宮内 俊介SHUNSUKE MIYAUCHI

Last Updated :2022/12/01

所属・職名
保健管理センター 助教
メールアドレス
smiyauchihiroshima-u.ac.jp
自己紹介
内科学、循環器内科学を専門としています。特に不整脈、心房細動の治療、臨床・基礎研究に力を入れています。

基本情報

主な職歴

  • 2013年04月01日, 2015年03月31日, 広島大学, 病院, 医科研修医
  • 2015年04月, 2017年03月, 広島市立安佐市民病院, 循環器内科・集中治療部, 医師
  • 2017年04月, 2018年03月, 労働者安全機構中国労災病院, 循環器内科, 医員
  • 2018年04月01日, 2021年03月31日, 広島大学, 病院, クリニカルスタッフ
  • 2021年04月01日, 2021年09月30日, 広島大学, 保健管理センター, 医科診療医
  • 2021年10月01日, 広島大学, 保健管理センター, 助教

学歴

  • 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 循環器内科学, 2018年04月01日, 2022年03月31日
  • 広島大学, 医学部, 医学科, 日本, 2007年04月, 2013年03月

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

研究分野

  • 医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 循環器内科学

研究キーワード

  • 不整脈
  • 心房細動
  • カテーテルアブレーション
  • 大学保健管理
  • 口腔と全身疾患の関連

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器病学会
  • 日本不整脈心電学会
  • 日本心不全学会

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 3ターム, 学生生活概論-生き方と暮らし方のヒント-

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 広島大学保健管理センターが行う新型コロナウイルス感染対策について, CAMPUS HEALTH, 59巻, 1号, pp. 141-143, 202203
  2. Real-World Effectiveness of a Booster Dose of the COVID-19 Vaccines among Japanese University Students, VACCINES, 10巻, 8号, pp. 1283, 20220809
  3. Attitudes and Behavior toward COVID-19 Vaccination in Japanese University Students: A Cross-Sectional Study, VACCINES, 10巻, 6号, 202206
  4. Clinical impact of left bundle branch area pacing in heart failure with preserved ejection fraction and mid-range ejection fraction, PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY, 45巻, 4号, pp. 499-508, 202204
  5. Plasma MicroRNAs as noninvasive diagnostic biomarkers in patients with Brugada syndrome, PLoS One, 17巻, 5号, pp. e0261390, 20220526
  6. Association between left atrial appendage fibrosis and thrombus formation: A histological approach, JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY, 33巻, 4号, pp. 677-687, 202204
  7. Evaluation of the Feasibility and Efficacy of a Novel Device for Screening Silent Atrial Fibrillation (MYBEAT Trial), Circ J, doi: 10.1253/circj.CJ-20-1061巻, 2021
  8. Peripheral arterial tone during active standing, Pflügers Archiv - European Journal of Physiology, 473巻, 12号, pp. 1939-1946, 202112
  9. Use of a high-density mapping catheter for Purkinje-related ventricular tachycardia in a patient with a previous history of anterior myocardial infarction, HeartRhythm Case Reports, 7巻, 4号, pp. 232-236, 202101
  10. Porphyromonas gingivalis and left atrial appendage spontaneous echo contrast in atrial fibrillation ablation candidates, HEART AND VESSELS, 36巻, 11号, pp. 1721-1729, 202105
  11. ★, Periodontitis and the outcome of atrial fibrillation ablation: Porphyromonas gingivalis is related to atrial fibrillation recurrence, Journal of Cardiovascular Electrophysiology, 32巻, 5号, pp. 1240-1250, 202102
  12. Minor allele of GJA1 gene polymorphism is associated with higher heart rate during atrial fibrillation, Scientific Reports, 11巻, 1号, pp. 2549, 202101
  13. Increased Urinary Liver-Type Fatty Acid-Binding Protein Level Predicts Major Adverse Cardiovascular Events in Patients With Hypertension, American Journal of Hypertension, 33巻, 7号, pp. 604-609, 202007
  14. Predicting atrial fibrillation using a combination of genetic risk score and clinical risk factors, Heart Rhythm, 17巻, 5 Pt A号, pp. 699-705, 202005
  15. Four Coronary Arteries Separately Originating from the Right Sinus of Valsalva, Internal Medicine, 59巻, 4号, pp. 533-539, 202002
  16. HotBalloon ablation of atrial fibrillation in patients with dextrocardia and situs inversus by "mirror image" approach, Journal of Arrythmia, 35巻, 6号, pp. 855-857, 201910
  17. Visit-to-visit Blood Pressure Variability and Arterial Stiffness: Which Came First: The Chicken or the Egg?, Current Pharmaceutical Design, 25巻, 6号, pp. 685-692, 201903
  18. Visit-to-Visit Blood Pressure Variability and Alzheimer's Disease: Links and Risks, Journal of Alzheimer's Disease, 59巻, 2号, pp. 515-526, 201707
  19. The Insular Cortex and Takotsubo Cardiomyopathy, Current Pharmaceutical Design, 23巻, 6号, pp. 879-888, 2017
  20. Intravascular ultrasound for morphological assessment of napkin-ring sign detected on multidetector computed tomography, International Journal of Cardiology, 212巻, pp. 154-159, 201606
  21. Visit-to-visit blood pressure variability and classes of antihypertensive agents; associations with artery remodeling and the risk of stroke, Current Pharmaceutical Design, 22巻, 3号, pp. 383-389, 2016
  22. Peripheral arterial tone during active standing, PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 473巻, 12号, pp. 1939-1946, 202112

