高垣 耕企KOKI TAKAGAKI

Last Updated :2021/10/20

所属・職名
保健管理センター 助教
ホームページ
メールアドレス
koki-takagakihiroshima-u.ac.jp

基本情報

主な職歴

  • 2011年04月, 2013年03月, 日本学術振興会, 特別研究員(DC2)
  • 2013年04月01日, 2017年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究院 精神神経医科学, 研究員
  • 2017年04月01日, 2018年03月31日, 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 精神神経医科学, 研究員
  • 2018年04月01日, 広島大学保健管理センター, 助教

学歴

  • 北海道医療大学, 心理科学研究科, 臨床心理学専攻博士課程, 日本, 2010年04月, 2013年03月

学位

  • 博士(臨床心理学) (北海道医療大学)
  • 修士(臨床心理学) (北海道医療大学)

研究分野

  • 社会科学 / 心理学 / 臨床心理学

研究キーワード

  • 臨床心理学
  • 認知行動療法
  • 気分障害

教育活動

授業担当

  1. 2021年, 学部専門, 3ターム, 健康・医療心理学

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Do self-compassion factors affect value-based behavior promotion? The context of behavioral activation, Frontiers in Psychology, In press巻, 2021
  2. ★, Relations among clinical factors after behavioral activation for subthreshold depression., International Journal of Cognitive Therapy., 14巻, pp. 612-622, 2021
  3. Differences in the association between avoidance and environmental rewards by three symptoms of depression, Current Psychology, In press巻
  4. 動的トピックモデルを用いた心理療法における会話プロセスの量的推定, 認知行動療法研究, In press巻
  5. カウンセリングを受けていない大学生のストレッサーと抑うつ症状., 総合保健科学, 36巻, pp. 9-17, 2020
  6. 摂食障害学生の適応状況と進路について:自閉症スペクトラム特性を背景に持つ学生の困難., 総合保健科学, 36巻, pp. 1-8, 2020
  7. 抑うつスキーマと閾値下うつの関連に対する否定的な自動思考の媒介効果., 認知療法研究, 13巻, pp. 182-189, 2020
  8. ★, Roles of Trait Mindfulness in Behavioral Activation Mechanism for Patients With Major Depressive Disorder, FRONTIERS IN PSYCHOLOGY, 11巻, 20200429
  9. 大学生の抑うつに対する行動活性化の取り組み, 精神療法 増刊号, 7巻, 201-206号, pp. 201-206, 2020
  10. 大学生の閾値下うつとうつ病に対する 広島大学での取り組み(広島大学元気プロジェクト), 心と社会, 50巻, pp. 82-88, 2019
  11. 不安とうつに対する実証的な介入研究とエビデンスに基づく実践, 認知療法研究, 12巻, pp. 79-87, 2019
  12. マインドフルネス療法は他の精神療法と何が違うのか?行動活性化からみたマインドフルネス, 精神医学, 61巻, pp. 663-670, 2019
  13. Role of coping with negative emotions in cognitive behavioral therapy for persistent somatoform pain disorder: Is it more important than pain catastrophizing?, PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES, 73巻, 9号, pp. 560-565, 201909
  14. Predicting Ventral Striatal Activation During Reward Anticipation From Functional Connectivity at Rest, FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE, 13巻, pp. 289, 20190827
  15. ★, Enduring effects of a 5-week behavioral activation program for subthreshold depression among late adolescents: an exploratory randomized controlled trial, NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT, 14巻, pp. 2633-2641, 2018
