北野 弘之HIROYUKI KITANO

Last Updated :2024/06/05

所属・職名
病院(医) 助教
メールアドレス
tanokinhiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2005年04月, 2007年03月, 中国労災病院, 医員(研修医)
  • 2007年04月01日, 2008年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2008年04月, 2011年03月, 松山赤十字病院, 医師
  • 2011年04月, 2013年03月, 中津第一病院, 医師
  • 2013年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学, 病院, 医科診療医
  • 2017年04月01日, 広島大学病院, 感染症科, 助教

学歴

  • 徳島大学, 医学部, 医学科, 日本, 1999年04月, 2005年03月
  • 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 医歯薬学専攻, 日本, 2013年04月, 2017年08月

学位

  • 医学 (広島大学)
  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 泌尿器科学
  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 感染症内科学

所属学会

  • 一般社団法人日本泌尿器科学会
  • 一般社団法人日本感染症学会
  • 公益社団法人日本化学療法学会
  • 西日本泌尿器科学会
  • 一般社団法人日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本癌学会
  • 一般社団法人日本泌尿器腫瘍学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 通年, 器官・システム病態制御学II
  2. 2024年, 学部専門, 通年, 全身性疾患制御学
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. The impact of change in serum C-reactive protein level on the prediction of effects of molecular targeted therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma., BJU International, 117巻, 6B号, pp. E67-74, 201601
  2. Impact of neutrophil-to-lymphocyte ratio on effects of targeted therapy for metastatic renal cell carcinoma patients with extrapulmonary metastasis, CUAJ-CANADIAN UROLOGICAL ASSOCIATION JOURNAL, 11巻, 5号, pp. E207-E214, 201705
  3. 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規ホルモン療法薬の効果予測, 泌尿器外科, 29巻, 8号, pp. 1283-1285, 201608
  4. 低強度体外衝撃波によるED治療効果の検討 陰茎プレチスモグラフィを用いた客観的評価, 西日本泌尿器科, 78巻, 7号, pp. 330-337, 201607
  5. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析, 西日本泌尿器科, 77巻, 11号, pp. 291-397, 201511
  6. 抗菌薬が及ぼす腸内細菌叢の変化とその影響, 薬局, 68巻, 11号, pp. 69-74, 20171005
  7. Combination therapy using molecular-targeted drugs modulates tumor microenvironment and impairs tumor growth in renal cell carcinoma, CANCER MEDICINE, 6巻, 10号, pp. 2308-2320, 201710
  8. 腎癌と鑑別を要し病理学的にキャッスルマン病と診断した1例, 松山赤十字病院医学雑誌, 33巻, 1号, pp. 45-49, 2008
  9. Serous adenocarcinoma of retroperitoneum: a case report, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 6巻, 4号, pp. 154-157, 201710
  10. 胆道感染症, 画像診断, 38巻, 1号, pp. 32-45, 201712
  11. ベッドサイドでのルール 入院中の治療・処置・検査・ケア, INFECTION CONTROL, 26巻, 11号, pp. 1132-1138, 201711
  12. 去勢抵抗性前立腺癌 化学療法未施行の去勢抵抗性前立腺癌に対する新規アンドロゲンレセプターシグナル阻害薬の治療成績(多施設共同研究), 西日本泌尿器科, 79巻, 8号, pp. 333-338, 201708
  13. 敗血症対応 SOFAとは, Geriatric Medicine, 56巻, 11号, pp. 1071-1074, 201811
  14. 広島大学病院で検出されたカルバペネム腸内細菌科細菌の臨床背景と遺伝子学的検討, 日本臨床腸内微生物学会誌, 20巻, 1号, pp. 90-98, 201808
  15. Multiplex PCR法を用いて血液培養液から肺炎球菌の血清型を同定し得た侵襲性肺炎球菌感染症の2例, 臨床病理, 66巻, 8号, pp. 839-844, 201808
  16. 梅毒性肝炎とリンパ節炎を伴った早期梅毒の1例, 日本性感染症学会誌, 29巻, 1号, pp. 37-42, 201809
  17. Clostridioides difficile感染症, 日本内科学会雑誌, 107巻, 11号, pp. 2261-2268, 201811
  18. Prevotella属における検体種別に見た薬剤感受性, 日本嫌気性菌感染症学会雑誌, 48巻, 2号, pp. 72-80, 201812
  19. Current status of countermeasures for infectious diseases and resistant microbes in the field of urology, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 26巻, 12号, pp. 1090-1098, 201912
