AMATYA VISHWA JEETVISHWA JEET AMATYA

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院医系科学研究科(医) 講師
ホームページ
メールアドレス
amatyahiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
734-8551  広島県広島市霞1−2−3  広島大学大学院医系科学研究科  病理学研究室 基礎・社会医学棟408室
TEL:082-257-5152 FAX:082-257-5154
自己紹介
Working in Department of Pathology, Hiroshima University Graduate School of Biomedical & Health Sciences. My research interest is to understand the diagnostic approach and its biology of malignant mesothelioma.

基本情報

主な職歴

  • 2019年04月01日, 広島大学大学院医系科学研究科, 病理学研究室, 講師
  • 2012年10月01日, 2019年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院, 病理学研究室, 講師
  • 2007年04月01日, 2012年09月31日, 広島大学大学院医歯薬総合研究科, 病理学研究室, 助教
  • 2005年05月01日, 2007年03月31日, 広島大学大学院医歯薬総合研究科, 病理学研究室, 助手
  • 2003年11月01日, 2005年04月30日, International Agency for Research on Cancer, WHO, LYON, Molecular Pathology, Post Doctoral Fellow
  • 2003年08月01日, 2003年10月30日, Nepal Medical College, Kathmandu, NEPAL, Department of Pathology, Lecturer

学歴

  • 広島大学, 大学院医学系研究科, 博士課程, 日本, 1999年04月, 2003年03月
  • 広島大学, 大学院医学系研究科第二病理, 外国人研究員(脳神経病理学), 日本, 1997年10月, 1999年03月
  • Tribhuvan University, Institute of Medicine, MD [Pathology], ネパール, 1995年04月, 1997年09月
  • Gorakhpur University, BRD Medical College, MBBS [Bachelor of Medicine Bachelor of Surgery], INDIA, 1987年09月, 1992年08月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)
  • MBBS (BRD Medical College Gorakhpur University)

教育担当

  • 【学士課程】 医学部 : 医学科 : 医学プログラム
  • 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム
  • 【博士課程】 医系科学研究科 : 医歯薬学専攻 : 医学専門プログラム

担当主専攻プログラム

  • 医学プログラム

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 人体病理学
  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 実験病理学

