長命 洋佑YOSUKE CHOMEI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
広島大学 准教授
メールアドレス
chomeihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
 農業・食料生産の現場での調査を通じて、現場の人々と様々なコミュニケーションを取りながら、研究に勤しんでいます。                                              特に、「農業生産」「地域資源」「消費者」を基軸とし、農業生産から消費に至るフードシステム、それらを取り巻く地域資源、環境問題に関する研究に従事してきました。                                                                                                 主なフィールドは、                                             ・西日本 ・中国内モンゴル ・欧州(オランダ・ドイツ)                                      主な研究テーマは、                                             ①農業経営の評価に関する研究 ②食料産業クラスターに関する研究 ③地域資源(未利用資源・遊休資源)の利活用に関する研究 ④家畜由来の環境問題に関する研究 ⑤消費者の購買行動意識に関する研究 です。                                 また近年は、酪農経営や稲作経営におけるICT/RT利用の評価に関する研究なども行っております。

基本情報

主な職歴

  • 2021年04月, 広島大学, 大学院統合生命科学研究科, 准教授
  • 2014年04月, 2021年03月, 九州大学大学院, 農学研究院, 助教
  • 2012年04月, 2014年03月, 京都大学, (連合)農学研究科(研究院), 特定准教授
  • 2009年04月, 2012年03月, 日本学術振興会特別研究員, PD

学歴

  • 京都大学大学院, 農学研究科, 応用生物科学専攻, 2004年04月, 2007年03月
  • 龍谷大学大学院, 経済学研究科, 経済学専攻, 2001年04月, 2003年03月
  • 龍谷大学, 経済学部, 経済学科 (退学), 1998年04月, 2001年03月

学位

  • 農学 (京都大学)

研究分野

  • 農学 / 社会経済農学 / 経営・経済農学

研究キーワード

  • イノベーション
  • 人材育成
  • 資源管理
  • 経営戦略
  • 経営意識
  • 意思決定
  • 経営評価
  • 消費者意識
  • ICT
  • 地域産業クラスター
  • 六次産業化
  • 地域ブランド
  • 農商工連携
  • 畜産経営学