  20. Magnetic resonance imaging/transrectal ultrasonography fusion targeted prostate biopsy finds more significant prostate cancer in biopsy-naive Japanese men compared with the standard biopsy, INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY, 27巻, 2号, pp. 140-146, 202002
  21. Impact of radiological morphology of clinical T1 renal cell carcinoma on the prediction of upstaging to pathological T3, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 50巻, 4号, pp. 473-478, 202004
  22. Renal metastasis from primary hepatocellular carcinoma: a case report, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 9巻, 3号, pp. 141-145, 202007
  23. Indwelling catheterization, renal stones, and hydronephrosis are risk factors for symptomatic Staphylococcus aureus-related urinary tract infection., World Journal of Urology, 202003
  24. Primary adenocarcinoma of the rete testis with elevated serum CA19-9 antigen levels., International Cancer Conference Journal, 9巻, 4号, pp. 240-243, 202008
  25. Developing New Information Sheets for Evacuees and Evacuation Centers to be Used During All Natural Disaster Phases, Prehospital disaster medicine, 15巻, pp. 1-5, 202009
  26. 腹腔鏡下前立腺全摘除術926例の検証 多施設共同研究, 日本泌尿器科学会雑誌, 110巻, 1号, pp. 1-11, 2019
  27. 主な感染症に対する治療の実際 消化器 感染性腸炎, Medical Practice, 36巻, rinzou号, pp. 199-202, 201904
  28. Primary adenocarcinoma of the rete testis with elevated serum CA19-9 antigen levels, INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 9巻, 4号, pp. 240-243, 202010
  29. TUBB3 Is Associated with High-Grade Histology, Poor Prognosis, p53 Expression, and Cancer Stem Cell Markers in Clear Cell Renal Cell Carcinoma, ONCOLOGY, 98巻, 10号, pp. 689-698, 202010
  30. Developing New Information Sheets for Evacuees and Evacuation Centers to be Used During All Natural Disaster Phases, PREHOSPITAL AND DISASTER MEDICINE, 35巻, 6号, pp. 683-687, 202012
  31. Impact of postoperative acute kidney injury on predicting the upstaging of chronic kidney disease after robot-assisted partial nephrectomy, ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY, 14巻, 1号, pp. 50-56, 202101
  32. BUB1B Overexpression Is an Independent Prognostic Marker and Associated with CD44, p53, and PD-L1 in Renal Cell Carcinoma, ONCOLOGY, 99巻, 4号, pp. 240-250, 202103
  33. Complicated cutaneous leishmaniasis caused by an imported case of Leishmania tropica in Japan: a case report, TROPICAL MEDICINE AND HEALTH, 49巻, 1号, 20210306
  34. Nationwide surveillance of bacterial pathogens isolated from patients with acute uncomplicated cystitis in 2018: Conducted by the Japanese Research Group for Urinary Tract Infections (JRGU), JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY, 27巻, 8号, pp. 1169-1180, 202108
  35. TUBB3 is associated with PTEN, neuroendocrine differentiation, and castration resistance in prostate cancer, UROLOGIC ONCOLOGY-SEMINARS AND ORIGINAL INVESTIGATIONS, 39巻, 6号, 202106
  36. MRI/transrectal ultrasonography融合前立腺標的生検と従来の系統的生検の比較, 西日本泌尿器科, 82巻, 2号, pp. 234-241, 202006
  37. 分子標的薬によって予後延長効果を認めた多発転移を伴う進行性腎癌症例, 西日本泌尿器科, 82巻, 2号, pp. 202-208, 202006

