山下 賢KEN YAMASHITA

Last Updated :2024/07/05

所属・職名
病院内視鏡診療科 助教
メールアドレス
kenyama5hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(医学) (広島大学)

教育活動

授業担当

  1. 2024年, 学部専門, 集中, 臨床実習入門プログラム
  2. 2024年, 学部専門, セメスター(前期), 内科学I

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. ★, Use of anticoagulants increases risk of bleeding after colorectal endoscopic submucosal dissection, Endosc Int Open, 6巻, 7号, pp. 857-864, 2018
  2. ★, Long-term prognosis after treatment for T1 carcinoma of laterally spreading tumors: a multicenter retrospective study, Int J Colorectal Dis, 34巻, 3号, pp. 481-490, 2019
  3. ★, Preceding endoscopic submucosal dissection for T1 colorectal carcinoma does not affect the prognosis of patients who underwent additional surgery: a large multicenter propensity score-matched analysis, J Gastroenterol, 54巻, pp. 897-906, 2019
  4. ★, Characteristics and Prognosis of Sporadic Neoplasias Detected in Patients with Ulcerative Colitis, Digestion, 105巻, pp. 213-223, 20240228
  5. ★, Usefulness and Educational Benefit of a Virtual Scale Endoscope in Measuring Colorectal Polyp Size, DIGESTION, 105巻, 2号, pp. 73-80, 202404
  6. Hybrid endoscopic submucosal dissection as a salvage option for difficult colorectal conventional endoscopic submucosal dissection, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 38巻, 1号, pp. 222-228, 202401
  7. ★, Clinicopathological features and prognosis of primary small bowel adenocarcinoma: a large multicenter analysis of the JSCCR database in Japan, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 59巻, 5号, pp. 376-388, 202405
  8. ★, Clinical outcomes of endoscopic resection for rectal neuroendocrine tumors: Advantages of endoscopic submucosal resection with a ligation device compared to conventional EMR and ESD, DEN OPEN, 2巻, 1号, 202204
  9. Efficacy of single-balloon overtube for endoscopic submucosal dissection in the proximal colon: A propensity score-matched analysis, DEN OPEN, 2巻, 1号, 202204
  10. Long-term prognosis after endoscopic submucosal dissection for esophageal cancer in older adult patients, BMC GASTROENTEROLOGY, 24巻, 1号, 20240514
  11. Clinicopathological and genomic features of superficial esophageal squamous cell carcinomas in nondrinker, nonsmoker females, CANCER MEDICINE, 13巻, 4号, 202402
  12. Predictive factors for esophageal stenosis in patients receiving prophylactic steroid therapy after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma, BMC GASTROENTEROLOGY, 24巻, 1号, 20240120
  13. Long-term outcomes of patients with obscure gastrointestinal bleeding after negative capsule endoscopy, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 39巻, 1号, pp. 165-171, 202401
  14. Colonic invasive adenocarcinoma with squamoid morules: A case report, DEN OPEN, 4巻, 1号, 202404
  15. Indications for Dental Floss Clip Traction During Gastric Endoscopic Submucosal Dissection by Less-Experienced Endoscopists, JOURNAL OF GASTRIC CANCER, 23巻, 4号, pp. 512-522, 202310
  16. Can underwater endoscopic mucosal resection be an alternative to conventional endoscopic mucosal resection for superficial non-ampullary duodenal epithelial tumors?, DEN OPEN, 4巻, 1号, 202404
  17. ★, Clinical outcomes of endoscopic submucosal dissection for large pedunculated colorectal carcinoma: A retrospective multicenter study, DEN OPEN, 4巻, 1号, 202404
  18. Diagnostic and therapeutic strategies for colorectal tumor with positive muscle-retracting sign, DEN OPEN, 4巻, 1号, 202404
  19. Anti-tumor necrosis factor-alpha monoclonal antibody suppresses colorectal cancer growth in an orthotopic transplant mouse model, PLOS ONE, 18巻, 3号, 20230330
  20. Endoscopic findings suggestive of a high risk of non-radical cure after definitive chemoradiotherapy for cT1bN0M0 esophageal squamous cell carcinoma, ESOPHAGUS, 20巻, 3号, pp. 541-547, 202307
  21. 胃 ESD 後遅発性穿孔に対してポリグリコール酸シート充填法が有用であった3例, 広島医学, 76巻, 3号, pp. 123-128, 2023
  22. Anti-tumor necrosis factor-alpha monoclonal antibody suppresses colorectal cancer growth in an orthotopic transplant mouse model, PLoS One, 18巻, 3号, pp. e0283822, 2023
  23. Endoscopic findings suggestive of a high risk of non-radical cure after definitive chemoradiotherapy for cT1bN0M0 esophageal squamous cell carcinoma, Esophagus, 20巻, 3号, pp. 541-547, 2023
  24. ★, Case of gel immersion endoscopy: Efficacy of identification and achieving hemostasis for diverticular hemorrhage in the sigmoid colon, Dig Endosc, 34巻, 4号, pp. e62-e63, 2022
  25. Endoscopic sinusotomy using the small-ceramic-tip-insulated electrosurgical knife for chronic pouch sinus after ileal pouch anal anastomosis in ulcerative colitis: a case report, Endoscopy, 54巻, 12号, pp. E728-E729, 2022
  26. Characteristics and Treatment Outcomes of Small-bowel Angioectasia in Systemic Sclerosis Patients: A Retrospective Observational Study, Intern Med, 61巻, 5号, pp. 615-622, 2022
  27. Diagnostic Accuracy of H. pylori Status by Conventional Endoscopy: Time-Trend Change After Eradication and Impact of Endoscopic Image Quality, Front Med (Lausanne), 8巻, pp. 830730, 2022
  28. Development of multi-class computer-aided diagnostic systems using the NICE/JNET classifications for colorectal lesions, J Gastroenterol Hepatol, 37巻, 1号, pp. 104-110, 2022
  29. Efficacy of the specialized scissor-type knife for gastric endoscopic submucosal dissection: a propensity score matched retrospective study, ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN, 11巻, 04号, pp. E315-E321, 202304
  30. Outcomes of endoscopic submucosal dissection in patients who develop metachronous superficial esophageal squamous cell carcinoma close to a post-endoscopic submucosal dissection scar, ESOPHAGUS, 20巻, 1号, pp. 124-133, 202301
  31. Novel endoscopic ultrasonography classification for assured vertical resection margin (>= 500 mu m) in colorectal endoscopic submucosal dissection, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 37巻, 12号, pp. 2289-2296, 202212
  32. Vertical tumor margin of endoscopic resection for T1 colorectal carcinoma affects the prognosis of patients undergoing additional surgery, SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES, 36巻, 8号, pp. 5970-5978, 202208
  33. Two cases of ulcerative colitis that developed while using abatacept, CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 15巻, 5号, pp. 924-928, 202210

