小野 健太郎KENTARO ONO

Last Updated :2024/05/07

所属・職名
脳・こころ・感性科学研究センター 助教
メールアドレス
onokenhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(文学) (千葉大学)
  • 博士(医学) (新潟大学)

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Enhancement of visuomotor synchronization by a regular pattern of stimulus presentation, NEUROSCIENCE LETTERS, 786巻, 202208
  2. Intertap interval dependence of the subdivision effect in auditory-synchronised tapping, EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 55巻, 11-12号, pp. 3391-3401, 202206
  3. Intertap interval dependence of the subdivision effect in auditory-synchronised tapping, European Journal of Neuroscience, 2021
  4. ★, Modulatory effects of prediction accuracy on electroencephalographic brain activity during prediction, Frontiers in Human Neuroscience, 15巻, pp. 630288, 2021
  5. Modality-dependent effect of motion information in sensory-motor synchronised tapping, Neuroscience Letters, 675巻, pp. 31-35, 2018
  6. ★, The effect of illusionary perception on mismatch negativity (MMN): an electroencephalography study, Hearing Research, 356巻, pp. 87-92, 2017
  7. Trading of dynamic interaural time and level difference cues and its effect on the auditory motion-onset response measured with electroencephalography, Neuroimage, 159巻, pp. 185-194, 2017
  8. Motion-induced disturbance auditory-motor synchronization and its modulation by transcranial direct current stimulation (tDCS), European Journal of Neuroscience, 43巻, pp. 509-516, 2016
  9. Neural correlates of perceptual grouping effects in the processing of sound omission by musicians and nonmusicians, Hearing Research, 319巻, pp. 25-31, 2015
  10. ★, Keeping an eye on the conductor: neural correlates of visuo-motor synchronization and musical experience, Frontiers in Human Neuroscience, 9巻, pp. 154, 2015
  11. Categorical speech perception during active discrimination of consonants and vowels, Neuropsychologia, 64巻, pp. 13-23
  12. Neural networks involved in learning lexical-semantic and syntactic information in a second language, Frontiers in Psychology, 5巻, pp. 1209
  13. Environmental reverberation affects processing of sound intensity in right temporal cortex, European Journal of Neuroscience, 38巻, pp. 3210-3220
  14. Effects of regularity on the processing of sound omission in a tone sequence in musicians and nonmusicians, European Journal of Neuroscience, 38巻, pp. 2786-2792
  15. Preattentive processing of horizontal motion, radial motion and intensity changes of sounds, Neuroreport, 24巻, pp. 861-865
  16. The effect of musical experience on the hemispheric lateralization of musical feature processing, Neuroscience Letters, 496巻, pp. 141-145
  17. Roles of the auditory cortex in discrimination learning by rats, European journal of neuroscience, 23巻, pp. 1623-1632
  18. Endogenous fluorescence imaging of somatosensory cortical activities after discrimination learning in rats, Neuroimage, 30巻, pp. 735-744
  19. Relational discrimination learning between amplitude-modulated sounds in the rat, Neuroscience letters, 342巻, pp. 171-174

著書等出版物

  1. 2023年02月01日, A Sense of Plausibility in Vision and Music Perception, 朝倉書店, 2023年, 2, 単行本(学術書), 共著, 英語, Tatsuya Yoshizawa, Nicholas E. Scott-Samuel, Haruyuki Kojima, Goro Maekawa, Ute Leonards, Kentaro Ono, Rie Matsunaga, Haruka Shoda, Nobuhiko Asakura, 978-4-254-52035-4

