Dr. 富美夫Tomio Yamaguchi

Last Updated :2022/05/09

所属・職名
大学院統合生命科学研究科 教授
メールアドレス
yamatomhiroshima-u.ac.jp
その他連絡先
東広島市鏡山1-3-1 理学部A棟509
TEL:082-424-7451 FAX:082-424-7452

基本情報

主な職歴

  • 1995年08月01日, 2000年04月30日, 広島大学, 助手
  • 1992年04月01日, 1995年07月31日, 琉球大学, 助手
  • 2000年05月01日, 2013年03月31日, 広島大学, 助教授
  • 2013年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 教授

学歴

  • 広島大学, 理学研究科, 植物学, 日本, 1984年04月, 1990年03月
  • 琉球大学, 理工学部, 生物学, 日本, 1978年04月, 1982年03月

学位

  • 博士(理学) (広島大学)
  • 理学修士 (広島大学)

教育担当

  • 【学士課程】 理学部 : 生物科学科 : 生物学プログラム
  • 【博士課程前期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム
  • 【博士課程後期】 統合生命科学研究科 : 統合生命科学専攻 : 基礎生物学プログラム

担当主専攻プログラム

  • 生物学プログラム

研究分野

  • 生物学 / 基礎生物学 / 生物多様性・分類

研究キーワード

  • 蘚苔類
  • フロラ
  • 分類
  • アジア
  • 蘚苔類
  • 蘚類
  • 熱帯
  • 琉球
  • シラガゴケ科

所属学会

  • ヒコビア会, 1982年
  • 日本蘚苔類学会, 1982年

教育活動

授業担当

  1. 2022年, 教養教育, 3ターム, 生物学入門
  2. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験I
  3. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 生物科学基礎実験III
  4. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 生物科学基礎実験IV
  5. 2022年, 学部専門, 3ターム, 生物学実験A
  6. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(前期), 植物分類・生態学演習
  7. 2022年, 博士課程・博士課程後期, セメスター(後期), 植物分類・生態学演習
  8. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 1ターム, 基礎生物学特別演習A
  9. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 2ターム, 基礎生物学特別演習A
  10. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 基礎生物学特別演習B
  11. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 4ターム, 基礎生物学特別演習B
  12. 2022年, 学部専門, 3ターム, 博物館資料論A(自然系)
  13. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 年度, 基礎生物学特別研究
  14. 2022年, 修士課程・博士課程前期, 3ターム, 自然史学特論
  15. 2022年, 博士課程・博士課程後期, 年度, 統合生命科学特別研究
  16. 2022年, 学部専門, 2ターム, 生物科学概説A
  17. 2022年, 教養教育, 2ターム, 教養ゼミ
  18. 2022年, 学部専門, 2ターム, 先端生物学
  19. 2022年, 学部専門, 2ターム, 植物生態学A
  20. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 植物分類生態学演習
  21. 2022年, 学部専門, セメスター(前期), 卒業研究
  22. 2022年, 学部専門, セメスター(後期), 卒業研究

研究活動

学術論文(★は代表的な論文)