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. MRSA菌血症における市中感染型と院内感染型の臨床的特徴の比較, 大森 慶太郎, 北川 浩樹, 野村 俊仁, 繁本 憲文, 久恒 順三, 菅井 基行, 大毛 宏喜, 第90回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2020年11月07日, 通常, 日本語, 福岡県福岡市
  2. 侵襲性肺炎球菌感染症の現状と分離株の検討, 長岡 里枝, 木場 由美子, 田寺 加代子, 原 稔典, 樫山 誠也, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 繁本 憲文, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第68回日本化学療法学会総会, 2020年09月13日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  3. MRSA菌血症におけるCLDM感受性の年次推移と予後との関連性, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 久保 有子, 繁本 憲文, 大毛 宏喜, 第94回日本感染症学会総会・学術講演会, 2020年08月21日, 通常, 日本語, 東京都港区
  4. 皮膚リーシュマニア症の1例, 北野 弘之, 三條場 千寿, 大森 慶太郎, 繁本 憲文, 後藤 康之, 松本 芳嗣, 大毛 宏喜, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年02月02日, 通常, 日本語, 石川県金沢市
  5. Mycoplasma hominis および Ureaplasma spp, の診断精度向上を目的とした検出法の工夫, 田寺 加代子, 木場 由美子, 長岡 里枝, 原 稔典, 奥村 由美子, 樫山 誠也, 北野 弘之, 大森 慶太郎, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年02月01日, 通常, 日本語, 石川県金沢市
  6. カルバペネーゼ遺伝子(cfiA)を保有する血液由来Bacteroides fragilis の薬剤感受性と抗菌薬選択, 木場 由美子, 繁本 憲文, 田寺 加代子, 長岡 里枝, 原 稔典, 奥村 由美子, 樫山 誠也, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2020年01月31日, 通常, 日本語, 石川県金沢市
  7. 結腸直腸手術患者におけるメトロニダゾール静注の血漿・腹水・腹部組織中濃度推移, 垰越 宏幸, 大毛 宏喜, 猪川 和朗, 渡谷 祐介, 上神 慎之介, 嶋田 徳光, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 黒尾 優太, 北川 浩樹, 吉村 幸祐, 森川 則文, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会, 2019年11月30日, 通常, 日本語, 岐阜県岐阜市
  8. Pneumocystis pneumonia に対する抗菌薬適正使用支援に向けた院内遺伝子検査導入の効果, 木場 由美子, 梶原 俊毅, 田寺 加代子, 長岡 里枝, 原 稔典, 樫山 誠也, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 繁本 憲文, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第67回日本化学療法学会西日本支部総会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 静岡県浜松市
  9. 結腸直腸手術患者におけるメトロニダゾール静注の血漿・腹水・腹部組織中濃度推移, 垰越 宏幸, 猪川 和朗, 繁本 憲文, 嶋田 徳光, 北川 浩樹, 北野 弘之, 大森 慶太郎, 森川 則文, 大毛 宏喜, 第67回日本化学療法学会西日本支部総会, 2019年11月09日, 通常, 日本語, 静岡県浜松市
  10. 非結核性抗酸菌による肺外感染症についての検討, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 繁本 憲文, 大毛 宏喜, 第89回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2019年11月08日, 通常, 日本語, 静岡県浜松市
  11. 広島大学病院において,尿中NDM-1産生大腸菌を認めた生体腎移植患者の一例, 北野 弘之, 鹿山 鎭男, 桑原 隆一, 梶原 俊毅, 久恒 順三, 大段 秀樹, 菅井 基行, 大毛 宏喜, 第30回日本外科感染症学会総会学術集会, 2017年11月30日, 通常, 日本語, 東京都
