樽谷 直紀NAOKI TARUTANI

Last Updated :2021/03/01

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 助教
ホームページ
メールアドレス
n-tarutanihiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
〒739-8527 広島県東広島市鏡山1-4-1 A4棟543号室
TEL:TEL: +81 82 424 7716 FAX:FAX: +81 82 424 5494
自己紹介
エネルギー材料、環境浄化材料への利用を目指した無機材料の合成を行っています。ナノメートルからマイクロメートル領域に構造を有する材料の開発や、材料特性と微細構造の関係性の研究に取り組んでいます。

基本情報

主な職歴

  • 2016年04月01日, 2017年03月31日, 大阪府立大学, 日本学術振興会 特別研究員 DC2
  • 2017年04月01日, 2019年03月31日, 法政大学, 生命科学部 環境応用化学科, 助教
  • 2019年04月01日, 2019年10月31日, 大阪府立大学, 工学研究科 物質・化学系専攻 マテリアル工学分野, 特任助教
  • 2019年11月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 大学院工学研究科 応用化学専攻, 助教
  • 2019年04月01日, 法政大学, マイクロ・ナノテクノロジー研究センター, 客員講師
  • 2020年04月01日, 広島大学, 大学院先進理工系科学研究科, 助教

学歴

  • 大阪府立大学, 工学部, マテリアル工学科, 日本, 2008年04月, 2012年03月
  • 大阪府立大学大学院, 工学研究科, 物質・化学系専攻 博士前期課程, 日本, 2012年04月, 2014年03月
  • 大阪府立大学大学院, 工学研究科, 物質・化学系専攻 博士後期課程, 日本, 2014年04月, 2017年03月

学位

  • 修士(工学) (大阪府立大学)
  • 博士(工学) (大阪府立大学)

担当主専攻プログラム

  • 応用化学プログラム

研究分野

  • 化学 / 材料化学 / 無機工業材料
  • 工学 / 材料工学 / 複合材料・表界面工学
  • 総合理工 / ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料化学
  • 工学 / 材料工学 / 無機材料・物性

研究キーワード

  • ゾル-ゲル法
  • 自己組織化
  • 層状化合物
  • 多孔質材料
  • ナノ結晶

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 一般化学[2工一]
  2. 2020年, 学部専門, セメスター(後期), 基礎化学実験
  3. 2020年, 学部専門, 4ターム, 物理化学演習
  4. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用化学講究IIA
  5. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用化学講究IIB
  6. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 応用化学セミナーIIA
  7. 2020年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 応用化学セミナーIIB
  8. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  9. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  10. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 応用化学特別演習A
  11. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  12. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 応用化学特別演習A
  13. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  14. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 応用化学特別演習B
  15. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 応用化学特別演習B
  16. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究
  17. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 応用化学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Layered double hydroxide (LDH)-based monolith with interconnected hierarchical channels: enhanced sorption affinity for anionic species, Journal of Materials Chemistry A, 1巻, 26号, pp. 7702-7708, 20130424
  2. Enhanced photoluminescence emission from anthracene-doped polyphenylsiloxane glass, Optics letters, 38巻, 24号, pp. 5224-5227, 20131215
  3. Layered double hydroxide composite monoliths with three-dimensional hierarchical channels: structural control and adsorption behavior, RSC Advances, 4巻, 31号, pp. 16075-16080, 20140314
  4. Fabrication of hierarchically porous monolithic layered double hydroxide composites with tunable microcages for effective oxyanion adsorption, RSC Advances, 5巻, 70号, pp. 57187-57192, 20150623
  5. Layered double hydroxide nanoclusters: aqueous, concentrated, stable, and catalytically active colloids toward green chemistry, ACS nano, 10巻, 5号, pp. 5550-5559, 20160428
  6. ★, Single-nanometer-sized low-valence metal hydroxide crystals: Synthesis via epoxide-mediated alkalinization and assembly toward functional mesoporous materials, Chemistry of Materials, 28巻, 16号, pp. 5606-5610, 20160725
  7. High-density protein loading on hierarchically porous layered double hydroxide composites with a rational mesostructure, Langmuir, 32巻, 35号, pp. 8826-8833, 20160808
  8. Mesoporous microspheres of nickel-based layered hydroxides by aerosol-assisted self-assembly using crystalline nano-building blocks, Journal of Sol-Gel Science and Technology, 89巻, 1号, pp. 216-224, 20180915
  9. ★, Highly Ordered Mesoporous Hydroxide Thin Films through Self-Assembly of Size-Tailored Nanobuilding Blocks: A Theoretical-Experimental Approach, Chemistry of Materials, 31巻, 2号, pp. 322-330, 20181227
  10. ★, Microparticles with hetero-nanointerfaces: controlled assembly of cobalt hydroxide and nickel hydroxide nanoclusters towards improved electrochemical functions, Journal of Materials Chemistry A, 7巻, 44号, pp. 25290-25296, 20190904
  11. Enhanced visible light photocatalytic activity of anatase-rutile mixed-phase nano-size powder given by high-temperature heat treatment, Royal Society Open Science, 7巻, 1号, pp. 191539, 20191028

