三好 明AKIRA MIYOSHI

Last Updated :2024/04/03

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
ホームページ
メールアドレス
akiramyshiroshima-u.ac.jp
自己紹介
燃焼化学を専門にしています. 燃焼を「わかる」ことによる技術革新に貢献したいと考えています.

基本情報

主な職歴

  • 2017年04月01日, 2020年03月31日, 広島大学, 工学研究科, 教授
  • 1990年04月01日, 1992年05月15日, 国立公害研究所, 大気圏環境部, 研究員
  • 1992年05月16日, 1995年09月30日, 東京大学, 助手
  • 1995年10月01日, 2000年02月15日, 東京大学, 講師
  • 2000年02月16日, 2007年03月31日, 東京大学, 助教授
  • 2007年04月01日, 2017年03月31日, 東京大学, 准教授

学歴

  • 東京大学, 大学院工学系研究科, 反応化学専攻博士課程, 日本, 1987年04月, 1990年03月
  • 東京大学, 大学院工学系研究科, 反応化学専攻修士課程, 日本, 1985年04月, 1987年03月
  • 東京大学, 工学部, 反応化学科, 日本, 1980年04月, 1985年03月

学位

  • 工学博士 (東京大学)

研究分野

  • 工学 / 機械工学 / 熱工学
  • 化学 / 基礎化学 / 物理化学

研究キーワード

  • 燃焼化学
  • 化学反応論

所属学会

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 教養教育, 2ターム, Fundamental Chemistry B
  2. 2024年, 教養教育, 2ターム, 燃料・燃焼と現代社会
  3. 2024年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  4. 2024年, 学部専門, 2ターム, 基礎反応解析
  5. 2024年, 学部専門, 3ターム, 統計熱力学
  6. 2024年, 学部専門, 1ターム, 燃焼工学
  7. 2024年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  8. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 機械工学特別演習A
  9. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 機械工学特別演習A
  10. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 機械工学特別演習B
  11. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 機械工学特別演習B
  12. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 機械工学特別研究
  13. 2024年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 燃焼工学特論
  14. 2024年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 機械工学特別研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Suppression of the HFO-1123 disproportionation reaction by adding R290, INTERNATIONAL JOURNAL OF REFRIGERATION, 149巻, pp. 299-307, 20230401
  2. Gas-phase molecular formation mechanisms of cyanamide (NH2CN) and its tautomer carbodiimide (HNCNH) under Sgr B2(N) astrophysical conditions, Astronomy & Astrophysics, 672巻, pp. A49, 20230329
  3. A novel laminar flame speed equation for quasi-dimensional combustion model refinement in advanced, ultra-lean gasoline spark-ignited engines, FUEL, 333巻, 20230201
  4. NO2添加の低温酸化・着火遅れに与える影響についての化学反応論的研究(第3報), 自動車技術会論文集, 53巻, 3号, pp. 624-629, 20220525
  5. Development of Detailed Surface Reaction Mechanism of C2H4/C(3)H(6)Oxidation on Pt/Al(2)O(3)Monolith Catalyst Based on Gas Phase and Surface Species Analyses, COMBUSTION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 194巻, 7号, pp. 1458-1480, 20220519
  6. Development of Surface Reaction Mechanisms of CO/O-2 on Pt and Rh for Three-Way Catalyst based on Gas Phase and Surface Species Analyses, COMBUSTION SCIENCE AND TECHNOLOGY, 193巻, 12号, pp. 2137-2157, 20210910
  7. NO2添加の低温酸化・着火遅れに与える影響についての化学反応論的研究(第2報), 自動車技術会論文集, 52巻, 2号, pp. 269-274, 20210219
  8. Measurements and simulations of ignition delay times and laminar flame speeds of nonane isomers, COMBUSTION AND FLAME, 227巻, pp. 283-295, 20210121
  9. NO2添加の低温酸化・着火遅れに与える影響についての化学反応論的研究, 自動車技術会論文集, 52巻, 1号, pp. 7-12, 20210101
  10. HO2ラジカル生成抑制による自着火制御の可能性に関する検討, 自動車技術会論文集, 51巻, 5号, pp. 849-855, 20200930
  11. Improving the synthetic efficiency of single-wall carbon nanotube forests using a gas-analysis-designed mixed carbon feedstock, CARBON, 170巻, pp. 59-65, 20200823
  12. Deflagration-to-detonation transition in laser-ignited explosive gas contained in a smooth-wall tube, COMBUSTION AND FLAME, 219巻, pp. 275-282, 20200620
  13. オクタン価向上剤が燃焼特性に与える影響の反応論的解析, 自動車技術会論文集, 50巻, 5号, pp. 1284-1287, 20190925
  14. 飽和炭化水素の化学構造と層流燃焼速度の関係, 自動車技術会論文集, 50巻, 1号, pp. 25-30, 20190125
  15. SI Combustion Characteristics of Cyclopentane - Detailed Kinetic Mechanism, SAE paper, 2019-01-2305巻, 20190101
  16. Measurement and Numerical Simulation on the Ignition Delay Times of Nonane (C9H20) Isomers, J. Combust. Soc. Jpn., 62巻, 199号, pp. 64-73, 20190101
  17. ガソリン燃料のオクタン感度に関する検討, 自動車技術会論文集, 49巻, 6号, pp. 1128-1142, 20181126
  18. Experimental study on self-acceleration in expanding spherical hydrogen-air flames, INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY, 43巻, 27号, pp. 12556-12564, 20180705
  19. 燃焼の反応機構と反応素過程 - (2) 反応速度定数, 日本燃焼学会誌, 60巻, 192号, pp. 112-121, 20180515
  20. ★, Kinetics of autoignition: a simple intuitive interpretation and its relation to the Livengood-Wu integral, PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS, 20巻, 16号, pp. 10762-10769, 20180428
  21. 燃焼の反応機構と反応素過程 - (1) 概要, 日本燃焼学会誌, 60巻, 191号, pp. 41-48, 20180215
  22. ガソリンサロゲート詳細反応機構の構築, 自動車技術会論文集, 48巻, 5号, 20170925
  23. ★, Chemical Kinetic Analysis on the Effect of the Occurrence of Cool Flame on SI Knock, International Journal of Automotive Engineering, 8巻, 3号, 20170905
  24. 燃焼からのPAHとすす粒子生成の化学反応 (2), 日本燃焼学会誌, 59巻, 188号, pp. 102-108, 20170515

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 燃料の燃焼特性はどこまで生かせるのか?, 三好 明, 第60回燃焼シンポジウム・第33回内燃機関シンポジウム合同フォーラム, 2022年11月24日, 招待, 日本語
  2. 化学反応論と燃焼, 三好 明, 平成30年度衝撃波シンポジウム, 2019年03月05日, 招待, 日本語
  3. Kinetic of Autoignition, Akira Miyoshi, International Conference on Combustion Physics and Chemistry, 2018年07月24日, 招待, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 連鎖反応機構の系統的縮約と燃焼制御, 2018年, 2022年
  2. SIP (戦略的イノベーション創造プログラム), 革新的燃焼技術 - ガソリン燃焼チーム, 2014年10月01日, 2019年03月31日