  16. Mediating effect of environmental rewards on the relation between goal-directed behaviour and anhedonia., Current Psychology, pp. in press
  17. 閾値下うつを有する大学生の行動パターンと報酬知覚の関連性, 総合保健科学, 35巻, pp. 35-41, 2019
  18. ウェアラブルディバイスの医療への応用:大学生における抑うつの客観的評価への利用に向けて, 総合保健科学, 35巻, pp. 55-60, 2019
  19. 大学院新入生を対象としたサポートグループによる支援の試み, 総合保健科学, 35巻, pp. 15-21, 2019
  20. 行動活性化による抑うつ気分及び興味・喜びの喪失と行動的要因の改善の関連性の検討, 認知療法研究, 12巻, pp. 36-45, 2019
  21. うつ病に対する行動活性化の作用機序に関する研究動向, 行動科学, 57巻, pp. 1-8, 2018
  22. Effects of behavioral activation on the neural circuit related to intrinsic motivation., BJPsych Open, 4巻, 5号, pp. 317-323, 2018
  23. ★, Effects of behavioral activation program without psychotropic medication treatment for depression in late adolescence: Case report., Neuropsychiatric Disease and Treatment, 14巻, pp. 2159-2164, 2018
  24. Effects of behavioral activation on default mode network connectivity in subthreshold depression: a preliminary resting-state fMRI study., Journal of Affective Disorders, 227巻, pp. 156-163, 2018
  25. メタアナリシスを用いた行動活性化法における行動的要因の改善効果の検証, 臨床心理学, 18巻, pp. 102-110, 2018
  26. Association of perfectionistic and dependent dysfunctional attitudes with subthreshold depression., Psychology Research and Behavior Management, 10巻, pp. 271-275, 2017
  27. The neural correlates of the metacognitive function of other perspective: a multiple regression analysis study., Neuroreport, 28巻, pp. 671-676, 2017
  28. Effects of behavioral activation on the neural basis of other self referential processing in subthreshold depression: An fMRI study., Psychological Medicine, 47巻, pp. 877-888, 2017
  29. Detailed course of depressive symptoms and risk for developing depression in late adolescents with subthreshold depression: cohort study., Neuropsychiatric Disease and Treatment, 13巻, pp. 25-33, 2017
  30. 童青年期の1型糖尿病患者の血糖コントロールに影響を与える心理学的要因の検討, 心身医学, 57巻, pp. 1046-1055, 2017
  31. 身体症状症の認知行動療法, 精神科治療学, 32巻, pp. 1073-1079, 2017
  32. 慢性疼痛患者への行動活性化の診立てと方針, 精神科治療学, 32巻, pp. 937-941, 2017
  33. 私のスーパーヴィジョン体験:スーパーヴィジョンから得られたこと〜大学生メンタルヘルスの現場での取り組みを中心に〜, 精神療法増刊号, 4巻, pp. 178-181, 2017
  34. 身体感覚や行動からこころへのアプローチ:第四世代認知行動療法に向けて, 認知療法研究, 9巻, pp. 100-110, 2016
  35. うつ病の行動活性化とその実践, 日本森田療法学会雑誌, 27巻, pp. 61-67, 2016
  36. ★, Mechanisms of behavioral activation for late adolescents: Positive reinforcement mediate the relationship between activation and depressive symptoms from pre-treatment to post-treatment., Journal of Affective Disorders, 204巻, pp. 70-73, 2016
  37. ★, Behavioral activation for late adolescents with subthreshold depression: a randomized controlled trial., European Child & Adolescent Psychiatry, 25巻, pp. 1171-1182, 2016