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 集中, 食文化論(アドバンストプレイスメント)
  2. 2022年, 教養教育, セメスター(前期), 食文化論
  3. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, SDGsへの学問的アプローチB
  4. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, SDGsへの学問的アプローチB[オンデマンド]
  5. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 集中, SDGsの観点から見た地域開発セミナー
  6. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  7. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  8. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  9. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  10. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  11. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  12. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  13. 2022年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  14. 2022年, 学部専門, 4ターム, 食料資源論
  15. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物生産リサーチフロント
  16. 2022年, 学部専門, 1ターム, 食料システム学
  17. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文I
  18. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業論文II
  19. 2022年, 学部専門, 2ターム, 食品科学外書講読
  20. 2022年, 学部専門, 集中, 食料生産管理学実習
  21. 2022年, 学部専門, 集中, 中山間地域・島しょ部連携インターンシップ
  22. 2022年, 学部専門, 3ターム, 中山間地域・島しょ部連携特別講座
  23. 2022年, 学部専門, 集中, (AIMS) Resource Management
  24. 2022年, 学部専門, 3ターム, Resource Management
  25. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食品生命科学特別演習A
  26. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 食品生命科学特別演習A
  27. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食品生命科学特別演習B
  28. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 食品生命科学特別演習B
  29. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  30. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 食品生命科学特別研究
  31. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 食料資源経済学I
  32. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 食料資源経済学II
  33. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, 農業法人による地域農業への貢献意識と取り組み―全国アンケート調査の分析―, 農林業問題研究, 58巻, 3号, pp. 149-156, 20220925
  2. Determinants of ICT and Smart Farming Technology Adoption by Agricultural Corporations in Japan, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 67巻, 2号, pp. 249-262, 20220901
  3. Determinants of Product Innovation Implementation in Japanese Agricultural Corporations, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 67巻, 2号, pp. 239-247, 20220901
  4. Impacts and Policy Implication of Smart Farming Technologies on Rice Production in Japan, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 67巻, 2号, pp. 219-225, 20220901
  5. A review of smart agriculture and production practices in Japanese large-scale rice farming, Journal of The Science of Food and Agriculture, 20220907
  6. 農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[10] 食品残渣堆肥を用いた次世代地域循環モデル 株式会社OC ファーム暖々の里 代表取締役 長野隆介さん 審査委員特別賞の表彰, 農業および園芸, 97巻, 8号, pp. 745-750, 20220801
  7. 農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[8]農場を科学する研究開発型ビジネスモデル:株式会社浅井農園 代表取締役 浅井雄一郎さん 大賞の表彰, 農業および園芸, 97巻, 4号, pp. 330-333, 20220401
  8. 条件不利地域における農外企業の農業参入に向けた取組と経営戦略ー広島県における大手企業2社の事例をもとにー, 農業市場研究, 30巻, 4号, pp. 15-23, 20220331
  9. Does the Financialization of Agriculture Exist in China? Evidence from Sugar Industry, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University(九州大学大学院農学研究院紀要), 67巻, 1号, pp. 111-119, 20220331
  10. 農業用ロボットが先進大規模稲作法人経営に及ぼす影響 : 作業リスクおよびリスク選好を考慮した数理計画分析, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 77巻, 1号, pp. 7-39, 20220331
  11. 農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[7]ICT を活用した次世代人材育成モデル~人材育成と働き方改革から生まれるイノベーション~:セブンフーズ株式会社 代表取締役 前田佳良子さん 優秀賞(教育・人材育成分野)の表彰, 農業および園芸, 97巻, 3号, pp. 251-258, 20220301
  12. 獣医師、受精師と常時データ連携し情報共有するシステムの検討をーICT活用し生産性高めるオランダ・ドイツの事例ー, DAIRYMAN, 72巻, 3号, pp. 32-35, 20220301
  13. 農業イノベーション大賞受賞者の挑戦[6]地域資源・ICT 活用低コスト野菜生産モデル:有限会社エーアンドエス 代表取締役 大平貴之さん 優秀賞(ビジネスモデル分野)の表彰, 農業および園芸, 97巻, 2号, pp. 153-158, 20220201
  14. 酪農の働き方改革と持続可能性ードイツの搾乳ロボットの導入を事例にー, 中酪情報, 597号, pp. 2-4, 20220131
  15. Determination of Paddy Rice Yield in the Context of Farmers’Adoption of Multiple Technologies in Colombia, International Journal of Plant Production, pp. 1-12, 20211029
  16. The impact of cooperative participation on income: the case of vegetable production in Vietnam, Journal of Agribusiness in Developing and Emerging Economies, 20210928
  17. 海外酪農経営におけるICT導入およびクラスター形成の可能性, 農林業問題研究, 57巻, 3号, pp. 115-122, 20210925
  18. The Export Quality and Firm Heterogeneity of the Food Industry in China, 九州大学大学院農学研究院紀要, 66巻, 2号, pp. 290-305, 20210901
  19. ICTを活用した酪農におけるイノベーションを創出するクラスター形成 : オランダの酪農経営を事例として, 農業および園芸, 96巻, 6号, pp. 495-507, 20210601
  20. Farmer constraints on implementing Good Animal Husbandry Practices in Vietnam: case study on household pig production, Asia-Pacific Journal of Regional Science, 5巻, 2号, pp. 1-18, 20210519
  21. Does the “Productivity Paradox” Exist in the Chinese Food Industry?, JJAE(Japanese Journal of Agricultural Economics):Research Letters, 23巻, pp. 95-100, 20210301
  22. Impact of TPP and the Countermeasures by Japanese Agricultural Corporation: Empirical Analysis Based on A National Survey, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University(九州大学大学院農学研究院紀要), 66巻, 1号, pp. 123-134, 20210301
  23. 先進的大規模酪農経営におけるICT活用による経営革新~本川牧場を事例に~, 畜産の情報, 374号, pp. 58-68, 20201201
  24. Determinants of Technical Efficiency of Maize Production in Son La Province, Vietnam, Journal of Farm Management(農業経営研究), 58巻, 3号, pp. 75-80, 20201025
  25. イノベーションを創出する産業クラスター形成に関する一考察, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 75巻, 2号, pp. 63-71, 20200901
  26. 共通価値の創造によるクラスター形成とイノベーション : 食品製造企業における酪農生産の取り組みを事例として, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 75巻, 2号, pp. 37-46, 20200901
  27. 食料産業クラスターの類型化と新たな展開 : 研究開発・実用化型クラスターに着目して, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 75巻, 2号, pp. 47-61, 20200901
  28. Are There Differences in Technical, Allocative, and Cost Efficiencies Among Production Scales? The Case of Vietnamese Household Pig Production, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 65巻, 2号, pp. 379-388, 20200901
  29. Two–Stage DEA on Technical Efficiency and the Effect of Water Management on Rice Production of 122 Paddy Fields from a Large–Scale Farm in Japan, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 65巻, 1号, pp. 173-181, 20200201
  30. The Adoption of the Latin American Rice Production System through the Implementation of Advanced Field Management Practices: An Evaluation of Technology Adoption Patterns and the Impact on Yield in Colombia, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 65巻, 1号, pp. 183-191, 20200201
  31. Determining the Effects of Nitrogen Fertilizer and Soil Chemical Properties on Rice Yield: Evidence from a Large-Scale Farm in Hokuriku Region, Japan, INTERNATIONAL JOURNAL OF PLANT PRODUCTION, 13巻, 4号, pp. 329-338, 20191201
  32. The impact of VietGAHP implementation on Vietnamese households' pig production, ENVIRONMENT DEVELOPMENT AND SUSTAINABILITY, 22巻, 8号, pp. 7701-7725, 20191201
  33. 大規模水田経営における多品種栽培による多角化戦略, 農業と経済, 85巻, 9号, pp. 33-42, 20190901
  34. 農業法人におけるICT費用対効果の評価に関する因子分析, 農業情報研究, 28巻, 1号, pp. 1-12, 20190401
  35. 畜産経営におけるICT活用の取り組みとクラスター形成, 農業と経済, 85巻, 3号, pp. 135-145, 20190301
  36. 畜産クラスター形成による生産拠点創出と競争力強化 (特集 生産基盤強化と働き方改革に向けた取り組み), 畜産の情報 = Livestock industries information, 352号, pp. 27-41, 20190201
  37. Impact of VietGAP Tea Production on Farmers' Income in Northern Vietnam, Japanese Journal of Farm Management(農業経営研究), 56巻, 04号, pp. 100-105, 20190101
  38. How do human values influence the beef preferences of consumer segments regarding animal welfare and environmentally friendly production?, MEAT SCIENCE, 146巻, pp. 75-86, 20181201
  39. トウモロコシ作のコントラクタ事業を確立し拡大続ける取り組み (特集 国産濃厚飼料利用の拡大に向けて), 畜産コンサルタント, 54巻, 12号, pp. 48-51, 20181201
  40. 農業法人の輸出取組と経営規模・収益性:全国アンケート分析, 56巻, 3号, pp. 15-20, 20181001
  41. 稲作法人経営における作業効率向上のコスト低減効果―FVS-FAPSを用いた最適営農計画による分析―, 農業情報研究, 27巻, 3号, pp. 53-63, 20181001
  42. Production efficiency and effect of water management on rice yield in Japan: two-stage DEA model on 110 paddy fields of a large-scale farm, PADDY AND WATER ENVIRONMENT, 16巻, 4号, pp. 643-654, 20181001
  43. ★, 稲作法人経営における多角化戦略と経営革新, 農林業問題研究, 54巻, 3号, pp. 117-124, 20180901
  44. Farmer's Perceptions on Agricultural Risks and their Determinants: The Case of Tea Production in Thai Nguyen Province, Vietnam, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 63巻, 2号, pp. 479-485, 20180901
  45. Effect of Topdressing at Panicle by Pouring Nitrogen Fertilizer Application on Growth, Yield of Rice and Labor Cost of Fertilization in Large-Scale Paddy Feild, JOURNAL OF THE FACULTY OF AGRICULTURE KYUSHU UNIVERSITY, 63巻, 2号, pp. 487-494, 20180901
  46. Farmers' Perceptions of Government's Rice Export Policy: A Case in Southern Cambodia, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 63巻, 2号, pp. 469-477, 20180901
  47. 先進的法人経営にみる人的資源管理の現状と課題 : 人的資源の活用と経営成長 (特集 周年雇用に踏み出す : 農業経営のステップ・アップ), 農業と経済, 84巻, 8号, pp. 15-28, 20180901
  48. Impact of soil chemical properties on rice yield in 116 paddy fields sampled from a large-scale farm in Kinki Region, Japan, IOP Conference Series: Earth and Environmental Science, 185巻, pp. 1-6, 20180801
  49. Analysis of the Factors Influencing the Technical Efficiency among Oil Palm Smallholder Farmers in Indonesia, Procedia Environmental Sciences, 28巻, pp. 630-638, 20180701
  50. 仮想カタログ法によるIT生産管理サービスの評価―稲作経営体における収穫・水管理・施肥を対象として―, 農業情報研究, 27巻, 2号, pp. 39-52, 20180601
  51. SATREPS「コロンビア」統合的稲作農業への挑戦(4)コロンビア稲作経営の実態と技術ニーズ : 中央地域イバゲにおけるアンケート調査分析, 農業および園芸, 93巻, 6号, pp. 526-535, 20180601
  52. コロンビアにおける稲作イノベーションへの挑戦とそのインパクト : 稲作専門農協FEDEARROZによる大規模技術移転プログラムAMTEC, 農業および園芸, 93巻, 6号, pp. 517-525, 20180601
  53. SATREPS「コロンビア」統合的稲作農業への挑戦(3)コロンビア稲作経営の現状,課題および展望, 農業および園芸, 93巻, 5号, pp. 447-457, 20180501
  54. 地域シンポジウム「都市近郊農業における多様な事業展開と新たな挑戦ー糸島の「食」と「農」の連携と将来展望ー」 座長解題, 農業経営研究, 56巻, 1号, pp. 75-76, 20180401
  55. Profit efficiency of tea farmers: case study of safe and conventional farms in Northern Vietnam, Environment, Development and Sustainability, 21巻, 4号, pp. 1695-1713, 20180201
  56. The Impact of Microfinance on Household Welfare in Rural Vietnam: A Case Study in Phu Tho Province, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 63巻, 1号, pp. 185-189, 20180201
  57. 農業法人経営の経営規模と収益性 : 全国アンケート調査多年次分析, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌 = Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University, 73巻, 1号, pp. 9-16, 20180201