著書等出版物

  1. 2023年, 胃と腸, 大腸 Case3, 2023年, 単行本(一般書), 共著, 山下 賢,竹原 悠大,田中 秀典,嶋本 文雄,岡 志郎
  2. 2024年, 胃と腸, NICE分類 (大腸腫瘍NBI所見分類), 2024年, 単行本(一般書), 共著, 山下 賢,岡 志郎
  3. 2023年, レジデントのための消化器内視鏡ことはじめ, 5章 下部消化管内視鏡検査 4-1 通常観察と拡大観察法, 2023年, 単行本(一般書), 山下 賢,岡 志郎,田中 信治
  4. 2024年, アドバンスト大腸ESD, 1章 難渋症例への対応 ①スコープ操作性が不良の場合, 2024年, 単行本(一般書), 共著, 山下 賢,田中 信治
  5. 2023年, 消化器内視鏡技師のためのハンドブック, II. 検査の実際 4. 大腸内視鏡, 2023年, 単行本(一般書), 共著, 山下 賢,岡 志郎,田中 信治
  6. 2023年, 最新臨床大腸癌学2023, Laterally spreading tumor (LST), 2023年, 単行本(一般書), 共著, 山下 賢,岡 志郎,田中 信治
  7. 2023年, 消化器内視鏡, 大腸 ESD : RDI をどう使う?, 2023年, 単行本(一般書), 共著, 田中秀典, 竹原悠大, 森元 晋, 谷野文昭, 山本紀子, 上垣内由季, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治.
  8. 2022年, 大腸腫瘍 内視鏡治療の要点と盲点, スネアの選択と種類, 2022年, 単行本(一般書), 分担執筆, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治.
  9. 2022年, 臨牀消化器内科, (1)カプセル内視鏡の立ち位置, 2022年, 単行本(一般書), 共著, 壺井章克, 岡 志郎, 平田一成, 隅岡昭彦, 飯尾澄夫, 田中秀典, 山下 賢, 田中信治.
  10. 2022年, 日本消化器内視鏡学会雑誌, Red Dichromatic Imaging を使用した大腸 ESD の実際, 2022年, 単行本(学術書), 分担執筆, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治.
  11. 2022年, 消化器内視鏡, Serrated polyposis syndrome (SPS) の特徴と診断, 2022年, 単行本(一般書), 共著, 卜部祐司, 岡 志郎, 下原康嗣, 山本紀子, 田中秀典, 山下 賢, 弓削 亮, 田中信治.
  12. 2022年, 胃と腸, 大腸超音波内視鏡検査の最前線, 2022年, 単行本(一般書), 共著, 上垣内由季, 竹原悠大, 森元 晋, 谷野文昭, 山本紀子, 玉理太覚, 下原康嗣, 田中秀典, 山下 賢, 岡 志郎, 有廣光司, 田中信治.
  13. 2022年, 消化器内視鏡, 大腸癌に対する EUS 診断, 2022年, 単行本(一般書), 分担執筆, 山下 賢, 岡 志郎, 上垣内由季, 嶋本文雄, 田中信治.
  14. 2022年, 消化器内視鏡, 肛門縁・歯状線にかかる病変, 2022年, 単行本(一般書), 分担執筆, 山下 賢, 岡 志郎, 田中秀典, 嶋本文雄, 田中信治.
  15. 2022年, 大腸腫瘍 内視鏡治療の要点と盲点, 歯状線に接する/越える場合, 2022年, 単行本(一般書), 分担執筆, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治.
  16. 2022年, 大腸腫瘍 内視鏡治療の要点と盲点, 肛門管の扁平上皮癌(SCC), 2022年, 単行本(一般書), 分担執筆, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治.

