸時代《金瓶梅》伝播考略, 文学新鑰, 18号, pp. 1-19, 2013
  17. 関与高階正巽《金瓶梅》訓注本考―兼論江戸時代《金瓶梅》之接受, 中国文学研究, 22号, pp. 60-73, 2013
  18. 明治・大正期における『金瓶梅』の受容, 海域校流與日中文學國際學術検討會會議論文集, 2013
  19. 江戸時代における『金瓶梅』の受容(2)―曲亭馬琴の記述を中心として―, 龍谷紀要, 32巻, 2号, pp. 35-57, 2011
  20. 江戸時代における『金瓶梅』の受容(1)―辞書、随筆、洒落本を中心として―, 龍谷紀要, 32巻, 1号, pp. 1-20, 2010
  21. 長恨歌をめぐる物語と『源氏物語』, 火鍋子, 76号, pp. 118-131, 2010
  22. ★, 「江戸時代における白話小説の読まれ方―鹿児島大学付属図書館玉里文庫蔵「金瓶梅」を中心として―」, 中国中世文学研究, 56号, pp. 59-79, 2009
  23. 江戸時代の『金瓶梅』, 『アジア遊学105 特集日本庶民文芸と中国』(勉誠出版), 105号, pp. 19-29, 2007
  24. ★, 李瓶児論, 九州中国学会報, 43号, pp. 62-76, 2005
  25. 潘金蓮論―散曲に綴られる想い―, 中国中世文学研究, 47号, pp. 42-56, 2005
  26. ★, 『金瓶梅』の構想―『水滸伝』からの誕生―, 日本中国学会報, 56号, pp. 179-193, 2004
  27. 潘金蓮論―歪みゆく性に見る内なる叫び―, 中国中世文学研究 , 45-46号, pp. 299-312, 2004
  28. 金瓶梅的构思―从水浒传到金瓶梅―, 『金瓶梅研究』(中国文史出版社), 8号, pp. 21-40, 2004
  29. 『金瓶梅』罵語考―呉月娘の罵語について―, 中国古典小説研究, 8号, pp. 53-72, 2003
  30. 中国語の“犬”と“狗”, 中国学研究論集, 8号, pp. 1-14, 2001
  31. 『金瓶梅』研究史―成立問題を中心として―, 中国学研究論集, 6号, pp. 93-124, 2000
  32. 『金瓶梅』における春梅の死―その突然の淫死をめぐって―, 中国学研究論集, 5号, pp. 91-104, 2000
  33. 『金瓶梅』における春梅の機能, 『岡村貞雄博士古稀記念中国学論集』(白帝社), pp. 461-476, 1999
  34. 白話小説はどう読まれたか ―江戸時代の音読、和訳、訓読をめぐって―, 『続訓読論―東アジア漢文世界の形成―』(勉誠出版), pp. 311-338, 2010

著書等出版物

  1. 2019年02月28日, 『金瓶梅』の構想とその受容, 研文出版, 2019年.2月.2日, 単行本(学術書), 単著, 日本語, 9784876364435, 315
  2. 2014年, 『東アジア海域に漕ぎだす5 訓読から見なおす東アジア』, 「白話小説はどう読まれたか」, 東京大学出版会, 2014年, 単行本(学術書), 共著, 9784130251457, 317, 178-192
  3. 2015年, 『中国古典テキストとの対話』, 「『金瓶梅』の服飾描写」, 279-301, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 9784876364039, 520, 279-301
  4. 2010年, 『続訓読論』, 白話小説はどう読まれたか ―江戸時代の音読、和訳、訓読をめぐって―, 勉誠出版, 2010年, 単行本(学術書), 共著
  5. 2003年, 『拍案驚奇訳注(第一冊)―唐賽児の乱始末記―』, 汲古書院, 2003年, 単行本(学術書), 共訳
  6. 2006年, 『拍案驚奇訳注(第二冊)―不倫夫婦の因果応報―』, 汲古書院, 2006年, 共訳
  7. 2012年, 『拍案驚奇訳注(第三冊)―包公の証文裁き―』, 汲古書院, 2012年, 単行本(学術書), 共訳
  8. 2010年, 『長城万里図 第五巻 黎明(上)』, 三文舎, 2010, 単行本(学術書), 共訳