  12. 骨感染症におけるダプトマイシン含有セメントの治療成績, 久保 有子, 冨田 隆志, 佐伯 康弘, 梶原 俊毅, 繁本 憲文, 北野 弘之, 大毛 宏喜, 第30回日本外科感染症学会総会学術集会, 2017年11月29日, 通常, 日本語, 東京都
  13. NS1抗原,デングウイルスIgM陰性であったデング熱の1例, 梶原 俊毅, 繁本 憲文, 北野 弘之, 大毛 宏喜, 日本内科学会第117回中国地方会, 2017年11月18日, 通常, 日本語, 島根県出雲市
  14. 血液透析施行患者におけるバンコマイシン注投与の有効性と安全性の検討, 久保有子, 冨田隆志,佐伯康之,北野弘之,梶原俊毅,繁本憲文,大毛宏喜, 第65回日本化学療法学会西日本支部総会, 2017年10月27日, 通常, 日本語, 長崎県長崎市
  15. 遷延する好中球減少症に肺Fusarium solani感染症を合併した1例, 梶原俊毅, 北野弘之,原 稔典,川下遥,木場由美子,樫山誠也,小野寺 一,横崎典哉,村長保徳,亀井克彦,大毛宏喜, 第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2017年10月26日, 通常, 日本語, 長崎県長崎市
  16. 培養法によるMRSA Active Surveillanceの有効性, 森 美菜子, 横崎典哉,小野寺 一,樫山誠也,木場由美子,原 稔典,吉松由香里,北野弘之,梶原俊毅,繁本憲文,大毛宏喜, 第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2017年10月26日, 通常, 日本語, 長崎県長崎市
  17. 経尿道的doubleJ尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子と予防的抗菌薬の妥当性, 北野弘之, 梶原俊毅,大毛宏喜, 第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2017年10月28日, 通常, 日本語, 長崎県長崎市
  18. 肝移植後Candida血症の臨床的特徴と抗真菌薬選択, 梶原俊毅, 北野弘之,大平真裕,大段秀樹,大毛宏喜, 第53回日本移植学会総会, 2017年09月08日, 通常, 日本語, 北海道旭川市
  19. 広島大学病院において,尿中NDM-1産生大腸菌を認めた生体腎移植患者の一例, 北野弘之, 鹿山鎭男,桑原隆一,梶原俊毅,久恒順三,大段秀樹,菅井基行,大毛宏喜, 第53回日本移植学会総会, 2017年09月08日, 通常, 日本語, 北海道旭川市
  20. 腎細胞癌の腫瘍微小環境における血小板由来増殖因子受容体を阻害する分子標的薬を用いた併用療法, 北野 弘之, 亭島 淳, 弓削 亮, 神明 俊輔, 永松 弘孝, 後藤 景介, 正路 晃一, 井上 省吾, 林 哲太郎, 仙谷 和弘, 北台 靖彦, 安井 弥, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月26日, 通常, 日本語, 山口県, ヤングウロロジーコンテスト
  21. 経尿道的double J尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子と予防的抗菌薬の検討, 北野 弘之, 正路 晃一, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月25日, 通常, 日本語, 山口県下関市
  22. 前立腺癌に対するマルチパラメトリックMRIの有用性の検討, 上野 剛志, 林 哲太郎, 本田 有紀子, 寺田 大晃, 後藤 景介, 北野 弘之, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語, 山口県下関市
  23. 根治的前立腺全摘除術の術後血尿における縫合糸の影響, 定秀 孝介, 松原 昭郎, 亭島 淳, 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 後藤 景介, 北野 弘之, 上野 剛志, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 藤井 慎介, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語, 山口県下関市
  24. 尿路上皮癌に対するGC療法の効果の検討, 栗村 嘉昌, 松崎 信治, 小羽田 悠貴, 福岡 憲一郎, 上野 剛志, 北野 弘之, 後藤 景介, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語, 山口県下関市