  1. Airborne sperm of Conocephalum conicum (Conocephalaceae), JOURNAL OF PLANT RESEARCH, 121巻, 1号, pp. 69-71, 200801
  2. Type specimens of bryophytes located in the herbaria of Japan, Building Capacity in Biodiversity Information Sharing 2003, pp. 147-152, 20030401
  3. Calymperes boulayi(カタシロゴケ科,蘚類)が小笠原諸島母島で見つかる, 蘚苔類研究, 12巻, 6号, pp. 156-157, 202106
  4. 立石コレクション, 蘚苔類研究, 12巻, 6号, pp. 155-155, 202106
  5. Bryocrumia vivicolor, new localites in Japan and Taiwan., Bryophyte Diversity & Evolution, 42巻, 1号, pp. 56-60, 202012
  6. Bryophytes of Asia. Fasc. 27, Hikobia, 18巻, 2号, pp. 123-124, 202012
  7. Splachnobryum obtusum (Pottiaceae) new to Japan and its molecular evolution, Hikobia, 18巻, 2号, pp. 83-91, 202012
  8. An updated list of mosses of Korea, Journal of Species Research, 9巻, 4号, pp. 377-412, 202011
  9. Taxonomic reevaluation of Didymodon nigrescens (Pottiaceae) in Japan, Hattoria, 11巻, pp. 61-75, 202007
  10. アカタカネゴケは九州にも産する, 蘚苔類研究, 12巻, 5号, pp. 133-134, 202008
  11. 日本産ホソバオキナゴケとツクシシラガゴケの分類学的な問題を解決するための形態学的・分子系統学的解析, Hikobia, 14巻, 4号, pp. 387-398, 200612
  12. 広島大学における学芸員資格取得特定プログラム新課程の実施と課題, 広島大学総合博物館研究報告, 11巻, pp. 25-38, 2019
  13. Frullania neosheana, a new record to the hepatic flora of Borneo, HIKOBIA, 14巻, 2号, pp. 185-186, 20041201
  14. Bryophytes of Asia. Fasc. 26, Hikobia, 18巻, 1号, pp. 75-76, 201912
  15. イボイボカタシロゴケ(カタシロゴケ科,セン類)の新産地, Hikobia, 18巻, 1号, pp. 57-59, 201912
  16. 徳之島井之川岳における蘚苔類フロラ(ポスター発表,<特集>日本蘚苔類学会第41回北海道大会), 蘚苔類研究, 10巻, 9号, 201212
  17. 福岡県英彦山における蘚苔類相(ポスター発表,<特集>第39回日本蘚苔類学会山口大会), 蘚苔類研究, 10巻, 3号, pp. 72-73, 201012
  18. ツブツブヘチマゴケは九州・屋久島に隔離的に分布する(アジア産蘚苔類分類・生態ノート,13), 蘚苔類研究, 9巻, 4号, pp. 115-116, 200612
  19. The development of an unusual haplolepideous peristome type: Glyphomitrium humillimum (Papers to Commemorate the 100th Issue of the Journal of the Hattori Botanical Laboratory) -- (Bryology), Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 100号, pp. 77-87, 200608
  20. 日本産ホソバオキナゴケとツクシシラガゴケの分類学的な問題を解決するための形態学的・分子系統学的解析, Hikobia, 14巻, 4号, pp. 387-398, 200612
  21. 日本産Sphagnum capillifolium var. tenerum(新称:クロベミズゴケ)の新産地, 蘚苔類研究, 10巻, 8号, pp. 250-252, 201208
  22. 徳之島井之川岳における蘚苔類フロラ(ポスター発表,<特集>日本蘚苔類学会第41回北海道大会), 蘚苔類研究, 10巻, 9号, 201212
  23. 福岡県英彦山における蘚苔類相(ポスター発表,<特集>第39回日本蘚苔類学会山口大会), 蘚苔類研究, 10巻, 3号, pp. 72-73, 201012
  24. Bryophytes of Asia. Fasc. 11, HIKOBIA, 14巻, 2号, pp. 229-230, 20041201
  25. ツブツブヘチマゴケは九州・屋久島に隔離的に分布する(アジア産蘚苔類分類・生態ノート,13), 蘚苔類研究, 9巻, 4号, pp. 115-116, 200612
  26. The development of an unusual haplolepideous peristome type: Glyphomitrium humillimum (Papers to Commemorate the 100th Issue of the Journal of the Hattori Botanical Laboratory) -- (Bryology), Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 100号, pp. 77-87, 200608
  27. 日本産ホソバオキナゴケとツクシシラガゴケの分類学的な問題を解決するための形態学的・分子系統学的解析, Hikobia, 14巻, 4号, pp. 387-398, 200612
  28. 日本産Sphagnum capillifolium var. tenerum(新称:クロベミズゴケ)の新産地, 蘚苔類研究, 10巻, 8号, pp. 250-252, 201208