研究キーワード

  • 中皮腫
  • 肺癌
  • 石綿関連肺がん
  • 網羅的遺伝子発現
  • マイクロRNA発現・機能解析
  • 脳腫瘍病理

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, 霞キャンパスからの平和発信
  2. 2024年, 学部専門, セメスター(後期), 臨床病理学
  3. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習I
  4. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  5. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  6. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学
  7. 2024年, 学部専門, 集中, 病因病態学
  8. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 病理学概論
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別演習
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別演習
  11. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 特別研究
  12. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 特別研究
  13. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別演習
  14. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別演習
  15. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 特別研究
  16. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 特別研究
  17. 2024年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 病因病態学
  18. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 研究方法論A
  19. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 3ターム, バイオメディカルサイエンスの創生展開
  20. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病理学特別演習
  21. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病理学特別演習
  22. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 病理学特別研究
  23. 2024年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 病理学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. A case of malignant fibrous histiocytoma of the petrous bone present-ing with facial nerve palsy, JAPANESE JOURNAL OF NEUROSURGERY, 22巻, 4号, pp. 306-312, 201304
  2. A case of papillary glioneuronal tumor, JAPANESE JOURNAL OF NEUROSURGERY, 22巻, 11号, pp. 860-865, 201301
  3. A useful antibody panel for differential diagnosis between peritoneal mesothelioma and ovarian serous carcinoma in Japanese cases, AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 130巻, 5号, pp. 771-779, 200811
  4. Aberrant promoter methylation of WIF-1 and SFRP1, 2, 4 genes in mesothelioma., ONCOLOGY REPORTS, 24巻, 2号, pp. 423-431, 201008
  5. Accuracy of pathological diagnosis of mesothelioma cases in Japan: Clinicopathological analysis of 382 cases, LUNG CANCER, 66巻, 2号, pp. 191-197, 200911
  6. Advantage of high b value diffusion -weighted imaging for differentiation of common pediatric brain tumors in posterior fossa, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 128巻, 108983号, 202007
  7. Astroblastoma: a distinct tumor entity characterized by alterations of the X chromosome and MN1 rearrangement, BRAIN PATHOLOGY, 28巻, 5号, pp. 684-694, 201809
  8. Benign fibrous histiocytoma arising at the temporal bone of an infant - case report and review of the literature., CHILDS NERVOUS SYSTEM, 32巻, 1号, pp. 189-193, 201601
  9. CD26 overexpression is associated with prolonged survival and enhanced chemosensitivity in malignant pleural mesothelioma, CLINICAL CANCER RESEARCH, 18巻, 5号, pp. 1447-1456, 201203
  10. CD9 expression as a favorable prognostic marker for patients with malignant mesothelioma., ONCOLOGY REPORTS, 29巻, 1号, pp. 21-28, 201301
  11. Case of clear cell ependymoma of medulla oblongata: Clinicopathological and immunohistochemical study with literature review, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 53巻, 5号, pp. 297-302, 200305
  12. Caveolin-1 is a novel immunohistochemical marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, HISTOPATHOLOGY, 55巻, 1号, pp. 10-19, 200907
  13. Characteristics and therapeutic strategies of brain and cranial radiation-induced sarcoma: analysis of 165 cases from our case experience and comprehensive review, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 53巻, 10号, pp. 905-911, 202310
  14. Characteristics and therapeutic strategies of radiation-induced glioma: case series and comprehensive literature review, JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY, 159巻, 3号, pp. 531-538, 202209
  15. Clinicopathological and immunohistochemical features of three pilomyxoid astrocytomas: Comparative study with 11 pilocytic astrocytomas, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 59巻, 2号, pp. 80-85, 200902
  16. Clinicopathological significance of intelectin-1 in colorectal cancer: Intelectin-1 participates in tumor suppression and favorable progress, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 70巻, 12号, pp. 943-952, 202012
  17. Co-existent carcinosarcoma and adenoid basal carcinoma of the uterine cervix and correlation with human papillomavirus infection, INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL PATHOLOGY, 21巻, 2号, pp. 186-190, 200204
  18. Coexistence of gastrointestinal stromal tumor and leiomyosarcoma of the stomach presenting as a collision tumor: A case report and review of literature, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 68巻, 5号, pp. 313-317, 201805
  19. Combined acromegaly and subclinical Cushing disease related to high-molecular-weight adrenocorticotropic hormone, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 110巻, 2号, pp. 369-373, 200902
  20. Concurrent Schwannoma and Meningioma Arising in the Same Spinal Level: A Report of Two Cases, NMC CASE REPORT JOURNAL, 5巻, 4号, pp. 105-109, 201809
  21. Desmoplastic/nodular medulloblastoma associated with anhidrotic ectodermal dysplasia., INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL, 2巻, 3号, pp. 178-182, 201307
  22. Detecting non-germinomatous germ cell tumor component by arterial spin labeling perfusion-weighted MR imaging in central nervous system germ cell tumor, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 136巻, 202103
  23. Differences in invasiveness and recurrence rate among nonfunctioning pituitary neuroendocrine tumors depending on tumor subtype, NEUROSURGICAL REVIEW, 46巻, 1号, 202311
  24. Differential diagnosis of sarcomatoid mesothelioma from true sarcoma and sarcomatoid carcinoma using immunohistochemistry, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 58巻, 2号, pp. 75-83, 200802
  25. Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 48巻, 4号, pp. 1599-1607, 201604
  26. Diffuse leptomeningeal glioneuronal tumor (DLGNT) mimicking Whipple's disease: a case report and literature review, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 33巻, 8号, pp. 1411-1414, 201708
  27. Diffusion-weighted imaging-gadolinium enhancement mismatch sign in diffuse midline glioma, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 147巻, 202202
  28. Downregulation of FTL decreases proliferation of malignant mesothelioma cells by inducing G(1) cell cycle arrest, ONCOLOGY LETTERS, 23巻, 6号, pp. 174, 202206
  29. Downregulation of lncRNA PVT1 inhibits proliferation and migration of mesothelioma cells by targeting FOXM1, ONCOLOGY REPORTS, 47巻, 2号, pp. 27, 202202
  30. Dysplastic glioneuronal lesion arising in the cerebellum: a clinicopathological, immunohistochemical and ultrastructural study, CLINICAL NEUROPATHOLOGY, 20巻, 2号, pp. 73-79, 200103
  31. Effect of bevacizumab against cystic components of brain tumors, CANCER MEDICINE, 8巻, 15号, pp. 6519-6527, 201911
  32. Esophageal carcinosarcoma with basaloid squamous carcinoma and rhabdomyosarcoma components with TP53 mutation, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 10号, pp. 803-809, 200410
  33. Evaluation of Apoptosis and Immunohistochemical Expression of the Apoptosis-related Proteins in Mesothelioma, HIROSHIMA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES, 59巻, 2号, pp. 27-33, 201006
  34. Expression of vascular endothelial growth factor-C and its receptor in invasive micropapillary carcinoma of the breast, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 56巻, 5号, pp. 256-261, 200605
  35. FOXM1 Promotes Mesothelioma Cell Migration and Invasion via Activation of SMAD Signaling, ANTICANCER RESEARCH, 43巻, 9号, pp. 3961-3968, 202309
  36. Glioblastoma treated with postoperative radio-chemotherapy: Prognostic value of apparent diffusion coefficient at MR imaging, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 73巻, 3号, pp. 532-537, 201003
  37. Glypican-1 immunohistochemistry is a novel marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, MODERN PATHOLOGY, 31巻, 5号, pp. 809-815, 201805
  38. Glypican-1 is a novel immunohistochemical marker to differentiate poorly differentiated squamous cell carcinoma from solid predominant adenocarcinoma of the lung, TRANSLATIONAL LUNG CANCER RESEARCH, 10巻, 2号, pp. 766-+, 202102
  39. Heterogeneous genetic alterations in ovarian mucinous tumors: Application and usefulness of laser capture microdissection, HUMAN PATHOLOGY, 32巻, 11号, pp. 1203-1208, 200111
  40. Identification of DAB2 and Intelectin-1 as Novel Positive Immunohistochemical Markers of Epithelioid Mesothelioma by Transcriptome Microarray Analysis for Its Differentiation From Pulmonary Adenocarcinoma, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 41巻, 8号, pp. 1045-1052, 201708
  41. Identification of Novel Diagnostic Markers for Malignant Pleural Mesothelioma Using a Reverse Translational Approach Based on a Rare Synchronous Tumor, DIAGNOSTICS (BASEL), 12巻, 2号, pp. 316-(1-12), 202201
  42. Idiopathic granulomatous meningoencephalitis presenting as an intracranial tumor, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 49巻, 12号, pp. 1084-1088, 199912
  43. Immunohistochemical marker panels for distinguishing between epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 57巻, 4号, pp. 190-199, 200704
  44. Immunohistochemical study of Ki-67 (MIB-1), p53 protein, p21(WAF1), and p27(KIP1) expression in benign, atypical, and anaplastic meningiomas, HUMAN PATHOLOGY, 32巻, 9号, pp. 970-975, 200109
  45. Immunostaining of Increased Expression of Enhancer of Zeste Homolog 2 (EZH2) in Diffuse Midline Glioma H3K27M-Mutant Patients with Poor Survival., PATHOBIOLOGY, 86巻, 2-3号, pp. 152-161, 201905
  46. Improved differentiation between high- and low-grade gliomas by combining dual-energy CT analysis and perfusion CT, MEDICINE (Baltimore), 97巻, 32号, pp. e11670, 201808
  47. Inactivation of the p16 gene by hypermethylation and loss of heterozygosity in adenocarcinoma of the lung, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 7号, pp. 486-489, 200407
  48. Inhibition of miR-18a-3p reduces proliferation of mesothelioma cells and sensitizes them to cisplatin, ONCOLOGY LETTERS, 19巻, 6号, pp. 4161-4168, 202006
  49. Insulin-Like Growth Factor 2 mRNA Binding Protein 3 Promotes Cell Proliferation of Malignant Mesothelioma Cells by Downregulating p27Kip1., FRONTIERS IN ONCOLOGY, 11巻, pp. 795467-(1-10), 202201
  50. Intratumoral Hemorrhage After Endoscopic Third Ventriculostomy for Obstructive Hydrocephalus Caused by Brain Tumors, WORLD NEUROSURGERY, 158巻, pp. E256-E264, 202202
  51. Isolated Neurohypophysial Sarcoidosis Involving the Cavernous Sinus Mimicking a Malignant Tumor, NMC CASE REPORT JOURNAL, 9巻, 1号, pp. 31-35, 202203
  52. Long Non-coding RNA LINC00152 Requires EZH2 to Promote Mesothelioma Cell Proliferation, Migration, and Invasion, ANTICANCER RESEARCH, 43巻, 12号, pp. 5367-5375, 202312
  53. Loss of expression of E-cadherin and beta-catenin is associated with progression of pulmonary adenocarcinoma, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 55巻, 1号, pp. 14-18, 200501
  54. Lymphomas and glioblastomas: Differences in the apparent diffusion coefficient evaluated with high b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging at 3 T, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 81巻, 2号, pp. 339-344, 201202
  55. MUC4 immunohistochemistry is useful in distinguishing epithelioid mesothelioma from adenocarcinoma and squamous cell carcinoma of the lung, SCIENTIFIC REPORTS, 8巻, 134号, pp. 1-8, 201801
  56. ★, MUC4, a novel immunohistochemical marker identified by gene expression profiling, differentiates pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma, MODERN PATHOLOGY, 30巻, 5号, pp. 672-681, 201705
  57. Magnetic resonance spectroscopy detection of high lipid levels in intraaxial tumors without central necrosis: a characteristic of malignant lymphoma., JOURNAL OF NEUROSURGERY, 122巻, 6号, pp. 1370-1379, 201506
  58. Meningioangiomatosis occurring in a young male without neurofibromatosis - With special reference to its histogenesis and loss of heterozygosity in the NF2 gene region, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 26巻, 1号, pp. 125-129, 200201
  59. Meningioma in mature cystic teratoma of the ovary, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 54巻, 7号, pp. 543-548, 200407
  60. Metachronous Double Pituitary Adenoma with Altered Transcriptional Factor Profile: A Case Report and Literature Review, NMC CASE REPORT JOURNAL, 8巻, 1号, pp. 657-663, 202110
  61. Metastatic Malignant Lymphoma Mimicking Cerebral Toxoplasmosis with the "Target Sign", INTERNAL MEDICINE, 58巻, 8号, pp. 1157-1162, 201904
  62. ★, Methylation of p14(ARF) gene in meningiomas and its correlation to the p53 expression and mutation, MODERN PATHOLOGY, 17巻, 6号, pp. 705-710, 200406
  63. Mucin 21 is a novel, negative immunohistochemical marker for epithelioid mesothelioma for its differentiation from lung adenocarcinoma., HISTOPATHOLOGY, 74巻, 4号, pp. 545-554, 201903
  64. Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway: Immunohistochemical Study of Multicentric Glioma, PATHOBIOLOGY, 84巻, 2号, pp. 99-107, 201702
  65. Musashi-1 Is a Novel Immunohistochemical Marker of Neuroendocrine Carcinoma of the Lung, CANCERS, 15巻, 23号, 202312
  66. Myogenic antigen expression is useful for differentiation between epithelioid mesothelioma and non-neoplastic mesothelial cells., HISTOPATHOLOGY, 56巻, 7号, pp. 969-974, 201006
  67. Myxopapillary ependymoma with anaplastic features, PATHOLOGY INTERNATIONAL, 53巻, 10号, pp. 700-703, 200310
  68. Nonenhancing peritumoral hyperintense lesion on diffusion-weighted imaging in glioblastoma: a novel diagnostic and specific prognostic indicator, JOURNAL OF NEUROSURGERY, 128巻, 3号, pp. 667-678, 201803
  69. Overexpression of CD26/DPPIV in mesothelioma tissue and mesothelioma cell lines, ONCOLOGY REPORTS, 26巻, 6号, pp. 1369-1375, 201109
  70. PIM1 knockdown inhibits cell proliferation and invasion of mesothelioma cells, INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 50巻, 3号, pp. 1029-1034, 201703
  71. Perfusion Computed Tomography Parameters Are Useful for Differentiating Glioblastoma, Lymphoma, and Metastasis, WORLD NEUROSURGERY, 119巻, pp. E890-E897, 201811
  72. Primary and Recurrent Growing Teratoma Syndrome in Central Nervous System Nongerminomatous Germ Cell Tumors: Case Series and Review of the Literature, WORLD NEUROSURGERY, 134巻, pp. E360-E371, 202002
  73. Prognostic implications of the subcellular localization of survivin in glioblastomas treated with radiotherapy plus concomitant and adjuvant temozolomide., JOURNAL OF NEUROSURGERY, 128巻, 3号, pp. 679-684, 201803
  74. Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Detection of High Lipid Levels and Low Apparent Diffusion Coefficient Is Characteristic of Germinomas, WORLD NEUROSURGERY, 112巻, pp. E84-E94, 201804
  75. RELA fusion-positive anaplastic ependymoma: molecular characterization and advanced MR imaging, BRAIN TUMOR PATHOLOGY, 35巻, 1号, pp. 41-45, 201801
  76. Radiological and Immunostaining Characteristics of H3.3 G34R-Mutant Glioma: A Report of 3 Cases and Review of the Literature, PEDIATRIC NEUROSURGERY, 55巻, 5号, pp. 319-325, 202012
  77. Radiology Profile as a Potential Instrument to Differentiate Between Posterior Fossa Ependymoma (PF-EPN) Group A and B, WORLD NEUROSURGERY, 140巻, pp. E320-E327, 202008
  78. Reg IV is an independent prognostic factor for relapse in patients with clinically localized prostate cancer., CANCER SCIENCE, 99巻, 8号, pp. 1570-1577, 200808
  79. Reply to 'MUC4 staining in sarcomatoid carcinomas' by Berg et al., MODERN PATHOLOGY, 32巻, 1号, pp. 158-158, 201901
  80. Retrospective immunohistological study of autopsied lungs in patients with acute exacerbation of interstitial pneumonia managed with extracorporeal membrane oxygenation, JOURNAL OF THORACIC DISEASE, 11巻, 11号, pp. 4436-4443, 201911
  81. Role for loss of nuclear PTEN in a harbinger of brain metastases, JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE, 44巻, pp. 148-154, 201710
  82. Role of PROPELLER diffusion weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the diagnosis of sellar and parasellar lesions, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 74巻, 3号, pp. 420-427, 201003
  83. Role of PROPELLER diffusion-weighted imaging and apparent diffusion coefficient in the evaluation of pituitary adenomas, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 80巻, 2号, pp. 412-417, 201111
  84. SOX6 is a Novel Immunohistochemical Marker for Differential Diagnosis of Epithelioid Mesothelioma from Lung Adenocarcinoma, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 44巻, 9号, pp. 1259-1265, 202009
  85. Sellar Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor (AT/RT): A Clinicopathologically and Genetically Distinct Variant of AT/RT, AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 41巻, 7号, pp. 932-940, 201707
  86. Solitary Langerhans cell histiocytosis located in the neurohypophysis with a positive titer HCG-beta in the cerebrospinal fluid, CHILDS NERVOUS SYSTEM, 32巻, 5号, pp. 901-904, 201605
  87. Study of methylation status of p14/ARF gene in benign, atypical, and anaplastic meningiomas by methylation specific PCR, International Congress Series, 1259巻, C号, pp. 13-14, 200402
  88. T2-FLAIR mismatch sign in dysembryoplasticneuroepithelial tumor, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 126巻, 202005
  89. TP53 promoter methylation in human gliomas, ACTA NEUROPATHOLOGICA, 110巻, 2号, pp. 178-184, 200508
  90. Trigeminal neuropathy from perineural spread of an amyloidoma detected by blink reflex and thin-slice magnetic resonance imaging, MUSCLE & NERVE, 41巻, 6号, pp. 875-878, 201006
  91. Use of Anti-Noxa Antibody for Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Reactive Mesothelial Hyperplasia., PATHOBIOLOGY, 83巻, 1号, pp. 33-40, 201601
  92. ★, Utility and pitfall of Immunohistochemistry in the Differential Diagnosis between Epithelioid Mesothelioma and Poorly Differentiated Lung Squamous Cell Carcinoma., HISTOPATHOLOGY, 70巻, 3号, pp. 375-384, 201702
  93. Utility of Survivin, BAP1, and Ki-67 immunohistochemistry in distinguishing epithelioid mesothelioma from reactive mesothelial hyperplasia, ONCOLOGY LETTERS, 15巻, 3号, pp. 3540-3547, 201803
  94. Utility of dual-energy CT for predicting the vascularity of meningiomas, EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY, 123巻, 202002
  95. Value of immunohistochemistry in the differential diagnosis of pleural sarcomatoid mesothelioma from lung sarcomatoid carcinoma, HISTOPATHOLOGY, 54巻, 6号, pp. 667-676, 200905
  96. miR-142-3p Suppresses Invasion and Adhesion of Mesothelioma Cells by Downregulating ITGAV, PATHOBIOLOGY, 90巻, 4号, pp. 270-280, 202308
  97. miR-182 and miR-183 Promote Cell Proliferation and Invasion by Targeting FOXO1 in Mesothelioma, FRONTIERS IN ONCOLOGY, 8巻, 446号, pp. 1-9, 201810
  98. 側頭葉に発生したpapilary glioneuronal tumorの1例, 脳神経外科ジャーナル, 22巻, 11号, pp. 860-866, 201311
  99. 右三叉神経根部から脳実質外に三叉神経に沿って進展した中枢神経系原発悪性リンパ腫, 広島医学, 74巻, 11号, pp. 491-492, 202111
  100. 左脛骨に発生した明細胞肉腫(clear cell sarcoma)の1例, 広島医学, 52巻, 4号, pp. 305-306, 199910
  101. 非角化型扁平上皮癌の診断と鑑別(生検および切除組織), 病理と臨床, 34巻, 4号, pp. 332-339, 201604
  102. 顔面神経麻痺で発症した錐体骨malignant fibrous histiocytomaの1例, 脳神経外科ジャーナル, 22巻, 4号, pp. 306-312, 201304