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 左心耳マネジメントが必要な心房細動に対するウルフオオツカ法・カテーテルアブレーションハイブリッド治療, 宮内 俊介, 徳山 丈仁, 大久保 陽策, 岡村 祥央, 宮本 翔伍, 小栗 直人, 小武 瑶道, 高橋 信也, 高崎 泰一, 片山桂次郎, 中野 由紀子, カテーテルアブレーション関連秋季大会2022, 2022年11月25日, 通常, 日本語, 日本不整脈心電図学会, 新潟市
  2. Relationship Between Periodontitis and Atrial Fibrosis in Atrial Fibrillation: Histological Evaluation of Left Atrial Appendages, Shunsuke Miyauchi, Takehito Tokuyama, Yousaku Okubo, Sho Okamura, Shogo Miyamoto, Naoto Oguri, Shinya Takahashi, Taiichi Takasaki, Keijiro Katayama, Yukiko Nakano, American Heart Association Scientific Sessions 2022, 2022年11月05日, 通常, 英語, 米国心臓病学会, シカゴ市、イリノイ州、米国
  3. COVID-19ワクチンブースター接種の有効性:大学生におけるリアルワールドデータ, 宮内俊介、日山 亨、岡本百合, 第60回全国大学保健管理研究集会, 2022年10月19日, 通常, 日本語, 全国大学保健管理協会, 横浜市
  4. 新型コロナウイルス感染拡大は大学職員の健康管理にどう影響したか?―職員定期健康診断結果からの考察―, 宮内俊介、日山亨、岡本百合, 第52回中国四国大学保健管理研究集会, 2022年08月25日, 通常, 日本語, 公益社団法人全国大学保健管理協会中国四国地方部会, 松江
  5. What Causes Left Atrial Appendage Thrombus? From a Histological Perspective, 宮内俊介, 徳山 丈仁, 小武 瑶道, 魚谷 悠希未, 小栗 直人, 宮本 翔伍, 岡村 祥央, 大久保 陽策, 片山 桂次郎, 高崎 泰一, 高橋 信也, 中野 由紀子, 第68回日本不整脈心電学会学術大会 , 2022年06月09日, 通常, 日本語, 日本不整脈心電学会, 横浜
  6. 歯周炎は心房細動の修正可能なリスク因子である~口腔内細菌の役割は~, 宮内俊介, 第1回口腔感染症研究セミナー, 2022年05月23日, 通常, 日本語, 口腔感染症プロジェクト研究センター, 広島
  7. Association between Left Atrial Appendage Fibrosis and Thrombus Formation: A Histological Approach, Shunsuke Miyauchi, Takehito Tokuyama, Yousaku Okubo, Shou Okamura, Yoshihiro Ikeuchi, Shogo Miyamoto, Yukimi Uotani, Taiichi Takasaki, Keijiro Katayama, Shinya Takahashi, Yukiko Nakano, 第86回日本循環器病学会学術集会, 2022年03月13日, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 神戸(オンライン開催)
  8. 広島大学保健管理センターが行う新型コロナウイルス感染対策について, 宮内俊介、日山亨、吉田真帆子、岡本百合, 第59回全国大学保健管理研究集会, 2021年09月, 通常, 日本語, 全国大学保健管理協会, 広島(オンライン開催)
  9. Left Atrial Appendage Thrombi Recognized in Atrial Fibrillation Ablation Candidates in Real World and Application of Less Invasive Surgical Left Atrial Appendage Excision., Shunsuke Miyauchi, Takehito Tokuyama, Yukimi Uotani, Shogo Miyamoto, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Keijiro Katayama, Taiichi Takasaki, Shinya Takahashi, Yukiko Nakano, 第68回日本不整脈心電学会学術大会, 2021年07月, 通常, 英語, 日本不整脈心電学会, 福岡(オンライン開催)
  10. Thoracoscopic Stand-Alone Appendectomy for Atrial Fibrillation Ablation Candidates Accompanied Left Atrial Appendage Sludges or Thrombus in the Real World., Shunsuke Miyauchi, Takehito Tokuyama, Yukimi Uotani, Shogo Miyamoto, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Keijiro Katayama, Taiichi Takasaki, Shinya Takahashi, Yukiko Nakano, 第85回日本循環器学会学術集会, 2021年03月, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 横浜(オンライン開催)
  11. 金属アレルギーによるステント血栓症を繰り返した一例, 宮内俊介、本藤達也、最上淳夫、佐倉拓朗、佐田良治、松田圭司、榎野新、木原康樹, 第115回日本循環器学会中国地方会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本循環器学会中国支部, 広島
  12. 心房細動に対するカテーテルアブレーション周術期に経食道心臓超音波で副左心耳血栓を認めた2症例, 宮内俊介、中野由紀子、池内佳裕、岡村祥央、大久保陽策、廣延直也、徳山丈仁、木原康樹, カテーテルアブレーション関連秋季大会, 2019年11月, 通常, 日本語, 日本不整脈心電学会, 金沢
