濱田 邦裕Kunihiro Hamada

Last Updated :2024/02/02

所属・職名
大学院先進理工系科学研究科 教授
メールアドレス
hamadanaoe.hiroshima-u.ac.jp

基本情報

学位

  • 博士(工学) (東京大学)

教育担当

  • 【学士課程】 工学部 : 第一類(機械・輸送・材料・エネルギー系) : 輸送システムプログラム
  • 【博士課程前期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 輸送・環境システムプログラム
  • 【博士課程後期】 先進理工系科学研究科 : 先進理工系科学専攻 : 輸送・環境システムプログラム

研究分野

  • 工学 / 総合工学 / 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 造船
  • 海洋
  • 設計
  • 生産
  • 物流
  • システム工学
  • 情報技術

教育活動

授業担当

  1. 2023年, 教養教育, 4ターム, 乗り物と輸送の科学
  2. 2023年, 学部専門, セメスター(後期), 輸送システム工学プロジェクト
  3. 2023年, 学部専門, 3ターム, 大規模システム計画学
  4. 2023年, 学部専門, 2ターム, 輸送機器論III
  5. 2023年, 学部専門, 通年, 卒業論文
  6. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  7. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 輸送・環境システム特別演習A
  8. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 輸送・環境システム特別演習B
  9. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 輸送・環境システム特別演習B
  10. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 輸送・環境システム特別研究
  11. 2023年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, システム計画学特論
  12. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 輸送・環境システム特別研究
  13. 2023年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 輸送・環境システム特別研究