著書等出版物

  1. 2022年04月12日, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 縦隔腫瘍・胸膜腫瘍第2版, びまん性中皮腫(上皮型,肉腫型(線維形成性を含む),二相型) , 文光堂, 2022年, 04, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 武島幸男, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet, 9784830622601, 336, 224-235
  2. 2019年03月30日, 網羅的遺伝子発現解析より見い出した新規中皮腫陽性マーカーPRG4と中皮腫陰性マーカーMUC21の上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断への応用, 平成30年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務 (新たな免疫染色抗体を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編) 主任研究者 廣島健三 (東京女子医大八千代病院),分担研究者 石川雄一,岡 輝明,大林千穂,武島幸男, 2019年, 03, 調査報告書, 共著, 日本語, 武島幸男、Amatya Vishwa Jeet、櫛谷 桂、甲斐祐一郎
  3. 2018年03月30日, 平成29年度 環境省請負業務 石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務 (石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編), 広島大学, 2018年, 03, 調査報告書, 共著, 主任研究者: 武島幸男, 分担研究者: 井内康輝,岸本卓巳,石川雄一,岡田守人,Amatya Vishwa Jeet, 研究協力者: 櫛谷 桂, 52
  4. 2017年03月31日, 平成28年度 環境省請負業務 石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務 (石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編), 広島大学, 2017年, 03, 調査報告書, 共著, 主任研究者: 武島幸男 分担研究者: 井内康輝,岸本卓巳,石川雄一,岡田守人,Amatya Vishwa Jeet,研究協力者 櫛谷 桂
  5. 2017年03月31日, 平成26−28年度 労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-, 中皮腫の病理学的鑑別診断の為の新規免疫組織化学マーカー, 調査報告書, 共著, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男, 107
  6. 2017年03月31日, 平成28年度 労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-, 網羅的遺伝子発現解析による中皮腫病理診断の為の新規マーカーの探索, 2017年, 03, 調査報告書, 共著, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男
  7. 2016年08月01日, アスベスト関連疾患日常診療ガイド アスベスト関連疾患を見逃さないために 改訂3版, 良性石綿胸水と胸膜中皮腫の病理学的鑑別, 労働調査会, 2016年, 08, 単行本(学術書), 共著, 武島幸男, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂
  8. 2016年03月31日, 平成27年度 環境省請負業務 石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(石綿関連肺がんの病理学的鑑別法に関する調査編)報告書, 石綿関連肺がんにおける遺伝子の欠矢・増幅の検出, 広島大学, 2016年, 03, 調査報告書, 共著, 武島幸男, Amatya Vishwa Jeet, 岸本卓巳, 岡田守人, 櫛谷 桂, 57, 20-57
  9. 2016年03月31日, 平成27年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-, 中皮腫の確定診断のための免疫組織化学的染色に関する検討, 2016年, 03, 調査報告書, 共著, 櫛谷 桂, 武島幸男, Amatya Vishwa Jeet
  10. 2015年12月25日, 石綿関連疾患の病理とそのリスクコミュニケーション 井内康輝 編著, 通常型中皮腫の病理, 篠原出版新社, 2015年, 12, 単行本(学術書), 共著, 武島幸男、櫛谷 桂、Amatya Vishwa Jeet、井内康輝, 9784884123864, 227
  11. 2015年03月31日, 平成26年度労災疾病臨床研究事業 胸膜中皮腫の的確な診断法保運関する研究 -鑑別診断方法と症例収集-, 中皮腫の確定診断のための免疫組織化学的検査の現状と今後について, 2015年, 03, 調査報告書, 共著, 武島幸男, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet
  12. 2014年04月14日, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 縦隔腫瘍・胸膜腫瘍, 上皮型中皮腫、肉腫型中皮腫(線維形成型中皮腫を含む)、二相型中皮腫, 文光堂, 2014年, 04, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 武島 幸男、櫛谷 桂、AMATYA VISHWA JEET、井内康輝
  13. 2014年04月14日, 病理と臨床 2014年臨時増刊号(32巻) 免疫組織化学 診断と治療選択の指針, 中皮腫, 文光堂, 2014年, 04, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 武島幸男、櫛谷 桂、AMATYA VISHWA JEET、 井内康輝
  14. 2014年01月31日, 診断病理, 腹膜悪性中皮腫の病理, 2014年, 01, 単行本(学術書), 共著, 武島幸男、櫛谷 桂、AMATYA VISHWA JEET、 井内康輝
  15. 2008年03月01日, MOOK「肺癌の臨床2008~2009」, 中皮腫発生に関わるエピジェネティクス., 篠原出版新社, 2008年, 03, 単行本(学術書), 共著, 河野 秀和、AMATYA VISHWA JEET、武島 幸男、井内 康輝, 9784884126179, 417
  16. 2007年03月, MOOK肺癌の臨床2007~2008, 中皮腫の遺伝子異常ーマイクロアレイを用いた網羅的解析, 篠原出版新社, 2007年, 03, 単行本(学術書), 共著, Amatya Vishwa Jeet, 武島 幸男, 井内 康輝, 9784884126162, 281
  17. 2005年05月, 異型的な上皮の増生を伴ったcystic hypersecretory hyperplasia with atypiaの一例「良性乳腺疾患アトラス・乳腺診療の手引き」 , 永井書店, 2005年, 05, 単行本(学術書), 共著, 金子 真弓 片岡 健 井内 康輝 , 4815917116