  38. Behavioral activation can normalize neural hypoactivation in subthreshold depression during a monetary incentive delay task., Journal of Affective Disorders, 189巻, pp. 254-262, 2016
  39. 大学生の抑うつと抑うつスキーマ,報酬知覚の関連性, 北海道医療大学心理科学部紀要, 12巻, pp. 1-10, 2016
  40. Direct and indirect influence of childhood abuse on depressive symptoms in patients with major depressive disorder., BMC Psychiatry, 15巻, pp. 224, 2015
  41. Do individuals with alcohol dependence show higher unfairness sensitivity? The relationship between impulsivity and unfairness sensitivity in alcohol dependent adults., Alcoholism: Clinical and Experimental Research, 39巻, pp. 2016-2021, 2015
  42. Effectiveness of group cognitive behavioral therapy (GCBT) for somatoform pain disorder patients in Japan: A preliminary non-case-control study., Psychiatry and Clinical Neuroscience, 69巻, pp. 763-772, 2015
  43. fMRI study of social anxiety during social ostracism with and without emotional support., Plos One, e0127426.巻, 2015
  44. ★, Behavioral characteristics of subthreshold depression., Journal of Affective Disorders,, 168巻, pp. 472-475, 2014
  45. ★, Preliminary assessment of the behavioral activation model in Japanese undergraduate students, Psychological Reports, 112巻, pp. 47-59, 2013
  46. 看護大学生の反すうおよびストレッサーと抑うつとの関連性, 行動科学, 53巻, pp. 87-95, 2015
  47. ★, 行動活性化療法, 精神科, 25巻, pp. 393-397, 2014
  48. Anxiety Control Questionnaire日本語版の開発, 行動療法研究, 39巻, pp. 145-154, 2013
  49. 強迫的信念,特性不安,強迫症状の関連性の検討-mood-as-inputの観点から, 不安障害研究, 5巻, pp. 3-12, 2013
  50. 児童青年期の1型糖尿病患者の自己管理行動に関連する心理学的要因の検討-セルフエフィカシーに焦点をあてて-, 心身医学, 53巻, pp. 857-864, 2013
  51. ★, Behavioral Activation for Depression Scale (BADS) 日本語版の作成, 精神科診断学, 6巻, pp. 76-85, 2013
  52. ★, 大学生の認知行動的特徴と抑うつ症状の変化との関連性:スキーマと行動の選択要因に焦点を当てて, パーソナリティ研究, 21巻, pp. 63-73, 2012
  53. Generalized Anxiety Disorder Questionnaire for DSM-IV (GAD-Q-IV)日本語版の開発, 精神科診断学, 5巻, pp. 89-98, 2012
  54. うつ病に対する行動活性化療法:歴史的展望とメタ分析, 心理学評論, 54巻, pp. 473-488, 2011
  55. ★, Cognitive-Behavioral Avoidance Scale(CBAS) 日本語版の作成, 精神科診断学, 4巻, pp. 104-113, 2011
  56. 日本語版Environmental Reward Observation Scale(EROS)の作成と信頼性・妥当性の検討, 行動療法研究, 37巻, pp. 21-31, 2011
  57. 入院うつ病患者を対象とした短期集団認知行動療法(Ⅱ):ストレス対処と気分の改善を狙った田プログラムの効果, 北海道医療大学心理科学部研究紀要, 6巻, pp. 23-32, 2010
  58. 入院うつ病患者を対象とした短期集団認知行動療法(Ⅰ):対人スキルの改善と適切な自己表現の獲得を狙ったプログラムの効果, 北海道医療大学心理科学部研究紀要, 6巻, pp. 11-22, 2010
  59. 広場恐怖によって外出不可能になった成人女性に対する訪問による認知行動療法の1事例 , 北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究, 6巻, pp. 65-73, 2010
  60. 精神発達遅滞児に対する生活技能の獲得を目的とした介入効果の検討-買い物スクリプトの習得に焦点を当てて-, 北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究, 5巻, pp. 29-39, 2009