  13. Left Atrial Dimension Reduction Rate After Blanking Period Predicts Late Recurrence of Atrial Fibrillation After Radiofrequency Catheter Ablation, Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, American Heart Association Scientific Sessions 2019, 2019年11月, 通常, 英語, 米国心臓病学会, フィラデルフィア, 米国
  14. Uninterrupted Vs. Interrupted Dabigatran. Uninterrupted Dabigatran Is Associated With Optimal Act Control During Catheter Ablation., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, American Heart Association Scientific Sessions 2019, 2019年11月, 通常, 英語, 米国心臓病学会, フィラデルフィア, 米国
  15. Two representative cases of successful catheter ablation of atrial fibrillation complicated by decompensated heart failure with reduced left ventricular ejection fraction., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Naoya Hironobe, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, 第23回日本心不全学会学術集会, 2019年10月, 通常, 日本語, 日本心不全学会, 広島
  16. Left Atrial Dimension Reduction Rate After Blanking Period Predicts Late Recurrence of Atrial Fibrillation After Radiofrequency Catheter Ablation., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session 2019, 2019年08月, 通常, 英語, Asia Pacific Heart Rhythm Society, バンコク, タイ
  17. Uninterrupted Vs. Interrupted Dabigatran. Uninterrupted Dabigatran Is Associated With Optimal Act Control During Catheter Ablation., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session 2019, 2019年08月, 通常, 英語, Asia Pacific Heart Rhythm Society, バンコク, タイ
  18. Pitfall of Interpreting Real-time Activated Clotting Time during Catheter Ablation., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Yoshihiro Ikeuchi, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Naoya Hironobe, Michitaka Amioka, Chikaaki Motoda, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, 第67回日本不整脈心電学会学術大会, 2019年07月, 通常, 英語, 日本不整脈心電学会, 横浜
  19. Leucocyte Telomere G-tail Length is Shortened in Patients with Atrial Fibrillation., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Naoya Hironobe, Michitaka Amioka, Chikaaki Motoda, Takehito Tokuyama, Yukie Nishiyama, Hidetoshi Tahara, Yasuki Kihara, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 横浜
  20. Thoracic Spine Hyperostosis is Associated with Atrial Fibrillation of Non-Pulmonary Vein Foci, Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Naoya Hironobe, Michitaka Amioka, Chikaaki Motoda, Takehito Tokuyama, Yasuki Kihara, 第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 横浜
  21. シネ表示を反転させて右胸心患者のHOTバルーンアブレーションに成功した一例, 宮内俊介、中野由紀子、池内佳裕、岡村祥央、大久保陽策、廣延直也、網岡道孝、元田親章、徳山丈仁、木原康樹, 第26回中国四国不整脈研究会, 2019年, 通常, 日本語, 岡山
  22. Leucocyte Telomere G-tail Length is Shortened in Patients with Atrial Fibrillation., Shunsuke Miyauchi, Yukiko Nakano, Sho Okamura, Yousaku Okubo, Naoya Hironobe, Michitaka Amioka, Chikaaki Motoda, Takehito Tokuyama, Yukie Nishiyama, Hidetoshi Tahara, Yasuki Kihara, American Heart Association Scientific Sessions 2018, 2018年11月, 通常, 英語, 米国心臓病学会, シカゴ, 米国