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Nb添加メカノケミカルTiO2粉末の熱処理挙動と光触媒活性, 鈴木大雅, 小安智士, 樽谷直紀, 打越哲郎, 石垣隆正, 第59回 セラミックス基礎科学討論会, 2021年01月07日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, オンライン
  2. 種々の固体窒素源を用いたSr-Ta 系酸窒化物の合成, 木下祐輝, 岡田凌輝, 樽谷直紀, 片桐清文, 犬丸啓, 小山恭平, 鱒渕友治, 日本セラミックス協会 2020年年会, 2020年03月18日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東京
  3. 金属アルコキシド由来ゲルと尿素を前駆体に用いた酸窒化物系固溶体の合成と特性評価, 吉行里紗, 岡田凌輝, 坂田拓也, 樽谷直紀, 片桐清文, 犬丸啓, 第58回セラミックス基礎科学討論会, 2019年01月09日, 通常, 日本語
  4. 複合構造を有する粒子集積型構造色コーティング膜の泳動電着法による作製とその構造発色性, 上杉遼, 樽谷直紀, 片桐清文, 犬丸啓, 竹岡敬和, 第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 愛知
  5. Hetero-nanointerfaced microparticles composed of metal hydroxide nanocrystals toward improved electrochemical properties, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, Masahide Takahashi, The 36th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, 2019年11月20日, 通常, 英語, Tottori, Japan
  6. Hierarchically ordered porous materials using hydroxide-based organic-inorganic hybrid crystals, Naoki Tarutani, Riona Sato, Mana Hashimoto, Takamasa Ishigaki, XX International Sol-Gel Conference, 2019年08月25日, 通常, 英語, St. Petersburg, Russia
  7. Synthesis of Hydroxide-based Organic-Inorganic Hybrid Nanoclusters towards Functional Porous Materials, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahashi, Takamasa Ishigaki, 3rd International Symposium of Silsesquioxane-based Functional Materials, 2019年07月25日, 招待, 英語, Kiryu, Japan
  8. Hydroxide-based hybrid nano-building blocks: synthesis, design, and assembly toward functional materials, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, Masahide Takahashi, Takamasa Ishigaki, The 3rd International Conference on Nanomaterials for Health, Energy and the Environment, 2018年07月22日, 招待, 英語, Sunshine Coast, Australia
  9. Synthesis of ordered mesoporous layered nickel hydroxide films by nano-building block approach toward enhanced functionalities, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, Masahide Takahashi, JSPM International Conference on Powder and Powder Metallurgy, 2017年11月06日, 通常, 英語, Kyoto, Japan
  10. Layered metal hydroxide crystals in single-nanometer scale for nano-building approach toward ordered mesoporous materials, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, Masahide Takahashi, XIX International Sol-Gel Conference, 2017年09月03日, 通常, 英語, Liege, Belgium
  11. Synthesis of single-nm sized layered hydroxide nanocrystals and assembly toward mesoporous materials, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Matias Jobbagy, Federico A. Viva, Galo J. A. A. Soler-Illia, Masahide Takahashi, The 2nd International Conference on NanoMaterials, 2016年09月07日, 招待, 英語, Flic-en-Flac, Mauritius
  12. Synthesis of nanocrystalline layered hydroxide salt mesoporous films and pseudomorphic conversion to mesostructural transition metal compounds, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Matias Jobbagy, Federico A. Viva, Galo J. A. A. Soler-Illia, Masahide Takahashi, 13th International Conference on Ceramic Processing Science, 2016年05月08日, 通常, 英語, Nara, Japan
  13. Hierarchically porous layered double hydroxide composites with size-controlled microcages for selective adsorption of oxyanions, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, 7ma Escuela de Síntesis de Materiales, 2015年09月28日, 通常, 英語, Buenos Aires, Argentina
  14. Hierarchically porous layered double hydroxide composites with size-controlled microcages for selective adsorption of oxyanions, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, XVIII International Sol-Gel Conference, 2015年09月06日, 通常, 英語, Kyoto, Japan
  15. Layered double hydroxide-based monolithic adsorbent with tailored hierarchical channels, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, Materials Science & Technology 2014, 2014年10月12日, 通常, 英語, Pittsburgh, USA
  16. Layered double hydroxide (LDH)-based monolith with interconnected hierarchical channels: enhanced sorption affinity for anionic species, Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, The 14th International Symposium on Biomimetic Materials Processing, 2014年01月24日, 通常, 英語, Gifu, Japan