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. Effects of beat on the occurrence of temporal assimilation, Emi Hasuo, Yuu Masuda, Hiroshi Arao, Kentaro Ono, Ayumu Matani, 60th Perceptual Frontier Seminar, 2023年06月13日, 通常, 英語
  2. 日本音楽知覚認知学会の学際領域における研究動向とその魅力, 小野健太郎、正田悠、岡野真裕、田部井賢一、三浦雅展, 日本音楽知覚認知学会2023年度春季研究発表会, 2023年06月18日, 通常, 日本語
  3. リズムパターンに対するグルーヴ感と快感情についての神経相関:fMRIによる検討, 小野健太郎, 日本音楽知覚認知学会2023年度春季研究発表会, 2023年06月17日, 通常, 日本語
  4. 視覚での時間的な知覚的体制化が運動との同期に与える効果, 小野健太郎, 日本心理学会第86回大会, 2022年09月08日, 通常, 日本語
  5. Insular response to 1-Hz transcutaneous auricular vagus nerve stimulation (taVNS) from human intracranial recordings, Hui-Ling Chan, Tokiko Harada, Masaya Katagiri, Koji Iida, Maro G. Machizawa, Kentaro Ono, Alan R. Fermin, Shigeto Yamawaki, 第45回日本神経科学学会大会, 2022年06月30日, 通常, 英語
  6. Heartbeat evoked potential (HEP) reflects the uncertainty of prediction in musical chord sequence: an electroencephalography (EEG) study, 小野健太郎, 水落亮平, 山本一希, 笹岡貴史, 山脇成人, 第45回日本神経科学学会大会, 2022年06月30日, 通常, 英語
  7. 「身体を動かしたくなる」音楽とは? -音楽がグルーブ感をもたらすメカニズム-, 小野健太郎, 第14回日本音楽医療研究会学術集会, 2021年01月24日, 通常, 日本語
  8. Neurobehavioral effects of thermal stimuli to the foot on emotional evaluation of emotion-eliciting pictures, 笹岡貴史, 原田宗子, 小野健太郎, 山脇成人, 第44回日本神経科学大会, 2021年07月28日, 通常, 英語
  9. 和声進行における次の和音への期待を反映する事象関連電位, 小野健太郎, 日本心理学会第85回大会, 2021年09月01日, 通常, 日本語, 日本心理学会, web
  10. 和声進行に伴って生じる事象関連電位の変化, 小野健太郎, 日本音楽知覚認知学会2020年度秋季研究発表会, 2020年10月24日, 通常, 日本語
  11. 聴覚と運動の同期に与える知覚的体制化の提示間隔依存性効果, 小野健太郎, 橋本淳也, 笹岡貴史, 第84回日本心理学会, 2020年09月08日, 通常, 日本語
  12. Oscillatory brain activity modulated by prediction accuracy of visual imagery, Chan Hui-Ling, Kentaro Ono, Junya Hashimoto, Ryosuke Hiramoto, Takafumi Sasaoka, Shigeto Yamawaki, 第43回日本神経科学大会, 2020年07月29日, 通常, 英語
  13. Effects of perceptual grouping in the brain processing of sounds, 小野健太郎, The 1st symposium on perception and cognition systems for nature of plausibility, 2019年11月29日, 招待, 英語, 神奈川大学知覚認知システムの普遍性と多様性研究グループ, 神奈川大学横浜キャンパス
  14. 拍構造が聴覚と運動の同期に与える効果と音楽経験の影響, 小野健太郎, 橋本淳也, 平本亮介, 笹岡貴史, 日本心理学会第83回大会, 2019年09月12日, 通常, 日本語
  15. 刺激の予測と予測誤差に関わる脳波に与える視覚的曖昧さの影響, 小野健太郎, 橋本淳也, 平本亮介, 笹岡貴史, 山脇成人, 日本神経科学学会第42回大会, 2019年07月27日, 通常, 日本語
  16. ピッチとリズムによる知覚的体制化がミスマッチ陰性電位に与える影響, 小野健太郎, 日本音楽知覚認知学会秋季研究発表会, 2017年11月, 通常, 日本語, 日本音楽知覚認知学会, 島根県松江市
  17. 音列における錯覚現象が音の脳内初期情報処理過程に与える影響, Ono K, Yamasaki D, Altmann CF, Mima T., The 6th conference of the Asia-Pasific Society for the Cognitive Sciences of Music (APSCOM6), 2017年08月, 通常, 英語
  18. 音階錯聴がミスマッチ陰性電位に与える影響:脳波を用いた検討, 第40回日本神経科学学会, 2017年07月, 通常, 日本語, 千葉県幕張市

受賞

  1. 2020年10月20日, 学術大会優秀発表賞, 公益社団法人日本心理学会, 聴覚と運動の同期に与える知覚的体制化の提示間隔依存性効果
  2. 2019年11月12日, 学術大会優秀発表賞, 日本心理学会, 拍構造が聴覚と運動の同期に与える効果と音楽経験の影響

取得

  1. 特許権, 6935889, 2021年08月30日, 温調システムおよびそのコントローラーならびに温調方法

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 基盤研究 (B), オンライン演奏における身体性の認知神経基盤の解明および演奏教育・音楽療法への応用, 2023年, 2026年
  2. 基盤研究 (B), 音楽が誘発する身体運動の生起機序:その認知神経過程の解明および音楽療法への応用, 2020年, 2024年
  3. 科学研究費補助金基盤C, 知覚的体制化が知覚・運動処理の向上をもたらす心理・神経メカニズムの解明, 2022年, 2024年
  4. 科学研究費補助金若手研究B, 感覚と運動の同期における刺激の空間的情報および社会的文脈の影響とその神経基盤, 2016年, 2019年
  5. 科学研究費補助金若手研究B, 音の特徴による知覚的体制化とその相互作用の神経基盤に関する研究, 2012年, 2014年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 理事, 2023年06月, 日本音楽知覚認知学会
  2. 日本音楽知覚認知学会研究発表会幹事, 2022年04月, 2023年03月, 日本音楽知覚認知学会
  3. 日本音楽知覚認知学会研究発表会幹事, 2021年04月, 2022年03月, 日本音楽知覚認知学会
  4. 日本音楽知覚認知学会研究発表会幹事, 2020年, 日本音楽知覚認知学会
  5. 日本音楽知覚認知学会研究発表会幹事, 2019年, 日本音楽知覚認知学会
  6. 日本音楽知覚認知学会研究発表会幹事, 2018年

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, European Journal of Neuroscience, その他, 査読, 1
  2. 2022年, Current Psychology, その他, 査読, 2
  3. 2021年, International Journal of Psychophysiology, その他, 査読, 1
  4. 2021年, Neuroscience Research, その他, 査読, 1
  5. 2021年, Neuroscience Letters, その他, 査読, 1
  6. 2021年, Cerebral Cortex, その他, 査読, 1
  7. 2020年, Neuroscience Letters, その他, 査読, 1
  8. 2020年, International Journal of Psychophysiology, その他, 査読, 3
  9. 2019年, Neuroscience Research, その他, 査読, 1
  10. 2018年, Neuroscience Letters, その他, 査読, 1
  11. 2017年, Quarterly Journal of Experimental Psychology, その他, 査読, 1