教育に関する受賞

  • 2014年08月30日, Best Presentation Award, 日本工学教育協会, アジアからの工学系留学生修士プログラムの開発と運営

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. CADと設計の最新動向, 日本船舶海洋工学会誌, 105巻, pp. 33-38, 202211
  2. 2022年度 秋季全国大会報告, 溶接学会誌, 91巻, 8号, pp. 47-50, 20221205
  3. 秋季全国大会を前にして-水の都 松江へようこそ-, 溶接学会誌, 91巻, 3号, pp. 3-4, 20220405
  4. Comprehensive Evaluation of Vessel Movement Data Reliability, Proceedings of The 9th International Conference on Transportation & Logistics, 20220918
  5. Development of a Shipping Market Forecasting System Using Vessel Movement Data and its Practical Application, Proceedings of the 20th International Conference on Computer Applications in Shipbuilding (ICCAS2022), 20220913
  6. An expanded application of Basic Ship-Planning Support System using Big Data in Maritime Logistics for Panamax and Capesize Dry Bulk Carriers, Proceedings of the 20th International Conference on Computer Applications in Shipbuilding (ICCAS2022), 20220913
  7. 海上物流ビッグデータを用いた ケープサイズバルカー市況の予測に関する研究, 海運経済研究, 56巻, pp. 1-9, 202209
  8. Automatic Detection of Floating Macroalgae via Adaptive Thresholding Using Sentinel-2 Satellite Data with 10 m Spatial Resolution, REMOTE SENSING, 15巻, 8号, 202304
  9. Reconstruction of horizontal tidal current fields in a shallow water with model-oriented coastal acoustic tomography, FRONTIERS IN MARINE SCIENCE, 10巻, 20230203
  10. Automated Pipe Routing Optimization for Ship Machinery, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND APPLICATION, 21巻, 2号, pp. 170-178, 202206
  11. Study on Shipbuilding Worker’s Operation Classification Using Machine Learning with Minimal Sensor Modules, Proc. of TEAM 2020/21, 20211206
  12. An Integrated Simulation of Shipping Market and Ship Operation Model to Study Future Strategy of GHG Zero Emission Vessels, Proc. of 29th Conference of the International Association of Maritime Economists (2021 IAME Conference), 20211125
  13. Long-Term Ship Position Prediction Using Automatic Identification System (AIS) Data and End-to-End Deep Learning, Proc. of 29th Conference of the International Association of Maritime Economists (2021 IAME Conference), 20211125
  14. Enhancement of a ship basic planning support system by using maritime logistics big data and its application to basic planning of bulk carrier,, Proc. of International Conference on Ships and Offshore Structures (ICSOS 2021), 20210906
  15. 海運におけるAI・ビッグデータの活用-AIと海上物流ビッグデータによる海運市況の予測-, 日本船舶海洋工学会誌, 97巻, pp. 46-50, 20210710
  16. システムズ分析による新たなビジネスイメージの具体化, 超⾼精度船体構造デジタルツインの 研究開発(フェーズ2) 2020年度 成果報告書 ⽇本船舶技術研究協会, pp. 187-221, 20210701
  17. ★, 海事産業のための船舶製品情報共有基盤SPEEDSの提案, 日本船舶海洋工学会論文集, 34巻, pp. 171-184, 20211210
  18. Shipbuilding capacity optimization using shipbuilding demand forecasting model, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 27巻, 1号, pp. 522-540, 20220301
  19. Basic Ship-Planning Support System Using Big Data in Maritime Logistics for Simulating Demand Generation, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND ENGINEERING, 10巻, 2号, 20220129
  20. Long-Term Ship Position Prediction Using Automatic Identification System (AIS) Data and End-to-End Deep Learning, SENSORS, 21巻, 21号, 20211130
  21. Optimization of Module Arrangement in Ship Engine Room, JOURNAL OF SHIP PRODUCTION AND DESIGN, 37巻, 1号, pp. 54-66, 20210217
  22. Evaluation of GHG Emission Measures Based on Shipping and Shipbuilding Market Forecasting, SUSTAINABILITY, 13巻, 5号, 20210304
  23. 価値を産み出す-システムズアプローチによる船体構造DTの社会実装の検討-, 日本船舶海洋工学会誌, 94巻, pp. 38-43, 20210110
  24. Evaluation of GHG emission measures based on shipping and shipbuilding market forecasting, Proc. of the 8th International Conference on Transportation and Logistics (T-LOG 2020), 20200906
  25. Evaluation of AIS data and port calling data using ship operation data of a shipping company, 28th Annual Conference of the International Association of Maritime Economists, 20200610
  26. システムズアプローチによる船体構造 DT の社会実装の検討, 超⾼精度船体構造デジタルツインの 研究開発 2019年度 成果報告書 ⽇本船舶技術研究協会, pp. 23-58, 2020
  27. P-50 造船業における最新IoT技術の利用検討に関する研究委員会報告, 日本船舶海洋工学会誌, 89巻, pp. 37, 2020
  28. Shipping Market Forecasting Using Deep Learning and Big Data of Maritime Logistics, Proc. of TEAM2019, pp. 88-93, 20191014
  29. A Study on Reliability of Ship Movement Data, Proc. of TEAM2019, pp. 58-63, 20191014
  30. The Development of SPEEDS (Smart Platform of Enhanced Engineering Data for Shipping and Shipbuilding) and innovative use of ship 3D data across borders using CADs, Proc. of ICCAS2019, pp. CD-ROM-CD-ROM, 20190922
  31. Development of Basic Planning Support System Using Marine Logistic Big Data and its Application to Ship Basic Planning,, Proc. of PRADS2019, pp. CD-ROM-CD-ROM, 20190922
  32. Development of automatic nesting system for shipbuilding using the branch-and-bound method, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 24巻, 2号, pp. 398-409, 20190601
  33. Development of the Basic Planning Support System for Tanker using Marine Logistics Big Data, Proc. of TEAM2018, pp. 543-550, 20181015
  34. A system dynamics model for shipbuilding demand forecasting, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 23巻, 2号, pp. 236-252, 20180601
  35. Development of Ship Allocation Models Using Marine Logistics Data and Its Application to Bulk Carrier Demand Forecasting and Basic Planning Support, 日本船舶海洋工学会論文集, 27巻, pp. 139-148, 20180601
  36. Optimization of part arrangement in engine room, Proc. of COMPIT2018, 1巻, pp. 163-175, 20180514
  37. DESIGN OPTIMIZATION OF PIPING ARRANGEMENTS IN SERIES SHIPS BASED ON THE MODULARIZATION CONCEPT, INTERNATIONAL JOURNAL OF TECHNOLOGY, 9巻, 4号, pp. 675-685, 201807
  38. Optimization of piping system arrangement in series ships using the modularization concept, Proc. of International Conference on Ship and Offshore Technology, 1巻, pp. 1-9, 20171114
  39. A Study on the Improvement and Application of System Dynamics Model for Demand Forecasting of Ships, Proc. of International Conference on Computer Applications in Shipbuilding, 1巻, pp. 51-60, 20170926
  40. A Study On The Support System Of Ship Basic Planning By Using Marine Logistics Big Data, Proc. of International Conference on Computer Applications in Shipbuilding, 1巻, pp. 61-68, 20170926
  41. The Concept of SPEEDS (Smart Platform of Enhanced Engineering Data for Shipping and Shipbuilding) and innovative use of ship 3D data, Proc. of International Conference on Computer Applications in Shipbuilding, 2巻, pp. 103-111, 20170926
  42. 不確定性を考慮した配船計画の最適化に関する研究, 日本航海学会論文集, 135巻, pp. 83-96, 20161225
  43. 複雑ネットワーク理論を用いた海上輸送ネットワークの最適化手法に関する研究, 日本航海学会論文集, 135巻, pp. 97-107, 20161225
  44. 製造現場におけるトータルステーションの計測精度と構造物の精度管理に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 24巻, pp. 299-308, 20161201
  45. P-40 船舶3D製品情報の共有と高度利用のための標準フォーマットの策定研究委員会 研究報告, 日本船舶海洋工学会誌, 69巻, pp. 61-61, 20161100
  46. Development of marine logistic database using Automatic Identification System (AIS) and statistical data, Proc. of the 30th Asian-Pacific Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structures, pp. 395-402, 20161010