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. IGF2BP3はp27を抑制することで,中皮腫細胞の増殖を促進する, 遠藤意拡, Amatya Vishwa jeet, 櫛谷 桂, 神原貴大, 中桐徹也, 青江耕平, 武島幸男, 第63回日本肺癌学会学術集会, 2022年12月01日, 通常, 日本語, 福岡市
  2. SPARCは上皮型中皮腫と肺扁平上皮癌および肺腺癌を鑑別する新規マーカーとして有用, 中桐徹也, Amatya Vishwa jeet, 櫛谷 桂, 遠藤意拡, 青江耕平, 武島幸男, 第68回日本病理学会秋期特別総会, 2022年11月17日, 通常, 日本語, 盛岡市
  3. Intelectin-1 の大腸腫瘍における臨床病理学的意義 , 勝矢脩嵩, 仙谷和弘, Amatya Vishwa jeet, 武島幸男, 大上直秀, 第81回日本癌学会学術総会, 2022年09月29日, 通常, 日本語, 横浜市
  4. 4-1 上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の病理学的鑑別診断におけるEZH2, 5-hmC, c-Metの有用性, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa jeet, 中桐徹也, 青江耕平, 遠藤意拡, 武島幸男, 第3回日本石綿・中皮腫学会学術集会, 2022年09月17日, 通常, 日本語, 西宮市
  5. 1-02 髄液鼻漏で発症したPRL産生pituitary neuroendocrine tumor, 田口 慧, 木下康之, Amatya Vishwa jeet, 武島幸男, 堀江信貴, 第23回日本内分泌学会中国支部学術集会, 2022年09月03日, 通常, 日本語, 川崎医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科学教室, WEB開催
  6. P2-1 Li-Fraumeni症候群に生じた悪性神経膠腫の1例, 高安 武志, 米澤 潮, 高野 元気, 大西 俊平, AMATYA VISHWA JEET, 山崎 文之, 杉山 一彦, 堀江 信貴, 第40回日本脳腫瘍病理学会, 2022年05月28日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 埼玉県川越市, 実験データ
  7. O7-5 BRAF Thr599dupを有するPilocytic Astrocytomaの1例, 米澤 潮, 高野 元気, 高安 武志, AMATYA VISHWA JEET, 山崎 文之, 杉山 一彦, 堀江 信貴, 第40回日本脳腫瘍病理学会, 2022年05月28日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 埼玉県川越市, 実験データ
  8. O2-48 Knockdown of PVT1 inhibits proliferation and migration of mesothelioma cells by targeting FOXM1, AMATYA VISHWA JEET, 藤井祐太朗、櫛谷 桂、神原 貴大、 遠藤 意拡、武島 幸男, 第111回日本病理学会総会, 2022年04月14日, 通常, 英語, 日本病理学会, 神戸市, 実験データ
  9. O2-49 上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断における c-Met の有用性, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWA JEET, 神原 貴大, 中桐 徹也, 藤井祐太朗, 遠藤 意拡, 武島 幸男, 第111回日本病理学会総会, 2022年04月14日, 通常, 英語, 日本病理学会, 神戸市, 実験データ
  10. O2-51 FTL は細胞周期の促進により悪性中皮腫の増殖を促進する, 神原 貴大, AMATYA VISHWA JEET, 遠藤 意拡, 藤井祐太朗, 櫛谷 桂, 武島 幸男, 第111回日本病理学会総会, 2022年04月14日, 通常, 英語, 日本病理学会, 神戸市, 実験データ
  11. P-355 中皮腫細胞における IGF2BP3 の発現と p27 抑制による細胞増殖機構, 遠藤 意拡, AMATYA VISHWA JEET, 櫛谷 桂, 神原 貴大, 中桐 徹也, 藤井祐太朗, 武島 幸男, 第111回日本病理学会総会, 2022年04月14日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 神戸市, 実験データ
  12. P-286 Intelectin-1 の大腸腫瘍における臨床病理学的意義, 勝矢 脩嵩, 仙谷 和弘, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 大上 直秀, 第111回日本病理学会総会, 2022年04月14日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 神戸市, 実験データ
  13. 非定型奇形腫様/ラブドイド腫瘍の13歳男児例, 松村 梨紗, 谷口 真紀, 望月 慎史, 村上 未希子, 今中 雄介, 高野 元気, 山崎 文之, AMATYA VISHWAJEET, 川口 浩史, 岡田 賢, 第19回日本小児がん看護学会学術集会, 2021年11月25日, 通常, 日本語, 日本小児血液・がん学会学術集会, 大阪, 実験データ
  14. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断における免疫組織化学的染色における新規マーカーSOX6の有用性, 神原貴大, AMATYA VISHWAJEET, 藤井祐太朗, 櫛谷 桂, 武島幸男, 第2回日本石綿・中皮腫学会, 2021年08月28日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 東京, 実験データ
  15. P1-9 びまん性星細胞腫から悪性転化したと考えられたBRAF V600E変異を有する巨細胞性膠芽腫の一例, 徳毛 健太郎, 難波 将史, 山内 理海, 岡本 渉, AMATYA VISHWAJEET, 飯田 幸治, 杉山 一彦, 第39回日本脳腫瘍病理学会, 2021年05月21日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京, 実験データ
  16. P2-7 Rhabdoid cellを欠いたatypical teratoid/rhabdoid tumorの一例, 高野 元気, 高安 武志, 米澤 潮, 田口 慧, AMATYA VISHWAJEET, 望月 慎史, 松村 梨紗, 谷口 真紀, 杉山 一彦, 山崎 文之, 第39回日本脳腫瘍病理学会, 2021年05月21日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京, 実験データ
  17. P2-8 Constitutional MMR-deficiencyの小児患者に発生したglioblastomaの一例, 大西 俊平, 山崎 文之, AMATYA VISHWAJEET, 高安 武志, 高野 元気, 米澤 潮,) 武島 幸男, 赤木 究, 杉山 一彦, 檜井 孝夫, 第39回日本脳腫瘍病理学会, 2021年05月21日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京, 実験データ
  18. P2-9 8歳女児high grade astroblastomaの1例, 高安 武志, 高野 元気, 米澤 潮, 田口 慧, AMATYA VISHWAJEET, 杉山 一彦, 山崎 文之, 第39回日本脳腫瘍病理学会, 2021年05月21日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京, 実験データ
  19. P3-1 当初PNETとされ、遺伝子診断により明らかになったCNS EFT-CICの1例, 米澤 潮, 高安 武志, 高野 元気, 田口 慧, AMATYA VISHWAJEET, 杉山 一彦, 山崎 文之, 第39回日本脳腫瘍病理学会, 2021年05月21日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京, 実験データ
  20. O3-02 Gene expression microarray analysis of asbestos-related lung cancer in Japanese patients, AMATYA VISHWAJEET, 櫛谷 桂, 武島幸男, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 英語, 日本病理学会, 東京, 実験データ
  21. O3-27 免疫組織化学染色による上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWAJEET, 神原貴大, 藤井祐太朗, 武島幸男, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 東京, 実験データ
  22. P-186 中皮腫細胞株におけるFTL mRNAの機能解析, 神原貴大, AMATYA VISHWAJEET, 櫛谷 桂, 藤井祐太朗, 甲斐佑一郎, 武島幸男, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 英語, 日本病理学会, 東京, 実験データ
  23. P-187 中皮腫細胞株において、long non-coding RNA PVT1はFOXM1を標的として増殖を促進させる, 藤井祐太朗, AMATYA VISHWAJEET, 櫛谷 桂, 神原貴大, 甲斐佑一郎, 武島幸男, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 英語, 日本病理学会, 東京, 実験データ
  24. P-231 Intelectin-1の大腸腫瘍における発現と臨床病理学的意義, 勝矢脩嵩,, 仙谷和弘, 馬場崎隆志, 大上直秀), AMATYA VISHWAJEET, 武島幸男, (安井 弥, 第110回日本病理学会総会, 2021年04月22日, 通常, 英語, 日本病理学会, 東京, 実験データ
  25. 膠芽腫の治療中に生じた中枢神経原発リンパ腫の一例, 高野元気, 山崎 文之, 木下 康之, 米澤 潮, 田口 慧, AMATYA VISHWAJEET, 武島 幸男, 杉山 一彦, 第38回日本脳腫瘍病理学会, 2020年09月28日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京都, 実験データ
  26. 正常松果体と髄芽腫播種の鑑別が困難であった1例, 米澤 潮, 山崎 文之, 木下 康之, 高野 元気, 田口 慧, AMATYA VISHWAJEET, 武島 幸男, 杉山 一彦, 第38回日本脳腫瘍病理学会, 2020年09月28日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 東京都, 実験データ
  27. Alterations of 2p16, 9q33.1 and 19p13 in asbestos-related lung cancer in Japanese patients, AMATYA VISHWA JEET, 櫛谷 桂, 井内 康輝, 岸本 卓巳, 石川 雄一, 岡田 守人, 武島 幸男, 第109回日本病理学会, 2020年07月01日, 通常, 英語, 日本病理学会, 福岡, 発表資料
  28. 中皮腫細胞株におけるlong non-coding RNA PVT1の機能解析, 藤井 祐太朗, 鈴木 瑠偉, AMATYA VISHWAJEET, 神原 貴大, 甲斐 佑一郎, 櫛谷 桂, 武島 幸男, 第109回日本病理学会, 2020年07月01日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 福岡, 発表資料
  29. 免疫組織化学的染色による上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWAJEET, 甲斐 佑一郎, 神原 貴大, 鈴木 瑠偉, 藤井 祐太朗, 武島 幸男, 第109回日本病理学会, 2020年07月01日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 福岡, 発表資料
  30. 肺癌・中皮腫の病理とゲノム異常 網羅的遺伝子発現解析に基づく新規中皮腫鑑別診断マーカーの検出, 武島 幸男, AMATYA VISHWAJEET, 櫛谷 桂, 第109回日本病理学会, 2020年07月01日, 招待, 日本語, 日本病理学会, 福岡, 発表資料
  31. The clinicopathological significance of intelectin-1 in colorectal cancer, 勝矢脩嵩, 仙谷和弘,大上直秀,AMATYA VISHWAJEET,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第109回日本病理学会総会, 2020年07月01日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  32. Musashi-1 is novel immunohistochemical marker of neuroendorine carcinoma of lung, AMATYA VISHWAJEET, 櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,鈴木瑠偉,藤井祐太朗,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第60回日本肺癌学会学術集会, 2019年12月06日, 通常, 英語, 日本肺癌学会学術集会, 東京都, 実験データ
  33. H3K27me3を用いたposterior fossa ependymomaの臨床像の相違, 米澤 潮, 山崎文之, 高野元気, 田口 慧, 吉廣正子, AMATYA VISHWAJEET,幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第78回日本脳神経外科学会学術総会, 2019年10月09日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 大阪市, 実験データ
  34. 髄芽腫成分と未熟奇形腫成分が混在した第4脳室内腫瘍の臨床病理学的検討, 高野元気, 山崎文之, 米澤 潮, 田口 慧, 森岡博美, AMATYA VISHWAJEET,武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第78回日本脳神経外科学会学術総会, 2019年10月09日, 通常, 日本語, 日本脳神経外科学会, 大阪市, 実験データ