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 大腸 EMR において術者の技量や専門性は後出血に関与するか?, 森元 晋, 山下 賢, 竹原悠大, 山本紀子, 谷野文昭, 上垣内由季, 壺井章克, 田中秀典, 瀧川英彦, 小刀崇弘, 弓削 亮, 卜部祐司, 岡 志郎., 第78回日本大腸肛門病学会学術集会, 2023年11月10日, 通常, 日本語
  2. 内視鏡所見からみた下部進行直腸癌に対する術前 CRT 後の pCR 予測因子の検討, 山下 賢, 竹原悠大, 森元 晋, 山本紀子, 谷野文昭, 上垣内由季, 田中秀典, 好中久晶, 下村 学, 大段秀樹, 岡 志郎., 第78回日本大腸肛門病学会学術集会, 2023年11月10日, 通常, 日本語
  3. 当院における PET 検査による大腸病変検出率の検討, 山本紀子, 山下 賢, 岡 志郎., 第61回消化器がん検診学会大会 JDDW2023, 2023年11月02日, 通常, 日本語
  4. 国際ガイドライン(JSCCR, NCCN, ESMO)別に見た内視鏡切除後 pt1 大腸癌の病理組織学的リンパ節転移予測能, 谷野文昭, 山下 賢, 岡 志郎., 第106回日本消化器内視鏡学会総会 JDDW2023, 2023年11月02日, 通常, 日本語
  5. 上部消化管に生じた免疫関連有害事象(irAE)の2例, 吉原奏子, 山下 賢, 有吉美紗, 高砂 健, 田中秀典, 壺井章克, 檜山雄一, 小刀崇弘, 瀧川英彦, 弓削 亮, 卜部祐司, 日山 亨, 石川 洸, 有廣光司, 岡 志郎., 第119回日本消化器病学会中国支部例会, 2023年06月24日, 通常, 日本語
  6. Endoscopic resection of cT1b colorectal carcinomas ≤20 mm according to the tumor lifting condition, Takehara Y, Yamashita K, Morimoto S, Tanino F, Yamamoto N, Kamigaichi Y, Tanaka H, Oka S., Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2023, 2023年12月06日, 通常, 英語
  7. CLINICAL FEATURES AND PROGNOSIS OF SPORADIC NEOPLASIAS DETECTED IN ULCERATIVE COLITIS PATIENTS, Yamamoto N, Yamashita K, Takehara Y, Morimoto S, Tanino F, Kamigaichi Y, Tanaka H, Takigawa H, Yuge R, Urabe Y, Shimamoto F, Oka S., 31th United European Gastroenterology Week (UEGW) 2023, 2023年10月12日, 通常, 英語
  8. 下部直腸進行癌に対する術前 CRT 後の pCR 判定に内視鏡診断は有用か?, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治., 第103回日本消化器内視鏡学会総会, 2022年05月13日, 通常, 日本語
  9. 大腸 pT1b 癌 ESD 切除検体における VM 距離は追加外科切除後の転移・再発リスクに関与するか?, 谷野文昭, 山下 賢, 田中信治., 第103回日本消化器内視鏡学会総会, 2022年05月13日, 通常, 日本語
  10. サーベイランス中に発見された潰瘍性大腸炎関連腫瘍の臨床病理学的特徴と予後, 山本紀子, 山下 賢, 岡 志郎, 玉理太覚, 上垣内由季, 下原康嗣, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 有廣光司, 嶋本文雄, 田中信治., 第103回日本消化器内視鏡学会総会, 2022年05月13日, 通常, 日本語
  11. cTis 癌から pT1b 癌への発育過程が追えた径 10mm の早期直腸癌の1例, 平林 諒, 山下 賢, 谷野文昭, 山本紀子, 玉理太覚, 上垣内由季, 下原康嗣, 稲垣克哲, 岡本由貴, 田中秀典, 檜山雄一, 小刀崇弘, 瀧川英彦, 林 亮平, 弓削 亮, 卜部祐司, 岡 志郎, 日山 亨, 有廣光司, 田中信治., 第128回日本消化器内視鏡学会中国支部例会, 2022年07月03日, 通常, 日本語
  12. 結腸に発生した潰瘍性大腸炎関連腫瘍の臨床病理学的特徴~直腸と比較して~, 山本紀子, 山下 賢, 岡 志郎, 竹原悠大, 森元 晋, 谷野文昭, 玉理太覚, 上垣内由季, 下原康嗣, 田中秀典, 有廣光司, 嶋本文雄, 田中信治., 第77回日本大腸肛門病学会学術集会, 2022年10月14日, 通常, 日本語