  29. Bryophytes of Asia. Fasc. 24, Hikobia, 17巻, 3号, pp. 243-244, 201712
  30. Bryophytes of Asia. Fasc. 25, Hikobia, 17巻, 4号, pp. 341-342, 201812
  31. 日本の貴重なコケの森「湯湾岳山頂部一帯ならびに井之川岳(大原ルート)」, 蘚苔類研究, 11巻, 11号, pp. 317-319, 201806
  32. 日本産アイバゴケ属2 種の分類学的研究, 蘚苔類研究, 12巻, 3号, pp. 89-89, 202006
  33. 石垣島で確認されたCalymperes palisotii(カタシロゴケ科,蘚類), 蘚苔類研究, 12巻, 3号, pp. 91-91, 202006
  34. 京都市梅小路公園 「いのちの森」の蘚苔類, 蘚苔類研究, 12巻, 3号, pp. 92-92, 202006
  35. Bryophytes of Asia, fasc. 10, HIKOBIA, 14巻, 1号, pp. 119-120, 20031201
  36. 西表島仲良川流域で確認されたSyrrhopodon(カタシロゴケ科,蘚類)について, 12巻, 1号, pp. 34-35, 201912
  37. 岐阜県産蘚類チェックリスト, 34巻, 2019
  38. 広島大学デジタル自然史博物館(生物分野)のコンテンツについて, 広島大学総合博物館研究報告, 11巻, pp. 79-96, 2019
  39. 厳島の自然(1975)以降に広島県廿日市市宮島から報告されたコケ植物, 広島大学総合博物館研究報告, 11巻, pp. 55-62, 2019
  40. Brachythecium canobernabei (Brachytheciaceae), a new species from Kyushu (Southwestern Japan), based on molecular and morphological data, Bryologist, 121巻, 1号, pp. 49-55, 20180308
  41. 広島大学理学部生物科学科収蔵蘚苔類基準標本目録(2), 広島大学博物館研究報告, 2巻, pp. 61-65, 19960401
  42. 烏ヶ山の苔類, 広島大学博物館研究報告, 3巻, pp. 1-10, 19970401
  43. rbcL遺伝子にもとづくヌエゴケMizutania riccardioidesの分子系統学的位置, Bryological Research, 8巻, pp. 52-52, 20011101
  44. 化学成分からみたヌエゴケMizutania riccardioides<・I>の系統学的位置, Bryological Research, 8巻, 2号, pp. 52-53, 20011101
  45. 散布体からみたゼニゴケ目苔類の集団間の遺伝的分化, Bryological Research, 8巻, 2号, pp. 58-58, 20011101
  46. 八重山群島の蘚苔類フロラ, HIKOBIA, 9巻, 3号, pp. 243-264, 19850901
  47. Phylogenetic and morphological reevaluation of Leucobryum boninense (Leucobryaceae), endemic to the Bonin Islands, BRYOLOGIST, 111巻, 2号, pp. 260-270, 200805
  48. New Caledonian Leucobryum (Musci), Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 63号, pp. 473-491, 19871201
  49. Sphagnum (sect. Buchanania) leucobryoides sect. et sp. nov. from Tasmania, Journal of Bryology, 16巻, 1号, pp. 45-54, 19900401
  50. 新節 Buchanania (Sphagnum, Sphagnaceae), HIKOBIA, 11巻, 1号, pp. 139-140, 19921201
  51. A revision of the genus Leucobryum (Musci) in Asia, Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 73号, pp. 1-123, 19930201
  52. 那覇市の着生蘚苔類相と大気汚染との関連, HIKOBIA, 12巻, 2号, pp. 161-168, 19961201
  53. Taxonomic notes on Diphyscium species with unipapillose leaf cells, Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 82号, pp. 99-104, 19970701
  54. ウキゴケRiccia fluitans L.の胞子, 蘚苔類研究, 7巻, 2号, pp. 50-52, 19970701
  55. A new variety of Polytrichadelphus archboldii Bartr. from Mt. Kinabalu, Sabah (Malaysia), Acta Phytotaxonomica et Geobotanica, 49巻, 2号, pp. 135-141, 19980401
  56. Behavior of plastid and plastid DNA during spermiogenesis in Dumortiera hirsuta, Bryological Research, 7巻, 7号, pp. 201-204, 19990501
  57. Ditichophyllum scabrisetum H.Akiyama & T.Yamaguchi (Daltoniaceae, Musci), a new species from Sabah, Malaysia, Bryological Research, 7巻, 7号, pp. 205-209, 19990501
  58. Yakushimabryum longissimum (Pylaisiadelphaceae) gen. & sp nov., from the Yakushima Island, Japan, JOURNAL OF BRYOLOGY, 33巻, pp. 42-49, 201103