  58. 畜産経営におけるICT活用率とその費用対効果 : 畜種別比較分析, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌 = Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University, 73巻, 1号, pp. 1-8, 20180201
  59. 人間の価値観と消費者の動物福祉や地球環境に配慮した牛肉に対する購買行動との関連性 : 牛肉の新しい評価軸の検討, 畜産の情報 = Livestock industries information, 339号, pp. 52-61, 20180101
  60. Fertilizer nitrogen, soil chemical properties and their determinacy on rice yield: evidence from 92 paddy fields of a large-scale farm in the Kanto Region of Japan, IOP Conf. Series: Earth and Environmental Science, 77巻, pp. 1-8, 20170701
  61. Cereal Crop Farm Planning Under Uncertain Conditions in Afghanistan-A Mathematical Programming Approach-, Japanese Journal of Farm Management(農業経営研究), 55巻, 2号, pp. 117-122, 20170701
  62. 牛乳の安全性・リスクに対する消費者意識 : 内モンゴル自治区の大学生を対象としたアンケート分析, 農業および園芸, 92巻, 2号, pp. 97-112, 20170201
  63. Analysis of Demands for Farming Technologies and Appropriate Transfer Methods of Rice Farmers in Ibague, Tolima, Colombia, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 62巻, 2号, pp. 245-253, 20170201
  64. Farmers’ Perceptions on Agricultural Technical Service and Its Determinants in Colombia : A Case Study of Fedearroz Service in Ibague Province, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 62巻, 2号, pp. 237-244, 20170201
  65. Profit Efficiency of Rice Farmers in Cambodia The Differences between Organic and Conventional Farming, Journal of Sustainable Development, 9巻, 6号, pp. 34-45, 20161101
  66. 中国・内モンゴル自治区における環境問題への取り組み, 農業および園芸, 91巻, 11号, pp. 1085-1097, 20161101
  67. Factors Affecting Farmers' Uses of Information Sources in Vietnam, 農業情報研究, 25巻, 3号, pp. 96-104, 20160901
  68. ★, 牛肉の購買行動における消費者意識構造の把握:―共分散構造分析を用いた解析―, 農林業問題研究, 52巻, 3号, pp. 160-165, 20160901
  69. Cereal Crop Farm Planning for Profit Maximization in Afghanistan, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 61巻, 2号, pp. 401-406, 20160901
  70. (株)さかうえ : 鹿児島県志布志市 (特集 「規制改革議論」と現場の実像) -- (農業資材市場 : 農業経営はどう選択しているか), 農業と経済, 82巻, 9号, pp. 84-88, 20160901
  71. 農業経営における事業展開,経営管理と経営者意識の関係 : 農業法人経営を対象とした全国アンケート調査分析, 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌, 71巻, 2号, pp. 47-58, 20160901
  72. 日本における農産物生産コスト低減の現実基礎とルート選択:水稲を例にして, 世界農業, 445巻, pp. 164-170, 20160501
  73. Determinants of Paddy Yield of Individual Fields Measured by IT Combine: Empirical Analysis from the Perspective of Large-Scale Farm Management in Japan, 農業情報研究, 25巻, 1号, pp. 39-46, 20160401
  74. 農業法人の経営発展と経営者育成, 農業経営研究, 54巻, 1号, pp. 25-37, 20160401
  75. 低コスト・省力化,軽労化技術等の開発―農家の作業技術の数値化及びデータマイニング手法の開発―第1章「農匠ナビ」全体システム設計・開発・評価 1「農匠ナビ」全体システム設計・実証および農作業連続計測・可視化・データマイニング基盤技術の研究開発, 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果, 543号, 20160331
  76. Technical Efficiency and its Determinants in Household Pig Production in Vietnam: A DEA Approach, The Japanese Journal of Rural Economics, 18巻, pp. 56-61, 20160301
  77. Variation and Determinants of Rice Yields among Individual Paddy Fields : Case Study of a Large-Scale Farm in the Kanto Region of Japan, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 61巻, 1号, pp. 205-214, 20160229
  78. Assessment of the premium on rice yield and rice income from adoption of organic rice farming for Cambodian farmers: an application of endogenous switching regression, Journal of Agricultural Economics and Development, 5巻, 2号, pp. 205-214, 20160201
  79. Households' Perception of Risk Management Strategies in Pig Production in Vietnam : A Case Study of Quynh Phu District, Thai Binh Province, Japanese Journal of Farm Management(農業経営研究), 53巻, 4号, pp. 90-95, 20160101
  80. Impact of Oil Palm Expansion on Farmers' Crop Income and Poverty Reduction in Indonesia: An Application of Propensity Score Matching, Journal of Agricultural Science, 8巻, 1号, pp. 119-131, 20160101
  81. Determinants of Biogas Adoption in Manure Management of Vietnamese Household Pig Production : A Case Study in Tien Lu District, Hung Yen Province, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 60巻, 2号, pp. 577-581, 20150918
  82. Farmers' Perception of Loss in Post–harvest of Rice Yield in Cambodia, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 60巻, 2号, pp. 569-576, 20150918
  83. Factors Determining Household Level Farmers' Decisions to Expand Oil Palm Farmland in Indonesia, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 60巻, 2号, pp. 563-568, 20150918
  84. Impact Assessment of the Varieties and Cultivation Methods on Paddy Yield : Evidence from a Large-scale Farm in the Kanto Region of Japan, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 60巻, 2号, pp. 529-534, 20150918
  85. 飼養管理意識が酪農経営に及ぼす影響―徳島県の牛群検定農家を事例として―, 畜産技術体系 畜産編 追録34号, 376巻, pp. 58-69, 20150901
  86. IDENTIFICATION OF INFORMATION SOURCES INFLUENCING THE TECHNICAL INEFFICIENCY OF CROP FARMERS IN VIETNAM, Asian Journal of Science and Technology, 6巻, 8号, pp. 1677-1683, 20150801
  87. 大規模稲作経営における技術・技能向上および規模拡大のコスト低減効果―FAPS-DBを用いたシミュレーション分析―, 農業情報研究, 24巻, 2号, pp. 35-45, 20150701
  88. Determinants Influencing on Individual Income from Maize in Northwest Vietnam : Case Study in Son La Province, Japanese Journal of Farm Management(農業経営研究), 53巻, 2号, pp. 79-84, 20150701
  89. Impacts of Organic Rice Farming on Production Performance in Cambodia : An Application of Propensity Score Matching, Japanese Journal of Farm Management(農業経営研究), 53巻, 2号, pp. 85-90, 20150701
  90. Productive Efficiency of Crop Farms in Viet Nam: A DEA with a Smooth Bootstrap Application, Journal of Agricultural Science, 7巻, 5号, pp. 37-46, 20150401
  91. 営農可視化システムFVSによる農作業技術・技能の定量的分析―田植え技術・技能の作業者間比較―, 農業情報研究, 23巻, 4号, pp. 175-186, 20141201
  92. MANAGERMODELS OF SMART PADDY AGRICULTURE AND THE ADOPTION OF GAP IN JAPAN, The 8th International Symposium on the East Asian Environmental Problems (EAEP2014), pp. 130-135, 20141201
  93. Evaluating the Economic Return to Participatory Commune Cultural Post Offices in Viet Nam - An Endogenous Switching Regression Model Approach, European Journal of Social Sciences, 44巻, 4号, pp. 474-487, 20141001
  94. Relationship Between Dietary Diversity and Perceived Food Security Status in Indonesia : A Case of Households in The North Luwu of South Sulawesi Province, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University (九州大学大学院農学研究院紀要), 59巻, 2号, pp. 399-404, 20140829
  95. 地域資源を維持する企業的農業経営体 : ガバナンスと経営管理とに着目して (特集 検証! 農業法人化 : 土地利用型農業を中心に) -- (なぜ、法人化か?), 農業と経済, 80巻, 6号, pp. 25-35, 20140601
  96. 農企業ネットワークによる六次産業化の形成と課題, 農林業問題研究, 50巻, 1号, pp. 25-30, 20140301
  97. 六次産業化を駆動する農企業戦略論研究の課題と展望 : ガバナンスとコンフリクトを基調として, 生物資源経済研究, 19号, pp. 73-94, 20140301
  98. 線形計画法を用いた耕畜連携システムの環境・経済性評価法の確立:国家レベルでの水田利活用の検討, 日本畜産学会報, 84巻, 4号, pp. 475-486, 20131101
  99. 環境負荷と経済性の両面から見た交雑種(F_1)生産における持続可能性の評価, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 84巻, 2号, pp. 191-201, 20130525
  100. 京都府・滋賀県における農商工連携の現状と課題, 社会科学研究年報, 44号, pp. 227-236, 20130501
  101. 酪農経営における飼養管理意識に関する分析 : 徳島県の牛群検定農家を対象に, 農林業問題研究, 48巻, 4号, pp. 437-447, 20130325
  102. 中国内モンゴル自治区の牧畜地帯における酪農経営の実態と課題 : シリンゴル盟の2村を事例として (河村能夫教授退職記念号), 龍谷大学経済学論集, 52巻, 3号, pp. 201-216, 20130301
  103. 中国内モンゴル自治区における乳業メーカーと酪農家の現状と課題, 地域学研究, 42巻, 4号, pp. 1031-1044, 20130301
  104. 次世代を担う農企業戦略論研究の課題と展望, 生物資源経済研究, 18号, pp. 43-60, 20130301
  105. 中国内蒙古自治区における農業生産構造の変化が農家所得に及ぼす影響, 地域学研究, 42巻, 2号, pp. 223-240, 20121001
  106. わが国ワイン産業のネットワーク構造と作業受委託事業, 日本ブドウ・ワイン学会, 23巻, 1号, pp. 13-24, 20120901
  107. Stable carbon and nitrogen isotope analysis as a tool for inferring beef cattle feeding systems in Japan, FOOD CHEMISTRY, 134巻, 1号, pp. 502-506, 20120901
  108. 六次産業化を担う農企業経営者像, 農林金融, 65巻, 7号, pp. 46-54, 20120701
  109. 中国内モンゴル自治区における生態移民農家の実態と課題, 農業経営研究, 50巻, 1号, pp. 106-111, 20120625
  110. Status and Prospects of the Private-Enterprise-Linkage(PEL)Dairy Production in Inner Mongolia, China: A Case of a Dairy Enterprise in Hohhot, Asian Rural Sociology, pp. 185-195, 20110901
  111. ★, 中国内モンゴル自治区における農業生産構造の規定要因に関する研究, システム農学, 27巻, 3号, pp. 75-90, 20110701
  112. 農業法人およびコントラクタ等の農作業安全に関する実態調査研究, 農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター農業機械化研究所試験研究成績, pp. 19-37, 20110531
  113. 中国内モンゴル自治区における私企業リンケージ(PEL)型酪農の現状と課題 : フフホト市の乳業メーカーと酪農家を事例として, 農林業問題研究, 46巻, 1号, pp. 141-147, 20100625
  114. わが国の和牛繁殖経営における自給飼料生産の変遷と自給飼料利用への方策, 畜産の情報, 240号, pp. 61-70, 20091001
  115. 肉用繁殖雌牛経営における国産自給飼料の利活用の変遷と今後の展望(2), 畜産の研究, 63巻, 9号, pp. 912-922, 20090901
  116. 肉用繁殖雌牛経営における国産自給飼料の利活用の変遷と今後の展望(1), 畜産の研究, 63巻, 8号, pp. 785-791, 20090801
  117. 飼料イネ生産が肉用牛繁殖経営農家における窒素, リンおよびカリウムの利用状況に及ぼす影響, 肉用牛研究会報, 86巻, pp. 14-21, 20081218
  118. Analysis of growth patterns in purebred Kambing Katjang goat and its crosses with the German Fawn, Small Ruminant Research, 80巻, 1-3号, pp. 8-15, 20080701
  119. ★, 肉用牛経営における個別属性や経営意識が枝肉成績に及ぼす影響 : 大分県の個別経営を対象に, 農業経営研究, 46巻, 1号, pp. 53-58, 20080625
  120. Effect of parental genotypes and paternal heterosis on litter traits in crossbred goats, Journal of Animal Breeding and Genetic, 25巻, pp. 84-88, 20080401
  121. 徳島県高志地区におけるイネ発酵粗飼料利用農家の分類と意識調査, システム農学, 23巻, 4号, pp. 317-325, 20071001
  122. 日本ザーネン種ヤギにおける泌乳曲線のパラメータに影響を与える要因, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 78巻, 2号, pp. 139-145, 20070525
  123. 肉用牛経営の個別属性や経営意識が家畜排泄物の処理・利用に及ぼす影響, 農林業問題研究, 43巻, 1号, pp. 51-56, 20070301
  124. 乳牛と肉牛における窒素排泄量の予測と比較, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 77巻, 4号, pp. 485-494, 20061125
  125. Fit of Wood's function to weekly records of milk yield, total digestible nutrient intake and body weight changes in early lactation of multiparous Holstein cows in Japan, LIVESTOCK SCIENCE, 104巻, 1-2号, pp. 156-164, 20061001
  126. Comparison of Nitrogen Utilization and Excretion in Dairy and Beef Cattle, The 12th Animal Science Congress of Asian-Australian Association of Animal Production Societies, 20060901
  127. 肥育農家の属性や意識が枝肉成績に及ぼす影響, 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science, 77巻, 2号, pp. 289-294, 20060525
  128. 京都の伝統産業と東西本願寺門前町に関する総合的調査研究 東西本願寺門前町「元学区」地域社会経済統計データ構築--時系列データにおける欠損値の回帰方程式による推定方法について, 社会科学研究年報, 36号, pp. 51-61, 20060501
  129. 昭和初期から現在までの和牛雌牛の発育様相の変遷に関する一検討, 肉用牛研究会報, 79巻, pp. 9-14, 20050627
  130. 家畜ふん尿処理システムに対する住民意識の分析, システム農学, 21巻, 1号, pp. 15-24, 20050410
  131. 東西本願寺門前町「元学区」地域社会経済統計データ構築, 学術コンソーシアム通信 特別編 共同研究プロジェクト中間報告集, pp. 59-79, 20050301
  132. 一般廃棄物統計のパネルデータのデータ特性とごみ排出量の動態過程に関する統計的一吟味, 統計学, 86号, pp. 1-19, 20040301
  133. 京都府市区町村レベルにおける小売商業の地域類型化--小売構造に関する研究, 龍谷大学経済学論集, 43巻, 3号, pp. 63-88, 20031201
  134. 京都府市区町村レベルにおける小売商業の地域類型化--小売環境と小売成果に関する研究, 龍谷大学経済学論集, 43巻, 1号, pp. 43-70, 20030601

