島 唯史Tadashi Shima

Last Updated :2024/02/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 准教授
メールアドレス
tadashihiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 理学修士 (大阪大学)

研究分野

  • 数物系科学 / 数学 / 幾何学

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 1ターム, 微分積分通論[1経]
  2. 2023年, 教養教育, 3ターム, 数学演習I[1情]
  3. 2023年, 教養教育, 4ターム, 数学演習II[1情]
  4. 2023年, 教養教育, 3ターム, 微分積分学II[1工四]
  5. 2023年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  6. 2023年, 学部専門, 4ターム, 確率過程論
  7. 2023年, 学部専門, 1ターム, データサイエンスセミナーI
  8. 2023年, 学部専門, 2ターム, データサイエンスセミナーII
  9. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業論文
  10. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 情報科学特別演習A
  11. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 情報科学特別演習A
  12. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 情報科学特別演習B
  13. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 情報科学特別演習B
  14. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 情報科学特別研究
  15. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 情報科学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Lifschitz Tails for Random Schroedinger Operators on Nested Fractals, Osaka Journal of Mathematics, 29巻, 4号, pp. pp. 749-770, 19921201
  2. On Discontinuity and Tail Behaviours of the Integrated Density of States For Nested Pre-Fractals, Communications in Mathematical Physics, 163巻, pp. pp. 461-471, 19940401
  3. Large Deviations and Related LIL’s for Brownian Motions on Nested Fractals, Osaka Journal of Mathematics, 36巻, 3号, pp. pp. 497-537, 19990901
  4. On Eigenvalue Problems for Laplacians on P.C.F. Self-Similar Sets, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 13巻, 1号, pp. pp. 1-23, 19960201
  5. ★, On a Spectral Analysis for the Sierpinski Gasket, Potential Analysis, 1巻, pp. pp. 1-35, 19920401
  6. On Eigenvalue Problems for the Random Walks on the Sierpinski Pre-Gaskets, Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 8巻, 1号, pp. pp. 127-141, 19910201
  7. Remarks on universal function of O(C^*), Hiroshima Mathematical Journal, 33巻, 1号, pp. pp. 27-30, 20030301
  8. Ramified coverings over a complete Kaehler space, Archiv der Mathematik, 83巻, pp. pp. 154-158, 20040401
  9. ★, Analytic Compactifications of $\mathbb{C}^2/\mathbb{Z}_n$, Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universitat Hamburg, 74巻, pp. pp. 223-235, 20040401
  10. ★, Analytic Compactifications of $\mathbb{C}^2/\mathbb{D}$, Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universitat Hamburg, 77巻, 20071201
  11. Analytic compactic;fications of C^2/Z_n, Proceedings of Hayama Symposium on Several Complex Variables 2004, Hayama, Japan, December 18-21, 2004 (Y. Nishimura, J. Noguchi, S. Takayama, and T. Ueda, eds.), University of Tokyo, Tokyo, pp. pp. 177-181, 20051201
  12. H-infinity-constrained incentive Stackelberg games for discrete-time stochastic systems with multiple followers, IET CONTROL THEORY AND APPLICATIONS, 11巻, 15号, pp. 2475-2485, 20171013
  13. H-infinity Constraint Pareto Optimal Strategy for Stochastic LPV Systems, INTERNATIONAL GAME THEORY REVIEW, 20巻, 2号, 201806
  14. Infinite-Horizon Multi-Leader-Follower Incentive Stackelberg Games for Linear Stochastic Systems with $H_{\infty}$ Constraint, Proc. SICE Annual Conference, Kanazawa, Japan 2017, pp. 1202-1207, 2017
  15. Team-optimal Incentive Stackelberg Strategies for Markov Jump Linear Stochastic Systems with $H_{\infty}$ Constraint, Preprints of the 20th World Congress The International Federation of Automatic Control, Toulouse, France, July 9-14, pp. 3831-3836, 2017
  16. $H_{\infty}$ Constraint Incentive Stackelberg Game for Discrete-Time Stochastic Systems, American Control Conference, Seattle, WA, 2017, pp. 5257-5262, 2017
  17. A Stochastic Multiple-Leader-Follower Incentive Stackelberg Strategy for Markov Jump Linear Systems, IEEE Control Systems Letters, 1巻, 2号, pp. 250-255, 201710
  18. A Stochastic Multiple-Leader-Follower Incentive Stackelberg Strategy for Markov Jump Linear Systems, 2017 IEEE 56th Annual Conference on Decision and Control, Melbourne, Australia, December 12-15, 2017, pp. 3688-3693, 2017
  19. Three Basic Theorems in Numerical Analysis in Control Engineering Course and Their Application, INTERNATIONAL JOURNAL OF CONTROL AUTOMATION AND SYSTEMS, 16巻, 5号, pp. 2321-2333, 201810
  20. Intermediate Pseudoconvexity for Unramified Riemann Domains over C^n, Toyama Mathematical Journal, 40巻, pp. 17-35, 2019
  21. A generalization of a theorem of Kühnel on globally defined analytic sets, Complex Variables and Elliptic Equations, 2020

著書等出版物

  1. 1993年, Asymptotic problems in probability theory : Wiener functionals and asymptotics : proceedings of the Taniguchi International Symposium, Sanda and Kyoto, 1990, The Eigenvalue Problem for the Laplacian on The Sierpinski Gasket, Longman Scientific & Technica, 1993年, 単行本(学術書), その他, English, K.D. Elworthy and N. Ikeda (editors), 058222683X

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. $\mathbf{C}^2/D$の解析的コンパクト化について, 島 唯史, 九州大学 複素解析セミナー, 2006年06月26日, 招待, 日本語
  2. $\mathbf{C}^2/G$の解析的コンパクト化について, 島 唯史, 函数論シンポジウム, 2008年10月12日, 招待, 日本語, 日本数学会函数論分科会, 高知大学朝倉キャンパス, 発表資料

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シュタイン空間における因子と有理型凸性, 2008年, 2010年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), シュタイン空間における有理型凸性の研究, 2006年, 2007年
  3. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 変動指数をもつ関数空間の研究, 2005年, 2007年
  4. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), ソボレフ関数のポテンシャル論的解析, 2002年, 2005年
  5. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 空間多変量データの統計モデルの探索と判別分析, 2001年, 2002年
  6. 科学研究費助成事業(萌芽的研究), 力学系理論による擬似乱数生成と解析, 1999年, 2000年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 解像度が異なる衛星画像の統計手法による重ね合わせ, 1997年, 1998年
  8. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), フラクタル集合上でのリフシッツ挙動の評価, 1996年, 1996年
  9. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 偶数分解能の釣合い型及び部分釣合い型一部実施要因計画の研究, 1995年, 1995年
  10. 科学研究費助成事業(一般研究(C)), 確率過程の関数解析的研究, 1992年, 1992年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 多変数関数論冬セミナー, 世話人, 2011年12月, 2011年12月
  2. 日本数学会函数論分科会, 2018年11月, 2018年11月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 広島大学総合科学部公開講座 楽しい数学と情報の世界, 確率のパラドックス, 広島大学, 2001年/03月/24日, 2001年/03月/26日, 講師, 講演会, 社会人・一般
  2. 広島大学総合科学部公開講座 楽しい数学と情報の世界, 確率のパラドックス, 広島大学, 2008年/08月/25日, 2008年/08月/27日, 講師, 講演会, 社会人・一般