  59. コケ植物のじゅうたん組織;総説, 蘚苔類研究, 7巻, 7号, pp. 210-218, 19990501
  60. rbcLシークエンスデータに基づくハイゴケ目(蘚類)の分子系統, 蘚苔類研究, 7巻, 8号, pp. 233-248, 19991001
  61. Genetic differentiation within sibling species of Conocephalum conicum (Marchantiales: Hepaticae) in East Asia, Bryological Research, 7巻, 8号, pp. 249-256, 19991001
  62. ヤワラゼニゴケの新産地と弾糸の観察, 蘚苔類研究, 7巻, 8号, pp. 264-265, 19991001
  63. Allozyme variability within and among populations in the liverwort Conocephalum japonicum (Marchantiales, Hepaticae), HIKOBIA, 13巻, 1号, pp. 89-96, 19991201
  64. 九州及び琉球産ジャゴケConocephalum conicum(苔類,ジャゴケ科)における集団内・集団間の遺伝的変異性に関する研究, HIKOBIA, 13巻, 1号, pp. 97-112, 19991201
  65. Cololejeunea yulensis (Steph.) Benedix and Rhaphidolejeunea spicata (Steph.) Grolle new to Japan, with taxonomic notes on Cololejeunea obliqua (Nees & Mont.) Schiffn., Journal of Bryology, 21巻, 4号, pp. 293-297, 19991201
  66. Preliminary phylogenetic relationships of the genus Brotherella and its allied genera (Hypnales, Musci) based on chloroplast rbcL sequence data, Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 88号, pp. 79-99, 20000801
  67. Genetic structure of Lunularia cruciata (Marchantiales, Hepaticae), HIKOBIA, 13巻, 2号, pp. 219-224, 20001201
  68. キジノオゴケの胞子体, 蘚苔類研究, 7巻, 12号, pp. 15-17, 20010201
  69. コケ類の教材化, 日本蘚苔類学会, pp. 97-108, 20030101
  70. The bryophyte flora of Kinabalu National Park (Sabah, Malaysia), based on the collection by Japan-Malaysia collaborative expedition in 1997, Nature and Human Activities, 6号, pp. 83-99, 20011001
  71. Male plants of the Japanese species of Leucobryum Hampe (Leucobryaceae, Musci), HIKOBIA, 13巻, 3号, pp. 579-590, 20011201
  72. Molecular phylogeny of the genus Trismegistia and related genera (Sematophyllaceae, Musci) based on chloroplast rbcL sequences, HIKOBIA, 13巻, 3号, pp. 529-549, 20011201
  73. Cylindrocolea tagawaeは日本にも産する, 日本蘚苔類学会会報, 3巻, 7号, pp. 103-103, 19830401
  74. Telaranea iriomotensis Yamaguchi et Mizutani (Hepaticae), a new species from Japan, Miscellanea Bryologica et Lichenologica, 9巻, 8号, pp. 161-163, 19830801
  75. マムシゴケ沖縄島でも見つかる, 日本蘚苔類学会会報, 3巻, 8号, pp. 122-123, 19830901
  76. 八重山群島の蘚苔類, 日本蘚苔類学会会報, 3巻, 8号, pp. 143-144, 19831201
  77. 西表島産ケビラゴケ属3種の油体について, 日本蘚苔類学会会報, 3巻, 9号, pp. 147-148, 19831201
  78. Drepanolejeunea obtusifolia sp. nov. and Euosmolejeunea fuscobrunnea Horik. from the Yaeyama Islands, Japan, Journal of Japanese Botany, 59巻, 11号, pp. 332-336, 19841101
  79. マングローブ林内の土上蘚苔類, 日本蘚苔類学会会報, 9巻, 10号, pp. 137-140, 19871101
  80. Phylogenetic and morphological notes on Uleobryum naganoi Kiguchi et al. (Pottiaceae, Musci), HIKOBIA, 14巻, 2号, pp. 143-147, 20041201
  81. The scientific name of Leucobryum neilgherrense from Japan, HIKOBIA, 10巻, 2号, pp. 335-338, 19881201
  82. 日本におけるマングローブ林内の着生蘚苔類フロラ, HIKOBIA, 10巻, 4号, pp. 403-407, 19901201
  83. Leucobryaceae and Calymperaceae, Cryptogams of the Himalayas, 2巻, pp. 130-131, 19900401
  84. コケ植物は最初の陸上植物か?, 生物教育, 30巻, 4号, pp. 182-190, 19910401