  13. Vertical margin を意識した径 30mm 以下の大腸 cT1b 癌に対する ESD の治療戦略, 竹原悠大, 山下 賢, 岡 志郎, 森元 晋, 山本紀子, 谷野文昭, 上垣内由季, 玉理太覚, 下原康嗣, 岡本由貴, 田中秀典, 田中信治., 第77回日本大腸肛門病学会学術集会, 2022年10月14日, 通常, 日本語
  14. 術前 EUS を施行した大腸 cT1b 癌に対する ESD の治療成績, 山下 賢, 岡 志郎, 田中信治., 第104回日本消化器内視鏡学会総会 JDDW2022, 2022年10月27日, 通常, 日本語
  15. Virtual scale endoscope を用いた生体内での大腸腫瘍径測定の有用性, 竹原悠大, 山下 賢, 森元 晋, 谷野文昭, 上垣内由季, 玉理太覚, 下原康嗣, 田中秀典, 岡 志郎, 田中信治., 第40回日本大腸検査学会総会, 2022年11月04日, 通常, 日本語
  16. 潰瘍性大腸炎患者に発生した sporadic neoplasia の臨床病理学的特徴と予後, 山本紀子, 山下 賢, 岡 志郎, 森元 晋, 谷野文昭, 上垣内由季, 下原康嗣, 田中秀典, 嶋本文雄, 田中信治., 第40回日本大腸検査学会総会, 2022年11月04日, 通常, 日本語
  17. Characteristics and prognosis of sporadic-like neoplasias in patients with ulcerative colitis, Yamamoto N, Yamashita K, Oka S, Takehara Y, Morimoto S, Tanino F, Kamigaichi Y, Shimohara Y, Okamoto Y, Tanaka H, Shimamoto F, Tanaka S., Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2022, 2022年11月17日, 通常, 英語
  18. Vertical margin distance in pT1 colorectal carcinoma resected by endoscopic submucosal dissection affects the prognosis after additional surgery in multiple centers, Tanino F, Yamashita K, Oka S, Nagata S, Kuwai T, Asayama N, Tamaru Y, Shimamoto F, Tanaka S., Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2022, 2022年11月17日, 通常, 英語
  19. 長期予後を追えた若年者大腸癌の臨床病理学的特徴, 竹原悠大, 山下 賢, 岡 志郎, 森元 晋, 山本紀子, 谷野文昭, 上垣内由季, 下原康嗣, 岡本由貴, 田中秀典, 田中信治., 第98回大腸癌研究会学術集会, 2023年01月26日, 通常, 日本語
  20. Comparison of diagnostic ability for lymph node metastasis in T1 colorectal carcinoma by each national guideline, Yamashita K, Oka S, Tanaka S., The 16th International Gastrointestinal Consensus Symposium, 2023年02月04日, 通常, 英語
  21. Usefulness and educational effect of a virtual scale endoscope in measuring colorectal polyp size, Takehara Y, Yamashita K, Morimoto S, Tanino F, Yamamoto N, Kamigaichi Y, Tanaka H, Oka S, Tanaka S., ESGE Days, 2022年04月20日, 通常, 英語
  22. ESD を施行した大腸 cT1b 癌の垂直断端距離予測における術前 EUS の有用性, 谷野文昭, 山下 賢, 田中信治., 第105回日本消化器内視鏡学会総会, 2023年05月25日, 通常, 日本語
  23. 十分な Vertical margin 確保を目的とした径 20mm 以下の大腸 T1b 癌に対する内視鏡切除法の選択, 竹原悠大, 山下 賢, 田中信治., 第105回日本消化器内視鏡学会総会, 2023年05月25日, 通常, 日本語
  24. "Clinicopathologic features and prognosis of invasive ulcerative colitis- associated carcinoma detected during surveillance colonoscopy", 山本紀子, 山下 賢, 田中信治., 第105回日本消化器内視鏡学会総会, 2023年05月25日, 通常, 英語