著書等出版物

  1. 2022年03月31日, 畜産業のクラスター形成と経営イノベーション, 養賢堂, 2022年, 03, 単行本(学術書), 単著, J, 長命洋佑, 978-4842505855, 212, 212
  2. 2022年03月31日, デジタル・ゲノム革命時代の農業イノベーション, 酪農におけるゲノム技術の活用とイノベーション, 農林統計出版, 2022年, 03, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 長命洋佑・広岡博之・横溝功・南石晃明, 978-4-89732-456-2, 340, 127-151
  3. 2022年03月31日, デジタル・ゲノム革命時代の農業イノベーション, デジタル技術を活用した酪農におけるイノベーションとクラスター形成, 農林統計出版, 2022年, 03, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 長命洋佑・南石晃明・横溝功, 978-4-89732-456-2, 340
  4. 2022年03月31日, デジタル・ゲノム革命時代の農業イノベーション, 搾乳ロボットによる酪農の働き方改革と持続可能性, 農林統計出版, 2022年, 03, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 横溝功・南石晃明・長命洋佑・佐藤正衛・東口阿希子, 978-4-89732-456-2, 340, 24, 103-126
  5. 2022年03月31日, デジタル・ゲノム革命時代の農業イノベーション, 稲作経営における農業用ロボットの導入効果と技能, 農林統計出版, 2022年03月, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 馬場研太・南石晃明・長命洋佑, 978-4-89732-456-2, 340, 183-208
  6. 2021年11月30日, SDGsに向けた生物生産学入門, 農業・食料を取り巻く新たな動き, 共立出版, 2021年11月30日, 単行本(学術書), 分担執筆, J, 三本木 至宏監修・上田 晃弘・杉野 利久・鈴木 卓弥・冨山 毅・船戸 耕一編, 978-4-320-05831-6, 256, 226-230
  7. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Smart Rice Farming, Managerial Model and Empirical Analysis, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 1-25
  8. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Variation in Rice Yields and Determinants Among Paddy Fields, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 27-48
  9. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Impact of Rice Variety and Cultivation Regime Through ANOVA, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 49-60
  10. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Identifying the Rice Yield Determinants Among Comprehensive Factors, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 61-75
  11. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Path Analysis on the Interacting Determinants and Paddy Yield, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 77-90
  12. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Path Analysis on the Interacting Determinants and Paddy Yield, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 91-102
  13. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Path Analysis on the Interacting Determinants and Paddy Yield, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 103-120
  14. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Impact of Soil Fertility in 116 Paddy Fields of Kinki Region, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 121-130
  15. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Production Efficiency and Irrigation of 110 Paddy Fields in Kanto Region, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 131-150
  16. 2021年02月14日, Empirical Analyses on Rice Yield Determinants of Smart Farming in Japan, Two-Stage DEA of 122 Paddy Fields in Hokuriku Region, Springer, 2021年02月14日, 202102, 単行本(学術書), 分担執筆, 英語, Dongpo Li and Teruaki Nanseki [Editors], 978-981-33-6255-0, 170, 151-166
  17. 2020年04月01日, 地域を支える「農企業」農業経営がつなぐ未来, 酪農生産の動向とクラスター展開-中国内モンゴル-, 昭和堂, 2020年, 4, 単行本(学術書), 分担執筆, 小田滋晃・横田茂永・川﨑訓昭[編著], 4812219205, 194, 143-159
  18. 2019年08月01日, Entrepreneurship and Innovation in Japanese Agriculture, Business and manager Development in Agricultural Corporations : A Case Study from Japan, 2019年, 8, 単行本(学術書), 分担執筆, Akira Kiminami Editor, 9811380546, 180, 31-50
  19. 2019年05月01日, 新スマート農業―進化する農業情報利用―, 農業経営におけるICT活用の動向と事例, 農林統計出版, 2019年, 5, 単行本(学術書), 分担執筆, 農業情報学会編, 4897324076, 500, 206-207
  20. 2019年05月01日, 新スマート農業―進化する農業情報利用―, ICT/RTが稲作経営に及ぼす効果・影響, 農林統計出版, 2019年, 5, 単行本(学術書), 分担執筆, 農業情報学会編, 4897324076, 500, 94-95
  21. 2019年02月01日, 稲作スマート農業の実践と次世代経営の展望, 稲作経営におけるTPPの影響と対応策, 養賢堂, 2019年, 2, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石晃明[編著], 4842505729, 364, 274-291
  22. 2019年02月01日, 稲作スマート農業の実践と次世代経営の展望, 稲作経営の経営管理と情報マネジメント-他作目と比較した特徴-, 養賢堂, 2019年, 2, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石晃明[編著], 4842505729, 364, 252-273
  23. 2019年01月01日, 「農企業」のムーブメント-地域農業のみらいを拓く-, 食料産業クラスターの可能性-新たな地域ビジネスモデル構築に向けて-, 昭和堂, 2019年, 1, 単行本(学術書), 分担執筆, 小田滋晃・坂本清彦・川﨑訓昭・横田茂永[編著], 200, 27-45
  24. 2017年12月01日, 「農企業」のリーダーシップ-先進的農業経営体と地域農業-, 農業法人における経営戦略と地域での取り組み-先進的稲作法人を事例として-, 昭和堂, 2017年, 12, 単行本(学術書), 分担執筆, 小田滋晃・伊庭治彦・坂本清彦・川﨑訓昭[編著], 4812217016, 186, 83-97
  25. 2017年04月01日, 酪農経営の変化と食料・環境政策―中国内モンゴル自治区を対象として, 養賢堂, 2017年, 4, 単行本(学術書), 長命 洋佑, 4842505567, 4842505567, 209, 1-209
  26. 2016年12月01日, 次世代型農業の針路:農企業のアントレプレナーシップ―攻めの農業と地域農業の堅持―, 大規模稲作経営における経営戦略と経営技術パッケージ-農匠ナビ1000プロジェクトを事例に-, 昭和堂, 2016年, 12, 単行本(学術書), 分担執筆, 小田滋晃・坂本清彦・川﨑訓昭[編著], 4812216087, 199, 71-86
  27. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 農業経営に対するTPP の影響と対応策-全国アンケート調査分析-, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 254-277
  28. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 農業経営におけるICT 活用の費用対効果-全国アンケート調査分析-, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 240-253
  29. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, IT コンバインによる圃場内水稲収量マップ作成の実証分析, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 217-223
  30. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, FVS 農作業映像データ収集・統合手法の分類と特徴, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 184-189
  31. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 水田センサネットワークと融合したFVS クラウドシステムによる営農可視化, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 168-178
  32. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 稲作ビッグデータ解析による品種・栽培様式圃場別収量決定要因分析, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 128-135
  33. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 九州地域30ha 稲作経営の戦略と革新-AGL を事例として-, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 92-105
  34. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 北陸地域30ha 稲作経営の戦略と革新-ぶった農産を事例として-, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 74-90
  35. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 関東地域100ha 稲作経営の戦略と革新-横田農場を事例として-, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 56-72
  36. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 近畿地域150ha 稲作経営の戦略と革新-フクハラファームを事例として-, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 40-55
  37. 2016年02月24日, TPP時代の稲作経営革新とスマート農業 : 営農技術パッケージとICT活用, 大規模稲作経営の経営戦略と革新, 養賢堂, 2016年, 2, 単行本(学術書), jpn, 南石 晃明; 長命 洋佑; 松江 勇次[編著], 4842505427, 285, 24-39
  38. 2016年02月01日, 人口減少化における地域経済の再生ー京都・滋賀・徳島に見る取り組みー, 畜産経営における経営革新と新たな事業展開-農商工連携・6次産業化に取り組む経営を事例として-, 新評論, 2016年, 2, 単行本(学術書), 分担執筆, 松岡憲司[編著], 4794810326, 226, 89-110
  39. 2015年11月30日, いま問われる農業戦略:規制・TPP・海外展開 (シリーズ・いま日本の「農」を問う), 次世代型農業の経営戦略-日本農業における六次産業化-, ミネルヴァ書房, 2015年, 11, 単行本(学術書), 長命洋佑; 川崎訓昭; 長谷 祐; 小田滋晃; 吉田 誠; 坂上 隆; 岡本重明; 清水三雄; 清水俊英[著], 4623073084, 4623073084, 352, 3-62
  40. 2015年10月01日, 最新 農業技術 畜産 Vol.8 特集 乳牛を長生きさせたい, 飼養管理意識が酪農経営に及ぼす影響-徳島県の牛群検定農家を事例として-, 2015年, 10, 単行本(学術書), 分担執筆, 農文協編, 4540150561, 255, 11-22
  41. 2015年03月16日, 中国における農業環境・食料リスクと安全確保 (九州大学 東アジア環境研究叢書Ⅰ), 食品安全に対する消費者の意識・行動, 花書院, 2015年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石 晃明; 宋 敏; 東アジア環境研究機構; フードリスク研究グループ, 4865610138, 4865610138, 129, 76-101
  42. 2015年03月16日, 中国における農業環境・食料リスクと安全確保 (九州大学 東アジア環境研究叢書Ⅰ), 食品安全に対する消費者の意識・行動, 花書院, 2015年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石 晃明; 宋 敏; 東アジア環境研究機構; フードリスク研究グループ, 4865610138, 4865610138, 129, 52-74
  43. 2015年03月16日, 中国における農業環境・食料リスクと安全確保 (九州大学 東アジア環境研究叢書Ⅰ), 農業環境に対する農家と消費者の意識, 花書院, 2015年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石 晃明; 宋 敏; 東アジア環境研究機構; フードリスク研究グループ, 4865610138, 4865610138, 129, 26-49
  44. 2015年03月16日, 中国における農業環境・食料リスクと安全確保 (九州大学 東アジア環境研究叢書Ⅰ), 環境問題と食品安全問題, 花書院, 2015年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石 晃明; 宋 敏; 東アジア環境研究機構; フードリスク研究グループ, 4865610138, 4865610138, 129, 2-24
  45. 2015年01月01日, 農業新時代の技術・技能伝承ーICTによる営農可視化と人材育成ー, 営農可視化システムFVS-PC Viewerによる作業ノウハウ・技能の伝承支援, 農林統計出版, 2015年, 1, 単行本(学術書), 分担執筆, 南石晃明;藤井吉隆[編著], 251, 183-202
  46. 2014年12月01日, 農業経営の未来戦略〈2〉躍動する「農企業」―ガバナンスの潮流 (農業経営の未来戦略 2), 「農企業」ネットワークの形成とその特徴, 昭和堂, 2014年, 12, 単行本(学術書), 小田 滋晃; 長命 洋佑;川崎 訓昭; 坂本 清彦;[編著], 4812214270, 4812214270, 234, 40-55
  47. 2014年12月01日, 農業経営の未来戦略〈2〉躍動する「農企業」―ガバナンスの潮流 (農業経営の未来戦略 2), 躍動する「農企業」の六次産業化事業とその展開, 昭和堂, 2014年, 12, 単行本(学術書), 小田 滋晃; 長命 洋佑;川崎 訓昭; 坂本 清彦;[編著], 4812214270, 4812214270, 234, 2-35
  48. 2013年12月01日, 農業経営の未来戦略〈1〉動き始めた「農企業」 (農業経営の未来戦略 1), 食農連携をめぐる新たな動き, 昭和堂, 2013年, 12, 単行本(学術書), 小田 滋晃;長命 洋佑; 川崎 訓昭 [編著], 4812213487, 4812213487, 244, 112-132
  49. 2013年12月01日, 農業経営の未来戦略〈1〉動き始めた「農企業」 (農業経営の未来戦略 1), 次世代を担う「農企業」戦略, 昭和堂, 2013年, 12, 単行本(学術書), 小田 滋晃;長命 洋佑; 川崎 訓昭 [編著], 4812213487, 4812213487, 244, 17-38
  50. 2013年12月01日, 農業経営の未来戦略〈1〉動き始めた「農企業」 (農業経営の未来戦略 1), 「農企業」を取り巻く情勢変化, 昭和堂, 2013年, 12, 単行本(学術書), 小田 滋晃;長命 洋佑; 川崎 訓昭 [編著], 4812213487, 4812213487, 244, 2-16
  51. 2013年04月01日, 経済成長のダイナミズムと地域格差―内モンゴル自治区の産業構造の変化と社会変動―, 内モンゴル酪農における産業化-私企業リンケージ展開-, 晃洋書房, 2013年, 4, 単行本(学術書), 分担執筆, 河村能夫[編著], 4771024383, 247, 106-117
  52. 2013年04月01日, 経済成長のダイナミズムと地域格差―内モンゴル自治区の産業構造の変化と社会変動―, 内モンゴル農業生産構造の規定要因, 晃洋書房, 2013年, 4, 単行本(学術書), 分担執筆, 河村能夫[編著], 4771024383, 247, 80-105
  53. 2013年04月01日, 経済成長のダイナミズムと地域格差―内モンゴル自治区の産業構造の変化と社会変動―, 中国の酪農生産構造における内モンゴルの特徴, 晃洋書房, 2013年, 4, 単行本(学術書), 分担執筆, 河村能夫[編著], 4771024383, 247, 40-55
  54. 2012年03月01日, 農業経営研究の軌跡と展望, 家畜飼養管理技術の発展, 農林統計協会, 2012年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 日本農業経営学会編, 4897322383, 470, 368-370
  55. 2009年10月01日, 農業におけるキャリア・アプローチ-その展開と論理-, 農業インターンシップによるジョブ・エントリーに向けたキャリア支援, 農林統計協会, 2009年, 10, 単行本(学術書), 分担執筆, 小田滋晃・増渕隆一・金沢夏樹[編著], 4541036568, 359, 288-300
  56. 2007年07月01日, 京都の門前町と地域自立, 統計にみる東西本願寺門前町の現代史, 晃洋書房, 2007年, 7, 単行本(学術書), 分担執筆, 河村能夫[編著], 4771018502, 326, 276-309