  85. New Caledonian Leucophanoideae (Musci, Calymperaceae), HIKOBIA, 11巻, 1号, pp. 37-42, 19911201
  86. 日本産シラガゴケ科蘚類の検索表, 日本蘚苔類学会会報, 6巻, 2号, pp. 15-20, 19930701
  87. Leucobryaceae and Leucophanoideae (Calymperaceae) on Seram and Ambon Islands, HIKOBIA, 11巻, 3号, pp. 299-303, 19931201
  88. Bryophytes of the Northern Mariana Islands, Micornesia II. Acrocarpous Mosses, Natural Histroy Research, 1号, pp. 83-86, 19940301
  89. 沖縄島における渓流沿い蘚苔植物の生態学的研究, 沖縄島嶼研究, 12号, pp. 1-10, 19940501
  90. Mosses of Saipan and Rota, the southern Mariana Islands, HIKOBIA, 11巻, 4号, pp. 435-438, 19941201
  91. コケ植物の隠された種, 分類, 3巻, 1号, pp. 15-18, 20030201
  92. New synonyms proposed by A. Noguchi in ’Illustrated Moss Flora of Japan’, part 5, 1994, HIKOBIA, 11巻, 4号, pp. 549-552, 19941201
  93. Bryophytes of Asia, fasc. 4, HIKOBIA, 12巻, 3号, pp. 281-282, 19971201
  94. Bryophytes of Asia, fasc. 5, HIKOBIA, 12巻, 4号, pp. 385-386, 19981201
  95. Bryophytes of Asia, fasc. 6, HIKOBIA, 13巻, 1号, pp. 123-124, 19991201
  96. Bryophytes of Asia, fasc. 7, HIKOBIA, 13巻, 2号, pp. 257-258, 20001201
  97. Bryophytes of Asia, fasc. 8, HIKOBIA, 13巻, 3号, pp. 611-612, 20011201
  98. Bryophytes of Asia, fasc. 9, HIKOBIA, 13巻, 4号, pp. 757-758, 20021201
  99. Gene flow and genetic differentiation in four east Asian liverwort species, Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 92号, pp. 199-209, 20020801
  100. Taxonomical and phytogeographical notes on Jungermannia unispiris (Amakawa) Amakawa, HIKOBIA, 13巻, 4号, pp. 627-631, 20021201
  101. Histochemical observations on the peristome of several haplolepidous mosses, HIKOBIA, 13巻, 4号, pp. 667-677, 20021201
  102. Biosystematic studies of the Dumortiera hirsuta complex (Hepaticae), 1. Genetic and morphological diversity found in Taiwanese populations, Bryological Research, 8巻, 7号, pp. 203-213, 20030401
  103. Allozyme variability within and among populations in the Asian liverwort Asterella liukiuensis, Journal of Bryology, 24巻, 4号, pp. 267-276, 20021201
  104. マングローブのコケ植物, はなの輪, 70号, pp. 1-2, 19970401
  105. 日本と関連の深い台湾のコケ類, 国立科学博物館ニュース, 384号, pp. 8-9, 20010401
  106. Molecular phylogeny of the Sematophyllaceae (Hypnales, Musci) based on chloroplast rbcL sequences, Journal of the Hattori Botanical Laboratory, 90巻, pp. 221-240, 20010401
  107. A PRELIMINARY PHYLOGENETIC STUDY OF HYPNALEAN MOSSES BASED ON CHLOROPLAST RBCL GENE SEQUENCES, Journal of Plant Research, 114巻, Supplement号, pp. 27-28, 20010401
  108. The new genus Benitotania (Daltoniaceae, Bryopsida) from Mt. Kinabalu, Bryologist, 106巻, 3号, pp. 454-459, 20030901
  109. 屋久島(鹿児島県)の蘚苔類目録, Bryological Research, 9巻, 6号, pp. 159-197, 20071001
  110. Bryophytes of Asia. Fasc. 14, Hikobia, 15巻, 1号, pp. 125-126, 20071201
  111. 中国新疆新産の蘚類19種, Hikobia, 15巻, 1号, pp. 87-97, 20071201
  112. 日本の貴重なコケの森「西表島横断道沿いの亜熱帯林」, 蘚苔類研究, 9巻, 8号, pp. 272-274, 20080301