  35. The clinicopathological significance of intelectin-1 in colorectal tumor, 勝矢脩嵩, 仙谷和弘,大上直秀,AMATYA VISHWAJEET,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第78回日本癌学会総会, 2019年09月26日, 通常, 日本語, 日本癌学会総会, 東京都, 実験データ
  36. 中皮腫細胞におけるmiR-18aの増殖,遊走および抗がん剤耐性に関する検討, 鈴木瑠偉, AMATYA VISHWAJEET,藤井祐太朗,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,武島幸男, 第1回日本石綿・中皮腫学会, 2019年09月21日, 通常, 日本語, 日本石綿・中皮腫学会, 名古屋市, 実験データ
  37. 脳腫瘍 (Papillary craniopharyngioma), 神原貴大, AMATYA VISHWAJEET,櫛谷 桂,山崎文之,栗栖 薫,武島幸男, 第72回広島病理集談会, 2019年09月07日, 通常, 日本語, 広島病理集談会, 広島大学, 実験データ
  38. EZH2免疫染色陽性はdiffuse midline glioma,H3K27M-mutantの予後不良因子である, 山崎文之, Vega K., AMATYA VISHWAJEET,高野元気, 米澤 潮, 田口 慧, 武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 名古屋市, 実験データ
  39. H3K27me3 を用いた posterior fossa ependymoma の臨床像の相違, 米澤 潮, 山崎文之, 高野元気, 田口 慧, 吉廣正子, AMATYA VISHWAJEET,幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第37回日本脳腫瘍病理学会, 2019年05月31日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 名古屋市, 実験データ
  40. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断における新規マーカーSOX6の有用性, 神原貴大, AMATYA VISHWAJEET,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,櫛谷 桂,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  41. 上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌の鑑別診断におけるPRG4,Annexin-8免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂, 甲斐佑一郎,Amatya VISHWAJEET,鈴木瑠偉,神原貴大,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  42. Musashi-1 is a novel immunohistochemical marker of small cell carcinoma of lung, AMATYA VISHWAJEET, 櫛谷 桂,甲斐佑一郎, 神原貴大,鈴木瑠偉,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 英語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  43. Glypican-1は肺扁平上皮癌における新規陽性マーカーである, 甲斐佑一郎, AMATYA VISHWAJEET,櫛谷 桂,神原貴大,鈴木瑠偉,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  44. 大脳 epithelioid glioblastoma の1例, 神原貴大, AMATYA VISHWAJEET,尾上 亮,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,櫛谷 桂,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  45. 中皮腫細胞株におけるmiR-18aおよびmiR-18bの機能解析, 鈴木瑠偉, AMATYA VISHWAJEET,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,武島幸男, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  46. Intelectin-1の大腸腫瘍における臨床病理学的意義, 勝矢脩嵩, 仙谷和弘,大上直秀,AMATYA VISHWAJEET,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第108回日本病理学会総会, 2019年05月09日, 通常, 日本語, 日本病理学会総会, 東京都, 実験データ
  47. P6-1: 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断における新規マーカーMUC21の有用性, 甲斐佑一郎, Amatya Vishwa Jeet,櫛谷 桂,宮田義浩,岡田守人,鈴木瑠偉,神原貴大, 武島幸男, 第59回日本肺癌学会学術集会, 2018年11月29日, 通常, 日本語, 東京都, 発表資料
  48. CM2-3: Exploration of the novel immunohistochemical markers of epithelioid mesothelioma and lung adenocarcinoma, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂,武島幸男, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月23日, 招待, 日本語, 呉市, 発表資料
  49. P35: miR-182 and miR-183 promote cell proliferation and invasion by targeting FOXO1 in mesothelioma, 鈴木瑠衣, Amatya Vishwa Jeet,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,神原貴大,武島幸男, 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018年11月22日, 通常, 日本語, 呉市, 発表資料
  50. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断におけるPRG4免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷桂, 甲斐佑一郎,Amatya Vishwa Jeet,鈴木瑠偉,神原貴大,武島幸男, 第25回石綿・中皮腫研究会, 2018年11月10日, 通常, 日本語, 発表資料
  51. The clinicopathological significance of intelectin-1 in colorectal tumor, 勝矢脩嵩, 仙谷和弘,大上直秀,AMATYA VISHWAJEET,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第77回日本癌学会総会, 2018年09月27日, 通常, 日本語, 日本癌学会総会, 東京都, 実験データ
  52. JO7-5 H3K27me3を用いたgroupA とgroupB posterior fossa ependymoma (PFA、PFB)の臨床像の相違についての検討, 米澤 潮, 山崎 文之, 高安 武志, 高野 元気, 吉廣 正子, Amatya Vishwa Jeet, 武島 幸男, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第36回日本脳腫瘍病理学会, 2018年09月26日, 通常, 日本語, 発表資料
  53. P3-29: H3 G34R変異を有するグリオーマ, 大西 俊平, 山崎 文之, 高安 武志, 高野 元気, 米澤 潮, Amatya Vishwa Jeet, 武島 幸男, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第36回日本脳腫瘍病理学会, 2018年09月26日, 通常, 日本語, 発表資料
  54. JO1-3: H3.3 K27M抗体陽性gliomaの臨床的・免疫組織学的検討, 山崎 文之, 高安 武志, 高野 元気, 米澤 潮, Amatya Vishwa Jeet, 吉廣 正子, 武島 幸男, 杉山 一彦, 栗栖 薫, カルロウィー・ヴェガ, 第36回日本脳腫瘍病理学会, 2018年09月25日, 通常, 日本語, 発表資料
  55. 脳腫瘍 (Epithelioid glioblastoma), 神原貴大, 櫛谷 桂,Amatya Vishwa Jeet,尾上 亮,武島幸男, 第70回広島病理集談会, 2018年07月21日, 通常, 日本語
  56. HGG-21. IMAGING AND IMMUNOHISTOCHEMICAL CHARACTERISTICS OF H3 G34R-MUTANT GLIOMAS -A REPORT OF TWO CASES, Shumpei Onishi, Vega Karlowee, Yoshiko Nakano, Manish Kolakshyapati, Takeshi Takayasu, Motoki Takano, Vishwa Jeet Amatya, Yukio Takeshima, Koichi Ichimura, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, Fumiyuki Yamasaki, The 18th International Symposium on Pediatric Neuro-Oncology, 2018年06月30日, 通常, 英語, 発表資料
  57. 3-I-16: Glypican-1 is the positive marker to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, Amatya Vishwa Jeet, 鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,櫛谷 桂,宮田義浩,岡田守人,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月23日, 通常, 英語, 札幌市, 発表資料
  58. P2-51: The clinicopathological significance of intelectin-1 in colorectal cancer, 勝矢脩嵩, 仙谷和弘,大上直秀,Amatya Vishwa Jeet,武島幸男,服部拓也,坂本直也,安井 弥, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月22日, 通常, 日本語, 札幌市, 発表資料
  59. P1-267: miR-182およびmiR-183の抑制は中皮腫細胞の増殖および浸潤を抑制する, 鈴木瑠偉, Amatya Vishwa Jeet,Mawas AS,櫛谷 桂,甲斐佑一郎,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌市, 発表資料
  60. P1-273: 腸間膜滑膜肉腫の1例, 金子真弓, 松浦博夫,木村修士,江川博彌,中島 亨,平井裕,坪川典史,向田秀則,Amatya Vishwa Jeet,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌市, 発表資料
  61. CM-5-5: 網羅的遺伝子発現解析に基づく新規中皮腫診断マーカーの検出と応用, 武島幸男, Amatya Vishwa Jeet,櫛谷 桂, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 招待, 日本語, 札幌市, 発表資料
  62. 1-D-15: 上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌の病理学的鑑別診断における抗Annexin-8抗体の有用性, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet,鈴木瑠偉,甲斐佑一郎,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌市, 発表資料
  63. 1-D-14: PRG4とMUC21は上皮性中皮腫と肺腺癌の新規鑑別マーカーである, 甲斐佑一郎, Amatya Vishwa Jeet,櫛谷 桂,宮田義浩,岡田守人,鈴木瑠偉,武島幸男, 第107回日本病理学会総会, 2018年06月21日, 通常, 日本語, 札幌市, 発表資料
  64. The strategy for the diagnosis of glioma with reference to the updated WHO classification of glioma, Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男, 第69回広島病理集談会, 2018年03月03日, 招待, 日本語, 発表資料
  65. NIMG-20. ANALYSIS OF PERFUSION CT PARAMETERS FOR DIFFERENTIATING AMONG GLIOBLASTOMA, PRIMARY CENTRAL NERVOUS SYSTEM LYMPHOMA AND BRAIN METASTASIS, Shumpei Onishi, Yoshinori Kajiwara, Takeshi Takayasu, Manish Kolakshyapati, Minoru Ishifuro, Vishwa Jeet Amatya, Yukio Takeshima, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, Fumiyuki Yamasaki, The 22nd Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, 2017年11月06日, 通常, 英語, 発表資料