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 植物肉・培養肉に対する消費者評価-消費者価値観と動物福祉意識を考慮した分析-, 長命 洋佑, システム農学会2022年度大会, 2022年10月29日, 通常, 日本語
  2. シロアリを摂取したニワトリの鶏肉、鶏卵に対する喫食意思および支払意思額, 中村 颯一郎・塚原 洋子・長命 洋佑・熊谷 元・広岡 博之, システム農学会2022年度大会, 2022年10月29日, 通常, 日本語
  3. 農業外企業主導による連携法人の設立・発展 ―広島県におけるK社を事例として―, 長命洋佑・細野賢治, 第72回地域農林経済学会大会, 2022年10月23日, 通常, 日本語
  4. 農業経営発展に向けた課題解決実践に関する一考察 -広島県における発展段階別公的支援を事例に, 細野賢治・長命洋佑, 第72回地域農林経済学会大会, 2022年10月23日, 通常, 日本語
  5. 定住を促進する農村における混住化の下での集落機能の現状と課題-京都府綾部市志賀郷地区の自治組織のあり方に注目して-, 藤井 善仁・細野 賢治・長命 洋佑, 第72回地域農林経済学会大会, 2022年10月23日, 通常, 日本語
  6. 都市農業における産地形成の可能性 -広島市川内地区における広島菜産地の形成要因-, 山本愛永, 細野賢治・長命洋佑, 第72回地域農林経済学会大会, 2022年10月22日, 通常, 日本語
  7. シロアリを含む飼料を給与されたニワトリの鶏肉・鶏卵に対する消費者の喫食意思, 中村颯一郎・塚原洋子・長命洋佑・熊谷 元・広岡博之, 令和4年度 第72回関西畜産学会大会(岡山大会), 2022年10月16日, 通常, 日本語
  8. 農業経営における経営成長とM&A, 長命洋佑, 令和4年度日本農業経営学会研究大会, 2022年09月09日, 招待, 日本語
  9. 内発的発展型地域活性化を促すリーダー像に関する一考察ー条件不利地域で活動するO氏に対するライフヒストリー分析からー, 岸野遼楠・細野賢治・長命洋佑, 2022年度食農資源経済学会第16回大会, 2022年08月28日, 通常, 日本語
  10. 集落法人運営の持続性向上に寄与する新規就農者との連携メカニズムー広島県世羅町のH法人を事例としてー, 小迫高・細野賢治・長命洋佑, 2022年度食農資源経済学会第16回大会, 2022年08月28日, 通常, 日本語
  11. 小規模酒蔵の都市農村交流による流通改変に関する研究, 大坪史人・細野賢治・長命洋佑, 2022年度食農資源経済学会第16回大会, 2022年08月28日, 通常, 日本語
  12. 持続可能社会をめざした「食品リサイクルループ」の構築-愛媛県松山市風早有機の里づくり推進協議会を事例に-, 宇野真樹・細野賢治・長命洋佑, 日本農業市場学会2022 年度大会, 2022年07月01日, 通常, 日本語, 日本農業市場学会, 摂南大学
  13. 農村コミュニティの持続可能性と 自治会組織の存在意義 -京都府綾部市志賀郷地区を事例として-, 藤井善仁・細野賢治・長命洋佑, 日本農業市場学会2022 年度大会, 2022年07月01日, 通常, 日本語, 日本農業市場学会, 摂南大学
  14. 農業法人における地域農業への貢献意識 ー法人属性・事業展開・自社評価情報に着目したアンケート分析ー, 長命洋佑・井上憲一・南石晃明, 農業情報学会2022年度年次大会, 2022年05月22日, 通常, 日本語
  15. 稲作法人経営におけるロボット技術活用に関するアンケート分析―設立経緯やICT・情報マネジメントに着目した予備的分析―, 馬場研太、南石晃明、長命洋佑、上西良廣, 農業情報学会2022年度年次大会, 2022年05月22日, 通常, 日本語
  16. Determinants of the Product Innovation Implementation in Japanese Agricultural Corporations, NGUYEN Thi Ly, NGUYEN Thi Ly, NANSEKI Teruaki, UENISHI Yoshihiro, CHOMEI Yosuke, Mi Jie, The 10th ASAE International Conference, 2021年12月07日, 通常, 英語
  17. Impact of TPP and the countermeasures by Japanese agricultural corporations: empirical analysis based on a national survey, LI Dongpo, LI Dongpo, NANSEKI Teruaki, CHOMEI Yosuke, The 10th ASAE International Conference, 2021年12月06日, 通常, 英語
  18. Determinants of ICT and smart farming technology adoption by agricultural corporations in Japan, MI Jie, MI Jie, NANSEKI Teruaki, CHOMEI Yosuke, UENISHI Yoshihiro, NGUYEN Thi Ly, The 10th ASAE International Conference, 2021年12月06日, 通常, 英語
  19. Impacts of smart farming technologies on rice production in Japan: evidences from the large-scale on-farm studies, LI Dongpo, LI Dongpo, NANSEKI Teruaki, CHOMEI Yosuke, The 10th ASAE International Conference, 2021年12月06日, 通常, 英語
  20. 農業法人による地域農業への貢献意識と取り組み ー全国アンケート調査の分析ー, 長命洋佑, 南石晃明, 第71回地域農林経済学会大会, 2021年10月31日, 通常, 日本語, 地域農林経済学会, 島根大学(オンライン)
  21. 農業生産現場から スマート農業の生産者ニーズを探る, 長命洋佑, 細野賢治, 2021年度「中国地域におけるデジタル技術活用促進にかかわる懇談会」, 2021年10月29日, 招待, 日本語
  22. 搾乳ロボットによる酪農の働き方改革と持続可能性ードイツ・ニーダザクセン州を対象にー, 横溝功;南石晃明;長命洋佑;佐藤正衛, 令和3年度日本農業経営学会研究大会, 2021年09月19日, 通常, 日本語
  23. 中山間地域と地元高校における「地域の誇りの醸成」に向けた連携, 福代悟史 長命洋佑 細野賢治, 食農資源経済学会2021年度研究大会, 2021年08月29日, 通常, 日本語, 食農資源経済学会, 別府(オンライン)
  24. 「農業経営者サポート事業」における就農後の 経営技術支援と業務改善, 工藤加奈 細野賢治 長命洋佑, 食農資源経済学会2021年度大会, 2021年08月29日, 通常, 日本語, 食農資源経済学会, 別府(オンライン)
  25. 農業経営統計からスマート農業の生産者ニーズを探る, 細野賢治, 長命洋佑, 「中国地域スマート農業ラボ」開設記念講演会, 2021年08月04日, 招待, 日本語
  26. 条件不利地域において持続可能なコミュニティを生み出すリーダー像-大分県深島を事例として-, 岸野遼楠 長命洋佑 細野賢治, 日本農業市場学会2021年度大会, 2021年07月04日, 通常, 日本語, 日本農業市場学会, 東京(オンライン)
  27. 農外企業の農業参入に向けた取組と経営戦略-広島県における事例をもとに-, 橋本貴一朗 細野賢治 長命洋佑, 日本農業市場学会2021年度大会, 2021年07月04日, 通常, 日本語, 日本農業市場学会, 東京(オンライン)
  28. 農業用ロボットの技能代替効果に関する経営的評価―水稲単作大規模法人経営を事例とした数理計画分析―, 馬場研太; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2021年度年次大会, 2021年05月23日, 通常, 日本語, オンライン, 発表資料
  29. IT/RT による酪農イノベーション-搾乳・給餌ロボットの活用事例-, 長命 洋佑;南石 晃明;横溝 功;東口 阿希子, 農業情報学会2021年度年次大会, 2021年05月23日, 通常, 日本語, オンライン
  30. How Agricultural Financialization Affects China's Sugar Market, Su Peiran・Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 日本農業経済学会 2021年度大会, 2021年03月28日, 通常, オンライン
  31. Measurement and Determinants of Exported Food Quality: Evidence from China’s Firm-level Data, Jie Mi・Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei・Tinggui Chen, 日本農業経済学会 2021年度大会, 2021年03月28日, 通常, オンライン
  32. The Impact of Cooperative Participation on Income: The Case of Vegetable Production in Vietnam, Tran Thi Huong Giang; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 日本農業経済学会 2021年度大会, 2021年03月28日, 通常, オンライン
  33. Determination of Paddy Rice Yield in the Context of Adoption of Multiple Technologies in Colombia, Thi Ly Nguyen; Teruaki Nanseki; Satoshi Ogawa; Yosuke Chomei, 日本農業経済学会 2021年度大会, 2021年03月28日, 通常, オンライン
  34. 農業用ロボットが先進大規模稲作法人経営の生産コストに及ぼす影響 ―作業リスクを考慮した数理計画法による経営的評価―, 馬場研太; 南石晃明; 長命洋佑, 日本農業経済学会 2021年度大会, 2021年03月28日, 通常, オンライン
  35. 酪農イノベーション創出・クラスター形成における飼養頭数と搾乳自動化技術-海外のICT導入酪農経営を事例として-, 長命洋佑; 南石晃明; 横溝功; 佐藤正衛, 第70回地域農林経済学会大会(オンライン大会), 2020年10月11日, 通常, オンライン
  36. 畜産経営におけるICT 活用および経営の「強み」「弱み」-農業法人経営のアンケート調査分析-, 長命洋佑; 南石晃明, 農業情報学会2020年度年次大会, 2020年05月24日, 通常, オンライン
  37. ICT・スマート農業技術の活用状況と展望-農業法人経営のアンケート調査分析-, 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2020年度年次大会, 2020年05月24日, 通常, オンライン
  38. 稲作スマート農業の経営的評価-最適営農計画モデルによる農業用ロボットの導入効果-, 馬場研太; 南石晃明; 長命洋佑; 横田修一, 農業情報学会2020年度年次大会, 2020年05月24日, 通常, オンライン
  39. 畜産クラスタ―におけるネットワーク形成の実態と課題, 長命洋佑, 日本地域学会 第56回(2019年)年次大会, 2019年09月14日, 通常, 久留米大学
  40. 農業法人経営における発展段階と経営管理・収益性との関係-全国アンケート調査による分析-, 長命洋佑; 南石晃明, 令和元年度 日本農業経営学会研究大会, 2019年09月08日, 通常, 東北大学(仙台市)
  41. Farmer perception of main constraints facing to develop VietGAHP for household pig production in Vietnam, Thi Ly Nguyen; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 令和元年度 日本農業経営学会研究大会, 2019年09月08日, 通常, 東北大学(仙台市)
  42. 畜産経営における事業展開とクラスター形成, 長命洋佑, 令和元年度 日本農業経営学会研究大会, 2019年09月08日, 通常, 東北大学(仙台市)
  43. Technical efficiency and its determinants of maize production in Son La province Vietnam, Vu Thi Thu Huong; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 令和元年度 日本農業経営学会研究大会, 2019年09月08日, 通常, 東北大学(仙台市)
  44. 経済センサスを用いた農林漁業と他産業における収益性について, 中村昴生; 南石晃明; 長命洋佑, 2019年度 食農資源経済学会 第13回大会, 2019年09月01日, 通常, 九州産業大学
  45. 畑作経営における雇用・労働条件が所得・家族労働時間に及ぼす影響-最適営農計画による分析-, 松林陽太; 南石晃明; 長命洋佑, 2019年度 食農資源経済学会 第13回大会, 2019年09月01日, 通常, 九州産業大学
  46. 大規模稲作経営における農作業自動化システムの導入効果, 馬場研太; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2019年度年次大会, 2019年05月16日, 通常, 東京大学
  47. 先進的畜産経営におけるICT活用とクラスター形成-オランダにおける酪農経営を対象として-, 長命洋佑; 南石晃明, 農業情報学会2019年度年次大会, 2019年05月16日, 通常, 東京大学
  48. 農業法人における経営特性と成果の関係, 緒方裕大; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2019年度年次大会, 2019年05月16日, 通常, 東京大学
  49. Technical, Allocative and Cost Efficiencies in Vietnamese Household Pig Production, Nguyen Thi Ly; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 日本農業経済学会 2019年度大会, 2019年03月31日, 通常, 英語, 東京大学
  50. 稲作経営におけるTPPの影響と対応策―他作目と比較した特徴―, 長命 洋佑, 農匠ナビ1000セミナー2019inつくば, 2019年02月24日, 招待, つくば国際会議場
  51. 農業経営における人材確保と人材育成の課題―作目間・他産業との比較による分析―, 長命洋佑; 南石晃明, 第68回地域農林経済学会大会, 2018年10月14日, 通常, 東京農業大学
  52. Impacts of VietGAHP adoption on implementing its criteria in Vietnamese household pig production, Nguyen Thi Ly; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 2018年度 食農資源経済学会 第12回大会, 2018年09月16日, 通常, 英語, 長崎県農協会館
  53. 畜産経営におけるICT活用率とその費用対効果-他産業とのICT利用状況を比較した分析-, 太田明里; 南石晃明; 長命洋佑, 2018年度 食農資源経済学会 第12回大会, 2018年09月16日, 通常, 長崎県農協会館
  54. Determinants of Banana Land Concession Ratio in Oudomxay Province, Lao PDR, Sisomphone BOUDSENGNGAM; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成30年度日本農業経営学会研究大会, 2018年09月02日, 通常, 英語, 筑波大学
