勝山 千恵CHIE KATSUYAMA

Last Updated :2021/03/02

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 助教
メールアドレス
ckatsuhiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(理学) (静岡大学)
  • 修士(農学) (静岡大学)

研究分野

  • 農学 / 農芸化学 / 植物栄養学・土壌学
  • 環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析

研究キーワード

  • 微生物
  • 土壌
  • 安定同位体トレーサー
  • ガスクロマトグラフィー質量分析計
  • 微生物生態学

所属学会

  • 日本微生物生態学会, 2004年07月
  • 日本土壌微生物学会, 2015年05月
  • 日本植物病理学会, 2016年01月
  • 菌根研究会, 2018年12月
  • International Society for Microbial Ecology

教育活動

授業担当

  1. 2020年, 教養教育, 2ターム, 自然科学基礎実験法・同実験A
  2. 2020年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  3. 2020年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  4. 2020年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  5. 2020年, 教養教育, 1ターム, 生物学実験法・同実験I[1理化]
  6. 2020年, 教養教育, 3ターム, 生物学実験法・同実験I[1教自,1教人,1生]
  7. 2020年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  8. 2020年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  9. 2020年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  10. 2020年, 教養教育, 2ターム, 生物学実験法・同実験II[1理化]
  11. 2020年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験A
  12. 2020年, 学部専門, 3ターム, 自然環境実験法A
  13. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生物学基礎実験
  14. 2020年, 学部専門, セメスター(前期), 生物学基礎実験法
  15. 2020年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験B
  16. 2020年, 学部専門, 1ターム, 自然環境実験法B
  17. 2020年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験C
  18. 2020年, 学部専門, 2ターム, 自然環境実験法C
  19. 2020年, 学部専門, 集中, 自然環境野外実習・同講義
  20. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習Ⅰ
  21. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 環境植物共生学
  22. 2020年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 総合科学系演習基礎
  23. 2020年, 博士課程・博士課程後期, 2ターム, 総合科学系演習II

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. 好気性アンモニア酸化微生物の活性を高感度に検出する方法の検討とそれを活用したMPN計数法の試行, 中央大学理工学研究所論文集, 23巻, pp. 1-11, 20180331
  2. Hybrid Nitrous Oxide Production from a Partial Nitrifying Bioreactor: Hydroxylamine Interactions with Nitrite, Environmental Science & Technology, 51巻, 5号, pp. 2748-2756, 20170206
  3. Insecticide applications to soil contribute to the development of Burkholderia mediating insecticide resistance in stinkbugs, Molecular Ecology, 24巻, 14号, pp. 3766-3778, 20150608
  4. ★, Occurrence and potential activity of denitrifiers and methanogens in groundwater at 140 m depth in Pliocene diatomaceous mudstone of northern Japan, FEMS Microbiology Ecology, 86巻, 3号, pp. 532-543, 20130730
  5. ガス代謝から見た多摩校地照葉樹林土壌の物質循環の一側面, 中央大学理工学研究所論文集, 18巻, pp. 27-42, 20130331
  6. N2O emission from degraded soybean nodules depends on denitrification by Bradyrhizobium japonicum and other microbes in the rhizosphere, Microbes and Environments, 27巻, 4号, pp. 470-476, 2012
  7. Population dynamics of Crenarchaeota and Euryarchaeota in the mixing front of river and marine waters, Microbes and Environments, 25巻, 2号, pp. 126-132, 2010
  8. Unique distribution of deep groundwater bacteria constrained by geological setting, Environmental Microbiology Reports, 1巻, 6号, pp. 569-574, 2009
  9. ★, Complementary cooperation between two syntrophic bacteria in pesticide degradation, Journal of Theoretical Biology, 256巻, 4号, pp. 644-654, 2009
  10. ★, Denitrification activity and relevant bacteria revealed by nitrite reductase gene fragments in soil of temperate mixed forest, Microbes and Environments, 23巻, 4号, pp. 337-345, 2008
  11. Diversity of fenitrothion-degrading bacteria in soils from distant geographical areas, Microbes and Environments, 21巻, 1号, pp. 58-64, 200603

著書等出版物

  1. 2020年02月19日, Behavior of Radionuclides in the Environment I: Function of Particles in Aquatic System, Chapter 1 Microbial Ecological Function in Migration of Radionuclides in Groundwater, Springer, 2020年, 202002, 単行本(学術書), 共著, English, Kenji Kato, Kazuyo Nagaosa, Takeshi Kinoshita, Chie Katsuyama, Tamara N. Nazina, Toshihiko Ohnuki, and Stepan N. Kalmykov, 225, 1-34