  25. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における性機能の縦断的検討-術後性機能は改善しつづけるのか?, 井上 省吾, 小羽田 悠貴, 松崎 信治, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 上野 剛志, 北野 弘之, 後藤 景介, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語, 山口県下関市
  26. 膀胱癌によるpulmonary tumor thrombotic microangiopathy(PTTM) 肺動脈血細胞診を用いて生前診断した1例, 松崎 信治, 小畠 浩平, 藤井 慎介, 定秀 孝介, 上野 剛志, 北野 弘之, 後藤 景介, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語, 山口県下関市
  27. 上部尿路上皮癌における術前好中球/リンパ球比の再発、予後予測因子としての有用性の検討, 小羽田 悠貴, 藤井 慎介, 林 哲太郎, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 上野 剛志, 北野 弘之, 後藤 景介, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 井上 省吾, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016年11月, 通常, 日本語, 山口県下関市
  28. 逆行性腎盂造影検査と経尿道的尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子の検討, 北野弘之, 第25回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2016年07月08日, 通常, 日本語, 慶応大学病院 泌尿器科, 神奈川県日吉
  29. 血小板由来成長因子受容体の制御による腎細胞がん微小環境を標的とした分子標的薬併用療法の検討, 北野弘之, 米国泌尿器科学会総会, 2016年05月10日, 通常, 英語, サンディエゴ
  30. 亭島 淳, 北野 弘之, 米国泌尿器科学会総会2016, 2016年05月09日, 通常, 英語
  31. 転移性腎細胞癌の転移臓器および分子標的薬の治療効果と好中球/リンパ球比の関連, 亭島 淳, 大原 慎也, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 北野 弘之, 小畠 浩平, 神明 俊輔, 正路 晃一, 井上 省吾, 林 哲太郎, 三田 耕司, 松原 昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月25日, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  32. 血小板由来成長因子受容体の制御による腎細胞がん微小環境を標的とした分子標的薬併用療法の検討, 北野弘之, 亭島 淳, 弓削 亮, 神明 俊輔, 永松 弘孝, 後藤 景介, 正路 晃一, 井上 省吾, 林 哲太郎, 仙谷 和弘, 北台 靖彦, 安井 弥, 松原 昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月23日, 通常, 日本語, 東北大学病院 腎泌尿器科学, 宮城県仙台市
  33. 定期経尿道的尿管ステント交換における有熱性尿路感染症の発症予測因子の検討, 正路 晃一, 上田 晃嗣, 村田 大城, 藤井 慎介, 小畠 浩平, 北野 弘之, 岩本 秀雄, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016年04月, 通常, 日本語, 宮城県仙台市
  34. 血小板由来成長因子受容体の制御による腎細胞がん微小環境を標的とした分子標的薬併用療法の検討, 北野弘之, 第31回 欧州泌尿器科学会2016 ミュンヘン, 2016年03月12日, 通常, 英語, ミュンヘン
  35. 後腹膜リンパ節腫大と肝機能障害を認め、診断に苦慮した第1期梅毒の1例, 第30回性感染症学会, 2017年12月02日, 通常, 日本語, 高橋聡, 札幌
  36. 当院におけるPneumocystis pneumonia 診断の取り組み-院内導入した遺伝子検査の運用-, 木場 由美子, 梶原俊毅, 北野 弘之, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月03日, 通常, 日本語, 東京都港区
  37. 肺組織から遺伝子検査で同定しえたFusobacterium nucleatumによるTolosa-Hunt症候群の一例, 木場 由美子, 小野寺 一, 田寺 加代子, 長岡 里枝, 原 稔典, 鴨川 瑞樹, 川下 遥, 奥村 由美子, 樫山 誠也, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月02日, 通常, 日本語, 東京都港区
