齋藤 光代MITSUYO SAITO

Last Updated :2024/02/02

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 准教授
メールアドレス
misaitohiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 修士(学術) (広島大学)
  • 博士(学術) (広島大学)

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 2ターム, Experimental Methods and Laboratory Work in Science A
  2. 2023年, 教養教育, 3ターム, 地球科学B
  3. 2023年, 教養教育, 1ターム, 地学実験法・同実験I[1理地]
  4. 2023年, 教養教育, 3ターム, 地学実験法・同実験I[1教自]
  5. 2023年, 教養教育, 1ターム, 地学実験法・同実験I[2理化,2理生]
  6. 2023年, 教養教育, 2ターム, 地学実験法・同実験II[1理地]
  7. 2023年, 教養教育, 4ターム, 地学実験法・同実験II[1教自]
  8. 2023年, 教養教育, 2ターム, 地学実験法・同実験II[2理化,2理生]
  9. 2023年, 教養教育, セメスター(後期), 地球とその環境
  10. 2023年, 教養教育, 1ターム, 教養ゼミ
  11. 2023年, 学部専門, 2ターム, 生命と環境の自然科学
  12. 2023年, 学部専門, 3ターム, 環境地質学
  13. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 地学基礎実験
  14. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 地学基礎実験法
  15. 2023年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験A
  16. 2023年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験法A
  17. 2023年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験B
  18. 2023年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験法B
  19. 2023年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験C
  20. 2023年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験法C
  21. 2023年, 学部専門, 集中, 自然環境野外実習・同講義
  22. 2023年, 学部専門, 2ターム, Climate Change (気候変動)
  23. 2023年, 学部専門, 3ターム, Natural Histories and Sciences (自然誌と自然科学)
  24. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 理工学融合特別研究 (2023年4月博士課程前期入学生用)
  25. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(前期), 理工学融合特別演習A
  26. 2023年, 修士課程・博士課程前期, セメスター(後期), 理工学融合特別演習B
  27. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 理工学融合共通科目1:スマートな発展
  28. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 地球構成物質論

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Groundwater salinity and its effect on elevated concentrations of other contaminants in a coastal plain: a perspective for infrastructure protection, IOP Conference Series: Earth and Environmental Science, 1065巻, 2022
  2. Groundwater Dynamics near the Saltwater-Freshwater Interface in an Island of Seto Inland Sea, WATER, 15巻, 7号, 202304
  3. Isotopes of nitrate and gadolinium fingerprints to assay human inputs in Guarani Aquifer System, ENVIRONMENTAL MONITORING AND ASSESSMENT, 195巻, 2号, 202302
  4. Spatial and temporal variabilities of suspended sediment and dissolved nutrients in the Ca River basin, North Central Vietnam, WATER PRACTICE AND TECHNOLOGY, 18巻, 2号, pp. 408-418, 202302
  5. ★, Evaluation of nitrogen loading in the last 80 years in an urbanized Asian coastal catchment through the reconstruction of severe contamination period, Environmental Research Letters, 20211229
  6. ★, Nitrogen dynamics in a highly urbanized coastal area of western Japan: impact of sewage-derived loads, Progress in Earth and Planetary Science, 5巻, 1号, 20180320
  7. ★, Evaluation of the spatial distribution of submarine groundwater discharge in a small island scale using the 222Rn tracer method and comparative modeling, Marine Chemistry, 209巻, pp. 25-35, 20190220
  8. Material transport and cycle in watersheds: toward the interdisciplinary collaboration between limnology and the other research disciplines, Limnology, 21巻, 20200718
  9. ★, Effects of physical and morphometric factors on nutrient removal properties in agricultural ponds, WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY, 72巻, 12号, 20150824
  10. 地下水と生態系;これまでの研究動向と今後の展開, 地下水学会誌, 62巻, 4号, pp. 525-545, 20201130
  11. Assessment of long-term phosphorus budget changes influenced by anthropogenic factors in a coastal catchment of Osaka Bay, SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT, 843巻, 20221015
  12. Effects of forest growth in different vegetation communities on forest catchment water balance, Science of The Total Environment, 809巻, 20220225
  13. Long-term variations in water balance by increase in percent imperviousness of urban regions, Journal of Hydrology, 602巻, 20210814
  14. Estimation of Phosphorus Transport Influenced by Climate Change in a Rice Paddy Catchment Using SWAT, INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH, 15巻, 4号, pp. 759-772, 20210629
  15. Nitrate Contamination in Groundwater: Evaluating the Effects of Demographic Aging and Depopulation in an Island with Intensive Citrus Cultivation, WATER, 14巻, 14号, 202207