  113. A preliminary phylogenetic study of the genus Leucobryum (Leucobryaceae, Musci) in Asia and the Pacific based on ITS and rbcL sequences, HIKOBIA, 14巻, 1号, pp. 45-53, 20031201
  114. Morphological and molecular analyses to solve a taxonomical controversy of Leucobryum juniperoideum (Brid.) Mull.Hal. and L humillimum Cardot (Leucobryaceae, Musci) in Japan., HIKOBIA, 14巻, 4号, pp. 387-398, 20060910
  115. Habitat and morphological differentiation between Pohlia annotina and P. drummondii (Mniaceae) at higher elevations in Yakushima Island, Japan, BRYOLOGIST, 112巻, 4号, pp. 749-761, 20090101
  116. Ultrastructure of the spore in four Japanese species of Ptychomitrium Furnr. (Musci), GRANA, 45巻, 1号, pp. 61-70, 200603
  117. The development of an unusual haplolepideous peristome type: Glyphomitrium humillimum, JOURNAL OF THE HATTORI BOTANICAL LABORATORY, 100号, pp. 77-87, 200608
  118. Pachyneuropsis miyagii T.Yamag. (Pcottiaceae), a new species from Okinawa Island, Japan, JOURNAL OF THE HATTORI BOTANICAL LABORATORY, 100号, pp. 577-580, 200608
  119. Effects of forest fires on bryophyte flora in East Kalimantan, Indonesia, PHYTON-ANNALES REI BOTANICAE, 45巻, 4号, pp. 561-567, 2005
  120. Systematic position of the enigmatic liverwort Mizutania (Mizutaniaceae, Marchantiophyta) inferred from molecular phylogenetic analyses, TAXON, 59巻, 2号, pp. 448-458, 201004
  121. Geographical origin of Leucobryum boninense Sull. & Lesq. (Leucobryaceae, Musci) endemic to the Bonin Islands, Japan, ECOLOGY AND EVOLUTION, 3巻, 4号, pp. 753-762, 201304
  122. A new fossil moss Muscites kujiensis (Bryopsida) preserved in the Late Cretaceous amber from Japan, BRYOLOGIST, 116巻, 3号, pp. 296-301, 2013
  123. MICROSATELLITE MARKERS FOR LEUCOBRYUM BONINENSE (LEUCOBRYACEAE), ENDEMIC TO THE BONIN ISLANDS, JAPAN, APPLICATIONS IN PLANT SCIENCES, 1巻, 5号, 201305
  124. Molecular phylogeny of the Grimmiales (Musci) based on chloroplast rbcL sequences, HIKOBIA, 14巻, 1号, pp. 55-70, 20031201
  125. On the identity of Brachythecium sakuraii Broth. with Brachythecium pseudouematsui Nog. (Brachytheciaceae) from Japan, BRYOLOGIST, 118巻, 4号, pp. 367-370, 2015
  126. Sciuro-hypnum dentatum JDOrgaz (Brachytheciaceae), a new species from Japan, NOVA HEDWIGIA, 102巻, 3-4号, pp. 391-397, 2016
  127. New national and regional bryophyte records, 47, JOURNAL OF BRYOLOGY, 38巻, 2号, pp. 151-167, 2016
  128. Filibryum (Hypnaceae), a new moss genus with a new species from East Asia, JOURNAL OF BRYOLOGY, 39巻, 2号, pp. 152-160, 201706
  129. 徳之島井之川岳における蘚苔類フロラ, 蘚苔類研究, 10巻, 9号, 201212
  130. 福岡県英彦山における蘚苔類相, 蘚苔類研究, 10巻, 3号, pp. 72-73, 201012
  131. ツブツブヘチマゴケは九州・屋久島に隔離的に分布する(アジア産蘚苔類分類・生態ノート,13), 蘚苔類研究, 9巻, 4号, pp. 115-116, 200612
  132. 日本産Sphagnum capillifolium var. tenerum(新称:クロベミズゴケ)の新産地, 蘚苔類研究, 10巻, 8号, pp. 250-252, 201208
  133. New and noteworthy records of the moss flora of Korea, KOREAN JOURNAL OF PLANT TAXONOMY, 50巻, 4号, pp. 419-426, 202012
  134. 小笠原諸島から見つかった日本新産のSplachnobryum obtusum(センボンゴケ科,セン類), 蘚苔類研究, 12巻, 6号, pp. 157-157, 202106