  47. 工場内におけるTLSを用いた船体部材の溶接変形量の抽出と計測精度, 応用測量論文集, 27巻, pp. 119-130, 20160701
  48. Make or buy analysis model based on tolerance allocation to minimize manufacturing cost and fuzzy quality loss, Joint Conference of 2nd IMEC & 3rd APCOMS 2015, 114巻, pp. 012082, 20151112
  49. A variation reduction allocation model for quality improvement to minimize investment and quality costs by considering suppliers' learning curve, Joint Conference of 2nd IMEC & 3rd APCOMS 2015, 114巻, pp. 12083, 20151112
  50. Make or buy decision model with multi-stage manufacturing process to minimize manufacturing cost and quality loss, ICEVT and IMECE International Conference 2015, pp. 189-193, 20151104
  51. Accuracy control of hatch cover using precise measurement technique, Proceedings of the International Conference on Computer Applications in Shipbuilding 2015, 2巻, pp. 105-114, 20150929
  52. A study on system dynamics model for the demand forecasting of shipbuilding, Proceedings of the 12th International Marine Design Conference (IMDC2015), 2巻, pp. 167-182, 20150521
  53. Precision Measurement for the grasp of Welding Deformation Amount of Time Series for Large-scale Industrial Products, Proc. of Joint Workshop with ISPRS WG IV/7 and WG V/4, INDOOR-OUTDOOR SEAMLESS MODELLING, MAPPING AND NAVIGATION, pp. 153-157, 20150521
  54. Developing a plant system prediction model for technology transfer, INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION ECONOMICS, 166巻, pp. 119-128, 201508
  55. 溶接工程における熱変形をともなう船体部材の精密3次元計測, 応用測量論文集, 26巻, pp. 55-65, 2015
  56. Shape Optimization System of Bottom Structure of Ship Incorporating Individual Mesh Subdivision and Multi-Point Constraint, INTERNATIONAL JOURNAL OF OFFSHORE AND POLAR ENGINEERING, 21巻, 3号, pp. 209-215, 201109
  57. 大学における技術者教育の変化:広島大学の取組事例, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 4号, pp. 193-194, 20070524
  58. 船体中央断面の構造最適設計に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 3巻, pp. 131-132, 20061101
  59. 船体構造の形状最適設計に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 3巻, pp. 141-142, 20061101
  60. 有限要素内部の密度分布を制御したトポロジー最適化, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 1巻, pp. 321-324, 20051101
  61. 設計変数の不確定性を有する構造最適設計に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 1巻, pp. 325-328, 20051101
  62. ニューラルネットワークを用いた防撓パネルの変位および応力の予測に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 1巻, pp. 333-336, 20051101
  63. 船体構造最適化システムを利用した造船設計プロセスのシミュレーション, 日本機械学会第12回設計工学・システム部門講演会講演論文集, 15巻, 1号, pp. 400-401, 20050801
  64. 溶接施工におけるジョイントデザインの重要性-統合ジョイント設計支援システムの開発を通じて-, 溶接構造シンポジウム2004,溶接学会, pp. 351-354, 20041101
  65. 構造評価のためのニューラルネットワークの構築と構造最適設計, 日本機械学会第14回設計工学・システム部門講演会, 04巻, 38号, pp. 231-234, 20041101
  66. 統合ジョイント設計支援システムの開発(その3)-システムの設計支援効果の検討-, 溶接学会全国大会講演概要, 75号, pp. 126-127, 20040901
  67. 統合ジョイント設計支援システムの開発(その4)-システムにおける接合設計知識のマネジメント手法の検討-, 溶接学会全国大会講演概要, 75号, pp. 126-127, 20040901
  68. 広島大学次期学生情報システム構築に関する基礎的研究 -学習支援システム導入のための調査・検討-, 平成16年度 工学・工業教育研究講演会講演論文集, pp. 455-456, 20040701
  69. 広島大学工学部第4類環境グループにおける授業改善システムの構築とその効果, 平成16年度 工学・工業教育研究講演会講演論文集, pp. 171-172, 20040701
  70. 広島大学工学部第4類環境グループにおける授業改善システムの構築とその効果, 平成16年度 工学・工業教育研究講演会講演論文集, pp. 171-172, 20040701
  71. 知識総括型PBLの教育効果および教育改善効果の考察, 平成16年度 工学・工業教育研究講演会講演論文集, pp. 385-386, 20040701
  72. 複数の造船所による共同生産を考慮した造船の中日程計画の多目標最適化システムに関する研究, 日本造船学会講演会論文集, 2号, pp. 49-50, 20031101
  73. 創成型設計・製作プロジェクト"Paper Bicycle Project"の試み, 日本機械学会第12回設計工学・システム部門講演会講演論文集, pp. 419-422, 20021101
  74. 統合ジョイント設計支援システムの開発(その1)-システムにおける設計プロセスの枠組-, 溶接学会全国大会講演概要, 71巻, pp. 94-95, 20021001
  75. 統合ジョイント設計支援システムの開発(その2)-鉄道台車を例題としたプロトタイプ・システムの構築-, 溶接学会全国大会講演概要, 71巻, pp. 96-97, 20021001
  76. Ship inspection support system using a product model, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 6巻, 4号, pp. 205-215, 2002
  77. 接合情報の情報モデルの構造と設計機能による情報生成のモデル化, 溶接学会全国大会講演概要, 69巻, pp. 430-431, 20011001
  78. 統合ジョイント・デザイン序説, 溶接学会全国大会講演概要, 69巻, pp. 438-439, 20011001
  79. 没水平板を利用した波エネルギー吸収型メガフロートに関する研究, 第16回海洋工学シンポジウム, pp. 255-262, 20010701
  80. 創成型設計製作プロジェクト"Paper Bicycle Project"の実施, 平成13年度工学工業教育研究講演会講演論文集, pp. 299-302, 20010701
  81. Inherent damage zone model for strength evaluation of small fatigue cracks, ENGINEERING FRACTURE MECHANICS, 68巻, 4号, pp. 455-473, 200103
  82. 設計・生産システムにおける溶接・接合情報の生成・利用手法に関する基礎研究-第一報 統合ジョイント設計支援システムの提案と基本仕様-, 溶接学会全国大会講演概要, 67巻, pp. 4-5, 20000901
  83. 設計・生産システムにおける溶接・接合情報の生成・利用手法に関する基礎研究-第二報 統合ジョイント設計支援システムのフレームワーク-, 溶接学会全国大会講演概要, 67巻, pp. 6-7, 20000901
  84. 生産システムにおける溶接作業情報の生成手法に関する研究, 溶接学会全国大会講演概要, 65巻, pp. 470-471, 19991101
  85. Development of the Basic Planning Support System for Tanker using Marine Logistics Big Data, Proc. of TEAM2018, pp. 543-550, 20181015
  86. Optimization of part arrangement in engine room, Proc. of COMPIT 2018, 1巻, pp. 163-175, 20180514
  87. ワイルドカードGAを利用した船舶設計プロセスの最適化に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 20号, pp. 231-242, 20141201
  88. SDモデルを利用したバルクキャリアの需要予測に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 19巻, pp. CD-ROM-CD-ROM, 20141121
  89. Improvement of automatic nesting system for shipbuilding by using heuristic rules, Proceedings of the 28th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 464-471, 20141013
  90. Development of system dynamics model for the demand forecasting of ships in consideration of short-term changes, Proceedings of the 28th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 522-527, 20141013
  91. Optimization Models for Deriving Optimum Target of Key Characteristics, Journal of Advanced Manufacturing Systems, 13巻, 2号, pp. 89-101, 20140601
  92. A Study on the Optimization of Ship Design Process using WildCard GA,, International Conference on Computer Applications in Shipbuilding 2013, pp. 73-82, 20130927
  93. Development of system dynamics model for the demand forecasting of ships, Proceedings of APCOSEC2013, pp. CD-ROM, 20130908
  94. 次世代造船システムの構想設計, 日本船舶海洋工学会誌, 46巻, pp. 4-5, 20130110
  95. Development of automatic nesting system for shipbuilding, Proceedings of the 26th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 239-243, 20120903
  96. Development of the design support system for ship principal particulars with interface information, Proceedings of the 26th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 245-250, 20120903
  97. A multicriteria incubatees selection model by considering investor orientation, Proceedings of the 11th International Conference on Industrial Management, pp. 437-444, 20120829
  98. The application of periodic review (R, T) inventory policy in partner selection under stochastic demand and lead time, Asia-Pacific Journal of Industrial Management, 3巻, 1号, pp. 22-45, 20120401
  99. 降伏及び座屈応力を考慮した船体二重底部構造最適化に関する研究-船体二重底形状と板厚を設計変数とした構造最適化における構造的考察-, 日本船舶海洋工学会論文集, 14号, pp. 1-8, 20111201