著書等出版物

  1. 2011年, 郊外農地, 新泉社, 2011年, 単著, 日本語, 齋藤光代
  2. 2011年, ジャカルタの水環境と水環境問題, 古今書院, 2011年, 共著, 日本語, Lubis R. F.; Mitsuyo Saito
  3. 2017年03月30日, 地下水・湧水を介した陸ー海のつながりと人間社会, 2017年, 03, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 9784769916024, 陸域の地形と地下水流動に基づく海底湧水の評価
  4. 2020年06月28日, 地下水・湧水の疑問50 (みんなが知りたいシリーズ13), 成山堂書店, 単行本(学術書), 分担執筆, 日本語, 日本地下水学会, 4425983610, 硝酸性窒素による地下水汚染にはどのような特徴がありますか?
  5. 2020年12月25日, 流域ガバナンス: 地域の「しあわせ」と流域の「健全性」 (環境人間学と地域), 京都大学学術出版会, 2020年, 12, 分担執筆, 脇田, 健一;谷内, 茂雄;奥田, 昇, 流域からの地下水経由による琵琶湖へのリン供給
  6. 2009年10月, 50mメッシュ標高情報とGISを利用した海底地下水流出量の空間分布評価--瀬戸内海中央部での適用例, 陸水学雑誌 = Japanese journal of limnology / 和文誌編集委員会 編, 日本陸水学会, 2009年, 10, 日本語, 清水 裕太;小野寺 真一;齋藤 光代
  7. 2018年05月28日, 瀬戸内海流域の水環境 : 里水, 吉備人出版, 単行本(学術書), 共著, 日本語, 小野寺真一, 齋藤光代, 北岡豪一編著, 9784860694630, 266