  66. Diagnostic utility of MUC4 expression to differentiate epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma and squamous cell carcinoma, Amatya Vishwa Jeet, Mamas AS, Kushitani K, Kai Y, Miyata Y, Okada M, and Takeshima Y., 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 通常, 英語, The International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC), Yokohama, Japan, 実験データ
  67. Identification of DAB2 and Intelection-1 as novel positive immunohistochemical markers of epithelioid mesothelioma, Kuraoka M., AMATYA VISHWA JEET, Kushitani K., Mawas A.S., Miyata Y., Okada M., Kishimoto T., Inai K., Nishisaka T., Sueda T., and Takeshima Y., 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 通常, 英語, The International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC), Yokohama, Japan, 発表資料
  68. Usefulness of immunohistochemistry in the differential diagnosis of epithelioid mesothelioma and lung squamous cell carcinoma, Kushitani K., AMATYA VISHWA JEET, Okada Y., Katayama Y., Mawas A.S., Miyata Y., Okada M., Inai K., Kishimoto T, and Takeshima Y., 18th World Conference on Lung Cancer, 2017年10月15日, 通常, 英語, The International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC), Yokohama, Japan, プレプリント
  69. 網羅的遺伝子発現解析から同定した DAB2 と Intelectin-1 の上皮型中皮腫と肺腺癌の 鑑別診断における有用性, 倉岡正嗣, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂, Mawas AS, 宮田義浩, 岡田守人, 岸本卓巳, 井内康輝, 西阪隆, 末田泰二郎, 武島幸男, 第24回石綿・中皮腫研究会, 2017年10月07日, 通常, 日本語, 大阪市, 発表資料
  70. 全24回の中皮腫パネルの概略と興味深い例の供覧, 武島幸男, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂, 第12回中皮腫細胞診セミナー, 2017年09月16日, 招待, 日本語, その他
  71. 肺腺癌と上皮型中皮腫の鑑別に有用な新規マーカーの探索-網羅的遺伝子発現解析から免疫組織化学的染色マーカーへの展開-, AMATYA VISHWA JEET、櫛谷 桂、武島幸男, 櫛谷 桂、武島幸男, 第12回中皮腫細胞診セミナー, 2017年09月16日, 招待, 日本語, その他
  72. Sellar atypical teratoid/rhabdoid tumor (AT/RT): A clinicopathologically and genetically distinct variant of AT/RT, Nakata S.; Nobusawa T.; Hirose T; Ito S.; Inoshita N.; Ichi S.; AMATYA VISHWA JEET; Sugiyama K.; Sonoda Y.; Haga H.; Hirato J.; Nakazato Y.; Yokoo H., 3rd Congress of the European Academy of Neurology, 2017年06月24日, 通常, 英語, European Academy of Neurology and the Netherlands Society of Neurology, Amsterdam
  73. Multicentric Glioma Develops via a Mutant IDH1-Independent Pathway, Karlowee V, 山崎文之, AMATYA VISHWA JEET, 平野宏文, 高安武志, 野坂 亮, 武島幸男, 杉山一彦, 有田和徳, 栗栖 薫, 第35回日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月19日, 通常, 英語, 発表資料
  74. Diffuse Leptomeningeal glioneuronal tumorの1例, 山崎文之, Karlowee V, 齋藤太一, 高安武志, 野坂 亮, Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第35回日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月19日, 通常, 日本語, 実験データ
  75. 脳室内に発生したリンパ形質細胞リンパ腫の1例, 高安 武志, 山崎文之, Amatya Vishwa Jeet, 齋藤太一, 野坂 亮, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第35回日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月19日, 通常, 日本語, 宇都宮市, 実験データ
  76. RELA fusion positive ependymomaの一例, 大西 俊平, 山崎文之, Amatya Vishwa Jeet, 齋藤太一, 高安武志, 野坂 亮, 杉山一彦, 栗栖 薫, 第35回日本脳腫瘍病理学会, 2017年05月19日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 宇都宮市, 実験データ
  77. 小細胞型胸膜悪性中皮腫の1例, 金子真弓, 松浦博夫, 江川博彌 ,北川浩樹, 池田拓広, 向田秀則, AMATYA VISHWA JEET, 武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 東京, 実験データ
  78. PIM1の抑制は中皮腫細胞の細胞増殖および浸潤を抑制する, 鈴木瑠偉, Mawas AS, 宮原 新, 大岡郁子, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂, 武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 東京, 実験データ
  79. 上皮型中皮腫と肺腺癌の鑑別診断におけるIntelectin-1, DAB2免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet, 宮原 新, 大岡郁子, 鈴木瑠偉, Mawas AS, 武島幸男,, Amatya Vishwa Jeet, 宮原 新, 大岡郁子, 鈴木瑠偉, Mawas AS, 武島幸男,, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 東京, 実験データ
  80. 免疫組織化学的染色による上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断, 大岡郁子, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet, Mawas AS, 鈴木瑠偉, 宮原 新, 武島幸男, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 日本語, 東京, 実験データ
  81. MUC4, immunohistochemical marker to differentiate lung adenocarcinoma from epithelioid mesothelioma, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂, 鈴木瑠偉, Mawas AS, 武島幸男, Amatya Vishwa Jeet, Kushitani K, Suzuki R, Mawas AS, Takeshima Y, 第106回日本病理学会総会, 2017年04月27日, 通常, 英語, 東京, 実験データ
  82. 間質性肺炎急性増悪におけるV-V ECMO有用性の分子病理学的検討, 木田 佳子, 大下 慎一郎, 京 道人、AMATYA VISHWA JEET、 武島 幸男、志馬 伸朗, 大下 慎一郎, 京 道人、AMATYA VISHWA JEET、 武島 幸男、志馬 伸朗, 第44回日本集中治療医学会学術集会, 2017年03月09日, 通常, 日本語, 札幌市, 実験データ
  83. Protein expression profile in acute exacerbation of interstitial pneumonia supported on V-V ECMO, Kida Y, Ohshima S, Kyo M, Amatya Vishwa Jeet, Takeshima Y, Shime N, Ohshima S, Kyo M, Amatya Vishwa Jeet, Takeshima Y, Shime N, Society of Critical Care Medicine's 46th Critical Care Congress, 2017年01月21日, 通常, 英語, Honolulu, Hawaii, USA, 実験データ
  84. MUC4 is novel markers to differentiate sarcomatoid mesothelioma from sarcomatoid carcinoma of lung., Amatya Vishwa Jeet, Mawas AS, 櫛谷桂, 武島幸男, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月19日, 通常, 英語, 実験データ
  85. 脳腫瘍 (Diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant), Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男, 斉藤太一, 栗栖 薫, 第67回広島病理集談会, 2016年12月03日, 通常, 日本語, 広島, 実験データ
  86. Clinical implication of High B-value DWI for preoperative differentiation of glioblastoma from itsdifferentials, Kolakshyapati M, Adhikari RB, Takayasu T, Nosaka R, Amatya,Vishwa Jeet, Takeshima Y, Akiyama Y, Sugiyama K, Kurisu K, Yamasaki F, The 21st Annual Scientific Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology, 2016年11月17日, 通常, 英語, Arizona, USA, 実験データ
  87. 上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断におけるSurvivin, BAP1 免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷桂, Amatya Vishwa Jeet, Mawas AS, 鈴木瑠偉, 武島幸男, 第23回石綿・中皮腫研究会, 2016年10月15日, 通常, 日本語, 実験データ
  88. Immunohistochemical study of multicentric glioma, Vega Karlowee, Amatya Vishwa Jeet,平野宏文,高安武志,野坂亮,Kolakshyapati M,吉廣正子,武島幸男,杉山一彦,有田和徳,栗栖薫,山崎文之, 第30回中国四国脳腫瘍研究会, 2016年09月22日, 通常, 英語, 実験データ
  89. 髄膜腫瘍 (Solitary Fibrous Tumor/Hemangiopericytoma), Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男, 山口 智, 栗栖 薫), 第66回広島病理集談会, 2016年07月23日, 通常, 日本語, 発表資料
  90. Differential microRNA expression profiling of mesothelioma and expression analysis of miR-1 and miR-214 in mesothelioma, Amatya Vishwa Jeet, Mawas AS, Suzuki R, Kushitani K, Mohi El-Din MM, Takeshima Y., GAP (Global Academic Program) related Meeting Between Hiroshima University and The University of Texas MD Anderson Cancer Center, 2016年07月22日, 通常, 英語, Hiroshima, Japan, 実験データ
  91. V-V ECMOの間質性肺炎急性増悪剖検肺における検討, 木田佳子, 大下慎一郎,Amatya Vishwa Jeet,武島幸男,志馬伸朗, 第38回日本呼吸器療法医学会学術総会, 2016年07月16日, 通常, 日本語, 実験データ
  92. Diffuse Leptomeningeal Oligodendrogliomatosisの1例, 山崎 文之, 齋藤 太一, 高安 武志, 野坂 亮, Vega Karlowee, 城間 紀之, Amatya Vishwa Jeet, 武島 幸男, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第34回日本脳腫瘍病理学会, 2016年05月27日, 通常, 日本語, 実験データ