  23. Repeated Stent Thrombosis Due to Chromate Allergy, Shunsuke Miyauchi, Tatsuya Hondo, Atsuo Mogami, Sho Okamura, Takuro Sakusa, Yoshiharu Sada, Keiji Matsuda, Shin Eno, 第27回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 2018年07月, 通常, 英語, 日本心血管インターベンション治療学会, 神戸
  24. Does Coronary Artery Calcification Morphology Predict Plaque Rupture and Successful Coronary Revascularization in ST-Elevation Myocardial Infarction? An Optical Coherence Tomography Study., Shunsuke Miyauchi, Masaya Kato, Akane Tsuchiya, Tasuku Higashihara, Aya Yamane, Michiaki Nagai, Yoshinori Nakano, Eisuke Kagawa, Noboru Oda, Shota Sasaki, Keigo Dote, American Heart Association Scientific Sessions 2017, 2017年11月, 通常, 英語, 米国心臓病学会, アナハイム, 米国
  25. 急性冠症候群の責任病変における冠動脈石灰化とプラーク破裂、slow flow現象発生との関連, 宮内俊介、加藤 雅也、土谷朱子、東原佑、永井道明、香川英介、小田登、佐々木正太、土手慶五, 第65回日本心臓病学会学術集会, 2017年09月, 通常, 日本語, 日本心臓病学会, 大阪
  26. Impact of Coronary Calcification at Culprit Lesion of STEMI: Optical Coherence Tomography Study., Shunsuke Miyauchi, Masaya Kato, Akane Tsuchiya, Tasuku Higashihara, Aya Yamane, Michiaki Nagai, Yoshinori Nakano, Eisuke Kagawa, Noboru Oda, Shota Sasaki, Keigo Dote, European Society of Cardiology Congress 2017, 2017年09月, 通常, 英語, ヨーロッパ心臓病学会, バルセロナ, スペイン
  27. In-hospital blood pressure variability and arterial stiffness: Associations with coronary calcification in patients with acute myocardial infarction. Data from optical frequency domain imaging study., Shunsuke Miyauchi, Michiaki Nagai, Masaya Kato, Akane Tsuchiya, Tasuku Higashihara, Aya Yamane, Yoshinori Nakano, Eisuke Kagawa, Noboru Oda, Shota Sasaki, Keigo Dote, European Society of Cardiology Congress 2017, 2017年09月, 通常, 英語, ヨーロッパ心臓病学会, バルセロナ, スペイン
  28. A Twisted off and Fractured Guide Catheter as a Complication of Percutaneous Coronary Intervention., Shunsuke Miyauchi, Shota Sasaki, Keigo Dote, Masaya Kato, Noboru Oda, Eisuke Kagawa, Yoshinori Nakano, Michiaki Nagai, Tasuku Higashihara, Akane Tsuchiya, 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 2017年07月, 通常, 英語, 日本心血管インターベンション治療学会, 京都
  29. 薬剤溶出性バルーン拡張後にslow flow現象を認めた一例, 宮内俊介、佐々木正太、土手慶五、加藤 雅也、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、東原佑、土谷朱子, 第110回日本循環器病学会中国・四国合同地方会, 2017年06月, 通常, 日本語, 日本循環器病学会中国支部, 高知
  30. Morphological Feature of Coronary Calcification at Culprit Lesion of Acute Coronary Syndrome with Non-Ruptured Plaque., Shunsuke Miyauchi, Shota Sasaki, Keigo Dote, Masaya Kato, Noboru Oda, Eisuke Kagawa, Yoshinori Nakano, Michiaki Nagai, Tasuku Higashihara, Akane Tsuchiya, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 金沢
  31. In-Hospital Blood Pressure Variability and Arterial Stiffness: Associations with Coronary Calcification in Patients with Acute Myocardial Infarction., Shunsuke Miyauchi, Michiaki Nagai, Keigo Dote, Masaya Kato, Shota Sasaki, Noboru Oda, Eisuke Kagawa, Yoshinori Nakano, Tasuku Higashihara, Akane Tsuchiya, 第81回日本循環器学会学術集会, 2017年03月, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 金沢