  55. Estimating the Difference on Farm Income of Concession and Non-concession Farmers in Oudomxay Province, Lao PDR, Sisomphone BOUDSENGNGAM; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 日本農業経済学会 2018年度大会, 2018年05月27日, 通常, 英語, 北海道大学
  56. Determinacy of fertilizer nitrogen and soil chemical properties on rice yield:evidence from a large-scale farm in Hokuriku Region, Dongpo LI; Teruaki NANSEKI; Yosuke CHOMEI; Takashi SASAKI; Toshihiro BUTTA; Arata NUMATA, 農業情報学会2018年度年次大会, 2018年05月17日, 通常, 東京大学
  57. 圃場内水稲収量分布と水位・水温変動の関連性-ITコンバインと水田センサによる可視化-, 佐々木崇; 南石晃明; 平田雅敏; 横田修一; 長命洋佑, 農業情報学会2018年度年次大会, 2018年05月17日, 通常, 東京大学
  58. 開水路用自動給水機の現地実証試験結果とPSM分析, 髙﨑克也; 田中一弘; 南石晃明; 横田修一; 長命洋佑, 農業情報学会2018年度年次大会, 2018年05月17日, 通常, 東京大学
  59. 農業ICT費用対効果の存在因子と経営属性, 緒方裕大; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2018年度年次大会, 2018年05月17日, 通常, 東京大学
  60. 農業法人経営における「弱み」「強み」と事業展開との関係性-ICT活用・情報マネジメントに着目して-, 長命洋佑; 南石晃明, 農業情報学会2018年度年次大会, 2018年05月17日, 通常, 東京大学
  61. ロボット農機の稲作経営規模拡大効果-FAPSを用いた最適営農計画による分析-, 南石晃明; 馬場研太; 長命洋佑, 農業情報学会2018年度年次大会, 2018年05月17日, 通常, 東京大学
  62. 稲作法人経営における多角化戦略と経営革新, 長命洋佑; 南石晃明, 第67回地域農林経済学会大会, 2017年10月29日, 通常, 高知大学
  63. Application of Smart Farming Technologies on Rice Production in Japan:Evidences from the Large-Scale On-Farm Research, 南石 晃明; LI DONGPO; 長命 洋佑, The 8th International Symposium on East-Asian Agricultural Economics 2017, 2017年10月19日, 通常, 英語, 北九州国際会議場
  64. Technical Efficiency and the Effect of Water Management on Rice Yield:-Two-Stage DEA Model on 122 Paddy Fields of aLarge-Scale Farm-, Dongpo Li; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei; Takashi Sasaki; Toshihiro Butta, 平成29年度日本農業経営学会研究大会, 2017年09月16日, 通常, 英語, 九州大学
  65. 農業法人の輸出取組と経営規模・収益性-全国アンケート分析-, 山下裕介; 南石晃明; 長命洋佑, 平成29年度日本農業経営学会研究大会, 2017年09月16日, 通常, 九州大学
  66. Farmers’ Potential Concerns and Demanded Solutions of Rice Production - A Case of Rain-fed Lowland Rice in Southern Cambodia -, Rada KHOY; Teruaki NANSEKI; Yosuke Chomei, 平成29年度日本農業経営学会研究大会, 2017年09月16日, 通常, 英語, 九州大学
  67. Impact of VietGAP Tea Production on Farmers’ Income in Northern Vietnam, HO Van Bac; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成29年度日本農業経営学会研究大会, 2017年09月16日, 通常, 英語, 九州大学
  68. 日本における農業経営体の構成動向および大規模農場の事例:経営と技術イノベーション, LI DONGPO; 南石 晃明; 長命 洋佑, 2017年度中国農業技術経済学会大会, 2017年08月19日, 通常, 中国東北農業大学
  69. Fertilizer Nitrogen,Soil Chemical Properties,and Their Determinacy on Rice Yield:Evidence from 92 Paddy Fields of a Large-Scale Farm in the Kanto Region of Japan, LI DONGPO; 南石 晃明; 長命 洋佑; Shuichi Yokota, ABS(Agricultural and biological sciences)2017年大会, 2017年06月29日, 通常, 英語, 青島大学
  70. 農業法人経営の収益性とICT費用対効果の関連性, 西瑠也; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2017年度年次大会, 2017年05月19日, 通常, 東京大学
  71. 稲作法人経営における作業効率向上のコスト低減効果-FAPSを用いた最適営農計画による分析-, 馬場研太; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2017年度年次大会, 2017年05月19日, 通常, 東京大学
  72. 農業法人における作物別ICT活用・費用対効果の特徴, 長命洋佑; 南石晃明; 緒方裕大; 太田明里, 農業情報学会2017年度年次大会, 2017年05月19日, 通常, 東京大学
  73. 農業法人におけるICT費用対効果の評価に関する因子分析, 緒方裕大; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2017年度年次大会, 2017年05月19日, 通常, 東京大学
  74. IT生産管理技術に対する稲作経営の潜在ニーズ, 田中一弘; 南石晃明; 長命洋佑, 農業情報学会2017年度年次大会, 2017年05月19日, 通常, 東京大学
  75. DEA Analysis of Efficiency Measurement of Rice Production by IT Combines Date of 110 Paddy Filds, LI DONGPO; 南石 晃明; 長命 洋佑; Shuichi Yokota, 農業情報学会2017年度年次大会, 2017年05月19日, 通常, 英語, 東京大学
  76. 農業法人経営の売上高と収益性―2016・2011両年の全国アンケート調査比較分析―, 西 瑠也; 南石 晃明; ⾧命 洋佑; 緒方 裕大, 2017年度日本農業経済学会大会, 2017年03月29日, 通常, 千葉大学 松戸キャンパス
  77. 農業経営における経営目的と経営管理意識―農業法人全国アンケート調査から―, 緒方 裕大; 南石 晃明; ⾧命 洋佑; 西 瑠也, 2017年度日本農業経済学会大会, 2017年03月29日, 通常, 千葉大学 松戸キャンパス
  78. 中国内モンゴル自治区における酪農・乳業の展開と食品安全, 長命 洋佑; 呉 金虎; 薩 茹拉, 日本地域学会(第53回(2016年)年次大会), 2016年10月09日, 通常, 新潟大学
  79. Cereal Crop Farm Planning under Uncertain Conditions in Afghanistan-A Methmatical Programming Approach, Najeebullah Ahmadzai; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成28年度日本農業経営学会研究大会, 2016年09月17日, 通常, 英語, 京都大学
  80. The Impact of Microfinance on Household Welfare in Rural Vietnam - A Case study in Phu Tho Province, Dang Thi Hai Yen; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成28年度日本農業経営学会研究大会, 2016年09月17日, 通常, 英語, 京都大学
  81. Grain Quality and other Determinants of the Rice Yield of Koshihikari-Evidence from a Large-Scale Farm in the Kanto Region of Japan-, 李 東坡; 南石 晃明; 松江 勇次; 長命 洋佑; 横田 修一, 平成28年度日本農業経営学会研究大会, 2016年09月17日, 通常, 英語, 京都大学
  82. Path analysis on the determinants of paddy yield: evidence from two large-scale farms of Japan, Li Dongpo; Nanseki Teruaki; Matsue Yuji; Chomei Yosuke; Butta Toshihiro; Shuichi Yokota, World Congress on Computer in Agriculture and Asian Federation for Information Technology in Agriculture (WCCA・AFITA), 2016年06月23日, 通常, 英語, Sunchon National University
  83. Paddy Yield Determinants and the Interacting Effects:Two-Year Comparative Study on a Large-Scale Farm in the Kanto Region of Japan, Dongpo Li; Teruaki Nanseki; Yuji Matsue; Yosuke Chomei; Shuichi Yokota, 2016年度春季シンポジウム・研究発表会, 2016年05月28日, 通常, 英語, 九州大学西新プラザ
  84. Causal mechanism determining the paddy yield in large-scale farm management of Japan: an Empirical Study based on SEM, Li Dongpo; Nanseki Teruaki; Matsue Yuji; Chomei Yosuke; Shuichi Yokota, 農業情報学会2016年度年次大会, 2016年05月18日, 通常, 英語, 東京大学
  85. Determinants of Rural Households’ Participation in Microfinance from Formal Sector in Vietnam: A Case Study in Phu Tho Province, Dang Thi Hai Yen; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 2016年度日本農業経済学会大会, 2016年03月30日, 通常, 英語, 秋田県立大学
  86. 農業経営に対するTPP の影響と対応策-全国アンケート調査分析-, 長命 洋佑, 農匠ナビ1000公開シンポジウム:TPP時代の稲作経営革新とスマート農業―営農技術パッケージとICT活用―, 2016年03月19日, 招待, 東京都港区機械振興会館
  87. 牛肉の購買行動における意識構造の把握 ―女性消費者を対象とした分析―, 長命 洋佑; 広岡 博之, 第65回地域農林経済学会大会, 2015年11月01日, 通常, 鳥取大学
  88. 大規模稲作経営における経営戦略と生産技術の進展と課題, 長命 洋佑, 平成27年度日本農業経営学会研究大会, 2015年09月12日, 通常, 北海道大学
  89. Cereal Crop Farm Planning for Profit Maximization in Afghanistan : Linear Programming Approach, Najeebullah Ahmadzai; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成27年度日本農業経営学会研究大会, 2015年09月12日, 通常, 英語, 北海道大学
  90. ICT活用による営農計画モデル構築のためのデータ収集方法―大規模稲作経営を対象とした事例分析―, 宮住 昌志; 南石 晃明; 長命 洋佑; 李 東坡; 緒方 裕大, 平成27年度日本農業経営学会研究大会, 2015年09月12日, 通常, 北海道大学
  91. 農業法人におけるICT活用の費用対効果に対する経営者意識―全国アンケート調査分析―, 緒方 裕大; 南石 晃明; 長命 洋佑; 宮住 昌志, 平成27年度日本農業経営学会研究大会, 2015年09月12日, 通常, 北海道大学
  92. Farmers’Perception of Loss Management Strategies in Post-harvest of Rice Yield in Cambodia, Sothea Kong; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成27年度日本農業経営学会研究大会, 2015年09月12日, 通常, 英語, 北海道大学
  93. Impacts of Oil Palm Expansion on Farmers’ Crop Income in Indonesia :An Application of Propensity Score Matching to Control for Observable Characteristics, Widya Alwarritzi; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, 平成27年度日本農業経営学会研究大会, 2015年09月12日, 通常, 英語, 北海道大学
  94. 大規模稲作経営における経営戦略と生産技術の現状と課題, 長命 洋佑, 農匠ナビ1000シンポジウム, 2015年08月08日, 招待, ヤンマー(株)中央研究所
  95. 農業法人経営における収益性と経営者意識の関係に関する研究, 緒方裕大; 南石 晃明; 長命 洋佑, 農業情報学会2015年度年次大会, 2015年05月14日, 通常, 東京大学
  96. 大規模稲作経営における経営目標,収益,コストの関係―作業リスクを考慮した最適営農計画による分析―, 長命 洋佑; 南石 晃明; 阿賀翔太; 宮住昌志, 農業情報学会2015年度年次大会, 2015年05月14日, 通常, 東京大学
  97. 営農可視化システムFVS ドライブレコーダの分類と試作, 南石 晃明; 江添 俊明; 佐々木 崇; 長命 洋佑; 吉原 貴洋; 緒方 裕大; 宮住 昌志; 田中 雅弘; 廣川 誠, 農業情報学会2015年度年次大会, 2015年05月14日, 通常, 東京大学
  98. 水田圃場環境センサネットワークと融合した営農可視化システムFVS クラウドシステムの試作, 南石 晃明; 長命 洋佑; 佐々木 崇; 吉原 貴洋, 農業情報学会2015年度年次大会, 2015年05月14日, 通常, 東京大学