  100. A study on design support system for ship principal particulars in consideration of uncertainties, Proceedings of the 25th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure , pp. 1-8, 20110926
  101. Optimization of Block Division considering Information Uncertainty, Proceedings of the International Conference on Computer Applications in Shipbuilding 2011, 3号, pp. 23-30, 20110920
  102. Shape and Size Optimization of the Double Bottom Structure of Bulk Carrier at the Initial Design Stage with Finite Element Analysis, Proceedings of the Twenty-first (2011) International Offshore and Polar Engineering Conference, pp. 839-844, 20110619
  103. 製品情報の不確定性を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 13号, pp. 239-248, 20110601
  104. Quantifying the Technology Level of Production System for Technology Transfer, Industrial Engineering and Management Systems, 10巻, 2号, pp. 97-103, 20110601
  105. Quantifying the Technology Level of Production System for Technology Transfer, The 11th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, pp. CD-ROM, 20101207
  106. Research on the ITOC Based Scheduling System for Ship Piping Production, Journal of Marine Science and Application, 9巻, 4号, pp. 355-362, 20101201
  107. Development of a theory of constraints based scheduling system for ship piping production, Journal of Shanghai Jiaotong University (Science), 15巻, 3号, pp. 354-362, 20100601
  108. 3Dプロダクトモデルを利用した船体中央横断面の総合的最適化に関する研究- 既存船舶情報に基づいた構造最適設計 -, 日本船舶海洋工学会論文集, 11号, pp. 81-88, 20100601
  109. Component Commonality Strategies to Achieve Mass Customization: When a Strategy Becomes Better than the Others?, ASOR Bulletin, 29巻, 2号, pp. 27-54, 20100601
  110. トポロジー最適化を用いたブリッジウイングの防振設計に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 10号, pp. 205-212, 20091201
  111. A Multi-Step Design Optimization Method for Mid-Ship Sections, Ship Technology Research, 56号, pp. 110-120, 20090701
  112. Optimization of Block Division Using Nodal Cut Set Method, Ship Technology Research, 56号, pp. 142-152, 20090701
  113. 船舶初期設計プロセスを対象とした設計プロセスシミュレータの開発, 日本船舶海洋工学会論文集, 9号, pp. 211-222, 20090601
  114. An analysis of transportation demand on GMS network in consideration of error factors, 日本航海学会論文集, 120号, pp. 145-155, 20090301
  115. Partner selection with dynamic pricing under uncertainty condition in the global marketplace, Proceedings of the 9th Asia-Pacific Industrial Engineering & Management System Conference, pp. 944-956, 20081204
  116. 解析手法の精度を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 8号, pp. 265-272, 20081201
  117. 部材認識機能を利用した船体構造の形状最適化システムに関する研究-船体構造二重底部の形状最適化-, 日本船舶海洋工学会論文集, 8号, pp. 273-281, 20081201
  118. A quantitative model of partner selection by considering demand uncertainty, Proceesing of the Ninth International Conference on Industrial Management, pp. 307-316, 20080917
  119. 船首尾部のロンジ配置最適化に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 7号, pp. 81-88, 20080601
  120. 独立要素分割と多点拘束を利用した船体構造二重底部の形状および寸法最適設計に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 7号, pp. 89-96, 20080601
  121. Multi-step Optimization Method and its Application to the Design of Mid-ship Section of Ship Structure, Proceedings of Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM 2007), pp. CD-ROM, 20071203
  122. A Study on Size and Thickness Optimizations for the Bottom Structure of Ship, Proceedings of Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on the Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science (APCOM 2007), pp. CD-ROM, 20071203
  123. Optimization System of Block Division Using Genetic Algorithm and Product Model, 日本船舶海洋工学会論文集, 6号, pp. 109-118, 20071201
  124. ニューラルネットワークを用いた防撓パネルの変位及び応力の予測, 日本船舶海洋工学会論文集, 6号, pp. 351-359, 20071201
  125. 船体中央断面最適設計の実用化と高速最適化システムの開発に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, 6号, pp. 141-149, 20071201
  126. A study on Transportation Network in Greater Mekong Subregion, Proceedings of the 21th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 357-364, 20070910
  127. 東アジア圏との国際貨物輸送機器分担に関する一考察, 日本船舶海洋工学会論文集, 5号, pp. 63-69, 20070601
  128. 要求分析と設計プロセス分析に基づく接合設計支援システムの構築, 溶接学会論文集, 25巻, 2号, pp. 286-297, 20070501
  129. ジョイント統合設計支援システムの情報構造と情報処理手法の検討, 溶接学会論文集, 25巻, 2号, pp. 298-308, 20070501
  130. Shape optimization of ship structure by multiple point constraint and individual mesh sub-division techniques, Proceedings ofSecond International Conference on Computational Methods, pp. CD-ROM, 20070404
  131. Development of optimal structure design system for mid-ship section, Proceedings ofSecond International Conference on Computational Methods, pp. CD-ROM, 20070404
  132. Optimization System for Ship Assembling Hierarchy Using Genetic Algorithm and Product Model, Proceedings of the 20th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, 20巻, pp. 220-227, 20061001
  133. Multi Objective Optimization for the Master Plan of Cooperative Assembling with Several Shipyards including Planning Risk as Objective, Proc. of the 4th International EuroConference on Computer Applications and Information Technology in the Maritime Industries, pp. 166-180, 20050501
  134. Neural Network System with Lead Factors as Alternative Method for Structure Analysis by Finite Element Method, International Conference on Computational Methods, pp. 867-875, 20041201
  135. 有限要素法の特性を考慮したポスト処理による応力解の高精度化に関する研究, 西部造船会会報, 108号, pp. 225-234, 20040801
  136. 有限要素法に基づいた構造評価用ニューラルネットワークも構築とばら積貨物船の横強度の最適設計への利用, 西部造船会々報, 106号, pp. 217-228, 20030801
  137. Comparative Analysis of Shipbuilding Industries among Japan and Southeast Asian Nations, 西部造船会会報, 106号, pp. 99-113, 20030801
  138. Multi Objective Optimization for the Master Plan of Cooperative Assembling with several Shipyards, Proc. of the 2nd International EuroConference on Computer Applications and Information Technology in the Maritime Industries, pp. 118-132, 20030401
  139. ズーミング境界に応力再解析式を用いた構造最適設計に関する研究, 西部造船会会報, 105号, pp. 275-281, 20030301
  140. 有限要素解析に基づいた構造評価用ニューラルネットワークの構築とコンテナ船の最適設計への利用, 日本造船学会論文集, 192号, pp. 661-668, 20021201
  141. 知識総括型PBL ”Paper Bicycle Project”の試み, 工学教育, 50巻, 6号, pp. 57-63, 20021101
  142. Master-Planning Optimization System for Cooperative Assembling with several Shipyards, Proceedings of the 11th International Conference on Computer Applications in Shipbuilding,Malmo= Sweden, pp. 397-412, 20020901
  143. 造船所間の協調を考慮した生産計画支援システムに関する研究, 西部造船会会報, 104号, pp. 229-239, 20020801
  144. Master Planning Optimization System for Cooperative Ship Assembling, Transactions of West-Japan Society of Naval Architects, 104号, pp. 241-256, 20020801
  145. 製品モデルを利用した船体検査支援システムに関する研究-第3報 検査の不確実性を考慮した船体検査支援システムの提案-, 日本造船学会論文集, 190号, pp. 439-447, 20011201
  146. Approach to Joint Design Supporting System, Proc of 7th Int. Welding Symposium, 1巻, pp. 235-240, 20011101
  147. Welding Joint Model with Considering of its Corrosion to Simulate Life-cicle of Large Scale Welded Structure, Proc of 7th Int. Welding Symposium, 1巻, pp. 229-234, 20011101