  38. AmqC β-lactamase(ABL)産生菌のスクリーニングMIC値の検討, 原 稔典, 鹿山 鎭男, 木場 由美子, 田寺 加代子, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 小野寺 一, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 菅井 基行, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月03日, 通常, 日本語, 東京都港区
  39. Exophiala dermatitidisが分離されたCARD9欠損症の1例, 長岡 里枝, 小野寺 一, 樫山 誠也, 田寺 加代子, 木場 由美子, 奥村 由美子, 原 稔典, 古霜 麻紀, 川下 遥, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 鎗田 響子, 亀井 克彦, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月03日, 通常, 日本語, 東京都港区
  40. 末梢血液生塗抹標本でスポロゾイトの動きが確認された三日熱マラリアの1例, 鴨川 瑞樹, 梶原 俊毅, 古霜 麻紀, 木場 由美子, 長岡 里枝, 原 稔典, 田寺 加代子, 奥村 由美子, 川下 遥, 樫山 誠也, 小野寺 一, 北野 弘之, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会, 2019年02月03日, 通常, 日本語, 東京都港区
  41. バンコマイシン注投与下の急性腎障害に関与する併用抗菌薬の検討, 久保 有子, 冨田 隆志, 佐伯 康之, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 繁本 憲文, 大毛 宏喜, 第92回日本感染症学会学術講演会/第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年05月31日, 通常, 日本語, 岡山県岡山市
  42. 腸内細菌科細菌におけるAmpCβ-lactamase(ABL)産生菌のスクリーニング薬剤とMICの検討, 原 稔典, 鹿山 鎭男, 木場 由美子, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 小野寺 一, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 菅井 基行, 第92回日本感染症学会学術講演会/第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年06月01日, 通常, 日本語, 岡山県岡山市
  43. Pneumocystis jirovecii DNA 検査の院内検査導入の試み, 梶原 俊毅, 木場 由美子, 北野 弘之, 川下 遥, 原 稔典, 樫山 誠也, 小野寺 一, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第92回日本感染症学会学術講演会/第66回日本化学療法学会総会合同学会, 2018年06月01日, 通常, 日本語, 岡山県岡山市
  44. 腎移植後の難培養菌による腹腔内膿瘍の1例, 大毛 宏喜, 奥村 由美子, 梶原 俊毅, 北野 弘之, 井手 健太郎, 田原 裕之, 大平 真裕, 清水 誠一, 大段 秀樹, 第54回日本移植学会総会, 2018年10月04日, 通常, 日本語, 東京都港区
  45. 血液透析施行患者におけるバンコマイシン注投与の有効性と安全性の検討, 久保 有子, 冨田 隆志, 佐伯 康之, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 繁本 憲文, 大毛 宏, 第66回日本化学療法学会西日本支部総会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島県鹿児島市
  46. 腹腔内播種性病変を伴う肝結核の1例, 梶原 俊毅, 北野 弘之, 大毛 宏喜, 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島県鹿児島市
  47. 黄色ブドウ球菌による有熱性尿路感染症の検討, 北野 弘之, 木場 由美子, 梶原 俊毅, 久保 有子, 吉松 由香里, 森 美菜子, 樫山 誠也, 大毛 宏喜, 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島県鹿児島市
  48. 感染症ベーシックスクールin中国・四国の開催報告と参加者の評価, 田内 久道, 宮本 仁志, 末盛 浩一郎, 村上 雄一, 越智 史博, 梶原 俊毅, 北川 浩樹, 北野 弘之, 北浦 剛, 千酌 浩樹, 大毛 宏喜, 安川 正貴, 第93回日本感染症学会総会・学術講演会, 2019年04月04日, 通常, 日本語, 愛知県名古屋市