  99. Empirical Analysis on the Determinants of Paddy Yield Measured by Smart Combine:A Case Study of Large-scale Farm in the Kanto Region of Japan, 李 東坡; 南石 晃明; 松江 勇次; 長命 洋佑; 横田 修一, 農業情報学会2015年度年次大会, 2015年05月14日, 通常, 英語, 東京大学
  100. IT コンバインによる圃場内水稲収量マップ作成の実証分析, 宮住 昌志; 南石 晃明; 長命 洋佑; 緒方 裕大; 李 東坡; 伊勢村 浩司; 久本 圭司; 横田 修一; 佛田 利弘; 福原 悠平; 髙﨑 克也, 農業情報学会2015年度年次大会, 2015年05月14日, 通常, 東京大学
  101. Technical Efficiency and Its Determinants in Pig Production in Household, Vietnam: A DEA Approach, Nguyen Thi Ly; Teruaki NANSEKI; Chomei Yosuke, 平成26年度日本農業経営学会研究大会, 2015年03月29日, 通常, 英語, 東京農工大学(府中市)
  102. Managerial Models of Smart Paddy Agriculture and the Adoption of GAP in Japan, Dongpo Li; Teruaki Nanseki; Yosuke Chomei, The 8th International Symposium on the East Asian Environmental Problems (EAEP 2014), 2014年12月10日, 通常, 英語
  103. 農業経営における経営管理に対する経営者意識と売上目標の関係-土地利用型農業法人経営を対象に全国アンケート調査分析-, 山田 敏之; 南石 晃明; 長命 洋佑, 平成26年度日本農業経営学会研究大会, 2014年09月20日, 通常, 東京大学(文京区)
  104. Impact of the structure change of agriculture production on the water pollution in Fujian Province of China,- Case of Total Nitrogen and Total Phosphorus -, Fan WU; Teruaki NANSEKI; Chomei Yosuke, 平成26年度日本農業経営学会研究大会, 2014年09月20日, 通常, 英語, 東京大学(文京区)
  105. Households’ Perception of Risk Management Strategies in Pig Production in Vietnam: A Case Study of Quynh Phu District- Thai Binh Province, NGUYEN Thi Huong; Teruaki NANSEKI; Chomei Yosuke, 平成26年度日本農業経営学会研究大会, 2014年09月20日, 通常, 英語, 東京大学(文京区)
  106. Impacts of organic rice farming on production performance in Cambodia: using propensity score matching to control for observable characteristics, Khoy Rada; Teruaki NANSEKI; Chomei Yosuke, 平成26年度日本農業経営学会研究大会, 2014年09月20日, 通常, 英語, 東京大学(文京区)
  107. Determinants Influencing on Individual Income from Maize in Northwest Vietnam, Truong Tuan Linh; Teruaki NANSEKI; Chomei Yosuke, 平成26年度日本農業経営学会研究大会, 2014年09月20日, 通常, 英語, 東京大学(文京区)
  108. わが国ワイン産業におけるバルクワインの役割と展望, 長谷 祐; 小林康志; 上西良廣; 川﨑訓昭; 長命洋佑; 伊庭治彦; 小田滋晃, ASEV 日本ブドウ・ワイン学会 2013年大会, 2013年11月09日, 通常, 山梨大学
  109. 六次産業化の進展と次世代を担う農企業ネットワーク, 長命洋佑, 第63地域農林経済学会大会, 2013年10月20日, 通常, 岡山大学
  110. 中国内モンゴル自治区における酪農生産システムの現状と課題―日本の酪農生産システムとの比較を通して―, 長命洋佑, 第六次日中共同シンポジウム, 2013年08月03日, 通常
  111. 繋ぎ飼い牛舎での乳牛による負傷事故の調査分析, 志藤博克; 積 栄; 岡田俊輔; 高橋圭二; 長命洋佑, 2013年度日本草地学会山形大会, 2013年03月25日, 通常, 山形大学
  112. ワイン用原料の調達方法と課題 -ワイナリー経営の戦略を視点として-, 長谷 祐; 小林康志; 川﨑訓昭; 長命洋佑; 上田暢子; 落合孝次; 伊庭治彦; 小田滋晃, ASEV 日本ブドウ・ワイン学会 2012 年大会, 2012年11月17日, 通常, 大分市
  113. 日本における外食産業と農業との連携事例および課題, 小田滋晃; 長命洋佑; 川﨑訓昭; 長谷 祐, 国際シンポジウム,農業の高付加価値の創出のための外食産業との連携方案, 2012年10月23日, 招待
  114. Situation and Problems in the Milk Production in Inner Mongolia,China, Yosuke Chomei, International Rural Sociological Association(IRSA) 13th World Congress of Rural Sociology, 2012年07月31日, 通常, 英語
  115. 内モンゴル自治区における乳業メーカー主体の新規参入型酪農経営の現状と課題, 長命洋佑, 第115回日本畜産学会大会, 2012年03月28日, 通常, 名古屋大学
  116. 酪農経営における飼養管理意識に関する分析-徳島県の牛群検定農家を対象に-, 長命洋佑; 林 和徳; 福井弘之, 第61回地域農林経済学会大会, 2011年10月23日, 通常, 愛媛大学
  117. 中国内モンゴル自治区における酪農生産の現状と課題, 長命洋佑, 日本地域学会 第48回 (2011年) 年次大会, 2011年10月08日, 通常, 和歌山大学
  118. 中国内モンゴル自治区における生態移民農家の実態と課題, 長命洋佑; 呉 金虎, 平成23年度日本農業経営学会研究大会, 2011年09月11日, 通常, 三重大学
  119. 国内蒙古における酪農・乳業の現状と課題-日本の酪農・乳業との比較を通して-, 長命洋佑, 第五次日中共同シンポジウム, 2011年08月06日, 通常
  120. 組織的営農者等の農作業安全に関する実態調査研究, 志藤博克; 積栄; 岡田俊輔; 南石晃明; 西和盛; 長命洋佑, 2011(平成23)年度日本作業学会春季大会, 2011年03月29日, 通常, 京都大学
  121. 中国内モンゴル自治区における農業生産構造の規定要因に関する研究, 長命洋佑; 呉 金虎, システム農学会2010年度秋季大会, 2010年11月07日, 通常, 関西学院大学
  122. 「生態移民」政策による牧畜経営の変化と課題 -内モンゴル自治区における移民村を事例として-, 長命洋佑; 呉 金虎, 第60回地域農林経済学会大会, 2010年10月25日, 通常, 京都大学
  123. 中国内モンゴル自治区における農業生産構造が農家所得に及ぼす影響, 長命洋佑, 日本地域学会第47回 (2010年) 年次大会, 2010年10月10日, 通常, 政策研究大学院大学
  124. Status and Prospects of the Private-Enterprise-Linkage (PEL) Dairy Production in Inner-Mongolia,China: A Case of a Dairy Enterprise in Hohhot, Yosuke Choumei; Wu Jin Hu, Asian Rural Sociology Association (ARSA) 4th International Conference, 2010年09月08日, 通常, 英語
  125. 中国内モンゴル自治区における生態移民政策前後の農業生産構造の変化に関する考察, 長命洋佑, 内モンゴル自治区における持続的経済発展に関する日中共同シンポジウム, 2010年08月28日, 通常
  126. 中国内モンゴル自治区における生態移民政策実施後の農家経営の現状と課題, 長命洋佑, 日本畜産学会第112回大会, 2010年03月29日, 通常, 明治大学
  127. 稲発酵粗飼料利用酪農家の分類と意識変化, 竹内佳代; 長命洋佑; 林 和徳; 白田英樹; 福井弘之; 熊谷 元; 広岡博之, 日本畜産学会第112回大会, 2010年03月29日, 通常, 明治大学
  128. 中国内モンゴル自治区における私企業リンケージ(PEL)型酪農の現状と課題-フフホト市の乳業メーカーと酪農家を事例として-, 長命洋佑; 呉 金虎, 第59回地域農林経済学会大会, 2009年10月25日, 通常, 高崎経済大学
  129. 中国内モンゴル自治区における生態移民政策前後の農業生産構造の変化に関する考察, 長命洋佑, 内モンゴル自治区における持続的経済発展に関する日中共同シンポジウム, 2009年08月28日, 通常
  130. 内蒙古における私企業リンケージ(PEL)型酪農の経営分析-日本の酪農経営との比較を通して-, 長命洋佑; 呉 金虎, 第四次日中共同シンポジウム, 2009年07月25日, 通常
  131. 肉牛経営における稲発酵粗飼料導入の効果と課題, 長命洋佑; 佐竹康明; 広岡博之, 日本畜産学会第110回大会, 2009年03月29日, 通常, 日本大学
  132. わが国の和牛繁殖経営における自給粗飼料生産の変遷と今後の展望, 長命洋佑, 第58回地域農林経済学会, 2008年10月25日, 通常, 神戸大学
  133. やぎ乳とやぎチーズに関する食味試験の官能分析, 塚原洋子; 長命洋佑; 大石風人; 熊谷 元; 広岡博之, 日本畜産学会第109回大会, 2008年03月29日, 通常, 常磐大学
  134. 山羊乳および山羊チーズに対する食味試験の主成分分析および要因分析, 塚原洋子; 長命洋佑; 大石風人; 熊谷 元; 広岡博之, 第7回日本山羊研究会, 2008年03月27日, 通常, 水戸市
  135. 島根県の肉用牛経営における家畜排泄物の処理・利用の規定要因の数量分析, 長命洋佑; 森 佳子; 仙田徹志; 広岡博之, 第45 回肉用牛研究会, 2007年10月25日, 通常, 大田市
  136. 飼料イネを栽培利用する肉牛繁殖経営農家における窒素,リン,カリウムフローの把握, 竹内佳代; 田端祐介; 長命洋佑; 熊谷 元; 佐藤健次; 広岡博之, 第45 回肉用牛研究会, 2007年10月25日, 通常, 大田市
  137. 異なる放牧期間と作付け体系が飼料イネを栽培利用する肉牛繁殖経営農家の栄養素利用に及ぼす影響, 田端祐介; 竹内佳代; 長命洋佑; 熊谷 元; 佐藤健次; 広岡博之, 第45 回肉用牛研究会, 2007年10月25日, 通常, 大田市
  138. 香川県の肉用牛経営における家畜排泄物の処理・利用の規定要因, 長命洋佑; 仙田徹志; 森 佳子; 大西智司; 広岡博之, 第57回地域農林経済学会, 2007年10月20日, 通常, 石川県立大学
  139. 山羊乳および山羊チーズに対する情報や食味試験が意識と評価価格に与える影響, 塚原洋子; 長命洋佑; 大石風人; 熊谷 元; 広岡博之, 第6回 日本山羊研究会, 2007年09月28日, 通常, 岡山市
  140. 肉用牛経営における家畜排泄物の処理・利用の規定要因に関する統計分析, 長命洋佑; 仙田徹志; 森 佳子; 斉藤武司; 大西智司; 広岡博之, 日本畜産学会第108回大会, 2007年09月27日, 通常, 岡山大学
  141. 肉用牛経営の経営意識が枝肉成績に及ぼす影響, 長命洋佑; 森 佳子; 仙田徹志; 木下正徳; 伊藤雅之; 倉原貴美; 広岡博之, 日本畜産学会第108回大会, 2007年09月27日, 通常, 岡山大学
  142. 肉用牛経営における個別属性や経営意識が枝肉成績に及ぼす影響-大分県の個別経営を対象に-, 長命洋佑; 森 佳子; 仙田徹志; 木下正徳; 伊藤雅之; 倉原貴美; 広岡博之, 平成19年度日本農業経営学会研究大会, 2007年09月15日, 通常, 東北大学
  143. 徳島県高志地区におけるイネ発酵粗飼料利用農家の分類と意識調査, 長命洋佑; 竹内佳代; 福井弘之; 先川香緒里; 広岡博之, システム農学会2007年度春季大会, 2007年05月25日, 通常, 京都大学
  144. 山羊の交雑における産子能力に発現する父山羊の品種と父性ヘテローシスの影響, 塚原洋子; 長命洋佑; 大石風人; 熊谷 元; 広岡博之, 日本畜産学会第107回大会, 2007年03月29日, 通常, 麻布大学
  145. 肉用牛経営における潜在的窒素負荷量が家畜排泄物の処理・利用の意向に及ぼす影響, 長命洋佑; 揖斐隆之; 熊谷 元; 広岡博之, 日本畜産学会第107回大会, 2007年03月27日, 通常, 麻布大学
  146. 肉用牛経営の個別属性や経営意識が家畜排泄物の処理・利用に及ぼす影響, 長命洋佑; 揖斐隆之; 仙田徹志; 森 佳子; 広岡博之, 第56回地域農林経済学会, 2006年10月29日, 通常, 桃山大学
  147. Comparison of Nitrogen Utilization and Excretion in Dairy and Beef Cattle, Yosuke Choumei; Fuminori Terada; Hiroyuki Hirooka, The 12th Animal Science Congress of Asian-Australian Association of Animal Production Societies, 2006年09月21日, 通常, 英語
  148. 乳牛と肉牛の窒素摂取量と窒素排泄量の関係, 長命洋佑; 寺田文典; 熊谷 元; 広岡博之, 第56回関西畜産学会, 2006年08月31日, 通常, 大阪府立大学
  149. ,日本ザーネン種ヤギの泌乳量に関与する要因の検討, 上原 幸; 長命洋佑; 大石風人; 名倉義夫; 藤田 優; 広岡博之, 日本畜産学会第106回大会, 2006年03月31日, 通常, 九州大学
  150. 日本ザーネン種ヤギにおける泌乳量のWood 式への当てはめと乳牛との比較, 上原 幸; 長命洋佑; 大石風人; 名倉義夫; 藤田 優; 広岡博之, 第3回日本山羊研究会, 2006年03月29日, 通常, 福岡市
  151. 乳牛の泌乳初期におけるARC代謝エネルギーシステムの評価, 長命洋佑; 広岡博之; Kahi A,K, 日本畜産学会第105回大会, 2005年09月10日, 通常, 北海道大学
  152. 日本ザーネン種ヤギにおける乳量のWood式への当てはめによる泌乳曲線の推定とパラメータ間の関係, 上原 幸; 長命洋佑; 大石風人; 名倉義夫; 藤田 優; 広岡博之, 日本畜産学会第105回大会, 2005年09月09日, 通常, 北海道大学
  153. 乳牛における乳量・TDN摂取量および体重のWood式へのあてはめとパラメータ間の関係, 長命洋佑; 広岡博之, 日本畜産学会第104回大会, 2005年03月27日, 通常, 東京大学
  154. 昭和初期から現在までの和牛雌牛の発育様相の変遷に関する検討, 広岡博之; 長命洋佑, 第42回肉用牛研究会, 2004年10月21日, 通常, 神奈川市
  155. 乳牛および牛肉の生産費に関する経時データの分析と地域類型化, 長命洋佑; 野間美穂子; 広岡博之, 日本畜産学会第103回大会, 2004年03月28日, 通常, 東京農工大学(府中市)
  156. 八木町における八木バイオエコロジーセンターに対する意識調査, 長命洋佑; 中川悦光; 広岡博之, 日本畜産学会第102回大会, 2003年09月25日, 通常, 岐阜大学