著書等出版物

  1. 2020年03月26日, 宮古島市史 第三巻 自然編 第Ⅰ部 宮古の自然 別冊, 宮古諸島コケ類目録, 宮古島市教育委員会, 2020年, 03, 単行本(学術書), 山口富美夫, 356, 6
  2. 2003年01月, Some interesting lichens in Bukit Bangkirai, East Kalimantan , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2003年, 01, 調査報告書, h.miyawaki yamaguchi t. h.shimizu h.simbolon m.nakanishi 山口 富美夫
  3. 2003年01月, The biodiversity of foliicolous lichens in Bukit Bangkirai, East Kalimantan, Indonesia , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2003年, 01, 調査報告書, l.f.untari h.miyawaki f.i.windadri yamaguchi t. h.simbolon h.shimizu 山口 富美夫
  4. 2003年01月, 琉球列島の陸水生物 , 東海大学出版会, 2003年, 01, 単行本(学術書), 共編著, 西田睦 山口 富美夫 , 572
  5. 2003年, コケ類研究の手引き , 日本蘚苔類学会, 2003年, 単行本(学術書), 樋口正信 木口博史 坪田 博美 有川 智己 豊田正夫 浅川義範 畦 浩二 伊村智 上野健 鮎川恵理 北川尚史 長谷川二郎 山口 富美夫 西村直樹 松井透 古木達郎 伊沢正名 出口 博則 秋山弘之 鈴木武
  6. 2002年01月, Effects of forest fires on lichen flora , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2002年, 01, 調査報告書, h.miyawaki yamaguchi t. h.shimizu l.i.sudirman l.f.untari 山口 富美夫
  7. 2002年, コケの手帳 , 研成社, 2002年, 単行本(学術書), 秋山弘之 畦 浩二 福田恵 西村直樹 本郷順子 南佳典 伊村智 上野健 山口 富美夫
  8. 2002年01月, Molecular phylogenetic relationships between the Sematophyllaceae and Hypnaceae based on chloroplast rbcL sequences , Abstract, 2002年, 01, 調査報告書, 坪田 博美 h.akiyama 山口 富美夫 出口 博則
  9. 2001年05月, A molecular phylogenic study of the Sematophyllaceae (Hypnales, Musci) and their allies , Abstracts, 2001年, 05, 調査報告書, 坪田 博美 h.akiyama 山口 富美夫 出口 博則
  10. 2000年08月, Allozyme variability within and among populations in the liverwort , Recent Researches on Environmental Biology and Biodiversity of Terrestrial Cryptogamic Plants= Ecological and Taxonomical Points of View - Abstracts, 2000年, 08, 調査報告書, m.itouga yamaguchi t. 出口 博則 山口 富美夫
  11. 2000年08月, The divesity of meiotic apparatus in bryophytes , Recent Researches on Environmental Biology and Biodiversity of Terrestrial Cryptogamic Plants= Ecological and Taxonomical Points of View - Abstracts, 2000年, 08, 調査報告書, h.shimamura 峰雪 芳宣 yamaguchi t. 出口 博則 山口 富美夫
  12. 宮古島市史第三巻自然編第Ⅰ部(本編)みやこの自然, コケ植物, 宮古島市教育委員会, 2019年, 単行本(学術書), 分担執筆, 日本語, 山口富美夫, 568, 245-252
  13. 2000年08月, Molecular phylogeny of hypnalean mosses , Recent Researches on Environmental Biology and Biodiversity of Terrestrial Cryptogamic Plants= Ecological and Taxonomical Points of View - Abstracts, 2000年, 08, 調査報告書, 坪田 博美 yamaguchi t. 出口 博則 山口 富美夫
  14. 1999年07月, The family Lepidoziaceae of the Malay Peninsula , XVI International Botanical Congress - Abstracts, 1999年, 07, 調査報告書, n.ohnishi yamaguchi t. 出口 博則 山口 富美夫
  15. 1999年07月, The systematic position of \textit{Glyphomitrium} according to the ultrastructure of the placental area, peristome and spore , XVI International Botanical Congress - Abstracts, 1999年, 07, 調査報告書, b.est\’{e}banez yamaguchi t. 出口 博則 山口 富美夫
  16. 1999年07月, Distribution and speciation of the genus \textit{Leucobryum} in Asia and the Pacific , XVI International Botanical Congress - Abstracts, 1999年, 07, 調査報告書, yamaguchi t. m.higuchi 山口 富美夫
  17. 1999年07月, Polyploid evolution in the \textit{Dumortiera hirsuta} species complexs , XVI International Botanical Congress - Abstracts, 1999年, 07, 調査報告書, h.akiyama yamaguchi t. 山口 富美夫
  18. 1997年, コケ植物目録 , 中国新聞社, 1997年, 単行本(学術書), 坪田 博美 山口 富美夫 出口 博則 関 太郎
  19. 1997年, コケ植物目録 , 中国新聞社, 1997年, 単行本(学術書), 坪田 博美 山口 富美夫 出口 博則 関 太郎
  20. 1996年, 蘚苔類 , 沖縄県環境保健部自然保護課, 1996年, 単行本(学術書), 山口 富美夫
  21. 1996年, オヤコゴケ , 朝日新聞社, 1996年, 単行本(学術書), 山口 富美夫
  22. 1996年, クサリゴケ , 朝日新聞社, 1996年, 単行本(学術書), 山口 富美夫
  23. 2018年03月, 改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 第3版(菌類編・植物編), 蘚苔類, 沖縄県環境保健部自然保護課, 2018年, 3, 単行本(学術書), 分担執筆, 日本語, 山口富美夫, 708, 527-567
  24. 1994年, Illustrated Moss Flora of Japan, Part 5 , Hattori Botanical Laboratory, 1994年, 単行本(学術書), a.noguchi z.iwatsuki yamaguchi t. 山口 富美夫
  25. 1991年, Illustrated Moss Flora of Japan, Part 4 , Hattori Botanical Laboratory, 1991年, 単行本(学術書), a.noguchi z.iwatsuki yamaguchi t. 山口 富美夫
  26. 2003年01月, コケ類研究の手引き , 日本蘚苔類学会, 2003年, 01, 単行本(一般書), 共編著, 畦 浩二 出口 博則 山口 富美夫 樋口正信 , 124
  27. 2003年, 染色体観察法 , 日本蘚苔類学会, 2003年, 単行本(学術書), 出口 博則 山口 富美夫
  28. 2003年01月, Bryophytes of Bukit Bangkirai, with special reference to the forest fire , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2003年, 01, 調査報告書, yamaguchi t. f.i.windadri ida haerida h.miyawaki h.shimizu h.simbolon 山口 富美夫
  29. 2003年01月, Moss diversity in the forest of Bukit Bangkirai, East Kalimantan, five years after forest fire 1977-1998 , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2003年, 01, 調査報告書, f.i.windadri yamaguchi t. ida haerida h.shimizu h.simbolon 山口 富美夫
  30. 2003年01月, The impacts of forest fire on lichens grown on Durio acutifolius , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2003年, 01, 調査報告書, l.i.sudirmanand h.miyawaki h.shimizu yamaguchi t. h.simbolon 山口 富美夫
  31. 2003年01月, Hepaticae diversity of Bukit Bangkirai, East Kalimanta , International Symposium on Forest Fire and its Impact on Biodiversity and Ecosystems in Indonesia, 2003年, 01, 調査報告書, ida haerida yamaguchi t. n.s.ariyanti f.i.windadri h.shimizu 山口 富美夫