  148. 製品モデルを利用した船体検査支援システムに関する研究-第2報 検査情報獲得支援のための簡易入力システムの構築-, 日本造船学会論文集, 188号, pp. 409-418, 20001201
  149. Study of a simple sensor for stress history measurements of a structural member using a piezoelectric element, Journal of Marine Science and Technology, 5巻, 1号, pp. 40-47, 20001001
  150. 構造物の長期応力度モニタリングのための高感度犠牲試験片の開発, 日本造船学会論文集, 187号, pp. 355-364, 20000601
  151. Study on Welding Models in Shipbuilding CIM, Proc of the 10th Int. Offshore and Polar Engineering Conf., 4巻, pp. 464-471, 20000501
  152. 領域被害モデルに基づく微小疲労き裂の強度評価に関する研究, 日本機械学会論文集, 66巻, 664号, pp. 768-775, 20000401
  153. 圧電素子による構造物の簡易応力履歴計測に関する研究(第2報 圧電素子の取付に関する検討), 日本造船学会論文集, 186号, pp. 343-350, 19991201
  154. 製品モデルを利用した船体検査支援システムに関する研究-第1報 船体検査シミュレータの構築-, 日本造船学会論文集, 186号, pp. 611-619, 19991201
  155. 生産システムにおける溶接作業情報の生成手法に関する研究, 溶接学会論文集, 17巻, 4号, pp. 508-518, 19991101
  156. 概念設計支援のための柔軟な製品モデルに関する研究, 西部造船会会報, 98号, pp. 181-192, 19990801
  157. Modeling of Production Scheduling and Development of Shipyard Simulator, Proc of the 10th Int. Conf. on Computer Applications in Shipbuilding, 1巻, pp. 247-261, 19990701
  158. 柔軟な統合化設計・生産システムのためのフレームワークに関する研究, 西部造船会会報, 97号, pp. 187-200, 19990301
  159. 構造物の疲労損傷予知のための犠牲試験片の開発(第2報), 日本造船学会論文集, 184号, pp. 333-341, 19981201
  160. 圧電素子による構造物の簡易応力履歴計測に関する研究, 日本造船学会論文集, 184号, pp. 343-350, 19981201
  161. Development of sacrificial specimen for fatigue damage prediction of structures, Proc of the 8th International Offshore and Polar Engineering Conference, 4巻, pp. 367-374, 19980501
  162. Inspection Planning Using Genetic Algorithm for Fatigue Deteriorating Structure, Proc of the 8th International Offshore and Polar Engineering Conference, 4巻, pp. 461-468, 19980501
  163. 構造物の疲労損傷予知のための犠牲試験片の開発, 日本造船学会論文集, 182号, pp. 705-713, 19971201
  164. Inspection Planning of Fatigue Deteriorating Structures Using Genetic Algorithm, 日本造船学会論文集, 182号, pp. 729-739, 19971201
  165. Basic Studies on Design Supporting System for Offshore Structures, Proc of the 9th Int. Conf. on Computer Applications in Shipbuilding, 1巻, pp. 143-157, 19971001
  166. 板骨構造物を対象とした製品モデルの表現方法に関する研究, 東京大学(博士論文), 19970301
  167. 造船の設計支援システムの部品化に関する研究, 日本造船学会論文集, 180号, pp. 631-643, 19961201
  168. 海洋構造物を対象とした設計支援システムに関する基礎的研究-(その2)海洋構造物の構造設計支援システムの構築-, 日本造船学会論文集, 180号, pp. 621-629, 19961201
  169. 海洋構造物を対象とした設計支援システムに関する基礎的研究, 日本造船学会論文集, 178号, pp. 739-748, 19951201
  170. 関係情報の記述による船体構造の設計法に関する基礎的研究, 日本造船学会論文集, 177号, pp. 313-326, 19950601
  171. 殻艤一体の設計・生産を目的とした配管モデルの研究-造船CIMのための設計・生産情報獲得支援システムの構築(その7)-, 日本造船学会論文集, 174号, pp. 661-671, 19931201
  172. 製品情報の不確定性を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究, 日本船舶海洋工学会誌, 43号, pp. 4-4, 2012
  173. 造船における情報技術のこれまでと今後, 日本船舶海洋工学会誌, 34号, pp. 24-25, 2011
  174. Development of Design Support System for ship in Consideration of Uncertainty in Product Information, Proceedings of the 9th International Conference on Computer and IT Applications in the Maritime Industries, pp. 90-98, 2010
  175. Structural Optimization of the Mid-ship Section of a Bulk Carrier with Aid of a Three-Dimensional Product Model, 6th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems, pp. CD-ROM, 2010
  176. The Application of Periodic Review (R, T) Inventory Policy in Partner Selection under Stochastic Demand and Leadtime, Proceedings of the Tenth International Conference on Industrial Management (ICIM2010), pp. CD-ROM, 2010
  177. 広島大学大学院工学研究科における大学院教育の国際化, 溶接学会誌, 79巻, 3号, pp. 58-61, 2010
  178. 学生を育てるしくみ―PBL実践のための教育システムの構築, 日本船舶海洋工学会誌, 32号, pp. 2-8, 2010
  179. A Study on Design Support System for Ship Principal Particulars in Consideration of the Accuracies of the Analyses, Proceedings of the 8th International Conference on Computer and IT Applications in the Maritime Industries, pp. 29-37, 2009
  180. A Design Optimization Method for Bridge Wing of Bulker Improving Anti-Vibration Characteristics, Proceedings of the 8th International Conference on Computer and IT Applications in the Maritime Industries, pp. 238-246, 2009
  181. Shape Optimization of Double Bottom Structure in Cooperation with Individual Mesh Sub-division and Multi-point Constraint, Proceedings of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, pp. 714-719, 2009
  182. Optimization of Block Division using Nodal Cut Set Method in Consideration of Production Stages in Ship Hull Construction, Proceedings of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, pp. 787-794, 2009
  183. Development of Design Process Simulator for the Ship Initial Design Stage, Proceedings of the International Conference on Computer Applications in Shipbuilding 2009, 2巻, pp. 27-37, 2009
  184. Development of Scheduling System for Piping Factory by the use of TOC and Production Model, Proceedings of the International Conference on Computer Applications in Shipbuilding 2009, 3巻, pp. 231-240, 2009
  185. Optimization of Arrangement of Longitudinal Stiffeners on Shell Plate at Fore and Aft Parts of Ships, Proceedings of the 7th International Conference on Computer and IT Applications in the Maritime Industries , pp. 329-337, 2008
  186. A study on Robust Optimization of Principal Particulars, Proceedings of the 22th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 401-406, 2008
  187. Development of Logistics Simulation System by Petri Net, Proceedings of the 22th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structure, pp. 208-215, 2008
  188. Multi-step Optimization Method and its Application to the Design of Mid-ship Section of Ship Structure, Proceedings of the 3rd Pan Asian Association of Maritime Engineering Societies (PAAMES) meeting and The Advance Maritime Engineering Conference, pp. CD-ROM, 2008
  189. Optimization System of Block Construction Using Genetic Algorithm and Joint Hierarchy Chromosome, Proceedings of the 1st Regional Conference in Manufacturing Engineering, Manila, pp. CD-ROM, 2008
  190. 「国境を超えるエンジニア」教育プログラム, 日本船舶海洋工学会誌, 2号, pp. 44-48, 2005
  191. 創成型設計製作プロジェクト"Paper Bicycle Project"の試み, 機械の研究, 55巻, 1号, pp. 202-210, 2003
  192. 統合ジョイント設計支援システムの開発, 溶接学会誌, 71巻, 3号, pp. 42-47, 2002
  193. 広島大学における物作り教育の試み, 日本造船学会誌, 866号, pp. 94-97, 2002
  194. A NEW TYPE VLFS USING SUBMERGED PLATES : SUB-PLATE VLFS -Part 1 Basic Concept of System, Proceedings of 20th International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering, pp. CD-ROM, 2001
  195. 統合ジョイント設計支援システムの提案, 溶接学会誌, 70巻, 3号, pp. 19-22, 2001
  196. 製品モデルを利用した船体検査支援システムに関する研究, 船の科学, 54巻, 11号, pp. 38-39, 2001
  197. Propagation and Non-Propagation of Small Fatigue Cracks, Proceedings of the 10th International Offshore and Polar Engineering Conference, 4巻, pp. 180-187, 2000
  198. Inherent Damage Zone Model for Strength Evaluation of Small Fatigue Cracks, Proceedings of the 13th Asian Technical Exchange and Advisory Meeting on Marine Structures, pp. 223-232, 1999
  199. Development of Shipyard Simulator based on Petri Nets, Class NK Technical Bulletin, 17巻, pp. 1-15, 1999
  200. 設計・生産システムにおける溶接作業情報の生成と利用, 溶接技術, 47巻, 1号, pp. 66-76, 1999