  93. Optic pathwayに発生したgangliogliomaの1例, 野坂 亮, 山崎 文之, 齋藤 太一, 高安 武志, 栗栖 薫, 武島 幸男, Amatya Vishwa Jeet, 杉山 一彦, 第34回日本脳腫瘍病理学会, 2016年05月27日, 通常, 日本語, 実験データ
  94. medullomyoblastomaの1例, 高安 武志, 山崎 文之, Amatya Vishwa Jeet, 斎藤 太一, 野坂 亮, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第34回日本脳腫瘍病理学会, 2016年05月27日, 通常, 日本語, 実験データ
  95. 低分化な胸膜上皮型中皮腫と低分化型肺腺癌の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性, 片山裕也, 岡田靖子, 櫛谷桂, Amatya Vishwa Jeet, Mawas AS, 武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 仙台市, 実験データ
  96. Gene expression microarray analysis of sarcomatoid mesothelioma and sarcomatoid carcinoma of lung, Amatya Vishwa Jeet, 繰田智之,髙木祐基, Mawas AS,櫛谷 桂,武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 英語, 仙台市, 実験データ
  97. 上皮型中皮腫と反応性中皮細胞過形成の鑑別診断における免疫組織化学的染色の有用性, 櫛谷 桂, 岡田靖子,片山裕也,Amatya Vishwa Jeet, Mawas AS,武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 日本語, 実験データ
  98. Functional analysis of PIM-1 expressions in mesothelioma cell lines, Mawas AS, Amatya Vishwa Jeet,櫛谷 桂,武島幸男, 第105回日本病理学会総会, 2016年05月12日, 通常, 英語, 仙台市, 実験データ
  99. MiR-1, MiR-214 reduces cell proliferation and invasion in mesothelioma cells, AMATYA VISHWA JEET、Mawas Amany Sayed、櫛谷 桂、武島幸男, AMATYA VISHWA JEET、Mawas Amany Sayed、櫛谷 桂、武島幸男, 第56回日本肺癌学会学術集会, 2015年11月26日, 通常, 英語, 第56回日本肺癌学会学術集会, パシフィコ横浜, 実験データ
  100. BMET-28 ROLE OF NUCLEAR PTEN IN THE BRAIN METASTASES MECHANISM, Ryo Nosaka, Fumiyuki Yamasaki, Takeshi Takayasu, Vishwa Jeet Amatya, Yukio Takeshima, Kazuhiko Sugiyama, Kaoru Kurisu, 20th Annual Scientific Meeting of the Society for Neuro-Oncology, 2015年11月19日, 通常, 英語, Society for Neuro-Oncology, San Antonio, Texas, 発表資料
  101. 肉腫型中皮腫の病理診断における免疫組織化学的染色の有用性と諸問題, 武島幸男、AMATYA VISHWA JEET、櫛谷 桂, 第22回石綿・中皮腫研究会, 2015年10月31日, 招待, 日本語
  102. MicroRNA profiling of mesothelioma cell lines & their biological function, AMATYA VISHWA JEET、MAWAS AMANY SAYED、櫛谷 桂、武島幸男, AMATYA VISHWA JEET、MAWAS AMANY SAYED、櫛谷 桂、武島幸男, 第22回石綿・中皮腫研究会, 2015年10月31日, 通常, 英語, 第22回石綿・中皮腫研究会, 実験データ
  103. 肉腫型中皮腫の病理診断における免疫組織化学的染色の有用性と諸問題 シンポジウム「肉腫型中皮腫の病理診断の問題点」, 武島幸男、AMATYA VISHWA JEET、櫛谷 桂, 第22回石綿・中皮腫研究会, 2015年10月31日, 招待, 日本語
  104. 脳腫瘍 (Ganglioglioma), AMATYA VISHWA JEET、武島幸男、山崎文之、栗栖 薫, 第117回日本病理学会中国四国支部学術集会, 2015年06月27日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部, 米子市
  105. 1歳児の側頭骨に発生したbenign fibrous histiocytomaの一例, 山崎 文之、高安 武志、野坂 亮、AMATYA VISHWA JEET、杉山 一彦、栗栖 薫, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 実験データ
  106. 小脳gangliogliomaの1例, 高安 武志、山崎 文之、野坂 亮、AMATYA VISHWA JEET、杉山 一彦、栗栖 薫, 高安 武志、山崎 文之、野坂 亮、AMATYA VISHWA JEET、杉山 一彦、栗栖 薫, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 実験データ
  107. 小脳半球に発生したlarge cell/anaplastic medulloblastomaの2例, 野坂 亮、山崎 文之, 高安 武志, 栗栖 薫, 武島 幸男, AMATYA VISHWA JEET, 杉山 一彦, 野坂 亮、山崎 文之, 高安 武志, 栗栖 薫, 武島 幸男, AMATYA VISHWA JEET, 杉山 一彦, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年05月29日, 通常, 日本語, 実験データ
  108. multicentric gliomaの免疫組織化学研究, カラロウェー・ヴェガ、山崎 文之、AMATYA VISHWA JEET、高安 武志、野坂 亮、杉山 一彦、栗栖 薫, カラロウェー・ヴェガ、山崎 文之、AMATYA VISHWA JEET、高安 武志、野坂 亮、杉山 一彦、栗栖 薫, 第33回日本脳腫瘍病理学会, 2015年05月29日, 通常, 英語, 実験データ
  109. Functional analysis of miR-214 transfection on mesothelioma cell lines, Mawas Amany Sayed, AMATYA VISHWA JEET, Kei Kushitani, Yukio Takeshima, Mawas Amany Sayed, AMATYA VISHWA JEET, Kei Kushitani, Yukio Takeshima, 2015年04月30日, 通常, 英語, 実験データ
  110. 上皮型中皮腫と非小細胞性肺癌(腺癌・扁平上皮癌)の鑑別診断への免疫組織化学的染色の応用, 内藤 佑妃, 島尻 寛人, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 内藤 佑妃, 島尻 寛人, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  111. 肺腺癌の間質浸潤部における筋線維芽細胞の増生の意義についての病理組織学的検討, 倉岡 正嗣, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 西阪 隆, 倉岡 正嗣, 櫛谷 桂, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 西阪 隆, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  112. 腺癌が併存した古典的カルチノイド合併硬化性血管腫の1例, 金子 真弓, 松浦 博夫, 江川 博彌, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 金子 真弓, 松浦 博夫, 江川 博彌, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  113. 低分化な上皮型中皮腫と低分化な非小細胞性肺癌の鑑別診断に有用な免疫組織化学的マーカーの検討, 櫛谷 桂, 内藤 佑妃, 島尻 寛人, 金子 真弓, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 櫛谷 桂, 内藤 佑妃, 島尻 寛人, 金子 真弓, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 日本語, 実験データ
  114. Functional role of mir-1, mir-145, and mir-214 in mesothelioma cell proliferation and invasion, AMATYA VISHWA JEET, Mawas Amany Sayed, 塩田 大成, 森田 悟希, 櫛谷 桂, 武島 幸男, AMATYA VISHWA JEET, Mawas Amany Sayed, 塩田 大成, 森田 悟希, 櫛谷 桂, 武島 幸男, 第104回日本病理学会, 2015年04月30日, 通常, 英語, 実験データ
  115. 小脳腫瘍 (Hemangioblastoma, cellular variant), AMATYA VISHWA JEET、武島幸男、山崎文之、栗栖 薫, 2014年12月06日, 通常, 日本語, 実験データ
  116. MiRNA-182, -183 promotes cell growth, invasion, and suppresses apoptosis in mesothelioma cells, AMATYA VISHWA JEET、櫛谷 桂、武島幸男, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月14日, 通常, 英語, 実験データ
  117. 上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討と免疫組織化学への応用, 櫛谷 桂、AMATYA VISHWA JEET、武島幸男, 第55回日本肺癌学会学術集会, 2014年11月14日, 通常, 日本語, 実験データ
  118. microRNA profiling and its biological effect on mesothelioma cell lines., Amatya VISHWA JEET, Mawas Amany Sayed、相葉裕幸、櫛谷桂、武島幸男, 第21回石綿・中皮腫研究会, 2014年10月11日, 通常, 日本語, 実験データ
  119. 脳転移のメカニズムにおける核内PTENの役割, 野坂 亮, 山崎 文之, 高安 武志, 栗栖 薫, 武島 幸男, アマティア・ヴィシュワ・ジート, 杉山 一彦, 第32回日本脳腫瘍病理学会, 2014年05月23日, 通常, 日本語, 廣瀬 隆則 神戸大学地域連携病理学・兵庫県立がんセンター病理診断科, あわぎんホール(徳島県郷土文化会館), 実験データ
  120. 脈絡叢乳頭癌の1例, 高安 武志, 山崎 文之, 野坂 亮, アマティア・ヴィシュワ・ジート, 杉山 一彦, 栗栖 薫, 第32回日本脳腫瘍病理学会, 2014年05月23日, 通常, 日本語, 廣瀬 隆則 神戸大学地域連携病理学・兵庫県立がんセンター病理診断科, あわぎんホール(徳島県郷土文化会館), 実験データ
  121. 上皮型中皮腫と非腫瘍性中皮細胞におけるアポトーシス関連遺伝子発現の比較・検討と免疫組織化学への応用, 櫛谷 桂、高橋佑輔、AMATYA VISHWA JEET、武島幸男, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 実験データ
  122. 上皮型中皮腫と肺扁平上皮癌の鑑別に有用な免疫組織化学的染色の検討, 高橋佑輔、櫛谷 桂、Amatya V.J.、武島幸男, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 実験データ
  123. ヒト中皮腫細胞株におけるmiR-182, -183の機能解析, 相葉裕幸、Amatya V.J.、櫛谷 桂、武島幸男, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 実験データ
  124. MiRNA-182, -183 promotes cell growth, invasion and suppressed apoptosis in mesothelioma cells, AMATYA VISHWA JEET, 相葉裕幸, 櫛谷桂、武島幸男, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 英語, 実験データ
  125. 高分化型乳頭状中皮腫の各種抗原発現の特徴〜中皮腫細胞過形成・上皮型中皮腫との鑑別診断への応用〜, 第103回日本病理学会総会, 2014年04月24日, 通常, 日本語, 日本病理学会, 実験データ
  126. 第IV脳室 (Giant cell ependymoma), Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男、山崎文之、栗栖 薫、杉山一彦, 第112回日本病理学会中国四国支部学術集会スライドカンファレンス, 2013年12月07日, 通常, 日本語, 岡山市, 発表資料
  127. トルコ鞍腫瘍 (Spindle cell oncocytoma of adenohypophysis), Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男、木下康之、富永 篤、栗栖 薫, 第60回広島病理集談会, 2013年07月27日, 通常, 日本語, 広島市, 発表資料
  128. Expression of miRNA-182 and miRNA-183 in mesothelioma, Amatya Vishwa Jeet, 櫛谷 桂、武島幸男, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 英語, 札幌市, 発表資料