著書等出版物

  1. 2019年, 健康心理学事典, 行動活性化療法, 丸善出版, 2019年, 事典・辞書, 共著, 日本健康心理学会 (編)
  2. 2019年, 認知行動療法事典, 行動活性化療法(BA), 丸善出版, 2019年, 事典・辞書, 共著, 日本認知・行動療法学会 (編)
  3. 2019年, 認知行動療法事典, うつ病の行動活性化療法, 丸善出版, 2019年, 事典・辞書, 共著, 日本認知・行動療法学会 (編)
  4. 2019年, 行動活性化療法 公認心理師技法ガイド 臨床の場で役立つ実践のすべて 下山晴彦・伊藤絵美・黒田美保・鈴木伸一・松田 修(編), 行動活性化療法, 3月22日, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 髙垣耕企, 6
  5. 2019年, うつ病の行動活性化療法 公認心理師技法ガイド 臨床の場で役立つ実践のすべて 下山晴彦・伊藤絵美・黒田美保・鈴木伸一・松田 修(編), うつ病の行動活性化療法, 3月22日, 2019年, 単行本(学術書), 共著, 髙垣耕企, 6, 6
  6. 2018年, 行動活性化療法 公認心理師養成のための保健・医療系実習ガイドブック 鈴木伸一・田中恒彦・小林清香(編), 行動活性化療法, 2018年8月20日, 2018年, 8, 単行本(学術書), 共著, 髙垣耕企, 5
  7. 2015年, 思春期学 笠井清登・藤井直敬・福田正人・長谷川眞理子(編)長谷川寿一(監修), 気分障害, 東京大学出版会, 2015年, 単行本(学術書), 共著, 髙垣耕企・岡本泰昌, 10
  8. 2012年, うつ病を克服するための行動活性化練習帳ー認知行動療法の新しい技法ー 大野 裕・岡本泰昌(監訳), 第4章 ACTIONする:変化のための最初の一歩, 創元社, 2012年, 単行本(学術書), 松永美希・高垣耕企
  9. 2011年, 精神科領域からみた心身症専門医のための精神科臨床リュミエール27, 心身症と行動療法,認知行動療法 石津 宏 (編), 中山書店, 2011年, 単行本(学術書), 共著, 髙垣耕企・坂野雄二
  10. 2011年, うつ病の行動活性化療法:新世代の認知行動療法によるブレイクスルー, 日本評論社, 2011年, その他, 共著, 熊野宏昭・鈴木伸一(監訳)岡島 義・国里愛彦・中島 俊・髙垣耕企

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 行動活性化療法の基礎研究から臨床研究:これまでの研究から本学会に期待すること (若手が期待すること、若手が期待すること), 髙垣耕企, 日本認知・行動療法学会第45回大会 将来検討委員会企画シンポジウム, 2019年, 招待, 日本語
  2. Development of behavioral modification program based on personalized value for late adolescents with depression, Takagaki, K., Yokoyama, S., Okamoto, Y., International Symposium on Adolescent Health and Personalized Value., 2018年, 招待, 英語

受賞

  1. 2021年, 第59回全国大学保健管理研究集会優秀演題賞(筆頭), 全国大学保健管理協会
  2. 2020年, 認知療法研究 第7回最優秀論文賞(共同), 日本認知療法・認知行動療法学会
  3. 2018年, 第13回日本うつ病学会学会奨励賞(共同)<医療保健分野>, 日本うつ病学会
  4. 2018年, 第32回石川記念賞(共同), 日本心身医学会
  5. 2016年, 第11回日本うつ病学会学会奨励賞(共同)<医療保健分野>, 日本うつ病学会
  6. 2016年, 第11回日本うつ病学会学会奨励賞(共同)<医学分野>, 日本うつ病学会
  7. 2015年, 第10回日本うつ病学会学会奨励賞(筆頭)<医療保健分野>, 日本うつ病学会
  8. 2014年, 第6回不安障害学術大会 奨励賞(共同), 日本不安症学会

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 特別研究員研究奨励費, うつ病の回避行動と長期的な報酬予測をターゲットとした新しいし治療法に関する研究, 2011年, 2013年
  2. 科学研究費助成事業(若手研究), うつ病を有する大学生に対する大学で実施可能な治療法の構築に向けた取り組み, 2019年, 2022年

社会活動

委員会等委員歴

  1. 編集委員, 2018年, 2020年, 日本パーソナリティ心理学会 
  2. 編集委員, 2020年, 2022年, 日本パーソナリティ心理学会 

学術雑誌論文査読歴

  1. 2018年, European Child & Adolescent Psychiatry
  2. 2019年, The Japanese Psychological Research
  3. 2019年, Journal of Affective Disorders
  4. 2020年, The Japanese Psychological Research
  5. 2020年, Journal of Affective Disorders