著書等出版物

  1. 1999年01月, 設計・生産システムにおける溶接作業情報の生成と利用 , 溶接技術 Vol.47=No.1,日本溶接協会, 1999年, 01, 単行本(学術書), 共著, 濱田 邦裕 野本敏治 , 11
  2. 2000年08月, 知能化に向けた溶接作業のモデル化と工程設計 , 平成12年度溶接工学夏季大学教材, 2000年, 08, 単行本(学術書), 単著, 濱田 邦裕 , 20
  3. 2001年04月, 統合ジョイント設計支援システムの提案 , 溶接学会誌,Vol.70,No.3, 2001年, 04, 単行本(学術書), 共著, 青山和浩 濱田 邦裕 , 6
  4. 2001年11月, 製品モデルを利用した船体検査支援システムに関する研究(第1報,第2報) , 船の科学 Vol.54=No.11,船舶技術協会, 2001年, 11, 単行本(一般書), 単著, 濱田 邦裕 , 2
  5. 2002年04月, 統合ジョイント設計支援システムの開発 , 溶接学会誌,Vol.71,No.3, 2002年, 04, 単行本(学術書), 共著, 濱田 邦裕 武市祥司 , 6
  6. 2002年03月, 広島大学における物作り教育の試み , 日本造船学会誌,No.866, 2002年, 03, 単行本(一般書), 共著, 濱田 邦裕 藤久保 昌彦 , 4
  7. 2003年01月, 創成型設計製作プロジェクト"Paper Bicycle Project"の試み, , 機械の研究,Vol.55,No.1,養賢堂, 2003年, 01, 単行本(学術書), 共著, 濱田 邦裕 藤久保 昌彦 , 9
  8. 2008年03月, ものづくり技術・技能の伝承と海外展開, 日刊工業新聞社, 2008年, 03, 共編著, 209
  9. 2013年, Manufacturing Technology Transfer, CRC Press, 2013年, 教科書, 共著, 216, 21