  49. 移植外科への積極的なAntimicrobial Stewardship活動の現状, 梶原 俊毅, 北野 弘之, 大毛 宏喜, 第93回日本感染症学会総会・学術講演会, 2019年04月06日, 通常, 日本語, 愛知県名古屋市
  50. 高度救命救急センターにおける人口呼吸関連肺炎症例に関する臨床的検討, 森 美菜子, 吉松 由香里, 久保 有子, 北野 弘之, 梶原 俊毅, 大毛 宏喜, 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2018年11月18日, 通常, 日本語, 鹿児島県鹿児島市
  51. 18歳以下の患者におけるClostridioides difficile感染症に対するバンコマイシンの治療成績, 久保 有子, 冨田 隆志, 佐伯 康之, 梶原 俊毅, 繁本 憲文, 北野 弘之, 大毛 宏喜, 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会, 2018年11月16日, 通常, 日本語, 鹿児島県鹿児島市
  52. グラム陽性連鎖球菌の菌血症における抗菌投与期間の比較検討, 北野 弘之, 繁本 憲文,梶原 俊毅,久保 有子,田寺 加代子,原 稔典,長岡 里枝,木場 由美子,樫山 誠也,小野寺 一,大毛 宏喜, 第67回日本化学療法学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 東京都文京区
  53. アトバコンの使用状況に関する後方視的検討, 久保 有子, 富田 隆志,佐伯 康之,北野 弘之,梶原 俊毅,繁本 憲文,大毛 宏喜,, 第67回日本化学療法学会総会, 2019年05月10日, 通常, 日本語, 東京都文京区
  54. 西日本豪雨災害(2018年)における感染症対策の問題点と対策, 大毛 宏喜, 森 美菜子,吉松 由香里,久保 有子,梶原俊毅,北野 弘之, 第67回日本化学療法学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 東京都文京区
  55. 西日本豪雨災害における感染症対策活動と課題, 大毛 宏喜, 森 美菜子, 吉松 由香里, 久保 有子, 梶原 俊毅, 北野 弘之, 第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 2019年02月22日, 通常, 日本語, 兵庫県神戸市
  56. 肝移植時手術部位感染症における抗菌薬選択, 梶原 俊毅, 北野 弘之, 小林 剛, 井手 健太郎, 大平 真裕, 田原 裕之, 大段 秀樹, 大毛 宏喜, 第36回日本肝移植研究会, 2018年05月25日, 通常, 日本語, 東京都
  57. 直接糞便からのClostridioides difficile毒素遺伝子検出の有用性についての評価, 原 稔典, 木場 由美子, 田寺 加代子, 長岡 里枝, 大森 慶太郎, 北野 弘之, 繁本 憲文, 樫山 誠也, 横崎 典哉, 大毛 宏喜, 第94回日本感染症学会総会・学術講演会, 2020年08月21日, 通常, 日本語, 東京都港区

受賞

  1. 2019年11月29日, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会 ポスターAWARD, 第32回日本外科感染症学会総会学術集会会長, 結腸直腸手術患者におけるメトロニダゾール静注の血漿・腹水・腹部組織中濃度推移
  2. 第64回西日本泌尿器科学会総会 学術奨励賞

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 腎細胞がん微小環境におけるCD8陽性T細胞と癌線維芽細胞の相互作用の病態解明, 2021年, 2023年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究(B)), 腎細胞がん微小環境における骨髄由来間葉系幹細胞の機能解明, 2016年, 2017年
  3. 科学研究費助成事業, 前立腺オルガノイドを用いた慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群の病態解明, 2018年, 2019年
  4. シオノギ製薬 奨学寄付サポート, 慢性前立腺炎の病態解明に関する研究, 2017年, 2017年

社会活動

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島県臨床検査技師講習会, 尿路感染症、性感染症, 広島県臨床検査技師会, 2018年/01月/27日, 2018年/01月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般

学術雑誌論文査読歴

  1. 2020年, その他, 2
  2. 2019年, その他, 3
  3. 2018年, その他, 2