  17. Synthesis and characterization of layered double hydroxide-based monolithic material with controlled hierarchical channels, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, XVII International Sol-Gel Conference, 2013年08月25日, 通常, 英語, Madrid, Spain
  18. Synthesis of Layered Double Hydroxide (LDH)-based Monolithic Composite with Hierarchical Macro/Meso Channels for Improved Ion-exchange Characteristics, Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, 2013 MRS spring meeting & exhibit, 2013年04月01日, 通常, 英語, San Francisco, USA
  19. Spontaneous Formation of Macroporous Inorganic Materials: Synthesis Strategy for Mixed Metal Oxides and Phosphates with a Monolithic Form, Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, 2012 OPU-KIST-ECUST Joint Symposium on Advanced Materials and Applications, 2012年09月10日, 通常, 英語, Osaka, Japan
  20. Spontaneous formation of hierarchically porous LDHs monoliths via facile sol-gel reaction from metal salt precursors, Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi, The 12th International Symposium on Biomimetic Materials Processing, 2012年01月27日, 通常, 英語, Nagoya, Japan
  21. メカノケミカル法合成Nb-TiO2光触媒の高温熱処理と可視光活性, 加藤 龍磨, 樽谷直紀, 小安智士, 石垣隆正, 打越哲郎, 第58回セラミックス基礎科学討論会, 2020年01月09日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 愛知
  22. 液相レーザーアブレーション法による炭酸カルシウム微粒子合成, 中村さくら, 樽谷直紀, 石垣隆正, 無機マテリアル学会第139回講演会, 2019年11月14日, 通常, 日本語, 無機マテリアル学会, 宮城
  23. 六角板状酸化亜鉛微粒子を種とした水熱法配向成長, 牧野広季, 樽谷直紀, 石垣隆正, 打越哲郎, 無機マテリアル学会第138回講演会, 2019年06月06日, 通常, 日本語, 無機マテリアル学会, 東京
  24. 液相レーザーアブレーション法による炭酸カルシウム微粒子合成の試み, 中村さくら, 樽谷直紀, 石垣隆正, 第1回酸素酸塩材料科学研究会, 2019年07月27日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東京
  25. メカノケミカル法による酸化チタンへのニオブの表面集中添加と光触媒特性, 加藤 龍磨, 樽谷直紀, 石垣隆正, 打越哲郎, 無機マテリアル学会第137回講演会, 2018年11月15日, 通常, 日本語, 無機マテリアル学会, 愛知
  26. 微細な層状水酸化物を利用したメソ・マクロ構造体の設計, 樽谷直紀, 徳留靖明, 高橋雅英, 石垣隆正, 第62 回粘土科学討論, 2018年09月10日, 招待, 日本語, 日本粘土学会, 東京
  27. エアロゾル法による結晶性水酸化物メソポーラス球の作製, 樽谷直紀, 徳留靖明, 高橋雅英, 石垣隆正, 日本ゾル-ゲル学会第16回討論会, 2018年08月06日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪
  28. 水酸化物ナノクラスターを用いたメソ構造体の作製, 樽谷直紀, 佐藤莉緒菜, 徳留靖明, 高橋雅英, 石垣隆正, 無機マテリアル学会第136回講演会, 2018年06月07日, 通常, 日本語, 無機マテリアル学会, 東京
  29. 規則的メソ構造を有する層状金属水酸化物材料の合成, 樽谷直紀, 徳留靖明, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, 高橋雅英, 第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年01月11日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 茨城
  30. 層状水酸化物ナノクラスターの成長・凝集挙動の制御による規則的メソ多孔体作製, 樽谷直紀, 徳留靖明, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, 高橋雅英, 日本ゾル-ゲル学会第15回討論会, 2017年08月07日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪
  31. 層状金属水酸化物ナノ結晶をビルディングブロックとする規則的メソ多孔性材料の作製, 樽谷直紀, 徳留靖明, Matias Jobbagy, Galo J. A. A. Soler-Illia, 高橋雅英, 日本セラミックス協会 2017年年会, 2017年03月17日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東京
  32. メソ構造体形成に向けた層状水酸化物ナノ結晶の成長制御, 樽谷直紀, 徳留靖明, Matias Jobbagy, Federico A. Viva, Galo J. A. A. Soler-Illia, 高橋雅英, 日本ゾル-ゲル学会第14回討論会, 2016年08月08日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 東京
  33. 層状水酸化物ナノ結晶を用いたメソポーラス薄膜の作製および遷移金属化合物への相転移, 樽谷直紀, 徳留靖明, Matias Jobbagy, Federico A. Viva, Galo J. A. A. Soler-Illia, 高橋雅英, 日本セラミックス協会 2016年年会, 2016年03月14日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 東京
  34. 高効率バイオ燃料生成触媒としての多孔性層状複水酸化物の開拓, 樽谷直紀, 徳留靖明, 中西和樹, 高橋雅英, 日本ゾル-ゲル学会第12回討論会, 2014年08月07日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 茨城
  35. 階層的多孔構造を有する層状複水酸化物モノリス:細孔構造および化学組成制御, 樽谷直紀, 徳留靖明, 高橋雅英, 中西和樹, 日本セラミックス協会 2014年年会, 2014年03月17日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 神奈川
  36. 化学組成および細孔構造が制御されたモノリス型層状複水酸化物多孔体の分子吸着挙動制御, 樽谷直紀, 徳留靖明, 中西和樹, 高橋雅英, 日本ゾル-ゲル学会第11回討論会, 2011年07月28日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪
  37. 層間ゲストの超高速交換に向けた層状水酸化物階層的多孔構造の作製, 徳留靖明, 樽谷直紀, 高橋雅英, 中西和樹, 日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム, 2012年09月19日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 愛知
  38. 高効率イオン交換反応の実現に向けたバルク型マクロ多孔性層状腹水酸化物の作製, 徳留靖明, 樽谷直紀, 高橋雅英, 中西和樹, 日本材料学会第61期学術講演会, 2012年05月25日, 通常, 日本語, 日本材料学会, 岡山
  39. イオン性前駆体を用いたゾルーゲル法による層状複水酸化物多孔体の作製, 樽谷直紀, 徳留靖明, 中西和樹, 高橋雅英, 日本セラミックス協会 2012年年会, 2012年03月19日, 通常, 日本語, 日本セラミックス協会, 京都
  40. プラズモン増強高効率紫外蛍光を目指した銀微粒子の精密形態制御, 樽谷直紀, 徳留靖明, 島田良子, 高橋雅英, 日本ゾル-ゲル学会第9回討論会, 2011年07月28日, 通常, 日本語, 日本ゾル-ゲル学会, 大阪