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 船体構造デジタルツインが 海事産業に価値を生み出すために, 濱田邦裕, 海事産業の DX 実現に向けてー船体構造デジタルツインの研究開発 成果報告ー, 2022年03月08日, 招待, 日本語, 日本船舶技術研究協会, 東京(ウェビナー)
  2. 価値を⽣み出す 〜システムズアプローチによる船体構造デジタルツインの社会実装の検討〜, 濱田邦裕, 満⾏ 泰河, 船体構造デジタルツインに関する技術セミナー ~社会実装に向けての コンセプト検討と要素技術開発 ~, 2020年02月10日, 招待, 日本語, (一財)日本船舶技術研究協会, 東京
  3. インドネシアにおけるヒューマンネットワークの構築 ー広島大学の取り組みー, 濱田邦裕,肥後靖, 広島インドネシア協会 講演会, 2020年01月28日, 招待, 日本語, 広島インドネシア協会, 広島
  4. 海事産業における情報活用の可能性について, 濱田邦裕, 2020年初春講演会, 2020年01月17日, 招待, 日本語, 中国地区船舶関係技術懇談会, 広島
  5. 追跡的3次元計測を用いた船舶建造ブロック精度向上, 濱田邦裕, 令和元年度 一般財団法人日本造船技術センター 技術セミナー, 2019年11月11日, 招待, 日本語, 一般財団法人 日本造船技術センター(SRC), 広島市
  6. 設計・生産システムにおける溶接作業情報の生成と利用, 濱田 邦裕, シンポジウム「生産加工システムと最適化」基調講演,溶接学会, 1998年11月, 招待, 日本語
  7. 生産システムにおける溶接作業情報の生成手法に関する研究, 濱田 邦裕, 溶接学会全国大会,論文賞受賞講演, 2000年09月, 招待, 日本語
  8. 知能化に向けた溶接作業のモデル化と工程設計, 濱田 邦裕, 平成12年度溶接工学夏季大学,溶接学会, 2000年07月, 招待, 日本語
  9. 創成教育とハードウェア製作, 濱田 邦裕, 日本機械学会2003年度年次大会ワークショップ「創成型教育科目の課題と実践」, 2003年08月, 招待, 日本語
  10. 造船情報システムの現状と今後, 濱田 邦裕, シンポジウム「造船における情報活用技術の現状と展望」基調講演,関西造船協会, 2004年11月, 招待, 日本語
  11. 溶接・接合設計の情報化・システム化, 濱田 邦裕, 溶接技術奨励賞受賞記念講演, 2008年03月, 招待, 日本語
  12. 製品情報の不確定性を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究, 濱田 邦裕, 日本船舶海洋工学会春季講演会,論文賞受賞講演, 2012年05月, 招待, 日本語
  13. A study on system dynamics model for the demand forecasting of shipbuilding, Y. Wada, K. Hamada, N. Hirata, Y. Ishihara, M.D Arifin, K. Seki, 12th International Marine Design Conference, 2015年05月11日, 通常, 英語, International Marine Design Conference, Tokyo
  14. Precision Measurement for the grasp of Welding Deformation Amount of Time Series for Large-scale Industrial Products, Ryogo Abe, Kunihiro Hamada, Noritaka Hirata, Ryotaro Tamura, Nobuaki Nishi, Joint Workshop with ISPRS WG IV/7 and WG V/4, INDOOR-OUTDOOR SEAMLESS MODELLING, MAPPING AND NAVIGATION, 2015年05月21日, 通常, 英語, ISPRS WG IV/7 and WG V/4, Tokyo
  15. Accuracy control of hatch cover using precise measurement technique, Abe. R., Hamada, K., Hirata, N., Tamura, R. and Nishi,N., International Conference on Computer Applications in Shipbuilding 2015, 2015年09月29日, 通常, 英語
  16. Make or buy analysis model based on tolerance allocation to minimize manufacturing cost and fuzzy quality loss, Rosyidi, C. N., Puspitoningrum, W, Jauhari, W. A., Suhardi, B., andHamada, K., Joint Conference of 2nd IMEC & 3rd APCOMS 2015, 2015年11月12日, 通常, 英語
  17. A variation reduction allocation model for quality improvement to minimize investment and quality costs by considering suppliers' learning curve, Rosyidi, C. N., Jauhari, W. A., Suhardi, B., and Hamada, K., Joint Conference of 2nd IMEC & 3rd APCOMS 2015, 2015年11月12日, 通常, 英語
  18. Make or buy decision model with multi-stage manufacturing process to minimize manufacturing cost and quality loss, Rosyidi, C. N., Pratama, M. A., Jauhari, W. A., Suhardi, B., and Hamada, K, ICEVT and IMECE International Conference 2015, 2015年11月04日, 通常, 英語
  19. 「船舶3D 製品情報の共有と高度利用のための標準フォーマットの策定研究委員会」活動概要報告 ―SPEEDS の実現に向けて―, 濱田邦裕, 日本船舶海洋工学会講演会, 2015年11月16日, 通常, 日本語
  20. 船価の影響を考慮した船舶需要予測用SD モデルに関する研究, 和田祐次郎,濱田邦裕,平田法隆, 日本船舶海洋工学会講演会, 2015年11月16日, 通常, 日本語
  21. SDモデルを利用したタンカーの需要予測に関する研究, 石原唯,濱田邦裕,平田法隆,和田祐次郎,関和隆,山田真慈, 日本船舶海洋工学会講演会, 2015年11月16日, 通常, 日本語
  22. 2016年10月10日, 通常, 英語
  23. 不確定性を考慮した配船計画の最適化に関する研究, 和田祐次郎, 濱田邦裕,平田法隆, 日本航海学会第134回講演会, 2016年05月19日, 通常, 日本語, 日本航海学会, 神戸
  24. 複雑ネットワーク理論を用いた海上輸送ネットワークの最適化手法に関する研究, 濱田邦裕, 和田祐次郎,平田法隆,城塚弓絵, 日本航海学会第134回講演会, 2016年05月19日, 通常, 日本語, 日本航海学会, 神戸
  25. 海上物流ビッグデータを利用した船舶の基本計画支援に関する研究, 小出祐輝, 濱田邦裕, 平田法隆,Mohammad Danil ARIFIN, 大内風太朗, 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2016年11月22日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 岡山
  26. 分枝限定法を用いた造船の自動ネスティングシステムの開発, 居原尚輝, 濱田邦裕, 池田泰裕, 長谷伸冶, 日本船舶海洋工学会秋季講演会, 2016年11月22日, 通常, 日本語, 日本船舶海洋工学会, 岡山
  27. 海上物流ビッグデータを用いた船舶設計・造船支援の試み, 濱田邦裕, 中国地区船舶関係技術懇談会 新春講演会, 2017年01月12日, 招待, 日本語, 中国地区船舶関係技術懇談会, 広島
  28. 海事産業のための情報共有基盤SPEEDS-船舶製品情報の新たな活用に向けて‐, 濱田邦裕, 造船ソリューションセミナー, 2017年11月02日, 招待, 日本語, NTT データエンジニアリングシステムズ
  29. 造船・海事産業のための船舶製品情報共有基盤SPEEDSの提案, 濱田邦裕, 平木常正, 海事デジタル化に関するセミナー, 2017年11月30日, 招待, 日本語, 日本海事協会, 東京(JA共済ビル  カンファレンスホール)および神戸(ラッセホール)
  30. 海事産業における製品情報の高度利用のための 情報共有基盤”SPEEDS”の拡張, 濱田邦裕, Sea Japan 2018  船舶海洋技術セミナー, 2018年04月13日, 招待, 英語, 国土交通省,日本舶用工業会,日本海事協会, 東京
  31. SPEEDS (Smart Platform of Enhanced Engineering Data for Shipping and Shipbuilding) to Realize the Innovative Use of Ship 3D Data, Kunihiro Hamada, World NAOE Forum 2018, 2018年12月10日, 招待, 英語, 日本船舶海洋工学会, Tokyo