  32. 難治性心室頻拍に対してニフェカラントが決め手となった一例., 宮内俊介、田原直樹、小田登、佐々木正太、世良昭彦, 日本集中治療医学会第1回中国四国支部学術集会, 2017年02月, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会中国支部, 高松
  33. 救急時や終末期の心不全患者への対応~心不全「緩和ケア」とは?~, 宮内俊介, 広島県心不全患者在宅支援体制構築事業心臓いきいき在宅支援施設認定講習会, 2017年, 通常, 日本語, 呉
  34. 妊娠中に深部静脈血栓症を発症し、下大静脈フィルターを留置したプロテインS欠損症2症例の検討, 宮内俊介、佐々木正太、土手慶五、加藤雅也、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、久保祐美子、東原佑, 第107回日本循環器病学会中国地方会, 2016年11月, 通常, 日本語, 日本循環器病学会中国支部, 広島
  35. Impact of Coronary Calcification Morphology on Acute Coronary Syndrome., Shunsuke Miyauchi, Masaya Kato, Akane Tsuchiya, Tasuku Higashihara, Aya Yamane, Michiaki Nagai, Yoshinori Nakano, Eisuke Kagawa, Noboru Oda, Shota Sasaki, Keigo Dote, American Heart Association Scientific Sessions 2016, 2016年11月, 通常, 英語, 米国心臓病学会, ニューオリンズ, 米国
  36. 血行再建に難渋した再発性冠動脈血栓症の一例, 宮内俊介、佐々木正太、土手慶五、加藤雅也、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、東原佑、土谷朱子, 第23回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会, 2016年09月, 通常, 日本語, 日本心血管インターベンション治療学会中国支部, 岡山
  37. 抗血栓療法が上部消化管出血に及ぼす影響, 宮内俊介、加藤雅也、土手慶五、佐々木正太、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、東原佑、土谷朱子, 第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年09月, 通常, 日本語, 日本心臓病学会, 東京
  38. 急性冠症候群における冠動脈石灰化の意義, 宮内俊介、加藤雅也、土手慶五、佐々木正太、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、東原佑、土谷朱子, 第64回日本心臓病学会学術集会, 2016年09月, 通常, 日本語, 日本心臓病学会, 東京
  39. Impact of Anti-Thrombotic Therapies on Gastrointestinal Bleeding, Shunsuke Miyauchi, Shota Sasaki, Keigo Dote, Masaya Kato, Noboru Oda, Eisuke Kagawa, Yoshinori Nakano, Michiaki Nagai, Aya Yamane, Tasuku Higashihara, Akane Tsuchiya, 第25回日本心血管インターベンション治療学会学術集会, 2016年07月, 通常, 英語, 日本心血管インターベンション治療学会, 東京
  40. 同一部位に繰り返す急性心筋梗塞に対してステント留置せず、血栓吸引のみで治療した一例, 宮内俊介、佐々木正太、土谷朱子、東原佑、山根彩、永井道明、中野良規、香川英介、小田登、加藤雅也、土手慶五, 第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会, 2016年06月, 通常, 日本語, 日本循環器病学会中国支部, 松江
  41. Waist Circumference is a Useful Index for Management the Risk of Acute Coronary Syndrome, Shunsuke Miyauchi, Masaya Kato, Tasuku Higashihara, Yumiko Kubo, Aya Yamane, Yoshinori Nakano, Michiaki Nagai, Eisuke Kagawa, Noboru Oda, Shota Sasaki, Keigo Dote, 第80回日本循環器学会学術集会, 2016年03月, 通常, 英語, 日本循環器病学会, 仙台
  42. 早期再分極症候群によるVF stormから完全社会復帰を達成し得た一例, 宮内俊介、田原直樹、世良昭彦、小田登、佐々木正太, 第33回日本集中治療医学会中国四国地方会, 2016年02月, 通常, 日本語, 日本集中治療医学会中国四国支部, 広島
  43. 急性冠症候群の病態における冠動脈石灰化の意義, 宮内俊介、加藤雅也、土手慶五、佐々木正太、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、東原佑、土谷朱子, 第10回中国地区心血管画像研究会, 2016年, 通常, 日本語, 広島
  44. 消えたguide wire~側枝wireはどこに?~, 宮内俊介、佐々木正太、山口裕司, Complex Cardiovascular Therapeutics 2016 (ファイヤーサイドセッション), 2016年, 通常, 日本語, 神戸
  45. OFDIガイド下Rotablatorの有用性を実感した一例, 宮内俊介、加藤雅也、土手慶五、佐々木正太、小田登、香川英介、中野良規、永井道明、山根彩、東原佑、土谷朱子, 第9回中国地区心血管画像研究会, 2016年, 通常, 日本語