受賞

  1. 2013年12月, 第5回関西無機機能性材料研究会優秀ポスター賞, 関西無機機能性材料研究会, モノリス型層状複水酸化物多孔体の細孔構造および化学組成制御
  2. 2014年08月, 日本ゾル-ゲル学会第12 回討論会ベストポスター賞, 日本ゾル-ゲル学会, 高効率バイオ燃料生成触媒としての多孔性層状複水酸化物の開拓
  3. 2016年12月, 第8回関西無機機能性材料研究会優秀ポスター賞, 関西無機機能性材料研究会, 結晶性配向メソ多孔材料作製に向けた層状金属水酸化物の成長制御
  4. 2019年11月22日, The Best Presentation Award, The 36th International Japan-Korea Seminar on Ceramics, Hetero-nanointerfaced microparticles composed of metal hydroxide nanocrystals toward improved electrochemical properties

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(特別研究員奨励費), 高効率非対称キャパシタ開発に向けた水酸化ニッケルの化学組成とメソ・マクロ構造設計, 2016年04月, 2018年03月
  2. 泉科学技術振興財団 平成29 年度研究助成, 異種ナノコロイドを用いたヘテロ凝集構造導入によるレドックスキャパシタ材料の機能性向上, 2017年10月, 2018年09月
  3. イオン工学振興財団 2019年度研究助成, 欠陥導入量を制御した金属水酸化物ナノドットのボトムアップ合成, 2019年08月, 2021年03月
  4. 泉科学技術振興財団 2019年度研究助成, 優れた酸素生成触媒機能の発現に向けたナノ界面の制御, 2019年11月, 2021年10月
  5. 卓越研究員事業, 有機無機ハイブリッド微粒子を用いた材料設計:マルチスケールの構造精密制御による機能創出, 2019年11月, 2021年03月
  6. 北海道大学触媒科学研究所共同利用・共同研究, 不均一水酸化物ナノ触媒の表面活性点制御, 2020年04月, 2021年03月
  7. 若手研究, ナノ構造の設計に基づく高活性な層状水酸化物触媒の創出, 2020年04月, 2022年03月