  129. 中皮細胞増殖の良悪性の鑑別診断におけるFISH法によるp16遺伝子欠失解析の有用性, 櫛谷 桂, Amatya Vishwa Jeet、閔 俊泓、西阪 隆、武島幸男, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 日本語, 発表資料
  130. Case report and literature review of rhabdoid glioblastoma without loss of INI1 immunoreactivity, Amatya Vishwa Jeet, 山崎文之、杉山一彦、栗栖 薫、武島幸男, 第102回日本病理学会総会, 2013年06月06日, 通常, 英語, 札幌市, 発表資料
  131. 脳腫瘍 (Rhabdoid glioblastoma), Amatya Vishwa Jeet, 山崎文之、杉山一彦、栗栖 薫、武島幸男, 第110回日本病理学会中国四国支部学術集会 スライドカンファレンス, 2013年02月16日, 通常, 日本語, 広島市, 発表資料
  132. 悪性胸膜中皮腫におけるCD26発現と化学療法効果・予後の検討, 青江啓介, Amatya Vishwa Jeet, 藤本伸一, 大沼 圭, 細野 治, 平木章夫, 藤井昌学, 山田健人, Dang NH, 武島幸男, 井内康輝, 岸本卓巳, 森本幾夫, 第53回日本肺癌学会総会, 2012年11月08日, 招待, 日本語, 岡山市, 発表資料
  133. CD9 expression as a favorable prognostic marker for patients with malignant mesothelioma, Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男、青江啓介、藤本伸一、岡本俊博、山田健人、岸本卓巳、森本幾夫、井内康輝, 第19回石綿・中皮腫研究会, 2012年10月13日, 通常, 日本語, 神戸市, 発表資料
  134. CD26 overexpression is associated with prolonged survival and enhanced chemosensitivity in malignant pleural mesotheliom, Aoe K, Amatya Vishwa Jeet, Fujimoto N, Ohnuma K, Hosono O, Hiraki A, Fujii M, Yamada T, Dang NH, Takeshima Y, Inai K, Kishimoto T and Morimoto C, The 11th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group, 2012年09月11日, 通常, 英語, 発表資料
  135. Plastic ependymoma様の伸展を示した後頭蓋窩atypical teratoid/rhabdoid tumorの1例, 高安武志, 杉山一彦、山崎文之、梶原佳則、渡邊陽祐、野坂 亮、武島幸男、Amatya Vishwa Jeet、栗栖 薫, 第30回日本脳腫瘍病理学会, 2012年05月24日, 通常, 日本語, 名古屋市, 発表資料
  136. Papillary glioneuronal tumorの一例, 渡邊陽祐, 杉山一彦、山崎文之、梶原佳則、野坂 亮、原 健司、武島幸男、Amatya Vishwa Jeet、栗栖 薫, 第30回日本脳腫瘍病理学会, 2012年05月24日, 通常, 日本語, 名古屋市, 発表資料
  137. 診断に苦慮している左前頭葉腫瘍の一例, 野坂 亮, 杉山一彦、山崎文之、渡邊陽祐、高安武志、三好浩之、武島幸男、Amatya Vishwa Jeet、栗栖 薫, 第30回日本脳腫瘍病理学会, 2012年05月24日, 通常, 日本語, 名古屋市, 発表資料
  138. MicroRNA profiling of mesothelioma and mesothelioma-unrelated pleura using taqman array, Amatya Vishwa Jeet, 武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 英語, 東京都, 発表資料
  139. 肺原発Ewing sarcoma/primitive neuroectodermal tumorの1例, 櫛谷 桂, 武島幸男、Amatya Vishwa Jeet、池田拓広、宮田義浩、岡田守人、井内康輝, 第101回日本病理学会総会, 2012年04月26日, 通常, 日本語, 東京都, 発表資料
  140. 脳腫瘍 (Atypical teratoid/rhabdoid tumor), AMATYA VISHWA JEET, 武島幸男, 井内康輝, 山崎文之, 杉山一彦, 第57回広島病理集談会, 2011年12月10日, 通常, 日本語
  141. Clinicopathological significance of CD9 expression in mesothelioma, AMATYA VISHWA JEET、武島幸男、櫛谷 桂、森本幾夫、井内康輝, 第100回日本病理学会総会, 2011年04月28日, 通常, 日本語, 実験データ
  142. CD9 expression in mesothelioma : a clinico-pathological correlation and survival, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 櫛谷  桂, 山田 健人, 森本 幾夫, 井内 康輝, 第51回日本肺癌学会総会, 2010年11月03日, 通常, 日本語
  143. AMATYA VISHWA JEET、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝 MicroRNA profiling of mesothelioma cell and mesothelioma-unrelated pleural tissue using taqman array, AMATYA VISHWA JEET, 第51回日本肺癌学会総会 2010年11月3日~11月4日 広島市, 2010年11月03日, 通常, 日本語
  144. Shrestha, L.、AMATYA VISHWA JEET、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝 Expression of surviving and effects of surviving siRNA transfection on mesothelioma cell lines, AMATYA VISHWA JEET, 第51回日本肺癌学会総会 示説 2010年11月3日~11月4日 広島市, 2010年11月03日, 通常, 日本語
  145. 櫛谷 桂、武島幸男、AMATYA VISHWA JEET、金 龍男、(河野秀和、築地裕美)、井内康輝 免疫組織化学的染色による中皮腫細胞増殖の良悪性の鑑別診断 , AMATYA VISHWA JEET, 第51回日本肺癌学会総会 2010年11月3日~11月4日 広島市, 2010年11月03日, 通常, 日本語
  146. CD9 expression in mesothelioma: A correlation with clinicopathological factors and survival of patients, AMATYA VISHWA JEET, Takeshima Y, Yamada T, Kushitani K, Morimoto C, Inai K, The 10th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group, 2010年08月31日, 通常, 日本語
  147. Over expression of CD26/DPP4 in mesothelioma tissue and mesothelioma cell lines, AMATYA VISHWA JEET, Takeshima Y, Yamada T, Kushitani K, Morimoto C, Inai K, The 10th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group, 2010年08月21日, 通常, 日本語
  148. Shrestha, L.、AMATYA VISHWA JEET、武島幸男、櫛谷 桂、井内康輝 Effect of surviving siRNA on the growth and apoptosis of mesothelioma cell lines, AMATYA VISHWA JEET, 第99回日本病理学会総会 2010年4月27日~4月29日 東京都, 2010年04月27日, 通常, 日本語
  149. Caveolin-1 is a novel immunohistochemical marker of malignant mesothelioma and differentiated epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, AMATYA VISHWA JEET, Takeshima Y, Kohno H, Kushitani K, Yamada T, Morimoto C. and Inai K., The 9th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group Congress, 2008年09月25日, 通常, 日本語, Amsterdam, Netherlands, 実験データ
  150. Caveolin-1 is a novel immunohistochemical marker of malignant mesothelioma and differentiated epithelioid mesothelioma from lung adenocarcinoma, AMATYA VISHWA JEET, Takeshima Y, Kohno H, Kushitani K, Yamada T, Morimoto C and Inai K., The 9th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group Congress, 2008年09月25日, 通常, 日本語, Amsterdam, Netherlands
  151. CD26 and Caveolin-1 expression in malignant mesothelioma and lung adenocarcinoma, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男、櫛谷  桂、河野 秀和、金  龍男、井内 康輝, 第97回日本病理学会総会, 2008年05月15日, 通常, 日本語, 金沢市
  152. 髄膜腫瘍(Atypical meningioma with GFAP expression), AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 井内 康輝, 第41回広島病理集談会, 2000年12月09日, 通常, 日本語, その他
  153. A case report of dysplastic glioneuronal lesion of the cerebellum, AMATYA VISHWA JEET, Makoto Kamiya, Takatomo Yoshida, Hideaki Yokoo, Atsushi Sasaki, Junko Hirato, Yoichi Nakazato, 第18回日本脳腫瘍病理学会, 2000年05月25日, 通常, 日本語, 日本脳腫瘍病理学会, 埼玉県川越市, 実験データ
  154. Expression of MIB-1, p53, p21 and p27 in intracranial benign, atypical and malignant meningiomas, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男,井内 康輝, 第58回日本癌学会総会, 1999年09月29日, 通常, 日本語, 日本癌学会総会, 広島市, 実験データ
  155. Expression of MIB-1, p53, p21 in benign, atypical, and malignant meningiomas, AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男、井内 康輝, 第88回日本病理学会総会, 1999年04月06日, 通常, 英語, 東京, 発表資料
  156. 左下腿軟部組織腫瘤(Clear cell sarcoma of soft part), AMATYA VISHWA JEET, 有広 光司, 第37回広島病理集談会, 1998年10月24日, 通常, 日本語, その他
  157. 脳腫瘍(Idiopathic granulomatous meningitis), AMATYA VISHWA JEET, 武島 幸男, 井内 康輝, 1998年02月28日, 通常, 日本語, 日本病理学会中国四国支部学術集会, 広島市, 発表資料

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 遺伝子発現マイクロアレーを用いた中皮腫の遺伝子発現の解析・メチル化遺伝子の探索, 2007年, 2008年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 非常勤講師, 2023年10月, 2023年12月, 広島国際医療福祉専門学校
  2. 非常勤講師, 2023年07月, 2023年09月, 安佐准看護学院
  3. 非常勤医師, 2023年04月, 2024年03月, (株)エムネス

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, Frontiers in Oncology, Molecular and Cellular Oncology, 編集員, Associate Editor, 2
  2. 2022年, Case Reports in Pathology, 編集員, Editorial Board Member
  3. 2022年, Molecular Medicine Reports, 編集員, Editorial Board Member
  4. 2022年, Annals of Clinical Pathology, 編集員, Editorial Board Member
  5. 2022年, Internal Medicine Inside, 編集員, Editorial Board Member