受賞

  1. 2014年07月18日, 第104回日本循環器学会中国・四国合同地方会研修医奨励賞, 日本循環器病学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(若手研究), ヒト左心耳組織を用いた左心耳血栓の病態解明と新規疾患マーカーの開発, 2022年, 2024年
  2. Johnson & Johnson Medical Research Grant, 口腔内細菌、歯周炎、歯周炎治療介入が心房細動アブレーション治療成績に及ぼす影響を調査する前向き臨床研究, 2021年, 2023年
  3. 科学研究費助成事業(研究活動スタート支援), 口腔内細菌と心房線維化の関連、病態の解明, 2021年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 産業医, 2022年08月, 広島大学(東広島キャンパス)
  2. 非常勤医師, 2022年04月, 2023年03月, (医)社団博愛会木阪病院
  3. 非常勤医師, 2022年04月, 2023年03月, 妹尾病院

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 第59回全国大学保健管理研究集会ネットワーキングイベント, 新型コロナウイルス感染症対策, 公益財団法人 全国大学保健管理協会, 2021年/10月/06日, 2021年/10月/06日, 広島(オンデマンド), 司会, セミナー・ワークショップ, 教育関係者
  2. 広島県心不全患者在宅支援体制構築事業心臓いきいき在宅支援施設認定講習会, 救急時や終末期の心不全患者への対応, 2017年/11月, 中国労災病院(呉市), 講師, 資格認定講習