受賞

  1. 2019年05月, 特別貢献賞, 日本農業情報学会, 農業情報学会30周年記念事業(出版)に関する特別な貢献
  2. 2017年09月, 奨励賞, 日本農業経営学会
  3. 2016年09月, 奨励賞, 食農資源経済学会
  4. 2012年05月, システム農学会論文賞, システム農学会
  5. 2011年10月, 個別報告優秀賞, 地域農林経済学会
  6. 2011年03月, 日本畜産学会奨励賞, 日本畜産学会
  7. 2010年11月, システム農学会優秀発表賞, システム農学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 受託研究, コロナ禍における消費者価値観と動物福祉意識を考慮した畜産物購買意欲の解明ー多様化する消費者ニーズに向けた代替タンパク普及の可能性ー, 2021年08月01日, 2022年03月22日
  2. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 農業外企業の事業活動が中山間島しょ部における農業・農村の持続性向上に与える効果, 2020年04月01日, 2023年03月31日
  3. 科学研究費助成事業 基盤研究(A), 農業イノベーションの先端動向と農業・農村構造変動に関する学際的国際共同研究, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  4. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), モンゴル国の重金属汚染の拡大と畜産食品のリスク:簡易調査手法の確立を目指して, 2019年04月01日, 2022年03月31日
  5. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 国際競争下における食料産業クラスター形成による地域デザイン創造の展開と可能性, 2018年04月01日, 2021年03月31日
  6. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 次世代型農企業のイノベーションマネジメント理論の構築に関する研究, 2017年04月01日, 2020年03月31日
  7. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), リスク・情報・人材マネジメントに着目した農業法人経営発展の実態解明と理論構築, 2016年04月01日, 2019年03月31日
  8. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), ウシを利用した食料循環システムの構築と実現のための政策提案, 2014年07月18日, 2017年03月31日
  9. 科学研究費助成事業 若手研究(B), 私企業リンケージ型酪農生産システムの多角化戦略と可能性, 2014年04月01日, 2018年03月31日
  10. 平成25年度 京都大学若手研究者ステップアップ研究費, 中国内モンゴルにおける私企業リンケージ型酪農生産の新たな展開と可能性, 2013年04月01日, 2014年03月31日
  11. 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 地域活性化を主導するアグリ・フード産業クラスターの多様性と可能性, 2011年04月01日, 2014年03月31日
  12. 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費, 内モンゴル自治区における経済性の向上と環境負荷低減による持続的農業に関する研究, 2009年, 2011年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 編集委員, 2020年10月, 2022年10月, 地域農林経済学会
  2. 編集委員, 2020年10月, 2022年10月, 地域農林経済学会
  3. 理事, 2020年09月, 2022年09月, 日本農業経営学会
  4. 理事, 2020年09月, 2022年09月, 日本農業経営学会
  5. 理事, 2020年09月, 2022年09月, 日本農業経営学会
  6. 幹事, 2019年04月, 2021年03月, 食農資源経済学会
  7. 理事, 2018年10月, 2020年10月, 地域農林経済学会
  8. 学会賞選考員, 2018年09月, 2020年09月, 農業経営学会
  9. 理事, 2017年04月, 農業情報学会
  10. 理事, 2016年09月, 2018年10月, 農業経営学会
  11. 評議員, 2016年04月, 農業情報学会
  12. 編集委員, 2014年10月, システム農学会
  13. 理事, 2014年04月, 畜産システム研究会
  14. 幹事, 2014年04月, 2017年03月, 食農資源経済学会

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 関東などで生乳販売の生産者団体 価格値上げでメーカーと合意, NHK, NHK 首都圏 NEWS WEB, 2022年/07月/20日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般
  2. 肉が食べられなくなる?家畜のエサ高騰の衝撃, NHK, NHK NEWS WEB, 2022年/07月/05日, インタビュイー, テレビ・ラジオ番組, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2021年, 6
  2. 2020年, 1
  3. 2020年, 5
  4. 2019年, 6
  5. 2018年, 6
  6. 2017年, 5
  7. 2016年, 1
  8. 2016年, 1
  9. 2015年, 2
  10. 2014年, 1