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 干潟スケールにおける藻場の動態が炭素・窒素循環に及ぼす影響, 齋藤 光代、小野寺 真一、兵藤 不二夫、岩本 和樹、秋永 拓弥, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年05月24日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  2. Conservation of Coastal Ecosystem and Coral Reef with the Management of Settling Basin: The Usefulness and its Economic Assessment, 川島 滋和、齋藤 光代、廣瀬 孝、小野寺 真一, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年05月24日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  3. 沖縄島北部の沈砂池における土砂生産と堆砂速度, 廣瀬 孝、仲宗根 健太、川島 滋和、小野寺 真一、齋藤 光代, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年05月24日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  4. 日本の農業地域における地下水のN/P比の特性, 小野寺 真一、齋藤 光代、田村 真之、石田 卓也、清水 裕太, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年05月24日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  5. Long-term Phosphorus Balance Changes influenced by Anthropologic Factors in Yamato River Catchment, Kunyang Wang, Shin-ichi Onodera, Mitsuyo Saito, Takuya Ishida, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年05月24日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  6. Sources and dynamics of phosphorus in the sediments of Lake Biwa using phosphate oxygen isotope analysis, 石田 卓也、奥田 昇、友澤 裕介、小野寺 真一、齋藤 光代、Xin Liu、後藤 直成、伴 修平, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  7. Evaluation Of Sources and Fate of Nitrate in the Agricultural Island of Osakishimojima (Seto Inland Sea, Japan) Using Nitrogen Isotope, Sharon Bih Kimbi, Shin-ichi Onodera, Mitsuyo Saito, Takuya Ishida, Makoto Tamura, Yusuke Tomozawa, Nagasaka Itaru, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  8. Does weekly data could fill the bridge between daily and monthly data in modeling work?, Kunyang Wang, Shin-ichi Onodera, Mitsuyo Saito, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  9. Estimation of suspended sediment discharge in Takahashi River using Soil and Water Assessment Tool, Nang Yu War, Shin-ichi Onodera, Mitsuyo Saito, Yuta Shimizu, Kunyang Wang, Yusuke Tomozawa, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  10. UAVを用いた沿岸浅海域での構成種別藻場分布量の評価, 秋永 拓弥、齋藤 光代、小野寺 真一、友澤 裕介, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  11. Island-scale spatial variation in the coastal environmental factors: Case study in the Seto Inland Sea, western Japan, Nhat Hong Nguyen, Mitsuyo Saito, Mayuko Hamada, Shin-ichi Onodera, Takuya Akinaga, Aiping Zhu, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  12. Comparison and Origin Estimation of Groundwater Dissolved Phosphorus in Coastal Agricultural Waters, 田村 真之、石田 卓也、小野寺 真一、齋藤 光代、Kimbi Sharon、友澤 裕介、長坂 格, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  13. 農業地域における地下水水質および温室効果ガスの季節変動特性, 齋藤 光代、小野寺 真一、亀山 大地、友澤 裕介、岩田 徹, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  14. 花崗岩質諸島における塩淡水境界面付近の不圧地下水, 友澤 裕介、小野寺 真一、齋藤 光代、野崎 真悟、有冨 大樹、浅井 和由, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  15. 水文水質モデルを用いた大阪湾支流域における水・栄養塩流出量評価, 川口 智弥、齋藤 光代、Wang Kunyang、小野寺 真一, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  16. Estimation of spatial variation of groundwater recharge rate in Asahi River catchment, western Japan using SWAT, Rendilicha Halake Guyo, Yuta Shimizu, Mitsuyo Saito, Shin-ichi Onodera, Yusuke Tomozawa, Sharon Bih Kimbi, Kunyang Wan, 日本地球惑星科学連合2022年大会, 2022年06月01日, 通常, 英語, 日本地球惑星科学連合, 幕張メッセ(千葉)
  17. 大阪湾沿岸流域における人為的要因の影響を受けた長期的なリン負荷と収支変化の評価, Kunyang Wang,小野寺 真一,齋藤 光代,石田 卓也, 日本水文科学会 2022年度研究発表会, 2022年09月04日, 通常, 英語, 京都大学宇治おうばくプラザ
  18. 島嶼地下水における農家の活動度による硝酸汚染について, Sharon Bih Kimbi,小野寺 真一,齋藤 光代,石田 卓也,友澤 祐介,長坂 格, 日本水文科学会 2022年度研究発表会, 2022年09月05日, 通常, 英語, 京都大学宇治おうばくプラザ
  19. Potential impacts of groundwater-borne nutrients on coastal areas in changing human activities and climate, Mitsuyo Saito, ECSA58&EMECS13: Estuaries and coastal seas in the Anthropocene - Structure, functions, services and management, 2021年09月06日, 招待, 英語

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費 挑戦的研究(萌芽), 潮間帯藻場の保全に向けた新たな栄養塩循環論創生:主たる供給源は陸由来か再生産か?, 2022年, 2024年
  2. 科学研究費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A)), 地下水環境学と沿岸生態学の融合と深化:ブレークスルーに向けた新規アプローチの導入, 2022年, 2024年
  3. 科学研究費 基盤研究(B), 流域水・物質輸送に伴う藻場変遷過程の解明:生態系サービスの定量化と活用に向けて, 2021年, 2023年
  4. 大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度, 流域からの栄養塩流出変遷が大阪湾沿岸の栄養塩収支に及ぼす影響の陸域-海域統合評価, 2022年, 2022年
  5. 大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成制度, 流域圏の土地利用変遷および洪水流出を考慮した大阪湾への長期栄養塩流出量の推定, 2019年, 2021年
  6. 科学研究費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)), 東南アジアでの汽水養殖拡大による栄養塩循環劣化を健全化する再循環システムの構築, 2021年, 2024年