招待講演、口頭・ポスター発表等

  1. 石垣島から見つかった日本新産のCalymperes graeffeanum(カタシロゴケ科,セン類), 西畑和輝・井上侑哉・山口富美夫, 日本蘚苔類学会第50回大会, 2021年09月04日, 通常, 日本語, 日本蘚苔類学会, 日南市
  2. コケ植物の隠された種, 山口 富美夫, 日本植物学会第66回大会, 2002年09月, 招待, 日本語
  3. キナバル山の蘚類, 山口 富美夫, 日本蘚苔類学会第31回大会, 2002年08月, 招待, 日本語
  4. ヌエゴケを生態から迫る, 山口 富美夫, 日本蘚苔類学会第30回大会, 2001年08月, 招待, 日本語
  5. Syrrhopodon chenii Reese & Lin(カタシロゴケ科,蘚類)の新産地, 西畑和輝・池松泰一・井上侑哉・山口富美夫, 中国四国植物学会第77回大会, 2021年06月19日, 通常, 日本語, 中国四国植物学会, 香川大学
  6. 沖縄島の蘚苔類フロラ -特に返還された米軍訓練場跡地に着目して-, 池松泰一・西畑和輝・山口富美夫, 中国四国植物学会第77回大会, 2021年06月19日, 通常, 日本語, 中国四国植物学会, 香川大学
  7. 小笠原諸島から見つかった日本新産のSplachnobryum obtusum(センボンゴケ科,セン類), 井上侑哉・坪田博美・山口富美夫, 日本蘚苔類学会第49回大会, 2020年09月04日, 通常, 日本語, 日本蘚苔類学会, 高知市
  8. Calymperes boulayi(カタシロゴケ科,蘚類)が小笠原諸島母島で見つかる, 西畑和輝・井上侑哉・山口富美夫, 日本蘚苔類学会第49回大会, 2020年09月04日, 通常, 日本語, 日本蘚苔類学会, 高知市
  9. 立石コレクション, 山口富美夫, 日本蘚苔類学会第49回大会, 2020年09月04日, 通常, 日本語, 日本蘚苔類学会, 高知市
  10. 広島県植物誌の今後―地方植物誌を継続させる上での課題―, 坪田博美・井上侑哉・山口富美夫, 日本植物分類学会第19回大会, 2020年02月29日, 通常, 日本語, 日本植物分類学会, 岐阜大学
  11. イシバイゴケ(センボンゴケ科,セン類)の新産地と分類学的帰属, 井上侑哉・坪田博美・山口富美夫, 日本植物分類学会第19回大会, 2020年02月29日, 通常, 日本語, 日本植物分類学会, 岐阜大学
  12. 日本産アイバゴケ属(アミバゴケ科,苔類)の分類学的研究, 天本匡宥・西畑和輝・井上侑哉・山口富美夫, 日本植物分類学会第19回大会, 2020年02月29日, 通常, 日本語, 日本植物分類学会, 岐阜大学

社会活動

委員会等委員歴

  1. スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員, 2015年04月, 2017年03月, 岡山理科大学附属高等学校
  2. 希少野生動植物種保存推進員, 2015年07月, 2018年06月, 環境省自然環境局
  3. 日本代表生徒個別教育講師, 2015年05月, 2015年07月, 国際生物学オリンピック日本委員会
  4. スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員, 2012年06月, 2014年03月, 岡山理科大学附属高等学校
  5. 希少野生動植物種保存推進員, 2012年07月, 2015年06月, 環境省自然環境局
  6. 客員研究員, 2013年05月, 2014年03月, 独立行政法人国立環境研究所
  7. 生物多様性モニタリング調査マニュアル作成等検討委員会委員, 2013年09月, 2014年03月, (財)広島県環境保健協会
  8. 野外観察会講師, 2013年10月, 2013年10月, 広島市植物公園植物友の会
  9. 客員研究員, 2014年04月, 2015年03月, 独立行政法人国立環境研究所
  10. スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員, 2014年04月, 2015年03月, 岡山理科大学附属高等学校
  11. 客員研究員, 2015年04月, 2016年03月, 独立行政法人国立環境研究所

その他社会貢献活動(広大・部局主催含)

  1. 大雪地帯のブナ林の植物観察 -大万木山-, 広島市植物公園友の会, 植物観察会, 2004年/05月, 2004年/05月, 社会人・一般
  2. 秋の湿地の植物観察 -赤名湿地-, 広島市植物公園友の会, 植物観察会, 2003年/10月, 2003年/10月, 社会人・一般