受賞

  1. 2000年04月, 溶接学会論文賞, 溶接学会・会長 野本 敏治, 生産システムにおける溶接作業情報の生成手法に関する研究
  2. 2000年, 溶接学会シンポジウム賞
  3. 2001年05月, 日本造船学会奨励賞, 日本造船学会・会長 間野 忠, 製品モデルを利用した船体検査支援システムに関する研究(第1報,第2報)
  4. 2008年03月, 溶接技術奨励賞, 溶接学会中国支部長、溶接学会会長, 溶接構造物の設計・生産支援システムの開発
  5. 2010年09月17日, The Tenth International Conference on Industrial Management (ICIM2010) Excellent Paper Award, Chairpersons, 10th ICIM, The Application of Periodic Review (R, T) Inventory Policy in Partner Selection under Stochastic Demand and Leadtime
  6. 2012年05月17日, 日本造船工業会賞, 一般社団法人日本造船工業会長, 製品情報の不確定性を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究
  7. 2012年05月17日, 日本海事協会賞, 一般財団法人日本海事協会長, 製品情報の不確定性を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究
  8. 2012年05月17日, 日本船舶海洋工学会賞(論文賞), 公益社団法人日本船舶海洋工学会長, 製品情報の不確定性を考慮した船舶主要目設計支援システムに関する研究
  9. 2014年08月30日, Best Presentation Award, 日本工学教育協会, アジアからの工学系留学生修士プログラムの開発と運営

外部資金

競争的資金等の採択状況

  1. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 船舶初期設計を対象とした設計プロセス創成支援システムに関する研究, 2012年, 2014年
  2. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 設計の不確定性を考慮した船舶初期設計シミュレータの開発, 2009年, 2011年
  3. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 造船の設計・生産プロセスの計画と評価のための最適化シミュレーションシステムの開発, 2006年, 2008年
  4. 科学研究費助成事業(萌芽研究), 造船技術者育成のためのe-Learningシステム構築とその有効性に関する研究, 2004年, 2005年
  5. 科学研究費助成事業(若手研究(A)), 溶接・接合設計の形式知化のための統合ジョイント設計支援システムに関する研究, 2002年, 2004年
  6. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), トップダウン設計支援を実現化する情報モデルの論理的枠組の提案と構築, 2001年, 2004年
  7. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 溶接熱影響部における高温割れ現象の解析モデルに関する研究, 2001年, 2003年
  8. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), 大型鋼構造物の製造時における安全性の評価を考慮する設計手法に関する研究, 2000年, 2003年
  9. 科学研究費助成事業(奨励研究(A)), 建造工程のアウトソーシングを考慮した生産計画支援システムに関する研究, 2000年, 2001年
  10. 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 船舶のライフサイクル・モデルの表現に関する調査, 1998年, 1998年
  11. 科学研究費助成事業(基盤研究(A)), プロセス情報の共有によるコラボレイティブ・エンジニアリングの実現に関する研究, 1998年, 2000年
  12. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 船体のダメッジトレラント設計法に関する基礎研究, 1998年, 1999年
  13. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 船体構造の損傷モニタリングセンサーの開発, 1997年, 1998年
  14. 科学研究費助成事業(総合研究(A)), 造船CIMのための生産計画のシステム化に関する研究, 1995年, 1997年
  15. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 海上物流ビッグデータを利用した船舶開発・建造戦略検討支援システムに関する研究, 2016年, 2018年
  16. 平成28年度先進安全船舶・造船技術研究開発費補助金(革新的造船技術研究開発), 海事産業における製品情報の高度利用のための情報共有基盤“SPEEDS”のプロトタイプの開発, 2016年, 2016年
  17. 平成29年度先進船舶・造船技術研究開発費補助金(革新的造船技術研究開発), 海事産業における製品情報の高度利用のための情報共有基盤“SPEEDS”の拡張, 2017年, 2017年
  18. 平成30年度先進船舶・造船技術研究開発費補助金(革新的造船技術研究開発), 海事産業における製品情報の高度利用のための情報共有基盤“SPEEDS”の検証と実用研究, 2018年, 2018年
  19. 科学研究費助成事業(基盤研究(B)), 海事クラスタの価値連鎖を考慮した船舶開発戦略検討支援システムに関する研究, 2020年, 2022年

社会活動

学術会議等の主催

  1. 溶接学会全国大会, 溶接学会中国支部長, 2022年09月, 2022年09月

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 中国地域における機械産業の製品サードウェア化等による知的生産システムの方策調査, 中国産業活性化センター, 2001年/04月, 2002年/03月, その他, その他, 行政機関

学術雑誌論文査読歴

  1. 2022年, Journal of Marine Science and Technology, 編集員, Associate Editor